郵便局で新札に交換する方法は?手数料や窓口の利用方法まで徹底調査!

郵便局で新札に交換する方法について、具体的に解説を行っている記事です。郵便局で新札に交換する際の手数料や窓口の利用方法についても具体的に取り上げていきます。郵便局で新札を手に入れたいという方に理解しやすい内容となっています。

郵便局で新札に交換する方法は?手数料や窓口の利用方法まで徹底調査!のイメージ

目次

  1. 郵便局で新札に交換してもらう方法と手数料などを解説
  2. 郵便局で新札に交換してもらう方法とは?窓口の利用方法
  3. 郵便局で新札に交換してもらう方法とは?ATMの利用方法
  4. 郵便局で新札に交換してもらう際の手数料はどのくらい?
  5. 郵便局での新札交換は両替扱いになる?
  6. 郵便局に新札交換に行く暇が無い時は?
  7. 郵便局で新札に交換する方法まとめ

郵便局で新札に交換してもらう方法と手数料などを解説

出典: http://tribialife.com

郵便局で新札に交換してもらう方法や手数料について、具体的に解説を行っていきます。結婚式などの慶事においては新札が必要になることもあります。その場合に郵便局で新札に交換してもらうことが可能なのかどうか理解しておくことが求められます。身近な存在でもある郵便局での両替方法や新札交換の方法について、正確に理解を深めていきましょう。

郵便局で新札に交換してもらう方法とは?窓口の利用方法

新札も多い郵便局

出典: http://tribialife.com

まず、郵便局での両替や新札への交換という点では、郵便局の窓口に行って交換してもらう方法があります。郵便局には現金のストックが多いため、必然的に新札を保持している可能性も高いと考えることができます。常に新札があるというわけでもないので、事前に電話確認をしておくと確実です。電話で確認した上で、郵便局の窓口に行ってみるのが賢明です。

窓口で新札に交換してもらう方法と流れ

出典: http://koyoihanahan.wp.xdomain.jp

郵便局の窓口に到着したら、実際に窓口の担当者の方に新札への交換を依頼してみることになります。ただし、全ての郵便局で両替や新札への交換を行っているかどうかというのは別問題です。実際に郵政民営化される以前については、郵便局での両替をすることができませんでした。その名残が残っている郵便局については、今でも両替ができなくなっています。

事前確認が重要

出典: http://tribialife.com

そのため、まず郵便局の窓口に到着したら、両替や新札への交換をできるのかどうか確認することが大切なポイントです。その時点で新札への交換ができないことがわかったら、潔くあきらめるしかありません。その手間を省きたいのであれば、事前に電話で新札への交換ができるのかどうか確認しておくことが大切です。そうすれば、時間の節約につながります。

あまり多くの新札を求めない

出典: http://yasu.blog.jp

また、実際に郵便局の窓口で新札への交換ができるという場合も、あまりにも多くのお金を新札に交換してもらえないケースも出てきます。数枚程度の新札であれば交換してくれても、数十枚や数百枚単位といった新札については、交換を断られる可能性もあります。その辺は一般常識的な範囲に留めておき、本当に必要な枚数だけ交換してもらうのが賢明です。

営業時間内に窓口に行く

出典: http://yasuhisatajima.net

郵便局の窓口で新札への交換や両替を行ってもらう場合は、平日の17時までに受付を済ませる必要があります。これは、多くの郵便局の営業時間が9時から17時までとなっているからです。郵便局によっては、18時や19時頃まで営業していますので、その営業時間内に窓口にかけつけることが大切です。営業時間外では、新札への交換や両替ができません。

時間の余裕を持つ

出典: http://mzstyle.net

したがって、サラリーマンの方などであれば、会社のお昼休みなどに時間を見つけて近くに郵便局に行ってみるのもおすすめです。ただし、時間帯によっては郵便局の窓口が込み合っている可能性もあります。あまり時間がない時に郵便局に行っても、待ち時間が長くなって交換できないこともあります。その辺は、時間の余裕を持っておくことがポイントです。

できるだけの余裕が重要

出典: https://flyfsa.com

実際に郵便局の窓口で新札に交換してもらったり、両替をしてもらったりしたことがあればその勝手がわかるかもしれませんが、初めて両替をするという方は、少し時間が長く感じられることもあります。そのため、できるだけ時間には余裕を持っておくことが大切です。次の予定まで時間がないという時は避けて、比較的余裕がある時に行くのがおすすめです。

24時間営業の郵便局もある

出典: https://kaketayo.net

都市部の郵便局や地域にある大きな郵便局については、深夜も含めて24時間営業を行っているケースもあります。その場合は事前に電話やホームページなどでいつまで窓口で両替できるのか確認しておくことも大切です。24時間営業でも、両替や新札へ交換できる時間帯に制約がある場合もあります。二度手間になることを防ぐためにも事前の確認が大切です。

郵便局で新札に交換してもらう方法とは?ATMの利用方法

ATMや両替機の利用

出典: https://irohasu01.biz

新札を手に入れたいと思ったら、まずは郵便局の窓口で両替をしてもらうか新札に交換してもらうかといった方法を取るのが確実です。その上で、郵便局の窓口だけでなく郵便局のATMを利用して新札を手に入れる方法も挙げられます。郵便局にはATMや両替機が設置されている箇所も多いです。それらのATMや両替機を利用することで新札を手に入れます。

両替機で新札に交換する

出典: http://tribialife.com

郵便局にはATMや両替機が備え付けられているケースが多いです。その中で新札が出るまで両替機でお札の交換を続けるという方法があります。基本的に両替機に入っているお札については新札であることが多いですが、それでも旧札が出てくる可能性がないわけでもありません。その場合は、何度か両替を繰り返すことによって、新札を手に入れられます。

スムーズな交換が重要

出典: https://11mono.net

大きな郵便局であれば、ATM機や両替機といった機械が複数台備え付けられており、並ぶことなくスムーズに交換できることもあります。しかし、1台しか両替機やATMがないといった場合は、後ろのお客様を待たせることにもなってしまいます。その場合は、なるべく早く交換を終えることが重要です。何度も出し入れしていると怪しいと思われてしまいます。

ATMがない場合は窓口での交換

出典: http://tatsujinlife.com

基本的に郵便局にはATM機や両替機が設置されていますが、中にはATMや両替機がない郵便局も存在します。その場合は、営業時間内に窓口に行って新札に交換してもらうしかありません。ATMや両替機を使えば、それほど待ち時間もなくスムーズに交換できる可能性があります。一方、窓口での交換の場合は一定時間がかかることも考慮する必要があります。

まとめた引き出しが効率的

出典: http://tribialife.com

また、郵便局のATMで早く新札を手に入れるコツとして、まとまった金額を1万円単位で引き出すという方法を挙げることができます。1万円ずつ何回も両替したり新札に交換したりするのではなく、10万円単位や30万円単位といった金額でお金を引き出していきます。そうすることで、引き出したお金の中に新札が入っている可能性が高くなるということです。

出金限度額も把握

出典: http://ys-trend.com

10万円や30万円といった金額を一気に引き出し、その中で古いお札は再び入金するという形を取っていけば、すぐに必要な枚数の新札にめぐり会える可能性が高くなります。ただし、郵便局のATMで1日に出金できる限度額は50万円となっているので注意が必要です。それほど新札が必要になることも多くありませんが、頭に入れて交換することが大切です。

ATMや両替機の営業時間も確認

出典: https://takahi-cafe.com

郵便局の営業時間と同様に、ATMや両替機が使える時間帯も定められているケースがあります。その場合は当然、営業している時間帯にATMや両替機を利用する必要があります。一般的に窓口の営業時間帯と比べて、ATMや両替機を利用できる時間の方が長いことが多いです。あまり他のお客様で混雑していない時間帯を狙うのも、おすすめの考え方です。

コンビニ提携のATMでは手数料がかかる

出典: https://wedding-calendar.com

郵便局のATMや両替機を利用すれば手数料がかかることはありませんが、コンビニ提携のATMなどを利用すると、引き出しや入金に手数料がかかることが多いので注意をする必要があります。新札を手に入れるために手数料を払いたくないという場合は、郵便局のATMや両替機を使うのが賢明です。コンビニのATMでは、多くの場合で手数料がかかります。

郵便局で新札に交換してもらう際の手数料はどのくらい?

手数料がかかるか否か

出典: https://tap-biz.jp

実際に郵便局で新札を手に入れるためには、窓口に行って対応してもらうか、ATMや両替機を利用して新札を手に入れる方法があります。その中で気になるのが、両替をしてもらう場合や新札に交換してもらう場合の手数料についてです。手数料がかかるならば、両替をストップしようと考える人も出てきます。その内実について具体的な解説を行っていきます。

手数料は無料

出典: https://irohasu01.biz

実際に郵便局の窓口で新札に交換してもらう場合、手数料については無料です。もともとの考え方として、郵便局では新札に交換したり両替をしたりするといったサービスを行っていなかったため、そのための手数料もかからないというのが自然な考えです。そのため、そもそも新札への交換や両替をしてくれないというケースもあるので、注意が必要となります。

そもそものサービスではない

出典: http://mzstyle.net

1万円札から1万円札への新札の交換や、1万円札から1,000円札10枚といった両替についても、対応してくれる郵便局とそうではない郵便局に分けて考える必要があります。そもそものサービスに含まれていないので、交換してくれたらラッキーくらいに思っておくのがおすすめです。無駄な時間を使いたくないという場合は、事前に確認しておくのが賢明です。

銀行では両替可能

出典: http://yasu.blog.jp

銀行では確実に両替や新札への交換を行ってくれますが、50枚以上の紙幣の交換については手数料がかかることもあります。その点において、郵便局では利用者に優しいと考えることもできますが、新札への交換や両替がサービスに含まれていないことも考慮しておくべきです。窓口で交換できない場合は、ATMや両替機を使うことも頭に入れておくことです。

郵便局のATMも手数料無料

出典: http://tribialife.com

また、郵便局のATMであれば平日はもちろんのこと、土日祝日でも手数料無料で引き出しや入金を行うことができます。9時から19時、あるいは9時から17時といった一定の時間内であれば手数料が無料で取引を行うことができます。まずはATMの稼動時間を把握することが求められます。何事も事前確認をしておくことで、効率良く新札を手に入れられます。

郵便局での新札交換は両替扱いになる?

郵便局は両替商ではないのでしてもらえない場合もある

出典: https://cktt.jp

郵便局で新札に交換してもらう場合の方法や、交換してもらえない可能性があるということも含めて理解を深めておくことが求められます。郵便局については両替商ではないので、新札に交換してもらえない可能性も十分にあります。その場合は両替機やATMを利用することが求められます。100%交換してもらえると思っておかないことが重要なポイントです。

事前に電話で確認する

出典: https://shittoku.xyz

郵便局に行けば100%新札が手に入るわけではありません。それでも、郵便局で新札を手に入れたいという場合は、事前に電話で確認をしておくことが大切です。電話で確認を取ることで、新札への交換に対応しているのか、そうではないのか把握することができます。交換に対応している場合でも一定の制約があることがあるので、それを聞くことも大切です。

条件や制約の確認

出典: https://strawberry-wedding.jp

郵便局の窓口で新札への交換に対応している場合でも、1人何枚までといった条件が設定されていることもあります。また、ゆうちょ銀行ATMからの引き出しに対して両替に対応しているということもあります。自宅から持ち込んだお金では両替できないと断られてしまうこともあるのです。その辺も含めて、具体的な対応方法を事前に確認することが大切です。

必ずしも新札を常備していない

出典: https://the-right-manner.com

前提として、郵便局では必ずしも新札を常備しているわけではないということを理解しておくことが求められます。郵便局での新札への交換や両替については、ゆうちょ銀行からの引き出しに対応してもらえるというのが一般的です。改めて、郵便局は両替商ではないことを理解することがポイントです。その点も理解した上で、窓口に行くことが求められます。

郵便局内にあるお金と交換

出典: https://matome.naver.jp

あくまでも郵便局内にあるお金の中で新札があれば、その新札と交換してもらえるといった考え方をしておくことがポイントです。銀行の場合は新札を常備していることで、スムーズな交換につなげることも可能ですが、郵便局は勝手が異なります。大量に交換するのが難しいのもこのためであり、新札として必要な枚数を限定的に絞っておくことが求められます。

営業時間外の対応は不可

出典: https://xtreeem.com

もちろん、窓口での交換について、土日祝日や営業時間外での対応は受け付けてくれていません。郵政民営化以降については、郵便局の営業時間も柔軟になってきたので、あらかじめ何時から何時まで営業しているのか確認しておく必要があります。土日祝日に急に新札が必要になったという場合でも、対応できるようにしておくことが大切なポイントです。

ATMや両替機の利用

出典: https://uranaru.jp

郵便局の窓口で両替や新札への交換が難しい場合は、やはりATMや両替機に頼るのが一番のポイントです。夜の時間帯や土日祝日であれば、比較的利用者も少なく、不自然に見られることもなく新札の入手を進めることができます。平日の日中などは他のお客様で混雑していることもあるので、なるべく空いている時間帯を狙っていくことがおすすめできます。

郵便局に新札交換に行く暇が無い時は?

時間がない場合の対応

出典: https://afun7.com

郵便局の窓口に行って新札に交換してもらう方法や、ATMや両替機を利用して新札を手に入れる方法を理解することができたら、それを実践していくことが大切です。具体的な行動に起こしていくことで、新札を手に入れることができます。さらに、この段落では郵便局に新札交換に行く時間がない場合の対応方法についても、具体的に解説を行っていきます。

アイロンを使ってシワを伸ばす

出典: http://kakaku.com

まず、手元に新札がなくてどうしても新札を手に入れたいという場合は、お札にアイロンをかけてシワを伸ばすという方法を挙げることができます。アイロンをかけることで、少しでも新札のような見た目の良さを取り戻すことができます。お札にスプレーで水を吹きかけてから、アイロンをかけることによってしわを伸ばせば、新札に近い形になっていきます。

スーパーでの交換

出典: https://www.ryutsuu.biz

また、どうしても時間がない場合の裏技として、近くのスーパーで新札に交換してもらうという方法もあります。もちろん、裏技なので確実に交換してもらえるという保証はどこにもありません。顔なじみの店員さんがいる場合など、ダメ元でお願いしてみると新札に交換してくれる可能性もあります。両替NGなスーパーも多いので、あくまでも裏技となります。

丁寧な態度でお願いする

出典: http://dailymart.jp

一般的なスーパーや小売店といった場所では、多くのお店で両替をお断りしているというケースが多くなっています。それでも、丁寧にお願いをすることで両替に応じてくれる可能性がないとは言い切れません。困っている人を助けたいと思うのが人間の心理でもあります。その人間心理を上手く活用して、丁寧な態度で交換をお願いしてみるのもベターです。

銀行窓口での交換

出典: http://www.itmedia.co.jp

また、近くに郵便局がなく、銀行ならあるという場合は銀行に行って新札に交換してもらうのもおすすめの方法です。銀行であれば、基本的に窓口で新札への交換に応じてもらうことができます。ただし、銀行窓口の場合は、基本的な営業時間が15時までであることが多くなっています。その営業時間も考慮した上で、窓口に出かけていく必要があります。

手数料の発生も

出典: http://www.tohobank.co.jp

銀行で新札に交換してもらう場合、1枚や2枚程度であれば全く問題ありませんが、数十枚単位での交換となると、手数料が発生することもあるので注意が必要です。基本的に50枚以上の新札を必要とする場合は手数料が発生してきます。それより少ない枚数でも手数料がかかることもあります。事前に確認しておくと共に、手数料額を把握することが大切です。

銀行口座は不要

出典: https://www.cash-hiroba.com

また、銀行で新札に交換してもらうのは、必ずしも銀行口座を開設していなくても対応してもらえるケースがほとんどです。銀行に行けば、両替や新札への交換に際して専用となる用紙が準備されています。そこで、自身の名前や住所、日付、さらには交換したい金額を記載して窓口に提出すれば、必要な分の金額の新札を交換してもらうことができます。

郵便局との違いも明らかに

出典: http://sunnyacresbandb.com

ここも郵便局とは異なる点だと考えることができます。郵便局の場合、自身のゆうちょATMからの引き出しにしか、交換や両替に対応してくれないケースもあります。その点に比べて、銀行では銀行口座を持っていない方や普段利用していない方でも柔軟に対応してくれるのです。郵便局との違いも理解した上でありがたく利用させてもらうことができます。

銀行の両替機の利用

出典: http://blog.livedoor.jp

営業時間内に銀行の窓口に行く時間がないという場合は、銀行に設置されている両替機でも新札に交換することができます。窓口での両替に比べても、短時間でスピーディーに新札を手に入れられるというメリットがあります。基本的に、銀行の両替機では1万円札を1万円に両替しようとすると、新札が出てくる仕組みになっていることが多いです。

係員への確認も

出典: https://part.shufu-job.jp

ただし、中には新札ではないお札が出てくる可能性もあるので、その場合は何度か両替を繰り返してみるのがおすすめです。どうしても新札が手に入らない場合は、近くの係員などに確認をして、どのような方法があるのか聞いてみることが大切です。確実に新札が出ないということであれば、窓口での交換に踏み切ることも視野に入れておく必要があります。

事前の情報収集が大切

出典: http://sato-ctb.cocolog-nifty.com

全ての銀行に両替機が設置されているとは限りませんので、それも含めて事前にホームページや電話などによって確認をしておくことも大切なポイントです。郵便局での両替を行う場合もそうですが、事前にいろいろと調べておくことで、時間の短縮につなげることができます。両替機も営業時間が決まっているので、それも含めて確認しておくことが大切です。

銀行のATMを利用

出典: http://www.thutmosev.com

銀行での両替や新札への交換という意味では、銀行に設置されているATMで新札が出るまで出し入れを繰り返すという方法も挙げることができます。これは郵便局のATMを利用する場合と同じ方法ですが、何度も入出金を繰り返すことで、新札に遭遇する可能性を高めるという手法です。大きな銀行であればATMの数も多いので、他の方に迷惑になりません。

夜遅い時間まで可能

出典: http://www.hij.airport.jp

また、銀行のATMであれば、比較的夜遅い時間まで手数料無料で入金や出金を行うことができるため、仕事帰りのサラリーマンといった方でも行いやすいところがメリットです。それでも、何度も何度も出し入れをしていると怪しい人だと思われてしまう可能性もあります。その辺は周囲の雰囲気を読みつつ、スマートに新札を手に入れることがポイントです。

結婚式場や百貨店のサービスカウンターの利用

出典: https://www.facebook.com

また、結婚式場や百貨店のサービスカウンターなどで新札に交換してくれるサービスを行っているケースもあります。これは必ずしも行っているサービスではないので、事前に確認しておく必要があります。特に結婚式などで新札が必要な場合、当日に新札に交換する人が多いため、事前に予約が必要なこともあります。その辺も確認をすることが求められます。

ホテルのフロントなども

出典: https://weban.jp

大手百貨店のサービスカウンター、ホテルのフロントといった場所でも新札に交換するサービスを行っているケースがあります。いずれにしても、利用者であることを前提として交換できるようになっていることがほとんどです。事前に問い合わせを行って、サービスに対応してくれるのか確認することが大切です。いざという時には、頼りになるサービスです。

あくまで非常用!マナー的にも前もって準備をしよう

出典: http://happynukochn.link

郵便局や銀行を利用することによって、確実に新札を手に入れることができるようにしておくことがポイントです。その上で、新札についてはそれほど多く利用するわけではありません。結婚式などの慶事用として、前もって準備しておくことも大切です。いざという時に必要なお金として、新札には手をつけずに自宅に大切に保管しておくこともおすすめです。

Thumbピン札に交換する方法まとめ!銀行や郵便局での両替以外で入手はできる?

郵便局で新札に交換する方法まとめ

出典: http://www.tokyo-midtown.com

郵便局で新札に交換する方法について、具体的にご紹介をしてきました。郵便局では100%新札に交換できるわけではないということを理解しておく必要があります。その上で、ATMや両替機などの機械の利用も視野に入れておくことがポイントです。いざという時に必要な新札は事前に準備しておくことも賢明です。それがゆとりある行動につながります。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ