家賃はクレジットカード払いできる?メリットから注意点まで徹底解説!

家賃をクレジットカード払いすることができるのかという点に注目をして、その支払い方法を具体的に解説していきます。家賃をクレジットカード払いにすることによるメリットや注意点も取り上げていきます。家賃支払いの方法に迷っている方は必見の内容です。

家賃はクレジットカード払いできる?メリットから注意点まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 家賃はクレジットカード払いできるの?メリットと注意点を解説!
  2. 家賃はクレジットカードで払えるの?
  3. 家賃をクレジットカードで払う方法!手数料はどのくらいかかる?
  4. 家賃をクレジットカードで払うメリットとは?
  5. 家賃をクレジットカードで払ってポイントを貯めよう!おすすめはこれ
  6. 家賃をクレジットカードで払う時の注意点
  7. 家賃をクレジットカードで払うメリットと注意点を理解して賢く節約しよう

家賃はクレジットカード払いできるの?メリットと注意点を解説!

出典: http://www.eheya.net

家賃の支払い方法として、クレジットカード払いをすることができるのかという点に注目をして、具体的に解説を行っていきます。一般的な買い物の際には普及しているクレジットカード払いですが、家賃の支払いとなると異なる考え方も必要となります。家賃をクレジットカード払いすることのメリットと注意点について、具体的な視点で確認していきましょう。

家賃はクレジットカードで払えるの?

家賃をクレジットカードで払える不動産会社

出典: https://sumaity.com

まず、家賃をクレジットカード払いできるのかどうかという点に着目をしていきます。実際に家賃をクレジットカードで払える不動産会社が増えてきています。例えば、大東建託株式会社では、2013年10月からクレジットカード決済を導入しています。クレジットカード払いに対応することで、他社との差別化を図ることができて、アピールにもつながります。

アパマンショップも

出典: http://suumo.jp

大東建託株式会社もクレジットカード払いに対応している不動産会社となりますが、さらにアパマンショッップもクレジットカード払いに対応しています。大東建託やアパマンショップが賃貸管理をしている物件に限ってクレジットカード払いが可能ということです。大家が別で管理をしている物件に関しては、クレジットカード払いができないこともあります。

初期費用のみがクレジットカード払い対応の不動産会社

出典: http://okane-hosoku.com

また、家賃ではなく、初期費用のみであればクレジットカード払いに対応しているという不動産会社も出てきています。住友林業レジデンシャル株式会社が、その代表的な不動産会社として有名です。仲介手数料や敷金、礼金、前家賃や各種保証料などの初期費用をクレジットカードで払うことができます。初期費用だけでも対応していると、助かる人が多いです。

特定のカードで払える不動産会社

出典: https://kuboderayuusuke.com

初期費用や家賃といった料金に関して、クレジットカード払いに対応する不動産会社も増えてきていますが、その中でも特定のクレジットカードであれば、支払い方法として認めてもらえるケースもあります。例えば、レオパレス21であればJALカード、ミニミニではミニテックカードやオリコカードで支払い可能です。こうしたカードを利用するのも便利です。

新規で作るのも手段

出典: http://kakaku.com

特定のクレジットカードを指定することで、不動産会社としても手数料を低めに設定したり、グループ全体としての利益につなげられたりできるということが大きなポイントです。そのため、不動産会社によってはあらかじめ利用できるクレジットカードを指定します。該当するクレジットカードを持っていない場合は、新たに作って利用するのも賢明です。

家賃をクレジットカードで払えない不動産があるのはなぜ?

出典: https://kakakumag.com

特定のクレジットカードも含めて、クレジットカード払いに対応する不動産会社が増えてきているのは確かな事実だと言えます。その中で、家賃のクレジットカード払いに対応していない物件や不動産会社がまだまだ多いのも事実です。それはクレジットカード払いにすることでクレジットカード会社に手数料を取られて、その分の実入りが減ってしまうからです。

手数料の問題

出典: https://www.homes.co.jp

例えば、家賃が10万円の物件でクレジットカード払いに対応すると、手数料をクレジットカード会社に支払う必要があります。例えば、手数料が家賃の5%と設定されていた場合、10万円の物件では5,000円の手数料を支払う必要が出てくるのです。本来は10万円受け取れるはずの家賃が、クレジットカード会社に手数料を払うことで9万5,000円となります。

手数料を払いたくない

出典: https://kakakumag.com

もちろん、クレジットカード会社としては、各種手数料によって利益を上げていることになるので、この手数料分を譲るわけにはいきません。そうなってくると、手数料を支払いたくない不動産会社や大家側としては、自然にクレジットカードの利用を避けてしまうということです。それが、クレジットカード払いに対応していない不動産会社が存在する理由です。

利便性の向上

出典: https://www.smbc-card.com

もちろん、クレジットカード払いに対応することで、入居したいと考える人が増えるのであれば、不動産会社や大家にとってもプラスに作用します。そのため、少しずつではありますが家賃の支払い方法として、クレジットカード払いに対応する不動産会社が増えてきているのです。今後もこうした流れは続くと予想され、利便性の向上にも期待が集まっています。

ポイントが貯まる

出典: https://neko-money.com

物件を借りる側の利用者としても、クレジットカード払いをすることでポイントが貯まるという特典がついてきます。毎月支払う固定費として家賃は相当高いものがあり、それを単純に失うよりは少しでもポイントに代えたいと思う心理も働きます。そうしたお互いの考えが合致することで、不動産会社や大家側にとってもポジティブに運ぶ側面が出てきます。

家賃をクレジットカードで払う方法!手数料はどのくらいかかる?

家賃をクレジットカードで払う方法

出典: http://metlimmo.com

家賃のクレジットカード払いに対応する物件や不動産会社も、少しずつ増えていく傾向にあります。その中で、クレジットカード払いに対応することで、不動産会社としてはクレジットカード会社に手数料を支払う必要が出てきます。毎月の家賃を回収しやすくなるというメリットもありますが、利益の減少が懸念されます。そうした点も把握することが大切です。

かかる手数料について

出典: http://www.mizushima-shoji.co.jp

家賃をクレジットカード払いにすることで、実際にかかってくる手数料はクレジットカード会社によってまちまちです。3%のところもあれば5%といったところもあります。上段でもご紹介したように、例えば5%の手数料で家賃が10万円の場合、不動産会社の利益は9万5,000円ということになります。手数料については、不動産会社や大家の負担となります。

7%の手数料も

出典: https://www.econtext.jp

一般的には3%から5%が多いクレジットカード払いの手数料ですが、中には7%の手数料がかかるといったケースも見られます。そうなってくると、家賃10万円の場合、不動産会社や大家の利益が9万3,000円まで減ることになります。本来は家賃の100%を利益として計上できるはずですが、クレジットカードの手数料は痛い出費となってしまうのです。

クレジットカード払いのいろは

出典: https://www.shimonada.jp

徐々にクレジットカード払いに対応してくれる不動産会社や物件が増えつつあると言っても、クレジットカード手数料が不動産会社にとって痛い支出であることは間違いありません。そのため、使えるクレジットカードを制限したり、自社と提携しているカードを勧めてきたりします。物件を借りる側は、その辺も考慮しつつ物件探しを進めることが大切です。

Thumb東京で家賃が安い地域はどこ?おすすめの穴場エリアを調査!

家賃をクレジットカードで払うメリットとは?

ポイントがつく

出典: https://ameblo.jp

少しずつ家賃のクレジットカード払いに対応している物件や不動産会社も増えてきていますが、実際に物件を借りる側には大きなメリットがあります。クレジットカード払いによって家賃の支払いをすることで、ポイントが貯まるというところもおすすめのメリットです。現金払いであれば、毎月一定の金額がお財布や銀行口座からなくなってしまうだけです。

お得感が高まる

出典: https://www.kurekaru.com

しかし、家賃の支払い方法としてクレジットカード払いを選択することができれば、その分ポイントやマイルを貯めることもできてメリットとなります。同じ家賃を支払うにしても、少しでもポイントに代えられる方が、お得感も高まります。クレジットカード払いに対応していることで、その物件を借りてみようという選択肢の候補にすることもあり得ます。

手軽

出典: http://credit-card.red

家賃の支払い方法として、クレジットカード払いに対応していることはポイントが貯まるというメリットだけでなく、手軽という点も挙げることができます。一般的な支払い方法であれば、口座引き落としや指定口座への振込といった方法になります。その場合、支払い日までに銀行やATMに行って手続きをする必要があり、手間がかかるという弱点があります。

家計の管理もしやすい

出典: https://choeiroom-popolato.com

しかし、家賃の支払い方法としてクレジットカード払いを選択することができれば、わざわざ銀行やATMに行って振込をしたり、残高を確認して足りなければ入金したりするといった手間を省くことができます。クレジットカード払いができれば、決済日も決まっています。そのため、家計の管理をしやすいというメリットもあり、重宝されるポイントです。

支払いタイミングの自由度

出典: http://www.sumapay.jp

また、クレジットカード払いにすることで、支払いのタイミングを自由に設定できるというメリットもあります。特に初期費用など、一気に大量のお金がなくなるケースでは、分割払いやリボ払いなどにすることで、支出を平均的に分散させることができます。これは、物件を借りる側にとってはありがたいメリットであり、家計を支える上でも大きな利点です。

生活のやり繰りもしやすい

出典: https://happytomo.com

手持ちの資金が不足している場合でも、クレジットカード払いにすることによって支払いのタイミングをずらすことができるので、その間に仕事をして得た収入できちんと家賃の支払いに充てることができます。その分、生活のやり繰りもしやすくなり、利用者としては嬉しいポイントが多いです。日頃の生活からクレジットカードに慣れている人も多いのです。

クレジットヒストリーの活用

出典: https://cashing-reports.com

クレジットカードにはクレジットヒストリーと呼ばれる個人の支払い履歴が残ります。そのクレジットヒストリーを閲覧すれば、いつ何にどのくらいのお金を使ったのか自分でも把握しやすくなります。家賃の支払いに関してもそうですが、その他の生活資金の支払いも確認できます。生活のやり繰りという点でも、家計簿代わりの存在として役立ちます。

物件を貸す側にもメリット

出典: http://creditshinsa.com

また、クレジットカード払いにすることは物件を借りる側だけではなく、物件を貸す側の不動産会社や大家にとってもメリットがあります。それは、家賃を支払ってもらえない場合の対応です。クレジットカード払いではない場合、万一家賃の滞納などがあれば大家や不動産会社が取り立てをする必要があります。家賃の回収に苦労することも少なくありません。

家賃回収の負担が減る

出典: https://kenken-memo.com

一方で、家賃の支払い方法をクレジットカード払いにしている場合、万一借主が家賃を支払わなかったとしても、不動産会社や大家は家賃分の金額を得ることができます。滞納されている家賃を回収するのはクレジットカード会社であり、不動産会社や大家は特に取り立ての必要がありません。手数料を支払う代わりに、家賃回収の負担が減るということです。

自分たちの負担を検討

出典: https://tainoukaisyou.com

これまでも、夜逃げや家賃の滞納といった借主に苦しんできたという不動産会社や大家は少なくありません。その負担が減ると考えれば、多少の手数料を支払ってでもクレジットカード払いを導入するのが得策だと考えることもできます。自分たちの負担をどのように考えるかによって、クレジットカード払いを導入するかどうかを決定することがポイントです。

家賃をクレジットカードで払ってポイントを貯めよう!おすすめはこれ

おすすめカードの紹介

出典: https://credit-card-navi.com

家賃をクレジットカード払いにしてもらうことで、物件を借りる側としても貸す側としてもメリットを享受することができます。その中で、物件を借りる側としては、クレジットカード払いにしてもらうことでポイントを貯められるというメリットがあります。特におすすめなカードをご紹介していきます。おすすめのカードで節約につなげることも賢明です。

マイルの貯まるクレジットカード

出典: https://crekichi.com

まず、家賃の支払い方法としておすすめのクレジットカードは、マイルが貯まるクレジットカードです。マイルを貯めることで旅行にも使いやすくなりますし、出張の際にもお得な点が多くなります。マイルの貯まるクレジットカードとしておすすめなのは、例えば、スカイトラベルカードやアメリカンエキスプレスゴールドカードといったカードが挙げられます。

ソラチナカードやJALカード

出典: https://cbchintai.com

ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードであれば、1%のマイル還元率だけでなく、ANAグループの利用であれば還元率が2%とさらにお得になっていきます。また、ソラチナカードやJALカードといったクレジットカードに関しても、おすすめのカードとしてご紹介することができます。マイルを貯めることを目的としている場合は入手しておきたいです。

ポンタポイントが貯まるクレジットカード

出典: https://credit--card.jp

マイルが貯まるクレジットカードの利用もおすすめすることができますが、さらにはポンタポイントが貯まるクレジットカードの利用もおすすめすることができます。食事や買い物など、さまざまな場面で活用できるポンタポイントを重宝しているという方も少なくありません。ポンタポイントを貯めるのにおすすめのクレジットカードも取り上げていきます。

具体的なクレジットカード

出典: http://firstdeg.com

ポンタポイントを貯めたい場合は、Ponta Premium Plusやシェル-Pontaクレジットカード、JMBローソンPontaカードVisaやローソンPontaカードVisaといったクレジットカードがおすすめです。その他にも、ルートインホテルズPontaVISAカードやヒマラヤPontaカードPlusなどもおすすめです。いずれも、ポンタポイントが貯まるクレジットカードです。

ローソンでのお買い物も便利に

出典: http://myself-field.com

ポンタポイントを貯めることで、ローソンでのお買い物が便利になるという特典もあります。コンビニの中でもよくローソンを利用するという方は、積極的にポンタポイントを集めてみるのがおすすめです。プリペイド機能つきのクレジットカードとしては、ローソンおさいふPontaなども便利です。こうしたカードを利用して、家賃を支払うのもおすすめです。

楽天ポイントが貯まるクレジットカード

出典: https://money-cake.net

クレジットカードの利用によって、ポイントを貯めたいケースとしては、楽天ポイントを集める場合も考えることができます。楽天ショップなどで買い物を楽しむ場合はとても便利で、日常生活を彩ってくれるカードとして重宝することができます。家賃の支払いについても、楽天ポイントが貯まるクレジットカードを利用することで、お得感を高められます。

楽天カードなど

出典: https://creditcard-plus.net

実際に楽天ポイントを貯めることができるおすすめのクレジットカードとしては、楽天カードやOrico Card THE POINT、三井住友VISAゴールドカードといったクレジットカードを挙げることができます。また、三井住友VISAクラシックカードや楽天プレミアムカードなどでも、楽天ポイントが貯まります。お得な手段として利用を検討するのがおすすめです。

クレジットカード払いで便利な生活を

出典: http://www.e-itown.com

マイルや楽天ポイント、ポンタポイントなど、家賃の支払い方法をクレジットカード払いにすることで、より一層お得感を高めることができます。一般的には口座引き落としや銀行振込といった方法が多いですが、クレジットカード払いに対応している物件から探してみるのもおすすめです。そうすることが、少しでも便利に生活する手段につながっていきます。

共通ポイントも貯まる

出典: https://navinavi-creditcard.com

クレジットカード以外にも共通のポイントカードと提携して、お得にポイントを貯めることができる不動産会社も登場してきています。賃貸契約の成約時や仲介手数料に応じてポイントを付与してくれるのです。例えば、アパマンショップでは、ポンタポイントを貯めることができます。レオパレス21では、dポイントを貯めることができてお得も高まります。

楽天ポイントの付与も

出典: https://www.etc-navi.net

また、Century21の不動産流通センターや賃貸住宅サービス、不動産案内センターといった不動産会社では、楽天ポイントを貯めることができます。賃貸を契約する時にポイントを付与してもらうことができるので、一気に大量のポイントを貯められるところがメリットです。こうした情報も参考にしつつ、利用する不動産会社を検討していくのもおすすめです。

ThumbPONTAをクレジットカードで貯める!ポイントアップできるカードを紹介!

家賃をクレジットカードで払う時の注意点

注意点の理解も重要

出典: http://credithikaku.jp

家賃をクレジットカード払いにしてもらうことで、利用者側にとってはクレジットカードポイントを貯めることができるというメリットがあります。そのメリットを享受することで、少しでも生活に対してのお得感を高めていくこともおすすめの点です。その他、家賃をクレジットカードを払う場合の注意点についても適切に理解しておくことが求められます。

クレジットカードは後払いだということ

出典: http://rakuchen.com

まず、クレジットカード払いについては、後払いということを認識しておく必要があります。クレジットカードを利用している方にとっては当たり前の感覚かもしれませんが、どうしても忘れてしまうことがあります。家賃の支払いを後ろ倒しできるというメリットもありますが、支払日を忘れてはいけません。その分、口座に残高を残しておくことも大切です。

感覚の調整が重要

出典: http://www.uchidaya-fudousan.com

家賃の支払い方法として、クレジットカード払いが追加されているというだけであって、実際に家賃が安くなったり無料になったりするわけではありません。支払いの感覚にタイムラグが生じることで、口座引き落としや銀行振込とは異なる感覚になってしまうこともあります。その辺の感覚の調整を上手く行いつつ、適切な支払いをすることが求められます。

家賃が高く設定されている場合はある

出典: https://credit--card.jp

また、家賃をクレジットカードで支払う場合の注意点として、家賃が高く設定されているケースがあるので注意をしておく必要があります。不動産会社や大家としては、クレジットカード払いを可能にすることで、相応の手数料をクレジットカード会社に支払う必要が出てきます。その手数料分を徴収するために、あらかじめ家賃を高く設定することもあります。

本来よりも高い家賃設定

出典: https://creditcard-plus.net

クレジットカード払いに対応しているが、本来よりも5%ほど家賃が高くなっている物件も少なくありません。他の物件と比べてみたり、その地域の相場を確認したりすることも重要です。ポイントが貯まると言っても、そもそもの家賃が高くなっているのであれば、お得とは言えません。それならば、現金払いで安い家賃の物件を探した方がお得だと言えます。

ポイントがつかない場合も

出典: https://www.nexthome-kobe.com

さらに、クレジットカードによっては、家賃がポイント対象外となることもあります。せっかく家賃をクレジットカード払いにしても、そもそものポイントが付与されなければ意味がありません。全額ポイントがつかない場合もあれば、共益費や管理費に対してポイントがつかないこともあります。この辺は事前にクレジットカード会社に確認する必要があります。

特定のクレジットカードのみ対応

出典: http://www.navarronet.com

また、家賃のクレジットカード払いが対応という物件でも、特定のクレジットカードのみ対応しているという可能性も少なくありません。ミニミニのミニテックカードやレオパレス21のJALカードなどが代表的なところですが、そうした情報も事前に確認しておく必要があります。物件を借りる際に、不動産会社の担当者から直接聞いておくことも効果的です。

冷静な判断も重要

出典: http://loffice.hatenadiary.com

家賃をクレジットカード払いする際には、上記で取り上げたような注意点にも留意しつつ、適切な判断を下していくことが求められます。安易にクレジットカード払いに飛びついてしまうと、実は損をしているといったケースも出てしまいます。事前に確認するべきことは確認することが重要です。冷静な判断の中で、物件選びを進めていくことが求められます。

クレジットカード払い対応が増える

出典: https://www.pitat.com

注意点も冷静に判断しつつ、クレジットカードの利用を決断することもおすすめです。今後の流れとしても、クレジットカード払いに対応する物件や不動産会社が増加していくことが見込まれています。すでに大東建託やアパマンショップなどでも採用していますが、今後も増えていくと予想されます。その中でお得に利用できるようにしておくことが大切です。

家賃をクレジットカードで払うメリットと注意点を理解して賢く節約しよう

出典: http://keizaizyouhosokuho.blog.jp

家賃をクレジットカード払いにすることによるメリットや注意点などを具体的にご紹介してきました。家賃の支払い方法として、クレジットカード払いを導入することは、物件を貸す側にも借りる側にも影響があります。メリットやデメリットも含めて総合的に考える必要があります。物件を借りる側としては、節約も考えて利用を検討することがおすすめです。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ