住民税は年収いくらから支払う?考え方や目安など計算方法まとめ!

住民税は年収いくらから支払う必要があるのかについて、具体的にご紹介を行っていきます。住民税の考え方や年収の目安についても、具体的に取り上げていきます。計算方法も含めて、住民税のいろはについて理解しやすい記事となっています。

住民税は年収いくらから支払う?考え方や目安など計算方法まとめ!のイメージ

目次

  1. 住民税は年収いくらから納付する?考え方や目安など計算方法を解説!
  2. 住民税の仕組みとは?
  3. 住民税の考え方とは?
  4. 住民税はいくら?目安の計算方法とは?
  5. 住民税は年収いくらから?非課税世帯の年収とは?
  6. 住民税の年収ごとの目安を計算!
  7. 住民税は自治体によって違う?超過課税とは?
  8. 住民税の年収ごとの目安や計算方法まとめ!

住民税は年収いくらから納付する?考え方や目安など計算方法を解説!

出典: http://syakaizyousiki.com

住民税の仕組みに注目をして、年収いくらから納付する必要性が出てくるのかというポイントを具体的に解説していきます。所得税や住民税といった税金の支払いに苦労している方は少なくありません。そこで、ある程度の目安となる計算方法を理解しておくことが効果的です。適切な計算方法によって、適切に住民税の金額を把握することが大切なポイントです。

住民税の仕組みとは?

都道府県税と市町村税を合わせたもの

出典: https://shokonoaruie.com

まずは、住民税の仕組みについて確認をしていきます。毎年いくらの支払いが必要になるのかとやきもきさせられることも多い住民税ですが、基本的には都道府県税と市町村民税を合わせたものが住民税となります。会社員の方であれば給与天引きという形で住民税を支払います。一方で、個人事業主の方は、支払い納付書によって住民税の支払いを行います。

1月1日の時点で決定

出典: https://www.shunpon.com

都道府県税と市町村民税については、それぞれに所得割と均等割といった税率も含まれており、それら全ての税率を含んだものが最終的な住民税額として決定されることになります。基本的に前年の所得をもとにして計算が行われ、翌年の住民税支払いが決定していきます。その決定時期としては、1月1日の時点です。年始にはすでに住民税額が決まっています。

目安の算出は可能

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

前年の1月1日から12月31日までにかけての合計所得に対して課されるのが所得割でもあります。つまり、年末時点でその年の所得が判明することになるので、翌年の1月1日にはその年の住民税額が決定されるということです。自分でも目安の住民税を計算することは可能です。控除の種類や控除額、計算方法などを頭に入れておくことで、目安を算出できます。

1月1日時点の住所地に納付

出典: http://uguisu.skr.jp

また、住民税については、1月1日現在に住所がある都道府県や市区町村に納付することになります。そのため、1月1日以降に住所変更した場合は、その年は1月1日時点で住んでいた住所地に住民税を納付することになるのです。例えば1月1日に大阪に住んでいて、その後北海道に引っ越した場合は、その年の住民税を納付するのは大阪の市区町村となります。

住民税の負担軽減策

出典: http://kakeibot.doorblog.jp

住民税の計算方法としては、給与収入や給与所得控除、給与所得といったところも頭に入れておきたいポイントです。計算方法については後ほど詳しく解説を行いますが、給与全てに対して課税対象となるわけではありません。少しでも住民税の負担を軽減するために、活用できる控除を活用することが効果的です。ふるさと納税などの活用もおすすめできます。

Thumb住民税はいつから納税する?しくみやメリット・年齢などまとめ!

住民税の考え方とは?

税額は前年度の所得で決まる

出典: https://asset-campus-oag.com

住民税については基本的な仕組みや考え方を理解しておくことが重要です。住民税の支払いがいくらくらいになるのかという目星をつけておくことで、家計のやり繰りも行いやすくなっていきます。そのために必要なこととして、住民税額は前年度の所得で決まるということも覚えておく必要があります。これが住民税の基本的な考え方として大切なポイントです。

住民税に関する勘違い

出典: https://ten-navi.com

住民税は前年の1月1日から12月31日にかけての所得によって、税額が決定されます。住民税に関する考え方の誤りとしてよく見られる勘違いが、4月から6月にかけての給料で住民税額が決定するというものです。そのため、4月から6月はあまり残業をして残業代を増やさない方が良いといった考え方も見られます。しかし、実際は誤りなので注意が必要です。

社会保険料の計算方法と混同

出典: https://smartwith.jp

健康保険料や厚生年金保険料といった社会保険料の類については、4月から6月にかけての平均給料となる「標準報酬月額」を参考にして、計算が行われています。そのため、住民税についても同様の計算方法をしているのではないかと勘違いしている人が多いのです。実際には、社会保険料と住民税の計算方法は異なるので、認識を新たにする必要があります。

「所得割」と「均等割」

出典: http://news.livedoor.com

また、住民税の考え方として、「所得割」と「均等割」についても正確な認識を持っておきたいところです。所得割と均等割も合算した中で、目安となる住民税を計算していくことができるようになります。所得割と均等割については、住んでいる地域によって計算方法や税率が異なることもあります。その辺も認識した上で計算を行っていくことがポイントです。

所得割の考え方

出典: https://smartwith.jp

所得割とは、納税者の所得額に応じて変化してくる割合のことであり、前年の1月1日から12月31日までの合計所得に対して課税額が決定されることになります。道府県民税が4%、さらに市区町村民税が6%となっており、合計で10%の税率が課されるのが所得割です。住民税の計算の中でも大きなウェイトを占めているのが所得割で、大切な部分です。

均等割の考え方

出典: https://www.fincy.jp

続いて、均等割の考え方についてもご紹介していきます。均等割とは所得金額に関係なく、一律で課される割合のことであり、その金額も決定されています。2018年時点では道府県民税で1,500円、さらに市町村民税で3,500円といった均等割が決まっています。もともとは道府県民税が1,000円で、市町村民税が3,000円でしたが、500円ずつ上がっています。

復興財源確保

出典: https://www.ide-tax.com

これは、2014年度から2023年度分までの復興財源確保のために引き上げられた金額であり、2023年度以降は再びもとの税率に戻る可能性もあります。その時の財政状況に応じて変化していくのが、均等割だと考えることもできます。この均等割と所得割を合算することによって、住民税額が決定されます。その基本的な考え方を理解しておくことが大切です。

住民税はいくら?目安の計算方法とは?

目安の計算方法を紹介

出典: https://www.takumoney.com

住民税の基本的な考え方や均等割、所得割といった考え方についても理解を深めておくことが求められます。自分でいくらぐらいなのかという目安金額を把握する上でも、均等割と所得割の計算が重要になっていきます。そのための考え方を理解しておく必要があります。さらに具体的に住民税はいくらになるのか、目安の計算方法についてご紹介していきます。

「収入-経費-所得控除=課税所得」

出典: https://allabout.co.jp

まず、住民税の目安の計算方法として理解を深めておきたいのが、「収入-経費-所得控除=課税所得」という計算式です。この計算式を忠実に行うことで、課税対象となる所得金額を算出することが重要です。課税所得を導き出すことができれば、後は一定の税率などをかけて住民税を計算しやすくなります。そのための土台として、この計算式がポイントです。

所得控除は65万円分

出典: http://out-post.jp

会社員の方であれば、前年の年収が基準となって課税所得を計算することになります。経費や控除を差し引いていった形で最終的に残るのが課税所得であり、その所得に対して所得割の税率が課されることになるのです。また、所得控除については、給与収入から自動的に差し引かれる控除となっており、最低でも65万円分の所得控除を受けることができます。

個人事業主と会社員

出典: https://venture-finance.jp

個人事業主の方などで、会社から給料を支給されていない場合は、事業にかかったお金を経費として差し引きすることができます。年収から差し引きした金額が課税所得として残ることになるのです。つまり、会社員とは考え方の違いがあるので、注意をしておく必要があります。会社員の方でも個人事業主の方でも、誰でも受けられる控除も用意されています。

基礎控除や配偶者控除など

出典: https://www.fincy.jp

所得控除には自動的に差し引きされる65万円の他、基礎控除や配偶者控除、医療費控除といった類の控除も準備されています。一つ一つの控除の説明は割愛しますが、こうした控除を活用することで、住民税額を引き下げることができます。特に基礎控除については適用条件がなく、誰でも控除を受けることができます。その控除額は33万円分となっています。

扶養控除の活用

出典: https://venture-finance.jp

また、所得金額が38万円以内で16歳以上の扶養親族がいる場合には、扶養控除も受けることができます。扶養控除については、最低でも33万円分の控除を受けることが可能で、被扶養者の年齢や人数に応じて控除できる金額も変わっていきます。高校生や大学生、あるいは同居している親などがいれば、対象となる金額分の控除を受けて税額を下げられます。

「課税所得×税率-調整控除-税額控除=住民税」

出典: https://news.mynavi.jp

上記でご紹介したような控除を活用しつつ、最終的には「課税所得×税率-調整控除-税額控除=住民税」といった計算方法によって、住民税の金額を決定することになります。住民税の計算を行う上では、こうした計算式があることを理解しておくことが重要です。自分の住民税額がどのように決定されているのか知る上で、大切な計算式と言うことができます。

シンプルな計算方法

出典: https://www.rals.co.jp

例えば、わかりやすく住民税の課税所得が100万円だった場合、所得割の税率が10%となっているので、所得割の金額が「100万円×10%」で10万円ということになります。さらに均等割が5,000円であれば、支払うべき住民税の金額が10万5,000円となります。このような形で算出していくのが住民税で、基本的な考え方として理解しておく必要があります。

住民税の控除とは?

出典: http://tax.salalive.com

さらに住民税の計算について理解しておきたいのが、住民税の控除と呼ばれる部分についてです。住民税の所得割には調整控除と呼ばれる控除がついてきます。配偶者控除や扶養控除といった人的控除を活用できる人とそうでない人の間で、住民税額に差が出やすくなってしまったので、それを調整するための控除です。所得割に適用されるところがポイントです。

課税所得が200万円以下か以上か

出典: http://www.chokin365.com

調整控除については課税所得額が200万円以下であるか、200万円以上であるかによって、計算方法が異なっていきます。課税所得額が200万円以下の場合は、所得税との人的控除の差の合計額か、課税所得額のいずれか低い方の金額に5%を乗じた数字が所得割の金額となります。調整控除を行うことで、なるべく等しい負担額にしようという狙いがあります。

課税所得が200万円以上の場合

出典: https://venture-finance.jp

一方で、課税所得額が200万円を超える場合については、所得税と人的控除の差の合計額と、「課税所得額-200万円」の金額をもとに計算が行われます。前者から後者を引いたものに対して5%を乗じた金額が調整控除額として適用されます。調整控除額が2,500円に満たない場合は2,500円です。こうしてバランスを取っているのが、調整控除の仕組みです。

住民税は年収いくらから?非課税世帯の年収とは?

住民税と年収の関係

出典: https://journal.anabuki-style.com

住民税の考え方として、その計算方法や控除の種類、調整控除といった考え方を理解しておくことがポイントです。そうすることで、自分の住民税がいくらぐらいになるのかという目安をつけやすくなっていきます。さらに、住民税は年収いくらから課税対象となるのかという点もご紹介していきます。非課税世帯の年収についても、具体的に取り上げていきます。

均等割が非課税となるのは?

出典: http://akitego.xsrv.jp

まず均等割が非課税となる目安の金額についてご紹介していきます。いずれにしても年収から課税所得を導き出すことが大きなポイントとなります。その上で、課税所得が35万円以下の場合に均等割が非課税となります。この課税所得金額については、地方自治体によって差が出てくる部分もあります。基本的に35万円という金額を覚えておくことが重要です。

「35万円×世帯人数+21万円」

出典: https://guilesonic.com

また、35万円という数字は単身として生活している場合です。ここに控除対象配偶者や扶養親族がいる場合は、その人たちの分まで加算した上で非課税となる金額が決定されます。これも、地方自治体によって差がありますが、基本的には「35万円×世帯人数+21万円」という計算式が成り立ちます。この計算式によって、均等割が非課税になるか決まります。

地方自治体の金額を確認

出典: https://ukano.me

例えば、扶養親族が2人いる場合、「35万円×2人+21万円」ということで、課税所得が91万円に満たなければ住民税の均等割が非課税となります。35万円という金額についても、プラスされる21万円という金額についても、地方自治体によって異なることが多くなっています。改めて、自分の住む地域の均等割の非課税計算式を確認することが求められます。

所得割が非課税となるのは?

出典: https://venture-finance.jp

また、年収や課税所得に応じて所得割を非課税にしてもらえるケースも出てきます。その計算式としては、「35万円×世帯人数+32万円」という形になります。こちらも均等割の時と同様に、地方自治体によって金額に差が出てきますので、あらかじめ確認しておく必要があります。この場合、単身者として生活している場合は、35万円以下が対象となります。

控除対象配偶者や扶養親族の人数

出典: https://smartwith.jp

所得割の非課税計算に関しても、控除対象配偶者や扶養親族がいれば、その人たちの分も計算に含めることができます。例えば、控除対象配偶者が1人で扶養親族が2人いる場合、「35万円×3人+32万円」によって、137万円という金額が導き出されます。つまり、課税所得が137万円以下であれば、所得割が非課税となり、住民税の支払いを抑えられます。

非課税限度額の計算

出典: https://minnkane.com

均等割についても所得割についても、年収や課税所得に応じて非課税となる範囲がありますが、その非課税限度額は地域や地方自治体によって異なります。その計算方法として級地区分と呼ばれるものが採用されています。例えば、1級地であれば35万円が非課税限度額です。2級地に下がると「35万円×0.9 = 32万円」という形で限度額が32万円になります。

地域格差をなくす目的

出典: https://ukano.me

また、3級地であれば「35万円 ×0.8=28万円」となります。この級地区分については、生活保護によって扶助を行う時に反映される地域区分となっており、地域格差をなくす目的で採用されています。そのため、地方自治体によって限度額の金額が異なってくるのです。そのことを理解した上で均等割の非課税計算を行っていくと、正確な目安を算出できます。

「年収100万円の壁」が一般的

出典: https://www.fincy.jp

住民税を非課税にするためには、均等割と所得割の双方で非課税限度額を下回る必要がありますが、その基本的な考え方として「年収100万円の壁」を意識しておくと理解の促進につながりやすくなります。住民税の非課税対象の計算に使われるのは課税所得ですが、その前には年収がきます。年収の方が計算しやすいので、年収100万円を意識するのが有効です。

年収と給与所得控除の関係

出典: https://asset-campus-oag.com

年収100万円の壁というのは、給与所得控除として最低65万円が自動的に差し引かれることに由来しています。つまり、年収100万円であれば給与所得控除を引けば残りが35万円ということになります。課税所得が35万円ということは、均等割も所得割も非課税の対象となる範囲なのです。つまり、年収が100万円以下であれば住民税が非課税となります。

「年収100万円の壁」を意識

出典: https://hataractive.jp

もちろん、住民税の非課税限度額が32万円であれば年収も97万円以下に抑える必要があります。住民税の非課税限度額は地方自治体によって異なるので、改めて確認しておく必要があります。それでもわかりやすい指標として、「年収100万円の壁」を意識しておくのはおすすめです。住民税の支払いを少なくしたい場合の目安として、参考となる年収金額です。

Thumb住民税が非課税になる条件とは?年収や申請方法・メリットなど紹介!

住民税の年収ごとの目安を計算!

年収に応じた住民税額

出典: https://careerpark.jp

それでは具体的に、住民税の年収ごとの目安についていくらぐらいになるのか計算を行っていきます。前年の年収を指標として住民税の金額が決定されることになります。つまり、自身の年収を把握しておけば、住民税がだいたいいくらぐらいになるのか検討できるということです。その目安として、具体的な年収ごとの住民税の計算を取り上げていきます。

年収200万円

出典: https://oshiete.goo.ne.jp

まずは、年収200万円の場合について見ていきます。条件としては所得割の税率が10%で、均等割は標準税率となる5,000円で計算を行います。さらに控除対象親族が1人と仮定して、所得については給与所得のみで計算を行います。さらに、所得税との人的控除の差が10万円という条件を設定します。これらの条件で年収ごとの住民税を計算していきます。

年収200万円で5万6,000円の住民税

出典: http://a-i-u.jp

年収200万円の場合、給与所得控除として78万円を引くと122万円となります。その上で、課税所得は122万円から基礎控除の33万円と扶養控除の33万円を引いて56万円となります。所得割については、「56万円×10%-5,000円=5万1,000円」となります。そこに均等割の5,000円をプラスするので、年収200万の場合の住民税は5万6,000円となります。

年収300万円

出典: https://zuuonline.com

続いては、年収300万円の場合の住民税額についての計算を行っていきます。年収300万円の場合も、年収200万円と同様の条件で計算を行います。まず、給与所得として、年収300万円から給与所得控除となる108万円を引いて残りを192万円とします。その192万円から基礎控除と扶養控除をそれぞれ33万円ずつ引いていき、課税所得が126万円となります。

年収300万円で12万6,000円の住民税

出典: https://minnkane.com

その課税所得126万円に対して、所得割が「126万円×10%-5,000円(調整控除)=12万1,000円」となります。さらに、均等割の5,000円を加えることで、最終的な住民税額が12万6,000円ということになります。年収300万円の方の参考として覚えておきたい金額です。その他の控除を利用することができれば、さらに住民税額を安くすることができます。

年収500万円

出典: https://p-dress.jp

さらに、年収500万円の場合に住民税はいくらになるのかについて注目をしていきます。年収500万円の場合も年収200万円や年収300万円といった方たちの年収と同じ条件で計算を行います。まず、年収500万円から給与所得控除の154万円を引いて346万円の給与所得を残します。さらに、課税所得として扶養控除と基礎控除を33万円ずつ引いていきます。

年収500万円で28万2,500円ほど

出典: https://ameblo.jp

そうすると、課税所得が280万円となります。この課税所得に対して所得割が「280万円×10%-2,500円(調整控除)=27万7,500円」です。そこに均等割の5,000円をプラスして、28万2,500円という数字を算出することができます。つまり年収500万円の住民税がいくらぐらいなのかという疑問については、28万2,500円程度と回答することができます。

年収に応じた金額計算

出典: http://business.tribialife.com

年収と住民税の関係については具体的に理解を深めておく必要があります。年収に応じてかかる住民税も変わってくるということです。自分がどのくらいの年収を稼げばいくらぐらいの住民税になるのか理解することも大切なポイントです。年収を抑える働き方や年収を増やす働き方につなげることもできます。

年収の考え方

出典: https://www.fincy.jp

年収が増えれば良いというわけでもありません。年収が増加することによって、住民税の支払いも多くなっていきます。その点で年収を抑えた働き方も有効です。年収が上がるに連れて基本は住民税も上がっていきます。自分の年収を予測して年収を管理することも大切です。無理のない年収で生計を立てることも一つのスキルです。

適切な年収の管理

出典: https://belcy.jp

自身の年収がいくらぐらいになるのかというのは、働いているうちに管理できます。残業を減らすことで年収を抑えることも可能ですし、残業を増やせば年収も増えていきます。つまり年収と働き方はリンクするということです。その辺の認識を持っておくことが、自身の適切な年収の管理につながっていきます。

年収のこだわりを捨てる

出典: https://venture-finance.jp

年収に惑わされることなく、自分がやりたいことを邁進するのもおすすめです。年収にこだわっていると自分が本当にやりたいことを見失うこともあります。そのリスクを回避するために、年収を一旦忘れることもおすすめです。年収を忘れることで自分の興味を求められます。年収についてはこだわりすぎる必要もないということです。

住民税は自治体によって違う?超過課税とは?

超過課税とは?

出典: https://money-lifehack.com

年収と住民税の関係について知ることも重要ですが、さらに超過課税についても解説をしていきます。超過課税とは、各都道府県や市区町村で独自に設けている税金のことです。独自の財源を確保することによって、自分たちの街をより良く発展させていくために利用されています。超過課税がつくと、その分、住民税の支払い金額も高くなっていきます。

超過課税を行う自治体とは?

出典: https://sidatta.com

実際に超過課税を行っている自治体としては岩手県を挙げることができます。岩手県では、「いわての森林づくり県民税」として1,000円分の超過課税を徴収しています。また、神奈川県でも「水源環境保全税」として、超過課税を行っています。均等割が300円で所得割が0.025%の加算となっています。

Thumb住民税を滞納したら?時効や督促状・差し押さえ処分などを解説!

住民税の年収ごとの目安や計算方法まとめ!

出典: https://anncierge.com

住民税について、基本的な考え方や計算方法、さらに具体的な年収に応じた住民税の目安額などをご紹介してきました。住民税は年収との関係によって決定される数字です。そのプロセスを理解しておくことで、少しでも住民税の支払いを減らすことも可能と言えます。改めて住民税と年収や計算方法の関係について理解をして、自身の目安税額を把握しましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ