住民税の扶養控除の仕組みとは?主婦のパート年収の計算方法など紹介!

住民税の扶養控除の仕組みに注目をして、その内実について具体的に解説を行っていきます。主婦のパート年収の計算方法も含めて、住民税と扶養控除の関係をご紹介していきます。住民税の扶養控除に入るための仕組みを総合的に理解することができる内容です。

住民税の扶養控除の仕組みとは?主婦のパート年収の計算方法など紹介!のイメージ

目次

  1. 住民税の扶養控除はどんな仕組みなのか?主婦のパート年収の計算方法を紹介!
  2. 住民税の扶養控除とは?
  3. 住民税の扶養控除の仕組みを解説!
  4. 住民税は扶養控除でいくら軽減されるのか?
  5. 住民税の計算方法:主婦のパートの平均年収で計算
  6. 住民税の扶養控除の仕組みのまとめ

住民税の扶養控除はどんな仕組みなのか?主婦のパート年収の計算方法を紹介!

出典: https://www.city.tsuyama.lg.jp

住民税の扶養控除とはどういった仕組みなのかに注目をして、具体的な計算方法や目安となる住民税の金額などをご紹介していきます。所得税には「103万円の壁」と呼ばれるものがありますが、住民税にも年収の壁があります。扶養控除を活用することで住民税額を安くすることができます。その具体的な方法と扶養控除について具体的に確認していきましょう。

住民税の扶養控除とは?

住民税の支払いを抑えられる

出典: http://www.city.tenri.nara.jp

まずは、住民税の扶養控除とはいったいどういった仕組みなのかについての確認を進めていきます。住民税の扶養控除とは、自分の収入によって子供や親などの親族を養っている場合に適用される制度のことです。扶養控除を適用することによって住民税の支払いを抑えることができます。支払うべき住民税を少しでも抑えるには扶養控除を活用するのが賢明です。

扶養控除の適用条件

出典: https://www.city.susaki.lg.jp

もちろん、住民税の扶養控除は誰でも受けられるものではなく、一定の条件を満たしている場合のみ扶養控除を適用することができます。扶養控除の基本的な条件としては生計を一にしていることが前提となります。必ずしも同居している必要はありませんが、離れて暮らしている場合は仕送りなどの事実が必要です。基本的には家族や親族が対象となります。

「年収100万円の壁」

出典: https://www.city.arao.lg.jp

また、扶養している家族や親族の年間所得が38万円以下である必要があります。扶養家族や扶養親族が給与所得者であれば年収100万円以下であることが最低条件です。自治体によって年収の条件には違いがあるので、しっかりと確認しておく必要があります。これが住民税の扶養控除における「年収100万円の壁」と言われるので、覚えておくことが大切です。

Thumb住民税の控除の種類とは?いつから対象なのかなど条件まとめ!

住民税の扶養控除の仕組みを解説!

節税につなげる

出典: http://bizmakoto.jp

まずは、住民税の扶養控除の仕組みや考え方を適切に理解することが重要です。その上で、さらに扶養控除の具体的な内容に踏み込んでいきます。扶養控除には住民税の他に所得税の扶養控除も存在します。それぞれの扶養控除の違いを理解しておくことで、上手く節税につなげることができます。それぞれの仕組みについて、具体的に解説を行っていきます。

住民税と所得税の扶養控除の違いとは?

出典: http://www.city.chikuma.lg.jp

扶養控除には所得税と住民税の2つの控除がありますが、扶養控除の金額と扶養控除を適用する年度に違いがあると考えることができます。住民税の場合は所得控除が65万円で基礎控除が33万円から35万円程度であることが一般的です。そのため、年収98万円から100万円前後で扶養控除の対象になるかが決まります。年収100万円を意識することが重要です。

年収条件の違い

出典: http://www.city.hamada.shimane.jp

一方で、所得税の扶養控除の場合、基礎控除額として所得控除の65万円と基礎控除の38万円を合わせて103万円という金額が適用されることになります。そのため、主婦やパートの方は「年収103万円の壁」を意識して働くことが多くなるのです。住民税の扶養控除との違いとして、年収条件に違いがあります。まずはそこを認識しておくことが求められます。

扶養控除額の設定

出典: https://allabout.co.jp

つまり、所得税にしても住民税にしても扶養控除を適用して少しでも税金の支払いを安く済ませたいというのであれば、それぞれの扶養控除額を意識した中で働くことがポイントになるということです。正社員として働いている場合は厳しいですが、パートなどであればシフトを調整することも重要です。年収100万円や103万円を意識して働くのも効果的です。

反映される年度の違い

出典: https://jigyonushi-kyokasho.com

住民税と所得税の扶養控除については、年収における扶養控除額に違いがあると言うことができます。さらなる扶養控除の違いについて、扶養控除額が反映される年度に違いがあると言えます。所得税の場合はその年の扶養状況によって判断をされることになります。一方、住民税の場合はその年の前年の扶養状況によって、扶養控除を適用するか判断されます。

住民税の仕組みの理解

出典: https://souzoku-jouhou.com

例えば、平成30年分の住民税の扶養控除については平成29年に申請した扶養状況に応じて、対象となるかどうか決定されるということです。これは、住民税の支払いの仕組みに関係があります。住民税の場合、前年の年収をもとに翌年6月から翌々年5月にかけての税額が決定されることになります。そのため、扶養状況の確認も前年のものが対象となります。

扶養控除の対象となる親族の条件とは?

出典: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp

住民税と所得税に関して、扶養控除が適用されるための仕組みや違いを理解しておくことが重要です。その上で、住民税の扶養控除の対象となる親族の条件について改めて確認しておきます。住民税の扶養控除については、まず生計を一にしていることがポイントです。同居家族の場合はもちろんこと、離れて暮らしている家族や親族も対象となることがあります。

同一生計がポイント

出典: http://www.town.shibayama.lg.jp

夫の単身赴任などで子供と離れて暮らしている場合でも、生活費等の仕送りをしている事実があれば、扶養親族として認定してもらうことができるのです。具体的には銀行口座の送金履歴などを提示して、扶養親族であることを証明することができます。家族や親族と同一生計であることが第一の条件であり、住民税の扶養控除を適用するためのポイントです。

扶養控除適用の年収条件も確認

出典: https://news.mynavi.jp

さらに、住民税の扶養控除を適用するためには、扶養している親族の所得が年間38万円以下である必要があります。年収に換算すると98万円から100万円程度となるのが目安です。地方自治体によって基礎控除額が変わってくることがあるので、事前に確認をしておく必要があります。いずれにしても、年収の条件も満たすことで扶養控除を受けられます。

住民税は扶養控除でいくら軽減されるのか?

年収400万円で計算

出典: http://www.city.musashino.lg.jp

実際に住民税の扶養控除によって、どれくらい軽減されるのか確認していきます。例えば、年収400万円の場合で扶養控除がある場合と扶養控除がない場合を比較してみます。扶養控除がない場合、400万円から基礎控除となる33万円を引くと367万円となります。そこに住民税の税率10%を乗算すれば、約36万7,000円という住民税税額が適用されます。

扶養親族がいる場合

出典: https://allabout.co.jp

一方、同じ年収400万円でも1人扶養親族がいる場合は、基礎控除33万円に加えてさらに扶養控除を33万円分適用することができます。そうなると、年収400万円から66万円を引くことができるので課税所得が334万円です。そこに10%の税率をかけて33万4,000円の税額となります。つまり、扶養控除がない場合に比べて3万円程度安くすることができます。

Thumb住民税はいくら?考え方や計算方法・税金の使い道など紹介!

住民税の計算方法:主婦のパートの平均年収で計算

課税標準額を算出

出典: https://kuguru.jp

それでは、具体的な扶養控除と住民税の計算を行っていきます。扶養控除を適用するには課税標準額を計算します。課税標準額とは、給与収入から所得控除などを除いて算出する金額のことです。例えば、年収114万円の場合、給与所得控除65万円を引いて、残りが49万円となります。その49万円から基礎控除の33万円を引いて16万円が課税所得となります。

税金を計算

出典: https://fltax.net

課税標準額を計算したら、続いては税金を計算していきます。住民税の税率は一律で10%となっているので、課税標準額の16万円に10%を乗算して1万6,000円という金額を導き出します。これが、県民税や市民税と呼ばれる住民税の基礎となる金額です。

調整控除額を計算

出典: https://moneliy.jp

その後、課税控除額の計算に移っていきます。課税控除額は配偶者控除や扶養控除といった人的控除とのバランスを取るために適用されている控除の類です。基礎乗除以外の人的控除の差額の合計額に5%をかけて計算を行います。この場合は、2,500円が調整控除となります。

住民税を計算

出典: http://kakuteisinkoku.jp

最後に住民税の均等割として5,000円をプラスしていきます。住民税の1万6,000円に、均等割となる5,000円を加算して調整控除額2,500円を引いていきます。そうすると最終的な住民税額が1万8,500円となります。このようなプロセスを経て住民税が計算されていきます。主婦の方の働き方として参考にできる部分でもあります。

扶養親族として生きる

出典: https://media.o-sr.co.jp

住民税の支払いに関しては、扶養に入ることで免除することもできます。夫の扶養である扶養家族として一緒に暮らしていけば、少しでも税額を抑えることができます。扶養に入れば、所得税の減税も受けることができて、とても有効です。これからの生き方として、扶養親族として一緒に生計を立てることもおすすめのポイントです。

扶養控除の仕組みを理解

出典: https://ca-venture.com

扶養に入ることによって、扶養控除を受けることができます。扶養控除がある場合と扶養控除がない場合の税額の違いも理解しておくことが重要です。そうすれば扶養控除がないよりも、扶養控除がある方がお得だということに気づけます。まずは、扶養控除の仕組みを理解して、扶養親族として生計を立てることに注力することもおすすめです。

扶養控除の活用が効果的

出典: https://setsuzei-life.com

扶養に入ることで税金が安くなるのは政府が決めている方針です。扶養親族を養っている人に対して少しでも負担を減らそうとする政策です。その政策を活用して扶養親族を増やすのも効果的です。扶養親族を増やせばそれだけ生活も大変になります。そのための扶養控除であり、扶養控除を活用することで少しでも生活が楽になっていきます。

扶養親族の人数

出典: https://kobakaikei.com

扶養親族がいない場合よりも、扶養親族が1人いる場合、あるいは扶養親族が2人や3人と増えていくことで、より一層の減税措置を受けられるようになります。その辺の理解も深めた上で、自身の働き方や生活指針を決定していくのもおすすめです。

住民税の扶養控除の仕組みのまとめ

出典: http://harue-smile.com

住民税の扶養控除に注目をして、その仕組みや具体的な計算方法についてご紹介をしてきました。家族や親族など同一生計で暮らしている場合は、扶養控除の対象となるかどうかを確認することが重要です。主婦の方であれば、自分の働き方を見つめ直してみることもポイントです。住民税の扶養控除を活用して、少しでも節税につなげていくのがおすすめです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ