産休の期間はいつからいつまでとれる?取得条件や手当まで徹底解説!

産休の期間はいつからいつまで取ることができるのかという点に注目をして、産休の取得条件や期間を具体的に解説していきます。産休はいつからいつまで取れるのか気になるところでもあります。労働基準法も含めて、徹底的に解説を行っていきます。

産休の期間はいつからいつまでとれる?取得条件や手当まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 産休の期間はいつからいつまで?取得条件や手当も徹底解剖!
  2. 産休とは?労働基準法の規定とは?
  3. 産休の取得条件とは?正社員とパートで違う?
  4. 産休の期間はいつからいつまで?
  5. 産休の間受け取れる手当とは?
  6. 産休の間社会保険料が免除される?
  7. 産休までの流れ・手続きとは?
  8. 産休の後の流れとは?引き続き育休?
  9. 産休の期間や条件・手当などまとめ!

産休の期間はいつからいつまで?取得条件や手当も徹底解剖!

出典: http://www.bosei-navi.mhlw.go.jp

産休の期間はいつからいつまでなのかというところに注目して、その期間や取得条件について徹底的に解説を行っていきます。子供を妊娠して出産するというのは、とてもおめでたいことです。そのおめでたい事実をきちんと会社に伝えることで産休を取得することができます。実際に産休でいつからいつまで休むことができるのか、適切に認識していきましょう。

産休とは?労働基準法の規定とは?

「産前休業」と「産後休業」が

出典: https://woman.mynavi.jp

まずは、産休とはいったいどういった仕組みなのかについて確認していきます。産休は労働基準法で定められている労働者の権利であり、「産前休業」と「産後休業」に分けて考えることができます。「産前休業」では、出産予定日となる6週間前から仕事を休むことが規定されています。双子以上の赤ちゃんを妊娠している場合は14週間前から仕事を休みます。

「産後休業」の期間

出典: https://www.office-r1.jp

「産前休業」については、妊娠中の期間のことを指します。一方で、労働基準法で定められている「産後休業」とは、赤ちゃんを出産した翌日から数えて8週間経過するまでのお休みのことを言います。一般的に産休と呼ばれるのは、「産前休業」と「産後休業」を合わせた期間のことです。この期間については、妊娠している女性が仕事を休む権利があります。

産後8週間は働くことが禁じられている

出典: https://dhjob.shikakara.jp

労働基準法で定められている「産前休業」の6週間と「産後休業」の8週間を合わせた期間のことを、総じて産休と呼んでいます。さらに労働基準法では「産後休業」の8週間については、原則として働くことができないと規定しています。「産前休業」については、休まなくても大丈夫ですが、「産後休業」は休まなければならない期間として定められています。

「産前休業」は取らなくても良い

出典: http://mamajoy.net

正社員などで働く女性の場合、仕事の都合や本人のモチベーションによってどうしても仕事を休みたくない状況や、休めないケースが発生してくることもあります。その場合、産前であれば本人が希望することで、ギリギリまで仕事をすることができます。実際に「産前休業」をほとんど取ることなく、ギリギリまで仕事を続ける女性社員も少なくありません。

妊娠中は重労働を避ける

出典: https://b-solve.com

もちろん、妊娠している状態でできる範囲の仕事に抑えておくことがポイントです。妊婦の身体に負担の大きい重労働などの危険を伴う作業や仕事は避けるようにすることが求められます。また、体調に異変を感じた場合はすぐに仕事を休めるようにしておくことも重要です。妊娠がわかった時点で、上司や担当者の方に相談しておくことも大切なポイントです。

「産後休業」は必ず休む

出典: http://ninps.com

「産前休業」については、本人の意思や会社の状況に応じて休みを取ることなく働き続けても問題ありません。しかし「産後休業」については、労働基準法で本人の意思に関係なく必ず休みを取らなければならないという規定になっています。出産した後の女性の身体はとてもデリケートな状態です。その状態で働くことはリスクも大きいので、休みが必要です。

産後6週間で働けることも

出典: https://news.mynavi.jp

出産後8週間については、労働基準法で働くことが禁止されています。法律によって禁止されているものを本人の意思や会社の判断で覆すことはできません。ただし、どうしても早く仕事に復帰したい場合は産後6週間を経過した時点で職場復帰できる可能性もあります。その場合は、産後の女性の身体に問題がないことを医師に診断してもらう必要があります。

徐々に身体を慣らす

出典: http://www.babysbook.net

医師が働くことを認めた診断書を出した場合のみ、産後6週間を経過した時点で仕事に復帰をすることができます。ただし、いずれにしても出産後の女性の身体には大きな負担がかかっていることは間違いありません。無理をすることなく、短時間勤務などに抑えておくこともポイントです。子育てとの両立という点でも、フルタイムでの職場復帰はリスキーです。

産休についての理解促進

出典: http://u-note.me

一般的に産休と呼ばれているものは、「産前休業」と「産後休業」に分けて考えることを覚えておくことがポイントです。「産前休業」については取得しなくても問題ありませんが、「産後休業」は必ず取得する必要があります。労働基準法の条件を確認して静養することも大切なポイントです。出産と仕事の両立を図る場合も、適切に休みを取ることが大切です。

産休の取得条件とは?正社員とパートで違う?

取得条件の確認

出典: https://baby-calendar.jp

産休の中でも「産前休業」と「産後休業」があることを理解して、それぞれの期間や労働基準法の条件を確認しておくことが求められます。産休に対する理解を深めることで、適切に母体を守り、健康な状態で職場復帰へとつなげることができます。さらに、産休の取得条件についても確認していきます。正社員とパートで条件が異なるのかにも注目が必要です。

産休は会社の義務

出典: https://pcareer.m3.com

働く従業員に対して産休をとらせるのは会社の義務となっており、労働基準法でも明確に定められています。働く女性であれば誰でも産休を取得する権利があり、妊娠した段階で会社に相談しておくことが求められます。働きはじめてすぐに妊娠が発覚した場合でも、産休を取得することは可能です。改めて産休を取らせるのは、会社の義務であるということです。

雇用形態・期間に関わらない

出典: https://toranet.jp

妊娠している女性に産休を取得してもらうのは会社の義務であることを理解しておくことがポイントです。労働基準法でも明確に規定されており、さらに、産休を取るためには雇用形態や雇用期間に関わらないことも明記されています。つまり、正社員やパートといった雇用形態は関係ありません。妊娠している女性であれば、無条件で取得できるのが産休です。

権利の妨害は認められない

出典: http://u-note.me

会社側としても、産休を取得したいと申し出てきた女性の提案を拒否することはできません。妊娠や出産、あるいは産休を取得することを理由として、女性社員を不当に扱ったり解雇したりすることは違法です。当然、産休を認めないということもできません。産休は働く女性に付与されている正当な権利であり、その権利を妨害する行為は認められていません。

雇用形態による違いの確認

出典: https://pcareer.m3.com

産休は働く女性に付与されている権利と言うことですが、具体的に働き方や職業別に違いがあるのかどうかについても確認を進めていきます。基本的にはどの雇用形態でも、産休を取ることは無条件で可能となっています。それは、パートや派遣社員、契約社員でも同様で、正社員と同じように、産休を取得できるのです。産休の期間についても変わりません。

労働基準法の強みを利用

出典: https://mamari.jp

パートや派遣社員、契約社員として働く女性の場合、正社員とは違って雇用期間の定めがある場合もあります。6ヵ月などの短期期間での契約だと、産休を取得している間に契約期間が終わってしまう可能性もあります。しかし、妊娠や出産を理由に解雇したり、雇用止めしたりすることは労働基準法で禁止されているので、堂々と産休を取得して構いません。

正社員の産休

出典: https://eminews.jp

パートや派遣社員、契約社員でも堂々と産休の取得を申請することができますが、正社員の場合も同様です。正社員として働いている場合は、契約期間の定めがないことが一般的となるので、産休も取得しやすい環境にあると考えることができます。正社員の場合もその他の働き方と同様に産前ならば6週間、産後であれば8週間の産休を取得することができます。

会社独自の規定も確認

出典: http://u-note.me

パートや契約社員、派遣社員と同様に、正社員の場合も妊娠や出産を理由に不当に扱ったり解雇したりすることは労働基準法で禁止されています。雇用期間も関係ないので、正社員として転職したばかりでも堂々と産休を利用することができます。正社員の場合は、会社独自の規定で充実した制度があることもあります。就業規則などを確認するのもおすすめです。

公務員の産休

出典: https://woman.mynavi.jp

正社員やパート、派遣社員など、働き方や雇用形態に関係なく無条件で取得できるのが産休の仕組みです。さらに、公務員として働く女性の産休事情についても確認を進めていきます。公務員の場合も正社員と同様に、契約期間の定めがなく産休を取りやすい環境にあると言えます。公務員の場合も、産休の期間は正社員などと同様に休みを取ることができます。

公務員は手当ても充実

出典: https://yakudatta.com

地方公務員や国家公務員など、公務員の中にもさまざまな職場や環境があるわけですが、産前の6週間、産後の8週間という産休期間は適切に確保されています。公務員の場合は、妊娠した女性に充実した手当てがあることも少なくありません。産後休暇や育児休暇を経て、職場復帰をしやすい環境も整っています。改めて、職場の規定を確認することが有効です。

男性の育休取得率は低い

出典: http://u-note.me

女性公務員として働く方は産休、育休ともに取得しやすい環境が整っていますが、男性の公務員はまだまだ育休の取得率が低いというのが現状です。男性の場合、国家公務員が2%程度の取得率で、民間企業で正社員として働く男性とほぼ同水準です。公務員や正社員ともに育児に対する見方を改めて、男性でも育休を取得しやすい環境を整えることも重要です。

権利の主張が大切

出典: http://sr-sankyu.seesaa.net

公務員や正社員、パートや派遣社員など、働き方や雇用形態による産休の取得条件に違いはないということを理解しておくことが重要です。正社員や公務員の方が、産休中の手当てや保障が充実していることはありますが、他の雇用形態の従業員が産休を取得できないということではありません。その認識を大切にして、きちんと権利を主張することが大切です。

産休を取得しにくい職業

出典: https://meotalk.jp

労働基準法でも定められているように、雇用形態による産休の取得条件に違いはなく、働く女性であれば誰もが取得できるものとなっています。公務員や正社員、パートやアルバイトの従業員でも取得可能です。それでも、中には産休が取得しにくいと言われている職業もあります。例えば、医師や看護師、保育士といった職業では、取得しにくい側面もあります。

どんな職業でも産休は取得可能

出典: https://momonestyle.com

医師や看護師、保育士といった職業については、慢性的に人手不足が続いている状況もありますし、代わりの人材を見つけるのが難しいという状況も相まって、なかなか産休を取得することができないと言われることもあります。しかし、これらの職業に就いている女性でも公務員や正社員と同様に産休を取ることは可能です。まずは、権利を大切にすることです。

退職後の復職もあり

出典: https://news.mynavi.jp

それでもなかなか産休を言い出しにくい雰囲気がある場合は、一度退職して出産や育児が落ち着いてから再就職をするという方法もあります。特に医師や看護師、保育士といった専門職であれば、資格を取得しているため、どこでも通用しやすいスキルが身についています。個人として仕事と育児の両立を図るための手段として、一度退職するのも賢明な判断です。

産休の期間はいつからいつまで?

産休の期間を確認

出典: http://da-inn.com

正社員や公務員、パートや契約社員など、働き方や雇用形態によって産休の取得条件が変わることはないということを理解しておくことが大切なポイントです。その上で、産休の期間はいつからいつまでなのか、改めて理解を深めておくことがおすすめです。一言で産休と言っても、いつからいつまで休めるのか理解しておくことで、安心して出産に臨めます。

産前休業は?双子の場合は期間が違う?

出典: https://mamagyutte.jp

産休については、本文中で産前休業と産後休業に分かれることをご紹介しましたが、産前休業については、出産予定日の6週間前から取得できることになっています。また、双子以上の妊娠がわかっている場合は、出産予定日の14週間前から産休を取得することができます。まずはいつから産休を取得できるのかを理解して、適切な対応をすることが大切です。

産前休業は自らの意思で

出典: https://woman.excite.co.jp

また、産前休業については、いつから休めるのかだけでなく、自らの申請が必要であるという認識を持っておくことが重要です。産後休業の場合は労働基準法で休むことが義務付けられていますが、産前休業については労働基準法で休むことが義務付けられているわけではありません。自ら産休を取得したいという意思を示すことで、産前休業を取得できます。

産後休業は?

出典: https://fledge.jp

産休をいつからいつまで取得できるのかという点については、いつまでとなる産後休業についても理解しておく必要があります。産後休業については、実際に出産をした日の翌日から8週間を経過する時点まで休むことができます。こちらは本人の意思に関係なく、必ず休む必要があります。労働基準法でも明確に定められており、産前休業とは異なる部分です。

まずは自分の身体を第一に

出典: https://kufura.jp

したがって、産後については、8週間は仕事をすることができないと覚えておく必要があります。身体的にも無理がありますし、まずは自分自身の身体を一番に考えることが求められます。8週間と言っても、実際に出産をしてみるとそれほど長いと感じる期間でもありません。まずは自分の身体を安静にさせることを考えて、産休を大切に利用するのが有効です。

産休がとれる期間にも働いてもよい?

出典: https://cawaiku.com

産休のうち、産後休業については出産日の翌日から8週間の休みを取得することが労働基準法でも定められています。それでも、どうしても仕事に対するモチベーションが強くて、すぐにでも働きたいという女性がいないわけではありません。その場合、産後6週間を経過した時点で働き始めることも可能です。早くても6週間は安静にしている必要があります。

医師の診断書が必要

出典: http://ninps.com

産後6週間を経過した時点で、女性側が仕事をしたいことを会社に請求して、なおかつ担当医師が仕事をしても支障がないと認める診断書を出した場合のみ、仕事に復帰することができます。これは、公務員や正社員、パートなどの雇用形態に関係なく請求できる権利です。ただし、医師が復帰を認めない場合は、働くことができないので、注意が求められます。

いつからいつまでかの理解を

出典: https://fledge.jp

産休について、まずはいつからいつまで休むことができるのかを理解しておくことが大切です。その上で、産後6週間を経過した時点で仕事に復帰したいと考える場合は、医師に診断を求める必要があります。本来は産後8週間を経過するまで働くことができないと労働基準法でも定めがあります。それよりも2週間早く職場復帰する可能性があるということです。

男性の産休は?

出典: https://hanakaya.com

また、産休については男性も取得できるのかという疑問がありますが、基本的に男性が産休を取得することはできません。その代わりに育児休暇を取得することができます。いわゆる育休と呼ばれるものですが、女性のように労働基準法で保障されているわけではありません。男性が育休を取得する場合は、会社規定を確認して担当者に相談する必要があります。

会社独自の規定も確認

出典: http://sr-sankyu.seesaa.net

男性の育休については、会社によって対応がまちまちとなりますが、それでも基本給の60%や70%前後の給料支払いに応じるといった会社も増えてきています。全額とまではいきませんが、男性の育休取得を後押しする会社も増えてきています。正社員や公務員として働く方であれば、会社独自の規定や制度があることもあるので、確認することが有効です。

産休の間受け取れる手当とは?

手当の有効活用がおすすめ

出典: https://www.sr-consultant.net

産休については、いつからいつまで取得することができるのか、職場に復帰する場合はいつから復帰できるのかといった点を把握しておくことが大切なポイントです。その上で、産休中に受け取ることができる手当についても確認を進めていきます。産休期間も一定の保障があり生活を支えることができます。産休中は手当を有効活用することがおすすめです。

産休の間の給与は?

出典: https://kufura.jp

産休を取得している場合、基本的に給与は無給になると考えておくのが無難です。正社員や公務員として働く女性の場合、会社の規定で一部の給料が支給されることもありますが、それでも全額の支給を受けることはほとんどできません。産休期間中は通常の勤務をしている時よりも、会社からいただく給与は少なくなるかなくなると考えておくのがベターです。

「出産手当金」とは?

出典: https://hoken-kyokasho.com

産休中は基本的に無給となるか、普段より安い給料を手にすることができます。それでも、勤務先の健康保険に加入している女性であれば、健康保険組合から「出産手当金」と呼ばれるお金を受け取ることができます。「出産手当金」とは、出産を機に受け取れるお金のことで、標準報酬日額の3分の2の金額をもらえます。最大で98日間支給される手当金です。

国民健康保険では受け取れない

出典: http://ninshin-syussan-iroha.com

「出産手当金」を受け取るためには、勤務先の健康保険に加入している必要があります。正社員でも公務員でも職場の健康保険がありますが、その保険に加入していることが前提条件です。国民健康保険に加入している場合は、「出産手当金」の対象外となるので注意が必要です。パートやアルバイトの方で、国民健康保険に加入している場合は受け取れません。

「出産手当金」と給料の関係

出典: https://babymom-cherir.jp

「出産手当金」については、標準報酬日額の3分の2を産休の日数分受け取ることができるようになっています。最大で98日ですが、多胎出産の場合は最大で154日まで支給してもらうことができます。産休中でも勤務先から給料が支給される場合は、その支給額に応じて「出産手当金」が減額となります。その条件についても、確認をしておく必要があります。

産休中の生活費を確保

出典: https://tamagoo.jp

例えば、産休中に通常の給料の3分の2以上となる給料が支給される場合は、「出産手当金」を受け取ることができません。「出産手当金」以上に給料が出る場合は、「出産手当金」の対象から外れることになります。その辺の知識も入れておくことで、申請するか否かを判断することが大切です。産休中の生活費を確保することも、女性にとって大切です。

出産手当金には手続きが必要

出典: https://camily.jp

産休中の生活費としても重宝できる「出産手当金」ですが、「出産手当金」を受け取るためには手続きをする必要があります。会社の経理部門などの担当部署に問い合わせを行い、必要な書類を準備することが求められます。「出産手当金」については、全期間分を一括申請する方法と、出産前と出産後の2回に分けて申請する方法を選択することができます。

「出産手当金」は非課税

出典: https://romsearch.officestation.jp

「出産手当金」の申請方法を選択して、正しい方法で申請することができたら、約1ヶ月か2ヶ月経過した頃に、指定の銀行口座にお金が入金されることになります。すぐにお金を受け取れるわけではないので、注意をしておく必要があります。また、「出産手当金」については非課税で受け取れます。税金支払いの対象外となるところも、嬉しいポイントです。

産休の間社会保険料が免除される?

産休とお金の関係

出典: https://eminews.jp

産休はいつからいつまで取得することができるのか、公務員や正社員などの働き方による条件の違いはあるのか、出産手当金はどのようにして受け取るのかといった部分も含めて、理解を促進していくことが重要です。いつまで産休を取得するのかによって、生活費が変わってくる部分もあります。その期間とお金の関係を理解しておくことも大切なポイントです。

健康保険料や厚生年金保険料が免除に

出典: https://business-textbooks.com

産休とお金の関係という点では、産休中に嬉しいメリットもあります。それは、健康保険料や厚生年金保険料といった社会保険料の支払いが免除になることです。健康保険料や厚生年金保険料を支払わなくても、支払ったものとして見なしてもらうことができます。したがって、健康保険や介護保険の給付についても、滞りなく支給を受けることができます。

将来の年金額も据え置き

出典: https://ameblo.jp

また、厚生年金保険料についても産休中は支払ったことと見なされるので、将来受け取ることができる年金額がマイナスになることもありません。産休中は収入も減ってしまう分、国の制度として社会保険料の支払いが免除になるのです。これを活用することで生活の安定につなげることが大切です。ちょっとしたことの積み重ねが、生活費の捻出につながります。

免除には手続きが必要

出典: https://ten-navi.com

産休中の社会保険料の支払い免除に関しては、一定の手続きを行う必要があります。社会保険料の支払いは月単位となります。そのため、産休に入る月から産休が終了した日の前月までが支払い免除の対象期間です。産休中に会社に申請することで、社会保険料支払いを免除することができます。あらかじめ、会社の担当部署に確認しておくことが求められます。

産休までの流れ・手続きとは?

さまざまな人たちの協力が必要

出典: http://u-note.me

産休をいつからいつまで取得できるのかと同様に、社会保険料の支払い免除の考え方や、免除期間がいつからいつまでになるのかということを認識しておくことが大切です。その上で、産休を取得するまでの一連の流れについても解説していきます。妊娠や出産は一人でできるものではありません。さまざまな人たちの協力が必要だと理解することが重要です。

妊娠を上司・周囲へ報告

出典: https://mamari.jp

まず、妊娠したことがわかった段階で上司や周囲の関係者に報告をすることが重要です。産休については、正社員や公務員、パートや契約社員など、雇用形態に関係なく無条件で取得することができる権利です。その権利を行使するべく、まずは周囲の人たちに報告をすることが重要です。その目安としては、妊娠3ヶ月頃を目途に周囲に伝えるのがベターです。

今後の展開を見やすくする

出典: https://kotaeawase.com

妊娠してすぐに上司や周囲の方に伝えても問題ありません。一般的に流産の可能性が低くなってくるのが妊娠3ヶ月頃と言われているので、その時期を目途にして伝えてみるのも賢明な判断です。いずれにしても、妊娠していることを周囲に明かすことが重要です。そうすることで、産休や育休といった話もしやすくなりますし、今後の展開が見やすくなります。

仕事の調整・今後についてしっかりと挨拶や話し合いを

出典: https://tax.mykomon.com

上司や周囲の関係者に妊娠していることを伝えることができたら、その後のことについて具体的な話し合いを行います。産前休業の開始日やそれまでの働き方、残業や出張の制限といった部分について、細かくコミュニケーションを取っておくことが大切です。社内の方や取引先関係者に挨拶をしておくのも賢明です。その後の職場復帰にもつなげやすくなります。

妊婦健康診断の受診

出典: https://megumikko.net

また、妊娠中の女性は、妊婦健康診断を受ける必要があります。妊婦健康診断を受けるために会社を休まなければならないことも出てくるため、事前に上司に相談しておくことが求められます。妊娠23週目までは4週間に1回受ける必要があります。妊娠24週目から35週目までは2週間に1回、さらに妊娠36週目から出産までは1週間に1回受ける必要があります。

産前休業の申請へ

出典: https://kosodate-march.jp

妊婦健康診断に行くために会社を休む時は、無給になるのか有給になるのかといった点も上司との話し合いや、会社の規定を確認することによって、事前に理解しておく必要があります。その後、出産予定日の6週間前が近づいてきたら、産前休業の申請を行います。産前休業は申請しないと取得できないので、必ず女性本人が会社に申請する必要があります。

Thumbパートでも産休・育休は取得できる?もらえる手当や条件を徹底解説!

産休の後の流れとは?引き続き育休?

産休の流れを理解

出典: https://kidsna.com

産休についてはその取得条件や、妊娠した段階で上司に報告するといった流れを理解して確実に行動に移していくことが求められます。その中で、自分としていつからいつまで休むのか計画を立てておくことも大切です。産後休業は労働基準法で定められていますが、産前休業は労働基準法の対象外です。自らの意思で産休を申請する必要が出てきます。

育休とは?

出典: https://mamanoko.jp

産休と同様に、育休についても確認を行っていきます。産休もいつからいつまで休みを取得できるのか把握しておくことが大切ですが、育休もいつからいつまで休みを取得できるのか理解しておくことは大切なポイントです。育休とは育児休業の略称です。産後休業の翌日から赤ちゃんが1歳になるまでの期間申請することができて、休みをもらうことができます。

延長も可能

出典: http://hba.beauty.hotpepper.jp

産休については女性しか取得することができませんが、育休については男性も取得することができます。会社ごとに取得条件や育休中の給料の支払いについての規定があることもあるので、それぞれ確認しておくことが必要です。原則として子供が1歳になるまで取得できますが、場合によっては延長も可能です。その際は1歳6ヵ月まで延長することができます。

育児休業給付金

出典: https://fledge.jp

1歳の誕生日以前を入所日としている認可保育所への申し込みをしていても、なかなかスムーズに入所できないケースがあります。その場合は、最大で1歳6ヵ月まで延長することができるのです。また、育中にも、育児休業給付金と呼ばれる給付金を受け取ることができます。これは、雇用保険から給料の50%が支給されるお金で、2ヶ月に1回支給されます。

産休と育休は別々に手続きが必要

出典: http://miho.party

育休についてもいつからいつまで休めるのか理解を深めておくことがポイントですが、基本的な考え方として、産休と育休は別々に手続きを行う必要があることを理解しておく必要があります。仕組みとしても別々の考え方ですし、手続き自体も別々に行う必要があります。それぞれ会社の担当者の方に確認をして、早め早めに行動に移すことがポイントです。

権利の行使

出典: http://www.shigakukyosai.jp

育休や産休については、働く人たち全てに付与されている権利です。男性については産休を取得することはできませんが、育休であれば取得可能です。女性は当然両方とも取得可能であり、産休や育休を理由として会社が従業員を不当に扱うことはあってはならないことです。その辺の理解も深めた上で、堂々と自身の権利を主張することが大切です。

育休取得のすすめ

出典: https://lmedia.jp

女性活躍社会などとも叫ばれる昨今の日本社会ですが、どんな状況でも子供の妊娠や出産は素晴らしいものであります。その貴重な期間を仕事に費やすのではなく、子供と向き合う時間にすることもおすすめです。男性の育休取得率がなかなか上がってこない側面もありますが、今一度考え直してみることも大切です。

各種手当の活用が重要

出典: http://k-pedia.com

産休中や育休中は普段よりも収入が減って大変な部分もありますが、各種手当金や会社からの支給によって何とかやり繰りしていくことも重要です。大切な子供の命を守っていく上で、ある程度のお金が必要なケースも出てきます。その場合に備えて、活用できる手当は全て活用していくことが賢明です。

Thumb産休前の挨拶まわりやメールの例文集!お菓子は配った方がいい?

産休の期間や条件・手当などまとめ!

出典: https://ninsin-akachan.com

産休について、いつからいつまで休むことができるのか、あるいは取得条件、働き方による違いや各種手当金や社会保険料の考え方などを踏まえて具体的にご紹介してきました。まずは、いつからいつまで休むことができるのかを理解して、適切な計画を立てることが重要です。心身共に無理のない状態で、妊娠と出産を迎えられるようにすることがポイントです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ