パートでも産休・育休は取得できる?もらえる手当や条件を徹底解説!

女性で仕事をしていると、妊娠・出産のために仕事を休む必要もあります。正社員の方であれば産休の取得を考えますが、パートの方の場合だとどうなるのか気になります。今回はパートでも産休・育休は取得できるかどうか、またもらえる手当や条件などもまとめています。

パートでも産休・育休は取得できる?もらえる手当や条件を徹底解説!のイメージ

目次

  1. パートでも産休・育休はとれる?休暇中の手当や条件を徹底解説!
  2. 産休と育休の違いは?
  3. パートでも産休・育休はとれるのか?
  4. 産休・育休の取得条件
  5. パートやアルバイトが産休・育休を取得すために意識すること
  6. 産休・育休を取得するための手続きとは?
  7. 産休・育休中に支援される手当を紹介!
  8. パートでも産休・育休は取得できる!

パートでも産休・育休はとれる?休暇中の手当や条件を徹底解説!

出典: https://allabout.co.jp

妊娠して出産を控えている女性で仕事をしている場合は産休や育休を取得し、給料から計算された手当を受け取ることができます。しかし、パートの場合だと産休を取れないという話をよく聞きます。ここからはパートでも産休・育休は取得できるかどうか、そしてもらえる手当や条件などをまとめています。

産休と育休の違いは?

パートでも産休などの制度を把握しよう

出典: https://tamagoo.jp

女性で働いている方は妊娠・出産に関する制度などを知っておくと便利です。このように制度を把握していることで妊娠・出産するときの悩みを解消することができ、安心して過ごすことができます。また「パートでも産休や育休を取得できる」ということを知らない人も少なくありません。

産休と育休の違い

出典: https://nastea.jp

まず産休と育休の違いを簡単に説明すると、産休は「出産」のために仕事を休むことができる制度のことです。産休に対して育休は「育児」のために仕事を休むことができる制度です。

産休ではどれくらい休めるの?

出典: https://nastea.jp

産休とは先程のように出産に備えて休みを取得できる制度です。実際に休みを取得できるのは、出産予定日の6週間前から出産後8週間まで取得できます。つまり合計14週間・98日の休暇を申請することが可能です。

育休ではどれくらい休めるの?

出典: https://tamagoo.jp

産休に対して育休は育児のために休暇を申請できる制度になり、原則としては1歳未満の子供を養育するために取得できます。基本的に育休は産休とセットで取得することが基本なので、産休(出産後8週間)が終了した時点から子供が1歳になるまでが育休期間になります。

産休・育休関連で知っておきたいこと

出典: https://brave-answer.jp

産休を取得していなくても産後6週間は法律で働くことが禁止されています。実際に出産予定日が近づくにつれて仕事を行うのも困難になります。また、育休に関しては男性でも取得することができますし、他にも子供を保育所に預けられない場合は育休を2歳まで延長することも可能です。

産休や育休について知らない人が多い

出典: https://nastea.jp

産休の制度を理解していない人も意外と多く、実際にパートの仕事を退職してしまう方もいます。産休・育休後に仕事に復帰するかどうかはそのときにならないと分かりません。その判断をするために、産休・育休によって1年近く猶予ができることは非常に大きなことです。

パートでも産休・育休はとれるのか?

正社員の制度という思い込みがある

出典: https://citrus-net.jp

この妊娠したときに考える産休や育休ですが、多くの人が「正社員の権利」だと考えています。それは産休・育休以外でも「正社員でないと条件を満たさない」制度が多くあるからです。

産休・育休は正社員だけの特権ではない!

出典: https://mamab.jp

この産休と育休に関しては正社員だけの制度ではなく、パートでも派遣労働者でも取得することが可能です。実際に産休・育休開けに復帰するかどうかは別としても、仕事に復帰する場合は非常に助かる制度です。

産休を取って復帰する人は雇用形態によって違う

出典: https://mamab.jp

パートの方でも産休・育休を取得して休む方もいますが、雇用形態によって産休・育休明けに仕事復帰するかどうかの差が生まれています。やはり正社員であればせっかく就職したということもあり、再雇用が難しいという状況もあるので、仕事に復帰する割合は多くなります。

パートでも育休の活用でひと安心

出典: https://www.saison-chienowa.jp

このように現在の雇用形態によって復帰する人の割合いに差が出てはいますが、育児がひと段落した状況で再就職を考えるのは大変なことです。産休・育休を取得しておけば仕事復帰することができるので、安心して育児に専念することもできます。

パートでも申請OK!

出典: https://mamari.jp

意外に知られていないことは産休も育休も労働者に与えられた権利であり、正社員だけではなくパートの方でも申請・取得できるということです。妊娠して出産を控えている方であれば必然的に調べる機会ができることによって把握できますが、問題なのは管理者の認識です。

管理者が無知であるケースもある

出典: https://www.saison-chienowa.jp

実際に管理者の多くは「産休と育休は正社員の権利だ」と思っている方も少なくありません。そのため、責任者・管理者に産休・育休を申請しても休みを取れない場合も多くあります。重要なことは取れない場合も想定して、しっかりと説明する準備をしておくことです。

産休・育休の取得条件

産休・育休の条件とは?

出典: https://www.wantedly.com

基本的に産休と育休には取得するための条件があり、条件を満たしていれば休みを取得できます。当然ですが、条件を満たしていないと産休・育休は取れないということになります。まずは自分が産休や育休の条件を満たしているか確認することが大切です。

産休の条件

出典: https://tamagoo.jp

産休の取得条件は「妊娠している女性」であることです。パートなど雇用形態に関係なく、妊娠している女性であれば、出産予定日の6週間前から出産後の8週間まで取得できます。労働基準法で定められているので会社は拒否することができません。

パートで産休が取れない場合

出典: https://www.baitoru.com

先程のように産休は労働基準法で定められている制度なので会社は断ることはできません。しかし、産休を取得できる出産予定日6週間前のギリギリに申請するとトラブルに発展する可能性もあります。このように突然の産休取得で会社が不利益を被るような場合は、産休を取れないと言われることもあるので、余裕を持った申請が大切です。

育休の条件

出典: https://nastea.jp

産休と違い、育休にはいくつかの条件があります。そのため、会社の意思に関係なく育休が取れないこともあります。ここからは育休の取得条件について説明していきます。

育休の条件1:勤務期間

出典: https://mamab.jp

育休取得の条件1つ目は「勤務期間」です。育休を取得できる人は現在勤務している会社に1年以上勤続している人になります。パートであったとしても、正社員であったとしても、雇用形態関係なく1年以上働いていることが条件になるため、1年未満の方は育休を取れないです。

育休の条件2:育休開けに在籍していること

出典: https://mamab.jp

育休取得の条件2つ目は「育休明けに在籍していること」です。パートなどの雇用形態でも契約期間が決まっている場合もあります。そのため、育休が終了する1年間の間に契約更新などで契約期間が終了せず、在籍していることが条件になります。これは会社との雇用契約によるので取れない場合は確認と相談をすることが大切です。

育休を取れない理由とは

出典: http://ixil.info

ここまでの2つの条件を満たしていても育休を取れないこともあります。その育休を取れない理由は大きく3つあり、1つ目は週に2日未満の勤務であること、2つ目は育休の申請から6ヶ月以内に契約が切れる人、3つ目は日雇い労働者の場合です。

条件を満たしているか確認しよう

出典: https://mamab.jp

このように産休の場合は殆どの方が休暇を取ることができますが、育休の場合は休暇を取れないこともあります。注意すべきは育休の条件であり、上記のような条件を満たしていなければ会社の意思に関係なく育休は取れないという事態になってしまいます。

パートやアルバイトが産休・育休を取得すために意識すること

パートで申請するとトラブルになりがち

出典: https://www.sodan-lp.jp

ここまでが大まかな産休と育休の制度になります。産休はもちろんのこと、育休も取得条件を満たしていれば取れないということはない制度なため安心ですが、パートの場合だとどうしても制度が周知されていないこともあり、トラブルになることもあり得るので知識と準備が必要となります。

まずはパートで取れるか調べて確認する

出典: https://book.nunocoto.com

パートの方で産休・育休を取得するのであれば、妊娠が分かった時点で行動することが大切です。まずは「もしものとき」に備えて産休と育休の制度を調べ、余裕があるようであれば会社の方に確認しておくことも必要です。

パートの仕事を続けたいかどうか考える

出典: http://u-note.me

また、パートで育休や産休の取得を検討するときに考えておくべきことは、今の仕事を続けたいかどうかです。現実としてパートの方の多くは育児に専念したいということで、そのまま仕事を辞める方も少なくありません。

普段から職場でのコミュニケーションを大切にしよう

出典: https://tamagoo.jp

産休や育休は会社に申請しますが、担当者や管理者になるべく早めに相談することがおすすめです。実際に産休を取得できる出産6週間前などギリギリに申請しても会社側は困ります。そのため普段から職場でコミュニケーションを取ることも当然のこととして重要になります。

パートの人員計画も考慮しよう

出典: https://www.dclog.jp

産休と育休は労働者の権利なので条件を満たしていれば、休暇が取れないことはありません。しかし、会社も「人」ありきで回っているので、突然休暇に入ったりされると人員計画などが狂う可能性もあります。

パートの育休が困る理由

出典: https://www.yasocul.com

パートで育休などが取れないという話題が多くでるのは、このように会社も人材によって成り立っているからです。産休・育休を取得する方がいれば、会社としては欠員を補充する必要がありますし、一方で育休が開けると今度は人が多くなってしまいます。人材雇用も難しい時代であるため、会社としては困ってしまう事象となるわけです。

産休・育休を取得するための手続きとは?

パートが産休申請するときの手続きとは

出典: https://daily-ands.jp

産休や育休を申請する細かい手続きは基本的に会社が行ってくれますが、自分たちで記入する必要がある書類もあります。この書類は会社によって様式が異なる場合もあるので注意が必要であり、また会社が行う手続きにも期限があるので早めの準備と行動が必要です。

妊娠がわかったら早めに職場へ報告!

出典: https://news.mynavi.jp

産休や育休の手続きを考えるタイミングは、まず「妊娠したとき」になります。この妊娠が分かったタイミングでなるべく早く職場に報告することが大切です。大半の会社では、このときに今後の手続きなどを案内してくれます。

パートだと退職を勧められる場合もあり

出典: https://type.jp

産休と育休をセットで取得することは、育児がひと段落してから仕事に復帰するのが目的でもあります。しかし、パートの場合は育休を取得しても仕事への復帰率が低いため、会社に相談したときにそのまま退職を勧められる可能性もあります。会社に話すときは仕事に復帰する意思をしっかり伝えることも大切です。

パートでもまず会社に案内を仰ぐ

出典: https://papimami.jp

まずは今後について職場の担当者とよく相談することが大切ですし、最初に行うべきことになります。そして基本的に、会社へ提出する書類は産休を取得する届け出である「産前産後休業届」と、社会保険に加入している場合には「健康保険・厚生年金保険産前産後休業取得者申出書」という社会保険料を免除する手続きに必要な書類を提出します。

育休は産休中に申請することが多い

出典: https://nurse-note.me

育休を申請するタイミングは育休が始まる1ヶ月前までとされています。基本的に産後の休暇は8週間あり、出産した日が確定してから申請するのが望ましいので出産後の産休中に申請することが多いです。

育休の申請で必要になるもの

出典: https://hoiku-to-shigoto.fun

育休を申請する際に必要になる書類は2種類あります。1つ目は会社ごとに決まっている育休の申請書です。会社によっては申請書がないこともあります。2つ目は産休と同様に育休中も社会保険料は免除されるため、社会保険料免除の申請書が必要になります。

産休・育休中に支援される手当を紹介!

パートでも出産などの手当を受け取れる?

出典: https://daily-ands.jp

このように産休と育休の取得には様々な必要書類の提出と、申請・手続きが必要になります。また、そのときに自分たちで申請を行う必要があるのが「各種手当」の手続きです。この各種手当とは、出産や育休中は給料が発生しないので、その分の金銭的な負担を軽減することができる手当です。

自分の給料から計算された手当もある

出典: https://kosodate-march.jp

このような手当はパートの方でも社会保険に加入していれば、自分の給料から計算された手当を受け取ることができます。手当の種類によっては自分の給料に関係なく、一定の金額を受け取ることができるものもあります。

給料が発生しない期間を補助するもの

出典: https://workingmoms.me

この出産・産休・育休に関する手当は、給料が発生しない方を補助するのが目的の手当です。本来の予定から日数が伸びたとしてもその都度申請すれば、延長した日数分の手当を受け取ることができるものもあります。

出産手当金

出典: https://meotalk.jp

まず、社会保険に加入していれば受け取ることができる手当が「出産手当金」です。これは産休中の給料を補助してくれる手当になり、給料の平均額である「標準報酬日額の3分の2に相当する金額」を日数分受け取ることができます。

出産育児一時金

出典: https://192abc.com

そして出産するときに非常に助かる手当が出産育児一時金です。この手当は給料の額に関係なく受け取ることができます。この手当を受け取る条件は健康保険に1年以上加入しており、妊娠してから4ヶ月以上経過した出産である場合です。出産した子供1人あたり42万円を自分の給料関係なく受け取ることができます。

社会保険料免除

出典: https://daily-ands.jp

産休中も育休中も必要になるのが社会保険料免除の申請です。こちらも手当になりますが、直接支給されるものではなく、本来支払うべき社会保険料を免除してくれる制度です。この申請を行うことで、給料がない状態は社会保険料を支払う必要がなくなり、将来的に受け取れる金額が減額されることもありません。

育児休業給付

出典: https://woman.excite.co.jp

出産手当金と同じような「自分の給料から計算される手当」を育休中も受け取ることが可能です。その手当が育児休業給付金になり、会社に育休の申請を行うときに同時に手続きをします。先程の出産手当金と同様に、自分の給料を元に計算した「標準報酬日額の3分の2」を育休で休んだ日数分受け取ることができます。

育児休業給付金の注意点

出典: https://diamond.jp

この育休で受け取ることができる育児休業給付金ですが、育休の期間が長くなると減額されてしまいます。その減額というのは育休期間が6ヶ月以上経過したときで、自分の給料から計算される「標準報酬日額の半分の金額」を育休で休んだ日数分受け取ることができます。割合が3分の2から半分に減るので注意が必要です。

社会保険に加入してるパートかどうか

出典: https://pharm-ten.com

ここまでのように、パートの方でも産休と育休を取得することができますし、自分の給料から計算された金額による手当を受け取ることもできます。しかし、注意が必要なのは「社会保険に加入」しているパートなのかどうかによって受け取れる手当に差が出るということです。

社会保険に加入していないと受け取れない手当がある

出典: http://www.kigyoujitsumu.jp

パートの方でも勤務時間が長いなど条件を満たした方は社会保険に加入する必要があります。逆に時短などで働いている方は社会保険に加入する必要がないので、「社会保険料に加入していることが条件」の手当は受け取ることができません。

Thumb出産手当金はいつもらえる?条件や申請時期・添付書類まで徹底解説!

パートでも産休・育休は取得できる!

出典: https://woman.excite.co.jp

今回はパートでも産休・育休は取得できるかどうかや、もらえる手当や条件などを紹介してきました。実際にパートの方でも条件を満たせば産休や育休を取得することはできます。しかし、給料を元に支払われる手当は「人による部分」が大きくなります。手当は産休の給料がない状態のときに非常に助かるので、条件を満たしているか確認することが大切です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ