産休と育休の違いとは?取得できる条件や手続き方法まで解説!

産休と育休の違いに焦点を当てて、両者の特徴について具体的に解説を行っていきます。産休や育休を取得するための条件や手続き方法についての解説も行っています。産休中や育休中の給料も含めて、両者の違いがわかりやすい内容の記事となっています。

産休と育休の違いとは?取得できる条件や手続き方法まで解説!のイメージ

目次

  1. 産休と育休の違いを解説!取得できる条件や手続き方法を紹介!
  2. 産休とは?
  3. 育休とは?
  4. 産休と育休・取得条件の違い!
  5. 産休と育休の違い・産休中の給料や手当はどうなる?
  6. 産休と育休の違い・育休中の給料や手当はどうなる?
  7. 産休と育休・社会保険料が免除される?
  8. 産休と育休・住民税が減免される?
  9. 産休と育休の違い・条件や手続きまとめ!

産休と育休の違いを解説!取得できる条件や手続き方法を紹介!

出典: http://itsa-money.secret.jp

産休と育休の違いについて具体的に解説を行っていきます。産休や育休を取得するための条件や手続き方法、産休中や育休中の手当や給料といった部分についても焦点を当てていきます。女性活躍社会とも言われる昨今の日本社会において、産休や育休を取得することも重要なポイントです。改めてその制度や仕組みを理解して、積極的に活用していきましょう。

産休とは?

「労働基準法」による

出典: https://romsearch.officestation.jp

まずは、産休に焦点を当てて、産休とは何かといった部分について具体的な解説を行っていきます。産休とは、産前休業と産後休業を合わせた休業のことであり、両者を合わせて産休という言い方をします。「労働基準法第65条」で定められている権利であり、女性であれば誰でも取得することができます。働く女性の権利として、産休が定義されています。

「産前休業」と「産後休業」を合わせて産休

出典: https://pcareer.m3.com

上記でもご紹介したように、産休については「産前休業」と「産後休業」を合わせた休業のことを指しています。労働基準法でも定義がありますが、産前休業にについては、出産予定日の6週間前から取得することができます。双子などの多胎出産の場合は産前休業を出産予定日の14週間前から取得することができます。この違いも理解しておくことが大切です。

「産前休業」と「産後休業」の違い

出典: https://nurseful.jp

また、産後休業については、出産の翌日から8週間取得することができます。産前休業については、女性本人の希望によって取得するものであり、希望を出さなければ取得することができません。一方、産後休業については必ず休まなければならないと定義されいます。どんなに働くモチベーションがあっても、産後8週間就業することができないということです。

産後6週間での復職も可能

出典: https://eminews.jp

ただし、産後6週間を経過した段階で、医師の認めがある場合は就業をすることが可能となっています。つまり、最低でも産後6週間は仕事を再開することができません。まずは、自分の身体を大切にしつつ、子供との触れ合いの時間を重視することが求められます。その中で仕事に復帰するモチベーションが出てきたら、6週間で復帰できる可能性もあります。

医師の診断書が必要

出典: https://worklifefun.net

産後6週間での復職については、医師が就業を認める診断書を提出した場合のみに限られます。いくら女性本人が働くことができると主張していても、医師が認めなければ働くことはできません。その辺は冷静に対応していくことが求められます。いずれにしても、産後8週間を経過した段階で仕事に復帰することが可能なので、そこまで待つのも一つの考えです。

女性労働者のみ取得できる

出典: https://camily.jp

産休については、産前休業と産後休業を合わせたものであるという理解を促進しておくことがポイントです。その上で、産休の場合は女性労働者のみが取得することができる権利となっています。男性労働者が産休を取得することはできませんので、注意が必要です。産休というぐらいであり、実際に子供を妊娠して出産する女性のための権利となっています。

雇用形態も関係ない

出典: https://w.grapps.me

また、産休は雇用形態に関係なく、女性労働者であれば誰でも取得することができます。正社員やパート、派遣社員といった雇用形態に左右されることはありません。また、産休を理由にして従業員を不当に扱うことも禁止されています。妊娠が発覚した時点で、産休に向けた調整を進めることが重要です。女性の権利として産休を堂々と行使することができます。

育休とは?

産休と育休の違いを理解

出典: http://48english.com

まずは、産休についての理解を深めた上で、女性労働者に与えられている権利だということを知って堂々と行使することが大切です。その上で育休にも焦点を当てていきます。産休と育休の違いを正しく理解して、正しく活用していくことがポイントです。基本的に産休と育休には違いがあります。その違いを明確に理解しておくことが正しい行動につながります。

「育児・介護休業法」による

出典: https://mamari.jp

産休については「労働基準法」で定義されていますが、育休の場合は「育児・介護休業法」と呼ばれる法律によって定義されています。「育児・介護休業法」では、1歳に満たない子供を養育するための休業として、育休に対する定義があります。育休は育児休業の略称となっており、実際に育休を取得する場合は休業開始予定日の1ヶ月前までに申請が必要です。

事前の話し合いが重要

出典: https://dhjob.shikakara.jp

育休を申請する際には、会社の担当者に相談しておくことが重要です。育休についても、産休と同様に女性労働者に与えられた権利となっており、会社にその要求を拒む権利はありません。それでも、従業員が一人抜けることによって、部署や会社に与えるダメージも大きくなります。そのため、事前にしっかりと話し合いを行っておくことも大切なポイントです。

最長1歳6ヵ月まで取得可能

出典: https://ischool.co.jp

育休は基本的に子供が1歳になるまで取得をすることができますが、万一保育所などに入所できなかった場合は最長で1歳6ヵ月まで育休期間を延長することができます。その際も、事前に会社へ相談しておくことが大切です。女性労働者がいないことを想定した人材確保や仕事量の調整を行うこともできるので、部署の仲間や上司に相談しておくことも重要です。

男女の労働者が取得できる

出典: http://ikuji-log.net

産休と育休との違いという点について、産休の場合は女性労働者しか取得することができませんが、育休の場合は男性の労働者も取得することができるようになっています。これは、「育児・介護休業法」で定められている事項であり、男性労働者もその権利を行使することができます。男性の場合も、原則は子供が1歳になるまで育休を取得することができます。

取引先への挨拶も

出典: https://mamanoko.jp

男性が育休を取得する場合は、配偶者の方の出産予定日から休業申請を出すことができます。女性の場合と同様に事前に会社や部署に相談をしておき、育休期間中の仕事の割り振りを事前に決めておくことも大切なポイントです。特に管理職として活躍しているような男性であれば、取引先への挨拶も必要です。その辺も含めて根回しをしておくことが重要です。

できる限りの取得がおすすめ

出典: https://miwaq.com

産休は女性労働者、育休の場合は男女双方に与えられた権利として行使することができます。いずれの場合も、雇用形態に関係なく取得することが可能となっており、働く方の権利として主張することができます。子供が小さいうちだからこそ体験できる貴重な時間でもあります。仕事とのバランスも考慮した上で、できる限り取得していくことがおすすめです。

Thumb産休の期間はいつからいつまでとれる?取得条件や手当まで徹底解説!

産休と育休・取得条件の違い!

考え方の違いを理解

出典: https://jobrass.com

まずは産休と育休の考え方の違いを理解しておくことがポイントです。産休と育休は根本的な期間が異なることになるので、その辺の違いも認識しておく必要があります。女性の場合、産後休業が終わった時点で育休という呼び方をします。産後8週間については、産休という形のお休み期間となります。産後休業が終了したら、引き続き育休に入っていきます。

すべての労働者に認められた権利

出典: http://ikuji-log.net

さらに具体的に産休と育休を取得するための条件について確認をしていきます。産休に関しては、女性のみが対象となっています。その条件として、産後休業については無条件で全員の女性が休業を取る必要があります。最短6週間で職場に復帰することも可能ですが、その場合は医師からの診断書が必要です。医師の診断書がない場合は8週間の経過が必要です。

産前休業は申請が必要

出典: https://megumikko.net

また、産休のうち産前休業については、自らの意思で会社に申請をすることが取得条件となります。産後休業の場合は無条件で休む必要がありますが、産前休業の際は申請をしないと休むことができません。もちろん、これも女性の権利であって、会社が申請を拒否することはできません。働く女性が産前休業を取得する場合は、6週間の休業が認められています。

育休の取得条件

出典: https://iku-mama.jp

育休の取得条件については、男性、女性共に関係なく取得することが可能となっています。その条件として、原則1歳に満たない子供を養育する労働者である必要があります。また、同じ事業主のもとで1年以上継続して雇用されていることも条件です。これは、1年以上働いているだけでなく、同じ事業所で働いていることが条件となるので注意が求められます。

条件の認識は重要

出典: https://www.baitoru.com

また、育休の取得条件として、子供が1歳6ヵ月になるまで労働契約期間が満了しないことも条件として設定されています。正社員として働く方であれば問題ありませんが、パートやアルバイトなど、有期労働契約者の場合は注意しておくべき条件です。産休や育休によって労働者を不当に扱うことは禁止となっていますが、条件は改めて認識する必要があります。

雇用形態・期間に左右されない

出典: https://kidsna.com

産休、育休共に一定の条件をクリアすることができれば、誰でも取得する権利を持っています。産休の場合は女性のみとなりますが、原則として雇用形態や雇用期間に左右されることはありません。その辺の認識を大切に持っておくことで、労働者の権利として主張することができます。正しい知識を持って正しく行動していくことが、メリットにもつながります。

Thumbパートでも産休・育休は取得できる?もらえる手当や条件を徹底解説!

産休と育休の違い・産休中の給料や手当はどうなる?

生活にも関わる問題

出典: https://romsearch.officestation.jp

産休や育休の違いとして、取得するための条件について理解しておくことが重要です。条件にさえ則っていれば、基本的に誰でも取得することができます。その権利を的確に行使して、子供との時間を大切にしていくことも効果的です。さらに、産休と育休について給料や手当も違いを解説していきます。妊娠、出産時の生活にも関わる重要な問題と言えます。

産休中の給料はどうなる?

出典: https://mamari.jp

まず、産休中に焦点を当てていきます。産休中の給料については、会社によってまちまちというのが実際のところです。会社によっては一部給料が支給されるケースもありますし、全く給料が出ないという会社も少なくありません。いずれにしても、普段の給料を全額受け取れるというケースはほとんどありません。その辺の事情も認識しておく必要があります。

産休中にもらえる手当とは?

出典: https://news.mynavi.jp

産休中に会社からの給料が出ないと生活に困ってしまうという人も出てきます。そこで頼りにしたいのが、産休中にもらえる手当です。会社員として勤めている女性であれば、産休中にもらえる手当を活用して生活費のやり繰りにつなげていくことが可能です。その手当として「出産手当金」と呼ばれるものを受け取れます。「産休手当」という呼び方もされます。

出産手当金の受け取り

出典: https://woman.excite.co.jp

出産手当金については、産休中の生活を支援するための手当金となっています。勤務先で加入している健康保険組合から支給される手当金のことであり、パートやアルバイトの方でも勤務先の健康保険に加入していれば対象となります。まずは、勤務先に健康保険に加入しているかどうかを確認することが大切です。その上で、必要な手続きを行っていきます。

給料の3分の2程度

出典: https://fledge.jp

出産手当金の受け取りについて、夫の健康保険の扶養に入っている場合は支給条件から漏れることになるので注意が必要です。あくまでも女性自身が自分の勤務先の健康保険に加入していることが求められます。その上で、1回の支給となるのが出産手当金です。出産手当金の受け取り目安としては、標準的な給料の3分の2程度と考えておけば問題ありません。

支給タイミングの確認

出典: https://nishinomiya.edion-housing.jp

原則として対象となる休暇1日について給料の3分の2程度を受け取れるのが出産手当金です。支給されるタイミングについては、産休後の1回が基本です。会社によって異なる部分も出てきますが、多いのは出産後3ヶ月経過した頃です。したがって、出産後にすぐ受け取れるわけではありません。当面の間の生活をやり繰りしていく資金確保も重要な問題です。

「出産育児一時金」

出典: https://www.qj-casting.jp

また、産休中に受け取れる手当としては、「出産育児一時金」も挙げることができます。健康保険に加入している場合や夫の扶養に入っていることが条件となります。出産育児一時金については、子供1人につき42万円が支給されます。双子の場合は84万円の受け取りが可能です。生活費のプラスや養育費としても重宝することができる手当金の1つと言えます。

産休と育休の違い・育休中の給料や手当はどうなる?

育休中に受け取れるものの理解

出典: http://007audio.com

産休と育休の違いという点では、産休中に受け取れる給料や手当金の多寡を知っておくことも大切なポイントです。その中で生活にかかるお金を捻出していく必要があります。場合によっては貯金を切り崩す必要性が出てくることもあるので、その辺のやり繰りを上手くしていくことも大切です。それでは、育休中に受け取れる給料や手当もご紹介していきます。

育休中の給料はどうなる?

出典: https://news.mynavi.jp

育休中の給料という点では、産休の時と同様に支給がないかあっても、基本給よりも減額された給料になることがほとんどです。全額の給料をもらえないことを念頭においておく必要があります。給料がないと生活できなくなってしまう可能性があるため、それ以外の手当を頼ることがポイントです。育休期間中の生活のやり繰りには欠かせない手当となります。

育休中にもらえる手当とは?

出典: https://splash-go.jp

育休中には給料が出ないケースがほとんどです。その場合は、「育児休業給付金」と呼ばれる手当を受け取ることができます。育休中も通常通り給料が支給される会社や、通常の80%以上の給料が支給される会社に勤めている場合、この育児休業給付金を受け取ることができません。原則として給料が支払われない場合に、育児休業給付金を受け取れます。

2ヶ月に1回支給

出典: https://hibicola.com

育児休業給付金は、雇用保険から2ヶ月に1回のペースで2ヶ月分の手当をいただくことができます。その手当の金額については、育休開始から半年までは給料の3分の2、それ以降については給料の半額程度となっています。2ヶ月に1回の支給となるので、最初にもらえるのが育休開始から2ヶ月後です。それまでの生活費のやり繰りも大切なポイントです。

原則は子供が1歳になるまで

出典: http://tmbt.net

育児休業給付金は、原則として子供が1歳になるまでの間受給することができます。これは、男性も女性も関係なく、育休を取得する場合にもらえる手当となります。また、保育所に入所できないなどの特別な事情があれば、子供が1歳6ヵ月になるまで育児休業給付金をもらうことができます。その場合も、事前に会社に相談をしておくことがポイントです。

産休と育休・社会保険料が免除される?

生活のやり繰りが重要

出典: http://www.haken-careerguide.com

産休や育休期間中の給料や手当についての実態を理解することで、いかに家計をやり繰りさせていくかというところに焦点を当てていくことがポイントです。会社への申請など、必要な手続きを経ることで、適切な手当を受給することができます。会社として給料の支払いがある場合はその給料をありがたくいただいて、生活費や養育費の足しにしていくことです。

社会保険料の支払い免除

出典: https://allabout.co.jp

手当というわけではありませんが、産休中も育休中も社会保険料の支払い免除を受けることができます。会社に申請をすることで、健康保険料や厚生年金保険料といった社会保険料の支払いが免除となる制度です。実際には支払っていなくても、社会保険料を支払ったと見なしてもらえます。そのため、将来受け取れる年金額も据え置きとなる仕組みです。

健康保険料・厚生年金保険料が免除に

出典: https://www.morecareee.jp

会社で通常通り勤務をしている場合は、当たり前のように支払っているのが健康保険料や厚生年金保険料といった社会保険料となります。毎月受け取る給与明細や年末に受け取る源泉徴収票を確認すればわかりますが、毎月の給料から一定額の社会保険料が天引きされています。産休や育休中は、社会保険料の支払いが免除になるという嬉しいメリットもあります。

会社に申請・手続きを

出典: http://hoken-tetsuduki.com

産休や育休中には社会保険料の支払いを免除してもらうことができますが、こちらは無条件で免除されるわけではありません。会社にに必要な書類や申請を行う手続きをする必要があります。その手続きを経て初めて社会保険料の支払いが免除となります。また、産休と育休では、別々に手続きを行う必要があります。1回の手続きで両方の申請はできません。

産休と育休の手続きは別々に

出典: https://amuelle.jp

産休の手続きは産休前に行い、さらに育休を取得する場合は、育休に入る前にもう一度手続きを行う必要があります。誤って1回の手続きで双方の申請が完了すると認識しておかないことが重要です。手続きが遅れると、その分手当ての支給も遅れることになります。労働者に与えられている権利ではありますが、その申請は自ら適切に行うことが求められます。

自らを助ける行動を

出典: https://fledge.jp

産休や育休中は普段の生活費だけでなく、子供の養育費などもかかってきて家計が逼迫されやすい状況です。夫と妻で交代で育休を取るというケースも見られますが、いずれにしても収入が日頃の時よりも減りやすい時期となります。だからこそ社会保険料の免除申請も含めて適切に手続きを行うことが重要です。そうした行動が自らを助けることになります。

産休と育休・住民税が減免される?

支出を減らす

出典: https://allabout.co.jp

産休や育休を取得する際には、会社からの給料支給の有無、あるいは各種手当の活用、社会保険料支払い免除の手続きなど、やるべきことを適切に実行していくことが求められます。そうすることで、少しでも支出を減らして収入を増やす努力をすることがポイントです。さらに支出を減らすための考え方として、産休や育休中の住民税にも焦点を当てていきます。

住民税の支払い

出典: https://woman.mynavi.jp

産休や育休中であっても住民税の支払いをする必要があります。会社員の場合は給料から天引きされますが、産休や育休中は「普通徴収」の扱いとなり、住民税の納付書が自宅に郵送されてきます。このことを知らないとびっくりしてしまいますが、冷静に対処することが必要です。住民税には減免制度が用意されており、産休や育休中に活用することができます。

減免の額は地域により異なる

出典: https://wp.happy-life-with-my-baby.site

住民税の支払い免除となる減免制度については、地域によって減免の額が異なる側面があります。まずは、最寄の役所に行って、減免制度の内容を聞くことが重要です。減免制度が適用されることによって、住民税の全額免除、50%免除、30%免除といった形で免除してもらうことが重要です。まずは、住民税の減免制度があることを知ることがポイントです。

役所で住民税の減免について相談を

出典: http://yuutanto.com

住民税の減免制度を活用するためには、役所に行って相談する必要があります。そこで、現在の収入状況や手当金支給の有無、住民税の支払い能力の有無などを総合的に審査してもらい、減免制度の適用となります。全額免除とならなくても、半額免除になれば嬉しいものです。自分で判断をする前に、まずは役所に行って担当者に相談をすることがポイントです。

所得金額が半分以下

出典: https://kurashi-no-topic.com

住民税の減免制度を利用できるケースとしては、生活保護を受給している場合や失業保険を受給している場合も当てはまります。産休や育休の場合、「所得が前年と比べて半分以下になった」という条件によって、減免制度を適用してもらえる可能性があります。まずは、お近くの市区町村の役場に問い合わせをすることで、対象となるのかどうかわかります。

夫婦の協力が重要

出典: https://zeromama.net

住民税の減免制度もそうですが、社会保険料の支払い免除も自ら判断をするのではなく、会社や役所に相談をして必要な手続きを行うことが重要です。実際に妊娠をして出産をするとなると、そこまで頭が回らなくなる恐れもありますが、そこは夫婦で協力して助け合うことがポイントです。上手く節約をして、子育てを順調に進めていくことがポイントです。

産休と育休の違い・条件や手続きまとめ!

出典: https://mamanoko.jp

産休と育休に焦点を当てて、その違いや手当の受給条件、必要な手続きについて具体的にご紹介してきました。産休や育休を取得するための条件や手続きを確実に理解をして、適切な行動につなげていくことが求められます。産休も育休も労働者に与えられている権利です。その権利を行使して子供との時間を大切にすることも、おすすめできる考え方です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ