クレジットカードが審査なしで作れる?無職でも作れるカードを紹介!

クレジットカードを申込むと審査がありますが、審査に通るか不安な人は審査なしのクレジットカードがあればいいと思っているはずです。みんなが知りたい審査なしのクレジットカードがあるのか、とても気になる点をまとめてのご説明です。

クレジットカードが審査なしで作れる?無職でも作れるカードを紹介!のイメージ

目次

  1. 審査なしのクレジットカードなんてあるの?
  2. クレジットカードの作成には審査が必要
  3. クレジットカードの審査で見られる項目
  4. クレジットカードの審査では重要な信用情報
  5. 全審査に通ることがクレジットカード作成の条件
  6. 審査なしで発行されるカードもある
  7. 審査なしのデビットカードは学生でも所有できる
  8. 審査なしだけではないデビットカードのメリット
  9. 審査なしでもデビットカードには欠点がある
  10. 審査なしのデビットカード3選
  11. ETCカードも審査なしで発行される
  12. プリペイドカードも審査なし
  13. 無職の人も審査なしのデビットカードを
  14. 家族カードなら無職でも大丈夫
  15. 無職でも作れるクレジットカードはあるか?
  16. 審査が甘いクレジットカードもあるが
  17. 審査なしで作れるクレジットカードはないが対処法はある

審査なしのクレジットカードなんてあるの?

クレジットカードの申込時に行われる審査は、通過する自信がある人にとってはそれほど気にかかるものではありません。しかし、審査通過に不安を抱いている人にとっては大きな壁です。審査なんてなければいいのにと思っている人もいるでしょうが、そんなふうに都合よくいくものでしょうか。そこで、審査なしで作れるクレジットカードがあるのかを解説します。

クレジットカードの作成には審査が必要

結論から先に言ってしまうと、審査なしで発行されるクレジットカードは存在しません。クレジットカードの申込時には必ず審査が行われます。クレジットカード会社はしばらくの間お金を貸す立場にあるのですから、申込者に十分な返済能力があるのかどうか確認しないことにはカードの発行ができないのです。

クレジットカードの審査で見られる項目

まずは属性の審査から

23279627 143239009638694 2665314892667420672 n
shorimonster916さんの投稿

クレジットカードの審査ではまず属性が調べられます。属性とは、申込者本人の特徴や性質のことを言います。具体的には、年齢や電話番号などのほか、職業、勤め先、勤続年数、年収、居住形態、家族形態、他社借入件数などです。クレジットカードの申込時にはこれらの情報を伝えます。クレジットカード会社では、属性をスコアリング(点数化)にして申込者を評価しています。

属性をもっと詳しく

クレジットカードの審査では年齢が重要です。基本的には18歳以上の学生なら利用できます。つまり、大学生なら問題がないということです。学生でも高校生は利用できません。また、19歳でも高校生の人がいますが、やはりクレジットカードの所有は無理です。仕事をしている世代では働き盛りの年齢ならほぼだれでも利用ができますが、高齢になると新たな利用は難しいです。

職業や勤め先については、上場企業や有名企業の正社員か公務員、医師や弁護士などの士業に属する人は点数が高くなります。これらの人たちは安定した収入があり、クレジットカードの支払いが問題なく行える人だとクレジットカード会社が判断するからです。勤続年数も大切で、仕事を頻繁に変える人では収入が安定していないと見なされます。

22710733 375578836228818 5821450908390653952 n
takeshihagiさんの投稿

年収も多ければ多いほどいいのですが、職業の安定性との関連もあり、年収の額の大きさだけがクローズアップされるわけではありません。職業形態としては正社員が一番よく、契約社員や派遣社員がそれに続き、パート・アルバイトがその次です。自営業や自由業の人は、営業成績や営業年数によってクレジットカードが発行されるかどうかが変わってきます。

23416664 519670435053488 7637333102267727872 n
likes__homeさんの投稿

居住形態では、持ち家が一番点数が高いです。住宅を所有しているということは、経済力もあるという証拠だからです。住宅ローンを組んでいれば、責任をもって借金を返していこうとする意志が強いことも見て取れます。また、万一クレジットカードの返済に困っても、家を捨てて逃げてしまうことはないので、クレジットカード会社も安心してカードを発行できます。

ただし、持ち家でも住宅ローンの年収に占める割合が大きい人は評価が下がります。このような人はクレジットカードを発行しても、返済に困ることがあるのではないかと疑われるからです。

23164047 891003024407612 3695580768479739904 n
paseo_onukiさんの投稿

家族形態については、配偶者がいて、家族の人数が多いほうが責任感がある人物として評価されますが、収入が少なく家族の人数が多い場合はクレジットカードの返済能力に疑問符が付きます。ただ、成人した家族が多いと、クレジットカードの本会員が返済に窮しても家族が代わって返済を行ってくれる可能性があるので、点数は高いです。

他社借入件数が多いとクレジットカードの審査が不利に

他社借入件数や他社借入額が多いと、クレジットカードの審査に不利になりますが、だからと言って虚偽の申告をしてはいけません。他社借入件数も他社借入額も調べればすぐにわかります。したがって、クレジットカードの申込時に不安を感じるくらいなら、普段から借金をできるだけしないようにしておくことが大切です。

属性は総合点で評価する

個々の属性の評価が低くても必ずしも心配する必要はありません。属性審査では、全体の項目の総合点で評価を下すからです。スコアリングの仕方ですが、スコアリングテーブルという表を使って行います。この表をもとにコンピューターが申込者の点数をつけます。

クレジットカードの審査では重要な信用情報

信用情報は個人信用情報機関に登録されています

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの取引における契約内容、返済状況、利用残高などの情報です。また、金融事故情報も信用情報に含まれます。信用情報は個人信用情報機関に登録されていますが、クレジットカード会社はすべて個人信用情報機関に加盟し、クレジットカードの申込者に関する情報を照会しています。

日本に個人信用情報機関は3つある

日本には現在3種類の個人信用情報機関が存在しています。3種類とは、CIC(CREDIT INFORMATION CENTAER)とJICC(日本信用情報機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)のことで、クレジットカード会社と信販会社の多くはCICに加盟しています。JICCには消費者金融系のクレジットカード会社が加盟し、銀行系のクレジット会社はJBAの会員です。

他社借入件数は信用情報でわかる

22637313 438083179920834 351534762415882240 n
nemoto_pwさんの投稿

他社借入件数や他社借入額は最初にクレジットカードの申込をする時点で申込書に記入することになっていますが、クレジットカード会社側でも調査をします。それが信用情報の照会です。どこの業者からどれくらいの借金があるのかは簡単にわかります。だから、クレジットカードの申込時に虚偽の申告はせず、正直に借入内容を報告してください。

クレヒスのあるなしでクレジットカードの審査に影響

23279449 402634530155828 2222648423243317248 n
ochibiii_nailさんの投稿

クレジットカードを新たに申込むとき、過去にクレジットカードを利用していたことがあるのかどうかは非常に重要です。いわゆるクレジットヒストリー(クレヒス)のことですが、30代になってもクレヒスがないとクレジットカードの審査に通りにくいです。

なぜ30代になってクレヒスがないとクレジットカードの審査に通りにくいのかの理由は以下の通りです。クレヒスがない人がこれまで現金主義に徹していたのか、金融事故(異動)情報が登録されて時間が経って、金融事故情報が抹消されてからクレジットカードの申込をしたのか区別がつかないからです。金融事故を経験した人にはクレジットカード会社は厳しいです。

クレジットカード審査のポイントである金融事故情報

金融事故情報には、クレジットカードやローン、携帯電話の料金の支払いの延滞や債務整理の情報が含まれています。金融事故情報が個人信用情報機関に登録されることをブラックリストに入ると称する場合もありますが、ブラックリストに入ると5年から10年間は名前が消えません。いったんブラックリストに入ると、新たなクレジットカードは発行されません。

金融事故情報は共有される

21107421 347461695704802 6884462280587608064 n
room.yfamさんの投稿

以前はそれぞれの個人信用情報機関に登録されている金融事故情報は別々になっていて、他の個人信用情報機関の情報はわからないようになっていました。しかし、現在は金融事故情報は各個人信用情報機関で共有されています。したがってクレジットカードの申込者に関する金融事故情報があれば、すべて伝わる仕組みがあります。

全審査に通ることがクレジットカード作成の条件

23161708 152452445497994 4619877783781244928 n
sachi.ashibeさんの投稿

クレジットカードの審査は、コンピューターによるスコアリングと人間の手による綿密な調査で行われます。その両方の審査に通らなければ、クレジットカードは発行されません。審査通過の自信がある人もない人も、審査結果を待ってからのクレジットカードの発行です。

審査なしで発行されるカードもある

クレジットカードの中でも家族カードなら審査なし

18514192 1670984236543140 6346001397464432640 n
erii.1017さんの投稿

クレジットカードの申込時には審査があると書きましたが、例外もあります。家族カードです。家族カードなら、本人会員が利用できるようになっていれば審査なしで作成できます。審査は本人会員に対してのみ行われ、家族は対象ではありません。

審査なしのデビットカード

審査なしで作れるカードにデビットカードがあります。クレジットカードは買い物をした代金をクレジットカード会社が立て替えて、後で利用者が支払いをしますが、デビットカードでは買い物の代金が銀行から即時に引き落としされます。銀行の口座に代金分の預金があれば大丈夫です。

審査なしのデビットカードは学生でも所有できる

23421206 200406493836259 7098956619546886144 n
raradayonさんの投稿

クレジットカードの発行は18歳以上からですが、デビットカードは15歳から入手可能です。つまり、高校生くらいの学生でもデビットカードを使えるのです。大人になった証としてクレジットカードを持ちたいと思っている学生も多いでしょうが、クレジットカードは無理でもデビットカードなら所有できます。

審査なしだけではないデビットカードのメリット

お金を使いすぎることがない

18012091 1908489862734921 3927294176789528576 n
tam_1stさんの投稿

デビットカードは銀行口座の範囲内しか利用できないので、お金を使いすぎる心配がありません。クレジットカードのように後払いシステムではないことから、買い物をしすぎて支払いに困るということはないのです。また、すぐに口座から引き落としがされる点もお金を管理するうえで便利です。

現金を持ち歩かなくて済む

デビットカードはクレジットカードと同じように現金なしで買い物ができます。したがって、わざわざATMまでお金をおろしに行く必要もないし、ATM手数料も節約できます。財布の中身もかさばらずすっきりするので、身軽です。

15歳からも利用できる

最近はネットショッピングで買い物をする人も増えてきましたが、学生でもネットショッピングを利用することがあります。その際にクレジットカード決済でないと買い物ができない場合があります。しかし、18歳未満の学生ではクレジットカードを持てません。そのような場合はデビットカードを使えば、何の支障もなく買い物ができます。

審査なしでもデビットカードには欠点がある

一部の店舗では使えないことも

デビットカードはクレジットカードと同じように使えて便利なのですが、一部の店舗や高速道路、ガソリンスタンドで利用できないことがあります。そのような場合は、クレジットカードを使うか現金で料金を支払わないといきません。

分割払いやリボ払いはできない

22280398 284805698591199 1299254699693703168 n
hisayasukambaraさんの投稿

デビットカードは分割払いやリボ払いには対応していません。銀行口座にある預金残高の範囲内でしか利用できないデビットカードは一括払いには向いていますが、2回目以降の支払い時に残高があるのかどうかが保証できないからです。どうしても分割やリボ払いにしたければ、クレジットカードを使うか、銀行口座からの定期的な引き落としにするか選ぶ必要があります。

還元率はクレジットカードのほうが上

19050463 172615476607150 7721562530543304704 n
aa_studyupさんの投稿

クレジットカードにもデビットカードにもキャッシュバック制度やポイント還元などのシステムがありますが、還元率ではデビットカードはクレジットカードにはかないません。また、クレジットカードには入会特典がついていることも多いですが、デビットカードにはほとんどありません。

審査なしだからキャッシングはできない

クレジットカードには、ショッピング枠とともにキャッシング枠があり、設定しておけばいつでもお金を借りられます。ところが、デビットカードにはキャッシング枠はありません。デビットカードは銀行が発行しますが、お金を貸しても返してくれる保証がないので、キャッシング枠を付けることができません。

クレジットカードと違ってクレヒスにはならない

クレジットカードを使って返済を期日通りに行っていけば、クレヒスがしっかりと積まれていきますが、デビットカードをいくら利用してもクレヒスにはなりません。したがって、デビットカードの利用によって、クレジットカードの審査が通りやすくって事はありません。

クレジットカード同様保険がついている場合も

23280062 361709997622413 5976389792009551872 n
sgwrktaさんの投稿

デビットカードには、ショッピング保険や不正利用に対する補償がついている場合があります。ショッピング保険は購入した商品が壊れていた場合に補償してくれるシステムで、不正利用の補償では盗難や情報漏洩によってカードを勝手に使われた場合の補償をしてくれます。現金で買い物をしてもこのような補償はつかないので、デビットカードなら何の心配もなく買い物ができます。

海外ATMを利用できる

デビットカードを使えば、海外ATMで現地通貨を引き出せます。いちいち手持ちのお金を両替する必要はありません。

審査なしのデビットカード3選

セブン銀行のデビットカードはお得

22582040 146857315925245 1335440005320933376 n
texta2000さんの投稿

セブン銀行のデビットカードは、セブンイレブンで使うとポイント還元率が1.5パーセントです。セブンイレブンを利用する機会が多い人はぜひとも1枚所有しておきたいところです。また、毎日7時から19時はATMからの引き出しが無料です。セブン銀行のデビットカードは16歳以上から利用できるので、学生でも申し込んで構いません。

住信SBIデビットカードは人気がある

住信SBIデビットカードは手数料が無料でポイント還元率も高いですが、特徴の一つとして決済口座を円普通預金口座と外貨普通預金口座に設定できます。したがって、海外の通過でショッピングをしたり、海外の通貨を外貨普通預金口座から引き出すことも可能です。住信SBIデビットカードは15歳以上なら学生でも利用できますが、中学生は利用不可です。

楽天銀行JCBデビットカードは還元率が高い

23099003 214798325726252 2773270776848056320 n
megunyan819さんの投稿

楽天銀行JCBデビットカードも年会費が無料ですが、所有するメリットはポイント還元率が高いことです。還元率は1.0パーセントで、デビットカードではずば抜けています。クレジットカードのポイント還元率と比較しても引けを取りません。楽天銀行JCBデビットカードは16歳以上なら誰でも申込できるので、高校生のような学生でも利用可能です。

ETCカードも審査なしで発行される

13671697 1251081254915627 1567445151 n
notsuta93さんの投稿

有料道路を頻繁に使う人にとって便利なのがETCカードですが、ETCカードの発行にも審査はありません。また、クレジットカードに付随するETCカードだけではなく、ETC専用のカードであるETCパーソナルカードの作成にも審査は必要ありません。

プリペイドカードも審査なし

22710814 1932184370438341 6028425236356005888 n
maimi.325さんの投稿

プリペイドカードは、プリペイド(先に料金を支払った)という意味がついたカードです。先に料金を支払えばいいだけなので、審査はありません。学生でも子どもでも利用できます。クレジットカードの審査に不安を持っている人には、プリペイドカードを使うという手があります。

無職の人も審査なしのデビットカードを

デビットカードは審査がないので、無職かどうかを問われることはありません。申込から作成までは誰でもできます。利用する場合は銀行口座に入金しておかなくてはいけませんが、作成まではお金があってもなくても関係ありません。したがって、無職で収入がない人でもデビットカードの作成自体は簡単にできます。

家族カードなら無職でも大丈夫

家族カードも無職かどうかは関係ありません。本人会員の支払い能力だけが問題視されるのであり、家族の支払い能力は審査の対象ではありません。したがって、無職の人でも安心して家族カードを作成できます。

無職でも作れるクレジットカードはあるか?

クレジットカードの利用条件に安定した収入という項目があります。ということは、無職では審査に通るのが不可能ということです。しかし、無職でも事情によって審査に通ることもあります。事情とは、扶養家族になっているか保有資産があるかどうかなどです。ただし、保有資産があっても定職についていなければ、クレジットカードを持てる可能性はきわめて低いです。

審査が甘いクレジットカードもあるが

楽天カードやイオンカードは審査が甘い部類に属しますが、審査なしということはありません。ということは、無職では審査には通りません。18歳未満の学生も不可です。ただし、専業主婦(夫)のように配偶者に安定した収入が見込まれる無職者に対してはカードが発行される場合も多いです。

審査なしで作れるクレジットカードはないが対処法はある

22801889 301041087047112 1589858144060702720 n
yuki_airさんの投稿

ここまで審査なしで作れるクレジットカードや無職でも作成できるクレジットカードについて解説してきました。残念ながら、審査なしではクレジットカードは作れませんが、それに代わる手段はいくつかあります。中には学生や無職の人でも利用できるものがあるので、該当する人はそちらを使うといいです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ