住民税が非課税になる条件とは?年収や申請方法・メリットなど紹介!

国民の義務として支払う必要がある住民税。しかし、収入によっては支払いが負担となるのも事実です。そして、実は住民税は非課税になる場合もあります。ここでは住民税が非課税になる条件や、申請方法・メリットについてまとめています。

住民税が非課税になる条件とは?年収や申請方法・メリットなど紹介!のイメージ

目次

  1. 住民税が非課税になる条件を解説!年収や申請方法・メリットも!
  2. 住民税が非課税になるとは?
  3. 住民税が非課税になる条件とは?
  4. 住民税が非課税になる年収とは?
  5. 住民税が非課税になるメリットとは?
  6. 住民税非課税の申請方法とは?
  7. 住民税が非課税の証明書発行方法とは?
  8. 住民税が非課税になる条件・メリットまとめ!

住民税が非課税になる条件を解説!年収や申請方法・メリットも!

出典: https://mybestjob.jp

日本には国民の義務として、納めるべき税金という制度があります。その中に住民税がありますが、実は住民税は非課税となる場合があります。ここでは住民税が非課税となる条件とは何なのか、そして年収による違いや申請方法、非課税のメリットについても解説していきます。

住民税が非課税になるとは?

住民税とは?

出典: https://biz.moneyforward.com

まずは、住民税が非課税になる条件やメリットを解説する前に、そもそも住民税とは何なのかについて理解するところから始めます。住民税とは、自分が住んでいる住所の都道府県に納めるお金のことで、大きく分けると個人にかかるものと会社にかかるものがあります。

収入の波が激しい場合は負担になる

出典: https://san-man.net

住民税はその年の収入に対して税率をかけ、実際に支払いを行うのは次の年になります。そのため、年によって収入の差が激しく出る職業の方からすると、収入が良かった年の次の年の年収が悪いと支払いの負担は大きくなってしまいます。

「均等割」

出典: https://zuuonline.com

また住民税には均等割といわれるものがあります。均等割とは、字の通り住民税の金額が変わらない制度のことです。携帯の利用料金でいう基本使用料のようなイメージです。地域によって均等割の金額は変わってきます。

「所得割」

出典: https://careerpark.jp

一方で所得割といわれるものもあります。所得割とは、前の年の収入に応じて金額が決定される住民税のことです。地域によってかけられる税率は変わりますので、こちらの金額も違ってきます。地域によっては多めに税率を設定しているところもあるので、住むときには調査も必要になります。

住民税が非課税になる条件とは?

生活保護を受けている

出典: https://mainichigahakken.net

住民税は本来、指定された金額を納期までに納めるのが義務ですが、場合によっては非課税となることもあります。それには条件があり、まず非課税となるのは「生活保護を受けている」場合です。生活保護を受けれる条件は何なのかを見ていきます。

未成年者・障がい者・寡婦(寡夫)で所得が規定以下

出典: https://gentosha-go.com

生活保護とは、未成年者・障がい者・寡婦(寡夫)の人が対象で、所得が125万円以下であることが条件です。この時の注意点は、125万円という数字は給与の所得控除をされた後の金額ですので、勘違いしないように理解しておく必要があります。

所得が各自治体の定める金額以下

出典: https://entrenet.jp

そして住民税が非課税になる他の条件として「前の年の所得が住所のある自治体が定めた金額に達していない」場合も非課税となります。これは地域によって金額も変わりますが、基準があります。

扶養家族の有無で変わる

出典: https://business-textbooks.com

地方自治体の定める所得の金額の基準は、扶養家族がない場合で35万円から28万円以下です。扶養家族がいるのといないのとでは基準が変わってきます。給与の所得控除の計算は難しいので、わからない時は国税庁のホームページにある自動計算機能を使えば簡単に金額も算出できます。

住民税が非課税になる年収とは?

パートなどの年収があっても非課税になる場合が

出典: https://minnkane.com

パートの方でも住民税が非課税となる場合があります。その条件とは「年収がパート勤務で100万円を超えない」場合です。よくパート勤務の方は、年収が多いと社会保険料の支払い対象になるので、そこを避けて年収の調整を行いますが、住民税は社会保険と年収のラインが違います。

社会保険と住民税の年収のラインは違う

出典: https://www.e-aidem.com

ここのラインを勘違いしている方が多いので注意が必要です。「住民税の課税がされるかされないか」の金額ラインは住んでいる地域で違ってきます。非課税を狙う方はこのラインも事前に確認しておく必要があります。

Thumbアルバイトの所得税・住民税を徹底解説!計算方法などがまるわかり!

住民税が非課税になるメリットとは?

国民健康保険料が減免

出典: https://affiliater-tax.net

住民税が非課税になることでメリットもあります。まず非課税となるメリットは「国民健康保険料の減免」です。地域によって減免される金額は変わってきますので、各市区町村の役所での確認も必要です。

高額医療費が減額

出典: https://nurse-web.jp

そして続いては「高額医療費が減額」される点です。医療費は急な出費となるケースが多く、高額な治療となれば自己負担分も多くなります。しかし、実は住民税の非課税対象者であれば自己負担が低く設定されています。これも大きなメリットの一つといえる点です。

国民年金保険料が免除

出典: https://freeway-kyuuyo.net

そして続いてのメリットは「国民年金保険料が免除」される点です。年金は国民が支払うべき義務のある税金です。免除される金額は人によって違いがあります。そしてこれには注意点があり、納める金額は安く済みますが、将来もらえる年金の金額も少なくなりますので、しっかり理解をしておく必要があります。

NHK受信料の免除

出典: http://denryoku-jiyuka.net

そして、実は住民税の非課税者は「NHKの受信料も免除」されます。テレビを置いている家庭はNHKの受信料を払うのが義務です。年間にして、およそ14,000円ほどが免除されますので、非課税者は知っておくことでお得になります。

住民税非課税の申請方法とは?

各市町村の窓口(税務課)で申告を

出典: http://www.pref.shiga.lg.jp

住民税非課税申請方法として、お住まいの役所の税務課で申請を行う必要があります。そして、住民税の非課税の申告をする場合、6月1日から申告可能となります。それ以前に申告へ行ったとしても住民税の納付はまだ始まっておらず、手続きを進めることはできないので注意が必要です。

住民票のある役所での申告を

出典: http://www.city.meguro.tokyo.jp

申請方法の注意点として、税務課で手続きを行う際は、その年の「1月1日時点に住民票がある地域の役所」で行う必要があります。住民税の非課税を申告した際に、住民票のある場所と違うところで申告をすると手続きもできませんし、最悪の場合は罰則となるケースもあります。

住民税が非課税の証明書発行方法とは?

各市町村の窓口(税務課)で発行してもらう

出典: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp

住民税の非課税の手続きを進める上で、証明書の発行が必要となります。住民税の非課税証明書は種類や呼び方に違いもありますので、しっかりと窓口の係員に伝えることが大切になります。また諸事情により本人が出向けない場合、証明書の発行は代理人でも可能です。そして、住民税の非課税証明書発行には必要な準備物もあります。

申請に必要なもの

出典: https://yabedo.net

住民税の非課税証明書の申請に必要なものは、本人であれば「身分を証明できるもの」、そして「印鑑」です。代理人が証明書を発行する場合は、「身分証明書」と「印鑑」、そして大事なのが「委任状」です。準備しておくべきものは事前にしっかりと確認しておくことも大切です。また、発行するにあたっては手数料が300円必要となります。

住民税が非課税になる条件・メリットまとめ!

出典: https://momonestyle.com

住民税を支払うのは国民の義務です。しかし収入によって支払いが負担となる場合は非課税の申請ができることもわかります。非課税の申請をすることでメリットも多くありますので、面倒な手続きだからと避けず、自分の為にきちんと行うことが大事です。その際は、申請方法や申請に必要なもの、そして条件を理解しておくことも大切です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ