住民税はいくら?考え方や計算方法・税金の使い道など紹介!

住民税はいったいいくらくらいになるのかという点について、その考え方や計算方法を具体的にご紹介していきます。税金の使い道も含めて、住民税はいくらなのか気になるところです。年収に合わせた計算方法なども具体的に解説している記事です。

住民税はいくら?考え方や計算方法・税金の使い道など紹介!のイメージ

目次

  1. 住民税はいくら?考え方や計算方法・税金の使い道なども解説!
  2. 住民税とは?
  3. 住民税の考え方とは?
  4. 住民税はいくら?計算方法は?
  5. 住民税の使い道とは?
  6. 住民税はいくら・考え方や計算方法まとめ!

住民税はいくら?考え方や計算方法・税金の使い道なども解説!

出典: https://ameblo.jp

住民税はいくらになるのかというところに焦点を当てて、具体的な計算方法や考え方についてご紹介していきます。税金の使い道も含めて、住民税には気になる部分が多いというのが実際のところです。個人としての年収も踏まえた上で、住民税の計算が行われることになります。その住民税の実態について、計算方法や使い道も含めて理解を深めていきましょう。

住民税とは?

都道府県税と市町村税の総称

出典: http://www.ohashi-tax.jp

まず、住民税とは一体どういったものなのかについて解説を進めていきます。住民税とは、都道府県税と市町村税の総称のことであり、市県民税といった呼ばれ方をすることもあります。地方自治体の行政サービスを円滑に進行させるために徴収される税金のことであり、私たちの所得から一定額が引かれます。基本的には地方自治体が利用する税金のことです。

住民票のある住所地に支払う

出典: https://www.kakeinojikan.com

住民税を支払うのは、実際に住民票がある住所地となります。働いていて収入や所得がある方は、その年収額に応じて住民票がある住所地の地方自治体に住民税を支払うのです。世帯の収入状況や個人の収入状況によっては、住民税の支払いが免除されることもあります。その場合は、各地方自治体の役所に申請をして、一定の条件を満たす必要があります。

支払い免除の条件

出典: http://ascii.jp

住民税を免除してもらうための条件としては、3つのケースを挙げることができます。1つは、生活保護を受給している場合です。また、未成年者や障害者、寡婦や寡夫で前年の所得が125万円以下の場合も、住民税の支払いが免除となります。これらに該当する方は、役所に届出を行う必要があります。申請をしないと、住民税の支払いが免除とはなりません。

多くの人は住民税を支払う

出典: https://yakunitatta.info

また、前年の所得の合計金額が各地方自治体の定める金額以下であった場合も、住民税の支払いが免除されるケースがあります。こちらに関しては、各地方自治体が定める条件を確認する必要があります。いずれにしても、多くの人が支払う必要が出てくるのが住民税の存在です。年収から一定額を引かれて、手取りの金額が少なくなっていくので注意が必要です。

所得税と同じように給料から引かれる

出典: https://www.namtyu.com

住民税の支払いについては、一定の計算が行われた後に、所得税と同じように毎月の給料から天引きされることになります。会社員として働く方であれば、給与明細や源泉徴収票を確認することで、住民税をいくら支払っているのか理解することができます。毎月毎月天引きされるので、手取り収入は減っていきます。地方自治体に納める税金ということです。

地域によって差がある

出典: https://870house.jp

住民税については、地域によって差が出てくる部分もあります。日本全国の都道府県や市区町村では、標準税率という税率が定められていますが、一部では例外もあり、標準税率を適用しないケースも出てきます。その場合は、自治体によって住民税に差が出てくることになります。場合によっては住民税が高くなったり、安くなったりする地域も出てきます。

Thumb住民税が非課税になる条件とは?年収や申請方法・メリットなど紹介!

住民税の考え方とは?

今年の収入をもとに来年払うもの

出典: https://blog.cpa-net.jp

まずは、住民税についての基礎知識を身につけておくことが大切なポイントです。その上で、住民税の考え方についても具体的にご紹介していきます。住民税の基本的な考え方として、今年の収入をもとに来年支払う税金だという認識を持っておく必要があります。所得税のように毎月の給料から引かれますが、考え方としては1年先送りのような形の税金です。

1年分の収入から計算

出典: https://www.i-oshigoto.co.jp

今年の1月から12月にかけて稼いできた収入をもとにして、住民税の計算が行われることになります。一定の計算方法に則って算出された住民税については、翌年の6月から翌々年の5月までの1年分の税金を支払うというのがその仕組みです。住民税の納税額が決まった段階で、会社員であれば12で割り算をして、その12分の1を毎月の給料から支払います。

「所得割」と「均等割」とは?

出典: https://asset-campus-oag.com

住民税の計算方法の考え方として覚えておきたい用語に「所得割」と「均等割」を挙げることができます。所得割とは、前年の所得金額に応じて計算が行われるものです。年収が高くなればなるほど、住民税額も高くなっていくという考え方です。一方で、均等割については、住んでいる住民全員が同じ金額を支払うというもので、所得に左右されない部分です。

所得割の考え方

出典: https://yakunitatta.info

所得割については納税者の所得額によって変わってくる部分ですが、住民税を納税する前年の1月1日から12月31日にかけての合計所得に対して、道府県民税は4%、市町村民税が6%となり、合計で10%の税率が課されることになります。したがって、住民税の税率は所得の10%と覚えておけば間違いありません。これに均等割の金額がプラスされていきます。

均等割の金額

出典: http://kakeibot.doorblog.jp

基本的に均等割については、所得に関係なく一律で課される割合のこととなりますが、2018年時点では道府県民税が1,500円、そして市町村民税が3,500円と定められています。この標準税率については、年度によって変更されることもあります。2013年度までは道府県民税も市町村民税も500円ずつ安かったですが、2014年度から高くなりました。

基本は双方の適用

出典: https://www.freee.co.jp

会社員や個人としての所得額によっては、所得割額のみが適用されるケースもあります。または、所得割額と均等割額の双方が免除されることもありますが、これは年収が低い人のケースです。基本的には、所得割と均等割の双方を適用した形で住民税がいくらになるのか決定されます。住民税の基本的な考え方として、それぞれの用語を理解することが大切です。

住民税が非課税となる年収は?

出典: https://www.office-hatarako.net

住民税の考え方として、非課税になるのは年収がいくらまでかといった部分を抑えておくこともポイントです。住民税が非課税になる条件については、地方自治体ごとに異なる部分が大いにあります。住民税の考え方として、地方自治法に基づいて各地区町村が独自の基準を設けているからです。非課税となる一般的な目安としては年収100万円と言われています。

給与所得控除の計算

出典: https://www.bousaid.com

多くの自治体では年収が100万円を切ることによって、住民税を支払わなくても良いとしています。例えば、大阪市の場合は、扶養親族や控除対象となる配偶者がいない場合、前年の合計所得金額が35万円以下であれば非課税とされています。給与所得者の場合は、給与所得控除として最低65万円が確保されているので、年収100万円以下は非課税なのです。

所得税と住民税の考え方

出典: https://www.i-oshigoto.co.jp

所得税との違いとして、住民税の場合は基礎控除額が一律で33万円と定められています。大阪市のように35万円分の基礎控除を定めているケースもありますが、原則は33万円となります。所得税の場合は、基礎控除額が一律で38万円と定められています。所得税も住民税も同じ考え方ができる部分は、給与所得控除額の最低ラインが65万円であることです。

住民税はいくら?計算方法は?

計算方法の理解

出典: https://yakunitatta.info

住民税の考え方として、均等割や所得割といった言葉の定義や意味を理解しておくことが求められます。その中で、住民税がいくらになるのかの計算が行われていくことになります。その具体的な計算方法についても解説を行っていきます。考え方だけでなく計算方法も知ることで、住民税に対する理解が深まります。いくらなのかという部分にも触れていきます。

給与所得を調べる

出典: http://tokyo.cotori.net

住民税がいくらになるのかという点については、具体的な計算方法を知ることが最も重要なポイントです。そのためには、最初に給与所得を調べる必要があります。住民税は今年1年の給与所得や年収をベースにして計算が行われて、来年に支払う税金の金額が決定されることになります。そのため、まずは今年の給与所得がどれくらいかを知る必要があります。

「収入-経費-所得控除=課税所得」

出典: https://setsuzei-life.com

住民税がいくらになるのかの計算方法については、給与所得を知るところからスタートするのがポイントです。その中で、実際に住民税を支払う対象となる課税所得金額を算出していくことになります。課税所得を計算する上では、「収入-経費-所得控除」という計算式を理解しておくことがポイントです。この計算式に則って、課税所得金額が算出されます。

サラリーマンと個人事業主

出典: https://www.rosei.jp

サラリーマンのような給与所得者であれば、基本的に会社からの給料が年収となり、課税所得への計算にも利用されることになります。個人事業主の場合は、自ら稼いだ年収から必要経費を差し引いた部分が課税所得として、住民税支払いの対象となります。給与所得者と個人事業主との間での考え方の違いや、計算方法の違いを理解しておくこともポイントです。

経費はいくら?

出典: https://www.excelcf.net

給与所得者であれば課税所得を計算する際に、一定の経費を差し引きすることができます。会社に勤めて会社から給料をもらっている場合、会社が必要な経費を支払ってくれます。一方で、スーツや手帳など、仕事に必要な部分でも、経費として支給されない部分もあります。これらについては給与所得控除として、一律で控除できる金額が決まっています。

給与所得控除の理解

出典: https://creator.levtech.jp

例えば、年収が180万円から360万円未満の方であれば、「収入金額×30%+18万円」が給与所得控除として定められています。あるいは、年収360万円から660万円の方であれば、「収入金額×20%+54万円」といった形で給与所得控除が決まっています。自身の年収を確かめた上で、どのくらいの給与所得控除を適用できるのか理解することも大切です。

個人事業主の場合

出典: https://kikankou-jouhou.com

サラリーマンのような給与所得者であれば、それぞれの年収に応じた給与所得控除が定められていますが、個人事業主の場合は、それぞれ必要な経費の金額が変わっていきます。備品代や打ち合わせ費用などの仕事に関連する経費は確定申告にて申告する必要があります。その申告金額が経費として認められることで、課税所得金額が計算されることになります。

所得控除とは?

出典: https://asset-campus-oag.com

さらに住民税がいくらになるのかという計算方法として欠かせないのが、所得控除の存在です。給与所得者の方でも個人事業主の方でも、1年間に稼いだ収入全てに対して税金が課されるわけではありません。年収から一定割合の金額を差し引いてくれるのが所得控除で、住民税の支払いも安くすることができます。所得控除を上手く活用することも大切です。

基礎控除や社会保険料控除

出典: http://kyouikuloans.hatenablog.com

所得控除として挙げられるものとして、例えば、基礎控除があります。これは全ての納税者に当てはまる所得控除で、一律33万円分の控除額が設定されています。また、社会保険料も控除してもらうことができます。健康保険や介護保険、厚生年金保険といった保険料については、1年間に支払った全ての保険料を所得控除として税金の支払い対象外にできます。

生命保険料控除と地震保険料控除

出典: https://www.furusato-tax.jp

その他の所得控除としては、生命保険料控除や地震保険料控除を挙げることができます。生命保険料控除については、最大7万円分の控除が可能です。生命保険の他、年金保険や介護医療保険といった保険料も控除額に含めることができます。地震保険料控除については、地震保険料として支払っている金額のうち、最大で2万5,000円分を控除してもらえます。

配偶者控除や配偶者特別控除

出典: https://www.goo.ne.jp

また、配偶者控除や配偶者特別控除といった控除もあります。配偶者控除については、配偶者の合計所得が38万円以下であれば33万円分の所得控除を適用できます。配偶者特別控除の場合は、配偶者の合計所得が38万円以上76万円未満である時に適用されます。その際には、33万円から3万円にいたるまで、段階的に所得控除が行われることになります。

扶養控除や特定扶養控除

出典: https://kakakumag.com

さらなる所得控除の類として、扶養控除や特定扶養控除といった種類の控除を挙げることもできます。扶養控除については16歳以上の扶養親族がいる場合が対象で、33万円分の所得控除を受けることができます。特定扶養控除は19歳以上23歳未満の大学生を扶養している場合で、45万円分の控除となります。これらの控除を活用することもおすすめできます。

「課税所得×税率-調整控除-税額控除=住民税」

出典: https://www.mmea.biz

住民税がいくらになるのかという具体的な計算方法については、所得控除の種類と金額も頭に入れておくことがポイントです。その上で、実際に住民税の計算をしていく計算式として、「課税所得×税率-調整控除-税額控除」という式を挙げることができます。この計算式に則って計算をすることによって、具体的に支払う住民税の金額を出すことができます。

調整控除とは?

出典: https://magazine.aruhi-corp.co.jp

住民税の計算方法として計算式に含まれる調整控除とはどういったものなのかについて、具体的に解説を行っていきます。調整控除とは、所得税と住民税の控除額の差によって生じる税金支払いの負担を調整するための仕組みです。所得税の基礎控除が38万円であるのに対して、住民税の場合は33万円となっているので、その分の差を埋める役割があります。

課税所得金額による計算方法の違い

出典: https://www.furusato-tax.jp

具体的な計算方法として、調整控除では課税所得金額が200万円以下と200万円以上の場合で異なる計算が行われます。課税所得が200万円以下であれば、人的控除額の差額の合計と住民税の課税所得金額のいずれか小さい金額の5%が控除されます。人的控除額とは、基礎控除や配偶者控除、扶養控除や特定扶養控除といった類の控除の合計金額のことです。

課税所得金額が200万円以上の場合

出典: https://www.ide-tax.com

また、課税所得金額が200万円以上となる場合は、最初に住民税の課税所得金額から200万円を引きます。その後、人的控除額の差額の合計から最初に計算した分の金額を引き、最後に5%をかけます。最低でも2,500円は調整控除として課税対象から差し引きされることになります。これらの計算方法を頭に入れておくことも、住民税の計算においては大切です。

税額控除とは?

出典: https://www.city.nerima.tokyo.jp

さらに、住民税の計算においては、税額控除と呼ばれる控除も実行されることになります。税額控除とは、課税所得金額に一定の税率をかけて計算した所得税額から一定の金額を控除するという仕組みです。例えば、住宅ローンなどを組んでいる方であれば、そのローン代金を段階的に税額控除として差し引きできます。節税対策としても覚えておきたい控除です。

住んでいる所により税額に違いが

出典: http://icube2011.doorblog.jp

また、住民税の計算に当たって気になる情報として、住んでいる地域によって住民税の金額に違いが出てくるという部分です。例えば、岩手県では「いわての森林づくり県民税」と呼ばれる税金を超過課税として定めています。それにより、1,000円分高い住民税を支払う必要があります。横浜市でも「横浜みどり税」と呼ばれる超過課税を定めています。

横浜市は高い

出典: https://career.nikkei.co.jp

さらに神奈川県では「水源環境保全税」として均等割が300円高くなっており、所得割についても0.025%分超過課税を定めています。横浜市の「横浜みどり税」が900円の超過課税となっているので、その分、他の市区町村と比べても多くの住民税を支払う必要があるということです。自分が住んでいる地域の住民税の状況を確認しておくこともポイントです。

住民税の支払いシミュレーション

出典: https://hoken-eshop.com

それでは具体的に住民税がいくらぐらいになるのか、目安となるシミュレーションをご紹介していきます。ここでは年収が500万円で独身の方をケースとして挙げます。社会保険料は50万円で、保険料控除は満額の7万円と仮定します。まず、給与所得控除の計算として、「500万円×0.2+540,000円」をすると、154万円分の控除ができます。

所得控除の計算

出典: http://www.tokyo-networth.jp

つまり、所得は500万円から154万円を引いて346万円ということになります。その後、所得控除の計算を行います。所得控除は基礎控除の33万円と社会保険料の50万円、さらに保険料の7万円となり、合計で90万円です。所得の346万円から90万円を引くと、課税所得として256万円が残ります。そこに住民税率となる10%を乗算していきます。

25万8,500円の住民税

出典: https://zuuonline.com

「256万円×10%」で25万6,000円という金額が算出されます。そこに調整控除として2,500円分が引かれます。25万6,000円から引くので、住民税の所得割が25万3,500円となります。最後に均等割5,000円をプラスして25万8,500円という数字が出てきます。したがって、独身で年収500万円の場合の住民税は25万8,500円となります。

住民税の支払いを12分割

出典: https://hoken-kyokasho.com

会社員などの給与所得者の場合であれば、この25万8,500円を12ヶ月分で割るので、毎月の住民税の支払いは21,541円ということになります。それぐらいの金額が毎月の給料から天引きされていきます。決して安い数字ではありませんが、適用できる控除を適用することで、少しでも支払い金額を抑えることができます。

確実な支払いが重要

出典: https://oshiete.goo.ne.jp

個人事業主や退職者の方であれば普通徴収として、役所から送付されてくる請求書を持って、コンビニなどで支払う必要が出てきます。給与所得者の場合と比べて支払う金額が増えるわけではありませんが、12分割とはならないので、1回に支払う金額が大きくなっていきます。税金支払いの計画を適切に立てて、確実に支払えるようにしておくことが大切です。

Thumb住民税の特別徴収と普通徴収の違いとは?給与計算や方法まとめ!

住民税の使い道とは?

住民税の計算方法を理解

出典: http://diamond.jp

具体的な住民税の計算方法について理解を深めて、税金支払いを安くできる部分があれば工夫していくことも大切なポイントです。住民税の支払いはどういった計算のもとで行われているのかを知ることで、控除を上手く活用することもできるようになります。少しでも住民税の支払いを抑えたいと考えているならば、その仕組みを理解しておくことが重要です。

東京都の予算では

出典: https://part.shufu-job.jp

それでは実際に私たちが税金として支払っている住民税は、いったいどのような形で利用されているのかを確認していきます。例えば東京都の予算では、社会福祉関係や教育関係などに大きな予算が割かれています。また、小中学校の教員の給料支払いにも住民税が利用されています。住民税の使い道を知ることで、貢献しようという気持ちを持つことが大切です。

私たちの生活に身近なもの

出典: https://creator.levtech.jp

住民税の使い道として、私たちの生活に身近なものであれば、地方の行政サービスに利用されることも少なくありません。例えば、ごみ収集や公園の管理、整備、公衆トイレの設置、管理といった部分に利用されることも多いです。また、トンネル工事や道路工事、排水管の整備といった形でインフラ整備に住民税が当てられる部分も多くなっています。

住民税の確実な支払いが重要

出典: https://ten-navi.com

住民税は各地方自治体の貴重な財源となっており、住民税の収入をもとに地方公共団体の運営を行っている部分があります。住民税をはじめとした税金によって地域の生活が成立している部分もあるのです。その点においては、一定の計算に則って算出された住民税は確実に支払う必要があります。給与所得者の場合、毎月の給料から天引きされることになります。

延滞には要注意

出典: http://hakkyutsuma.net

個人事業主や退職者の方などで、住民税の支払いが遅れるとその分の延滞金が発生することになります。住民税に関わらず税金は、期限内に確実に支払うことが重要です。本来払うべき税金の金額に、さらに延滞税や加算税といったお金がかかることになります。自分自身の住民税はいくらなのかきちんと認識をして、適切にお金を確保しておくことが重要です。

住民税はいくら・考え方や計算方法まとめ!

出典: https://allabout.co.jp

住民税はいくらになるのかというところに焦点を当てて、その考え方や具体的な計算方法についてご紹介してきました。実際に自分が毎年どのくらいの住民税を支払っているのかを理解しておくことは重要です。住民税も含めて税金の使い道を知ることで、社会に貢献しているという実感も沸いてきます。改めて住民税の考え方や計算方法を理解しておきましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ