お布施に新札を使ってもいい?お金の向きや入れ方までマナーを紹介!

お布施に新札を使っても良いのかどうかを含めて、葬儀に関するマナーについて具体的にご紹介していきます。お布施に新札を使えるのかどうかを含めて、お金の向きや入れ方も詳しく解説していきます。葬儀についてのマナーを理解できる記事となっています。

お布施に新札を使ってもいい?お金の向きや入れ方までマナーを紹介!のイメージ

目次

  1. お布施には新札・旧札どちらがふさわしい?お札の向きや入れ方・マナーを紹介!
  2. お布施とは?
  3. お布施袋の書き方を紹介!
  4. お布施に使用するのは新札・旧札?
  5. お布施袋へお金を入れる向きは?
  6. お布施の渡し方やマナーを紹介!
  7. お布施を包む袱紗は何色が好ましい?
  8. お布施には新札を使用してマナーを守って失礼のないようにしよう!

お布施には新札・旧札どちらがふさわしい?お札の向きや入れ方・マナーを紹介!

出典: https://reset-soul.com

お布施に包むお金としては、新札と旧札のどちらを使えば良いのかということも含めて、お布施に関するマナーや葬儀との兼ね合いなどを具体的にご紹介していきます。お布施はお坊さんに渡すお金のことでもあります。遺族の渡す香典との違いも含めて理解を深めておくことが重要です。お布施のマナーやお札の入れ方についても一緒に確認していきましょう。

お布施とは?

お坊さんに渡すお金

出典: https://reset-soul.com

まず、お布施とはいったいどういったものなのかについての解説を行っていきます。お布施とは、簡単に言うと葬儀や法要において、お坊さんに渡すお金のことです。お坊さんに対して感謝の気持ちを示すためのお金としてお布施を渡すのです。故人を供養してくれるのがお坊さんの存在です。その供養や読経への感謝という意味で、お坊さんにお布施を渡します。

お布施は感謝の気持ち

出典: https://reset-soul.com

お布施については、お坊さんに対しての感謝の気持ちを示すお金であることから、具体的な金額が定められているわけではありません。読経の料金というわけでもなく、読経料という言い方をすることもありません。あくまでも故人を供養してくださることに対しての感謝の気持ちとしてのお金です。自分自身として適度な金額をお布施として渡すのが賢明です。

お坊さんや寺への寄付

出典: http://www.osohshiki.jp

また、お布施は手渡しで渡すのではなく、お盆の上に乗せて渡すこともマナーとなっています。葬儀や法要についてはさまざまなマナーがありますが、お布施の渡し方についてもマナーに気をつけておく必要があります。お布施には、お坊さんの行為に対して寄付をする意味もあります。寺の護持に向けた寄付の意味もあり、可能な限り渡すことが求められます。

葬儀の金額相場

出典: https://www.e-sogi.com

お布施については明確に定められた金額があるわけではありませんが、相場についての解説も行っておきます。葬儀の場合であれば、約30万円から50万円というのが一般的なお布施の相場です。葬儀では、お通夜から告別式までを執り行ってもらい、さらに戒名代も含めたお布施という形です。それくらいの金額相場であることを理解しておくことが大切です。

宗派による違い

出典: https://kakitubata.com

また葬儀のお布施の金額相場については、宗派によって変わってくる部分もあります。例えば、浄土真宗の場合は20万円くらいが一般的な相場と言われています。中には100万円近くまでお布施の相場が跳ね上がる宗派もあるので、事前に確認しておくことが大切です。どの宗派の形態で葬儀や通夜を行ってもらうのかといったところで、相場も変わってきます。

葬儀屋への相談もおすすめ

出典: https://www.best-manner.com

まずは、お布施とは何かを知り、葬儀の際のお布施の金額相場についての認識を深めておくことがポイントです。よくわからないという場合は、葬儀屋さんに相談してみるのもおすすめです。必ずしも相場に届くように渡さなければならないという類のものではありませんが、目安として知っておくのが効果的です。それから準備を進めても、遅くはありません。

お布施袋の書き方を紹介!

書き方のマナーも重要

出典: https://sousai-kankon.com

お布施には、お坊さんやお寺への寄付といった意味合いもあり、葬儀で故人を供養してくださることへの感謝の気持ちを示すといった意味合いもあります。そういった感謝の気持ちやマナーを守りつつ、正しい形でお布施を渡すことが求められます。その点においては、お布施袋の書き方も重要です。基本的な書き方に関するマナーについても解説していきます。

表面の書き方

出典: https://you-know-m.com

お布施袋の書き方については、表面と裏面で分けて認識しておくことが効果的です。まず、お布施袋の表面には、上部中央部分に「御布施」と記載を行います。そして、下部の中央部分に喪主か施主の氏名をい記載していきます。氏名についてはフルネームで書くか、○○家と記載するのがマナーです。表面にはこれらの情報を丁寧に記載することが求められます。

仏教の場合の表面

出典: https://sousai-kankon.com

また、宗派によってお布施袋の表面の書き方が異なってくる部分もあります。例えば、仏教であれば、「御布施」の他に、「御回向料」や「御経料」、「御礼」といった書き方をすることもあります。どの書き方でも問題ありませんし、仏教ならではの書き方と言えます。お布施袋の書き方がよくわからない場合は、葬儀を行う僧侶の方に尋ねてみるのも有効です。

何も書かなくても大丈夫

出典: https://syukatsulabo.jp

仏教では、お布施袋の表面の表記としてさまざまな書き方があるわけですが、場合によっては何も書かずに手渡しをすることもあります。宗派によってはマナー違反とされることもありますが、仏教の場合は何も書かなくても良いのです。戒名をつけていただいた場合は、「戒名料」と記載することもあります。いずれにしても、正しい書き方だと言えます。

浄土真宗のお布施に対する考え方

出典: https://sousai-kankon.com

浄土真宗の場合のお布施袋の表面の書き方についても確認をしていきます。浄土真宗は、仏教の宗派の一つですが、基本的には「お布施」や「御布施」と記載しておけば問題ありません。浄土真宗では、お布施に対する考え方が独特で、手やお坊さんへのお礼という考えがありません。お布施は、阿弥陀如来に対する感謝やお礼と考えるのがマナーとされています。

宗派ごとのマナーを理解

出典: https://sousai-kankon.com

したがって、浄土真宗のしきたりで葬儀を行う場合は、お布施袋の表面に「回向料」や「御経料」、「志」、「戒名料」といった記載をするのもマナー違反となります。基本形となる「お布施」や「御布施」と記しておくのが基本マナーです。こうした宗派ごとの違いを理解しておくことも大切です。故人の供養という点でも、マナーを守った記載が求められます。

神道の場合の表面

出典: https://you-know-m.com

また、神道の場合であればお布施袋に「御礼」や「御祭祀料」などと記載するのがマナーとされています。神道の場合も、仏教と同様に、神職に対しての感謝の気持ちとしてお布施を渡すことになります。神道式の葬儀の進行に対してのお礼という意味合いが強いのが特徴的です。お布施袋の表面を正しく記載することで、感謝の気持ちを伝えることが重要です。

キリスト教の場合

出典: https://en-park.net

また、キリスト教にもお布施に該当するものが存在します。キリスト教の場合は、「御礼」や「献金」、「記念献金」などと記載するのが一般的なマナーです。キリスト教にはカトリックとプロテスタントがありますが、カトリックの場合のみ「御ミサ料」という書き方をすることもできます。プロテスタントでは通用しない書き方となるので、注意が必要です。

裏面の書き方

出典: https://sousai-kankon.com

お布施袋については、宗派による違いやマナーも確認をした上で、適切な書き方をすることが求められます。その中でお布施袋の裏面の書き方についても詳しくご紹介していきます。裏面については、名前や住所、電話番号などを記載しておけば問題ありません。宗派による違いというよりは、誰から渡されたお布施なのか理解できるようにすることが重要です。

裏面に金額記載

出典: http://www.mosyu.net

お布施袋の裏面には、金額を書いておいても問題ありません。というのも、寺院の記録として管理しやすくなるからです。経理上や税務上の観点からしても、金額が書いてあった方が好都合だと考えるお坊さんは少なくありません。金額については算用数字ではなく、漢数字を用いることが大切です。数字の先頭に「金」、最後に「圓也」を入れるのもマナーです。

普通の墨で書く

出典: https://koudengaesi-e-shop.net

お布施袋の書き方として、どういったペンで書けば良いのかについても解説していきます。香典の場合は不幸ごととして薄墨で書くのがマナーとされていますが、お布施は不幸ごとではないので、普通の墨を使えば問題ありません。色は黒に限りますが、サインペンや筆ペンを使って記載しても大丈夫です。ただし、ボールペンの利用は避けておくのがマナーです。

お布施に対する理解を深める

出典: https://xn--t8j1jva9ig0jxgycv870d.jp

お布施袋の書き方については、宗派ごとのマナーや使うペンも含めて、さまざまなマナーや注意事項があることを理解した上で行動に移していくことが求められます。葬儀や人の不幸はたびたび起こって欲しくはないものですが、それでも起こることもあります。その際に慌てずに行動していけるように、日頃からお布施に対する理解を深めることがポイントです。

丁寧に書くこと

出典: https://en-park.net

お布施の書き方を理解して、適切な書き方をすることで、相手に与える印象もより良くしていくことができます。お布施を包む機会というのはそれほど多くはありません。だからこそ一つ一つのお布施袋に対して丁寧に記載を進めていくことが重要です。お坊さんに対して感謝の気持ちを示すためにも、丁寧でマナーを守った書き方をしていくことがおすすめです。

お布施袋の選び方

出典: http://touwa24h.blog105.fc2.com

また、お布施袋の選び方としては、一般的な法事や法要などで使用するお布施袋で問題ありません。コンビニでもお布施袋を取り扱っていますし、不祝儀袋でも問題ありません、弔事や仏事で利用するのが不祝儀袋となりますが、文具店や100円ショップなどでも取り扱いがあります。どれが良いというのはないので、お好みで選択して購入すれば大丈夫です。

弔事用の袋を準備

出典: https://sousai-kankon.com

結婚式や結納でしようされる袋については「祝儀袋」と呼ばれます。祝儀袋と不祝儀袋では大きな違いが出てしまいますので、注意をしておく必要があります。お布施は弔事となるので、慶事用の袋を利用することはできません。その辺の最低限のマナーを守ってお布施を渡すことが求められます。

一つ一つの行動を大切に

出典: https://norikodiary.com

お布施については、お坊さんへの感謝の気持ちを示すためのお金として渡すものです。お布施の金額もそうですが、不祝儀袋の選び方や書き方も含めて総合的にマナーを守った行動をすることが求められます。そういった一つ一つの行動が、適切な形でお坊さんに感謝の気持ちを示すことにつながります。

お布施に使用するのは新札・旧札?

新札か旧札かの理解

出典: https://niigatashi.net

お布施の書き方に関するマナーや注意事項について、今一度整理して認識しておくことをおすすめします。その上で、お布施に使用するのは新札が良いのか、それとも旧札が良いのかといった点にも触れていきます。正しい知識を持って行動していくことが、適切なマナーにつながります。その点においても、新札と旧札のどちらが良いか理解することが重要です。

使用するのは新札!

出典: https://mayonez.jp

基本的にお布施に使用するお金は新札にしておくのが賢明です。葬儀での香典の場合は、あらかじめ新札を準備していることが失礼にあたるという考え方があります。そのため、あえて旧札を使用したり、新札に折り目をつけたりして利用することがあります。しかし、お布施の場合は不幸ではありません。あらかじめ準備しておくお金として、新札が好まれます。

香典とお布施は分けて考える

出典: https://gift-manners.shaddy.jp

香典の場合は、突然の訃報で新札を準備している余裕がなかったということを示す意味でも、旧札を使用することがマナーとされています。日本人なりの心づかいや気配りといった点とも関連している部分です。その考え方を持っていると、お布施についても旧札が良いのではないかと思ってしまいます。葬儀の際の香典とお布施は分けて考える必要があります。

感謝の気持ちを示すのがお布施

出典: https://koudengaesi-e-shop.net

葬儀の香典は不幸なことを意味しているのに対して、お坊さんに渡すお布施については感謝の気持ちを示すものです。また、お布施自体に不幸な意味は存在していません。したがって、お坊さんに渡すお布施については新札を準備しておくのが賢明な判断だといういうことです。相手に対する感謝の気持ちを示すお金として、旧札では失礼な部分も出てきます。

新札がなければ旧札でも可

出典: https://matome.naver.jp

お布施についてはあらかじめ用意しておいても、全く問題ありません。香典の場合はあらかじめ準備していることが失礼に当たるケースもありますが、お布施の場合は別です。それでもお布施に新札ではなく、旧札しか用意できなかったというケースも出てきます。その場合は無理に新札を用意する必要がなく、お布施を旧札で渡してもマナー違反ではありません。

なるべくきれいな旧札を選択

出典: https://matome.naver.jp

ただし、旧札であまりにも古い場合は、アイロンをかけるなどして少しでもしわを伸ばしてきれいな状態にしておくことが求められます。旧札が何枚もある場合は、旧札の中でもできるだけきれいな状態のお札を選択することが有効です。葬儀の香典とは異なるという認識を持つことが重要です。そうすることで、お布施のお札の選び方も変えることができます。

相手のためになる行動

出典: https://you-know-m.com

お布施に利用するお札として、新札か旧札のどちらが良いのかといった点についての理解を深めることがポイントです。この考え方を知っておけば、お布施にどのお札を選べば良いのか迷うこともありません。お布施を渡すまでに時間があれば、銀行に行って新札を用意しておくのも賢明な判断です。何が相手のためになるのか考えた上で行動することが重要です。

金額相場の確認

出典: https://asu-doko.com

お布施として渡すお札では新札を利用するのが基本的なマナーだと言えます。その上で、お布施の金額相場についてもご紹介していきます。葬儀の場合は20万円から30万円程度が一般的な相場であることをご紹介しましたが、それ以外の法要についても金額相場を知っておくことが重要です。その相場を意識しつつ、お布施として渡す金額を選ぶのが有効です。

一周忌の金額相場

出典: https://kashiko-ohaka.com

まず、一周忌についての金額相場は3万円から5万円程度とされています。一周忌は故人が亡くなってから1年後に催される法要であり、他の法要よりもお布施の金額相場がやや高めになっています。故人が亡くなって1年が経過する頃に再度故人を弔う意味合いがあります。ここでもお坊さんに対して感謝の気持ちを示すために、お布施を渡すのがマナーです。

三回忌の金額相場

出典: https://you-know-m.com

続いて、三回忌のお布施の金額相場について確認していきます。三回忌とは一周忌の次に行われる法要のことであり、一周忌の翌年に行われる法要のことです。その三回忌のお布施の金額相場としては1万円から5万円程度と言われています。一周忌よりはやや安めにしても問題ありません。いずれにしても、お坊さんに対する感謝の気持ちを示すことが重要です。

お盆の金額相場

出典: https://reset-soul.com

さらに、お盆の金額相場についても確認していきます。お盆の場合は5,000円から1万円程度がお布施の相場とされています。お盆には亡くなった方が、あの世からこの世に一時的に戻ってくるとされています。その際に、お坊さんにお経を上げてもらう場合は、お布施を渡すのがマナーです。特にお経を上げてもらわなければ、お布施を渡さなくても大丈夫です。

水子供養の金額相場

出典: https://yorozudailynews.blog.so-net.ne.jp

続いては、水子供養の際のお布施の金額相場について確認していきます。水子供養とは、生まれたばかりの赤ちゃんや流産などによって亡くなってしまった胎児に対して行われる供養の方法です。その場合のお布施の金額相場としては1万円から3万円程度とされています。水子の母親などが希望して行われることも多く、子供を供養するための法要となります。

永代供養の金額相場

出典: https://xn--t8j1jva9ig0jxgycv870d.jp

永代供養の金額相場についても確認していきます。永代供養は戒名をいただき、位牌を作成して行われる一般的な葬儀のことであり、形として残るものを指します。永代供養では、お布施の金額相場として3万円から5万円程度が一般的です。水子供養の場合はご遺骨がありませんが、永代供養ではご遺骨があります。その辺の違いも理解しておくことが賢明です。

お宮参りの金額相場

出典: https://shuukatsu.life

続いては、お宮参りのお布施の金額相場についてご紹介していきます。お宮参りについては、5,000円から1万円程度が一般的なお布施の金額相場だと言われています。お宮参りは生まれてきた赤ちゃんを祝福する場として行われる行事です。お宮参りではお布施ではなく、初穂料(はつほりょう)という呼び方をします。初穂料を渡す目的はお布施と同じです。

お布施についての理解促進

出典: https://sousai-kankon.com

お布施としてお坊さんに渡すお金について、新札が良いのか旧札が良いのかの理解をしておくことが重要です。その上で、法要に応じた金額相場も理解しておくことが求められます。一定の相場を理解しておくことで、実際に渡すお布施の金額を決めやすくなります。新札の準備と合わせて、適切なお金を用意しておくことで、感謝の気持ちを示すことができます。

Thumb法事のお布施の相場金額はどれくらい?袋の書き方や渡し方も解説!

お布施袋へお金を入れる向きは?

お札を入れる向きも確認

出典: https://reset-soul.com

お布施には新札と旧札のどちらが良いのかを理解した上で、可能な限り新札を準備してお坊さんに渡すようにすることが求められます。その新札の入れ方として、お布施袋へ入れる向きについてご紹介していきます。葬儀の際にはさまざまなマナーがありますが、お札を入れる向きにも注意が必要です。適切に対応することが、誠意ある行動につながっていきます。

肖像画が表に来るように

出典: https://you-know-m.com

お布施のお札の入れ方として、お札に肖像画が印刷されていますが、肖像画の印刷されている側が表にくるように入れるのがマナーです。さらに、お札の金額が印刷されている方を先に封筒の中に入れて、肖像画が印刷されている方が、封筒の締め口側に来るようにするのが適切な入れ方となります。これが基本的な入れ方となるので、覚えておくことが重要です。

香典とは反対の向きになるので注意!

出典: https://www.amazon.co.jp

葬儀の場合の香典では、お札に印刷されている肖像画が裏面に来るようにしていれるのがマナーとされています。お布施についても、弔事の際に渡すお金なので香典と同様の入れ方をすると考えている人が少なくありません。実際には、香典の時と反対向きに入れるのがお布施の入れ方です。この辺のポイントにも注意しつつ、適切な入れ方をすることが大切です。

慶事と同じ入れ方

出典: https://niigatashi.net

お布施について、何か不幸があったというよりはお坊さんに対しての感謝の気持ちを示すために渡すものです。つまり、お祝い事となる慶事の際の入れ方と同じ入れ方をすれば良いのです。葬儀では香典と一緒にお布施を用意することもあるので、入れ方に迷ってしまうケースもあります。両者の入れ方は反対になると覚えておくことが正しい行動につながります。

入れ方をお気にしないお坊さんも多い

出典: https://memories-in-time.net

一般的なマナーとして、お布施の入れ方やお札を入れる向きを覚えておくのがポイントです。一方で、近年の葬儀やお寺では、お札の入れ方まで気にしないお坊さんが増えているという実態もあります。マナーはマナーとして覚えておくことが重要ですが、お坊さんとのコミュニケーションも重要です。お札の入れ方についても相談してみるのがおすすめです。

お布施はあらかじめ準備を

出典: https://kashiko-ohaka.com

お布施については、あらかじめ準備しておくのが良いとされています。旧札ではなく新札を準備してお坊さんに対しての感謝の気持ちを示すことがポイントです。香典の場合は、故人のご冥福をお祈りするという意味もあるため、お札の入れ方には特に注意を払う必要があります。お布施は不幸ではないので、香典とは反対向きになると認識することが重要です。

お布施の渡し方やマナーを紹介!

マナーを守った行動

出典: https://osoushiki-guide.net

お布施については、入れ方や金額相場も覚えた上で、できるだけ旧札ではなく新札を準備して感謝の気持ちを伝えることが求められます。その上で、お布施の渡し方やマナーについても具体的に解説を行っていきます。お布施はあらかじめ準備しておくことが重要ですが、渡し方にもマナーがあります。そのマナーを守って、適切な行動につなげることが大切です。

お布施を渡すタイミングはいつ?

出典: https://driver-times.com

まず、お坊さんにお布施を渡すタイミングについてですが、特に決まりがあるわけではありません。一般的には葬儀が始まる前に、お坊さんに挨拶をするタイミングでお布施を渡す方が多くなっています。葬儀終了後に感謝の気持ちを込めてお布施を渡しても問題ありません。渡すタイミングというよりは、感謝の気持ちを示す手段として渡すことが重要です。

切手盆にのせて渡す

出典: https://kufura.jp

お布施を渡すタイミングについて明確な決まりがあるわけではありませんが、渡し方として切手盆に乗せて渡すことがマナーとされています。基本的にはお布施を袱紗に包んで持ち運ぶのが一般的なマナーです。切手本でお布施を持ち運び、袱紗からお布施を取り出してお坊さんにお渡しします。この一連の流れを覚えておくと、スムーズな行動につながります。

袱紗は重要なアイテム

出典: https://www.creema.jp

万一、切手盆がない場合は、袱紗の上にお布施を乗せて差し出しても問題ありません。切手盆に乗せるというのは可能な限り行った方が良いとされるマナーであり、絶対にやらなければならないという類のものではありません。その点において、袱紗を準備しておくのが重要です。切手盆がない場合にも役立つアイテムとして、袱紗は重宝することができます。

自宅で法要を行う場合

出典: http://www.nagomi1ban.com

お布施を切手盆やお盆に乗せて渡すというのは、一般的に自宅で法要が行われる場合です。お盆についてはお布施を乗せられる程度の小さいサイズのもので問題ありません。お盆を持ち歩くのは大変なことでもあるので、別会場で法要を行う場合は無理に用意する必要がありません。自宅で法要を行う際のマナーとして、小さめのお盆を用意しておくのが賢明です。

袱紗の活用

出典: https://shop-list.com

自宅で法要を行う場合は、そのマナーとして切手盆や小さめのサイズのお盆を用意しておくことが重要ですが、それ以外のケースでは、袱紗に包んでおけば問題ありません。お坊さんにお布施を渡すタイミングで袱紗の中から取り出せば、マナーに則った渡し方となります。袱紗を広げた状態にしてお布施をおき、それと同時にお坊さんに渡すことが有効です。

適切な渡し方を実行

出典: https://you-know-m.com

お布施の渡し方としては、切手盆と袱紗の両アイテムがカギを握ると覚えておくのが賢明です。切手盆を用意できるのであれば、切手盆を活用するのがおすすめです。必ずしも切手盆がなければいけないというわけではなく、袱紗を利用した渡し方でも問題ありません。どちらであれば対応できそうかを判断した上で、適切な渡し方につなげていくことが重要です。

お布施を包む袱紗は何色が好ましい?

マナーや考え方の理解

出典: https://www.amazon.co.jp

旧札を使うか新札を使うか、入れ方や書き方はどうすれば良いか、お坊さんに渡すタイミングや渡し方についてのマナーなど、お布施についてはさまざまな考え方やマナーが存在しています。その一つ一つのマナーや考え方を理解することで、適切な行動へとつなげていくことが求められます。さらに、お布施を包む袱紗について具体的に解説をしていきます。

袱紗とは何か?

出典: https://www.niwaka.com

まず、袱紗とは何かについての考え方からご紹介していきます。袱紗とは、贈答品として金品を贈る際に利用する小さな布のことを指しています。素材としては絹や縮緬で作られていることが多く、金品を包むためのアイテムとして重宝されています。袱紗はふわっと包めるようになっていることから、日本人としての奥ゆかしさや思いやりなどを表現しています。

冠婚葬祭に役立つ

出典: https://kufura.jp

基本的に慶事や弔事などの行事がある場合には、金品を包むことがマナーとされています。その際に活躍するのが袱紗の存在であり、優しさや思いやりの詰まったお金として手渡すことが求められます。冠婚葬祭では確実に必要となるので、1つ用意しておくのがおすすめです。袱紗を用意しておくことで、突然の訃報にも慌てることなく対応することができます。

シックな色を選ぶと良い

出典: http://www.osohshiki.jp

冠婚葬祭に役立つ袱紗ですが、色の選び方としては、シックな色を選択するのが賢明です。慶事や弔事に両方使えるものとしては紫色などの袱紗が好まれます。明るすぎず地味すぎず無難な色としてシックな色がおすすめです。袱紗を何個も用意できれば明るめや暗めで分けて購入しても問題ありません。そうでなければ、シックな色を選択するのが効果的です。

柄物の袱紗は避ける

出典: https://shop-list.com

また、袱紗の選び方として、柄物の袱紗を選択するのはそれほどおすすめできません。特に葬儀や法要の際に持ち運ぶ袱紗として柄物は相応しくありません。色が暗めの色であっても、柄が入っているだけでマナー違反とされてしまいます。結婚式などのお祝い事であれば花柄や刺繍の入った袱紗も素敵ですが、お布施に包む袱紗としては適切ではありません。

慶事用か弔事用か

出典: http://www.citydo.com

袱紗の考え方として、慶事用と弔事用で分けて考えることがポイントです。慶事用であれば、赤やオレンジ、朱色や桃色といった暖色系の色を利用しても問題ありません。一方で、法要や葬儀のような弔事用では、青色や紺色、緑色や灰色、うぐいす色といった寒色系の色が好まれます。そうした違いも意識しつつ、袱紗の色を選択していくのがおすすめです。

男女での色の違い

出典: http://sohya-tas.com

また、袱紗の選び方として男女の色の違いに着目してみるのも効果的です。慶事と弔事の兼用の袱紗として、男性であれば紺色や青色、女性であればエンジ色が好まれます。これは男女それぞれで専用となる色味なので、反対の色を使うことはマナー違反とされています。しっかりとマナーについての認識を深めておくことで、適切な色を選択することが重要です。

紫色は使い勝手が良い

出典: https://item.rakuten.co.jp

男女に関係なく、さらに慶事、弔事ともに使える袱紗の色は紫です。シックな色としてもおすすめすることができますが、冠婚葬祭全てに使い勝手の良い袱紗が紫色の袱紗となります。紫色の中にも薄い紫と濃い紫がありますが、弔事用であれば濃い紫色が好まれます。いずれにしても紫色は使い勝手の良い袱紗として、1つ持っておくことをおすすめします。

無地の袱紗がおすすめ

出典: https://www.monotaro.com

紫の袱紗であれば慶事用に利用することも可能です。慶事と弔事では袱紗の開き方が異なります。したがって、刺繍の入った袱紗については、慶事と弔事で絵柄が反対になってしまう可能性があるのです。そのため、上下がわかりやすい袱紗については慶弔兼用としておすすめできません。兼用にはできるだけ無地の袱紗を購入しておくのが賢明な判断と言えます。

相手に与える印象も考慮

出典: https://nanapi.jp

お布施を包む袱紗として、どういったタイプの袱紗が良いのか色や柄に注意をして選択することが重要です。ちょっとしたことではありますが、マナーを守って法要に臨んだ方が自分としても気分が良いですし、相手に与える印象も良くすることができます。まずは、シックな色や無地のデザインを選択することを念頭において、袱紗選びを進めることが有効です。

お布施には新札を使用してマナーを守って失礼のないようにしよう!

出典: https://reliable-info.com

お坊さんに渡すお布施について、マナーを中心に具体的な解説を行ってきました。お布施には旧札ではなく、新札を準備して渡すことが賢明です。その辺のマナーやお札の入れ方も理解した上で適切な行動を取っていくことが重要です。さらに、袱紗やお布施袋の書き方も理解しておくことが求められます。お布施の渡し方を理解して適切な行動につなげましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ