法事での女性の服装は?平服・喪服の場合やアクセサリーなどのマナーも解説!

法事は葬儀と違い案内状が事前に届くので準備もしやすいですが、法事に相応しい服装かどうか悩む女性も少なくありません。実際に冠婚葬祭の場において、服装などのマナーは非常に重要です。今回は法事における女性の服装について、平服・喪服の場合やマナーなどをまとめています。

法事での女性の服装は?平服・喪服の場合やアクセサリーなどのマナーも解説!のイメージ

目次

  1. 法事での女性の服装を解説!平服・喪服の場合やアクセサリーなどのマナーも!
  2. 法事での服装で気を付けることは?
  3. 法事での女性の服装・喪服の場合
  4. 法事での女性の服装・喪服にスーツを着用する場合
  5. 法事での女性の服装・喪服にパンツスーツはOK?
  6. 法事での女性の服装・喪服の靴やバッグ
  7. 法事での女性の服装・喪服のアクセサリー・メイク・髪型
  8. 法事での女性の服装・平服の場合
  9. 法事での女性の服装まとめ!

法事での女性の服装を解説!平服・喪服の場合やアクセサリーなどのマナーも!

出典: https://www.urban-funes.com

冠婚葬祭における相応しい服装について悩む方は少なくありません。実際に、法事に相応しくない服装をすると恥ずかしい思いをするだけではなく、故人の親族にも迷惑がかかります。ここからは法事での女性の服装について、平服・喪服の場合やマナーなどを紹介していきます。

法事での服装で気を付けることは?

法事の女性の服装のマナーとは?

出典: https://www.tescom-kireilab.jp

法事などの冠婚葬祭はマナーが非常に重要になります。特に法事の服装に関しては、その場に相応しい服装をする必要があり、マナーなども非常に複雑です。場違いな服装をしていると悪目立ちするので適切な服装を知っておくことが大切です。

三回忌までは喪服?

出典: https://neverendingstory.jp

法事は基本的に葬儀と同じ服装になるので、喪服が法事の服装として正しいと言われています。しかし、七回忌以降は親族・身内だけで行うことも多いので平服でも良いとされていますが、事前に相談して決めておく方が無難です。

七回忌以降は簡略化していく?

出典: http://flandre-magazine.com

先程のように基本的には親族・身内以外にも参列者がいる場合、喪服であることが一般的ですが、七回忌以降は友人であったとしても親しい方が多くなるので、平服など簡略化されていくことも多いです。法事の案内状にも「平服で」と記載されていることが多いです。

「平服可」でも略礼服が無難

出典: https://belcy.jp

法事の案内状によく「平服」と記載されていることが多いですが、基本的には略礼服を着るのが無難とされています。実際に七回忌以降の法事に、故人の親族・身内以外で呼ばれることも少ないので、法事には略礼服を着ると考えておいた方が良いです。

法事の女性の服装はフォーマルが基本

出典: http://www.sougi-souzoku.com

基本的に法事も冠婚葬祭の行事であるためフォーマルな服装をすることが求められます。礼服があれば礼服を着ていく方が無難ですし、平服でもカジュアル過ぎる服装は適しません。迷ったら施主や話しやすい親族に相談してみるのもおすすめです。

地域の風習によって異なるので注意

出典: https://tap-biz.jp

このような法事の案内や服装に関しても地域ごとの文化が非常に根強く残っていることもあり、七回忌以降の法事の服装も喪服で行う場合もあります。このように結婚して地元を離れる場合などはその地域にある法事の慣習を知っておくことが大切です。

法事の女性の服装は略礼服がベター

出典: https://www.bellemaison.jp

ここまでのように、冠婚葬祭の中でも法事は親族・身内のみで行うことも多く、経験する機会がなかなか無いため法事の服装に迷う人も少なくありません。基本的なスタイルは略礼服になることをしっかり把握しておくことが大切です。

場違いな格好だと迷惑をかけることに

出典: https://www.monoir.jp

年を取るにつれ、法事を経験することも多くなるので、しっかりとした知識として「法事の服装のマナー」などを知っておくことが大切です。実際に場違いな服装をすると多くの人に迷惑がかかることもあります。

法事での女性の服装・喪服の場合

法事の女性の服装も七回忌以降は簡単になる

出典: http://pliquabook.com

男性と違い、女性は法事の服装のマナーが非常に多いため大変です。基本的には法事の服装は略礼服を着ますが、先程のように七回忌以降など回数が増えるに連れて、法事の女性の服装も簡略化していきます。

ブラックフォーマル

出典: https://www.monoir.jp

基本的には女性の法事の服装も黒色のスーツなどの略礼服を着るのが一般的です。三回忌までは喪服と同じ黒色の光沢がないスーツなどを着ますが、七回忌以降は黒色から少しずつ色を落としていきグレーなどの服装にしていきます。

夏でも半袖はNG

出典: https://www.creema.jp

法事の服装で注意が必要なのは夏などの暑い時期に開催される際です。このような場合でも男性・女性関係なく法事の服装の半袖はNGとされているので注意が必要です。スーツなどのジャケットを脱げる服装がベターとも言えます。

ストッキング着用でタイツ・生足はNG

出典: https://www.monoir.jp

女性の法事の服装の基本としては黒色のストッキングを着用することです。タイツや生足はNGとされており、また丈が短いタイプのストッキングも座ったときに地肌が見えるのでNGとされています。

革製品は控えよう!

出典: https://hokuohkurashi.com

女性の法事の服装で気をつけたいポイントは革製品などを身に付けないことです。これも基本的には夏の半袖と同様に、法事が終われば身に付けても良いとされていますが、念のため最初から身に付けないのがベターです。

コートは毛皮はNG・会場の外で着用

出典: https://www.monoir.jp

革製品と同様に毛皮のコートも法事の服装には相応しくありません。この革製品などが相応しくない理由としては殺生をイメージするというものです。コートも基本的には毛皮を避けた方が良く、着て来てしまった場合は会場の外で脱ぐのが基本です。

法事の女性の服装をしっかり把握しよう

出典: http://yougo-girl.com

ここまでが基本的な法事の服装のルールになります。内容としては何となく聞いたことがあるようなものも多いですが、実際に喪服・略礼服以外で参列することも少なくありませんので、しっかりとマナーを把握することが大切です。

法事の服装のマナーを知ろう!

出典: https://www.monoir.jp

まずは基本的な礼服などのマナーを知ることが大切です。マナーとは相手がどう思うか・どう感じるかを重視することとなり、相手を気遣うことでもあります。マナーの基本を知ることでスーツや靴などの応用も可能になります。

法事での女性の服装・喪服にスーツを着用する場合

法事の服装でスーツはOK?

出典: https://www.cecile.co.jp

社会人になれば、法事などの服装がスーツであることも少なくありません。しかしビジネススーツと礼服は構造や生地などが大きく異なるので、しっかりと「法事の服装」として相応しい服装をすることが大切です。

光沢のないブラックスーツ

出典: http://blog.qooton.co.jp

基本的なビジネススーツと礼服の大きな違いとして、スーツには光沢が出るような加工がしてあるものも存在することです。このような加工がされているスーツを着て喪服の集団に紛れると、非常にスーツが目立ってしまいます。また、光沢があるスーツはグレーに見えるため、スーツを着る際には光沢がないスーツを選ぶことが大切です。

インナーのシャツ・ブラウス白はNG

出典: https://oki-memorial.org

法事の女性の服装でスーツを着る場合は、インナーのシャツやブラウスも黒が基本になります。男性の場合は黒だと威圧感があり、他の色だとカジュアルな印象になってしまいますが、女性の法事の服装としては黒が最も相応しいとされています。

法事の女性のスーツは肌を見せない

出典: http://www.good-manner.jp

基本的に法事の女性の服装がスーツスタイルであったとしても、地肌は極力見せないようにするのが一般的なマナーです。そのため黒いストッキングと襟があるブラウスなどが好まれます。

基本的には女性のスーツはやめた方が良い

出典: https://www.tescom-kireilab.jp

ここまでのようにブラックスーツであれば、法事の際の服装として良しとされていますが、基本的に礼服を選んだ方が無難であり、おすすめです。実際にスーツで参列すると、スーツ独特の光沢が目立ってしまうこともあります。

三回忌まではスーツは控える

出典: https://www.bikatsu-lab.com

基本的に三回忌までは葬儀と同じ服装をする必要があります。そのため三回忌までは礼服を着るようにして、スーツを着るのは七回忌以降にするのが無難です。もし周囲が礼服で自分だけスーツだと、悪目立ちしてしまう可能性もあります。

法事の女性のスーツは失敗しやすい

出典: http://blog.qooton.co.jp

法事の服装としてスーツをイメージする方も多いですが、女性の場合、仮にスーツで参加するとしても注意点も多くあり、スーツスタイルの細かいところまで気を遣う必要があるため、礼服で参加した方が無難であると言えます。

法事の女性の服装では七回忌以降にスーツを着る

出典: https://you-know-m.com

仮にスーツなどで参加する場合は「平服」と指定がある七回忌以降に着るのがおすすめです。本来、平服は私服で参列しても良いという意味ですが、カジュアル過ぎる服装よりもスーツの方が良いとされています。

法事での女性の服装・喪服にパンツスーツはOK?

女性の法事の服装でパンツスーツはあり?

出典: https://www.monoir.jp

七回忌以降で法事の服装が簡略化される場合であればスーツを着用することも増えますが、法事の服装で注意が必要なのは女性のパンツスーツです。この「法事の服装」がパンツスーツであることは非常に意見が分かれる内容です。

一般的には避けた方が無難

出典: https://you-know-m.com

基本的に女性の法事の服装は黒地のワンピースやアンサンブルとなり、スーツを着用する場合でもスカートが基本です。そのためパンツスーツの服装は避ける方がベターです。実際にパンツスーツしか持っていないという方もいますが、あまり好ましくありません。

赤ちゃんのお世話がある・寒冷地など着用が認められる場合も

出典: https://www.niau.jp

基本的にこの法事の服装で女性のパンツスーツは好ましくありませんが、場合によっては認められることもあります。法事は親族・身内が準備しますし、何かとバタバタすることが多いので動きやすいようにパンツスーツを良しとすることもあります。また寒い地方であればパンツスーツが認められていることもあります。

迷ったら親戚などに相談を

出典: http://voi.0101.co.jp

このような例外もあるので、迷ったら施主や親戚に相談することがおすすめです。法事の際の服装などは施主である親戚がどう思うかが最も重要になります。七回忌以降であれば身内でない限り招待されることも少ないですが、迷ったらまずは確認することが無難です。

法事も七回忌以降であれば着やすい服装

出典: https://thisiswhoiam.jp

本来であれば三回忌までの「法事の服装」は葬儀のときと同じものを着ることが多く、問題となるのは七回忌以降です。実際に七回忌以降は喪服である黒色からグレーなどへ少しずつ色を落としていく習慣もあります。このように簡略化された場合であればパンツスーツなども着やすくなります。

法事には全員礼服である機会もある

出典: https://you-know-m.com

七回忌以降の法事は身内・親族だけで行うことが多いので、気軽に施主に相談するのがベターです。法事の中には特別な場合もあり、そのような場合は全員礼服のケースもあるため、しっかりと案内状などを確認することも大切です。

三回忌までは女性のパンツスーツはNG

出典: https://you-know-m.com

ここまでのように、法事の女性の服装において「パンツスーツ」を着るのは一般的に避けた方が無難です。特に自分の親族・身内以外の法事で「三回忌まで」であればNGと考えるのがおすすめです。

地域によって法事の重要性も異なる

出典: https://www.monoir.jp

ここまでのように、一般的には七回忌以降であったり、特別な事情がある場合はパンツスーツなどでも良しとされていますが、法事を重んじる地域もあるので注意も必要です。法事の存在を非常に大事としている地域ではスーツなどではなく、礼服を着るのがマナーになります。

法事での女性の服装・喪服の靴やバッグ

女性の靴やバッグは何が相応しい?

出典: https://www.shimamura.gr.jp

法事の女性の服装で注意が必要なのは礼服やスーツだけではなく、それに合わせる靴やバッグも大切です。服装のみならずバッグなどの持ち物や靴などの足元も意外と目につくため、どのような靴・どのようなバッグが相応しいか把握することも重要です。

正式には布製のもの

出典: https://norikodiary.com

基本的には先程もありましたように、靴やバッグも革製品は控えるのがマナーです。そのため靴やバッグは布製のものを選ぶのが一般的です。あまり靴やバッグは目立たないと思っている方も多いですが、「皆がマナーを守っている」ことが基本である法事の場では非常に目立ちます。

金具のない・光沢のないものを

出典: https://yaplog.jp

基本的に法事の服装に合わせる場合の靴やバッグは派手さを抑えて目立たないようにすること大切です。エナメルなど光沢のある靴やバッグは相応しくありませんし、金具が多い靴などもあまり好ましくありません。控えめな靴やバッグを選ぶことが大切です。

革靴は避けるのがベター

出典: https://mayonez.jp

法事の服装で失敗してしまうことが多いのが革靴です。先程のように革製品は殺生をイメージするため、法事の場においては好ましくないとされています。また、革靴は磨いていると光沢がより出てしまうこともあるので、法事では革靴を避けるのがベターです。

女性の靴はヒールの高さに注意しよう

出典: https://www.monoir.jp

法事の女性の服装で注意したいのは「靴のヒールの高さ」です。法事の場において、あまり目立つような格好は好まれないため、ヒールが高い靴は相応しくないとされています。法事の服装の場合、女性の靴の高さはパンプスなどを目安にすると良いです。

女性の靴の装飾にも注意!

出典: https://www.washington-shoes.co.jp

他にも法事の際の女性の服装で注意したいのは、女性の靴特有の装飾です。もちろん法事の際の靴は基本的に黒色ですが、黒色の靴でも小さく可愛らしいリボンなどの装飾がついていることもあります。布製で目立たない靴でも装飾がある靴は避けた方が良いです。

基本的には目立たない服装を選ぶ

出典: https://isetan.mistore.jp

ここまでのように法事の服装の基本をしっかりと押えておけば、靴やバッグも自信を持って選ぶことができます。基本的には目立たない服装と、それに相応しい靴やバッグを選ぶことが大切です。

服装は見た目以外の部分も重要

出典: https://lee3900777.muragon.com

実際にヒールなどの高い靴は目立つだけでなく、長時間立つことも多い法事においては、そのような意味でも相応しくないと言われています。このように見た目以外の部分も考えて選ぶことが大切です。

法事での女性の服装・喪服のアクセサリー・メイク・髪型

法事の服装でアクセサリーはOK?

出典: https://sousai-kankon.com

続いて法事の際に重要となるのが女性の髪型やアクセサリーなどです。アクセサリーなどはその場に相応しいものを選べば良いですが、髪型などは急には変えることもできないので、あらかじめ知っておくことが大切です。

基本的に結婚指輪以外は着用しないように

出典: https://kinkaimasu.jp

法事の際の服装で、アクセサリーに関しては基本的に指輪なども着用しないのがマナーとされています。アクセサリーの中でも結婚指輪は着用しても大丈夫とされているので結婚指輪以外は外すのがベターです。

パールやブラックオニキスはOK・ただし二連のネックレスはNG

出典: http://www.wsp.ne.jp

基本的に法事の服装においてアクセサリーは着用しないのが基本ですが、パールに関しては例外とされています。パールは「涙」をイメージさせるため、悲しみの象徴として相応しいと言われています。他の素材ではブラックオニキスも可とされています。しかし、二連のネックレスは「不幸が重なる」という意味になるので控えるものとなっています。

メイクはシンプルにネイルは落とす方が無難

出典: https://www.lifedot.jp

女性の法事の服装で度々議論に上がるのがメイク問題です。基本的には派手なメイクは相応しくないと言われているのでなるべくシンプルにするように心がけます。特に注意したいのがネイルです。おすすめではないものの「平服の場合」であれば仮に良しとされても、基本はネイルを落とすのがマナーとされています。

髪の毛に黒のシンプルな飾りならOK

出典: http://ami-diary.net

女性の髪型における注意点としては、短い髪型の方が良いとされています。そのため長髪の髪型である場合はヘアゴムなどでまとめることが大切です。この際に髪飾りなどを使って髪型を固定する人もいますが、それにおいても黒色でシンプルなものであれば問題ないとされています。

女性の明るい髪色はどうする?

出典: http://www.sougi-souzoku.com

髪型で次に重要になるのが髪色です。ヘアゴムなどで髪型は変えられますが、髪色に関してはそれなりの対策が必要です。法事に相応しくない髪型・髪色の場合は事前に髪型を直すか、明るい髪色の場合はヘアスプレーなどで色を目立たなくさせることが重要です。

相応しい女性の髪型を知っていると便利

出典: http://www.sougi-souzoku.com

法事は年に何回もあるわけではないので、その都度髪型を変えるのも手間になります。そのため、髪色が明るい場合はスプレーが1つ家にあるだけで対応もできますし、法事の服装に適した髪型を知っていればそれなりの対応をすることもできます。

おすすめの髪型はシニヨン

出典: http://geinou-ura.com

短髪でない場合の「女性の法事の髪型」と言えば、ヘアゴムでまとめたポニーテールかハーフアップの髪型であることが多いです。しかし、このような髪型だと焼香のときに邪魔になる可能性もあります。そこでおすすめな法事の際の髪型は「シニヨン」か「お団子」です。

目立たないように注意することが大事

出典: http://geinou-ura.com

法事に相応しい服装をしていても、髪型やアクセサリーで雰囲気を壊してしまう恐れもあります。自分では自覚がなくても、派手な格好になってしまっているとあまり印象は良くありません。特に髪型やアクセサリーは目立つので客観的な注意が必要です。

基本的な考え方は同じ

出典: https://kyo-ya.net

基本的に法事の場合の髪型はシニヨンにして、アクセサリーもパールを使うか身に付けないようにしておけば問題はありません。また七回忌以降の平服の場合でも、基本的な服装の考え方は同じになるので髪型なども同様に注意することをおすすめします。

法事での女性の服装・平服の場合

平服とはどのような服装?

出典: https://www.niau.jp

法事の際に最も困るのが案内状に「平服でお越しください」と記載がある場合です。実際に三回忌の案内でもこの「平服」という内容が記載されている場合もあり、男性でもどのような服装が良いか悩みますが、女性の方は特に「どのような服装が良いか」迷う方も少なくありません。

平服とは普段着のこと?

出典: https://happy-topic.com

平服とは一般的な辞書の意味だと「普段着」という意味になりますが、法事の服装となると意味が違ってきます。法事の服装の平服はスーツなどを意味し、基本的に三回忌までは案内状に「平服」と記載があったとしても葬儀と同じ礼服を着るのが普通です。

黒・濃紺・グレーのワンピースやアンサンブルで

出典: http://www.osohshiki.jp

女性の場合、スーツでも可能ですが、ワンピースやアンサンブルなど法事の服装として相応しいものを選びます。七回忌以降の法事の平服は、黒色から少しずつ色を薄くしていくという習慣もあります。実際には七回忌以降に集まるのは身内・親族だけになるので迷ったら施主に確認するのが無難です。

スーツのインナーシャツは白でも大丈夫?

出典: https://memories-in-time.net

法事の女性のスーツスタイルにおいて、平服時のインナーシャツは意見が分かれます。七回忌以降の平服の場合はインナーシャツは白でも可能と言われていますが、地域や状況によって変わるので注意が必要です。

地域によって違いがあるので注意!

出典: https://www.cecile.co.jp

先程のように、地域によっては法事の服装にとても厳しいこともあるので、迷った場合は相談するのがおすすめです。実際に平服でもインナーシャツで白はNGということもあります。当日になって何か言われるより事前に確認する方がベターです。

あまり厳しくない平服の場合

出典: https://www.niau.jp

ここまでは一般的な法事の服装についてみてきましたが、実際のところは家庭などの状況によっても大きく変わります。七回忌以降は身内だけで行うことがほとんどなので、準備がしやすい格好が好まれることも多いです。

服装などで迷ったら葬儀と同じ服装を

出典: https://www.tsuruya-dept.co.jp

法事の女性の服装は悩むことが多いです。重要なことはその場に合った服装をすること、そして三回忌までは葬儀と同じ服装をするということを覚えておくと良いです。葬儀のときの髪型や服装などが法事において相応しくないことはありません。

基本を知れば失敗は減る

出典: https://sousai-kankon.com

問題になってくるのは平服で出席する七回忌以降ですが、これも参加する人が親族や身内になるので、迷って失敗するのであれば事前に確認する方が安全です。今回のように法事における女性の服装を基本的なことから把握していけば失敗も少なくなります。

Thumb法事の服装マナーまとめ!男性・子供・女性・身内だけの場合別に紹介!

法事での女性の服装まとめ!

出典: http://www.fuji-sosai.co.jp

今回は法事に関する女性の服装について、平服・喪服の場合やマナーなどを紹介してきました。実際に法事の服装で気をつけるべきことは「三回忌までは葬儀と同じ服装をする」ということです。また、七回忌以降になって服装で迷った場合は「親族に相談する」ことがおすすめです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ