法事の服装マナーまとめ!男性・子供・女性・身内だけの場合別に紹介!

意外に迷うのが法事に着ていく服装です。葬儀では喪服を着用しますが、法事ではどうすればいいか。ポイントは、施主や僧侶に失礼のないように配慮することです。しかし、そうはいってもわかりにくいので、男性、女性、子供ごとに服装を考えてみましょう。

法事の服装マナーまとめ!男性・子供・女性・身内だけの場合別に紹介!のイメージ

目次

  1. 法事の服装マナー!場合別に解説!
  2. 法事の服装でよく言う平服って何?
  3. 法事の服装で男性が気をつけるべきこと
  4. 法事の服装で女性が気をつけるべきこと!ストッキングの色は?
  5. 法事の服装で子供の場合はどうする?
  6. 法事の服装は身内だけで行う場合でもカジュアルな服はNG?
  7. 法事の服装マナーまとめ

法事の服装マナー!場合別に解説!

出典: https://www.monoir.jp

葬儀と同様に、法事に着ていく服装にもマナーや決まりがあります。そのマナーや決まりに反した服装を着ていけば、顰蹙を買うし、自分自身も恥ずかしい思いをします。しかし、どのような服装が法事に適しているのかは意外に知らない場合もあります。そこで、今回は、法事に着ていくべき服装について、場合別に解説します。

法事の服装でよく言う平服って何?

平服とは?

出典: https://www.e-sogi.com

「平服でお越しください」と法事の案内状に書かれていることがよくあります。平服とは、普段着のことですが、普段着と言ってもカジュアルな服装ではありません。同じ普段着でも公の場に適した服装のことです。具体的には、略礼服のことを平服と言います。正式の礼服でなくてもいいですよということです。

法事での平服

出典: https://www.monoir.jp

法事で平服をと言われた場合は、ダークスーツを着ていけば大丈夫です。ダークスーツと言ってもいくつか種類がありますが、黒のダークスーツが理想です。もし準備ができなければ、濃紺のダークスーツでもなんとかなります。ワイシャツの色は必ず白にします。ストッキングは黒のような濃い色にします。

女性の場合の平服

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

平服は、男性でも女性でも略礼服のことですが、持っていない場合は、黒のワンピースを着用するといいでしょう。濃いグレーのワンピースでも構いません。要は、暗い色にするということです。明るい色のワンピースでなければ、用をなします。

女性はストッキングにも注意

出典: https://iyec.omni7.jp

平服でと言われた女性は、ストッキングの選び方も大事です。普通は、法事という場を考えて、黒のストッキングを選択します。他の濃い色のストッキングは使用しません。また、ストッキングの厚さも薄手のものにします。肌が隠れすぎず、うっすらと透けて見えるものがおすすめです。

カジュアルな服装について

出典: http://udemakuri.com

平服がカジュアルな服装でないことはすでに説明しましたが、身内だけの行事の場合、多少カジュアル感が出ていても許される場合があります。さすがに、Tシャツ、ジーンズというわけにはいきませんが、カジュアルな服装でもいいという場合がないわけではありません。しかし、法事や結婚式の平服は、カジュアルであってはいけません。

急なお悔やみで礼服がないときは?

出典: https://www.monoir.jp

お通夜や葬儀はいつ行われるか予想がつきません。あまりに急な出来事だと、礼服(喪服)が準備できないことがあります。そのような場合は、どうすればいいのでしょうか。基本的に葬儀は礼服で出席しなければいけません。どうしても準備できなければ、貸衣装店で礼服をレンタルするといいでしょう。

お通夜の服装は礼服でなくても大丈夫

出典: https://www.koekisha.co.jp

お通夜の場合は、さすがに準備が間に合わない場合も多いので、礼服の着用が義務づけられてはいません。普段着でもOKとされています。と言っても、当然カジュアルな服装はダメです。男性ならば、できるだけ暗い色のスーツを身につけます。てかてかと光るものもいけません。模様などもないほうがいいです。礼服がなくても、できるだけ礼服に近くします。

できれば黒のネクタイを購入する

出典: https://item.rakuten.co.jp

お通夜に礼服は間に合わないことが多いですが、黒のネクタイだけでも準備しましょう。少なくとも、ネクタイだけでも弔意を示し、弔事にふさわしいものにするのです。黒のネクタイはコンビニや駅の売店で売っていることが多いです。コンビニによってはない場合もありますが、駅の売店のほうは用意してある可能性が高いです。

女性で礼服がない場合の服装

出典: https://hoji.biz

男性でも女性でもお通夜の服装の考え方は同じです。やはり、礼服がない場合は、礼服に近い黒いワンピースを選びます。もちろん模様なしです。また、ブラウスも黒がいいですが、なければ白で代用しても構いません。ただ、お通夜という場であるので、肌を見せないようなものにする必要があります。ストッキングも黒が理想ですが、なければ肌色にします。

アクセサリー類は外して

出典: https://peragami.com

お通夜の場にピカピカ光るものはふさわしくありません。女性はおしゃれのためにアクセサリー類を身につけますが、お通夜に参列するときは外しましょう。後でまた身につければいいだけなので、特に困ることはありません。

服装が作業着や私服の場合はどうする?

出典: https://www.amazon.co.jp

作業着や私服を着ていてもお通夜に駆け付けなければいけないケースがあります。その場合は、作業着や私服のまま参列しても大丈夫です。ただ、時間に余裕がある場合は、礼服か礼服に準じる服装に着替えたほうがいいでしょう。特にカジュアルな私服を着ている場合は、早めに帰宅して、着替えをすることをおすすめします。

法事の服装で男性が気をつけるべきこと

ブラックスーツを着用しよう

出典: https://otokomaeken.com

法事という厳粛な場では、喪服または略礼服を切るのが基本的なマナーですが、つまり黒いスーツを着ればいいわけです。これは、法事と言っても、初七日、四十九日、初盆、一周忌までに男性が着用すべき服装です。また、スーツはシングルでもダブルでもお好きなほうを選べます。

どうしてもブラックスーツを用意できないとき

出典: https://www.pinterest.jp

ブラックスーツが用意できない、または持っているブラックスーツのサイズが合わなくなったという場合もあるでしょう。そのような場合は、別の色のスーツでいいかどうか施主に問い合わせてみましょう。OKが出ればいいのですが、その場合でもできるだけ黒に近いスーツを着ていきます。濃紺、ダークグレーのスーツなら、最低限の用は足します。

ネクタイとストッキングと靴もブラック

出典: http://wbg.jp

法事では、葬儀の時と同様、ネクタイ、靴下、靴はすべて黒で統一します。黒以外のものを着用すると、法事という場にはふさわしくないし、恥をかきます。成人になったら必ず必要なものなので、それぞれ準備しておきましょう。なお、ワイシャツは白にします。色付きや柄物はいけません。

法事では光るものを着用しない

出典: http://watch-monster.com

せっかく黒という地味な色でまとめている法事の服装ですが、これに光るものをまとっていると、違和感があります。非常に目立つし、黒を着て、シックな雰囲気を出しているのが台無しです。したがって、光ものは着用しないようにしましょう。金時計、金色のネックレス、金色のベルトのバックルなどは避けます。

ベルトなどの動物の革はさけよう

出典: http://leather.nexcy.jp

法事には黒いベルトを着用しますが、黒なら何でもいいというわけではありません。たとえば、動物の革、特に爬虫類の革を使ったベルトは、仏教で禁じられている殺生を彷彿させるので、法事に身につけるのに適していません。爬虫類の革のベルトとは、ワニ革、蛇革などを使用したベルトのことです。

毛皮や革ジャンパーなどもNG

出典: https://fashion-basics.com

爬虫類の革を使ったベルトと同じ理由ですが、毛皮製品や革ジャンも法事に着ていかないほうがいいです。やはり、殺生を思い起こさせるからです。お寺の僧侶も不快に思うし、施主や他の参列者も批判的な目で見る場合があります。法事には法事なりの服装規定があるので、できる限り守るようにしましょう。

コートは会場前で脱ぐ

出典: https://long-coat.uenoya.jp

寒い時期などは、コートを着て法事の会場に行く場合がありますが、コートを着たまま会場入りしてはいけません。必ず会場前でコートを脱いで、中に入ります。しかし、会場によっては、寒さがきつい場合があります。そのような場合は、使い捨てカイロを使ったり、下着を工夫したりして、暖を取るようにしましょう。

法事ではコート以外はダメなの?

出典: http://mensbrand.rash.jp

寒いと言えば、ジャンパーやダウンジャケットを着る場合があります。日常生活ならこれで問題はありませんが、法事というフォーマルな場では、コートを着用するようにしましょう。ジャンパーやダウンジャケットでは、礼を失します。法事に限らず、ビジネスマンは正式な場面ではコートを着用します。

どんなコートを選ぶべきか?

出典: https://mens.tasclap.jp

法事で着用するコートの色は黒が基本です。なければ、グレーでも構いません。また、模様や柄のない無地のものを選びます。革や毛皮製品がいけないことはすでに説明しました。また、ボタンにも注意が必要です。光ものは法事にふさわしくないので、目立たないものにします。それから、フードはないほうがいいです。

三回忌以降の法事の服装

出典: https://fukug.blog.so-net.ne.jp

三回忌以降ともなれば、葬儀から時間も経過し、身内を中心に参列者も限られた人になってきます。そのため、服装についての決まりも緩やかになるのが普通です。男性の場合は、喪服でなくても、グレーや濃紺のダークスーツで許される場合も多いです。ただ、法事は法事なので、カジュアルな服装はいけません。

法事の服装で女性が気をつけるべきこと!ストッキングの色は?

フォーマルスーツかワンピースでスカートは長めに

出典: http://emma99.com

一周忌までは、喪服を着ていくのがマナーです。女性の場合は、黒いフォーマルスーツか黒いワンピース、黒いアンサンブルがふさわしいです。適当なフォーマルスーツがない場合、ビジネス用のスーツを着る人もいますが、光沢がある場合があり、法事には適しません。また、スカートは丈の長いものを着ますが、丈が長くなると格式が上がります。

スーツのインナーは黒に

出典: http://www.good-manner.jp

法事では、スーツのインナーも黒にします。白のインナーでは法事のマナーに合いません。また、色だけでなく、肌の露出ができるだけないようにすることも大切です。法事という場を考えれば肌を見せる場ではないので、当たり前のことですが、いいインナーを持っていない場合も考えられます。その場合は、新たに購入しましょう。

法事のストッキングはどんなものを選ぶ?

出典: https://antiaging-life.tokyo

法事に着ていく女性のストッキングは黒い色にします。中には、すぐに黒いストッキングが準備できず、肌色のストッキングを着用する人がいますが、法事ではNGです。暑い時期の場合、黒のストッキングをはきたくないという人もいるでしょうが、だからと言って、ストッキングなしや肌色のストッキングではいけません。身内だけの法事でもNGです。

ストッキングはタイツとは違う!30デニール以下を選ぼう

出典: https://www.niau.jp

女性が法事にはいていくストッキングの色も重要ですが、厚さにも注意しましょう。タイツのように肌が完全に隠れてしまうものは好ましくありません。30デニール以下の薄いストッキングが法事にふさわしいです。つまり、肌がうっすらと透けて見えるものがいいのです。ただ、薄ければいいというわけではなく、柄や飾り、ラメ入りなどは避けましょう。

寒い時期の法事の場合

出典: https://www.kouden-guide.info

基本的に法事には薄手の黒いストッキングをはいていくのですが、それでは寒さが我慢できないという人もいます。その場合、黒タイツは許されるのでしょうか。これについては、意見が分かれています。黒タイツOKという人もいます。また、カジュアルすぎるのでダメという人もいます。いずれにしろ、60デニール以下が限度です。

ストッキングは一度試し履きを

出典: https://ameblo.jp

女性用のストッキングは、お店で販売されているときの状態と実際にはいた時の状態が微妙に違います。予想よりも肌が隠れてしまう場合と以外に肌が透けて見える場合があるのです、したがって、法事にはいていくストッキングは一度試し履きをしてみましょう。それで、問題がなければそのままはいていけるし、支障があれば買い替える必要があります。

予備のストッキングを準備しておこう

出典: https://g2015graman.top

法事の席では、意外に立ったり、座ったり、移動したりすることが多いです。そのような時に心配なのがストッキングの伝線です。もしストッキングが一組しかないと困るので、必ず予備のストッキングを用意しておきましょう。

靴は黒いパンプスがおすすめ

出典: http://bluelazuli.com

法事にはく靴は、黒のパンプスがいいです。かかとが高くなったハイヒールやサンダルやウェッジソールのようなカジュアルすぎる靴は、マナー違反です。なお、ハイヒールはいけませんが、かかと部分に高さがない靴もやめましょう。やはり、カジュアル感が出てしまいます。それから、装飾やリボンなどの模様は不要です。

ネックレスは一連のもののみで結婚指輪以外の指輪は外そう

出典: https://item.rakuten.co.jp

法事にネックレスはつけなくてもいいのですが、あえて身に着けるとすれば、一連のパールやオニキスなどがいいでしょう。二連タイプやロングネックレスは法事のマナーに反するので、身に着けてはいけません。また、指輪は結婚指輪以外は外しておくのが基本的なルールです。

法事の服装で子供の場合はどうする?

男女共学校指定の制服がなければ大人と同じ

出典: http://www.fujikonoheya.com

子供といえどもカジュアルな服装ではいけません。法事には学校指定の制服を着ていきます。しかし、学校指定の制服がない場合もあります。その場合は、大人と同じようにスーツを着用するかブレザーを選択します。ただ、子供の場合はすべて黒で統一しなくても構いません。黒以外に紺やグレーでもOKです。

シャツやブラウスは白がマナー

出典: https://www.cecile.co.jp

子供のシャツやブラウスは、清潔感のある白にしましょう。法事が目的ですから、色付きや柄付きで飾り立てる必要はありません。シンプルなデザインの子供らしいシャツやブラウスを選んでください。

ズボンやスカートの色は?

出典: https://www.catherine-store.com

子供が法事に着用するズボンやスカートの色はブレーザーと同じです。黒、なければ紺やグレーなどです。子供の場合は、大人ほど制約がないので、紺やグレーでも全く問題はありません。

制服が赤など派手な場合はどうする?

出典: https://twitter.com

法事では、黒を中心に暗い色の服装を着ていくのが基本的なマナーです。しかし、問題なのは、制服が赤などの派手な色の場合です。この場合は、それが正式な制服なので、そのまま着ていっても批判を浴びるようなことはありませんが、もし気になるようならば、黒や紺、グレーのブレザーを用意して、それを着たほうがいいでしょう。

靴も学校指定のものにする

出典: https://shop-list.com

学生が法事にはいていく靴も、制服同様学校指定のものにします。もし、学校指定の靴がなければ、黒や紺、グレーの靴にしますが、スニーカーやローファーでもいいとされています。派手な色にしなければ、大人と違って靴の選択肢は多いです。

靴下も模様がなければ大丈夫

出典: https://www.amazon.co.jp

法事にはいていく靴下は黒が理想ですが、子供の場合はグレーや白でもマナー違反ではありません。模様がなく地味な色ならばOKです。ただし、くるぶし丈の靴下は避けます。

女の子の靴下

出典: https://item.fril.jp

女の子の靴下も、黒やグレー、白が基本ですが、やはりくるぶし丈はやめましょう。逆に丈が長いニーハイソックスやルーズソックスもいけません。法事にはふさわしくないのです。法事には、女の子らしいシンプルな靴下でまとめましょう。

中学生や高校生以上の場合の服装

出典: http://www.fukujiro.com

黒や紺、グレーのブレザーが似合うのはどちらかと言えば、小さい子供です。子供と言っても、高校生にもなると、大人びてくるので、ブラックフォーマルで決めたほうが合う場合があります。つまり、黒いスーツに黒いズボンかスカート、または黒のワンピースです。もちろん、この年代でも紺やグレーがいけないわけではありません。

法事の服装は身内だけで行う場合でもカジュアルな服はNG?

葬式は儀式!カジュアルはNG

出典: https://www.koekisha.co.jp

葬式は厳かな儀式です。したがって、軽い気持ちで参加してはいけません。服装にもそれ相応のマナーが求められます。もちろん、カジュアルな服装で参加するなどもってのほかです。礼服に身を包んで、真剣な面持ちで参列しましょう。

葬式以外の身内の法事の場合は?

出典: http://hairfieldgraz.blog136.fc2.com

葬式は厳かな儀式だと書きましたが、そのほかの法事が厳かでないということではありません。法事はすべて厳かなものです。したがって、平服でいいといっても、最低限守るべきマナーがあります。しかし、身内だけの法事なら、それだけこだわらなくてもいいのではという考えもあります。実際に、身内だけで堅苦しくするのは疲れます。

身内だけの法事でも礼服を着用

出典: https://www.e-sogi.com

身内だけの法事でも、一応礼服や平服(略礼服)を着用したほうがいいでしょう。親しき中にも礼儀ありとも言います。法事は故人をしのぶ正式な儀式です。個人が服装を見ているかどうかはわかりませんが、故人に対する礼儀として、身内だけの法事でもきちんとした服装を着ましょう。

僧侶が来ない法事の場合の服装

出典: http://oiaukakdc.com

法事を営む場合、僧侶を呼ばない場合があります。身内にお経を読むのがうまい人がいて、その人に任せる場合などです。その場合、服装はどうすればいいでしょうか。答えを言うと、特に決まりはありません。しかし、仮に僧侶を呼ばず、身内だけで法事を行ったとしても、法事は法事です。それなりの格好をする必要はあります。

法事の服装マナーまとめ

出典: http://kurakore-life.jp

ここまで、法事の服装のマナーについて、場合別に紹介をしました。法事という厳かな儀式では、かしこまった服装を着ていく必要があります。仮に平服でいいと言われた場合でも、カジュアルな服装はいけません。最低限守るべきマナーがあります。それは、身内だけの法事でも変わりません。きちんとした服装で参列し、いい法事を執り行いましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ