掛け捨て生命保険のメリットを調査!安い料金と大きな保障が人気!

掛け捨て型生命保険とは、一定の保険期間を決めて支払う掛け捨ての生命保険となります。一般的な終身保険と比べ加入時点の保険料を安く抑えながら、大きな保障を得られるメリットがあります。ここでは掛け捨ての生命保険の特徴や、積立型生命保険との違いについて解説します。

掛け捨て生命保険のメリットを調査!安い料金と大きな保障が人気!のイメージ

目次

  1. 掛け捨て型生命保険は保障重視
  2. 掛け捨て型生命保険の代表!定期保険
  3. 掛け捨て型生命保険!定期保険の保障期間
  4. 掛け捨て型生命保険!更新型と全期型とは?
  5. 掛け捨て型生命保険!更新型と全期型の比較
  6. 掛け捨て型生命保険!定期保険を特約にする
  7. 掛け捨て型生命保険!定期保険の保障内容
  8. 掛け捨て型生命保険!逓減定期保険
  9. 掛け捨て型生命保険!収入保障型定期保険
  10. 掛け捨て型生命保険!定期保険のメリット
  11. 掛け捨て型生命保険!定期保険のデメリット
  12. 掛け捨て型生命保険!加入の理由
  13. 掛け捨て型生命保険!見直しのタイミングは?
  14. 掛け捨て型定期保険おすすめのタイプ
  15. 人気の掛け捨て型生命保険
  16. 最適な掛け捨て型生命保険選びの方法
  17. 掛け捨て型生命保険は人気!ぜひ活用を

掛け捨て型生命保険は保障重視

26433580 159542944686833 3897293645543374848 n
okataduke.meister.kazumiさんの投稿

掛け捨て型生命保険とは、契約時に決めた保険期間の間に死亡したり高度障害になった場合に保険金が支払われる商品です。一般的な生命保険が貯蓄重視なのに比べると、掛け捨て型生命保険は保障重視です。安い保険料で高い保障が得られる代わりに、満期保険金や途中で解約した場合の解約返戻金の支払いはありません。今回は掛け捨て型生命保険の特徴などを紹介します。

掛け捨て型生命保険の代表!定期保険

掛け捨て型生命保険の代表なものが定期保険です。保障をうける期間を一定期間決めて、保険期間中に死亡や重い障害になってしまった時に保険金を受け取れるシンプルな仕組みです。保険期間に何事もなかった場合でも、満期時の保険金や途中解約した時の解約返戻金は受け取れません。いわゆる完全に掛け捨てタイプが主流ですが、中には返戻金を受け取れる契約もあります。

掛け捨て型生命保険!定期保険の保障期間

21577262 117618428946295 7662385174058893312 n
l.m.stylist.uraさんの投稿

掛け捨て型生命保険の保険期間は、年満了と歳満了があります。年満了とは10年15年など年数で保険期間を決めるものです。歳満了とは50歳満了など年齢で保険期間を決めるものです。ご自分の家庭環境の中で保障が必要な期間を考えて決めましょう。

掛け捨て型生命保険!更新型と全期型とは?

定期保険の保険期間が終了した後、契約を更新するかそのまま打ち切るかをあらかじめ決める必要があります。保険期間が終了したのち、保障を継続する場合は「更新型」と呼ばれます。保障を打ち切る場合は「全盛期型」と呼ばれています。それぞれの保障内容とメリットやどちが安くてお得なのか解説します。

「全期型」の場合、契約者がこの時期まで保障が必要だと考えた期間を保険期間に設定します。保険期間が終了すると更新はありません。例えば子どもの養育の保障に備えて20歳になるまでは保険をかけるという場合があります。子どもが20歳になると保障の必要性は低くなるので、以後は契約を打ち切るケースなどが考えられます。この場合保険料は保険期間を通じて一定の金額です。

「更新型」の場合、契約者が5年・10年など比較的短い年数で保険期間を設定します。保険期間が終了すると自動的に更新されます。基本的には同じ保険内容が保障されますが、年齢に応じて保険料が再設定されます。年齢が上がった分、基本的に保険料は上がります。

掛け捨て型生命保険!更新型と全期型の比較

22426937 2013001952266831 4048618851053600768 n
himawari.insureranceさんの投稿

「更新型」と「全期型」の保険料を比較します。契約する際の保険料は「更新型」の方が安くなります。ただし、更新する度に年齢に応じて保険料が上がるため、長期で保障を継続したい方にとっては、「全期型」に比べて割高になります。

一方「全期型」は契約する際の保険料は割高ですが、更新がなく満期まで保険料が一定です。同じ保障内容と期間で、「更新型」と「全期型」の払込保険料のトータル金額を比較すると、「全期型」の方が安い金額となります。
 

20583021 108558643177565 1170900864773128192 n
hokensenka.ootoriwingsさんの投稿

「更新型」と「全期型」は、ライフスタイルや家庭環境に合わせて使い分けて契約するとメリットを活かせます。子どもの成長など、家庭環境の変化に合わせて保障の見直しをするなら「更新型」を選択して下さい。長い期間保障を必要となるなら、「全期型」を選択するとメリットがあります。保険料も安い金額で保障を得られます。

掛け捨て型生命保険!定期保険を特約にする

25036529 1753623434657339 596099778027192320 n
tomobataraki_moneynoteさんの投稿

掛け捨て型生命保険を効果的に活用する方法として、終身保険の特約につける場合が考えられます。一家の大黒柱が死亡や障害者になって収入が途絶えた時、遺族や家族に充分な保険金を残したいと思っても、終身保険の保障だけでは不足する場合があります。その場合、掛け捨て型の定期保険を終身保険の特約として上乗せすることで、万が一に備えることが出来ます。

掛け捨て定期保険を特約として死亡保障に上乗せすることを、定期付終身保険と呼びます。「終身保険は月々の保険金が高いため大きな保障を確保できない」と悩んでいるのなら、掛け捨て型定期保険を特約として付けることをおススメします。保障が必要な一定期間は、割安の金額で大きな保障を確保できます。

Thumb保険の種類一覧!生命保険や損害保険など第一分野から第三分野まで解説!

掛け捨て型生命保険!定期保険の保障内容

掛け捨て型生命保険には、保険料の受け取り方によってタイプがわかれます。定期保険の中で一番標準的なタイプは平準型と呼ばれています。非常にシンプルな形となっていて、契約者が契約時に決めた保険期間中に死亡や障害者になった場合に保険金を受け取れます。保険期間中の月々の保険料は一定で変動はありません。契約タイプによっては、満期後に更新できる場合もあります。

掛け捨て型生命保険!逓減定期保険

逓減定期保険は、加入した直後は死亡保険金が一番高く保障され、期間が経過するとともに死亡保険金の金額が減少していきます。死亡保険が減少していく変わりに、保険金は安く設定されています。家庭に小さな子どもがいて万一の保障が必要な方が契約を結ぶケースが多いです。成長に合わせて安い金額で保障を確保できるメリットがあります。

逓減定期保険(ていげんていきほけん)の保険金は、一度に全額をまとめて受け取ることが出来ます。ソニー生命逓減定期保険を例に説明します。35歳男性で、保険期間が60歳満了、月々の保険料が4,400円支払う場合を例にします。契約者に万が一のことがあった場合の保険金額は4,000万円となり、一度に4,000万円を遺族が受け取れることになります。

掛け捨て型生命保険!収入保障型定期保険

22220955 126175508041955 1659253687303798784 n
mei_lifemgさんの投稿

収入保障型定期保険は、逓減定期保険(ていげんていきほけん)と仕組みは同じです。加入した直後は死亡保証金が一番高く保障され、期間が経過するとともに死亡保険金の金額が減少していきます。保険料は割安に設定されています。一家の大黒柱に不足の事態があった場合、残された遺族の生活費を補う目的に一番適している保険と言えます。

収入保障型定期保険と逓減定期保険との違いは、金額の受け取り方法になります。収入型定期保険は、死亡した月から契約期間が終了するまでの間に、決まった金額をお給料のように受け取ることが出来ます。受け取り方は、毎月受け取るか年1度かを選ぶことが出来ます。

収入保障型定期保険の保険金が受け取れる期間は満期までとなります。死亡したタイミングが早ければ、受け取る保険金の総額は多くなります。満期間近で死亡した場合は保険金の受取は少なくなります。加入期間が経過すると、受け取れる保険料の総額が減っていくため、保険料は安い金額に設定されています。

24332518 764515043749833 8916557912738889728 n
akkunakkunakkunさんの投稿

収入保証型定期保険を実際の契約例から説明します。アクサダイレクト収入保障で、35歳男性の場合を例にします。保険期間は55歳満了、基本保障は毎月10万円、月々の保険料は2,390円の場合、契約者が死亡したときには55歳まで毎月10万円が遺族に支払われることになります。

掛け捨て型生命保険!定期保険のメリット

掛け捨て型生命保険最大のメリットは保険料が安いことです。終身型生命保険の保険料に比べて、同じような保障内容をはるかに安い保険料で確保することが出来ます。貯蓄性は犠牲にしても、保障はしっかりと確保したいという場合にとてもメリットの大きい保険です。

家族が増えれば増えるほど、毎月に必要な生活費の金額はあがります。もしもの時に必要な生活費をカバーしようと終身保険や養老保険などで保障を得ようと思うっても、保険料は高額になり生活を圧迫してしまいます。しかし掛け捨て型定期保険であれば、安い金額で必要な保障を確保できるので、もしもの時の安心感を得ることが出来るメリットあります。

23498183 128164817829490 6895060254124408832 n
yuusukesukeboさんの投稿

掛け捨て型生命保険は加入期間が決められています。契約期間が終了するとその保険契約も終了します。子どもの成長などライフスタイルの中で保障が必要な期間が予め解っている場合に、保険の切り替えが容易にできるので、目的に応じた使い勝手が良い保険となります。保障が必要なくなったり、経済的に保険料の支払いが困難になった場合には、簡単に契約の打ち切りが可能です。

23164037 524731311206502 8112283775703973888 n
hiro37hamaさんの投稿

掛け捨て型生命保険は生命保険料控除の対象となります。1年間に支払った保険料の一定金額を、所得金額から差し引く事を生命保険料控除といいます。これにより、所得税と住民税が安い金額で抑えられるメリットがあります。

掛け捨て型生命保険!定期保険のデメリット

掛け捨て型定期保険のデメリットは、満期を迎えると一切の保障がなくなることです。保障があるのは保険対象期間だけで、満期から1日過ぎただけでも1円も受け取れません。また保険料は掛け捨てなので、今までかけた保険料は一切戻ってきません。満期になっても生存保険金や解約したときの解約払戻金もありません。保険の目的が契約期間の保障のみに絞られたシンプルな保険です。

掛け捨て型定期保険の中には満期後に更新できるタイプの契約もありますが、保険料は高くなると考えて下さい。契約時の年齢や保険期間によっては、今までと同じ保障内容でも保険料が大幅にあがることがあります。安い保険料で高い保障を得られたメリットは失われることがほとんどです。

掛け捨て型生命保険!加入の理由

17333490 1269218243198276 8622992203658035200 n
riiiiiii505さんの投稿

ここまで掛け捨て型生命保険のメリット、デメリットを解説してきました。ここからは、掛け捨て型生命保険を加入する理由と状況について解説します。安い保険料で高い保障を得られるメリットを生かすのに、どんなタイミングで加入すれば良いのか、保障期間はどのように選んだら良いのかなどを考える上で参考にして下さい。

生命保険を契約する目的は、収入の担い手である一家の大黒柱が死亡等で収入がなくなっても、残された遺族が生活を維持するのに必要な資金を確保することにあります。そのため、月々の生活資金がいくら必要なのか計算をして、必要な金額が保障されるような保険契約を結ぶことをおススメします。

20181469 686237631575156 3837537035409686528 n
yuuuuka_yuriさんの投稿

必要な生活資金を見積もる場合は、居住しているのが持家か賃貸なのかを計算に入れましょう。賃貸の場合、毎月の家賃は大変大きな出費になります。毎月の家賃を払えないと、すぐに生活が立ち行かなくなってしまいます。また、現在の預貯金や配偶者の収入なども考慮に入れましょう。

24175079 1593997344001152 3543438582880403456 n
mizu8426さんの投稿

子どもがいる場合は、養育費と教育資金をしっかりと見積もる必要があります。中学、高校、大学と教育費が非常にかかるタイミングがあります。その時に十分な資金がないと、子供の進学に支障が出てしまいます。定期保険は子供の進学のタイミングに合わせて資金がでるわけではないので、「学資保険」などで補う必要があります。

子どもが2人3人といる場合、そけぞれの年齢と成長に合わせて養育費と教育資金を考える必要があります。その場合、それぞれ分けて保険に加入することも検討しましょう。ただし保険料の負担が高くなりますので、安い保険料で抑えようと思ったら、「逓減定期保険」に加入することを検討しましょう。うまく活用すると安い保険料で保障がカバーできるメリットがあります。

Thumb生命保険解約の手続きを解説!返戻金で損しないための注意点とは?

掛け捨て型生命保険!見直しのタイミングは?

掛け捨て型生命保険は、ライフスタイルの変化により保障の必要性が低くなったタイミングで見直しをしましょう。掛け捨て型生命保険は保障重視なので、保障が必要なくなったのに契約を続けるのはお金の無駄になります。そのお金を貯蓄型の終身生命保険や養老保険に使った方が、後で確実に保険金を受け取ることが出来ます。

21433331 350210088765087 784706137185320960 n
l.m.stylist.uraさんの投稿

掛け捨て型生命保険に加入するタイミングは、家族が増えるタイミングで検討するのが良いでしょう。具体的には結婚するときと、子供がうまれたときです。結婚したときは、万が一の時の配偶者の生活維持ができるような保障金額を検討しましょう。子どもが生まれたときは、上にのべた通りに養育費と教育資金を計算して保障を確保しましょう。

21827515 284253002069251 8276420490701045760 n
misora_hoken_izumoさんの投稿

逆に掛け捨て型生命保険を見直すタイミングは、子どもが独立した時です。子どもが独立してしまえば、万が一のための資金は必要なくなります。掛け捨て型生命保険は無駄な出費になりかねないので、今まで子どものために備えてきた保障を減らすことを検討しましょう。

掛け捨て型定期保険おすすめのタイプ

20968506 1426220350819130 2619367611707686912 n
hoken_clinic_aoi_partnersさんの投稿

掛け捨て型生命保険の主な契約者は20代、30代、40代の子育て世代が中心です。子育てで生活に余裕がないなか、安い保険料で万が一の場合に備えたいと思っているからです。そんな子育て世代に支持されている人気の保険をご紹介します。保険選びの参考にして下さい。

人気の掛け捨て型生命保険

25026324 355393168262252 4930733403403190272 n
konosuke.hさんの投稿

最初に紹介するのは、ライフネット生命「かぞくの保険」です。シンプルな掛け捨てタイプながら、お手頃な保険料で保障金額が高めに設定されているのが人気の理由です。30歳男性、保障期間を10年に設定して試算します。月々の保険料は1,230円で、保険者が死亡・高度障害になったときに1,000万円の保険金額が支払われます。コスパの良さが人気の理由です。

次に紹介するのが、オリックス生命「定期保険ブリッジ」です。保険金額と保険期間をニーズに合わせて選べるのが特徴です。30歳男性、保険期間を10年に設定して試算します。月々の保険料は1,310円で、保険者が死亡、高度障害になったときに1,000万円の保険金が支払われます。生活設計に応じて金額を設定できる柔軟さが人気の理由です。

最適な掛け捨て型生命保険選びの方法

26266279 140906833366348 1378246136178933760 n
kazuyan0さんの投稿

シンプルでわかり易いと言われている掛け捨て型生命保険ですが、保険会社によって保障内容は異なります。特約もさまざまで、保険の知識がないと自分に合った保険を選ぶのに苦労してしまいます。自分に合った保険を選びたい場合は、プロに選んでもらう事をおすすめします。保険を選びのアドバイスをしてくれるサービスとしては、「保険の窓口」や「保険GATE」などがあります。

保険の相談では、ファイナンシャルプランナーが現在の生活状況を踏まえてアドバイスしてくれるので、一度利用してみてはいかがでしょうか。この機会に家計のことを見つめ直すきっかけになるかもしれません。

掛け捨て型生命保険は人気!ぜひ活用を

24254498 2032758543627698 3505488969112485888 n
kakei.minaoshiさんの投稿

掛け捨て型生命保険は、安い保険料で確かな保障が確保できます。今人気のある掛け捨て型定期保険も、子育て世代のニーズをくみ取った保険を充実させて人気を集めています。子供の成長を安心して見守るためにも、是非活用することをおススメします。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ