扶養から外れるタイミングはいつがベスト?税金や社会保険への影響を解説!

扶養から外れるタイミングについては、いつがベストとなるのかという点に着目して手続きや社会保険への影響などを解説していきます。扶養に入ることと外れることは表裏一体の関係にあります。その中でベストとなるタイミングについて、具体的にご紹介していきます。

扶養から外れるタイミングはいつがベスト?税金や社会保険への影響を解説!のイメージ

目次

  1. 扶養から外れるタイミングはいつがベスト?税金や社会保険への影響・手続きの仕方は?
  2. 扶養から外れると税金などはいくらかかる?
  3. 扶養から外れるタイミングはいつ?
  4. 扶養から外れる条件は?
  5. 扶養から外れる際に必要な手続きは?
  6. 扶養から外れると損をする?
  7. 扶養から外れるタイミングと税金や社会保険への影響・手続きの仕方まとめ

扶養から外れるタイミングはいつがベスト?税金や社会保険への影響・手続きの仕方は?

出典: https://financial-field.com

扶養から外れるタイミングとしてはいつがベストなのかというところに焦点を当てて、税金や社会保険への影響も考慮しながら解説を進めていきます。夫の扶養に加入しているという妻は少なくありません。その反対のパターンもありますが、外れるタイミングを理解しておくことが重要です。手続き方法も含めて、扶養から外れる方法を確認していきましょう。

扶養から外れると税金などはいくらかかる?

税金支払いのイメージを持つ

出典: https://oshiete.goo.ne.jp

扶養から外れると一言で言いますが、実際に扶養から外れることでどれくらいの税金がかかってくるのか、おおよその金額のイメージを持っておくことも重要なポイントです。扶養から外れると税金の支払いが多くなって、「働き損」と言われることもあります。税金の金額イメージを持っておくことで、自身の働き方を見つめ直してみることも効果的です。

扶養の扱いは税金・健康保険・年金で異なる!

出典: http://www.n-koei-kenpo.or.jp

扶養から外れることで、税金がどのくらいかかるのかという点ですが、税金や健康保険、年金といった類で異なるというのが正しい見解です。例えば、それまで妻の年間給与が103万円で特に税金の支払いがなかった場合をイメージしてみます。103万円で夫の扶養に入っていれば、特に税金や保険料を納める必要がなく、単純な手取りに含めることができます。

所得税や住民税が上がる

出典: https://kirakira-days.com

しかし、妻の年収が103万円から125万円にアップすると、所得税が1万1,000円程度まで跳ね上がり、さらに住民税も2万9,500円支払う必要が出てきます。これは夫の所得が900万円程度であった場合の負担金額です。妻の年収が140万円までアップすると、所得税が1万8,500円程度に引きあがります。さらに、住民税も4万4,500円程度まで上がります。

社会保険料の支払いも

出典: https://kjshintani.com

さらに、年収が140万円になると、社会保険の扶養からも外れることになるので、妻自身で社会保険料を支払う必要が出てきます。その金額としては年間で20万円程度となっています。150万円や160万円程度まで年収が上がってくれば手取りの収入も上がっていきます。140万円前後で停滞していると働き損になる可能性もあるので、注意する必要があります。

会社の制度も確認

出典: https://upset-review.com

税金支払いに関しては、扶養者の年収と被扶養者の年収との兼ね合いで決まってくる部分もあります。妻が夫の扶養に入っている場合、妻の年収が上がれば、夫の配偶者控除や家族手当といった金額も減額されることになるので、世帯としての手取り総額が減っていくというリスクもあります。会社の制度も確認して、どの程度働けるのか理解することも大切です。

自身の年収を意識

出典: https://financial-field.com

妻自身としては130万円程度から150万円程度までの年収だと、社会保険料が発生してくる影響で、世帯の手取り収入が減ってくるという逆転現象に悩まされることになります。155万円程度稼ぐことができれば、世帯の手取り収入を増加に転じさせることができます。その辺の理解を深めておくことも重要です。パートであればシフトも工夫することが大切です。

将来の年金がアップ

出典: https://fxzei.com

年収が130万円から150万円程度の範囲だと働き損になると言っても、社会保険料として厚生年金の支払いも行うことになれば、将来受け取れる年金の金額もアップさせることができます。健康保険料が上がるのは嬉しい話ではありませんが、厚生年金であれば将来の年金に跳ね返ってきます。その辺も考慮しておくと、モチベーションの向上にもつながります。

扶養から外れるタイミングはいつ?

働き方の意識

出典: https://venture-finance.jp

まずは、扶養から外れることによって、どのくらいの税金や保険料支払いが増えていくのかイメージを膨らませておくことが求められます。夫自身としてもそうですし、妻としても自分の働き方をいかに工夫していくかの参考になります。103万円以内に抑えるのかというところも焦点です。ライフワークバランスを意識した働き方をすることもおすすめできます。

税金(所得税や住民税)

出典: https://sakuya-shougainenkin.com

その上で、実際に扶養から外れるタイミングとしてはどのタイミングが良いのかという点についても触れていきます。手続きにも関係してくることなので、扶養から外れるタイミングは確実に守っておくのがベターです。まずは、所得税や住民税といった税金についてのタイミングから取り上げていきます。税金はその年の1年間の所得に応じて条件が決まります。

年末時点で判定

出典: https://fuwari-cafe.com

所得税法によって、妻や夫が扶養になるかどうかについては、1月1日から12月31日に稼いだ給料や所得金額に応じて判定を行うことになっているのです。その判定状況としては、12月31日時点でわかることになります。つまり、扶養から外れるかどうかを決定するタイミングも年末になるということです。年末までわからなければ、その時点で確認します。

年の途中で外れることも

出典: https://ameblo.jp

ただし、年末まで行く前にある程度その年の年収が見えてくることもあります。その場合は、年の途中であっても扶養から外れそうな状況になったタイミングで、扶養者の勤務先に連絡を入れることが重要です。年末になって扶養から外れると、後で余計に所得税を支払う必要も出てきます。それを避けるためには、年の途中でも扶養から外れるのが賢明です。

働き方の調整もポイント

出典: https://yakunitatta.info

年収として103万円や130万円の壁といったものがありますが、それを意識して働いていく中で、年末時点で越えそうになった場合は、あえて勤務日数を減らして収入を増やさないというのもポイントです。税金関係の扶養は最終的に判断が下されるのが年末の段階です。その辺の兼ね合いも含めて、自身のシフトや働き方を調整していくこともポイントです。

年収103万円の壁を意識

出典: http://www.fudousan-plaza.com

基本的に年収が103万円以下であれば、所得税や住民税といった税金が課されることはありません。夫の配偶者控除という点でも、世帯の手取り収入がアップする要因ともなります。103万円の壁を意識して働く方が多いのはこの理由です。したがって、妻としての年収が103万円を超えそうになったタイミングで、扶養から外れる手続きを行うことも大切です。

社会保険

出典: https://roupeiroblog.com

続いて、社会保険の扶養から外れるタイミングについて確認を行っていきます。社会保険の場合は、年の途中でも年収見込みが扶養の範囲を超えるとわかった時点で、扶養から外れる必要があります。社会保険の扶養に加入するためには、年収130万円以下である必要があります。年の途中でも130万円を超えそうなことがわかれば扶養から外れることになります。

収入が増えてから5日以内

出典: https://media.whatzmoney.com

収入が増えたタイミングか、年収130万円を超えそうなことがわかったタイミングで届出をする必要があります。その場合、収入が増えた日から土日祝日を除いて5日以内に被扶養者の勤務先に届け出ることが義務付けられています。扶養されているのが妻であれば、夫の勤務先に連絡を入れて扶養から外れます。5日以内という日数を覚えておくことが大切です。

勤務先の扶養手当

出典: https://kidsna.com

最後に、勤務先の扶養手当から外れるタイミングについても確認を行っていきます。勤務先の扶養手当から外れるタイミングも社会保険と同様に、年の途中であっても外れることがあります。勤務先の就業規則を確認する必要がありますが、就業規則に定められている条件に則って行動を起こす必要があります。妻の年収も考慮した上で届出が必要となります。

就業規則の確認

出典: https://roupeiroblog.com

勤務先の扶養手当については、会社独自でルール化しているところも多く、必ずしも税金や社会保険と同様の金額条件設定を行っていない場合もあります。妻の年収が増えそうな場合は、改めて就業規則に目を通しておくことが求められます。その条件よりも妻の年収が超えそうであれば、速やかに会社の人事や経理担当に連絡を入れることが大切なポイントです。

扶養から外れる条件は?

条件の確認も重要

出典: https://debtmama.com

扶養から外れるタイミングについての理解を深めておくことが求められます。社会保険や税金、勤務先の扶養手当も含めて、どのタイミングで扶養から外れる手続きを開始すれば良いのか知っておくことで、スムーズな手続きへと移行していくことができます。その上で、扶養から外れる条件についても確認します。条件を知っておくことも大切なポイントです。

夫婦の手取りを合わせた世帯収入が判断材料!

出典: http://zeikin-chie.net

扶養から外れるかどうかの最終的な判断材料としては、夫婦の手取りを合わせた世帯の総収入が決め手になるということです。妻だけの年収でも判断できませんし、夫だけの年収で決まるわけでもありません。双方の年収を合算した上で、扶養から外れるかどうかが決定されます。特に、勤務先の扶養手当については独自の条件を確認しておくこともポイントです。

会社の条件を確認

出典: https://vetementsdechanvre.com

会社に家族手当や扶養手当といった手当がある場合、妻の年収も意識しておくことで、世帯の手取り金額を増やせる可能性も高くすることができます。妻の年収が103万円以下であることを条件として扶養手当を支給する会社も多いので、その条件を確認しておくことです。税金の扶養から外れるのも年収103万円がカギを握るので注意をしておく必要があります。

妻と夫の年収の兼ね合い

出典: https://mansion-jicl.net

妻が夫の扶養に入っている場合、基本的に夫の社会保険料が変わることは少ないです。妻の年収が増えることで、夫の配偶者特別控除の金額が減ったり、家族手当、扶養手当の金額が減ったりすることもあります。また、妻の所得税や住民税といった税金については、年収103万円を超えた段階から発生していきます。これは確実に抑えておく必要があります。

社会保険料の条件も確認

出典: https://venture-finance.jp

また、社会保険料の支払いに関しては、年収130万円を超えたタイミングで発生することになります。妻の年収が130万円以下であれば、夫の扶養対象内として社会保険料を支払う必要はありません。しかし、年収が130万円を超えると、自分で年金や健康保険料を支払う必要があります。その辺の条件も整理をして、収入をコントロールすることが賢明です。

夫と妻の年収を計算

出典: https://kirakira-days.com

税金や社会保険料については、年収に関する一定の条件がありますが、夫の社会保険料や家族手当、扶養手当など、世帯総収入を考慮する点では、夫と妻の合算した年収がカギを握ってくる部分も多いにあります。たくさん働いたのに、手取りが減ってしまうのは残念なことでもあります。今一度、お互いの年収を見つめ直して、計算をしていくのがおすすめです。

Thumb扶養家族の年収上限は?103万・130万・150万の壁について解説!

扶養から外れる際に必要な手続きは?

賢く働く

出典: https://papimami.jp

扶養から外れる条件について、税金や社会保険、夫と妻の年収の兼ね合いも含めて理解を深めておくことが重要です。手取りの金額を増やすためには、意識的に収入をコントロールすることが大切です。扶養控除や配偶者控除なども活用することで、税金支払いを減額させることも可能です。その辺の理解を促進して、賢く働いていくことが求められます。

税金の場合

出典: https://www.clearthlife.com

それでは、扶養から外れる際の手続き方法についてご紹介していきます。一定の金額や条件を満たすことで、扶養から外れる必要があります。その際の手続きを理解しておくことで、スムーズに行動できるようにしておくことが賢明です。まずは、税金の場合について確認していきます。税金については、所得税法で年末時点での判定が一般的となっています。

税金上の手続き

出典: https://all-souzoku.com

基本的に年末時点の妻の年収を見て、夫の扶養から外れるか否かを確認しておけば問題ありません。もし、夫の扶養から外れる場合は、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」するだけで手続きは終了となります。「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は年末調整の段階で記載を行います。そこから該当扶養家族の氏名を消せば、手続き完了となります。

注意点の確認

出典: https://kojinjigyo-life.com

税金の扶養から外れる場合の基本的な手続きはとても簡素なものです。会社で行う年末調整の際に、扶養家族の氏名を除外するだけで済むからです。ただし、注意をしておきたいポイントもあります。それは、年末調整の時点で扶養から外れることで、配偶者控除の適用対象からも外れることです。その場合、追加で所得税の支払いを求められることがあります。

配偶者特別控除からの除外

出典: https://blog.workcloud.jp

妻の年収が103万円以内であることを条件として、配偶者特別控除を受けているという夫も少なくありません。その場合は、所得から一定の金額が差し引きされて税金の支払いを安くすることができるのです。しかし、妻が扶養から外れることで、その対象からも外れることになります。その場合は、控除されていた分の所得税を余分に払う必要があるのです。

わかった時点で申請を

出典: http://mamaneta.info

年末調整の時点で扶養から外れることを決めてしまうと、所得税の追加徴収の可能性が高くなります。それを避けるためには、年の途中でも、扶養から外れる手続きを進めることです。妻の年収見込みがわかった段階で扶養から外れるか否か見えてくることもあります。その際に、扶養から外れることが決定的であれば、勤務先に扶養者の人数変更を申請します。

家計へのダメージを食いとどめる

出典: https://realestate-sale.link

年の途中で扶養者の人数変更を届出ておくことで、申請した翌月分から、控除を除いた分の所得税の徴収が行われることになります。そうすれば後から一括で追加徴収されるよりも、段階的に税金を支払うことになるので、家計へのダメージも最小限に食いとどめることができます。そのため、扶養から外れることがわかった時点で申請しておくのがおすすめです。

社会保険の場合

出典: https://furushima-tax.com

続いては、社会保険の場合の手続き方法についての確認を行っていきます。社会保険とは主に厚生年金や健康保険料のことですが、その扶養対象の基準として、年間の給与見込みが130万円を超えるかどうかというところに設定されています。月収×12か月分の給料だと考えておけば大丈夫です。それが130万円を超えるかどうかを意識することが大切です。

月収の目安も確認

出典: https://daily-ands.jp

月収の目安としては、10万8,333円という数字を意識しておくことが重要です。月収が10万8,333円を連続的に超えていくのであれば、年の途中でも社会保険の扶養から外れる必要があります。また、変更申請を行える期間とsして、認定基準金額を超えてから5日以内となっています。申請期間が意外と短くなっているので、その点にも注意が必要となります。

手続きの方法

出典: http://ameno-hi.com

社会保険の扶養から外れる場合の具体的な手続き方法としては、会社の担当部署に連絡を入れれば問題ありません。その後、申請書類を渡されるので、そこに必要事項を記載して提出します。会社から各担当機関に申請書類が提出されるので、そうすれば手続き完了です。夫側の手続きは会社に申請すれば終了ですが、扶養から外れる妻はさらに手続きが必要です。

社会保険の加入手続き

出典: https://www.its-kenpo.or.jp

妻が夫の社会保険の扶養から外れる場合、妻自身として健康保険や年金に加入する必要があります。妻の勤務先に社会保険の加入申請をする場合は、扶養から外れた日から5日以内に手続きをすることが義務付けられています。土日祝日は除きますが、こちらも短くなっているので注意が必要です。確実に手続きをして、新たに社会保険に加入することが大切です。

自治体の役所での手続き

出典: https://www.sodan-lp.jp

妻が勤務先の社会保険に加入しない場合は、住んでいる自治体の役所で国民健康保険と国民年金に加入する必要が出てきます。こちらも社会保険の扶養から外れた日から、14日以内に手続きをする必要があります。社会保険の扶養から外れる場合は、新たな加入手続きも必要となります。この辺も踏まえて、確実にアクションを起こしていくことが大切です。

いずれかの健康保険への加入

出典: http://fu-kaikei.boo.jp

いずれにしても、社会保険で夫の扶養から外れた場合は、自身として社会保険に再加入する必要があるということです。国民年金にしても国民健康保険にしても、会社勤めをしていない方や個人事業主として働いている方であれば、加入が義務付けられています。その辺の認識を持っておくことも大切です。いずれかの健康保険への加入は国民の義務となります。

会社の家族手当の場合

出典: https://weban.jp

続いては、会社の家族手当の扶養から外れる場合の手続き方法についても確認を進めていきます。会社の家族手当から外れる場合は、就業規則に則る形で速やかに行動をすることが求められます。これは会社ごとの規定となっているので、何が正しいと言い切ることができません。まずは、担当部署や関係者に事情を説明して、次の行動につなげることが大切です。

あらかじめの手続きが賢明

出典: https://www.saison-chienowa.jp

会社の扶養手当や家族手当については、配偶者の年収に独自の基準設定をしているケースも少なくありません。その場合は、その一定基準を超えるか超えることがわかった段階で、早めに担当者に相談する必要があります。後から申請をすると、支給しすぎた手当を後に返却することになります。家計への負担を考慮しても、最初に手続きをしておく方が賢明です。

適切な行動につなげる

出典: http://h18.akkky.net

税金にしても社会保険にしても、会社の家族手当にしても、扶養や条件から外れることがわかった時点で何らかのアクションを起こすことが求められます。妻の年収が上がることは喜ばしいことでもありますが、同時にさまざまな手続きも必要となります。その金額に関する条件を今一度確認しておき、適切な行動へとつなげていくことが大切なポイントです。

Thumb家族手当とは?支給条件と支給額の相場・扶養手当との違いを解説!

扶養から外れると損をする?

扶養から外れる実態を確認

出典: http://happy-mappy-style.com

扶養から外れる条件や税金支払いの金額、外れる場合の手続き方法などを確実に抑えておくことが求められます。その上で、扶養から外れると損をするのかという点も解説を行っていきます。一般的に、扶養から外れると「働き損」などと言って、マイナス要素として捉えられることも少なくありません。その実態はどうなっているのか、確認していきます。

社会保険について

出典: https://divers-ei.com

例えば、社会保険の扶養から外れることに関しての解説を行っていきます。社会保険の扶養から外れることで、自身で社会保険料を支払ったり、健康保険に加入して保険料を納めなければならなくなったりして、確かに手元の金額は少なくなっていく可能性も否定できません。しかしそれだけではなく、個人として社会保険に加入することはメリットもあります。

社会保険加入のメリット

出典: http://h18.akkky.net

まずは、社会保険に加入することで国民年金だけでなく厚生年金も上乗せされるため、将来受け取ることができる年金額がアップするというメリットがあります。さらに、妻が出産した場合には出産手当金をもらうことができます。これは、出産一時金とは別にもらえるお金です。その他、障害厚生年金もアップして、傷病手当金の支給を受けることもできます。

必ずしも損ではない

出典: https://ameblo.jp

つまり、社会保険の扶養から外れて、個人として社会保険に入り直すことで受けられるメリットも多くなっていくということです。目先の視点で考えていくと、保険料や年金支払いが多くなっていきますが、長期的な視点で考えれば得になることも多いのです。だからこそ、扶養から外れることが必ずしも損とは言い切れません。

いろいろな視点を持つ

出典: https://paraft.jp

年金の受け取り金額については、現役時代の年金の支払い額や加入期間に応じて決定されることになります。したがって、なるべく長く多く支払っておいた方が、将来受け取ることができる年金の額も上がっていくのです。この視点を持っておくことで仕事のモチベーションアップにつながることもあります。いろいろな視点を持っておくことがおすすめです。

扶養から外れるタイミングと税金や社会保険への影響・手続きの仕方まとめ

出典: https://kuguru.jp

扶養から外れるタイミングや外れる条件、さらに扶養から外れる際の手続き方法について具体的に解説を行ってきました。年収103万円や130万円の壁といった言葉もありますが、それらを意識して働いていくことで、より世帯としての手取りを増やしていくことにもつながります。改めて、自分たちの働き方を見つめ直して、手取りを増やしていくのが賢明です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ