感謝の言葉&やる気が出る一言特集!目上の人へのメール例文も紹介!

感謝の言葉の一言は感じた時に伝えることが大切です。気持ちは口に出さなければ伝わらないことも多く、伝え方も非常に重要となります。ここでは「感謝の言葉」や「やる気が出る一言」は何なのか、そして目上の人に伝える際のメールや手紙での例文をまとめています。

感謝の言葉&やる気が出る一言特集!目上の人へのメール例文も紹介!のイメージ

目次

  1. 感謝の言葉を伝えたい!メールや手紙を使って伝えるときの例文も紹介
  2. 感謝の言葉はありがとうだけじゃない
  3. 感謝の言葉と一緒にやる気が出る一言を添えよう
  4. 感謝の言葉を目上の方へメールや手紙を使って伝えたい!例文で紹介
  5. 感謝の言葉まとめ

感謝の言葉を伝えたい!メールや手紙を使って伝えるときの例文も紹介

出典: https://spe-spa.com

感謝の言葉を伝える際、どのような言い方がベストなのか。丁寧な言葉でしっかりと伝えることは大切ですし、特に相手が目上の人となれば失礼のない言い方が求められます。ここからは「感謝の言葉」や「やる気が出る言葉」、そして目上の人に対してメールや手紙で使える感謝の言葉を解説していきます。

感謝の言葉はありがとうだけじゃない

感謝を伝える言葉を紹介

出典: http://minehaha.com

感謝の言葉として最も多く使われるのは「ありがとう」です。しかし「ありがとう」も感謝を伝える相手によっては適切ではないことがあります。そのような場合は他の表現で感謝の言葉を伝える必要があります。

「ありがとう」以外の感謝の言葉を紹介

出典: https://gakumado.mynavi.jp

では、感謝を「ありがとう」以外で伝えることができる言葉はどのようなものがあるのか。知識として持っておくことで、様々な人に対して迷うことなく伝えることができます。ここからはまず、「ありがとう」以外の感謝の言葉をいくつか挙げていきます。

「感謝申し上げます」

出典: https://mayonez.jp

まずはじめになる「ありがとう」以外の感謝の言葉は「感謝申し上げます」です。「感謝申し上げます」は自分の中にある「ありがとう」という気持ちを相手に伝える際、最も使われる丁寧な言葉です。主にビジネスの場では用いられることが多く、目上の人にも使うことができる言い方となります。

最も使われる感謝の言葉

出典: https://docoic.com

使い方の例文は「先日はお忙しい中ご足労いただき、感謝申し上げます」や「お力添えいただき、このような成果を挙げられたこと、心より感謝申し上げます」です。ただし注意点としては「感謝申し上げます」を使う回数です。メールや手紙などで多く使いますが、文中に何度も「感謝申し上げます」を使っていると、くどい印象を相手に与えてしまいます。

「深謝いたしております」

出典: https://biz.trans-suite.jp

そして「深謝いたしております」という言い方も、感謝の言葉を伝える際に用いられることが多くあります。深謝とは深く感謝しているという意味を持つ言葉です。会話の中で使うことはほぼないものですが、メールや手紙などでは多くの人が活用しています。

「深謝いたします」の例文

出典: https://cb-s.net

「深謝いたしております」の使い方の例文は、「ご厚意に深謝いたします」や「日々のご愛顧に深謝いたします」です。ビジネスシーン以外でも、私生活で目上の人などに手紙でお礼を伝えるシーンは、大人になれば必然的に増えてきます。多くの場で活用できる「ありがとう」の言い換えとして便利な言葉です。

「お礼申し上げます」

出典: https://mayonez.jp

そして、最後となる感謝の言葉を伝える際の「ありがとう」以外の言葉は「お礼申し上げます」です。非常に多くの人が使う感謝の伝え方ですが、この言い方も会話の中ではあまり使われません。主にメールや手紙など、書き言葉として用いられます。

活用できる感謝の言葉

出典: https://mayonez.jp

「お礼申し上げます」の例文は「皆様方に厚くお礼申し上げます」や「ご賛同いただき、お礼申し上げます」です。丁寧な敬語表現ですし、目上の人に対しても使うことができる伝え方です。プライベートでもビジネスでも活用できますので、知っておくべき大切な一言と言えます。

感謝の言葉と一緒にやる気が出る一言を添えよう

やる気が出る言葉を紹介

出典: https://bgm.vsw.jp

ここまでは「ありがとう」に代わる感謝の言葉をいくつか挙げてきました。伝え方として丁寧な表現であり、ビジネスでも活用できるなど大人として知っておくべき一言です。そして、感謝の言葉と同時にやる気の出る一言を一緒に伝えることで、相手にはより感謝の気持ちが伝わることもあります。

感謝の言葉と共に伝える一言を紹介

出典: https://www.miyahaya.com

ここからは、感謝の言葉と一緒に伝えることで効果をより発揮する、やる気が出る一言をいくつか挙げていきます。感謝をする、そしてその思いをこの先の力に変えるという意思表示は非常に大切です。

「恩返しできるよう頑張ります」

出典: https://cat-ch.jp

まずはじめの、感謝の言葉と共に伝えるやる気の出る一言は「恩返しできるよう頑張ります」です。感謝をしているということは、その相手に対して恩を感じています。その恩は受けるだけではなく、必ず返すという気持ちを言葉で表現することは相手にとっても嬉しいことです。そして自分を鼓舞する言葉でもあります。

自分を鼓舞する力強い一言

出典: https://infonikki.com

「恩返しできるよう頑張ります」の使い方の例文は「日々努力をし、恩返しできるように頑張ります」です。ビジネスの場で使われることはあまりないですが、相手との距離感によっては目上の人に対しても使える一言です。相手の想いを力に変えるという、決意を感じることができる一言になります。

「日々精進いたします」

出典: https://motivation-upgrade.com

そして続いての、感謝の言葉と共に伝える一言は「日々精進いたします」です。この言葉も非常に使われることが多く、ビジネスでもプライベートでも用いられることがあります。やる気の出る一言として、自分の気持ちを引き締めるという力強さを感じます。

強い気持ちが表れている一言

出典: http://comizumiya.jp

「日々精進いたします」の例文は「現状に満足せず、日々精進いたします」や「今回以上の成果をあげるため、日々精進いたします」です。さらに高みを目指すという気持ちが伝わりますし、言われた相手も引き続き応援したいという気持ちになる言葉です。

感謝の言葉を目上の方へメールや手紙を使って伝えたい!例文で紹介

メールや手紙で使える例文を紹介

出典: https://yarukichugakusei.com

大人になると手紙を書く機会も自然と多くなります。また手紙に変わる手段として、メールにて感謝を伝えるシーンも同様に増えてきます。そのようなとき、手紙やメールは文字のみの表現となるため、どのように受け取られるかを慎重に配慮しながら「感謝の言葉」を伝えなければ、失礼なイメージを与える可能性もあることを理解しておく必要があります。

しっかりと感謝の言葉を伝えよう

出典: https://kinoopy.com

感謝の言葉を伝えたいにも関わらず、その感謝をしている相手を不快にさせてはいけませんので、正しい伝え方を知っておくことは大切です。そこで、そのような点に配慮しつつ、メールや手紙で感謝の言葉を伝える際に使える例文を紹介します。

「いつも力をいただいています」

出典: https://www.mwed.jp

メールや手紙で、感謝の言葉を伝える際の言い方として「いつも力をいただいています」は活用できます。感謝している気持ちも伝えられますし、その相手の想いがいつも自分の活力になっているということも伝わります。

やる気も伝えられる良い印象の言葉

出典: https://gakumado.mynavi.jp

言われた相手は間違いなく不快にはなりませんし、むしろ嬉しく感じます。例文は「温かいお言葉に、いつも力をいただいています」です。引き続き応援したいと感じますし、感謝の言葉を伝えると同時に、どこかやる気をも感じる非常に良い言葉です。

Thumbビジネスメールのお礼の書き方とは?返信・感謝の伝え方を場面別で紹介!

感謝の言葉まとめ

出典: https://biz.trans-suite.jp

感謝の言葉は、自分がいくら「ありがとう」と想っていても、相手に対してその想いが伝わらなければ意味がないことです。「言わなくてもわかってくれている」というのは、自分だけが感じていることなので、相手には丁寧な言い方、そしてやる気が出る言葉を共に伝えることが大切です。そのような言い方で、相手はより嬉しくも感じます。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ