「助かりました」の敬語として正しい表現方法は?意味と使い方を例文で解説!

「助かりました」という言葉は敬語の表現として正しいのでしょうか?間違っているとしたら「助かりました」を敬語で表現するにはどのような言い方が正しいのでしょうか?今回は「助かりました」という言葉に焦点をあてて、意味や使い方を例文で解説していきます。

「助かりました」の敬語として正しい表現方法は?意味と使い方を例文で解説!のイメージ

目次

  1. 「助かりました」の意味や使い方は?敬語としての正しい表現方法を例文で紹介!
  2. 「助かりました」という言葉はどんな意味?
  3. 「助かりました」の正しい使い方を紹介!
  4. 「助かりました」敬語に言い換えた表現方法を例文で紹介!
  5. 「助かりました」を英語に変換すると?
  6. 「助かりました」を使う時は相手を考慮して正しく使おう!

「助かりました」の意味や使い方は?敬語としての正しい表現方法を例文で紹介!

出典: http://www.mana-biz.net

「助かりました」という敬語は、正しい敬語表現なのでしょうか?またこの言葉の意味や使い方はどのようにしたらよいのでしょうか?そもそも助かりましたという言葉は敬語として間違っているとしたら、正しい敬語の表現方法はどのようなものがあるのでしょうか?今回は意味や表現方法を中心にして、例文を交えながら助かりましたという言葉を解説します。

「助かりました」という言葉はどんな意味?

助かりましたは受け取り方で意味が変わる

出典: http://mc2.civillink.net

そもそも「助かりました」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか?言う側と言われる側ではずいぶんと温度差があるような言葉でもあります。それに「助かりました」という言葉にはお礼の意味は含まれているのでしょうか?結論として表現方法としてお礼というには不十分であると言えます。しかし「助かりました」には他の表現方法はありません。

助かりましたの意味は?

出典: http://audy2.xyz

助かりましたの意味は言葉通りに「助けていただきありがとうございました」という意味があります。感嘆の要素も入っている言葉になりますので、わかりやすく言うと感情の説明が入った言葉になります。なので「助かりました」には助けて貰えてうれしいという意味と助けて貰えて感謝しているという二つの意味が入り混じった言葉の表現方法になります。

助かりましたという表現方法は敬語なのか?

出典: https://goiryoku.com

助かりましたという言葉はそもそも敬語なのか?という事が今回の問題ですが、丁寧語の分類に入ります。しかし敬語ではないという意見が多数あります。それはなぜかというと目上の人に対して言うと失礼にあたる可能性があるからです。しかし近しい上司ならば許される表現であると言えます。なぜなら丁寧語で感謝の意も含まれるからです。

助かりましたは敬語の間違った使い方?

出典: https://otonasalone.jp

助かりましたという言葉は敬語として間違った使い方なのか?というとそうではありません。率直にお礼を伝えるという意味では非常に適した感情が入った言葉の使いかたになります。例えば誰かに助けてもらったときには「とても助かりました。ありがとうございます」と伝えるはずです。しかしビジネスシーンでは他に表現方法があるということです。

助かりましたは目下の人に使う言葉?

出典: https://otonasalone.jp

「助かりました」は目下の人間に対して使うねぎらいの言葉である「ご苦労様」と同じような意味合いがあるという人も中にはいます。なのでビジネスシーンでは極力別の表現に言いかけるほうはよいです。助かりましたという言葉には敬語表現として「ご助力」や「ご尽力」また「ご支援」や「お力添え」などという言い換えの表現があります。

「助かりました」の正しい使い方を紹介!

相手によっては注意が必要な言葉!

出典: https://honorific-language.com

「助かりました」という敬語は使う相手によって注意が必要な敬語になります。意味を取り違えて受け取られる場合があるからです。例文を見てみます。「大変助かりました。今後もよろしくお願い致します」となるとどうでしょうか?少し上から目線の雰囲気を相手にさせてしまいます。相手が目上の場合は少々不愉快な気分にさせることもあります。

代わりになる表現を使おう

出典: https://mayonez.jp

目上の人に「助かりました」と感謝を述べたい時はどのような使い方や代わりになる表現方法があるでしょうか?例文を見てみます。少し堅い表現方法にはなりますが「ご助力痛み入ります」という表現方法があります。ご助力は手助けという意味の言葉に「御」を付けた敬語になります。「痛み入る」は相手の好意などに対して深く感じ入るという意味です。

助かりましたの他の表現方法は?

出典: https://allabout.co.jp

目上の人への助かりましたの他の表現方法の例文として「ご助力痛み入ります」を紹介しましたが、痛み入るという言葉も皮肉に取られる場合もありますので、「ご助力大変感謝致します」という言葉も目上の人への助かりましたの別の表現方法としてはOKになります。感謝という表現方法を主体として言葉にした方が相手にも伝わりやすくなります。

助かりましたという言葉には種類があるが

出典: https://belcy.jp

助かりましたという言葉には別の表現方法がいくつかあります。しかし「助かりました」という言葉には感謝の気持ちも入っていますので、感謝の意も含めた表現方法となると他にはありません。助かりましたという別表現の言葉に足して感謝の意を伝えなければいけません。例文を見ます。「この度はご支援ありがとうございました」となります。

助かりましたの別表現に感謝を足す言い方

出典: https://minnkane.com

助かりましたの別表現には感謝の意が含まれていない表現が多いので、感謝を意味する言葉を足さなければなりません。例文の「この度はご支援ありがとうございました」ですが、この場合も支援には援助するや助けるという意味にはなりますが、感謝を意味する言葉は入っていませんので使い方としては「この度はご支援ありがとうございました」となります。

助かりましたは便利な言葉なのでそのまま

出典: https://biz.trans-suite.jp

助かりましたは目上の人に少々失礼であり、敬語の使いかたとしてはNGという意見が多いですが、あえてそのまま使う例文を見てみます。「この度は大変助かりました。今後ともどうぞよろしくお願いします」となるとどうでしょう?少々、つたない敬語ではありますが感謝と低姿勢は伝わりやすいです。若年世代は勉強させて頂くという姿勢が窺えます。

やはり正しい敬語の表現方法がいい場合

出典: https://belcy.jp

若年世代では敬語が多少つたないぐらいが好感が持てる部分もありますが、敬語はやはり正しい使い方がよいという場合は「助かりました」という敬語にはいくつか他の表現方法があります。例文で見てみます。「この度はご助力大変感謝致します。今後ともよろしくお願い致します」と表現方法と「この度はご支援大変感謝致します」というものがあります。

助かりましたは敬語の表現が少ない

出典: https://careerpark.jp

助かりましたという表現方法に対する正しい敬語は少なくどうしても助けと感謝という言葉は意味が別々になります。例文として「ご助力感謝致します」や「ご支援感謝致します」も助けと感謝は別々になります。助けを意味する敬語として「ご助力」や「支援」または「ご尽力」や「お力添え」があります。しかしこれらはすべて「助け」という意味になります。

敬語の表現としての助かりました

出典: https://taking-a-stand.jp

助かりましたの敬語はいくつかありますがそれらには感謝という意味は入っていません。使い方を間違えると失礼な意味になってしまう場合はありますので注意が必要です。例文を見ます。「この度はご尽力ありがとうございました」や「この度はお力添えを頂き、大変感謝しております」という敬語の使い方があります。ご尽力やお力添えも助けの意味です。

メールでよく使われる助かりましたの敬語

出典: https://docoic.com

よく使われるビジネスメールのお礼のフレーズで次のような敬語の使い方があります。「多大なるご尽力を賜り深く感謝申し上げます」という敬語の使い方です。これは顧客や取引先に送るお礼のメールではよく使われる敬語のフレーズになります。大変かしこまった敬語の表現になりますが、これが顧客や取引先に通常で使われています。

助かりましたの敬語の表現にも色々あります

出典: https://minnkane.com

助かりましたという敬語の使い方にも色々なシチュエーションがあります。例えば依頼をした場合です。約束の時間の変更をお願いして「助かりました」と伝えたい場合の敬語の使い方としては、「誠に勝手なお願いで申し訳ございませんでした。大変ありがたく存じます」などというように謝罪とお礼を交えた言葉の使い方をします。お礼だけでは不十分です。

簡単なフレーズでお礼を伝える方法

出典: https://4meee.com

「助かりました」というお礼を伝えるのに難しい敬語をあえて使う必要はありません。例えば「○○して頂きありがとうございました」という言葉の使い方は難しい敬語を使わなくてもお礼を伝えることができます。後半のありがとうございますを「厚く御礼申し上げます」や「大変感謝しております」などに変えれば改まった雰囲気を出すことができます。

お礼をする場合のフレーズを覚える

出典: https://4yuuu.com

「助かりました」というフレーズは助けて貰って感謝していますという意味ですから、してもらった事にお礼の言葉を足すだけで充分丁寧な言葉の使い方になります。先日はお時間を頂きましてありがとうございましたというフレーズもビジネスではよく使われる言葉になります。このように○○して頂きありがとうございましたというように言葉を使います。

お礼のフレーズのバリエーション

出典: http://u-note.me

助かりましたの正しい敬語の使い方は言ってしまえばお礼のフレーズのバリエーションになります。柔らかい雰囲気でしたら「○○して頂きありがとうございました」となりますし、かしこまった言い方であれば「ご尽力賜りまして大変感謝しております」というようなフレーズになります。相手や場面によって使い分けをしますが基本は同じです。

助かりましたと言われたときの返し方

出典: https://taking-a-stand.jp

お礼を言うばかりではなく「助かりました」と言われた際にも返事の仕方が色々あります。例えば目上の人から言われた場合は「とんでもありません。こちらこそ勉強させていただきました」というような返しが必要ですし、「お役に立ててなによりです」という言い方もあります。その時の立場やシチュエーションによって使い分けます。

お礼の返し方のフレーズにも色々ある

出典: http://wanokokororeigi.com

お礼を言われた時の返し方にもスキルや語彙力が求められます。目上の人ならば「お役に立ててなによりです。またお申し付けください」と言えば好感が持たれますし、「恐縮です。お力になれまして光栄です」と言えばとてもかしこまった口調となります。「恐れ入ります」や「恐縮です」という言葉はビジネスではよく使われる言葉の使い方になります。

助かりましたと言ってしまった場合

出典: https://belcy.jp

助かりましたという言葉はよく使う言葉ですので、ついうっかり目上の人でも使ってしまう場合もあります。その場合のフォローとしてのフレーズを考えてみます。「先日は助かりました」と言ってしまった場合はそのあとに「○○様のおかげで~できましたありがとうございます」という言葉を付け加えます。そうすれば会話として成り立ちます。

助かりましたと使ってもよいけれど

出典: https://news.mynavi.jp

助かりましたという言葉を使ってしまった場合は、そのあとに改めてお礼を言うフレーズで会話を進めます。例えば「先日はありがとうございました。○○様のおかげで非常に助かりました。本当に感謝しております」というフレーズならばどうでしょう?とても感謝しているがために語彙が出て来ないというように見受けられます。

敬語の使い方をマスターするには

出典: https://eigobu.jp

助かりましたの表現にも色々なものがありシチュエーションによってもそれぞれ異なります。敬語をマスターするには使ってなれるしかないのですが、語彙力に関しては本を読んで覚えるという方法もあります。ビジネスメールでよく使うフレーズに関してはパソコンで定型文を作成しておくのもよいです。しかし口頭のフレーズは数をこなすしかありません。

Thumb「誠にありがとうございます」は正しい敬語表現?意味と使い方を解説!

「助かりました」敬語に言い換えた表現方法を例文で紹介!

先日は○○して頂きありがとうございました

出典: https://www.rarejob.com

堅い敬語表現を使用せず、柔らかな印象で伝えたい場合はこの「先日は○○して頂きありがとうございました」というフレーズがよいです丁寧な敬語の口調ですが硬すぎず好感が持てます。例文として「先日はご足労頂きありがとうございました」というような文章になります。相手が時間を割いてくれた場合や来訪してもらった時などに有効なフレーズです。

おかげさまで無事に○○することができました

出典: https://matome.naver.jp

柔らかい印象を与えるお礼のフレーズとして「おかげさまで無事に○○することができました」という例文もあります。この場合は相手の力添えのおかげでという意味が含まれており、進捗や状況報告などの場合によく使われるフレーズになります。またビジネスメールでのお礼メールでもよく使用されるフレーズですので「おかげさまで」は便利な言葉です。

敬語の表現を使うと少し堅いイメージになる

出典: https://books.rakuten.co.jp

おかげさまでというのは話し言葉として良く使う表現ですが、ビジネスメールでも多用されます。例文をみると「先日はおかげさまで無事に作業を完了することができました。ありがとうございました」というような文章になります。敬語としては柔らかな表現になります。「先日はご助力賜りまして大変感謝致しております」となると堅いイメージになります。

お礼メールでの助かりましたの敬語の表現

出典: https://latte.la

ビジネスメールでよく使われるお礼のメールには次のような例文があります。「この度は多大なるご尽力を賜りまして誠にありがとうございます」という文章になります。この「多大なるご尽力」の部分が助かりましたにあたります。ご尽力は「ある目的の実現のために力を尽くすこと」という意味で相手へのお礼としてよく使われるフレーズになります。

簡単な敬語でいう助かりましたの別の表現

出典: http://forestpub.com

助かりましたを簡単な敬語を使った場合の表現方法を例文で紹介します。「先日は大変お世話になりました。おかげさまで~」というフレーズです。しかし「ご助力」や「ご尽力」または「お力添え」が使えるとビジネスのシーンではとても印象がよくなります。「ご助力して頂きありがとうございました」や「ご尽力いただきまして」という表現方法になります。

難しい敬語を使わなくても失礼にならない

出典: https://www.taishukan.co.jp

例えば「おかげさまで無事に○○することができました」という例文について見てみます。この例文の場合の表現方法の重要なポイントは「おかげさまで」という言葉になります。「おかげさまで」は助けていただいたおかげでという意味になる敬語の表現方法になります。「○○様のおかげで」と具体的に名前を入れて使用することもできます。

「助かりました」を英語に変換すると?

日常会話の中の助かりましたの表現

出典: https://www.lifehacker.jp

助かりましたを英語に変換するとどのような言葉になるのでしょうか?例文を見てみます。Thank you so much. You really saved meとなります。これはタクシーや道案内をしてくれた時に述べるお礼の言葉になります。You really saved meあなたは私を助けてくれましたという直訳になり、Thank you so muchを付けるとあなたのおかげでとなります。

ビジネスでの助かりましたの敬語表現は?

出典: http://and-plus.net

ビジネスでの英語の場合は少々硬い表現方法となり、敬語の表現を紹介します。ビジネスメールでよく使われるフレーズになります。I great appreciate your help regarding this matter.です。これは少々硬い表現ですが、この件であなたにとても感謝していますという敬語の表現方法になります。軽いフレーズですとThank you for helping me.になります。

「助かりました」を使う時は相手を考慮して正しく使おう!

出典: http://u-note.me

助かりましたと感謝を述べる時は相手の立場や力関係に考慮して言葉を選ぶ必要があります。多少堅い敬語表現だとしても目上の人には正しい敬語で助けてもらった感謝を述べるほうがよいです。助かりましたには色々な敬語の表現方法があり、ビジネスメールや会話で使い分けることも重要なポイントになります。間違えないように注意します。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ