出産手当金はいつもらえる?条件や申請時期・添付書類まで徹底解説!

出産手当金はいつもらうことができるのかという点に着目して、出産手当金の申請条件や申請時期について具体的に解説を行っていきます。いつもらえるのかという点や、添付書類なども具体的に解説していきます。出産手当金の条件や金額について理解できる記事です。

出産手当金はいつもらえる?条件や申請時期・添付書類まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 出産手当金の条件やいつもらえるのか確認しよう
  2. 最初にチェック!出産手当金とは何か?
  3. 出産手当金を受け取る条件!妊娠の期間など
  4. 出産を機に退職をした場合!条件の確認
  5. いつからいつまでもらえるか?出産手当金の支給期間
  6. 標準報酬月額の確認!出産手当金の計算方法
  7. 会社から給料を受け取る場合!出産手当金の行方
  8. 傷病手当金との兼ね合い!出産手当金の受給条件
  9. 申請手続きも確認!出産手当金の申請時期
  10. マイナンバーも必要!出産手当金の手続き
  11. いつ振り込まれるのか!出産手当金の具体的な振込時期
  12. 産休から2年以内の申請!出産手当金の受け取り
  13. 産休中の支払い免除項目!社会保険料
  14. 住民税は減免に!産休中の税金支払い
  15. 所得税はかからない!出産手当金の計算
  16. 出産手当金以外にもらえるお金1:出産育児一時金
  17. 出産手当金以外にもらえるお金2:検診チケット
  18. 出産手当金以外にもらえるお金3:児童手当
  19. 出産手当金以外にもらえるお金4:出産祝い金
  20. 出産手当金以外にもらえるお金5:育児休業給付金
  21. 出産手当金以外にもらえるお金6:失業給付金
  22. 出産手当金以外にもらえるお金7:児童扶養手当金
  23. 退職を検討するタイミング!資金面のやり繰り
  24. 条件を整理!出産手当金をもらえる人
  25. 出産手当金支給決定通知書の送付!書類の確認
  26. 申請方法を整理!出産手当金の申請手順
  27. 1年以上の健康保険への加入!パートやアルバイト
  28. 配偶者の扶養に入る!効率的な資金繰り
  29. 自分らしい生き方を!出産手当金の活用
  30. 出産手当金の条件といつもらえるのか理解する

出産手当金の条件やいつもらえるのか確認しよう

出典: https://www.kyoukaikenpo.or.jp

出産手当金に注目して、出産手当金をいつ受け取ることができるのか、あるいは出産手当金を受け取るための条件や金額について具体的に解説を行っていきます。申請時期や添付書類なども含めて、申請手続きの方法も取り上げていきます。妊娠したら出産手当金を受け取る準備を進めることが重要です。出産手当金を上手く活用して生活につなげていきましょう。

最初にチェック!出産手当金とは何か?

産休中に支給される手当

出典: http://www.aichitoshi-kyosai.jp

まず、出産手当金とはどういったものなのかについての確認を進めていきます。出産手当金とは、仕事をしている女性で妊娠をきっかけにして産休を取る場合にもらえる手当金のことです。その金額は働いている時の給料に付随しますが、生活資金の一部として手当が保障されています。産休中は仕事を休むことになり、給料が出なくなる会社が少なくありません。

健康保険組合からの支給

出典: http://www.kenpo.gr.jp

さまざまな諸条件をクリアした中で、会社に勤める女性やパート、アルバイトの女性従業員の方が出産手当金を受け取ることができます。会社に勤務していれば健康保険組合への加入が求められることになります。その健康保険組合から出産手当金が支給されることになります。産休中であっても安心して出産や子育てに専念できるように、支給されるお金です。

条件を満たす必要がある

出典: https://www.kyoukaikenpo.or.jp

出産手当金を受け取るための基本的な考え方としては、出産のために仕事を休職しており、会社から給料が支払われていないことが前提条件となります。出産前の一時期は仕事をしてはいけないことになっています。その時期に給料が出ないことから、出産手当金という制度が創設されました。一定の条件を確認して、その条件を満たしておくことが求められます。

出産手当金を生活に役立てる

出典: http://www.tjk.gr.jp

近年の社会的な傾向として、出産を経ても産休や育休を取得して働き続ける女性の方も増えてきています。休職した後に再び社会復帰をするのは素晴らしいこととして、歓迎される傾向にあります。そんな女性たちの社会での活躍を後押しする制度として出産手当金の支給があります。妊娠した女性は出産手当金を活用して、生活に役立てることがポイントです。

出産手当金を受け取る条件!妊娠の期間など

健康保険への加入が基本条件

出典: http://www.futaba-kenpo.or.jp

妊娠して出産を控える女性を経済的に後押しする制度として、出産手当金という制度が創設されることになりました。その出産手当金について、受け取るための条件について確認を進めていきます。基本的に、出産手当金の対象となるのは職場の健康保険の保険料を自分で支払っている人です。パートやアルバイトで働いている従業員の方でも対象に含まれます。

国民健康保険は対象外

出典: http://toyoshimakenpo.or.jp

正社員として勤務されている女性はもちろんこと、契約社員やパート、アルバイトの方でも自分で職場の健康保険の保険料を支払っていれば、出産手当金を受け取ることができる対象に含まれます。一方で、国民健康保険に加入している女性は出産手当金の対象とはなりません。また、家族や配偶者の扶養に入っている女性も対象ではないので、注意が必要です。

出産のために仕事を休むことも条件

出典: http://egao-click.com

会社や職場の健康保険に加入していて、さらにその健康保険料を給与天引きなどの形で自分で支払っている人が出産手当金を受け取る対象となります。その他の基本条件としては出産をするために仕事を休んでいて、なおかつ会社から給料を受け取っていないことが求められます。会社から給料をもらっている場合は、出産手当金の全額の受け取りができません。

妊娠4ヶ月以上であれば受け取れる

出典: https://www.its-kenpo.or.jp

妊娠や出産をした時期でも会社から給料をもらっている場合は、生活費に困らないと判断されて、出産手当金の金額が減額されるか、あるいは全額支払われなくなるケースもあります。その辺の条件について、後ほど詳しく解説を行っていきます。また、出産手当金については、正常な分娩ができなかった場合も妊娠4ヶ月以上であれば受け取ることができます。

妊娠4ヶ月が支給条件の基準

出典: https://papa-cashing.net

妊娠4ヶ月以上、正確な日数で言うと85日以上の妊娠状態であったことがわかれば、出産手当金の支給条件を満たすことになります。例えば、妊娠4ヶ月を経過した後に早産や死産、流産といったケースになった場合も出産手当金を受け取ることができます。また、人口中絶をした場合でも妊娠4ヶ月を経過している場合は、出産手当金の支給条件を満たします。

出産を機に退職をした場合!条件の確認

一定の条件を満たすこと

出典: http://www.pru-kenpo.or.jp

出産手当金を受け取るためにはいくつかの条件をクリアする必要がありますが、出産を機に会社を退職した場合の条件についても確認を進めていきます。出産を機に会社を退職した場合でも、一定の条件を満たせば出産手当金を受け取ることができます。その条件を確認しつつ、条件を満たすようにしてから退職できれば、経済的にはベストな状態だと言えます。

条件として健康保険への加入が1年以上

出典: http://egao-click.com

出産を機に会社を退職した場合の出産手当金受け取り条件として大きなポイントになってくるのが、健康保険への加入期間が1年以上であることです。退職をせずに休職という形であれば、健康保険の加入期間が問われることはありませんが、退職する場合は1年以上の加入期間が必要となります。この1年以上という期間は連続して在職している必要があります。

連続した1年の加入が条件

出典: http://el-lab.tandn.co.jp

つまり、退職をする以前の1年以内に就職と離職を繰り返して、健康保険への加入期間が1年に満たない場合は出産手当金の支給対象には含まれなくなるので注意が必要です。合計で1年以上ではなく、連続した1年以上の健康保険への加入が求められるということです。まずは、この条件を確認した上で出産手当金の申請手続きを進めていくことが求められます。

出産予定日も条件の一つ

出典: http://srai.jp

続いての条件として、退職日が出産手当金の支給期間内に入っていることが求められます。出産手当金の支給期間内というのは、退職日より42日以内に出産予定日があるということです。双子などの多胎であれば98日以内に出産予定日があることが条件です。これより以前に退職をしてしまうと、出産手当金の支給対象からは外されることになってしまいます。

条件を確認して退職する

出典: http://shussanjunbi.com

つまり、出産予定日よりも43日以上前に会社を退職してしまった場合は、健康保険に1年以上継続して加入をしていても出産手当金の対象からは外れるということです。多胎での出産の場合は99日以上前に退職すると条件を満たさなくなります。したがって、出産手当金の受け取りを検討している場合は、出産予定日と退職日の関係にも気を遣う必要があります。

退職日当日は休むことが条件

出典: http://egao-click.com

出産を機に退職する場合のさらなる条件として、退職日に出勤をしていないことが求められます。退職日当日に関しては、時短勤務も含めて出勤していないことが条件となります。つまり会社をお休みしていなければなりません。この条件も忘れがちなので注意をしておく必要があります。会社に事情を説明して、きちんとお休みさせてもらうことがポイントです。

支給期間内がいつからいつまでかを把握する

出典: http://www.nds-kenpo.or.jp

出産を機に退職する場合は、上記の条件を確認しつつ、退職手続きを進めることが求められます。特に出産手当金の支給期間内はいつからいつまでなのかという点についても留意しておく必要があります。42日や98日といった数字を意識することが大切です。それぞれの条件を満たした中で、確実に出産手当金を受け取れるようにしておくことが求められます。

Thumb出産手当金を退職後に受け取れる?申請条件や手続き方法を解説!

いつからいつまでもらえるか?出産手当金の支給期間

条件を満たせるように行動する

出典: https://kufura.jp

出産手当金については、就業中の場合も出産を機に退職する場合も含めて一定の条件を満たせるように計画を立てておくことが重要なポイントです。せっかく妊娠や出産をすることができても、一定の条件を満たすことができなければ出産手当金を受け取ることができません。改めて条件を認識して、その条件を満たせるように行動していくことがおすすめです。

いつからいつまでの受給か確認

出典: https://kotaeawase.com

それでは、さらに具体的な内容として出産手当金をいつからいつまで受け取ることができるのかという点についても解説を行っていきます。出産手当金については、産前と産後で受け取れる期間が分かれて計算されることになっています。基本的に1人の子供の出産の場合と、双子などの多胎出産の場合でいつからいつまで受け取れるのかが変わっていきます。

産前はいつから受給できるか?

出典: https://okanemoraeru.inmyao.com

まず、1人の子供出産する場合の出産手当金の受け取り期間について確認していきます。産前については産前の42日間が基本的な受け取り期間となります。これは出産予定日に照らし合わせて計算が行われることになります。出産予定日通りに子供が産まれてくれば、42日分の出産手当金を受け取ることができます。そうでない場合は、多少流動的になります。

出産予定日と出産日でいつからいつまでか変動

出典: https://tomboykosodate.com

例えば、出産予定日よりも4日早く出産した場合は42日の基本支給期間から4日マイナスされて、38日間の支給となります。一方で、出産予定日よりも4日遅く出産した場合は基本支給期間に4日プラスされることになり、合計で46日間分の出産手当金を受け取ることができます。この辺の出産手当金の仕組みについても適切に確認をしておくことが求められます。

産後はいつからいつまでか確認

出典: https://allabout.co.jp

まずは産前について、いつからいつまでが支給対象となるのかを確認しておくことが大切です。続いて、産後についていつからいつまで出産手当金の支給期間となるのかについても確認を進めていきます。産後に関しては、56日が基本的な日数となっています。これは1人の女性が1人の子供を産んだ場合の支給期間であり、基本的に変動することはありません。

多胎出産の場合はいつからいつまで?

出典: http://el-lab.tandn.co.jp

それでは、双子などの多胎出産となった場合の支給期間についても確認していきます。多胎出産の場合は、1人の子供を出産する場合よりも支給期間が長くなる傾向にあります。産前に関しては98日間の支給期間が設定されています。1人の子供を産む場合は42日間なので、2倍以上の支給期間が設定されています。まずはこの期間を理解することが大切です。

出産予定日と出産日!いつからいつまでの支給か変動

出典: http://jimublog.com

多胎出産の場合も、出産予定日と実際の出産日に応じて出産手当金の支給期間が変わってくることになります。例えば、出産予定日よりも5日早く産まれてきた場合は、98日から5日マイナスされて93日の支給となります。反対に、出産予定日よりも5日遅く産まれてきた場合は、98日から5日プラスされて103日の支給です。この辺の条件もポイントとなります。

産後は変わらない!いつからいつまでか

出典: http://www.rengo-kenpo.or.jp

いつからいつまでの出産手当金支給かという点について、産後の場合は1人の出産のでも多胎出産でも変わることはありません。両者ともに産後は56日までの支給となっています。基本的に支給期間が変動する可能性があるのは産前となるので、そこを覚えておくことがポイントです。出産予定日と実際の出産日の違いによって出産手当金の支給計算を行います。

標準報酬月額の確認!出産手当金の計算方法

まずはいつからいつまでの期間の確認

出典: https://www.gourmetcaree-tokyo.com

出産手当金について、いつからいつまで受け取ることができるのか、あるいは受け取りの条件を確認してその条件を満たせるように行動していくことが求められます。その上で、実際に出産手当金を受け取る場合の計算方法についても確認を進めていきます。出産手当金の計算に関しては、標準報酬月額と呼ばれる金額を基にして計算が行われることになります。

標準報酬月額の確認

出典: https://goseikenpo.e-sprit.jp

標準報酬月額とは、毎月の基本給や残業代、各種手当や交通費といった総支給額に対して、区切りの良い金額の幅で分けた金額のことを言います。都道府県ごとに標準報酬月額の計算方法が定められているので、それをチェックしておくことも大切です。例えば東京都の場合、月額給料が各種手当込みで31万円であれば、標準報酬月額が30万円となっています。

標準報酬月額の12ヶ月分の平均

出典: http://www.fulfillingdays.com

その標準報酬月額を12ヶ月間分まとめて平均したものが、出産手当金に計算に利用されることになります。出産手当金の支給開始以前の12ヶ月間の標準報酬月額の平均×3分の2の金額が、出産手当金として支給されます。つまり、出産手当金の受け取りは標準報酬月額の平均と実際に支給を受けられる日数に応じて、支給金額が変化してくるということです。

会社から給料を受け取る場合!出産手当金の行方

給料をもらわないことが条件

出典: https://momonestyle.com

出産手当金を受け取るための条件として、会社から給料をもらわないことも条件の1つでしたが、産休中も会社から給料を受け取る場合があります。有休などを利用していると、会社から給料が支給されます。その場合は、出産手当金と給料の金額に応じて計算が行われます。出産手当金の金額よりも給料の金額の方が多い場合は、出産手当金を受け取れません。

出産手当金以上には受け取れない

出典: http://www.kenpo.gr.jp

ただし、給料の金額よりも出産手当金として受け取れる金額の方が多い場合は、出産手当金から給料を引いた金額を受け取ることができます。いずれにしても、出産手当金よりも多い金額を受け取ることができないということです。会社の規定で一部の給料を受け取れる場合も、出産手当金が少なくなります。この辺の計算についても覚えておくことが大切です。

傷病手当金との兼ね合い!出産手当金の受給条件

出産手当金が優先される

出典: https://www.tabisland.ne.jp

給料との兼ね合いについても注意が必要な出産手当金ですが、さらに傷病手当金との兼ね合いにも注意しておく必要があります。ケガや病気が原因で、正常通りに働くことができない場合は傷病手当金を受け取ることができます。出産手当金を受給している際は、傷病手当金を同時に受け取ることができません。出産手当金が優先されて支給されることになります。

傷病手当金はいつまでもらえる?

出典: https://www.babys-room.net

ただし、傷病手当金の方が出産手当金よりも大きな金額になる場合は、その差額の計算が行われて足りない分の金額については補填して支給してもらうことができます。出産手当金の支給期間が終了したら、再び傷病手当金を受け取ることができます。傷病手当金については最大1年6ヵ月の受給が可能となっているので、その期間を確認しておくことも大切です。

申請手続きも確認!出産手当金の申請時期

条件を満たしているかの確認

出典: https://www.toyotakenpo.jp

実際に、出産手当金を受け取るための申請手続きや申請時期についても確認していきます。出産手当金の申請時期については、出産予定日がわかった段階で勤務先に受給資格の条件を満たしているかどうかを確認することがポイントです。その後、産休を取得する前に勤務先から健康保険出産手当金支給申請書をいただき、入院時に担当医師に記入してもらいます。

申請時期や順序の確認を

出典: http://kosotatu.jp

実際に出産を経た段階で、勤務先に健康保険出産手当金支給申請書を提出して、勤務先の担当者に健康保険組合に申請書を提出してもらうようにお願いします。そうすることで、2週間から2ヶ月経過した頃に出産手当金が指定口座に振り込まれるという流れになっています。申請時期も含めて、計画的に順序立てて申請手続きを行っていくことが求められます。

マイナンバーも必要!出産手当金の手続き

出典: http://egao-click.com

出産予定日がわかった段階がおおよその申請時期となりますが、申請時期に合わせてマイナンバーも準備しておく必要があります。基本的に出産手当金の申請書にはマイナンバーの記入欄が用意されているので、そこにご自身のマイナンバーを記載します。添付書類として提出することもできますが、まずは各健康保険組合に確認して対応することが求められます。

いつ振り込まれるのか!出産手当金の具体的な振込時期

振込時期がいつか確認

出典: https://o-hiroba.com

マイナンバーなどの添付書類や申請時期に着実に行動を起こしていくことが大きなポイントと言えます。その上で、出産手当金はいつ振り込まれるのかというところも確認していきます。出産手当金は、産後56日を経過してから勤務先が申請書を記入して社会保険事務所に提出することになります。その後2週間から2ヶ月程度経過した段階で振り込まれます。

産後の2ヶ月半から4ヶ月後

出典: http://day-easy.jp

つまり、トータル的な手続きを考慮すれば、産後の2ヶ月半から4ヶ月経過した時点で出産手当金が支給されると認識しておくことがベターです。産後すぐに支給されるものではないので、資金計画を立ててやり繰りを進めていく必要があります。産後の難しい時期ではありますが、きちんと計算をして無駄な出費を増やさないようにすることがポイントです。

産休から2年以内の申請!出産手当金の受け取り

申請時期や条件の確認を

出典: http://www.asayama.jp

出産や子育ての忙しさに追われて、出産手当金の申請時期を把握していなかったり、申請時期を過ぎてしまったりすることもあります。申請時期を過ぎても出産手当金を受け取ることは可能です。出産手当金の申請時期については、産休開始の翌日から2年以内であれば請求可能です。この辺の申請時期の期限も把握して、手続きを進めていくことがポイントです。

申請時期の期限には注意を払う

出典: http://markethack.net

産休開始の翌日から2年以内という申請時期の期限を過ぎてしまった場合、1日過ぎることに出産手当金の金額がどんどん減っていきます。請求できる時期が産後98日分だった場合、産休開始から2年以内であれば全額受け取ることができます。しかし、2年98日を過ぎた段階で請求することができなくなってしまうので、申請時期に注意する必要があります。

産休中の支払い免除項目!社会保険料

出典: https://www.sonykenpo.or.jp

申請時期や添付書類の確認も進めて、適切に出産手当金を受け取ることが必要です。産前産後休業については、社会保険料の支払いが免除されます。健康保険や厚生年金、介護保険や雇用保険といった社会保険料を支払う必要がありません。会社によって添付書類が必要となりますので、必要な添付書類を添えた上で、手続きを進めてもらうことが求められます。

住民税は減免に!産休中の税金支払い

まずは条件の確認から

出典: https://www.kyoukaikenpo.or.jp

産前産後休業取得者申出書などの必要書類や本人確認などの添付書類を添えることで、社会保険料の支払いを免除することができますが、産休中は住民税も減税措置としてもらえることがあります。産休中に住民税を減免してもらえる条件としては、所得が前年と比べて半分以下になるケースを挙げることができます。まずは条件を満たすかどうかを確認します。

条件と共に必要な添付書類も確認

出典: https://www.jamiekenpo.or.jp

その他の条件として、生活保護を受給している場合や失業保険を受給している場合も挙げることができます。それぞれの収入の段階に合わせて全額免除や半額免除、30%免除などといった減免措置が取られます。会社から申請する場合は、必要な添付書類も確認しておくことが必要です。マイナンバーなども含めて、添付書類の提出を求められることがあります。

所得税はかからない!出産手当金の計算

出典: http://otokonoikukyuu.seesaa.net

出産手当金の金額計算において、所得税はかからないことになっています。健康保険法第101条にて、出産手当金には課税されないことが定義されており、所得税がかかることはありません。万一、会社などで間違って計算されている場合は指摘することが重要です。出産手当金として受け取れる金額については、確実に受け取っておくことが求められます。

出産手当金以外にもらえるお金1:出産育児一時金

健康保険組合からの助成金

出典: http://yuutanto.com

出産手当金も妊娠や出産を経験する女性にとっては嬉しいお金となりますが、出産を機に出産手当金以外にも受け取ることができるお金があります。それらのお金について具体的にご紹介していきます。まずは、その一つとして、出産育児一時金を挙げることができます。出産育児一時金とは、自身が加入している健康保険組合から支給される助成金のことです。

出産育児一時金の金額は42万円

出典: https://kufura.jp

出産育児一時金の金額としては、子供一人について42万円が支給されることになっていきます。勤務先や自身が住んでいる地域によっては、さらに上乗せされた金額が支給されることもあります。まずは子供にかかる費用として、出産育児一時金でいただける金額を活用することがポイントです。手続きも含めて、確実に出産育児一時金をもらうことが重要です。

Thumb出産育児一時金の申請方法や支給額を徹底解説!出産手当金との違いは?

出産手当金以外にもらえるお金2:検診チケット

出典: http://www.kenpo.gr.jp

妊娠や出産を機にもらえるお金としては、検診チケットも挙げることができます。直接的な現金ということではありませんが、1回5000円から2万円程度の金額相当する検診を無料で受診することができます。検診チケットも妊娠を契機にしてもらえるものなので、ありがたく受け取ることが重要です。活用できるものはとことん活用していくことがおすすめです。

出産手当金以外にもらえるお金3:児童手当

出典: http://kempo.recruit.co.jp

国の制度として、子供が中学校を卒業するまで児童手当と呼ばれる手当を受け取ることもできます。例えば、子供が0歳から3歳までであれば月額1万5,000円の児童手当を年3回受給することができます。義務教育を終了するまで受け取ることができる金額として重宝できます。子供が産まれた場合は、児童手当も活用しながら子育てを進めていくことが有効です。

出産手当金以外にもらえるお金4:出産祝い金

出典: https://www.its-kenpo.or.jp

勤務している会社によっては、福利厚生や労働組合から出産祝い金をもらえることもあります。その金額は会社や労働組合によってまちまちですが、いずれにしても生活の足しになるお金であることは間違いありません。また、加入している生命保険や医療保険の特約によって、出産祝い金が出ることもあります。添付書類などを確認しておくことがポイントです。

出産手当金以外にもらえるお金5:育児休業給付金

出典: http://www.maruha-nichirokenpo.or.jp

さらに、出産を機にもらえるお金として育児休業給付金を挙げることもできます。加入している雇用保険から支給されるお金のことであり、基本的な給付期間は赤ちゃんが1歳になるまでです。金額計算は雇用保険会社によってまちまちです。特別な理由があれば赤ちゃんが1歳6ヵ月を迎えるまで支給してもらうことができるので、確認をすることが重要です。

出産手当金以外にもらえるお金6:失業給付金

出典: https://ameblo.jp

妊娠や出産をきっかけとして退職をした場合、退職後すぐのタイミングで失業給付金の延長手続きをしておくことで、最大4年まで失業給付金を受け取ることができます。この申請時期に注意して、申請時期を守った手続きを進めることがポイントです。添付書類なども含めて、ハローワークで必要な手続きを済ませることで、生活費の足しにすることができます。

出産手当金以外にもらえるお金7:児童扶養手当金

出典: http://ryouikutecho.com

シングルファーザーやシングルマザーなど、ひとり親で子供を育てる場合には、児童扶養手当金や児童育成手当金といったお金をもらうこともできます。それぞれ所得制限の計算をした上で、支給金額が計算されていきます。おおよその金額として、月額1万円から4万円程度になることが多いです。申請時期や添付書類については別途確認をすることが必要です。

退職を検討するタイミング!資金面のやり繰り

支給条件に合った行動が重要

出典: https://garagaragara.com

出産手当金やそれ以外のお金を受け取るためには、必要な添付書類や手続きの条件を確認した上で、条件に沿った行動を取っていくことが大切なポイントです。その上で、退職を検討するタイミングについても留意しておくことが求められます。本来であれば、退職をせずに育休や産休を取得して、子育てが落ち着いたタイミングで職場に復帰するのが一番です。

支給条件と退職時期の決定

出典: http://www.sk-kenpo.or.jp

ただし、何らかの理由や事情があって会社を退職しなければならないこともあります。その場合も、出産手当金の支給期間や支給条件を確認した上で、どのタイミングで退職をするのがベストなのか判断した上で退職をするのがおすすめです。妊娠や出産前に退職をすることで、出産手当金を含めて受け取れる金額も上がっていくので、一つの退職ポイントです。

条件を整理!出産手当金をもらえる人

出典: http://www.tojitsu-kenpo.or.jp

出産手当金の支給条件について今一度整理していきます。退職する場合は、1年以上の健康保険への加入が必要となります。さらに、退職日から42日以内に出産予定日があり、退職日は仕事を休むことが条件となります。退職をしない場合は勤務先に確認して産休や育休を取得させてもらいます。正社員だけでなく、パートやアルバイトでも対象に含まれます。

出産手当金支給決定通知書の送付!書類の確認

出典: https://www.doshisha-kyosai.jp

出産手当金の受給に当たっては金額計算や、添付書類の提出なども求められることになりますが、出産手当金の支給が決定した段階で健康保険組合から出産手当金支給決定通知書と呼ばれる書類が郵送されてきます。その添付書類の中にいつお金が振り込まれるのかの記載もあります。添付書類も確認した上で、出産手当金の振込日を認識することが求められます。

申請方法を整理!出産手当金の申請手順

一連の流れを確認

出典: https://www.toyota-groupkenpo.jp

出産手当金の申請方法も整理していきます。まず受給資格があるかどうかを勤務先に確認します。その後、勤務先で出産手当金の申請書を入手して、入院する病院で必要事項を記載してもらいます。その後、産休後に勤務先に申請書を提出して必要事項を記入してもらいます。最後に勤務先から健康保険組合の窓口に申請書を郵送してもらうのが一連の流れです。

申請書を病院に持参する

出典: http://www.hoken-mammoth.jp

妊娠を機に入院する際には、申請書を入院する病院に持参することが求められます。入院中や退院時に医師に書類に記入をしてもらうことで、その後の手続きをスムーズに進めることができます。病院によっては、証明書代金などの費用が発生することもあるので、注意しておくことが求められます。

1年以上の健康保険への加入!パートやアルバイト

出典: http://www.joyobank.co.jp

申請に当たっては本人確認などの添付書類が必要となることもあるので、必要な添付書類は勤務先や医療機関に提出することが重要です。その上で、出産手当金を受給できるのは正社員に限った話ではありません。パートやアルバイトの従業員でも1年以上勤務していれば対象となります。まずは、勤務先に受給資格があるかどうかを確認することが重要です。

配偶者の扶養に入る!効率的な資金繰り

家計の計算も重要

出典: http://www.ijyu-kenpo.jp

出産手当金の計算も重要ですが、家庭内の資金繰りに関する計算もしっかりと行っておく必要があります。年収が201万円以下であれば、配偶者の扶養に入ることで特別控除を受けることもできます。そうすることで、年間最大で5万円から10万円ほどの節税効果につながります。さらに、保育料も安く抑えることができるので、家計のやり繰りにはメリットです。

住民税をもとに保育料を計算

出典: http://www.comsyskenpo.or.jp

保育料に関しては、支払っている住民税をもとにして計算が行われます。そのため、配偶者の扶養に入って減税できている方が相対的に保育料を安くすることができるということです。勤務先からの添付書類や本人確認のための添付書類、住民税の支払い証明といった書類を添付することで申請できます。子育てと家計の充実を図る上でもおすすめの考え方です。

自分らしい生き方を!出産手当金の活用

出典: http://www.og-kenpo.or.jp

出産手当金を活用することで、少しでも子育てにかかる経済的な負担を減らすことがポイントです。その中で、自分の生き方を見定めていくことも重要です。女性活躍社会などと叫ばれていますが、それでも子育てと仕事を両立させるのは簡単なことではありません。今一度自分の働き方や生き方を見つめ直して、何を大切にしたいのか判断することも有効です。

出産手当金の条件といつもらえるのか理解する

出典: https://www.surugabank.co.jp

出産手当金に焦点を当てて、出産手当金を受け取るための条件やいつもらえるのか、必要な手続きや添付書類の必要性などについて具体的に解説を行ってきました。出産手当金以外にも、妊娠や出産を機に受け取れる助成金は複数あります。出産手当金も含めて、それらの助成金を活用することがポイントです。子育てと家計のやり繰りを両立させていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ