お金を郵送する方法は現金書留?普通郵便禁止の理由も解説!

お金を郵送するには決まった手続きがあり、適当に普通郵便で郵送すると違法になることをご存知でしょうか。この記事では、お金を郵送する方法をはじめ、法律に違反しない様々なお金の送り方についてまとめました。それぞれ手数料など違いがありますので、ぜひご参考ください。

お金を郵送する方法は現金書留?普通郵便禁止の理由も解説!のイメージ

目次

  1. お金を遠方の人に郵送したいとき
  2. お金を郵送するには現金書留を使う!
  3. 郵送における書留の違いとは
  4. 法律で禁止されている!お金を普通に郵送できない理由
  5. 違法はバレる!お金を現金書留以外で郵送すると
  6. 郵送の代わりに宅配便を使うことも違法
  7. 現金書留で郵送するのに必要なお金
  8. 現金書留を使ったお金の郵送方法の手順を紹介
  9. 現金書留専用の封筒の書き方
  10. 郵便為替とは?郵便局でお金を送る他の方法
  11. 郵便為替でお金を送るには?手順と方法と手数料について
  12. 郵送でなくても良い!安く素早くお金を送れる銀行振込
  13. 銀行振込にかかる手数料
  14. ネットは安い!ネットバンキングの振込方法
  15. 楽天銀行が便利!メルマネという送金方法
  16. メルマネの詳しい使い方とかかるお金
  17. お金の送る方法を知って円滑にお金のやり取りをしよう

お金を遠方の人に郵送したいとき

30591606 598664430487883 7171974688531283968 n
keiko.ichinoさんの投稿

仕送りやネットオークションはたまたそれ以外にも、遠方にいる人にお金を郵送しなければならない自体はあるものですが、その方法は誰もが知っている知識ではありません。この記事では、そんなお金の郵送方法についてまとめ、またいくつかあるお金の送り方についてもそれぞれまとめました。

お金を郵送するには現金書留を使う!

17333132 639305629613027 3248729493375811584 n
erk9251さんの投稿

お金を郵送するには、現金書留というものを使う必要があります。現金書留とは、郵便局が扱っているサービスで、現金書留封筒を使い、お金を郵送できると法律で定められているサービスです。郵便局から現金を送る場合、普通郵便ではなく現金書留を利用しなければいけません。

郵送における書留の違いとは

そもそも郵送サービスにおける書留郵便とは

37508198 265280320868711 3867654518615310336 n
zm_iii_mzさんの投稿

書留郵便とは、追跡番号が付けられ、郵送データが記録される郵便物を言います。つまり郵便局が郵送する郵便物の中で、特に厳重な郵便物です。その為、重要書類やチケット、現金などを郵送するのに利用されます。追跡サービスがあり、届け方は手渡しになります。また郵便物に補償が付き、書留によって変わりますが1万円から500万円の範囲になります。

書留郵便1:現金書留

21435899 1126059687494488 8104907869452763136 n
yuki__oharaさんの投稿

現金書留は、現金を郵送する専用の郵便になります。現金のほかに親書も同封でき、ご祝儀袋ごと封入できる専用封筒もあります。補償はあり1万円からとなります。お金を郵送する場合、この方法以外では違法となっています。

書留郵便2:一般書留

34129884 1047265432091471 6542897284022009856 n
mika78wsさんの投稿

一般書留とは引き受けから配送に至る全ての段階の記録が残る厳重な書留です。貴金属の送付ができると法律で定められており、補償金額は無料で10万円まで、手数料を支払うことで500万円までつきます。高額な品などを郵送するのに向いています。

書留郵便3:簡易書留

33465067 2156142761282425 8613310801912004608 n
tairow38さんの投稿

仕組みはほぼ一般書留と同じ性質ですが、引き受け、配送のみ記録が残ること、補償が5万円からといった所に違いがあります。こちらも貴金属の送付は可能と法律で定められています。その為、安価な品や書類やチケットなどの郵送に向いています。

特定記録郵便との違いは

18298659 1394944970584735 6065420207743041536 n
saaya_lovecatさんの投稿

郵便サービスには「特定記録郵便」というものがあります。こちらは配送状況の記録はされますが、手渡しはするが受け取りのサインが不要で、補償もつきません。また貴金属の送付は法律で禁止されています。

法律で禁止されている!お金を普通に郵送できない理由

書留に関わる法律は郵便法第17条

1170348 321898664624057 274945293 n
uco11mさんの投稿

お金の郵送に関わる法律は郵便法第17条にあたり、「現金または郵便約款の定める貴金属、宝石その他の貴重品を郵便物として差し出す時は、書留の郵便物としなければならない。」と定められています。その為、現金を書留以外で郵送することは違法となってしまうのです。

お金の郵送に関わる法律ができた理由

26274374 148096742562807 5524856474272006144 n
boobynさんの投稿

なぜこのような法律ができたかは、普通郵便が関わってきます。普通郵便が泥棒等の悪意のある人に狙われると、その被害から守るための余計なコストが掛かってしまいます。そこで、現金や貴金属といった高価な品物は書留という形で送ることを法律で定め、普通郵便のコスト削減を図り現在に至るまで普通郵便を低額で利用できるようにしたのです。

法律違反がすぎると罰金

29089545 153932428622542 6439304287750193152 n
masa19870626hiroさんの投稿

お金を書留以外で郵送してしまうと違法となりますが、罰則自体は特に法律で定められてはいません。ですが、郵便法84条1項に「不法に郵便に関する料金を免れ、または他人にこれを免れさせた者は30万円以下の罰金に処する」ともありますので、違法の常習犯になったりすると罰金が科せられる可能性もあります。

違法はバレる!お金を現金書留以外で郵送すると

郵便局のチェックでバレる可能性は高い

37054171 2130269053900205 6937398667338842112 n
komugi_kyokuchoさんの投稿

お金を送ることが違法でも、封筒に入れてポストに投函してしまえばバレるとは思えませんが、実は郵便局ではできる限りのチェックを行っており、必要に応じてX線検査装置も使用しています。その為基本的にはバレるものと思っておいた方が良いでしょう。

違法な郵送方法ではトラブルに対するフォローなし

36986287 507331579700037 345305870130741248 n
shino040106さんの投稿

またそれだけでなく、もしその封筒が配達時に紛失したり、泥棒にバレることで盗まれたりしても一切の補償も損害賠償も認められてはいません。そうなったら自身の違法行為で大事なお金を捨ててしまったも同義になってしまうのです。

郵送がバレることがなくても損をする

さらに言えば、もしバレることなくお金が郵送できたとしても、送り先の人からすれば違法行為の片棒を担ぐ形になり迷惑になってしまいます。そして「送り主は書留以外でお金を送ると違法になることを知らない常識知らず」と思われてしまいます。少しのケチで大きく自分の評判を落としてしまうことになるのです。

お金の詐欺に巻き込まれる危険も

近年、レターパックを利用した詐欺事件が急増しています。手口は、レターパックに現金を入れ郵送させ、それをだまし取るというものです。ATMを使った振り込め詐欺と違い、防犯カメラ等の記録が残りにくいというのが急増の理由です。こうした問題もあるので、バレるかどうか以前に書留を利用しないお金の郵送は危険と考えたほうが良いでしょう。

郵送の代わりに宅配便を使うことも違法

宅配便ならバレることはまずないが

11375327 375702419301371 175558392 n
shokollo7さんの投稿

郵送できないならば宅配便を利用すればよいとも考えられますが、これも法律上で違法になります。宅配便はすべて、現金を郵送することは許されていません。宅配便では、中身を空けてチェックするなんてことはありませんので他の荷物に紛れさせてしまえばバレる心配はありませんが、ここまで説明したようにバレるバレない以前に危険な行為といえます。

バレると宅配業者も巻き添えとなる

10843798 1505233149797640 1242215380 n
xxcaocharixxさんの投稿

過去には、ヤマト運輸にて信書を宅配便で送ったことがバレる事件があり、この時は送り主とヤマト運輸双方が郵便法違反として書類送検されています。つまり、自身の違法行為が何らかの形でバレると、宅配業者まで巻き添えで被害を受けてしまいます。その為軽い気持ちで行うのではなく、正規の手続きを行うようにしましょう。

現金書留で郵送するのに必要なお金

郵送手数料は金額によりけり

16110986 1422777691065556 7152498747010711552 n
shinchyaaanさんの投稿

現金書留にかかるお金は、封筒代20円、送料、現金書留料金になります。送料は重さによって変わり、25g以内で82円、それ以上で徐々に値段が上がります。現金書留料金については、1万円以内では430円、それ以上は5000円毎に10円アップします。高い手数料ですが、これを収めることで万が一の事故の際に実損額50万円までなら補償されます。

現金書留には補償アリ

10533330 278734248986437 1354693572 n
wakame_keikoさんの投稿

ちなみに、現金書留の場合、何らかのトラブルでお金が郵送できなかった際金額の補償がされます。額は指定のない状態で1万円、それ以上は所定の場所に金額を記入しなければなりません。記入の仕方は後述します。また補償される金額は50万円までとなります。

追加料金で速達や日付指定も可

12717062 782844581819354 1969881212 n
current0425さんの投稿

現金書留にはオプションを付けることもできます。その内容と費用としては、まず速達が280円から。配達日指定に平日指定が31円で日曜祝日指定が210円になります。配達時間帯指定もつけられ、これは330円からとなっています。あと一つ配達証明があり、これが310円かかります。

現金書留を使ったお金の郵送方法の手順を紹介

準備するもの

23421950 194813817753786 8495630600672116736 n
milknote83さんの投稿

まず郵便局に行く前に準備しておくものがあります。第一に相手の住所と名前。宛先がないと送ることはできません。次にお金。郵送する分以外に封筒代と手数料のお金が必要です。後は印鑑(シャチハタ可)ですが、これは持っていなければサインでも代用可能です。

郵便局で封筒を購入

37288927 214325825944608 2835769985593245696 n
kitagi_gramさんの投稿

現金書留封筒は、郵便局の窓口でしか販売されていません。その為郵便局の窓口に行き、窓口で現金封筒を購入しましょう。封筒は直接現金を入れるタイプの封筒と、ご祝儀袋などごと送れるタイプの封筒があります。

宛名を書き封をする

14482279 771273659680470 4937911470575845376 n
bantou_vybzbankさんの投稿

封筒が手に入ったら、封筒に相手と自分の宛名、送る金額を記入します。そしたら、現金を入れ封をします。その際注意点として、現金封筒は二重封筒になっているので、封筒裏面に書いてある説明書きをしっかり読んで間違えないようにしましょう。

封筒の蓋に押印し窓口に提出

37902061 200137177512599 6330966078465769472 n
birdslabel_webさんの投稿

封ができたら、封筒の蓋の部分と裏書の部分の境目に3か所押印します。これは印鑑がない場合はフルネームのサインでも大丈夫です。これで封筒は完成です。あとは封筒を窓口に提出してください。現金封筒はポストに投函できないため、必ず窓口に提出してください。

現金書留専用の封筒の書き方

必要なのはお届け先と自分の住所と金額

37247979 651148281922803 1634340119617994752 n
lino_la_0719さんの投稿

現金書留には、表に宅配の伝票のようなものが貼ってあり、お届け先の住所と氏名、電話番号及び自分の住所等を書いていきます。また真ん中よりやや下の欄に「損害要償額とお届け先名」を記入する欄があり、これはトラブルがあった際にそこに書いてある金額を補償してもらうシステムです。そのため、お届け先氏名と封入した金額を書き入れてください。

封筒以外にも書くものが

30078257 427602964320246 4629935768259788800 n
yu.study.2018さんの投稿

また現金書留封筒以外に、「書留・特定記録郵便物等差出票」というものを書かなければなりません。こちらには、自分の住所等とお届け先の氏名を書きます。次に「申出損害要償額」という項目があるのでそこに封入した金額を記入して下さい。次に「摘要」という欄があるので、そこに現金書留と書きます。これで記入は以上です。

郵便為替とは?郵便局でお金を送る他の方法

郵便局でできる郵便為替という方法

お金を郵送したい場合、もう一つ、普通郵便でも方法があります。それが郵便為替です。郵便為替とは、現金を為替証書と呼ばれる証書に変えて送付するお金の送る方法です。郵便局で為替証書を発行して郵送し、受取人は受け取った証書を郵便局に持っていけば現金化できるというシステムになります。

郵便為替は二種類ある

23416849 142250789748120 1118826645461925888 n
lpmylmさんの投稿

郵便為替には普通為替と定額小為替の二種類があります。普通為替の場合、証書に送金するお金を書いて送るというもので、限度額500万円までなら好きに金額が決められます。定額小為替の場合、50円から500円まで50円刻みのものと、750円、1000円の定額小為替証書が用意されており、それらを組み合わせる形になります。

郵便為替でお金を送るには?手順と方法と手数料について

普通為替の利用方法と手数料

29737167 217550998799922 5302499858374983680 n
ogt729さんの投稿

まず郵便局の貯金窓口で申し込みをします。その際送るお金と必要な手数料を添えてください。すると窓口の人が送るお金を表示した普通為替証書を発行します。その証書に受取人の名前を記入して郵送します。手数料は送金額が5万円未満ですと430円、それ以上ですと650円になります。ちなみに、証書1枚で送れるお金は500万円以下です。

定額小為替の利用方法と手数料

普通為替と同様に申し込みをし、その際料金を添えます。窓口の人がその金額に応じて定額小為替を組み合わせて発行します。名前の記入は、証書が複数の場合その全てに記入する必要があります。手数料は、証書1枚につき100円になります。これは全ての金額に共通します。

郵送でなくても良い!安く素早くお金を送れる銀行振込

銀行振込とは

銀行振込は、自分の口座から他者の口座に預金を移動させるシステムになります。銀行振込は銀行窓口の他、コンビニATM等でも利用することができます。振込の場合郵送より圧倒的に早く送金できることがメリットですが、利用するには相手の口座を把握していなければならないというデメリットもあり、他人同士のやり取りにはあまり向きません。

窓口で銀行振込する方法

11098310 424184651088095 58022713 n
lilimama1さんの投稿

銀行振込を利用した送金方法ですが、まず準備するものとして自身のキャッシュカードと通帳または必要な現金、そして相手の口座番号と名前が必要になります。次に場所について、窓口で手続きをする人は自身の銀行口座の窓口で受け付けをしてください。

ATMで銀行振込する方法

ATMを利用する方は、ATMでキャッシュカードと通帳を挿入するか現金を用意し、次に振込をタッチパネルで選択します。すると相手の情報を入力する画面が表示されるので、入力し確認できれば手続き終了です。

Thumb銀行振込はコンビニATMでも出来る?手数料・限度額ややり方を紹介!

銀行振込にかかる手数料

銀行振込で手数料が発生する仕組み

24124878 523703144674289 5414337078731210752 n
nobuokitagawaさんの投稿

そもそも手数料が発生する理由ですが、これは各銀行が加盟している全銀システムという銀行間のお金のやり取りを仲介する重要なシステムを管理する為の費用、およびお金のやり取りに不備が発生しないよう担保金や保証金を支払っているといった事情があり、これらの費用が手数料で賄われているのです。

銀行窓口での振込手数料

37806606 287640781970770 7183649122606383104 n
shiro_kobayashiさんの投稿

ここからは、メガバンク4社での振込手数料を比較してみます。まず窓口での手続きですが、窓口の場合手数料が高くなり、自行宛の場合3万円未満で324円または540円、それ以上は一律540円掛かります。また他行に振り込む場合ですと648円または864円掛かります。

ATMで現金振込する時の振込手数料

17333684 233877473746748 5364136160945766400 n
mariobabyfaceさんの投稿

ATM操作で振り込む場合窓口より安くなり、自行宛で3万円未満なら108円から324円程度で、それ以上で324円から432円ほどです。他行に振り込む場合は432円でりそな銀行のみ648円掛かります。

ATMでカード振込する時の振込手数料

10665657 827562547338534 1603666639 n
eddie.aさんの投稿

カードを使った振り込みが一番安くなります。自行宛3万円未満であれば一律108円で、それ以上でもみずほ銀行のみ216円に上がり他は変わりません。他行に振り込む場合は216円から432円ほど掛かります。

ネットは安い!ネットバンキングの振込方法

ネットバンキングとは

ネットバンキングとは、インターネットで銀行との取引を行えることを言います。現在では地方銀行も含めほとんどの銀行が導入している他、楽天銀行のようにネットのみで運営をしている銀行もあります。ネットバンキングの場合ログインにIDやパスワードを必要とし、それらを忘れてしまうと取引できなくなる危険もあります。

ネットバンキングの振込方法

37336412 304100427011605 4382588863676153856 n
growup_b_2016さんの投稿

振込方法は、銀行ごとに若干の違いはありますが、基本的にはログイン後枚ページから振込を選択し、指示に従い入力していくだけです。その際銀行振込同様相手の名前と口座番号が必要になりますのでご注意ください。

ネットバンキングの手数料

手数料も銀行ごとに差がありますが、総じて格安になります。三菱UFJダイレクトを例にしますと、自行宛は金額関係なく一律無料、他行宛でも3万円未満216円、それ以上で324円ほどとなります。

楽天銀行が便利!メルマネという送金方法

メルマネとは、楽天銀行が行っている送金サービスです。メルマネは自分の楽天銀行口座があれば送金先のメールアドレスと名前の情報のみで送金できます。またその際に最大500文字のメッセージを送れることが特徴です。手数料も格安ですが、インターネットを介在した送金方法なので、どちらかがインターネットに疎い場合はお勧めできません。

メルマネの詳しい使い方とかかるお金

メルマネでの送金方法

まず楽天銀行の口座にログインします。そこから「振込、支払」の「かんたん振込」を選択し表示に従ってメールアドレスを設定します。次に振込先のメールアドレス、振込金額、振込内容、メッセージを入力し「次へ」をクリックします。姓名の入力と振込金額の確認を行い、ワンタイムパスワードを発行して振込を実行すればOKです。

メルマネの受取方法

36564360 756877881103100 4234657631517540352 n
mika_miya727さんの投稿

送金手続きが完了すると、受取人にメールが届くようになっています。受取人はそのメールに記載されているURLから受取画面を開きます。受取画面でどの銀行を利用するか選択することで、その口座にお金が振り込まれます。また銀行口座がない場合も、その場で楽天銀行口座を開設することができるようになっています。

メルマネにかかる手数料

メルマネで一度に送金できる金額は30万円までとなっています。メルマネの手数料ですが、金額にかかわらず150円になります。またもし受取人が受取口座に楽天銀行口座を選択した場合は手数料が無料になります。ちなみに、この手数料は必ず送金した人が支払うことになっているため、受取人が費用負担をすることはなく、トラブルの心配もありません。

もしメールアドレスを間違えてしまったら

もしメールアドレスが間違っていた場合、間違って届いた相手が同姓同名でなおかつ受取の手続きを済ませない限り振り込まれてしまうことはありません。ただし、振込ができなかった場合も手数料は発生してしまいます。トラブルにならないためにも、入力ミスがないよう注意しましょう。

お金の送る方法を知って円滑にお金のやり取りをしよう

いかがでしょうか。お金を郵送する手順は猥雑で、手数料もありできれば正規の手続きをしたくないと思われるかもしれませんが、違法かつ危険も伴うため法律に抵触しない方法を利用することが大切です。送金方法自体は現在様々な方法があるため、今回ご紹介したものを参考にぜひそれぞれの状況に合った送金方法をお試しください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ