親を扶養に入れる条件やメリット・デメリットまで解説!手続き方法は?

親を扶養に入れることのメリットやデメリット、その条件などに注目しながら具体的に解説を行っている記事です。親を扶養に入れる子供や家族の方たちも増えてきています。その手続き方法や、別居時の対応についても詳しくご紹介していきます。

親を扶養に入れる条件やメリット・デメリットまで解説!手続き方法は?のイメージ

目次

  1. 親を扶養に入れる条件とは?メリット・デメリットも!手続き方法を解説!
  2. 親を扶養に入れるとは?
  3. 親を扶養に入れる条件とは?
  4. 親を扶養に入れるメリットは?
  5. 親を扶養に入れるデメリットは?
  6. 親を扶養に入れる手続きを解説!
  7. 親を扶養に入れるのに別居していても大丈夫?
  8. 親を扶養に入れる条件、メリットデメリットや手続きまとめ

親を扶養に入れる条件とは?メリット・デメリットも!手続き方法を解説!

33063975 834337053425813 8407539464221491200 n
hukusukedaiさんの投稿

親を扶養に入れることのメリットやデメリット、条件や手続きについて具体的に解説を行っていきます。親を扶養に入れるかどうかで迷うことも少なくありません。手続きに困惑して、なかなか思い通りに進められないこともあります。親と別居して暮らしている場合も含めた中で、扶養に入れることの重要性や対策、良い点などを具体的に確認しましょう。

親を扶養に入れるとは?

「扶養」とは生活能力が無い人の面倒を見ること

36981766 249653389095376 1483725181439442944 n
wakako51sさんの投稿

そもそも、扶養とは自身で生活する能力がない人のことを支える制度として定着してきました。生活能力に乏しい方や無い方は、その家族や親族、子供たちなどが面倒を見て支えていく必要があります。その点において、親が子供の扶養に入るケースも少なくないのです。生活能力が無い人の経済的な部分の面倒を見ていくことで、税金の優遇措置もあります。

経済的な余裕のない人のサポート

36980873 434853446997634 5151468647671136256 n
kie.kunさんの投稿

扶養家族とは経済的な余裕のない人の面倒を見ることで、生活面のサポート対象となっている家族のことです。一般的には親が子供の世話をすることが多いので、子供が親の扶養に入ることが通常です。親が子供の扶養に入るというのはその反対のパターンということです。配偶者や子供が扶養家族として、お互いを支え合っていくことも通常の形と言えます。

2種類の扶養!税金上と健康保険上

まずは親を扶養に入れるとはどういったことなのかについて確認を進めていきます。親と扶養の関係については2種類の観点で見ていくことが大きなポイントとなります。健康保険上の扶養と税金上の扶養があり、それぞれ扶養に入ることで、節税やメリットにつながる部分も大きくなっていくのです。一つずつ条件をクリアにした中で検討をすることが大切です。

親を扶養に入れる条件とは?

実際の加入検討!条件による判断

37612985 278815742891291 7534689392552574976 n
fumi_uraraさんの投稿

親を扶養に入れるという選択をとる子供も増えてきていますが、税金上の扶養と健康保険上の扶養があることをそれぞれ理解しておくことが大切なポイントと言えます。それぞれ条件が異なるので、その中でいかに条件に見合った検討をしていくかが焦点です。実際に扶養に入れるか判断する際の指標として、税金面と健康保険面の条件を確認することが大切です。

健康保険上の扶養に親を入れる条件は?

37615034 224883304829834 3303115770891862016 n
yurihinaさんの投稿

まずは、健康保険上の扶養に親を入れる条件について確認を進めていきます。税金面での条件に関しても同様のことが言えますが、どちらのケースにおいても年収や収入の額がキーになっていきます。ある程度の稼ぎがあって、自らの力で生活していける場合は扶養対象とはなりません。そのため、一般的な平均年収より低い方が扶養の条件として定められます。

年間収入130万円未満!健康保険上の扶養

健康保険上の扶養に親を入れるという点においては、子供が親を自分の健康保険と一緒の扱いにするということです。その条件としては、年間収入が130万円未満であることが定められています。60歳以上の方や障害者の方であれば年間180万円未満の収入であれば、子供の扶養に入ることができます。わかりやすく言えば、月収10万円程度が目安となります。

別居か同居か!異なる扶養条件

36909860 203936030285734 2311816136196358144 n
makki_world1さんの投稿

親と子供が同居しているのか別居しているのかによっても、条件の違いがあります。同居している場合は、親の収入が子供の収入の半分未満であることが条件となります。一方で、別居している場合は、扶養される親の収入が子供からの仕送り額未満であることが条件です。それぞれの条件を確認した上で、健康保険上の扶養に入るか否かを検討することです。

税金上の扶養!加入条件の確認が重要

健康保険上の扶養に入るということも考えられますが、さらに別のパターンとして、親が子供の税金上の扶養に入るというケースも挙げることができます。親が税金上の扶養に入ることで、税金面の支払いが優遇されることになります。こちらも健康保険上の扶養と同様に一定の条件があるので、その条件を満たした中で加入するか否かを判断することが重要です。

税金上の扶養に親を入れる条件は?

36911512 207997973231294 8304144934093455360 n
sayo.i22さんの投稿

税金上の扶養に関しては、親の年間合計所得金額が38万円以下であることが最低条件となります。合計所得金額が38万円以下であるということは、給与換算にすると103万円以下ということになります。通常、会社に勤務している方であれば、103万円というのは軽くクリアする数字でもあります。まずは、金額に関する条件を把握しておくことが大切です。

年金収入の確認!給与所得がない場合

37034610 221706325337453 2539077286917832704 n
ksnaru__trip_loveさんの投稿

親を税金上の扶養に入れるためには、所得や給与といった金額面における条件をクリアにしておくことが重要なポイントです。年収面に関して、親を扶養に入れようとする場合は、その実態として年金収入のみであるパターンが多くなっています。したがって、年金収入に関する数字も確認していきます。給与所得がない場合は、年金収入によって判断されます。

65歳未満か65歳以上か!親の年齢も考慮

親の給与所得がなくて年金収入のみによって生計を立てている場合、65歳未満の親であれば年間108万円未満の年金収入であることが条件となります。また、65歳以上の親の場合は、年金収入が年間で158万円以下であることが条件となります。年金生活者の場合は給与所得者に比べて条件がやや緩和されますので、改めて確認した上で手続きをすることです。

生計を一にしていること!税金上のの扶養条件

36802605 212001272838410 1296561149608722432 n
s.ito14さんの投稿

親を税金上の扶養にいれるか否かという点については、給与所得や年金収入など、年間の所得金額に応じて条件が変わってくる部分があります。さらに大きな条件として、納税者と生計を一にしていることが挙げられます。生計を一にしているというのは、子供が親を養っていることが条件となります。これは明確な基準があるわけではないので、確認が必要です。

別居でも構わない!生計が同一の判断

生計を一にしているというのは、親を養っていることが条件であり、必ずしも同居している必要はありません。別居していても、親に仕送りをしている実態があれば生計を一にしていると見なしてもらうことができます。もちろん、親と同居していて生活面における経済的なサポートを行っているのであれば、生計を一にしていると見なしてもらうことが可能です。

領収書やレシートの保管!支払いの記録

37193284 224173804894997 8721657390677622784 n
helenwang0201さんの投稿

親と別居している場合であれば、生活費や医療費など、実際に支払ったレシートや領収書、あるいは銀行振込みなどを通じた通帳の履歴によって生計が同一であるかどうかを確認してもらうことができます。たとえ別居中の親に対して仕送りをしていたとしても、少額程度の仕送りやお小遣い程度の仕送りであれば、それは生計を一にしているとは認められません。

まずは健康保険上の扶養から

親を税金上の扶養に入れる際の条件に関しては、基準が曖昧なところもあって難しいと言えますが、最寄りの役所に行って職員の方に聞いてみることも重要です。きちんとした理解があった上で親を扶養に入れることがポイントとなります。その上で、まずは親を健康保険上の扶養に入れることが賢明です。その後で、税金上の扶養という流れになっていきます。

親の平均年収が重要!サラリーマン時代の年収

37240569 239478420001055 9177579537926455296 n
beautiful_life_ayanoさんの投稿

親自身の年収や年金収入によって、健康保険上の扶養も税金上の扶養も加入できるか否かが決まっていきます。そこで重要になってくるのが、親の現役時代の年収ということになります。仮に、親の年齢を66歳として、サラリーマン時代の平均年収を400万円だったと想定します。厚生年金と国民年金の加入期間を、約30年と仮定した場合の計算を実行します。

年金受給額が160万円!健康保険の扶養には入れる

現役時代の平均年収が400万円で、年金加入期間を30年とした場合は、もらえる年金受給額がおよそ160万円となります。年間160万円程度であれば、66歳の親を健康保険上の扶養に加入させることができます。ちなみに、2016年の平均給与額は約420万円程度となっているので、親を健康保険上の扶養に入れることができる子供の数は多いと考えられます。

親の現役時代!年収と年金加入期間の確認

まずは健康保険上の扶養に入れるかどうかを検討した上で、その後に税金上の扶養に入れるかどうかを検討していくのが自然な流れです。健康保険上の扶養に入るよりも、税金上の扶養に入る方が条件が厳しくなっているからです。親の現役時代の収入や保険加入期間なども参考にしつつ、どちらの扶養に加入することができるのかを確認することが大切です。

親を扶養に入れるメリットは?

メリットの周知!モチベーションアップ

親を扶養に入れるかどうかを検討する際には、最初に親が扶養に入れるか否かの条件を確認しておくことが重要なポイントとなります。その上で、親が扶養に入ることのメリットについての確認を進めていきます。親が扶養に入ることのメリットを知ることで、手続きに向けたモチベーションも高まります。メリットを知ることが次の行動へとつながっていきます。

親を扶養に入れる親側のメリット

37185711 1735072426575963 8253907384531943424 n
chittidesignさんの投稿

親を扶養に入れることで、さまざまなメリットが発生することになりますが、そのメリットに関しては親と子供の双方の観点から理解していくことがポイントとなります。最初に親側のメリットについての確認を進めていきます。親が子供の扶養に入ることで、親自身にもメリットがあるのです。例えば、健康保険料が無料になることも大きなメリットと言えます。

経済的な支援!親側のメリット

また、親が子供の扶養に入るためには子供が親の面倒を見る必要があります。それは経済面におけるサポートということになりますが、別居中であっても、子供から仕送りをもらえるということです。別居、同居に関わらず子供が親の経済的な負担を担っていることが扶養の条件となります。そのため、親としては経済的な支援を受けられるメリットがあります。

親を扶養に入れる子側のメリット

37330178 270256523747786 4458287640793317376 n
goriking117さんの投稿

親を扶養に入れることで、親側にも多くのメリットがあるわけですが、それは子供に関しても同様のことが言えます。子供としては、所得税や住民税といった税金の支払いを少しでも安くできるというメリットがあります。親やその他の家族など、扶養に入れている人の数が多い分、扶養控除も増えることになるので税金支払いにおける優遇面も大きくなります。

医療費控除!子供には嬉しいメリット

税金面の優遇措置というメリットがある中で、さらに子供としては親の医療費控除を利用できるというメリットもあります。一般的に高齢な親の方が医療費にかかる金額が大きくなる傾向にあります。子供自身は健康であっても、親が医療費に使ったお金も税金面の控除として利用することができます。これは子供にとっての大きなメリットと言うことができます。

38万円分の所得税控除!親が70歳未満の場合

36806386 443204479517794 7821063681407451136 n
mipo0513さんの投稿

実際に子供が親を扶養している場合には、一定の節税対策につなげることができます。例えば親が70歳未満の場合、所得税の控除額として38万円分を差し引くことができます。つまり、子供の年間給与からさらに38万円を引いた分に対して所得税の計算が行われるわけです。これは子供にとっての大きな節税策であり、所得税の支払いを抑えるメリットです。

親の年齢や生活スタイルの確認

さらに、所得税控除に関してはその他の条件もあり、親が70歳以上で別居している場合は48万円分の控除を受けられます。同様に親が70歳以上で同居している場合は58万円の税金控除を受けることができます。それだけの大きな金額を控除してもらえるのは、子供にとっての大きなメリットです。親の年齢や生活スタイルなども確認しておくことが重要です。

住民税控除もある!

税金の節約という点では、所得税のみならず住民税の節税対策も進めていくことができます。住民税に関しても、親の年齢とライフスタイルに応じて控除額が決定されることになります。例えば、親が70歳未満であれば、住民税の控除額が33万円となります。親が70歳以上で別居していれば、控除額が38万円となります。親の年齢を確認することが重要です。

12月31日時点の年齢を確認

36826835 1645990682195013 2778303361827471360 n
creative.wedding.sapporoさんの投稿

さらに、親が70歳以上で同居している場合は45万円分の住民税控除を受けることができます。所得税、住民税ともに安くすることができれば、子供にとっての喜ばしいメリットと言えます。所得税や住民税に関しても、その年の12月31日時点の年齢が基準となります。親の年齢を踏まえた上で、どういった控除を受けられるのか確認することが大切な点です。

子供と親共にメリットが多い

親としても老後の生活設計を立てていく中で、老後の資金というのは意外と少なくなっていくものです。それまで当たり前のように入ってきた給与所得がなくなることで、毎月貯金が減っていく不安にも苛まれることになります。それを解消するという点においても、子供の扶養に入れることはメリットです。子供、親共にメリットが多いのが扶養の仕組みです。

FPへの確認もおすすめ!

37407752 502746880163726 1815008958306320384 n
castle_hotel_noshiroさんの投稿

親を扶養に入れるかどうか、あるいは扶養に入れることでどのくらいの税金控除をすることができるのかという点をファイナンシャルプランナーの方に確認することも重要なポイントです。専門家に確認をすることで、改めて扶養の良さを理解することにつながっていきます。扶養とは何かという点も含めて、身近にいるFPに質問をしてみるのもおすすめです。

非課税!遺族年金や障害年金

親が年金収入のみである場合は、税金面の扶養に入れるために年金収入の限度額が158万円以下であることが条件となっています。この年金収入に関しては遺族年金や障害年金といった年金の金額は含まれないことになります。遺族年金や障害年金は税金面において非課税と判断されます。扶養条件は純粋な国民年金や厚生年金の金額が対象になるということです。

23歳未満!控除額が大きい

37008932 180993372769322 7385095947920867328 n
jupiterstarchildさんの投稿

また、親を扶養に入れることの大きなメリットとして、19歳以上23歳未満の方の税金控除額が大きくなる傾向にあります。19歳以上23歳未満の場合、所得税で最大63万円分の税金控除、住民税で最大45万円分の税金控除を受けられます。23歳以降の場合は所得税で最大38万円、住民税で最大33万円分の控除となるので、その分多くの控除を受けられます。

70歳以上の扶養親族の場合もお得

上記の控除に関しては、70歳未満の扶養親族がいるケースですが、70歳以上の扶養親族がいるケースでも23歳未満の控除額は増えることになります。所得税に関しては最大58万円分、住民税に関しては最大45万円分の税金控除となります。これも23歳以降の場合は、所得税で48万円分、住民税で38万円分となるので、23歳未満の若年層はお得になります。

Thumb確定申告の扶養控除に関する基礎知識!配偶者や子供の条件は?

親を扶養に入れるデメリットは?

総合的な理解が必要!メリットとデメリット

36921058 1874267839299619 1405871155373408256 n
keiusa1261さんの投稿

続いては、親を扶養に入れることのデメリットについての確認を進めていきます。親を扶養に入れることにはメリットもある一方でデメリットも存在しています。メリットとデメリットの双方を確認した中で扶養に入れるか否かを決定することが重要なポイントです。客観的な見方をするためには、メリットとデメリットを総合的に理解していくことが必要です。

75歳以上の親は扶養に入れてもメリットが無い?

まず、親を扶養に入れることのデメリットとして、75歳以上という年齢に注目することが必要な点と言えます。75歳以上の親に関しては、医療保険が後期高齢者医療制度に移行することになります。そのため、税金上の扶養についてはメリットを享受できますが、それ以外の面がメリットがありません。その点を認識した上で制度を活用することが重要です。

後期高齢者医療制度への移行

37157758 2234589350093168 5655659986739527680 n
tokimasa.wさんの投稿

75歳以上の高齢者は後期高齢者医療制度に移行することになります。そのことによって親の健康保険料や医療費控除については、節税対策といった効果がなくなっていきます。これは親が75歳以上の場合に被るデメリットと言うことができます。さらなるデメリットとして、75歳未満の場合でも注意が必要です。医療費の視点に目を移すことがポイントです。

75歳未満でもデメリット?

36847931 2100404783321343 6556960222424858624 n
sacchin030303さんの投稿

75歳未満の親であっても、子供の扶養に入ることによって、親の所得区分が現役世代と同等であると見なされてしまうこともあります。そうなった場合には医療費の上限が上昇することになります。つまり、医療費の自己負担額が増えるというデメリットにつながるのです。結果的に控除を受けられる額よりも、医療費にかかる金額が増えるリスクもあります。

親を扶養に入れると医療費自己負担額増加?

75歳未満であっても親を扶養に入れることによって、医療費の自己負担額が増加することになる点に注意しておく必要があります。医療費の自己負担が増えていくことによって、節税している以上に負担額が重くのしかかっていきます。毎月一定回数以上通院している場合や薬代がかかっている場合、家族全体で見た時には支出の方が大きくなることもあります。

親の年齢確認から!扶養への加入

36768943 210375496331307 2399866457572769792 n
passerottino21さんの投稿

まずは、扶養に入れるか否かを判断する際に親の年齢を確認することが必要なポイントとなります。後期高齢者医療制度に移行することによって、収入や仕送りに関係なく健康保険の扶養に入ることはできなくなります。健康保険の扶養に張入ることになった場合でも介護保険は別の仕組みとなります。65歳以上の親の場合、親の年金から介護保険が引かれます。

扶養に加入しない方が良い?

親が高額療養費制度を利用していると、医療費の額が多額になった場合でも一定の自己負担で済むことになります。しかし、子供の扶養に入っていなければ親のみの所得を基準にした低い負担額が適用されることになるのです。結果的に親が扶養に入っていない時の方が税金の負担が安くて済むこともあります。それらの見極めも慎重に行う必要があります。

世帯での合算に注目!扶養する側とされる側

36046804 2155789964743481 1235946095771648000 n
ikuko.photoさんの投稿

高額療養費制度を利用している親であっても、世帯で合算して税金の控除が認められるケースもあります。扶養している人の所得金額が、税金面でいくらかかってくるのかの限度額の判定基準となっていきます。つまり、世帯で合算することによって節税を受けられる可能性もあります。扶養する側とされる側の収入や状況を見極めることも一つの考え方です。

被扶養者になれるのは一人まで

デメリットというわけではありませんが、注意点についても確認を進めていきます。当然ですが、他の兄弟姉妹がすでに親を扶養している場合、二重で自分の扶養に入れることはできません。扶養家族として認めてもらうことができるのか、一人だけです。兄弟姉妹でのもめごとが起きないようにするためにも、事前に確認を行っておくことが求められます。

親族に自営業者がいる場合は注意

また、親や兄弟など、親族に自営業者の方がいる場合には注意が必要となります、親族を専従者として税務署に申告しているケースもあるからです。自営業の専従者として従事している場合は、扶養に入ることができません。親や兄弟姉妹の中で自営業者として活動している方がいるようであれば事前にチェックしておく必要があります。

親を扶養に入れる手続きを解説!

まずはデメリットなどの考慮

親を子供の扶養に入れるか否かについては、メリットやデメリットも踏まえた上でトータル的な判断を下していくことがポイントとなります。その上で、デメリットを考慮しても扶養に入れたいと判断したのであれば必要な手続きを踏んでいくことが重要なポイントとなります。実際に手続きに関する説明を行っていきますが、扶養に入れる上では必要な点です。

それほど難しくない!扶養の加入手続き

36592914 1078624378945518 1552485825436975104 n
ko560716さんの投稿

手続きに入る前に、改めて扶養には大きく分けて健康保険上の扶養と税金上の扶養があることを理解しておくことがポイントとなります。メリットやデメリット、一定の加入条件なども把握した上で、いかに手続きを進めていくのか判断することが重要です。扶養への加入手続きに関してはそれほど難しいものではないので、しっかりと頭に入れることが大切です。

税金上の扶養に親を入れる手続きは?

36993141 200977873900266 9170249394551783424 n
maddoll69さんの投稿

まずは、親を税金上の扶養に入れる場合の手続きについての確認からスタートしていきます。税金上の扶養手続きに関しては、一定の条件を満たした状態で年末調整の際に書類を提出するだけで十分です。年末調整と同時に給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を会社に提出すれば手続き完了です。税金上の扶養は実に簡単な手続きだということができます。

条件を満たすこと!手続き以上に難しい点

36615755 205992173447929 7035576478649548800 n
sakito914さんの投稿

この簡単な手続きで済むのは親と同居している場合のみです。親と別居している場合であれば、仕送りを証明するものの提出が必要となります。生計を一にしていることが大きな条件となりますので、それを証明するための預金通帳の履歴などを提出することになります。手続き自体は簡単ですが、生計を一にしているという条件を満たすのが難しい点と言えます。

健康保険上の扶養に親を入れる手続きは?

36161576 246315732836240 552815836352479232 n
tanzakitoshimitsuさんの投稿

続いては、健康保険上の扶養に親を入れる場合の手続きについて確認をしていきます。健康保険上の扶養加入手続きに関しても、まずは条件を満たしているか否かを確認することがポイントとなります。加入条件を満たしている場合は、子供が勤めている会社を通して手続きを進めることになります。担当部署の人に確認しつつ、必要な書類を提出していきます。

戸籍謄本の提出!親子関係の証明

36993479 1638131202979769 6562879881359654912 n
bnsakata_weddingさんの投稿

まず、親と同居している場合の手続きについては、世帯全員の住民票と親の課税証明書が必要となります。課税していない場合には非課税証明書の提出が求められることになります。一方で、親と別居している場合は親の戸籍謄本を提出する必要があります。これは親と子供の関係が本当に親子関係にあることを証明するためのものであり、提出が義務となります。

現金書留や送金内容の記載

36667410 2090190747971666 561007610296270848 n
nigaoe_world1さんの投稿

さらに、親と別居している場合は仕送りを証明するものの提出が必要となります。税金上の扶養と同様に、健康保険上の扶養に関しても、生計を一にしていることが主な条件となります。その点において、確実に親に仕送りをしているという証明を残すことが重要なのです。現金書留で控えを保管したり、送金内容の記載部分を残したりしておくことが必要です。

条件を満たすこと!扶養手続きに必須

36149528 633844430326268 6259890898067259392 n
yukobo.bridalさんの投稿

親と同居している場合も別居している場合も、必要な書類を準備して会社に提出することができれば、手続きは完了となります。健康保険上の扶養も税金上の扶養に関しても、手続き自体がそれほど難しいということはありません。しかし、扶養の加入条件を満たすのが難しい部分でもあります。加入要項と条件を参照しつつ、扶養手続きを進めていくことです。

関係者の協力を取り付ける

いずれにしても、扶養加入の手続きを進めていく場合は、その条件や必要書類などを全て確認した上で進行させていくことがポイントとなります。自分だけでは完結できないことも多いので、あらかじめ関係者の協力を取り付けるようにしておくことも重要です。

親を扶養に入れるのに別居していても大丈夫?

別居でも可能!扶養への加入

36513961 1292865504149501 1290147848607760384 n
joseijisinさんの投稿

親を扶養に入れることの条件、メリットやデメリット、加入手続き方法なども含めて具体的にご紹介しています。続いては親を扶養に入れることに際して、別居しているかどうかが重要な点なのかについて取り上げていきます。これまでのメリットやデメリット、手続きなどでもご紹介してきたように、親と別居していても扶養に加入してもらうことは可能です。

仕送りの証明!別居での条件

36085522 413921552441293 12448747959091200 n
hitomixy719さんの投稿

親と同居しているか別居しているかによって、加入の条件や手続き面での違いは発生することになりますが、いずれにしても加入できないということはありません。したがって、別居しているからと言ってあきらめる必要はないということです。別居中の場合は、子供からの仕送りが重要です。仕送りがあることを証明することが、扶養加入への第一歩となります。

親と子の同一生計がポイント

36557925 811942925596819 546805330269437952 n
mjgroup.kyoto.gionさんの投稿

健康保険上の扶養に関しても、税金上の扶養に関しても、親と子供が同一の生計を築いていることが大きな加入条件となります。すでに仕送りをしているという状態であれば、その仕送り証明をすることによって、加入手続きを進めることが重要です。親を扶養に入れることのメリットを考慮して、行動へのモチベーションを高めていくことも重要なポイントです。

年収に注意!仕送りとの比較

36148163 522809594803548 130025238623682560 n
kz_arc_en_cielさんの投稿

また、別居中の親を扶養に入れる場合は、扶養している子供から受けている金額よりも収入が低いことが前提条件となります。そのため、子供から仕送りを受け取っている以上の収入や年金があった場合は、扶養には入れないので注意が必要です。まずは子供が仕送りをしていることと、扶養に加入しようとする親が仕送り以上の収入がないことがポイントです。

できることを確実に実行する

36136652 2068434023484129 4972852305134092288 n
nana.tan73さんの投稿

例えば、家族の年収が年間72万円未満であれば、最低でも毎月6万円以上の仕送りがあることが求められます。この辺の数字に関しては曖昧なところもあるので、まずは仕送り以上に収入がないことが前提です。6万円の仕送りで生活できるのかという問題もありますが、その辺は役所の判断となります。できることを確実に実行しておくことが求められます。

親族の範囲の確認も

35988629 1780400332044437 8509158785581842432 n
nanamun73さんの投稿

別居していても親を扶養に入れることは可能となりますが、保険料を支払っている人の収入に応じて生活をしている親族が対象となります。親族の範囲については別途条件が設定されているので、確認をしておく必要があります。親族の範囲として認められるのは基本的に三親等以内です。同居しなくても認められる扶養親族については具体的な提示があります。

扶養家族の範囲を守ること

36113586 264547364305161 4277777063059914752 n
mayumi.siromaさんの投稿

別居していても認められる家族の範囲としては、父母や祖父母、曾祖父母を挙げることができます。それに加えて、妻や夫といった配偶者も上げられます。戸籍上の配偶者がいない場合は内縁関係であっても問題ありません。また、子供や孫、弟や妹に関しても扶養家族として認めてもらえます。これらの範囲を確実に守っておくことが必要なポイントと言えます。

同居している場合の扶養対象

36085245 1021642194679983 9144439634695028736 n
kn.skさんの投稿

別居している場合の扶養親族の範囲については、上記で取り上げた通りですが、さらに同居を条件に認められる親族についても条件があります。その対象範囲としては、自分の曾孫、兄姉、甥姪、伯父伯母、これらの配偶者を挙げることができます。また、配偶者の子、孫や曾孫、父母や祖父母、曾祖父母、兄弟姉妹や甥姪、伯父伯母なども扶養対象に含まれます。

何がメリットか!検討も重要

35999401 2074310579309217 4210146193029726208 n
kaoru_marvelousさんの投稿

同居している場合は別居している時に比べて、扶養対象となる家族や親族の範囲が広まることになります。その点を理解した上で制度を上手く利用していくことも大切なポイントです。扶養の条件と同じように、扶養範囲となる家族や親族を理解することで、仕組みを上手く活用できます。自分たちにとって何が一番メリットなのかを検討することも大切です。

親を扶養に入れる条件、メリットデメリットや手続きまとめ

35319471 213635249290601 9011969537477705728 n
shashinkoyo_tachikawaさんの投稿

親を扶養に入れるための条件やメリット、デメリット、手続き方法などについて具体的に解説を行ってきました。一言で親を扶養に入れると言っても一筋縄でいくものではありません。そのメリットやデメリットを理解した中で手続きを進めていくことが重要です。別居しているのか同居しているのかも含めて、手続きの仕方を理解することが求められます。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ