3C分析とは?マーケティングの基本のやり方を具体例で解説!

マーケティングの効果的な分析の方法に3C分析があり、有名な手法なので名前を聞いたことがある方も多いでしょう。実際にこの3C分析を行うことで自社製品やサービスの開発に役立ちます。企画の担当であれば知っておきたい知識のため、今回は3C分析についてまとめています。

3C分析とは?マーケティングの基本のやり方を具体例で解説!のイメージ

目次

  1. マーケティングの基本!3C分析の方法とは?
  2. ビジネスの成功率を上げよう!3C分析を有効活用
  3. 3C分析で知っておきたい13個の基本
  4. 3C分析などのやり方の基本1:概要
  5. 3C分析などのやり方の基本2:自社
  6. 3C分析などのやり方の基本3:顧客
  7. 3C分析などのやり方の基本4:競合
  8. 3C分析などのやり方の基本5:必要性
  9. 3C分析などのやり方の基本6:やり方
  10. 3C分析などのやり方の基本7:マクロ分析
  11. 3C分析などのやり方の基本8:PEST分析
  12. 3C分析などのやり方の基本9:ミクロ分析
  13. 3C分析などのやり方の基本10:ファイブフォース分析
  14. 3C分析などのやり方の基本11:顧客分析
  15. 3C分析などのやり方の基本12:VRIO分析
  16. 3C分析などのやり方の基本13:SWOT分析
  17. 3C分析を理解するための13個の事例集
  18. 3C分析によるマーケティングの具体例1:差別化
  19. 3C分析によるマーケティングの具体例2:ブランド
  20. 3C分析によるマーケティングの具体例3:ポジション
  21. 3C分析によるマーケティングの具体例4:戦略
  22. 3C分析によるマーケティングの具体例5:商品開発
  23. 3C分析によるマーケティングの具体例6:サービス改良
  24. 3C分析によるマーケティングの具体例7:品質改良
  25. 3C分析によるマーケティングの具体例8:スタバ
  26. 3C分析によるマーケティングの具体例9:ハンバーガー
  27. 3C分析によるマーケティングの具体例10:コンビニ
  28. 3C分析によるマーケティングの具体例11:緑茶飲料
  29. 3C分析によるマーケティングの具体例12:喫茶店
  30. 3C分析によるマーケティングの具体例13:恋愛
  31. 活用することが大事!3C分析で効率化

マーケティングの基本!3C分析の方法とは?

33028637 246950512719269 1819454910882643968 n
ryoma.com.spさんの投稿

何か新しい製品やサービスを開発するプロジェクトがあったときに市場調査などマーケティングの分析は必須です。この分析方法には様々な方法がありますが、代表的な方法に3C分析があります。ここからは3C分析について紹介していきます。

ビジネスの成功率を上げよう!3C分析を有効活用

プロジェクトに調査・分析は必須

サービスを開発したり企画開発、マーケティングに関わっている方であれば市場調査などマーケティング分析を行う必要があります。何かを開発したり販売するためには大きなお金が必要になります。そのお金を無駄にしないためにも調査や分析は必要です。

成功率を上げるために

世の中は需要と供給で成り立っているのでその需要を正確に把握することが大切です。このようなマーケティング分析の手法に3C分析があります。この3C分析を正しく使うことで有効な戦略を立てることが可能です。実際に分析をしっかりすることで成功しやすくなります。

3C分析で知っておきたい13個の基本

失敗する確率を下げる

36805379 620350648346896 1464316718150057984 n
gocchanさんの投稿

この3C分析を行うことでより世の中の役に立つ商品やサービスを提供することが可能です。実際に莫大な費用をかけて開発するのであればマーケティングの分析をしっかり行わないと失敗をする可能性が高くなります。そのため開発には計画性と説得力が必要です。

3C分析の基本とは?

重要なことは正しく分析をして失敗する可能性を低くすることです。また、失敗を少なくするだけではなく成功する可能性を上げます。ここからは3C分析などの戦略的なやり方の基本について触れていきます。

Thumbマーケティングの基礎とは何かを初心者にも簡単に解説!市場調査が重要!

3C分析などのやり方の基本1:概要

概要が大事

3C分析などの戦略的なやり方の基本1つ目は「概要」です。まず3C分析とはマーケティングの分析の手法ですが、その分析の詳細は非常に細かくなっています。3C分析の3Cは自社・競合・顧客の英単語の頭文字を取っています。この市場における重要な3Cを分析することを3C分析と言います。

概要のポイント

実際にこの3C分析の3Cにはそれぞれ分析方法があります。そのため3C分析というのは分析方法の総称のようなものになります。この3Cは市場にとって大きな存在になるので情報収集を行い分析・調査することが重要です。

3C分析などのやり方の基本2:自社

自社が大事

36688515 132462847617973 6275532606318575616 n
tatematsuさんの投稿

3C分析などの戦略的なやり方の基本2つ目は「自社」です。3Cの自社とはCompanyのことです。自社を分析することは、自分たちができるできないことをしっかり把握することです。この場合、総合的に扱っている企業よりも専門性が高い企業の方が分析しやすいです。

自社のポイント

基本的には「現時点で自社が顧客にとって何ができるか」を正しく理解することになります。分析をしてみると意外にも別の市場を開拓できたりすることができます。また、自社が強みとしている技術や設備を使って利益を最大化する分析を行うことが大切です。

3C分析などのやり方の基本3:顧客

顧客が大事

37039563 202579373752559 5951786183523565568 n
amano.tomoatsuさんの投稿

3C分析などの戦略的なやり方の基本2つ目は「顧客」です。3Cの顧客とはCustomerのことです。顧客と表現される場合もあれば、市場と表現される場合があります。自社を分析することは供給を分析することでしたが、顧客を分析することは需要を分析することを意味します。

顧客のポイント

何か自社の技術を活用して便利な機能を持った商品を開発しても、それが顧客が気に入るか分かりません。顧客は機能だけで判断するのではなく、価格やデザイン、使いやすさで購入するか判断します。何かを開発するときはこのような内容を分析する必要があります。

3C分析などのやり方の基本4:競合

競合が大事

36768082 650677258599108 1701559153824104448 n
coaching_togatherさんの投稿

3C分析などの戦略的なやり方の基本3つ目は「競合」です。3Cの競合とはCompetitorのことです。基本的に市場は需要と供給で成り立っていますが、そこには自社と顧客だけではなくライバルとなるような会社も含まれます。

競合のポイント

自社と同じような企業を分析することが重要です。実際に自分たちが新しい商品を開発しても強大なライバルがいる市場であれば、売上を満足に上げるのは難しいです。そのためライバルのことを分析して何か上回っている要素を見つける必要がありますし、またはライバルがいない市場を作るのも1つの手段です。

3C分析などのやり方の基本5:必要性

必要性が大事

34435054 191260955040086 1135185415683178496 n
mayulibrary18さんの投稿

3C分析などの戦略的なやり方の基本5つ目は「必要性」です。3C分析は何か新しいことをする際に必要な分析方法ですが、重要なことは3C分析の必要性を理解することです。実際にこの3C分析は新しい商品を開発するときではなく、営業などの提案でも有効に活用できます。

必要性のポイント

この3C分析はいわばビジネスの基本です。営業でも企画開発でも3C分析を怠るとプロジェクトは失敗しやすくなります。また、プロジェクトが失敗したときの原因を調べるときにも3C分析は有効です。市場分析をしっかり行うことができれば自社のビジネスが上手くいきやすくなります。

3C分析などのやり方の基本6:やり方

やり方が大事

37089335 347392719127862 6763466712487559168 n
oinuma.hideakiさんの投稿

3C分析などの戦略的なやり方の基本6つ目は「やり方」です。実際に3C分析の必要性を知ったとしても効果的なやり方を知らなければその分析も無駄になる可能性も高くなります。

やり方のポイント

特にこの3C分析に関しては3つの要素を分析するだけではあるのですが、その要素の分析もその要素によって異なるので、実は複雑で分析の手法が多岐に渡るので徹底的に分析をしようとすると非常に時間と手間がかかります。

3C分析などのやり方の基本7:マクロ分析

マクロ分析とは

37111190 256666911827254 3521158087845085184 n
fukuokapocketsさんの投稿

3C分析などの戦略的なやり方の基本7つ目は「マクロ分析」です。マクロ分析とは経済全体を考慮する分析方法です。ビジネス活動をする際に自分が活動している経済全体の動きも大きく影響しています。

マクロ分析のポイント

この経済の動きに関しては、例えば人口や景気の変化などを分析することです。他にも法律や条例の改正なども経済に大きな影響を与えます。このような経済全体に影響を与える要素に関しても3C分析には必要になります。

3C分析などのやり方の基本8:PEST分析

PEST分析とは

36900244 679662419037798 1181748169751396352 n
gantaleincさんの投稿

3C分析などの戦略的なやり方の基本8つ目は「PEST分析」です。このPEST分析は政治・経済・社会・技術を分析する手法です。このPEST分析は経済全体の流れを把握するための分析で、将来的な動きを予測するためにも必要です。

PEST分析のポイント

このPEST分析はトレンド分析とも言われ時代の流れなどを把握するために使われます。実際に時代の流れを無視して商品開発などを行うと顧客の需要に答えられず失敗してしまいますし、価格設定を誤って大損害になる可能性もあります。

3C分析などのやり方の基本9:ミクロ分析

ミクロ分析とは

3C分析などの戦略的なやり方の基本9つ目は「ミクロ分析」です。ミクロ分析はマクロ分析と異なり、経済全体を対象にした分析ではなく自社が所属している業界に関して分析することです。実際にミクロ分析とマクロ分析は非常に密接な関係にあるので、一緒に分析することが多いです。

ミクロ分析のポイント

市場を分析する中でミクロ的な分析は必須です。例えば砂糖の原材料価格が高騰している場合は、生産数を抑え代替できる新商品を開発する必要がありますし、その業界で革新的な技術が開発されているか調べる必要があります。

3C分析などのやり方の基本10:ファイブフォース分析

ファイブフォース分析とは

36950092 257713811486313 3805378201492914176 n
ome.shukyakuさんの投稿

3C分析などの戦略的なやり方の基本10個目は「ファイブフォース分析」です。このファイブフォース分析はミクロ分析をより細かく5つの要素に分解して分析する手法です。その要素とは同業者・新参者・代替品・供給力・需要です。この5つの要素の動きやパワーを分析することが大切です。

ファイブフォース分析のポイント

例えば自社がいる業界に、他の業界で実績がある企業が新規参入することもありますし、既存の競合企業が革新的な技術を生み出すこともあります。それらを加味した結果である需要と供給のパワーバランスが非常に重要です。

3C分析などのやり方の基本11:顧客分析

顧客分析とは

3C分析などの戦略的なやり方の基本11個目は「顧客分析」です。顧客分析は名前の通り商品を購入する顧客・消費者を分析することです。ここまでは市場全体の分析になりますが、最も重要なのは最終的に商品を購入する消費者です。通常はアンケートなど調査を行い分析を行います。

顧客分析のポイント

この分析を行うことは非常に重要で、顧客のことをどれだけ理解しているかがプロジェクトの良し悪しを決めます。どんなに高機能で低価格な商品でもデザインやネーミングがダメなら市場に受け入れてもらえません。

3C分析などのやり方の基本12:VRIO分析

VRIO分析とは

3C分析などの戦略的なやり方の基本12個目は「VRIO分析」です。このVRIO分析は自社を分析する方法で、価値・珍しさ・特殊性・組織の4つの要素を分析することです。基本的には自社の製品・サービスが他社よりも価値があるのかを分析する方法です。

VRIO分析のポイント

36614185 206873640015320 820831991875239936 n
studyplace.garageさんの投稿

自社の製品でも特殊な技術などを使わなければ実現できないものであればすぐにマネされてしまいます。このように自社の分析を行うときはこの4つの要素が重要です。特に新しいプロジェクトが成功するかは組織にかかっているので非常に重要な要素になります。

3C分析などのやり方の基本13:SWOT分析

SWOT分析とは

36791350 229963410983928 7633943827610337280 n
noriko_aotaniさんの投稿

3C分析などの戦略的なやり方の基本13個目は「SWOT分析」です。SWOT分析はよく聞く分析の手法ですが、自社分析を中心にした市場分析の方法です。分析する要素は自社の強みと弱み、それに対する機会と脅威です。まずは自社の分析を行うことで自社の武器と弱点を見つけます。

SWOT分析のポイント

武器はそのまま自社を成功させる大きな要因でうすが、同時に弱点をカバーする必要もあります。また、何か革新的な技術や製品などを開発してもそれを世の中に提供するタイミングも重要ですし、それの脅威になる要素も分析する必要があります。

3C分析を理解するための13個の事例集

プロジェクトで分析方法は変わる

36868595 224976494712643 6874250845517512704 n
zerohachi69さんの投稿

このように3C分析は様々な手法があるので、その企業やプロジェクトに合った分析を行うことが大切です。実際に自社が独占市場や寡占市場であれば分析の方法も変わってきます。他にも他社にはマネできない技術などがあれば分析するポイントが変わってきます。

3C分析の具体例とは?

37173517 426604791076523 3454131141756321792 n
lemoned_hide_smileさんの投稿

実際に3C分析に関しては部署に関係なく知っておいた方が有効な知識です。会社の経営などに関係することなので何か良いアイデアを考える際に便利です。ここからはマーケティング戦略における3C分析の具体例について説明していきます。

3C分析によるマーケティングの具体例1:差別化

差別化のために使う

36766446 1916838381942330 1098063828660256768 n
go_amaterousさんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例1つ目は「差別化」です。3C分析をしっかり行うことで他社と差別化を図ることができます。しっかりと自社分析を行い、情報収集を行うことで既存の技術や設備で付加価値を付けることが可能になるケースもあります。

差別化のポイント

37006101 699159827082595 8845599203263512576 n
iiyama_salescopywriterさんの投稿

具体的な例で言えば、フィルム会社が自社の技術を応用して化粧品やサプリメントを開発した例もあります。このように自社分析を行い正しく知ることで新しい道が見えることもあります。

3C分析によるマーケティングの具体例2:ブランド

ブランドのために使う

37176910 281898689038940 2879560029034250240 n
ayakotajiriさんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例2つ目は「ブランディング」です。3C分析を行うことで費用を有効活用することができます。具体例としては広告を使ったブランディングです。今までテレビCMなどで広告したものをSNSなどで広告することで成功した事例は多くあります。

ブランドのポイント

これは3C分析を行うことで、自社の製品のターゲットが想定よりも若い世代や、テレビを見られないくらい忙しい会社員などであったことが把握できたからです。広告の費用は非常に高額なので3C分析を行い有効にブランディングする必要があります。

3C分析によるマーケティングの具体例3:ポジション

ポジションのために使う

36650509 557417931326623 4635074640794877952 n
mami.selfchannelさんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例3つ目は「ポジショニング」です。3C分析の中にある競合を分析することで、その業界の中でのポジショニングを行うことができます。実際に製品が市場で成長するには時間がかかります。

ポジションのポイント

36583838 2112421265636207 5867728214637412352 n
takarasinjyukuさんの投稿

当該プロジェクトが市場においてどれくらいの位置を狙うべきなのかも3C分析を行うことで見えてきます。当然ですが市場の中で一番を目指すことも重要ですが、一番になる必要はありません。3C分析を行うことで適切なポジションが見えてきます。

3C分析によるマーケティングの具体例4:戦略

戦略のために使う

36727237 227227494585962 4052603532732268544 n
gantaleincさんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例4つ目は「戦略」です。3C分析を行うことで経営戦略や販売戦略を立てることができます。何か広告を行ったりする場合もイベントの時期などタイミングが重要になってきます。3C分析では市場の動きを把握することも大切です。

戦略のポイント

36159609 1579597255500750 5181401095095713792 n
northlanegroupさんの投稿

ビジネスでは戦略によって大きく売上などの成果が左右されます。重要なことは競合となる企業の動きを知ることです。自社よりも認知度がある企業が自社開発製品と類似しているモノをリリースした場合は勝ち目がありません。

3C分析によるマーケティングの具体例5:商品開発

商品開発のために使う

36572677 1971594002955216 1636424566030991360 n
ailltdさんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例5つ目は「商品開発」です。何か新しい商品を開発するときに3C分析は必須です。例えば新しいのど飴を開発する際に3C分析を行うことで新しい商品を開発することができます。

商品開発のポイント

36587291 233705640776916 3094019634593005568 n
takahiro_ohkawaさんの投稿

のど飴と一言で言っても味や効果など非常に多くの種類があります。中には「はちみつだけで作ったのど飴」という商品もあります。これは他社がマネできないような技術を使っており、また商品者に対しても分かりやすい商品だったためヒットした商品です。

3C分析によるマーケティングの具体例6:サービス改良

サービス改良のために使う

36870730 235681370583252 8606750784828211200 n
iijimakunioさんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例6つ目は「サービス改良」です。3C分析は新商品の開発だけではなく、サービス改良にも大きく役に立ちます。このような分析には消費者行動学なども非常に役に立つ要素になります。

サービス改良のポイント

35999820 222740458347663 8025141247205179392 n
hayato.uedaさんの投稿

顧客の心理状態を良く知ることが重要ですし、サービスなどが評価されるためには多くの試行錯誤が必要です。市場調査を行っても顧客は答えを教えてくれません。そのため、消費者の心理を理解することが重要です。

3C分析によるマーケティングの具体例7:品質改良

品質改良のために使う

マーケティング戦略における3C分析の具体例7つ目は「品質改良」です。工場などの生産ラインでも3C分析は必要になります。工場などの効率が高くなれば品質は向上されることが多いです。この場合は自社の分析と競合の分析が役に立ちます。

品質改良のポイント

実際に生産ラインの効率化を図ることで主力商品の販売価格を下げることに成功した企業もありますし、価格を変更せずに利益を大きくする企業も多くあります。このように自社を分析することで会社を良い方向に導くことができます。

3C分析によるマーケティングの具体例8:スタバ

スタバの事例

36780590 1146226942175659 1627692347762409472 n
sora_starbucksさんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例8つ目は「スターバックス」です。この3C分析を活用してコーヒーショップとして地位を確立したのがスターバックスコーヒーです。自社と他社の違いを分析し、顧客の需要に応えるサービスを提供することで成功していますが、そもそもコンセプトが他社と異なります。

スタバの事例のポイント

36928521 1803338906418771 6239068587378606080 n
kyouko_no_goro7110さんの投稿

スターバックスが大切にしていることはコーヒーショップですがコーヒー以外を大切にしていることです。実際にコーヒーの品質も高いですが、注目したのはコーヒーを飲みたくなる場所、どんなときにコーヒーを飲みたくなるかを分析して作り上げた空間です。そのためスターバックスのコーヒーには「場所代」も含まれています。

3C分析によるマーケティングの具体例9:ハンバーガー

ハンバーガーの事例

37021875 639907876387459 8969932845715816448 n
kyoto_food_kingさんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例9つ目は「ハンバーガー」です。ハンバーガーショップもブランドがいくつもあります。その競争を生き抜くためには3C分析が必要です。例えばマクドナルドハンバーガーとモスバーガーは同じハンバーガーですが、コンセプトが大きく異なります。

ハンバーガーの事例のポイント

安くておいしいマクドナルドですが、ハンバーガーよりも販売戦略や店舗の出店戦略に力を入れています。それに対してモスバーガーの場合は、ファストフードではなく「ハンバーガーレストラン」として品質の高いハンバーガーを提供しています。このように市場・競合を分析することで住み分けをしています。

3C分析によるマーケティングの具体例10:コンビニ

コンビニの事例

36604688 430599427427904 5946348179401211904 n
harunotsuki13さんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例10個目は「コンビニ」です。コーヒーショップやハンバーガーショップよりも数が多く、この3C分析が非常に重要になる業界がコンビニです。以前と変わってコンビニでは提供できるサービスも変わってきています。

コンビニの事例のポイント

実際に提供しているサービスの数は多くなり、顧客の満足度は上がっていますがブランド毎の差別化が難しい業界でもあります。簡単に言うとマネをしやすいビジネスモデルです。その中で販売戦略や出店戦略がカギとなります。

3C分析によるマーケティングの具体例11:緑茶飲料

緑茶飲料の事例

19955376 843197959166326 4561558832345513984 n
daichi.h0731さんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例11個目は「緑茶飲料」です。日本人にとって切っても切れない関係にある飲料が緑茶です。この緑茶の商品開発もドリンク業界にとっては非常に大きな存在になります。

緑茶飲料の事例のポイント

17661896 1371611922914659 7561969671902068736 n
swissjoho_comさんの投稿

その中で各社3C分析を行い他社と差別化を図っています。実際にはより緑茶を楽しめるように「濃い味」を提供したり、健康的な緑茶としては「高濃度茶カテキン」などを提供しています。他にも他社と価格は変わらず本格的な味の「濁り」「急須で入れたお茶」などのコンセプトがあります。

3C分析によるマーケティングの具体例12:喫茶店

喫茶店の事例

36717395 214859115840267 9082692977234542592 n
nami_11073さんの投稿

マーケティング戦略における3C分析の具体例12個目は「喫茶店」です。このような3C分析は企業だけではなく自営業で行っている喫茶店なども分析は必要です。実際に今まではコンビニとも差別化ができていましたが、コンビニコーヒーの登場などで多くの喫茶店が打撃を受けています。

喫茶店の事例のポイント

37132627 356271788240160 6226907554983706624 n
___o7nさんの投稿

コーヒーを飲むだけであればコンビニでも良いと考える方が多いので、喫茶店を経営している場合はランチタイムにサービスをしたり料理に力を入れたりと新しい対策が必要になります。このとき何をするか決めるために3C分析を行います。

3C分析によるマーケティングの具体例13:恋愛

恋愛の事例

マーケティング戦略における3C分析の具体例13個目は「恋愛」です。この3C分析はよく恋愛に例えられることが多くあります。誰か意中の人がいた場合、相手の好みなどを調べることは市場分析と同じになります。

恋愛の事例のポイント

36889172 208113673231958 1587423211136483328 n
koigakuさんの投稿

また人気がある人であれば競合も多いですし、自分の強みを活かして差別化を図る必要があります。このようにマーケティングの分析という堅いイメージになりますが、3C分析は日常でも使える手法です。

活用することが大事!3C分析で効率化

37010650 2263928223647740 336579342693826560 n
grooo_writerlaboさんの投稿

今回は3C分析について紹介してきました。実際にこの3C分析は自社のビジネスを成功させるために必要な分析方法です。特に営業や企画の担当者は活用することでアイデアや提案が上手くいきやすいです。知識だけではなく活用していくことが大切です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ