海外就職する方法とは?日本との違いやメリット・デメリットも調査!

海外で就職する方法に注目して、具体的な就職方法について解説を行います。日本で就職する場合との違いやメリット、デメリットなども取り上げていきます。英語や日本語のスキルや資格も含めて、海外就職を検討する際に参考となる記事です。

海外就職する方法とは?日本との違いやメリット・デメリットも調査!のイメージ

目次

  1. 海外就職する方法について確認しよう
  2. 日本の就活がおかしい?海外から見た就職活動
  3. 新卒一括採用!日本独自の就職システム
  4. メリットもある!日本の雇用制度の魅力
  5. アメリカでの就活!即戦力が重宝される
  6. 大学での成績も重視!アメリカで就職するコツ
  7. 履歴書や自己PR!アメリカの就活の流れ
  8. その場で内定が出ることも!アメリカでの就職面接
  9. 英語力が必須!目安はTOEIC850点以上
  10. ビザの取得もカギ!アメリカでの就職を目指す方法
  11. 習うより慣れる!現地で生き抜く英知
  12. 小さい会社も多い!海外での就職事情
  13. 海外就職のメリット1:成長環境が整っている
  14. 海外就職のメリット2:人に流されにくい
  15. 海外就職のメリット3:異文化理解の促進
  16. 海外就職のメリット4:物価が安い
  17. 海外就職のメリット5:生活の負担が軽い
  18. デメリットも確認!海外就職の注意点
  19. 人脈は広げにくい!海外就職のデメリット
  20. 日本人の感覚はない!マナーやモラルにも注意
  21. 資格取得もポイント!海外就職への挑戦
  22. 海外就職の実情について理解する

海外就職する方法について確認しよう

36769691 485096675251995 148914942878154752 n
acthouseさんの投稿

海外就職というテーマに焦点を当てて、海外就職をする方法や資格の考え方、日本の就職活動の特徴などを具体的に解説していきます。日本では少子高齢化が進んでおり、今後海外で働く人材や海外から受け入れる人材の数が加速度的に増加していくと見込まれています。そんな中で、一つの選択肢として海外就職を目指すための方法を確認していきましょう。

日本の就活がおかしい?海外から見た就職活動

集団主義!日本の就職カルチャー

36790999 477229296058422 8414255736510480384 n
k.chaikrapさんの投稿

海外就職をすることを選択する人も増えてきていますが、日本人であれば日本の企業に就職する割合が圧倒的に多いと言えます。日本の就職活動は海外から見ても独特なものであり、日本独自の雇用慣行と言うことができます。集団主義を大切にするカルチャーも影響しているのが実情です。集団の中で活躍できる人材が日本企業において好まれる傾向にあります。

出る杭は打たれる!日本の就職事情を表すことわざ

36807333 225210321452235 8138242807149101056 n
ayuchanmnさんの投稿

日本語のことわざとして、出る杭は打たれるといった言い回しもあるように、目立つことよりも、同調性や協調性といった精神を大切にする文化が日本にはあります。それは良い部分もありますが、海外から見ると独特な文化に映ることも珍しくありません。日本の就職活動のスタイルとして独特の良さもありますが、海外から見ると特異だと言うことができます。

リクルートスーツを着用して、就活を行う時期も一斉にスタートするというのも、日本独自のシステムであり、特異な部分として映ります。個人主義を標榜するアメリカでは、全員同時に就職活動を開始するというルールはなく、そのタイミングは個人によってバラバラです。それくらい日米における就職活動には、考え方も行動も違いがあるということです。

新卒一括採用!日本独自の就職システム

企業も一斉スタート!新卒の採用

36815182 252236095381214 5809628534167044096 n
acthouseさんの投稿

海外で就職する方や外国人から見た時に、日本の就職システムは独特であり、特異なものととして認識されることが多くなります。それは新卒一括採用というルールも一緒であり、上下関係を敬う社会性も日本独特の考え方とされています。大学や高校を卒業した若者が一斉に就職活動をスタートして、企業も一斉に新卒を採用するというのが、日本の伝統です。

終身雇用や年功序列!日本独自の文化

とかく、日本では新卒であることが重宝され、新卒以外は受け付けないといった風習を持つ企業も少なくありません。新卒であることが採用の優先順位を高くするブランドのような存在となっており、学生を就職活動に駆り立てるきっかけの一つになっています。年功序列や終身雇用といった仕組みは徐々に廃れてきていますが、それも日本独自の文化と言えます。

36868594 583515682043661 7020853803205263360 n
acthouseさんの投稿

アメリカでは個人の能力や実績を重視して採用活動をする向きがあり、日本の新卒一括採用とは一線を画す部分があります。20代という多感な時期に新卒で一括採用をすることには賛否両論があります。新卒の3年以内離職率が高いのも日本の採用システムの弊害と言われています。そうした雇用制度を少しずつ見直していくことで、就職の合理性が生まれます。

メリットもある!日本の雇用制度の魅力

誰にでも成功のチャンスがある!新卒一括採用のメリット

海外から見た時に、日本の新卒一括採用というのは独特なものである印象が強いと言えます。そんな日本の雇用制度ですが、メリットもあると考えることができます。それは、学生時代までの経験ではなく、社会に出てから実績を積むことで誰にでも成功するチャンスが与えられているということです。努力し続けることが重要ですが、その可能性はあります。

ポテンシャル重視!日本企業の傾向

36597097 642068296167938 4341278712877023232 n
acc_perthさんの投稿

実力主義で個人主義でもあるアメリカの就職活動については、即戦力が求められることになりますが、日本の新卒採用に関してはスキルや実務経験が問われることはそれほど多くありません。それよりも、就職してから活躍できる人材か、努力できる人材かを見られることが多いです。未経験でもポテンシャルが重視される傾向にあるのが日本のメリットです。

36160465 232815440662672 4397707178622844928 n
iamyunapiさんの投稿

また、日本国内に目を向けていけば、少子化に伴って就活生が売り手市場などと言われるケースも目立ち始めてきました。企業が欲する人材に対しての有効求人倍率が1倍を超えることも一般的となり、指定しなければ誰もがどこかしらの企業で勤めることができる時代です。そうした時代において、自身の魅力を適切にアピールすることが大切なポイントです。

アメリカでの就活!即戦力が重宝される

仕事に活かせるか?大学で専攻した分野

日本での就職活動における独自性や特異性といったところに焦点を当ててきました。反対にアメリカでの就職活動におけるポイントについても確認していきます。アメリカでも新卒の採用はありますが、日本ほど横並びで新卒採用が行われるというわけではありません。大学で専攻した分野を、仕事に直接活かすことができるかどうかが重視される傾向にあります。

資格や大学時代の経験など!就活で重視されるポイント

36908898 286715535209390 6245185097549479936 n
acthouseさんの投稿

つまり、アメリカでの就職活動については即戦力が重視されることになり、ビジネスで使える英語力はもちろんのこと、仕事に関連する資格や大学時代の経験などが見られるポイントとなります。また、就職活動のタイミングは個人個人で自由となっているところも特徴的です。ポジション別に採用するところがアメリカにおける、就活のやり方にもなっています。

アメリカでの就活については、通年採用となっているところも特徴的な点と言えます。日本のように新卒一括採用で決められたスケジュールがあるというよりは、企業が独自で設定しているスケジュールに基づいて、就活を行っていくことになります。日本の終身雇用や年功序列といった考え方もなく、転職や社内転職によってスキルアップを目指していきます。

大学での成績も重視!アメリカで就職するコツ

成績評価値の重視!大企業の特徴

アメリカで就職する方法としては、大学時代の成績も重要になってきます。日本ではそれほど重視されない傾向もある大学時代の成績ですが、アメリカでは大学の成績や実績が特によく見られます。アメリカの大企業はGPAと呼ばれる成績評価値を重視する傾向にあるのです。そのため、アメリカの学生は学業優先で必死に良い成績を取ろうと頑張っています。

人脈作りもポイント!インターンやアルバイト

36575529 1885006215137466 5707845888085327872 n
work_asiaさんの投稿

学業を優先することが特徴的なアメリカの学生たちは、夏休みなどの長期休暇を利用してインターンシップやアルバイトを経験します。そこでの就業経験が就職活動につながっていく部分もあるのです。インターンシップなどで勤めた企業では、人脈作りが欠かせません。そこで上司や先輩社員から評価を受ければ、そのまま採用につながる可能性も高まります。

長期休暇を利用してインターンシップやアルバイトをする学生が多くなるため、成績上位の学生はより良い就職の道を虎視眈々と狙っています。その結果として、一部の大企業では、GPAと呼ばれる成績評価値が3.5以上なければ応募資格すら与えないという企業もあります。GPAは最高4.0点満点となるので、3.5という数字はそれほど簡単ではありません。

履歴書や自己PR!アメリカの就活の流れ

レイアウトなどは自由!履歴書の書き方

日本での就職活動の特徴とアメリカでの就職活動の特徴について、具体的にご紹介していますが、就活の流れという点も着目していきます。アメリカではrejumeと呼ばれる履歴書を作成して、企業に提出することになります。テンプレートも用意されていますが、基本的なレイアウトや書き方は学生に任されており、自分自身をアピールしていくことになります。

第三者からの推薦!referenceの記載

36160787 169570507245863 6034545045061763072 n
acc_perthさんの投稿

履歴書に書く内容としては、志望動機や学歴、保有資格や職歴、英語や日本語といった語学力をアピールすることも一般的です。そこは日本の履歴書と変わらない部分も多くなっており、履歴書の内容が書類選考へとつながっていきます。履歴書の中には、referenceと呼ばれる身元保証人を記載する項目もあり、第三者からの推薦が必要になることもあります。

また、履歴書以外にはcover letterと呼ばれる自己PR用紙を作成することになります。カバーレターについては、資格や大学での実績、資格を活かした仕事の経験や職歴など、より実践的な内容を記載していくことになります。日本で言うところのエントリーシートのような存在です。履歴書とカバーレターの2種類によって、書類選考が行われることになります。

その場で内定が出ることも!アメリカでの就職面接

インタビュー!アメリカの面接の呼び方

アメリカでの就職を目指している方がいれば、その就職の流れや実際の方法について理解を深めておくことがポイントです。さらに、アメリカの就活において特徴的なシーンについて解説を行っていきます。履歴書やカバーレターの提出によって、書類選考を通過したら面接に進むことになります。アメリカでは面接について、インタビューと呼んでいます。

アメリカでは一般的!その場での内定発表

36980872 2154344864797903 7978555180054478848 n
work_asiaさんの投稿

最初は日本と同じように、人事部の担当者や求人を出している部署の関係者と面接を行うのが一般的な流れです。その後、面接に通過していくと、その他の部署の関係者とさらに面接を重ねることになります。アメリカの面接において特徴的なのは、その場で内定が出ることも多いということです。日本ではあまり見られないことですが、アメリカでは一般的です。

さらに、アメリカで就活をする際の方法として覚えておきたいのが、面接後にthank you noteと呼ばれるお礼の手紙を送ることです。このお礼の手紙を送ることで、面接担当者や企業に対して、より良い印象を与えることができます。お礼の手紙に関してはメールでも十分です。中には手書きの手紙を書くことによって、さらなるアピールを図る学生もいます。

英語力が必須!目安はTOEIC850点以上

ビジネスで通用する英語力!必要なスキル

アメリカで就職を目指している方がいれば、その方法や流れについて理解して、より実践的な立場として物事を分析していくスキルが求められます。さらに、アメリカでの就職を目指すのであれば英語力が欠かせないスキルとなります。その他の資格についても必要とされますが、まず英語力が第一です。ビジネスで通用する英語力を身につけることが重要です。

英語に不慣れ!日本人の不利な点

36538255 1879187712383899 2819162927607578624 n
acthouseさんの投稿

ビジネスレベルの英語力として指標とされているのが、TOEICで850点以上の点数を取ることです。資格としても注目度の高いTOEICですが、850点以上の点数をたたき出すのは容易なことではありません。アメリカ人であれば英語が話せて当然ですが、日本語に慣れている日本人は英語に不慣れな部分もあります。海外経験を積むことで英語力を鍛えることです。

36621171 488677331556031 3356566518631497728 n
acc_perthさんの投稿

英語力を高めるという点では、海外へ留学したりワーキングホリデーに参加したりすることも効果的です。その際に注意したいのは、日本人同士で固まらないことです。日本人同士で一緒にいると、どうしても日本語を使って英語の習得につながっていきません。海外の友人や知人をたくさん作って、英語によるコミュニケーションに慣れることが賢明な選択です。

ビザの取得もカギ!アメリカでの就職を目指す方法

就労ビザの取得!海外で働く資格

アメリカを中心とした海外で就職する方法としては、英語力を身につけてビジネス上のコミュニケーションに困らないレベルになっておくことが重要です。その上でアメリカでの就職を目指す方法として、ビザの習得を目指すことも忘れてはいけません。就労ビザを取得することができなければ、そもそも海外で就労する資格がなくて働くことができないからです。

ビザの取得から!海外での就職挑戦

原則として、永住権を保有している以外の外国人に関しては、就労ビザがないと海外で働くことができません。年々、就労ビザを取得する条件も困難になっており、海外での就職を断念する人も出てきています。雇用主のサポートを得ることで就労ビザを発行してもらいます。ビザを発行してくれる専門機関もあるので、そうした場所に相談するのも賢明です。

習うより慣れる!現地で生き抜く英知

得るものも大きい!長期的な海外生活

海外で就職する方法として、アメリカの就職事情や考え方について取り上げてきましたが、まずはインターンシップでも留学でも、ワーキングホリデーでも良いので、実際に海外での生活や仕事ぶりを体験してみることが重要です。旅行で短期的に訪れるのではなく、半年や1年といった長期的なスパンで海外生活を体験することで、得るものも大きいと言えます。

習うより慣れろの精神!成功の秘訣

36467654 1916586798392207 7214963497233285120 n
cne1htinternationalさんの投稿

英語をはじめとした語学力に関してもそうですが、実際に現地に行って英語を使うことによって、語学力もどんどんアップしていきます。日本語ばかり使っていては、英語力が上達するわけがありません。その点においても、海外に出て積極的に外国人とコミュニケーションを取ることが重要です。習うより慣れろの精神を大切にすることが、成功への秘訣です。

日本語は一旦忘れる!海外での生活のコツ

日本語には敬語といった概念がありますが、英語にはその考え方はありません。このように日本語にあって英語や海外の言葉にないことは数多いのです。日本語は世界的に見ても難しい言語の一つと言われています。敬語や古語も含めて、日本語ならではの良さはありますが、一旦忘れることが重要です。まずは海外の言葉に慣れることがポイントです。

小さい会社も多い!海外での就職事情

大企業が少ない!アジア圏の会社事情

36762774 215144005990166 2734856726791585792 n
acc_perthさんの投稿

日本の新卒一括採用やアメリカの実力主義的な就職スタイルなど、国によって就職する方法や考え方も大きく異なってくるのが特徴的であると考えることができます。その他の海外での就職事情についても確認していきます。アジア圏に目を向けてみると、小さい会社が多いのが特徴的です。日本やアメリカのような大企業が存在する国の方が少ないのです。

フィリピンやマレーシア!今後の成長期待国

35998439 1892071670859132 1420868373717188608 n
acc_perthさんの投稿

歴史的にも浅い企業が多くなっており、これから隆盛を迎えるために日夜働いている従業員が多いのも特徴的です。フィリピンやマレーシア、タイなどの東南アジア諸国は、成長著しい国としても注目を集めており、日本からの働き手も多いのが特徴的です。日本の企業に就職して働く方法もありますが、現地法人に飛び込んでチャレンジするのも魅力的です。

海外就職のメリット1:成長環境が整っている

チャレンジングな仕事!スピード感のある成長

36135864 290075505067062 5899690893102809088 n
jac_singaporeさんの投稿

海外で就職する方法について知り、実際に海外で働くことには多くのメリットも存在しています。そのメリットの一つとして挙げられるのが、成長環境が整っていることです。チャレンジングな仕事が多いと言い換えることもできますが、それだけ刺激的な仕事が多いのです。日本で働くのとは全く違ったスピード感で、スキルアップを図ることができます。

やりがいも大きい!即戦力としての活躍

36160155 550788178656654 3649414744835620864 n
sakayanagi.airlinesさんの投稿

東南アジアを中心とした海外で就職する場合には、新卒であっても即戦力としてマネジメント的な部分を任されることも多いです。成長著しい国とは言っても、まだまだ日本と比べて開きがあるのも実際のところです。本人の頑張りも重要ですが、その環境は整っています。個人の努力次第で大きな成功のチャンスも秘めているのが、やりがいの一つでもあります。

海外就職のメリット2:人に流されにくい

自分の時間を確保しやすい!海外での就職

35998463 225723184709913 6528609882038337536 n
gjj_kaigai_shushokuさんの投稿

海外で就職することのメリットとして、人に流されにくいという点も挙げることができます。海外では日本人同士のように、人に振り回されたり付き合いを求められたりすることが多くありません。もちろん、特定の友人や知人同士で仲良くすることはあっても、接待など付き合い的な儀式は少ないのです。その分、自分の時間を確保しやすい環境とも言えます。

気の合う仲間を見つける!コミュニティへの参加

35575748 484325502002329 2784672184147116032 n
acc_perthさんの投稿

国によっては、独自のコミュニティが形成されている場所も多いので、そうしたコミュニティに積極的に参加してみることもおすすめです。海外で生活していると、日本の家族や友人と疎遠になる部分もあってさびしさを感じることも出てきます。その時に遊べる仲間がいるのは重要なことです。コミュニティーに参加して、気の合う仲間を見つけるのも賢明です。

海外就職のメリット3:異文化理解の促進

価値観や文化に触れる!海外での生活

35617073 1723097097744286 987254514237046784 n
acc_perthさんの投稿

海外に就職することで、異文化の理解促進につながるというメリットもあります。当然、海外で生活することになるので日本語を使う機会も減っていきますし、さまざまな人たちと触れ合う機会も多くなっていきます。それだけ世界には多用な文化や価値観があることの理解にもつながっていきます。小さなトラブルもくじけずに生活するメンタルも身につきます。

語学力向上にもうってつけ!海外での生活

35264188 231999420927556 4626806536692301824 n
study_singaporeさんの投稿

語学力の向上という点でも、日本で勉強している時よりも圧倒的なスピードで上達させていくことができます。日本にいれば当然ながら日本語を使う時間の方が多くなります。しかし、海外に行けば日本語ではなく、英語や現地の言葉で会話をする時間の方が長くなるのです。どちらの方が語学力向上に最適なのかは自明の理であり、海外で働くメリットです。

海外就職のメリット4:物価が安い

35575749 278025879439927 7663066128238772224 n
eri_141chan.thさんの投稿

海外で就職をして生活をすることのメリットとしては、物価が安いことも挙げられます。アメリカなどの先進国となると話は別ですが、東南アジアなどであれば日本と比べても物価が安いことが特徴的です。食費や交通費に関しても、日本よりも安いことが多く、それだけ節約して生活を送れます。ちょっとした贅沢をしても安く収まるのが嬉しいメリットです。

海外就職のメリット5:生活の負担が軽い

選択肢が広い!物件選びの楽しみ

36160354 237274187066533 2871681568659734528 n
riesitaさんの投稿

海外では日本と比べて物価が低いことが多く、それだけ生活の負担が軽くなると言うことができます。家賃や水道光熱費も日本の半分以下の値段で暮らせることもあり、それだけ住環境においては経済的な負担が低いことが多くなっています。中にはキッチン用具まで全て揃っているケースもあります。その辺の物件選びに関しても、選択肢が広くなっていきます。

シェアハウスもおすすめ!異文化交流のポイント

35999488 984887145021982 2513564094552866816 n
acthouseさんの投稿

せっかくの海外生活をプライベートも含めて満喫したいというのであれば、シェアハウスに住んでみるのも効果的です。単身で海外挑戦をするのであれば、異文化体験という意味でも多くの外国人に触れ合ってみるのはおすすめできます。自分一人で住むよりも安い費用で暮らすことができます。語学力の向上という点でも、習得スピードが増していきます。

デメリットも確認!海外就職の注意点

受け身では成長しにくい!海外では顕著

35459393 1748412488546083 4504958091166482432 n
mrmy_studyさんの投稿

海外で就職する方法を理解して、実際に海外に挑戦することで得られることも数多くあります。一方で、海外で就職する際にはデメリットもあるので、その点には注意しておく必要があります。まず、デメリットの一つ目としては受け身であると成長しにくい点が挙げられます。これは日本の企業に就職をしても同じことですが、海外ではさらに顕著となります。

就職初日から即戦力!海外での働き方

35381650 785588328495767 6062915399995883520 n
acc_perthさんの投稿

企業や国にもよりますが、海外では日本企業のような研修制度がないことや専門的な上司がいないことも珍しくありません。就職初日から実践的に働いて即戦力としての活躍を求められると考えておくのがベターです。それだけのスキルや気持ちも必要となりますし、積極性が求められます。そこまでの気持ちがないのであれば、最初から辞めておくべきです。

人脈は広げにくい!海外就職のデメリット

35616886 1766436513394029 4247068360426127360 n
cne1htinternationalさんの投稿

海外で就職することのデメリットとして、そこまで多くの人脈を広げにくいという点も挙げられます。日本語を自由自在に操ってコミュニケーションを取れるという環境でもないので、意思疎通が難しい部分もあります。情報も限られており、日本のような勉強会やセミナーが多いわけではありません。その点も、不満に思ってしまう部分の一つだと言えます。

日本人の感覚はない!マナーやモラルにも注意

35985958 184919015532828 3616102171033993216 n
koji.malaysia.lifeさんの投稿

海外での就職に当たっては、日本人のようなマナーやモラルといった感覚はないことも注意が必要です。日本人は堅苦しいくらいのマナーやモラルを大切にする文化がありますが、海外でその感覚は通用しません。海外に行って日本の良さを再確認する人も多いくらいです。異文化の理解だと思って、マナーやモラルに期待するのはあきらめておくのが賢明です。

資格取得もポイント!海外就職への挑戦

34983308 218759082271605 385960647575207936 n
courrier_japonさんの投稿

海外への就職に当たっては、TOEICをはじめとした資格取得に力を入れておくことが重要です。当然ですが、現地で就職する場合は日本語ではなく、英語や現地の言葉を使うことになります。いくら日本語ができても通用する話ではありません。資格もできるだけ英語系の資格を取っておくのがポイントです。そうした資格の取得が、現地に行って役立ちます。

Thumb英語の資格の種類や仕事に役立つものとは?就職にも活かせる!

海外就職の実情について理解する

35575467 230536607748533 5656903293872373760 n
courrier_japonさんの投稿

海外で就職することの意味や実情、メリットやデメリットなどについて具体的にご紹介してきました。資格の取得も含めて、できる準備は確実に行っておくことが重要です。海外では即戦力を求められることが多いので、その辺も踏まえた資格を取ることです。日本語よりも英語、現地の言葉を優先して使っていくことで、信頼を獲得することにつながります。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ