フリーターとは何か?パートや派遣社員との違いやメリットまで調査!

フリーターとは何かというところに焦点を当てて、フリーターの特徴について具体的に解説を行います。派遣社員との違いやパートとの違いにも触れていきます。フリーターとは何かを知ることで、そのメリットまで理解できる記事となっています。

フリーターとは何か?パートや派遣社員との違いやメリットまで調査!のイメージ

目次

  1. フリーターとは何かについて確認しよう
  2. 最初にチェック!フリーターとは何か?
  3. ニートとの違い!フリーターの考え方
  4. アルバイトとの違いも!フリーターの定義
  5. 派遣との違いも!フリーターとしての働き方
  6. 2種類のフリーター!バブル期と氷河期
  7. 正社員との違いも確認!正社員のメリット
  8. 雇用の安定感!正社員とフリーターの違い
  9. フリーターとは型があるもの!モラトリアム型
  10. 離職モラトリアム型も多い!フリーターになるきっかけ
  11. 芸能志向型もいる!フリーターとは何かの具体例
  12. 職人型のフリーターも多い!漫画家や作家
  13. 結果的にフリーターに!正社員志向型の特徴
  14. 期間限定フリーター!派遣やアルバイト
  15. 自らの意思が重要!フリーターとは何かの理解
  16. フリーターではない!学生や主婦のパート
  17. フリーターになる人の特徴1:将来予測が難しい
  18. フリーターになる人の特徴2:夢を追いたい
  19. フリーターになる人の特徴3:自分の時間が欲しい
  20. フリーターになる人の特徴4:特定のスキルがある
  21. フリーターになる人の特徴5:お金に余裕がある
  22. フリーターとは何か理解する

フリーターとは何かについて確認しよう

36655101 709367369395843 2954572431722807296 n
yuki.t.92さんの投稿

フリーターとは何かというところに注目して、派遣や正社員、パートやアルバイトといった働き方にも焦点を当てながら確認していきます。1980年代頃から登場してきたのがフリーターという言葉です。良いイメージを持っている方もいれば、フリーターに対して悪いイメージがあるという方も少なくありません。そのフリーター内実を確認していきましょう。

最初にチェック!フリーターとは何か?

フリーターとは定職に就かない若者!1980年代から登場

36586165 436135760198275 8052495382812295168 n
naka_173さんの投稿

まずは、フリーターとは何かというところに注目していきます。フリーターとは、1980年代に求人雑誌が提唱した言葉として徐々に定着するようになってきた言葉です。定職に就かない若者をフリーアルバイターと名づけたことがきっかけとなり、フリーターという言葉が浸透してきました。そこから現在に至るまでフリーターという言葉が使われています。

フリーターとは自由な働き方!もてはやされる時期も

36550040 192433001452765 3676275852556894208 n
gyummy029さんの投稿

1980年代にフリーターという言葉が登場してきた頃は、バブルの絶頂であったこともあり、あえて定職に就かずに夢や自由を得るために選択的に選んでいるというイメージがありました。世間的にもポジティブなイメージとして、フリーターという言葉が利用されていたのです。個人の自由な働き方として、フリーターがもてはやされる時期もありました。

15歳から34歳!若年層の定義

フリーターに関しては内閣府も定義づけを行っており、学生や主婦で働いている若年層のうち、パートやアルバイトで働いている人のことをフリーターと位置づけています。また、パートやアルバイトとして就業する意思がある人のこともフリーターと定義しています。若年層に関しては15歳から34歳までと定義しており、それ以上の方は若年層に含まれません。

Thumbフリーターの年収を徹底リサーチ!150万から200万円が平均?

ニートとの違い!フリーターの考え方

フリーターとは何かの理解!ニートの確認

フリーターについてはパートやアルバイト、派遣社員など、正社員以外の働き方として働く若者を呼ぶ傾向にあると理解しておけば問題ありません。その上で、フリーターとは何か理解するためにはニートとの違いも確認しておく必要があります。ニートとはNot in Education,Employment or Trainingの頭文字をとったものを略して呼んでいます。

就業や就職の意思がない!ニートの特徴

つまり、ニートとは就業する意思もなければ就学する意思もなく、さらには職業訓練を受ける意思すらないということです。フリーターとの違いとして、フリーターの場合は無職でも当てはまることがあります。無職の場合でも職業訓練を受けていたり、実際に就職活動をしていたりすれば、フリーターになります。そこがニートとの大きな違いであると言えます。

つまり、同じように無職であっても、働く意思がある場合はフリーターと定義づけることが可能であり、働く意思がなければニートという扱いになります。ある時期はニートであっても、ある時期から就労意欲が出てきたというのであればニートからフリーターに変化することもあります。その辺の判断については柔軟に考えることができる定義づけだと言えます。

アルバイトとの違いも!フリーターの定義

アルバイトとパート!フリーターとは何かの考え

フリーターとは何か理解していくために、アルバイトとの違いについても確認していきます。フリーターの定義の中にアルバイトとして働く人も含まれています。アルバイトは年齢に関わらずアルバイトと呼ぶことができますが、アルバイトで働いている人のうち、15歳から34歳までの若年層のことをフリーターと呼びます。パートの場合も同様です。

就業への意思があるかどうか!フリーターの分岐点

15歳から34歳の若年層の中でアルバイトとして生計を立てている人も少なくありません。実際にアルバイトとして働いている方もそうですし、現在アルバイトやパートとして働いていない無職の方であっても、いずれアルバイトやパートとして働こうとする意思があるならばフリーターと呼ぶことができます。就業への意思があるかないかも重要なポイントです。

フリーターとはアルバイトが主業!正社員ではない

また、サラリーマンやOLの方で副業としてアルバイトをしている場合、15歳から34歳の若年層であってもフリーターと呼ぶことはありません。正社員として定職に就いている場合は、アルバイトと呼ぶのが正しい言い方であり、フリーターとは言わないのです。アルバイトを主な生業としている若年層のことをフリーターと呼ぶのが正しい定義となっています。

派遣との違いも!フリーターとしての働き方

フリーターとは違う!派遣社員としての就業

パートやアルバイトとしての就業の他に、派遣社員として勤務する人も出てきます。フリーターの定義として、パートやアルバイトとして働くことや就業する意思がある人のことを指します。つまり、派遣社員に関しては曖昧な部分があります。派遣社員としての就業は正社員ではないものの、フリーターとはまた違った扱いになると考えておくのが賢明です。

フリーターの位置づけではない!内閣府の定義

36578314 283684179034469 9205167268214865920 n
mimi_stagram21さんの投稿

と言うのも、派遣社員の場合は、派遣会社によって社会保険や労働保険の手続き、あるいは年次有給休暇の付与など、正社員に近い待遇を受けられることもあるからです。アルバイトやパートでも同様の対応をしてくれることがありますが、正社員への近さで言うと派遣社員の方に分があります。内閣府の定義としても派遣はフリーターの位置づけではありません。

フリーターとは一線を画す!派遣社員のメリット

また、福利厚生面でも派遣社員が整っている部分が多く、定期健康診断や介護休暇、産前産後休暇や育児休暇制度が完備されていることもあります。アルバイトやパートでは考えにくいような福利厚生があることからも、フリーターとは一線を画すと考えておくのが無難です。派遣は派遣として魅力的な働き方であり、メリットも多い働き方だと言えます。

2種類のフリーター!バブル期と氷河期

理解度向上!フリーターとは何か?

36580042 254631315327364 2248175724575850496 n
hayaken435さんの投稿

フリーターについての理解をするために、パートやアルバイト、派遣社員といった働き方との違いを確認しておくことが重要です。その上で、フリーターにも2種類のフリーターがあることをご紹介していきます。それがバブル期フリーターと氷河期フリーターと呼ばれる2種類です。それぞれの考え方を確認するおくことで、フリーターへの理解度も高まります。

バブル期フリーターとは?かっこいい働き方

36847647 205827246929482 1631019053336231936 n
kenta757さんの投稿

まず、バブル期フリーターについては、自ら進んでフリーターになることを選択している人が多く、周囲の見方としてもかっこいい働き方であるともてはやされることが多かったです。バブルの絶頂であったこともあり、世の中としても浮き足立つような傾向がありました。脱サラなどともてはやされて、自らフリーターの道に進む若者も多かった時代です。

氷河期フリーターとは?ややネガティブ

36528554 198712097482479 2534043997563781120 n
dada2504_takasanさんの投稿

一方で、氷河期フリーターについては、バブル期フリーターとは一線を画すような考え方や世間のイメージに変わっていきます。バブルの崩壊して、経済状況が不安定になっていく中で、正社員になれなかった若者がやむを得ずにフリーターとしての道を歩むようなケースも出てきました。したがって、よりネガティブなイメージも強い働き方になっています。

正社員との違いも確認!正社員のメリット

雇用の安定!正社員として働くこと

バブル期フリーターと氷河期フリーターの2種類の考え方と違いを理解しておくことで、時代背景の変化と共にフリーターに対する見方も変わってきたことを把握することがポイントです。さらに、フリーターへの理解を深めるために正社員との違いも確認していきます。正社員の場合は、雇用の安定感といったメリットがあり生涯賃金も一気に高くなります。

昇給やボーナス!フリーターとの違い

36506611 193224894707799 6076208654489485312 n
0ssnnnnさんの投稿

アルバイトやパートといったフリーターの場合は、時給で働くことも多く、昇給やボーナスをもらうことができても微々たる金額であることが多いです。一方で正社員の場合は、若手のうちこそそれほど良い給料を手にすることができませんが、経験と年数を重ねていくうちにボーナスや昇給の額も大きくなっていき、生涯で獲得する賃金も大きくなります。

賃金の支払い形態といった部分でも、正社員の場合は多くが月給制や年俸制という形になります。たとえ体調不良などで欠勤することがあっても、それほど大きく給料が減ることはありません。しかし、パートやアルバイトなどの場合は、時給となるため欠勤すればその分給料も減ってしまいます。その部分にも正社員とフリーターの大きな違いがあると言えます。

雇用の安定感!正社員とフリーターの違い

不当な理由での解雇もない!正社員のメリット

雇用の安定や賃金の支払い形態といった点で、メリットも多いのが正社員としての働き方です。パートやアルバイトであればいつ首を切られるかわかりませんし、昇給に期待することもさほどできません。しかし正社員として勤務していれば、原則として定年までの雇用が前提になっていることが多いです。不当な理由で解雇されることはないこともメリットです。

教育の充実度!正社員としての雇用

終身雇用制度が崩壊してきたとは言っても、パートやアルバイトのような立場との違いは雲泥の差があると言えます。安心感を持って働きたいという方にとっては、正社員としての道を選ぶのが賢明な選択です。さらに、教育の充実度の面でも正社員にメリットがあります。正社員として採用すれば、企業としても人材を育成することに力を入れるようになります。

36583835 2122674754680204 651594273069727744 n
himejishiogensuiさんの投稿

企業としても少しでも良い人材に育って、会社に利益をもたらしてくれるような存在になって欲しいと願うものです。そのため、資格支援制度や留学制度といった独自の制度を設けている企業も少なくありません。自らが望むことで、成長の機会も増えていくのが正社員のメリットです。このメリットに目が行くようであれば、正社員を選ぶのが賢明な判断です。

Thumbフリーターから正社員になる方法とは?就職するためのポイントを紹介!

フリーターとは型があるもの!モラトリアム型

離学モラトリアム型フリーターとは?特徴の確認

フリーターと正社員の違いについて理解した上で、自らの働き方を選択していくことが求められます。フリーターとは何かの理解を深めていく上で、型に注目してみると理解の促進につながります。フリーターの型として取り上げることができるのはモラトリアム型のフリーターです。離学モラトリアム型と呼ばれるフリーターも多く存在しているのが特徴です。

高校や大学を中退!明確な意思がない

36645995 270744610343372 6038127627607212032 n
y_nkt11さんの投稿

離学モラトリアム型フリーターとは、将来への見通しがないままに高校や大学を中退してしまい、そのままパートやアルバイト、あるいは無職として生活をしている人のことを指します。何か意思や目的があって学生生活を終えることができれば良いですが、そうではなく中退してしまうこともあります。職業に対するビジョンも不明瞭なことが多いのが特徴です。

特に意思がないまま高校や大学を中退してしまうと、正社員として就業するのが難しいという側面もあります。高卒や大卒といった学歴条件を設定している企業も多く、それが障壁となって無職になってしまうこともあります。無職の間に職業訓練学校に行ってスキルを身につけるのも一つの考え方です。まずは、就業に対する意思を持つことがポイントです。

離職モラトリアム型も多い!フリーターになるきっかけ

離職モラトリアム型フリーターとは?就職後の離職

離学モラトリアム型フリーターもいる一方で、離職モラトリアム型フリーターと呼べる存在も一定数います。離職モラトリアム型フリーターとは、学校を卒業して一度は職に就いたものの、何の意思もなく会社を辞めてフリーターとなってしまった人たちのことです。無職の場合もありますし、パートやアルバイトで生計を立てているケースもあります。

チャンスはある!再就職に向けて

仕事自体がきつかったことや人間関係の問題、労働条件の問題など、いろいろな悩みを抱えつつ、最終的には離職の道を選択して、そのまま離職モラトリアム型フリーターになるという人が多くなっています。このタイプは高卒や大卒といった一定の学歴はあるので、一旦無職になっても再びチャンスはあります。良い意味で充電期間として捉えると好都合です。

芸能志向型もいる!フリーターとは何かの具体例

俳優や芸能関係など!夢を追う若者

離職モラトリアム型フリーターや離学ぶモラトリアム型フリーターといったタイプがある中で、芸能志向型のフリーターも存在してます。かつてのフリーターのイメージと言うと、この芸能志向型のタイプが最も多かったと言うことができます。俳優や芸能関係、演劇や音楽などの分野でデビューすることを夢見て、アルバイトで生計を立てるタイプの若者です。

一度きりの人生!やりたいことをやる

15歳から34歳といった若年層であれば、夢を追いかけてその夢で一発逆転を狙うという選択肢がないわけでもありません。もちろん、正社員として安定した道に進むことのメリットもありますが、夢を追って生きるかっこ良さもあります。一度きりの人生だからこそ、自分のやりたいことをとことんやり尽くしたいという方は、フリーターとなるのも賢明です。

職人型のフリーターも多い!漫画家や作家

自らの意思!自身のスキルで勝負

36653603 403903940129623 7813814863238529024 n
masanobu03さんの投稿

フリーターにもいろいろなタイプがあり、メリットやデメリットもあるわけですが、中には職人型と呼ばれるフリーターも存在します。ライターやアート関係、漫画家や作家など、自らのスキルを持っており、そのスキルを活かしてフリーターとして活躍する方も少なくありません。フリーランスという言葉でも表現可能で、自らの意思で仕事を行っています。

世間体を気にしない!やりたいことをやる

職人型タイプのフリーターは、仕事に対する興味や執着が大きい傾向にあり、社会的な評判や世間体を気にすることがありません。自らがやりたいことを徹底的に行うという点で、仕事選びの軸がはっきりしていると言えます。このタイプは、自分の時間も確保しながら仕事もしっかりと行い、より有意義で充実した生活を送っている人が多いのも大きな特徴です。

結果的にフリーターに!正社員志向型の特徴

職人型フリーターや芸能志向型フリーターのように、自ら選択的にフリーターになることを選んでいる人がいる一方で、やむを得ずフリーターや無職になるという方もいます。本当は正社員になりたかったが、結果的に無職になってしまったという人も多く、足りない部分を補うことが必要です。職業訓練校に行ってスキルを身につけることも、効果的な選択です。

期間限定フリーター!派遣やアルバイト

だらだらとフリーターでいない!期間を区切る

いろいろなタイプのフリーターがいる中で、期間限定フリーターと呼ばれる存在も出てきています。就職と就職の間や、学校の卒業から就職の間までなど、期間を区切って無職になったり、アルバイトをしたりすることです。このタイプは明確なスケジュールがあるので、合理的な考え方ができています。いつまでもだらだらとフリーターでないことも特徴的です。

次の仕事につなげる!無職の充電期間

41418438 321434921953952 5464750133541339136 n
daiki1509さんの投稿

特に会社を退職して、次の転職先を探すまでの充電期間として自らの意思でフリーターになる人も少なくありません。社会人としての生活は大卒の人であれば40年前後の年月がかかるわけで、大変な労力を費やすことになります。その労力のパワーを補給するという意味で無職になるのです。その期間にリフレッシュすることで、次の仕事につなげていきます。

自らの意思が重要!フリーターとは何かの理解

選択的に選ぶ!フリーターとしての働き方

フリーターについての理解を深めて、フリーターとして活躍をしていくためには、多くの働き方のメリットやデメリットを確認した上で、選択的にフリーターを選ぶことが重要です。やむを得ずフリーターになってしまうことは最も避けるべきことであり、自らの意思を持って選択することが求められます。それがフリーターとして活躍するための術でもあります。

意図や目的が重要!フリーターの選択

例えば、無職になることを一概に悪いことだと否定する人もいます。しかし、無職の期間があることで、いろいろな場所に出かけたり、人との触れ合いを大切にできたりすることもあります。それが次の仕事へのモチベーションにつながっていくのであれば、無職であることは悪いことではありません。明確な意図や目的があれば、正当化されるべき選択なのです。

フリーターではない!学生や主婦のパート

フリーターに関しての定義について改めて確認していくと、学生のアルバイトや主婦のパートなどはフリーターとは呼びません。主婦は主婦としての役割があり、それだけで十分な社会的な価値があります。また、学生の本分は学ぶことであり、働くことではありません。学生がアルバイトをしていても、フリーターというわけではないので、注意が必要です。

フリーターになる人の特徴1:将来予測が難しい

漠然としたイメージ!結婚や住宅の購入

36506400 1886405151667726 5981555194557628416 n
h.no.003さんの投稿

フリーターになることに多くのメリットがあるわけですが、フリーターになる人の特徴についてご紹介していきます。まずは、将来をイメージすることが難しいという人を挙げることができます。かつてならば仕事をして稼ぐことで、結婚して家を購入して子供が産まれて、車を購入するといった漠然としたイメージがあり、それを目標にする人も多かったです。

今を楽しむ!将来が見えない世代

しかし、現在では生涯未婚率も年々上昇していき、自分の経済力で家族を養うことができるかどうかに不安を抱く若者も多くなってきています。将来に対する不安が大きく、企業に勤めていても安心できないと感じる若者がフリーターになる道を選ぶことも多いです。年金制度の不安定さも不安に拍車をかけて、今を楽しもうとする若者が増えていると言えます。

フリーターになる人の特徴2:夢を追いたい

夢を追うための活動資金!フリーターとしての働き

35998975 2067271553346577 162466350676049920 n
dtzenさんの投稿

フリーターになる人の特徴としては、夢を追いたいタイプの人も多いと考えることができます。昔から芸能志向型の若者は多かったですが、それは現在でも変わらない傾向であると言うことができます。ミュージシャンや芸能人などになって、テレビで活躍したいと考える人も多いです。夢を追うための活動資金として、フリーターとして活動する若者も多いです。

可能性にかける!努力の継続

36645612 220130331963008 7060355648218726400 n
yujirou311さんの投稿

特に、15歳から34歳といった若年層であれば、自身の努力次第でいくらでも夢を掴むチャンスは転がっています。あきらめてしまえば何も起こることはありませんが、あきらめずに努力を続けていれば、どこかでチャンスが巡ってくる可能性もあります。その可能性にかけて努力を続けることに価値があり、フリーターとして働くことのメリットだと言えます。

フリーターになる人の特徴3:自分の時間が欲しい

36663399 224444458189432 2831126262657843200 n
hayaken435さんの投稿

さらにフリーターになる人の特徴としては、自分の時間が欲しいという人も多くなっています。会社に就職すれば、基本的に週5日間で1日8時間は勤務することになります。毎日決まった時間に出社して決まった時間まで仕事をすることに違和感を覚える人も少なくありません。そういった人は、自らのスキルを活かしてフリーターとして活動することも多いです。

フリーターになる人の特徴4:特定のスキルがある

漫画家や小説家!スキルを頼りに食べていく

36492770 1779768798774977 3394544797011148800 n
akane_knzw.456さんの投稿

フリーターになる人の中には、特定のスキルがある人も大勢います。漫画家や小説家などもそうですが、そのスキルを頼りに食べていく力があるからこそ、会社組織にいなくても独立してやっていけるということです。もちろん、フリーターに正社員のような安定感はありませんが、自らの努力や活躍次第で、大きなチャンスをつかむことにもつながっていきます。

効果的な選択肢!自らのスキルを活かす

お金を稼ぐこともそうですが、自分のやりたいことをとことん追求していきたいという職人気質の人も多く、仕事と趣味が混同しているような人も少なくありません。そうなってくると仕事と考えるのではなく、自分の充実した時間として捉えるような方も出てきます。自らの働き方や生き方としてスキルや技術を活かしてみるのも、効果的な選択肢と言えます。

フリーターになる人の特徴5:お金に余裕がある

36149477 1051973831619849 1530871561433645056 n
moriai_eyesさんの投稿

フリーターになる人の特徴として最後に挙げることができるのは、比較的お金に余裕がある方です。投資家や資産家の家庭に生まれて育った方など、実家が裕福であるというケースもあります。若いうちに稼ぐものは稼いで、お金のために働く必要がないケースもあります。そういった若者が、やりたいことを優先するためにフリーターになることがあります。

フリーターとは何か理解する

36530905 1711735562278471 3578490459523121152 n
akasutagramさんの投稿

フリーターとは何かというところに焦点を当てて、そのメリットや他の働き方との違いなどを具体的にご紹介してきました。無職やアルバイト、パートといった就業をする中で、自ら選択的に選んでいるのであればさほど問題ありません。自らの意思を大切にしつつ、明確な意図や目的を持って仕事を選択していくことが、充実した人生へとつながっていきます。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ