家計簿のつけ方で節約できるコツを大公開!初心者でも簡単にできる方法とは?

家計簿のつけ方にも色々あります。しかしせっかく家計簿をつけても、ただつけるだけでは節約効果が減ってしまいます。この記事では、初心者でも簡単に節約できるコツを紹介します。これを参考にして、家計簿のつけ方を見直してみてください。

家計簿のつけ方で節約できるコツを大公開!初心者でも簡単にできる方法とは?のイメージ

目次

  1. あなたの家計簿のつけ方は節約に繋がっていますか?
  2. 家計簿をつけるメリットとは
  3. 節約の目的を考える
  4. 節約する目標額を決める
  5. 自分に合った家計簿のつけ方を見つけましょう
  6. 項目のルールを決めて見やすい家計簿に
  7. 家族で家計簿を共有してみんなで節約!
  8. 家計簿をつけた後は振り返りが大切です
  9. 家計簿のつけ方を見直して、節約に繋げられる!

あなたの家計簿のつけ方は節約に繋がっていますか?

23101824 238161526716492 4372896711626981376 n
risahomegramさんの投稿

皆さんは家計簿のつけ方で節約ができていますでしょうか。お金の整理や把握の為につけている人も、家計簿をつけて終わりではもったいないです。家計簿のつけ方を見直すことで、節約効果が期待できるのです。せっかくの家計簿を節約に役立ててみましょう。

家計簿をつけるメリットとは

お金の収支の見える化ができます

18252836 1786024488393288 2356606924197199872 n
chii120yuuさんの投稿

お給料が入ったから喜び、給料日前に銀行口座のお金があと少しだから焦る、というような人はお金の管理ができていません。まずは、お金の収支を把握しましょう。家計簿のつけ方を工夫するだけで、どこにお金をかけ過ぎたのか、収入にはどんなものがあったのかすぐにわかります。

節約の目標額が決めやすくなります

23416749 151072602169341 4078931557702696960 n
b.b1004syouさんの投稿

ただ闇雲に節約しようとしても、うまくいきません。ゴールを決めて、月にどのぐらい節約をしたらいいのかを決めることが大切です。その目標額が現実的な額なのか、家計簿を見ることでわかるような家計簿のつけ方をしましょう。

節約に対する意識づけができます

23279508 126109221397584 516848066523824128 n
tokucoooさんの投稿

家計簿をつけていると、自然と節約に対する意識がついてきます。家族に家計簿を共有することで、家族と一緒に無理なく節約するようになっていきます。家計簿のつけ方を工夫しながら、家族と協力して無理のない節約を考えてみましょう。

節約の目的を考える

23421801 286407215199845 7865852064226607104 n
3r1hsさんの投稿

あなたが節約する理由は何ですか?家計簿のつけ方を考える前に、目的を考えましょう。なんとなく節約しなきゃという考えで節約をしても、モチベーションも続きません。お金を使うこと自体に負い目を感じることにもなってしまいます。

23417281 293349011184775 5082528083198607360 n
autofactory_jin.azabuさんの投稿

節約の目的を考えてみると、目標額も決まってきます。例えば、車を買いたい、家のローンを繰り上げ返済したい、子供の教育費を準備したい、老後の資金を貯めたい、などのように纏まったお金が必要なものには様々あります。目的があってこその節約です。

節約する目標額を決める

22861085 312974742532751 4832366295703879680 n
__rose_mi__さんの投稿

目的が決まったら、いつまでにいくら必要なのかを考えて、そこから逆算してみましょう。1カ月に預金に回す必要がどのぐらいなのかを把握すれば、節約する必要があるのかもわかります。今の時点で目標額との差を見てみるのにも、家計簿のつけ方は重要です。

自分に合った家計簿のつけ方を見つけましょう

家計簿のつけ方①手書き

23279529 152820622000442 5920964205422313472 n
kiinoookoさんの投稿

手書きでの家計簿のつけ方であれば、ノート1冊を用意するだけで今すぐにでも始められます。手書きの方が安心という人は、市販の家計簿を買ってみるのも良いでしょう。最近では手書き用の家計簿でも、書きやすいものが増えてきています。手書きでも面倒だと感じない人は、市販の家計簿のつけ方を参考にして、自分に合った家計簿のつけ方で始めてみましょう。

家計簿のつけ方②エクセル

手書きが手間だと感じる人は、エクセルで纏める家計簿のつけ方がオススメです。エクセルで項目を準備をしておけば、初心者でも簡単に項目毎のグラフを出すことができます。また、前月や昨年との比較をすることも、エクセル上だと楽にできます。

家計簿のつけ方③スマホアプリ

手書きでの家計簿のつけ方やエクセルでの家計簿のつけ方以外にも、最近ではスマホアプリでの家計簿のつけ方が簡単で便利です。自動的に項目毎のグラフを出してくれたり、理想の家計との差を比較して自分の家計のアドバイスもしてくれるので、初心者には特にオススメです。家計簿のつけ方に迷った人はスマホアプリでサクッと入力してみましょう。

Thumb家計簿アプリのレシート読み取り機能が便利!簡単に管理できる!

項目のルールを決めて見やすい家計簿に

家計簿のつけ方が決まったら、項目のルールを決めます。初心者の方は特にですが、項目はざっくり決める方が良いでしょう。家計の項目毎に割合を出したり、目標を決めることが簡単になるからです。どの家計簿のつけ方であっても、項目のルールは重要になってきます。

項目①収入

22857628 1955472777999376 1968549460703182848 n
haru.k1201さんの投稿

収入の項目は、主に「給与」になる人が多いでしょう。他の収入は細かく分けるよりも、「その他」としてしまってもいいかもしれません。後から見てわかりやすくしたいなら、家計簿のつけ方にもよりますが、項目とは別に書いておきましょう。

項目②固定支出(毎月決まった額の支払い)

23164523 1851360575103171 7230153671277805568 n
fu.journalさんの投稿

毎月支払っている「家賃」や「ローン」などが固定費に当たります。家計簿のつけ方次第では、予め用意されていることもありますが、他にも「光熱費」「通信費」「保険料」などのくくりで項目を作っておくといいでしょう。

項目③流動支出(月によって異なる額の支払い)

18947900 1676565102371642 749316057637847040 n
fukuiwa_ent_clinicさんの投稿

「食費」「交際費」「交通費」などが流動費です。「医療費」や「趣味」にもお金を使うでしょう。毎月の額が定まらないことが大半ですので、予算が立てにくい部分です。逆に、使いすぎてしまうことが多い項目でもあります。

家族で家計簿を共有してみんなで節約!

目標額を共有することから始める

家族で目標を共有しておくことで、一丸となって節約意識を持て、節約効果も高まることでしょう。家族それぞれの目標があっても、モチベーションが上がります。お互いの目標達成に向けて、協力し合ったりすることができます。

毎月の収支を共有して、家族で把握する

22802121 290597491432103 8801030074229850112 n
chihiro_roomさんの投稿

せっかく家計簿をつけているのですから、何にどのぐらいのお金が使われているのかなど、家族で把握しておくといいでしょう。日本人は特に、家族内でもお金の話をしない家庭が多いようですが、子供のお金に関するリテラシーを高めるためにも重要なことです。

家計簿のつけ方も共有して、協力し合う

家計簿のつけ方を共有しておくと、例えばエクセルならエクセルでの入力を手伝ってもらえる可能性もあります。管理できる範囲で、家族に協力をお願いしてみるのもいいでしょう。自分のやっていた家計簿のつけ方以外にも、効率的な方法が見つかることがあります。また、各自で家計簿のつけ方を学んでつけていくと、主体性が持てるようになります。

家計簿をつけた後は振り返りが大切です

振り返りポイント①使いすぎたところはないですか?

最初に予算を立てておくと分かりやすいのですが、今月の使いすぎた項目は何なのかを調べてみることです。パッと見てわからない人でも、家計簿のつけ方を工夫すればわかるようになります。また、スマホアプリであれば、自動的に理想の家計と比較してアドバイスを表示してくれますので、初心者でも簡単にわかりやすいです。

例えば、家計全体からの割合をグラフにしてみると、主な使い道が見やすくなります。比率が多過ぎる項目はないかを見てみましょう。また、月別や平均値で金額を比較するのも効果的です。他の月に比べて、どの項目が増えたのかを調べて、原因がわかれば次月からの改善にも繋がるでしょう。このように、家計簿のつけ方によって見直しやすい家計簿にすることが重要です。

ちなみに、一般的に家計における住居費の割合として理想は3割だと言われています。他には、食費の割合が1.5割から2割で収まるといいとされています。家庭環境や世帯によっても異なってくる部分ですので、あくまでもご参考程度に頭に入れておいてください。

振り返りポイント②固定費を見直してみましょう

節約しやすいのが食費などの流動費ではあるのですが、まずは固定費を見直すことが大事です。通信費のプラン見直しなど、変更が面倒くさくてそのままにしていませんか?月に数千円違うと年間でかなりの節約になるはずです。家計簿のつけ方に慣れてきたら、固定費の項目毎に今の自分に見合った金額なのかを考えてみましょう。

振り返りポイント③目標額との差はいくらでしょうか?

節約目標額は達成できたのか、いくら足りなかったのかを確認しましょう。次の月も同じように達成できるのか、足りなかった場合はどこを見直せば達成できるのか、計画を立て直すことも大切です。この時に、振り返りがしやすい家計簿のつけ方になっているかが問題になってきます。家計簿のつけ方次第で、節約に繋がるかが決まってくると言っても過言ではありません。

家計簿のつけ方を見直して、節約に繋げられる!

ここまで家計簿のつけ方によって、初心者でも簡単に節約をする方法をお伝えしてきました。様々な家計簿のつけ方はあっても、節約に繋がるポイントは同じです。家計簿のつけ方は人それぞれですが、これを参考にして少しでも自分に合った効果的な方法で節約に繋げて下さい。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ