生活費の平均や内訳を徹底調査!一人暮らしや夫婦・3人家族などで比較!

各家庭、平均の生活費や内訳は誰もが気になる部分です。家計簿を見直す際でも他の家庭の生活費の平均はどのくらいなのか、内訳を知ることが出来れば参考資料にもなり便利です。ここでは一人暮らし、夫婦、3人家族に分けての生活費を比較してまとめています。

生活費の平均や内訳を徹底調査!一人暮らしや夫婦・3人家族などで比較!のイメージ

目次

  1. 頭を悩ませる日々の生活費
  2. 収入や生活費の内訳を徹底調査!
  3. それぞれの平均収入は?
  4. 生活費に収入が少ない多いは関係ない
  5. 生活費の平均内訳1:家賃と住宅ローン
  6. 生活費の平均内訳2:食費
  7. 生活費の平均内訳3:水道光熱費
  8. 生活費の平均内訳4:生活用品費
  9. 生活費の平均内訳5:衣服費と娯楽費
  10. 生活費の平均内訳6:医療費と保険料
  11. 生活費の平均内訳7:交通費と通信費
  12. 生活費の平均内訳8:お小遣い
  13. 生活費の平均内訳9:その他
  14. 地域別に生活費や内訳が異なってくる
  15. 生活費内訳が平均以下の場合は節約上手
  16. 生活費内訳が平均以上は家計の見直しを
  17. 生活費の平均内訳を比較して貯金を増やそう!

頭を悩ませる日々の生活費

28752871 1832227976800971 5414690554539671552 n
chokin.jpさんの投稿

どの家庭も暮らしていく中で必ず関わってくるのが毎日の生活費です。家計簿をつけるつけないは各家庭によって異なりますが、どうしてここまで出費が多くなってしまうのかと気になる方も少なくありません。各家庭の平均生活費やその内訳を3人家族の場合、夫婦二人の場合、一人暮らしの場合と3つのパターンを比較しながらご紹介します。

収入や生活費の内訳を徹底調査!

36086317 1821164417950000 6726318105825378304 n
yun_okrockさんの投稿

多くの方は毎月の収入によって生活費の使い方が変わるのではないでしょうか。そして収入が違うぶん生活費の内訳も変わってきますし、家族の人数や子供がいるのかいないのかも大きく生活費に影響してきます。とくに子供がいる家庭だと習い事や部活動にかかる金額も高くなってきたり、歳を重ねるにつれて出費が増えていきます。

それぞれの平均収入は?

3人家族の収入は20万から25万が1番多いとされています。2番目が25万から30万で、3人家族の場合の平均収入は27万6000円だと言われています。夫婦二人で暮らしている家庭の平均収入は24万4000円です。3人家族は夫婦と子供の場合が考えられますので収入にあまり差はありません。一人暮らしの平均収入は稼ぎが一人分となるため16万前後と少なめです。

生活費に収入が少ない多いは関係ない

36495511 442949216179174 566419767305437184 n
nordy0303さんの投稿

収入の金額が生活費に関わってくるように思われがちですが、正直なところ生活費に収入はあまり関係ありません。平均的な生活費の金額は決まっているからです。この平均は「その金額であれば生活できる」ということを表します。収入が少ないのに高い家賃の物件を選んだりすれば赤字になりかねませんが、そんな赤字覚悟の生活を望む人はあまりいません。

生活費の平均内訳1:家賃と住宅ローン

一人暮らしの場合は男女で差がある

36604254 977909999068022 7581281077520498688 n
techno_home_utsunomiyaさんの投稿

平均金額を生活費の内訳別に見ていきましょう。一人暮らしの場合の家賃の平均金額は5万から6万が多いです。ですが、男女別に分けた平均では金額に1万ほど差が出て女性のほうが高くなる傾向にあります。理由として考えられるのは安心面です。オートロック付きが良い、明るい住宅街が良いなど、こだわりが増えると家賃も自然と高くなってしまいます。
 

夫婦の場合は?

夫婦二人の場合は賃貸と購入した住宅ローンの支払い、この二つのパターンが考えられます。夫婦二人の家賃平均金額は5万から6万だとされており、一人暮らしの平均とあまり変わりません。住宅ローンだと6万前後が多く見られます。一人暮らしでも夫婦で暮らしていたとしても、7万を超える家賃を支払っている方は5パーセント未満だと言われています。

3人家族の家賃と住宅ローン

36630269 512009539236468 4291122965262630912 n
selcohome_kagoshimakitaさんの投稿

3人家族の場合でも平均家賃は5万から6万の間です。住宅ローンの場合でも6万前後とされていますが、基本的に住宅ローンにはボーナス払いが発生しているため、夏冬で10万ほどの支払いをしなければいけません。その点を抜いては、一人暮らし、夫婦二人、3人家族、それぞれを家賃の平均はあまり差がないことがわかります。

生活費の平均内訳2:食費

一人暮らしには自炊派が多い

食費はスーパーでの買い物や外食などが含まれます。一人暮らしの食費の平均金額は3万ほどですが、一人暮らしの方だと自炊する方も多く、毎日3食自炊するとなると1万5000円まで抑えることが可能になると言われています。会社付き合いで飲み会や外食が多い方だと5万と少し高めです。ちなみに食費の理想金額は手取り給料の15パーセントになります。

夫婦の平均食費

36502940 167843354086324 2307498388393820160 n
8plan.house_lebenさんの投稿

夫婦二人の平均食費は2万から3万です。週7000円として決めるとやりくりしやすいと言われています。夫婦の場合それぞれがフルタイムで働いていることもあれば、片方がパート務めのときもあります。その場合だとフルタイムの方よりも時間に融通がきくため、食材を買うときに安いお店に行くことが可能となり、結果食費代が安く済むことに繋がります。

3人家族の平均食費

36689696 248672685915634 8233221168471998464 n
umeshan0522さんの投稿

3人で済んでいる家庭だと一緒に住んでいるのが大人か子供か幼児かで金額が変わってきます。大人3人で暮らしている場合の平均食費は5万です。子供でも食べ盛りだと大人と同じ量、もしくはそれ以上を食べるため同じく5万程度となります。幼児を含めての3人家族だと大人分の食費代しかかからないため、夫婦の平均食費と同様の2万から3万となります。

生活費の平均内訳3:水道光熱費

一人暮らしの平均水道光熱費

一人暮らしの平均水道光熱費は水道代が3000円から4000円の間、電気代が5000円ほど、そしてガス代が8000円前後だとされています。一人暮らしの場合だと湯船に浸かる方が少なく、圧倒的にシャワー派が多いため、水道代は少なめです。電気代はクーラーがある場合は夏場に1000円ほどあがり、ガス代は冬になると3000円ほどあがるとされています。

夫婦の平均水道光熱費

28158627 159050224796477 6331975331355820032 n
taiyou_tomoya_mizunoさんの投稿

夫婦二人の場合の平均金額は、水道代は6000円、電気代は7000円です。ガス代は1万前後となり、やはり一人暮らしよりも少し高めになります。近年ではオール電化の住宅も多いですが、オール電化の場合の平均は2万ほどとされています。ちなみに都市ガスとプロパンではガス料金は変わってきます。都市ガスだと電気代よりも低い金額になるのが一般的です。

3人家族の平均水道光熱費

36592526 483111892145163 4369396519439171584 n
pos_smiさんの投稿

3人家族で暮らしている場合の平均水道光熱費は夫婦二人の場合とあまり変わりません。お風呂もどちらかの親が子供と一緒に入れば二人分ですし、就寝時間も決まっていたりするので電気が長くついていることもありません。大人3人で暮らしている場合は一緒にお風呂に入ることはありませんが、それでも1000円前後でしか変わらないでしょう。

生活費の平均内訳4:生活用品費

一人暮らしは男女で差が出る

生活用品には毎日使うティッシュやトイレ用品、シャンプーリンスなどが含まれます。一人暮らしの平均生活用品費は8000円前後です。ですが、家賃と同様こちらも男女で多少差が出てきます。女性は化粧水やメイク落としなど、男性よりも必要な生活用品が圧倒的に多いからです。女性の方だと平均生活用品費は1万2000円ほどだとされています。

夫婦に二人にかかる生活用品費

36726391 429734574103104 8359120575611797504 n
y_i_yurika1009さんの投稿

夫婦二人の生活用品費は2万前後です。一人暮らしの2倍と考えれば平均の金額も納得します。何かと使うものにこだわりがあったり、使用するシャンプーやリンスの金額が高めの家庭だったりすると生活用品費が3万前後になる場合もあります。生活用品はどこをどう節約するか、こだわりを持つかで金額が変わってくるため注意が必要です。

3人家族の場合の生活用品費

36160395 383608912164473 8225938544615489536 n
selectaquamachidaさんの投稿

3人家族の場合の生活用品費の平均は少し高めで3万ほどになります。もちろん洗濯も3人分ですし、小さい子供がいる場合はオムツ代やミルク代が含まれます。小学生の男の子がいる家庭や、野球やサッカーなどの外で活動する部活をしていれば洗濯する回数も増えてくるため洗剤や柔軟剤の使う量も増えていきます。

生活費の平均内訳5:衣服費と娯楽費

一人暮らしの平均は

21042315 122899805025151 104697296788127744 n
futabanoteさんの投稿

衣服費と娯楽費の平均は7000円前後だとされています。平均とはいえども、一人暮らしの衣服費と娯楽費に関しては趣味やこだわりによって金額が変わってくるため一概に平均だからとは言いにくいでしょう。服に興味があれば衣服費の金額が1万を超える場合もありますし、逆にあまりこだわりがなければ5000円以下の場合もあります。

夫婦の平均衣服費と娯楽費

13712771 309995136010834 55483936 n
maimai034さんの投稿

一人暮らしとは少し違うのが夫婦二人の場合です。一人暮らしだと自分の趣味を優先しながら使うことができますが、夫婦だと多少の我慢が必要となってきます。そんな夫婦の平均衣服費と娯楽費は1万円前後です。二人で1万円前後だと少ないように感じられますが今月はこれで、来月は、という決め方をしながらうまく考えやりくりしている家庭が多いです。

3人家族だと衣服費は子供にかかる

3人家族の場合の平均衣服費と娯楽費は1万5000円ほどです。3人家族で子供がいる場合はとくに子供の衣服に金額がかかってきますが、近年だとキレイで可愛いリサイクル用品が多く売り出されていることもあり、低予算で購入することができます。娯楽費だと祝日の遊園地や動物園など子供が楽しめる場所に行くために使う家庭も多いです。

生活費の平均内訳6:医療費と保険料

一人暮らしの平均医療費と保険料

37031420 254892325102507 7911971809598111744 n
akko_no_kakeiさんの投稿

一人暮らしの平均医療費と保険費は5000円と少し低いです。これは風邪をひいてもあまりの辛さで病院に行けず家で寝たきりになる人が多いということが考えられます。一人暮らしだと実家が近くでない限り頼れる身内がいません。そのため医療費にかかる平均金額も少ないです。保険費は給料から天引きされている方が多いため平均が少ないとされています。

夫婦の平均医療費と保険費

夫婦二人の平均医療費と保険費は1万3000円と一人暮らしよりは高めです。夫婦だとお互いが支え合えるのでいつでも病院に行きやすくなります。そして多くの夫婦は結婚後に同じ生命保険などに加入するなど保険について検討したりしますが、それぞれ加入すると保険費の金額もあがってきます。そのため一人暮らしよりも金額が高めとなるのです。

3人家族の平均医療費と保険費

35166439 130256031142103 7024088669493395456 n
rumi.0511さんの投稿

3人家族の平均医療費と保険費は2万円ほどです。子供がいる家庭は大人二人の保険の他に子供の学資保険などが加算されてきます。医療費については子供は安く済むため負担は少ないですが、万が一怪我で入院した場合、別の保険に加入していないと医療費がとても高くついてしまいます。それを考えると高くても保険に加入していたほうが安心です。

生活費の平均内訳7:交通費と通信費

一人暮らしの平均交通費と通信費

交通費には自動車の維持費や車税、ガソリン代、バスや電車の金額などが含まれます。通信費はスマホ代やインターネットの料金です。一人暮らしの平均交通費と通信費は1万5000円ほどとされています。通信費が1万未満の方が多く残りが交通費にかかる金額です。一人暮らしの場合だと車ナシのほうが多いため、維持費もかからず平均は低めです。

夫婦の平均交通費と通信費

34205530 237246166857058 6595524016516104192 n
socnsk___716さんの投稿

夫婦二人の平均交通費は1万ほどとされています。そして平均通信費は2万で、合わせると3万前後の平均金額となります。夫婦二人の場合だとほとんどの家庭が車持ちです。そのため維持費もかかりますし、車の保険料を考えると月の平均は1万ほどですが、車税や車検の時期にはさらに金額がかかってきてしまいます。

3人家族は人数が増える分多くかかる

32344998 177865486136013 7673317841512169472 n
laputa.m.n.c4さんの投稿

3人家族の場合でもたいていの家庭は車持ちであるため、維持費がかかってきます。3人家族の場合の平均交通費は2万ほどです。子供がいれば出かけることも自然と増えていき、ガソリン代もかかってきます。平均通信費は2万5000円ほどですが、中高生の子供がいる家庭だとスマホ代が3台分となり、平均通信費が3万弱となっています。

生活費の平均内訳8:お小遣い

一人暮らしは割と自由思考

37007821 229972874303460 5656862143790710784 n
rrr_binaryさんの投稿

生活費の中でも絶対的なのがお小遣いです。一人暮らしの場合は毎月の出費や食費と生活用品の予算、そして貯金を別にしておけば残りは好きなように使えるため、平均で出されていることがあまりありません。お小遣いというよりも、服であれは衣服費、趣味なら娯楽費、と、他の項目で分けられるからです。予算内であれば自由に使えると考えていいでしょう。

夫婦だと夫の方が金額が高い

36942192 478696545905993 4855460605437411328 n
aoi.kakeiboさんの投稿

夫婦二人の場合の平均お小遣いは男性のほうが高めになります。平均的に稼ぐ金額は男性が多いこともあり、会社などの付き合いも考え自然と多くなる傾向にあるのでしょう。男性の平均お小遣いは3万前後となります。女性の平均お小遣いは1万から1万5000円の間です。平均以下の金額だと女性のお小遣いが5000円の場合もありました。

3人家族の平均お小遣いは?

3人家族の場合も男性は3万前後が平均とされています。女性の平均お小遣いは夫婦二人のときよりも少なめの1万円です。小中学生の子供がいる家庭だと子供用に3000円から5000円のお小遣いが平均としてあげられています。高校生だと5000円から1万円とされていますが、大学生にもなるとお小遣いを渡している家庭のほうが少ない傾向にあります。

生活費の平均内訳9:その他

一人暮らしは他にどんな出費が?

35459679 737962126594582 1742799580124151808 n
daisuke19760607さんの投稿

生活費の平均内訳でのその他項目には何があるでしょうか。まず一人暮らしの場合は友人の結婚式などがあげられます。「毎月あるわけではない急な出費」と考えるとわかりやすいです。外食や日々の飲み会などは食費に含めますが、冠婚葬祭や二次会、忘年会、新年会の出費もその他に含まれることが多いです。

夫婦だとお互いの付き合いが加算

36573881 1618241791637464 8989242760980594688 n
k.rioooさんの投稿

もちろん夫婦二人でも冠婚葬祭が関わってきますが、夫婦二人だと食費に二人で出かけたときの外食代は含めてもそれぞれの飲み会は外食費に含むことは少ないです。それこそ自分たちのお小遣いから出す家庭もありますが、夫婦のその他の出費には夫婦それぞれの付き合いで使われるお金が含まれていることが多いです。

3人家族は子供にも多くの出費

14566573 769916676492712 8022699085851000832 n
paruchan.yさんの投稿

3人家族だとやはり子供にかかってくることが圧倒的に多くなります。例として言えば子供の部活動などがあげられます。部活動での急な打ち上げだったり、使っている動具が壊れたなど、部活をしている子供には帰宅部の子供よりもどうしてもお金がかかってきます。仮に使うことがなくても緊急用としてその他の項目を用意している家庭もあるでしょう。

地域別に生活費や内訳が異なってくる

生活費の項目別に平均内訳を見てきましたが、実は平均の生活費は地域が違うと変わってくるものなのです。例えば交通手段が少ない地域だと一人暮らしの方でも車持ちが多く、その分維持費もかかりますが家賃が安い傾向にあります。そのため家賃と交通費に関しては平均を重視せずに地域別で違うということを頭に入れておきましょう。

生活費内訳が平均以下の場合は節約上手

36817551 375632089630329 1498090399640584192 n
la_kurashiさんの投稿

自分の現在の生活費と平均の生活費を比べてみてどのように感じたでしょうか。自分の生活費が平均生活費を下回っていればかなりの節約上手です。たまにはご褒美に贅沢してみるもの良いかもしれませんし、その分貯金にあてるのもいいアイデアです。節約といっても無理しすぎの節約は身体にも悪いので、楽しみながらできる節約が理想です。

生活費内訳が平均以上は家計の見直しを

もし自分の現在の生活費が平均の生活費よりも上回ってしまった場合は、どの項目が上回ってしまったのか、何が原因なのか考えてみると答えが見つかります。家計簿をつけている方だとその変化に気付きやすいです。家計簿をつけていない方はこれをきっかけにつけはじめてみてください。きっと見直せる部分があるはずです。

生活費の平均内訳を比較して貯金を増やそう!

36469037 2199911566905212 5026700234269392896 n
mimi_nanairoさんの投稿

生活費を見直すメリットとしては、少しでも貯金の額を増やすことがあげられます。子供の将来の為、急な出費のため、そして自分たちの老後のためにも貯金はしっかりとしておきたいものです。通信費や保険料もプランを見直すことで安く済ますことが可能なので年に1度見直すのもいいでしょう。今の生活費を見直して貯金を増やしていきましょう!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ