出産での入院準備に必要な物リスト!バスタオルやパジャマは何枚くらい?

赤ちゃんの誕生が待ち遠しいです!出産までに入院準備をしっかりと整えておきましょう。出産は予定日が決まっていてもそのとおりに生まれてくるわけではありません。いざ、その時になって慌てないように入院準備で必要なものをリストアップします。

出産での入院準備に必要な物リスト!バスタオルやパジャマは何枚くらい?のイメージ

目次

  1. 出産に絶対必要な入院準備品について
  2. 出産の入院準備はいつ頃始める?
  3. 出産の入院準備1:絶対必要なもの
  4. 出産の入院準備2:身に付けるもの
  5. 出産の入院準備3:貴重品
  6. 出産の入院準備4:日用品
  7. 出産の入院準備5:陣痛やお産に使うもの
  8. 出産の入院準備6:産後のママの用品
  9. 出産の入院準備7:赤ちゃんの身に付けるもの
  10. 出産の入院準備8:チャイルドシート
  11. 出産の入院準備9:新生児用の紙おむつ
  12. 出産の入院準備10:ミルクの準備
  13. 出産の入院準備に必要な金額は?
  14. 出産の入院準備品を100均で揃えましょう
  15. 出産の入院準備の経験談パート1
  16. 出産の入院準備の経験談パート2
  17. 出産の入院準備の体験談パート3
  18. 出産の入院準備の体験談パート4
  19. 出産の入院準備の体験談パート5
  20. 出産前に慌てないように出産の兆候を知る
  21. 出産前に陣痛を詳しく知る
  22. 出産で大切な破水のお話
  23. 出産が帝王切開になったときは?
  24. 出産が帝王切開になった場合も慌てない
  25. 出産が帝王切開になった場合の入院準備
  26. 帝王切開専用の持ち物
  27. 出産の入院準備で以外に役立つ物
  28. 出産の入院での時間を有効利用
  29. 出産は夫婦2人だけの問題ではありません
  30. 赤ちゃんの誕生をお祝いしましょう

出産に絶対必要な入院準備品について

36552104 2117075411864120 6442340954182516736 n
milla___millaさんの投稿

ご懐妊おめでとうございます。元気な赤ちゃんに会えるまでにいろいろと準備しないといけません。入院準備に必要なものは、パジャマやタオルなど身の回りの用品など細かなものを前もって一通り揃えます。出産には様々なリスクがあり、帝王切開になる場合もあります。万が一にも、万全な状態でのぞめるように必要な物を紹介していきます。

出産の入院準備はいつ頃始める?

臨月までには済ませましょう

36543108 640513186332843 4654046116931698688 n
iam_marimonさんの投稿

妊娠36週を過ぎるといつ産まれても医学的にはいつ出産しても良い状態となります。予定日はあくまで、予定日で出産は赤ちゃんの準備が整えば突然その日はやってきます。ですから、臨月と呼ばれる36週に入る前には済ませておきます。出産する産婦人科などでも、その頃までに準備するようにリストなどを書いた紙を準備してくれています。

病院により違う

12446163 1697204193859381 1728837003 n
harysworksさんの投稿

病院からリストをもらえるでしょうが、そのリストにより必要なものには違いがあります。パジャマや下着だけで、他は何も準備しなくてよく、そのまま入院してくださいという病院もあるほどです。よくリストを見て、自分で揃えなくてはならないものと病院で準備しれくれるものをリストアップしておきます。

入院準備は早めにします

31518228 1856353924657725 7881716445057384448 n
ko_cyanmamaさんの投稿

臨月になるまでに、出産の入院準備は妊娠7ヶ月から8ヶ月の間に準備しておくことをお勧めします。一番いいのは、赤ちゃんが男の子か女の子か分かる、6ヶ月頃から準備を始めて7ヶ月から8ヶ月頃には終えておきます。男の子か女の子かが分かれば準備しやすいです。9ヶ月になるとお腹が大きくて動くのも大変ですし、体調も不安定になりがちです。

出産の入院準備1:絶対必要なもの

入院準備の必須品

37232627 420384721781777 4484001837627736064 n
___ay.babyさんの投稿

母子健康手帳、健康保険証、病院の診察券、印鑑、入院手続きに必要な書類などの一式は必ず必要です。緊急事態でも慌てないようにひとつにまとめて、100均に売っているジッパー付きの袋などに入れておきます。出産時はきっと慌ててしまうでしょうから、自分で準備できない場合も想定して家族の人にも分かるような場所に置いておきましょう。

いざという時には

出産は予測できないことが起こることが当然だという考えで、のぞんで間違いありません。ボストンバッグなどにひとまとめにしておきます。入院準備の持ち物リストは、バスタオルやパジャマなど後で家族に持って来てもらえるものと、お財布や健康保険証など、入院するときに必ず必要なものとを分けて準備しておきます。

出産の入院準備2:身に付けるもの

出産の入院に必要な身につけるもの

35506978 1722300744484457 1027293672544141312 n
mata_rena1111さんの投稿

入院準備の身に付けるものリストは、パジャマ、下着、靴下、スリッパ、カーディガンなどの上にはおるものです。特に注意するのは、パジャマです。普段のパジャマは、上下に分かれたシャツとズボンなどのスウェットのようなパジャマでも、出産の場合は前開きのワンピースの形のパジャマにします。

マタニティパジャマ

マタニティ専用のパジャマが販売されています。ネグリジェのような形で診察時にも分娩台に上がるときにも、いちいち着脱しなくてもよく、お腹周りも締め付けることがないようになっています。入院中に面会の人が来ても恥ずかしくない透けないデザインのものを選んでおきます。また、マタニティパジャマは、授乳もしやすいようにデザインされています。

マタニティ専用

19367248 1576325212391174 3571152469243199488 n
konbu_8さんの投稿

産後は悪露の処理で下着のナプキンを何度も交換します。生理のときのナプキンよりも大きめのパットです。マタニティパジャマ同様、マタニティ専用の下着が販売されています。産褥ショーツといいます。この下着も多めに用意しておきます。後は冷暖房に対処するために温度調節が出来るような上着も持参しておきます。

出産の入院準備3:貴重品

高価なものは別にします

23280070 1550841068315221 7286917921861795840 n
kachiya_suzukiさんの投稿

入院準備の貴重品リストは、現金、スマートフォン、ビデオカメラ、デジカメなど高価なものです。貴重品としバックなどにまとめておきます。バスタオルやパジャマや日用品などの、バックとは別にしておいた方が良いです。スマートフォンは、家族との連絡を取るのに必需ですが、病院によっては使用禁止の場合もあるので確認しておきましょう。

特に注意すること

スマートフォンや携帯が病院内での使用が禁止されていた場合は、公衆電話を使うことになるので小銭を忘れずに用意しておきます。それと、よく忘れがちな物の中でスマートフォンや携帯、ビデオの充電器です。ビデオで赤ちゃんを撮影しようとして、充電が切れていて、赤ちゃんの大切な一瞬を見逃すことのないように注意が必要です。

出産の入院準備4:日用品

衛生用品

34162476 233854610711408 8474229109348630528 n
deco0923さんの投稿

入院準備の日用品リストは、ティッシュペーパー、ウエットティッシュ、ビニール袋、お箸、スプーン、フォークなどです。ティッシュペーパーやウエットティッシュは、たくさん用意しておきます。病院に常備してあることが少ないうえに、どんな場面でも必要となるものです。

食事にときに必要なもの

36808707 927065767493719 403519547623079936 n
yuiyuyuuiuiさんの投稿

お箸やスプーン、フォークは病院での食事には付いてきますが食事後は返します。食事時間は決まっていますが、陣痛や出産、来客などで時間通りに食事できない場合があります。また、面会のときに差し入れてくれる食べ物を食べるときにお箸などがなく慌てることがないようにしておきます。

出産の入院準備5:陣痛やお産に使うもの

体力勝負です

36784505 1759469520798523 2715280403295371264 n
top_of_aさんの投稿

陣痛に必要な持ち物リストは、飲みもの、時計、ストローなどです。飲み物は陣痛のときの水分補給に必ず必要です。また、飲み物をストローで飲む方が横になったまま飲むことができるので用意しておきます。陣痛は初産では、10時間以上もかかることが多く体力を消耗します。痛みで食事もできないときでも、水分だけでも簡単に補給できるようにします。

陣痛に役立つもの

脅かすわけではありませんが、陣痛は想像を絶する痛みです。乗り切るためのグッズを持ち込みます。野球のボールのような硬いもので腰を押すことで痛みを和らげたりできます。バスタオルも多めに準備します。バスタオルを何枚か重ねてクッション替わりにして楽な姿勢を保つこと役立てます。時計は陣痛の間隔を計ります。

出産の入院準備6:産後のママの用品

産後に必要な日用品

出産後に必要な産後のママに必要なリストは、産褥パット、母乳パット、ナプキン、授乳用のブラジャー、骨盤ベルトなどです。産褥バットやナプキンは病院で最初は用意されているかも知れませんが、入院中に充分足りる分まではもらえません。悪露の量が多い間は産褥パットを使い、量が減るに合わせてナプキンのサイズを変更して使います。

産後ママの必須品

37182275 2120567978218367 7045387816041185280 n
shinobu9823さんの投稿

普通の入院と違う産後ママに必要な授乳用ブラジャー、骨盤ベルトの用意も忘れないようにしてください。授乳用ブラジャーは普通のブラジャーと違い、左右のおっぱいごとに開閉できるようになっていて、母乳用パットも挟み込めるように設計されています。骨盤ベルトは、産後ゆるんだ骨盤を徐々に戻せるように作られていています。

出産の入院準備7:赤ちゃんの身に付けるもの

コンビ肌着など

出産後の赤ちゃんに必要な持ち物リストは赤ちゃんの肌着を4から5枚、ガーゼのハンカチ5枚以上、赤ちゃん専用にバスタオルを2から3枚は用意します。赤ちゃんの肌着は季節により短肌着と長肌着の枚数を調節します。コンビ肌着と呼ばれる、股下がホックで留められる形をしていて、足をバタバタしてもはだけにくくなっていて、赤ちゃんにフィットします。

おくるみの必要性

36159714 2069944403266909 8725124116480262144 n
ssss_0614さんの投稿

赤ちゃんをくるむ「おくるみ」を用意します。別名「アフガン」とも呼ばれています。赤ちゃんは、おくるみにくるまれていると安心するようです。抱っこするときも抱っこしやすいので首の座らない赤ちゃんを抱っこするときに重宝します。大きめのバスタオルを代用して、くるんであげてもかまいません。バスタオルは様々な代用となります。

出産の入院準備8:チャイルドシート

法律で定められている

33459248 464737660648898 5391679167739723776 n
jun.833さんの投稿

出産して退院するときに必ず必要なチャイルドシートです。道路交通法で6歳未満の児童が車に乗る場合は、チャイルドシートを使用することが義務となっています。新生児ももちろん適用されます。ママが抱っこして帰ることは禁じられているのです。赤ちゃんの安全のために必ず前もって用意しておいて下さい。

バスタオルも一緒に用意します

新生児から1歳頃まで使えるチャイルドシートと幼児から6歳まで使えるチャイルドシートの2種類があります。退院時に必要なのは、首の座っていない新生児が寝かせられるタイプの方です。チャイルドシートと一緒にバスタオルも一緒に乗せておきます。冬場はバスタオルをかけ布団替わりにしたり、夏場は下に引いてあげるとバスタオルが汗を吸い取ります。

出産の入院準備9:新生児用の紙おむつ

サイズが様々です

オムツは赤ちゃんには必需品です。布オムツと紙オムツの2種類がありますが、今のママはほとんど紙オムツです。特に入院中は紙オムツが必要です。オムツのサイズは新生児用、sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、ビックサイズと種類があります。新生児にはやはり新生児用を用意してあげます。メーカーによりサイズの規定は体重を目安にしています。

赤ちゃんはどんどん大きくなる

18721768 1533945853344347 8261646842584891392 n
k1988917さんの投稿

ほとんどのメーカーの新生児用のオムツは90枚入りとなっています。新生児用のオムツを使うのは1から2ヶ月ぐらいです。赤ちゃんはスクスクと大きくなるので何パックも買い込む必要はあります。オムツを変えるときは、赤ちゃん下にバスタオルなどをひいておくと、粗相をしたときにバスタオルだけを変えればいいので便利です。

出産の入院準備10:ミルクの準備

哺乳瓶

33620732 1808049805945136 1142360592342843392 n
yuichassさんの投稿

母乳で育ててあげられればベストですが、母乳の出方は人それぞれで、色々な事情でミルクを利用したり、混合で育てることもあります。母乳だけで充分足りるママもいるので多く用意しておく必要はありません。哺乳瓶は用意しておいても果汁や白湯を飲ませるときに使うので無駄にはなりません。病院でプレゼンとされる場合もあります。

ミルク

26282982 446368085778791 2173780968249229312 n
mii.luvz.kaoruさんの投稿

入院するときに持ち込む必要はありませんが、ミルクも少しだけ用意しておく方もいます。ミルクも病院でサンプルとして頂ける場合もあるので多くはいりませんが、出産後に焦る事の無いように準備しておきます。母乳を絞る搾乳機は入院するときには準備しておいて下さい。

出産の入院準備に必要な金額は?

赤ちゃん用品

出産の入院準備にどれくらいの費用がかかるか気になります。どこからどこまでが出産の準備資金と線引きするかは各家庭のルールにより違います。ベビー用品であるベビーベッド、赤ちゃんのお布団やベビーカーなど、大きなものまで含めるとだいたい10万円前後が相場です。初めての赤ちゃんだと、少し多くなる傾向があります。

お下がりを活用する

親戚やおじいちゃんおばあちゃんからの出産祝いや、友人からのお下がりをいただいたりして、上手にやりくりしている家庭もあります。赤ちゃんが産まれると節約に目覚める夫婦がほとんどです。子育てにかかる費用は今後増える一方なので、積極的にお下がりを利用して下さい。

出産の入院準備品を100均で揃えましょう

出産準備に100均を利用する

今後子育てに増えることが予想されている子育て資金を考えて上手に節約するには、安く出産の入院準備費用を抑えましょう。入院準備リストを揃えるのに、100均を利用するのはかしこい選択です。多くのものが100均で、揃えることが可能なので紹介します。

100均のバスタオル

リストにある、バスタオルも、もちろん100均で販売しています。出産の際には是非、多めのバスタオルやタオル類を準備した方が良いです。バスタオルのように大きめのタオルは様々な場面で、多様に使うことができます。例えば、破水した場合や出血した場合など咄嗟の出来事にもバスタオルは有用です。赤ちゃん用とママ用に安く100均で多めに揃えます。

100均のスリッパ

10598458 1520611271487631 788189057 n
sayohaaanさんの投稿

リストにあるスリッパも100均で販売されています。100均ですので多めに買っておくことをお勧めします。ホテルにあるような簡易的なスリッパですが、何足か用意しておくと便利です。病院には備え付けのスリッパも用意されていますが、持ち込みのスリッパなら破水などで汚してしまっても気を遣う必要がないので、使い捨てのつもり持っておくと安心です。

100均の日用品

100均では日用品リストにある衛生用品も揃えることが出来ます。産後の疲れや体力を早く回復するために、衛生用品は清潔であることが大切ですから、100均で安く揃えて使い捨てで気軽に使えるものが一番です。赤ちゃんも産まれたてでは、清潔に気を配る必要があるため100均のように安いもので気兼ねなく廃棄でき清潔を保てるようにします。

100均で小物を準備する

リストの中にある、ビニール袋やお箸や、スプーン、フォークなどの小物は100均でも多く扱っています。バスタオルのような大きなものから、小物まで100均は何でも揃っていているので、出産前には一度100均ショップを見回ってみると良いです。100均ショップも地域により「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」など特色があります。

出産の入院準備の経験談パート1

暑い夏場で感じたこと

36932786 246134246003569 6120405706211328000 n
aiwahospital8811さんの投稿

8月出産で夏真っ盛りで出産された方の体験談です。暑さ真っ盛りですから、暑さ対策で出産の入院準備していたようです。しかし、予想に反して病院冷暖房が整い外気の温度差が激しく驚いたようです。エアコンなどで設定された冷風などは、涼しいでしょうが、身体への負担は外気との温度差でかえって負担になることもあり、女性は冷え性の方も多いです。

温度調節が出来るように

36569625 2013449055345741 3303719205207015424 n
hahakokyokoさんの投稿

上に羽織るものを持ってきていなく、家族に頼んで急遽、長袖のパジャマを持って来てもらいその場をしのいだようです。靴下も厚手の物を持っていくことを勧めています。赤ちゃんの肌着も短肌着と長肌着の両方を用意して、温度調節をしてあげることが大切です。赤ちゃんは大人より高温ですが、その場の温度に合わせられるように準備しておきます。

出産の入院準備の経験談パート2

暇な時間などない

入院中の暇つぶしになどに持っていくものなどのサイトもありますが、ハッキリ言って暇な時間なんてありません。暇つぶしにゲームやビデオを用意しておくなど書かれていたので、準備万端の入院しましたが、陣痛、出産を終えてそんな悠長な気分にはなれかったという人がほとんどです。

赤ちゃんのお世話

36856060 452024438599447 8654595384770822144 n
193de322さんの投稿

朝食を済ませ、入院中の生活の手順の説明を受けたり、赤ちゃんのおむつ替えのやり方、ミルクの飲ませ方、おっぱいの手入れなど初めて習うことばかりなうえに、いきなり実践です。母子同室なら、ずっと赤ちゃんと一緒です。なかなか、新米ママには厳しい生活が待ち受けているのです。面会の方もいるので、ゆっくりする時間はなく、暇なんてないのです。

出産の入院準備の体験談パート3

抱きまくら

37117711 673598079666877 6637972531217170432 n
loveit.aさんの投稿

陣痛の痛みは想像を絶するものがあります。鼻からスイカをしぼり出すみたいなど聞かされていたので、恐ろしくて考えることすらしていません。しかし、なぜか出産準備リストにはない、抱きまくらを入院時に持ちこんでいました。入院中に快適に眠れたらいいなぁと単純に考えていたのですが、いざ陣痛が始まると以外な場面に役立ったのです。

退院しても役立った

36541660 1634568633322738 3365152050882019328 n
yoshimuramiki0911さんの投稿

リストにはなかったのですが、陣痛の痛みを逃すために、体勢を変えるときに支えとなり助かったのです。身体の位置をずらして痛みをこらえるときに抱きしめたりして利用しました。また、退院後赤ちゃんの授乳の際に授乳を支えるクッションとしても大いに役立ちます。寝相の悪い赤ちゃんの危険防止のクッション替わりにも使えてずっと重宝したのです。

大きめのバスタオルを代用する

バスタオルを多めに持っていっておくと、バスタオルを何枚か重ねて抱き枕替わりに使うことができます。ようするにクッションのように身体を支えたり、抱きかかえたり出来る厚みのある柔らかい素材のものがあると安心なのです。100均のバスタオルでもこのような場面でも役立ちます。

出産の入院準備の体験談パート4

食欲旺盛なママ

36161192 2241443069204638 5994531553479229440 n
hiroo0102さんの投稿

出産準備のリストにはほとんど書かれていない、食べ物です。食事は病院で出されるので安心している場合が多いのですが、意外に病院の食事が足らないと言うママも多いようです。出産で体力を消耗していますし、授乳するママは多くのエネルギーを必要とします。入院準備のリストに飲み物はありますが、食べ物はありませんが追加することをお勧めします。

お勧めの食べ物

31897612 149564135897663 2045270891008360448 n
y.zuru.aさんの投稿

家族に頼み近くのコンビニで頼むことも出来ますが、入院準備のカバンに入れておくと良かったという食べ物があります。それは、カップ麺やカップ付きのインスタント味噌汁などです。お腹も満足しますす、水分は授乳中のママには必要です。入院中に食べなくても持って帰れるので、これからの育児の忙しい毎日の助けになります。買っておいて損はないです。

出産の入院準備の体験談パート5

パジャマは重要です

36161486 1748356711945588 76153438060150784 n
___monophobiaさんの投稿

出産での入院は普通の入院とは違います。やはり、前開きのパジャマであることは必要なことです。出産時もそうですが、出産後も授乳のときに前開きのパジャマであることは大切なことです。たかがパジャマ、されどパジャマで出産後のママには必要不可欠でなくてはならないものです。

パジャマを甘く見て失敗

33428196 633746540311289 1410503861717696512 n
pink__skkさんの投稿

前開きのパジャマの重要性を認識していなくて、出産後大失敗をしたママの体験です。普通のスポーティーな上下別のカジュアルなパジャマを持参したのですが出産時は下のパジャマは当然脱ぐので、下半身が丸出しの状態で恥ずかし思いをしたようです。授乳の際もめくりあげる必要があり、周りの視線が気になったようです。

出産前に慌てないように出産の兆候を知る

出産について夫婦で理解しておく

37656140 289465225136611 8324981860555816960 n
yuko.m.0303さんの投稿

初めての出産は誰もが戸惑います。雑誌やネットから情報をいくら仕入れていても、いざ出産となると十人十色で出産の状態は皆違います。しかし、予備知識として出産について頭に入れているのといないのでは、慌て方が違うのです。母親学級などで基礎的来なことは教わっているでしょうから、ご主人と学んだことを共有してしっかりと復習しておきます。

前駆陣痛について

臨月になると出産の兆候が現れ始めます。前駆陣痛と呼ばれ、分娩にはならない子宮の不規則な収縮を感じる痛みです。初めての出産では、本当の陣痛との区別がつきにくいもので初産では慌ててしまいます。本番の陣痛はこの前駆陣痛とは比べものにならないのですが、予行練習のような気持ちで受け止めてください。

出産前に陣痛を詳しく知る

前駆陣痛の特徴

37018073 1572504043049083 4949867306613211136 n
baby_baby_saaさんの投稿

前駆陣痛の症状は、下腹部が硬くなり張った感じです。張った感じは、お腹の筋肉が硬くなるような状態で痛みというか、お腹が突っ張ったように感じる状態です。女性なら分かると思いますが生理痛のように腰が痛くなったり、鈍い痛みを感じます。また、痛みの間隔が不規則で痛みの強弱に波があり、身体の姿勢を変えると痛みが和らぐなどの特徴があります。

本物の陣痛

36912528 2134794183215341 6327395968505348096 n
ayakenbabyさんの投稿

本当の陣痛は前駆陣痛で感じた張りのような痛みを感じますが決定的に違うのは痛みの間隔が規則的なことです。一定の間隔で痛みが押し寄せてきます。病院からの指示もありますが、痛みの間隔が10分から15分程度になった時点で連絡します。初めてでは見分けが付きにくいかも知れませんが頭に入れておいてください。

「おしるし」とは

36755785 506140813151978 2145518889440641024 n
annanna.1112さんの投稿

出産が近づくと見られる出血のことで、「おしるし」があると出産が間近だとされています。医学的には子宮口を塞いでいた蓋のような「粘液栓」というゼリーのような「おりもの」の一種で、出産が近づき子宮口が開きはじめて子宮が収縮して、子宮頚管の粘液と混ざり外にでてくるものです。卵膜の一部が剥がれ出血して血液が混じるのです。

出産で大切な破水のお話

出産までの兆候

36913122 208416903200848 6556689596535537664 n
garden_party_babiesさんの投稿

ほとんどの出産の流れは、前駆陣痛があり、おしるし、陣痛、破水、出産となります。おりものに血液が混じったおしるしの順番です。すべて個人差があるので、順番が違うこともあります。前駆陣痛と本物の陣痛の前に現れることがほとんどです。前駆陣痛は出産の一ヶ月前から感じますがおしるしは、出産の一週間ほど前から出産直前に現れます。

羊水が流れる

34861163 173728540149458 3840127721027928064 n
anneteinesalonさんの投稿

前駆陣痛やおしるし、本物の陣痛のことについて知りましたが、次に破水についても知っておく必要があります。破水とは胎児を包んでた卵膜が破れて、中から羊水が流れてくることです。出産の手順として、陣痛が激しくなって、子宮口が全開になってから起こるものですが、陣痛よりも先に破水してしまう場合も少なくありません。

感染症に注意

臨月を迎えているのであれば、通常の出産と違う順序の破水ですが、そう慌てることはありません。一般とは違いますが赤ちゃんがもう充分に育っているので少なくない割合で起こる現象です。しかし、赤ちゃんを守っていた羊水が流れ出ることで、外界との接触により感染のリスクが上がることは間違いないので注意が必要です。早い段階で医師に連絡します。

出産が帝王切開になったときは?

帝王切開の確率

37592836 248139525913441 2350512275409862656 n
lucaandriemamaさんの投稿

出産にはリスクがつきものです。陣痛が長引いてなかなか赤ちゃんが産まれない場合、母親の体力などを考慮したり赤ちゃんの安全を優先して帝王切開を提案されることも少なくありません。前もって帝王切開を提案されるリスクのある妊婦さんもいます。日本では約5人にひとりの割合で帝王切開になるというデーターもあるので、他人事ではありません。

帝王切開では入院準備は違うのか?

37134651 385847598487026 2140460457348038656 n
ryoko1107.1012さんの投稿

基本的に帝王切開になった場合も入院準備には大きな違いはありません。しかし、普通の出産とは違い入院の日数が違ってきます。その日数の分だけパジャマや下着、バスタオルなどは枚数が必要となります。また、しばらくは動けませんから家族の助けも必要となります。

出産が帝王切開になった場合も慌てない

体力の回復に努める

36593547 2201974683206849 1829853907174555648 n
chakkysnoopyさんの投稿

帝王切開後は痛みとの戦いが待っています。1日目は寝たきりでベッドの中で過ごします。普通分娩では、4日から6日間の入院ですが、帝王切開の場合は、6日間から10日間と入院日数が母親の体力の回復の違いによって変わってきます。退院後に育児が待ち構えているのは同じですから、十分に休養をとり身体を回復することに専念します。

リラックスグッズ

慌てないで、帝王切開の傷を癒します。入院中もリラックスできるグッズをリストに加えておくと助かります。寝たきりでも好きな音楽を聴いたりして気分転換できると、痛みを忘れて前向きな気持ちになることもできます。好きな香りのアロマなどもお勧めです。ベッドの上でも退屈しないように工夫しておくことも大切です。
 

出産が帝王切開になった場合の入院準備

お金は多めに用意します

普通の出産は健康保険は適用されませんが、帝王切開は手術の扱いですから健康保険が適用されます。保険外の費用は自己負担ですので準備しておきます。帝王切開だからと身構えることもなく、「高額療養制度」を利用すれば一定額を超える金額は払わなくても良い場合もあります。生命保険に加入していれば活用できます。

事前にわかる場合

帝王切開になることが事前に分かるのは、巨大児、全治胎盤、児頭骨盤不均衡、多胎妊娠、感染症などが前もって分かっている場合です。病院から前もって帝王切開を告げられ日時を決めます。帝王切開が決まっているのであれば、その日を目安に早めに入院準備をしておきます。

無駄にはならない

備えあれば嬉しいの気持ちで、もし、帝王切開になった場合も対処できるように入院準備のリストの日用品や衛生用品、バスタオルなどそれこそ、100均を利用して多めに揃えておきます。退院しても無駄になることはないですから100均などの安いショップを利用して消耗品は充分に用意しておきます。

帝王切開専用の持ち物

専用ショーツ

31198286 1902455893127630 5397213842985975808 n
baby_rm920さんの投稿

普通の出産と違い、帝王切開になった場合のママに合わせたグッズも販売されています。産褥ショーツなども良い例でお腹に傷を追った場合にも、傷口をかばえるようにデザインされたショーツが販売されています。予め、帝王切開が決まっているのであれば準備しておけば困りません。

帝王切開専用の骨盤ベルト

18013309 315679162183391 5912414390119825408 n
coral_rhythmさんの投稿

骨盤ベルトも、普通の出産では締め付けるものが主流ですが、帝王切開となるとお腹の傷口が痛く締め付けることが出来ません。帝王切開した人専用のベルトも販売されています。また、昔ながらの腹帯は傷口に配慮しながら腹部を固定できるので利用することもお勧めです。先人の知恵です。

出産の入院準備で以外に役立つ物

耳栓

29095293 814782475398363 1011821851724218368 n
route373z520さんの投稿

いざ入院となると、どのような状態でどんな部屋を割り当てられるか分かりません。全室個室のような病院なら問題はありませんが、何名かの同室のこともあります。そのような場合、プライバシーを確保するカーテンなどは設置されていますが、音に対する配慮には欠けることが大いにあります。睡眠の妨げを防げる耳栓はリストにありませんが重宝します。

アイマスク

病院の環境はあまり指定できるものではありません。もし、窓際などのベッドを割り当てられた場合に太陽の光により睡眠の妨げとなることが考えられます。出産で体力を消耗しているのですから、尚更睡眠は重要です。リストにある、バスタオルを利用してカーテンを覆う形で光を遮ることも出来ますが、アイマスクを準備しておくこともお勧めです。

出産の入院での時間を有効利用

筆記用具を持参

36161325 1916362998661536 6693863443151192064 n
02msnowさんの投稿

母乳推進の産院では、母子同室で赤ちゃんのお世話を入院している間も指導されることがありますが、最近は感染などや母親を休ませる理由で退院までは授乳時間以外は、ママの自由時間が多い産院もあります。そんな合間に赤ちゃんの記録や日記をつける新米ママも多いです。時間を有効に利用して赤ちゃんとの愛情あれる記録を残しておくことはお勧めです。

思い出作り

36511662 2106988799519561 8404136750611431424 n
haresora_babyさんの投稿

最近は、スマートフォンで赤ちゃんを撮影してアルバムなどに簡単に残してあげることが出来ます。一生に一回しかない赤ちゃんの貴重な瞬間をビデオや写真に残しておくと記念になります。又、出産の痛みや苦しみ、それを乗り越えての喜びをメモしておくと、後々読み返すと経験したことを忘れずにいられるし、赤ちゃんが大きくなれば聞かせてあげられます。

出産は夫婦2人だけの問題ではありません

命は順送り

37120941 652538061771587 7960454920853782528 n
cuculu1001さんの投稿

新し命を迎えるにあたり、準備も大変です。これから始まる未知の世界に不安や期待、何だか分からない感情で戸惑うと思います。しかし、先人の誰もが通ってきた道です。今のあなたの命もそうして産まれ、また新たな命を生み出そうとしています。

命のバトンリレー

35574349 428100687708446 1488553764062232576 n
harufdsさんの投稿

今まで育ててくれた両親がいるからこそ、次の命を生み出す貴方が存在します。昔と違い医療も整い100均などのショップもあり安く生活用品を揃えることが出来ます。この有難い時代に子どもを産み育てることが出来ることに感謝しながら出産準備を整え、赤ちゃんの誕生に備える気持ちが大切です。

赤ちゃんの誕生をお祝いしましょう

37150982 2150579198554000 8902811131173666816 n
nanami.nagaiさんの投稿

入院準備や赤ちゃんの誕生により変わる生活に不安があるかも知れません。でもきっとこれからの人生にプラスになることには違いありません。帝王切開であれ普通分娩であれ、新しい家族を迎え入れるにはワクワクする気持ちでいっぱいです。これから家族になる赤ちゃんにベストな環境で迎え入れてあげられるように新米パパ、ママは準備してあげましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ