FXチャートの見方と分析の仕方!推移やパターンを詳しく解説!

FXで勝つにはチャートを分析しなければなりません。チャートを分析せずにFXをやっている方が多いと感じられます。ここでは、最低限身に着けておかなければならないチャートの見方を解説していきます。また、チャートの推移やパターンも解説していきます。

FXチャートの見方と分析の仕方!推移やパターンを詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 初心者必見!FXチャートの見方!
  2. チャートとは?FXのチャートって何?
  3. 世界のトレーダーが使っているFXのローソク足チャートとは?
  4. FXのローソク足チャートで投資家心理を読み取る
  5. FXのおける様々なローソク足チャートの種類
  6. FXにおけるローソク足チャートの陽線とは?
  7. FXのおけるローソク足チャートの陰線とは?
  8. FXにおけるローソク足の進化系「平均足」とは?
  9. FXのローソク足チャート以外のチャートバーチャートとは
  10. FXでのバーチャートの見方
  11. FXでのバーチャートのメリット
  12. FXでのバーチャートのデメリット
  13. FXでのラインチャートとは?
  14. FXでのラインチャートの見方
  15. FXでのラインチャートのメリット
  16. FXでのラインチャートのデメリット
  17. FXチャートのテクニカル分析とは?
  18. FX相場は基本レンジ相場である
  19. FXにおけるサポートライン(下値支持線)とは?
  20. FXにおけるレジスタンスライン(上値抵抗線)とは?
  21. FX相場の変化を見るオシレーター指標とは?
  22. FXにおいて代表的なオシレーター指標
  23. ファンダメンタルズ分析でFX相場の全体の流れを把握する
  24. FXにおけるファンダメンタルズ分析の活用方法
  25. FX相場のチャートパターンを覚えて得意なパターンを覚える
  26. FX相場において正しい分析の仕方とは?

初心者必見!FXチャートの見方!

26068760 175108499905069 4809397334590881792 n
bskhkh01さんの投稿

FX相場を分析する上で二つの分析方法があります。「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」です。二つの分析をするとことによりFXチャートの見方がより分かるようになります。逆を言えば、この二つでしかFXチャートを分析することはできません。FXチャートの見方の第一歩として覚えることをおすすめします。

チャートとは?FXのチャートって何?

25010905 194393391138549 4161155403754766336 n
2_the_moon11さんの投稿

チャートの意味とは、地図や図表のことを指します。FXにおいてチャートとは、動きをグラフ化し表示させていることです。代表的なFXチャートは、「ローソク足チャート」です。これは、世界のトレーダーたちが皆使っているFXチャートののためおすすめです。FXチャートの種類は、「ローソク足チャート」のみならずまだまだたくさんのFXチャートがあります。

ThumbFX自動売買(システムトレード)は儲かる?おすすめのソフトを紹介!

世界のトレーダーが使っているFXのローソク足チャートとは?

ローソク足チャートは、値動きの見方を見るうえで最もおすすめで基本的な分析ツールです。なぜならば、ローソク足を見ることにおり相場の強弱が一目でわかるようになるからです。名前の由来は、ただ単にローソクに似ているからローソク足となっています。海外では、キャンドルスティックとも呼ばれています。

ローソク足チャートの歴史

ローソク足は、意外なことに日本人が開発しました。江戸時代に米の先物取引のために開発されたそうです。大阪の堂島というところで開発されました。ローソク足チャートは、そのわかりやすさから世界で主流になっています。そんな人気なチャートが日本で生まれたのは意外です。

FXのローソク足チャートで投資家心理を読み取る

ローソク足とは、始値、高値、終値、安値の4つを使いそれを1本に表したものを言います。ローソク足は、買いに推移していれば陽線になり、売りに推移していれば陰線となるのです。このようにローソク足は、今どちらに推移しているのかが一目でわかるのでおすすめです。

FXのローソク足チャートで投資家心理を読む

ローソク足では、投資家の心理を読み取ることも可能となります。ローソク足の形や、色で読み取ることができます。ローソク足の形で投資家心理を読み取るとなると確かに経験が必要です。しかし、ローソク足のいいところは色でも判断できます。陽線が出ていれば強気、陰線が出ていれば弱気というような分析をすることができます。

上級者向けの投資家心理の読み方

上級者になれば、ローソク足の形で投資家心理を読むことができます。ローソク足の形は、様々な形があります。上級者になるとローソク足の形を見てそれを組み合わせて投資家心理を見抜くことが可能となるのです。つまりは、様々なローソク足の形を覚える必要があるのです。そのため、経験者でないとなかなかローソク足から投資家心理を読むのは難しいといえます。

ThumbFXとは?デメリットやリスクまで初心者にもわかりやすく解説!

FXのおける様々なローソク足チャートの種類

25014110 163501834258040 4232366854875643904 n
komotochanさんの投稿

ローソク足の種類は、全部上げたらきりがないほど多数存在します。そのため、ここでは数あるローソク足の中でも重要なローソク足について解説していきます。これから説明するローソク足は最低限覚えてほしいローソク足です。ローソク足の見方を覚え投資家心理を読み取れるトレーダーになりましょう。

ThumbビットコインFXのやり方とは?初心者にも分かりやすく解説!

FXにおけるローソク足チャートの陽線とは?

大陽線「陽の丸坊主」

陽線とは、始値より終値が上の位置にあることを指します。つまり、上昇したことになります。「陽の丸坊主」とは、ヒゲがなくだけのローソク足のことを指します。ヒゲがないということは、ひたすら上昇して終値を迎えたということになります。そのため、相場はかなりの強気であることがわかります。

大陽線「陽の大引け坊主」

「陽の大引け坊主」とは、大陽線の一つです。始値から一旦下げるもそこから上昇に転じて終値を迎えているローソク足のことです。そのため、一旦下に下がったがその後上昇したため、下ヒゲが出ている状態で実体が始値より終値のほうが高い位置にあることを言います。このローソク足も出現すると相場は強気だということができます。

大陽線「陽の寄り付き坊主」

「陽の寄り付き坊主」とは、上ヒゲが出た状態のことを指します。上ヒゲが出たが実体は、始値より終値が上にきている状態で引けていることです。基本的に相場は強気だが、上ヒゲの長さが長ければ長いほど注意が必要となってくるローソク足です。上ヒゲが出たということは、下落したということになるから注意が必要なのです。

FXのおけるローソク足チャートの陰線とは?

大陰線「陰の丸坊主」

13402258 897776720331692 2095605262 n
m_s_k_meさんの投稿

陰線とは、始値よりも終値のほうが下にきている状態のことを指します。つまり、下落しているのです。「陰の丸坊主」とは、ヒゲがなく始値よりも終値のほうが下にきていてなおかつ実体のみのローソク足のことを指します。完全に下落していて弱い相場と分析することができます。

大陰線「陰の寄り付き坊主」

「陰の寄り付き坊主」の見方は、下ヒゲが出ているが始値よりも終値のほうが下で終わっているローソク足のことを指します。基本的にまだ弱気な相場であることはわかるが、下ヒゲが長ければ長いほど注意が必要なローソク足です。下ヒゲが出ているということは上昇に転じているサインでもあるからです。安局面でこのローソク足が出たら注意しましょう。

大陰線「陰の大引け坊主」

「陰の大引け坊主」の見方は、上ヒゲが出ている状態でなおかつ始値よりも終値のほうが下にあるローソク足のことを指します。寄り付き後に一度は上昇するがそこから売り込まれて下落して引けたローソク足のことです。このローソク足には下ヒゲが出ていないことが条件です。上昇を見せたがまだまだ下だと思うことができるローソク足です。

FXにおけるローソク足の進化系「平均足」とは?

19380079 1251143968346158 52084746276044800 n
fxchart11さんの投稿

ローソク足よりもトレンドがさらにわかりやすくなった足を「平均足」と呼びます。「平均足」の始値は、1本前の足の始値と終値の平均から作られています。終値は、新しい足の平均値(始値、終値、安値、高値)から作られています。このように足の作られ方は、ローソク足とは全く違った作られ方をしています。

「平均足」はトレンドが読みやすい

11420878 1501791370114619 1680127783 n
js0kさんの投稿

「平均足」は、1本前の足を引き継ぐため上昇トレンドが発生すると一方的に陽線が連続して出てきます。下落トレンドならば陰線が継続的に出てきます。ローソク足だとトレンドが出ても陽線と陰線が交わって表示されます。そのため、ローソク足よりもさらにトレンドがわかりやすくなるといえます。

FXのローソク足チャート以外のチャートバーチャートとは

バーチャート

バーチャートとは、値動きをバー「棒線」で表したチャートのことです。ローソク足よりもシンプルにFXチャートを見たいという方にはおすすめのFXチャートです。日本では、なかなか使っている人を見たことはないが欧州やアメリカでは人気があり使っている人がたくさんいます。アメリカや欧州といった投資のプロが使っていることからおすすめできるFXチャートといえます。

ThumbFXの始め方マニュアル!資金準備から取引を始める手順までを解説!

FXでのバーチャートの見方

4本値とは

25022745 2073183049578594 759696611340189696 n
pleasant_days.9さんの投稿

バーチャートには、「4本値」という表示の仕方があります。ローソク足と同じように「安値」「高値」「始値」「終値」の4つから成り立ちます。始値は左線で終値が右線になっています。陽線は、始まり値が下で終値が上です。陰線は、その逆です。このように、ローソク足のように色分けしなくても見ただけでどのような動きなのかがわかります。

3本値とは

バーチャートには、「4本値」のほかに「3本値」というものがあります。「終値」「高値」「安値」を表示させています。「始値」だけがないのです。トレード手法は、人によって違います。「終値」を重要視している人はこの「3本値」を表示させています。

ThumbFXの取引手数料を徹底比較!手数料無料が主流?おすすめ会社はココ!

FXでのバーチャートのメリット

バーチャートのメリットは、そのシンプルさからトレンドラインが引きやすいことです。トレンドラインは、相場を分析する上では、重要なものです。ラインを引くことによりどこがサポートされているのか、またレジスタンスラインなのかがわかるためです。トレンドラインを引きやすくなるということは、トレードに優位性が出て勝ちやすくなりおすすめです。

ThumbFX初心者のための外為入門ガイド!少額から始めるのがおすすめ!

FXでのバーチャートのデメリット

26159103 1179452818866026 4082012333449150464 n
cfd.traderさんの投稿

バーチャートのデメリットは、しいて言うなら慣れるまで「始値」と「終値」がわかりづらいところです。そのため、慣れるまではどっちが陽線でどっちが陰線なのかがわかりづらく感じるといえます。初心者からすればローソク足よりは、相場を分析するのに時間がかかってしまうかもしれません。

ThumbFXのレバレッジの意味とは?設定方法や上限規制まで徹底解説!

FXでのラインチャートとは?

ラインチャートとは、終値のみを線で結んだチャートです。その名の通り、チャート上には線しか存在しません。ローソク足やバーチャートよりもさらにシンプルなものとなっています。ここでも、終値で線を結んでいます。終値を意識したトレーダーは、たくさんいるためおすすめできるチャートです。

FXでのラインチャートの見方

ラインチャートの見方は、時間軸を重要視したほうがいいといえます。1分足や5分足といった短い足をラインチャートで表示させると値動きが細かいためジグザグな線になりトレンドが読みづらいです。日足や4時間足といった長い時間足でラインチャートを表示させれば全体の流れを一目で把握することができます。

25018037 1162985237168917 8760090162496536576 n
ykhyamato550731さんの投稿

全体的な流れを見るためには日脚、4時間足といった長期足を必ず見なければなりません。1分足や5分足といった短期足だけを追っていると木を見て森を見ずとなってしまい全体の流れを把握することができません。そのため、ラインチャートを使うのであれば長期足で表示することをおすすめします。

FXでのラインチャートのメリット

25015916 335692650173130 7460734677100265472 n
alx.trdさんの投稿

ラインチャートのメリットは、トレンドラインが一目でわかるということです。ローソク足チャートでは、いわゆるだましというものもあります。ヒゲが出たりするといろいろと考えてしまい決断に迷うところがあります。その点、ラインチャートであればいろいろな情報を入れずに済むので惑わされずに相場に臨むことができます。

FXでのラインチャートのデメリット

ラインチャートのデメリットは、トレンドの転換期が読めないというところです。その理由は、上昇トレンドが続いた場合は、意識するのはどこまで伸びるのかということです。ローソク足ならば、上ヒゲが出たりしある程度視覚的に上昇トレンドが弱まってきたことを予想することができます。

25008946 549813812038828 5671291228155543552 n
xxasukaxx22さんの投稿

しかし、ラインチャートだと線しか出ていないためトレンドの強弱がわかりづらいというデメリットが発生します。相場においてやはり「高値」「安値」は重要になってきます。トレンドに乗れたからと言って安心してはいけません。しっかりと、トレンドが終わりそうなところはどこなのかを予想しなければなりません。

FXチャートのテクニカル分析とは?

34745409 479204982495629 4675820153718439936 n
t_o_m_o_f_f_yさんの投稿

FXにおけるテクニカル分析とは、過去のチャートから分析して未来の値動きを予想するものです。トレンドラインには、上昇トレンドライン、下降トレンドライン、サポートライン(下値支持線)、レジスタンスライン(上値抵抗線)というものがあります。この4つは、トレンドラインにおいて基本中の基本のため引き方をしっかりと覚えましょう。

上昇トレンドラインとは?

17268089 429953114014101 6070272614549422080 n
trdkakksfさんの投稿

上昇トレンドラインの引き方は、安値を結んでいき線が右肩上がりで上昇していれば上昇トレンドとなります。上昇トレンドラインを引くことで上昇がどこまで続くのかが大体わかるようになります。上昇トレンドラインが引けたら、その線を抜けるまで上昇トレンドだと判断すればよいのです。

下降トレンドラインとは?

20759300 114041189257865 85481462781968384 n
takagi_shinjiさんの投稿

下降トレンドラインとは、相場が高値を更新せずに切り下がっているときにひけるラインです。つまり、高値同士を結んでいき、右斜めに下がっていれば下降トレンドラインとなります。FXにおいてトレンドに乗ることが利益を上げることにつながります。トレンドラインは、しっかりとひけるようになりましょう。

FX相場は基本レンジ相場である

FX相場では、約7割がレンジ相場といわれています。レンジ相場とは、ある一定方向に動く相場ではなく行ったり来たりする相場のことです。残りの3割がトレンドが出るということです。このようにトレンドが出るのはなかなかないためFX相場は簡単な相場ではないということが言えます。逆を言えば、レンジを抜けたときにトレンドが発生するのです。

レンジブレイク手法

22159450 289235954912011 5292059140770758656 n
naotoyanamiさんの投稿

レンジ相場で使う手法の一つとして、「レンジブレイク」手法というものがあります。まず、レンジ相場の高値にサポートラインを引き、安値にレジスタンスラインを引きます。その線のどちらかを抜けたらその方向にエントリーするということです。とても簡単なエントリーとなっています。レンジ相場では、一番使われている手法といえます。

レンジブレイクのだましとは?

サポートラインやレジスタンスラインを抜けたからと言ってその方向にエントリーし勝てれば皆様億万長者になっています。FX相場では、だましというものが存在します。サポートラインやレジスタンスラインを抜けたとみせてまたレンジに戻るということが起こります。だましは、プロでも見抜くことができません。だましに合ってしまったら潔く損切りすることをおすすめします。

FXにおけるサポートライン(下値支持線)とは?

サポートライン(下値支持線)とは、何回もそこで跳ね返されているところにひきます。そのため、レートがそこら辺に来たら反発しやすくなります。サポートラインは、別名下値支持線とも呼ばれていることから、下値に推移してきたらそれが支持される役割になるという意味です。

サポートラインで反発する理由とは?

20905452 1912280415689254 4048833534993891328 n
yuya.bizさんの投稿

サポートラインでの反発理由は、多くのトレーダーは安値をすごく意識してトレードを行っています。そして、レートが意識されている最安値に来ると売り注文を入れていたトレーダーが利確に走り買い注文が入ります。さらに新規で買いを狙っているトレーダーも買い注文を入れてきます。このように、買い注文が入ってくるため反発しやすくなるのです。

FXにおけるレジスタンスライン(上値抵抗線)とは?

25022685 380441165738963 2219956960512442368 n
tk5ohanaさんの投稿

レジスタンスラインとは、別名上値抵抗線とも呼ばれています。サポートラインは、安値に引きますがレジスタンスラインは高値にひきます。高値にひくということは、そこが意識され売り注文が多く入ってくるところです。レジスタンスラインをひくポイントは、2つ以上同じ価格帯の高値を見つけたら引くところがポイントです。

レジスタンスラインが意識される理由は?

22430544 1758996997733881 192765841710776320 n
naotoyanamiさんの投稿

レジスタンスラインが意識される理由は、直近の高値はどのトレーダーも意識しておりその辺までレートが上がれば売り注文が出たり利確のために売り注文を出したりするからです。レジスタンスラインに何回も抑えられているパターンは相当強力なレジスタンスラインだといえます。レジスタンスラインを引けるようになれば意識されているポイントがわかりやすくなります。

FX相場の変化を見るオシレーター指標とは?

16122565 596814567183577 5826266004816134144 n
amazonesubar211さんの投稿

サポートラインやレジスタンスラインはいわゆるトレンド系のテクニカル分析です。オシレーター指標というものは、相場の過熱度を分析するのにおすすめできる指標です。例えば、相場でトレンドが発生したときにどこまでトレンドが出るのかわかりません。そんな時に、オシレーターを使用すれば相場の過熱感がわかるためより高度な分析ができおすすめです。

FXにおいて代表的なオシレーター指標

オシレーター系指標RSIとは?

25026251 382687182174635 5619526822015270912 n
cryptocoinoracleさんの投稿

RSIは、オシレーターの中でも人気ナンバーワンの指標といえます。0パーセントから100パーセントの中でグラフ化して表示してあります。見方は、70パーセントまで来たら買われすぎで30パーセントまで来たら売られすぎという見方をすることができます。非常にシンプルに相場の見方ができるため大人気の指標なのです。

オシレータ系指標MACDとは?

16123531 652850788173334 3057335103442124800 n
yoshiatsu_sugiyamaさんの投稿

MACDもRSIと並び人気のオシレーター系指標です。2本の移動平均線からなり、それぞれにMACDラインとシグナルという名前が付けられています。MACDラインをシグナルが上抜けしたパターンの時にゴールデンクロスといって買い売りの推移になります。逆にした抜けしたパターンは、デッドクロスといって売り推移になっていきます。

オシレーター系指標ボリンジャーバンドとは?

14533680 346614665705755 3657264699512193024 n
zuca0212さんの投稿

ボリンジャーバンドは、チャートの周りに1アルファ、2アルファ、3アルファといった線で囲まれています。レートがレンジ相場で推移しているときは、ボリンジャーバンドも水平に推移しています。しかし、レートに動きが出るとボリンジャーバンドが開き始めます。ボリンジャーバンドが開いてくるとレートが動きやすくなってきます。

ファンダメンタルズ分析でFX相場の全体の流れを把握する

FXにおけるファンダメンタルズ分析とは、国の経済状況や社会的な要因を表しているものです。具体的には、国はいろいろと経済指標を発表します。経済成長率(GDP)、雇用統計数、物価指数などの発表を行います。指標の数字が良ければ当然国の景気は良くその国の通貨は上昇に推移していきます。

ファンダメンタルズ分析の注意点

25015272 346252542507328 6134034547974602752 n
kazuya6731さんの投稿

国の景気が良く上昇に推移しているからと言って安心してはいけません。その国にテロや大地震が発生した場合は、一気に下落に推移することもあります。ファンダメンタルズ分析は、その国にかかわることすべてで動いてくるためしっかりと自分が買う通貨の国のことを把握しておかなければなりません。

FXにおけるファンダメンタルズ分析の活用方法

15306791 909792585787669 189938610768707584 n
yoshitake_desuさんの投稿

ファンダメンタルズ分析は、先を見越して通貨を買うのか売るのかを決めます。例えば、選挙であれば国がなってほしい大統領がいます。当然その人が、当選すれば通貨は上昇に推移します。逆に負ければ下落に推移してしまします。賢い人たちは、過去の背景やいろいろな角度から分析しどちらが勝つのかを予想し何か月も前からポジションを仕込んでいるのです。

噂で買って事実で売る

相場の世界では、噂で買って事実で売るという言葉があります。これは、よく政策金利に使われることが多いです。例えば、アメリカの金利引き上げを予想し実際に金利が上がりました。しかし、相場ではいざ金利を引き上げるとなると下落に転じてしまうです。賢い投資家たちが利上げするのを予想し買いポジションを前から仕込んで置き結果が出たら利確するからです。

FX相場のチャートパターンを覚えて得意なパターンを覚える

25023444 134470664014368 7567699050900750336 n
yyum1.fxさんの投稿

チャートのパターンを覚えることにより優位性のあるトレードができるようになります。FX相場は再現性が高くその分同じパターンもあります。FXのチャートパターンには、ダブルトップ、ダブルボトムといったパターンがあります。この二つのパターンは何回も見ることのできるパターンです。見方をしっかりと覚えておきましょう。

FX相場におけるダブルトップとは?

16122445 1669020193395357 5612829215654150144 n
trdkakksfさんの投稿

ダブルトップとは、英語のMのようなパターンです。一回付けた高値に再チャレンジしてその高値を抜けれなかったときに見られるチャートパターンです。このパターンが出現するとそこから上昇するにはいったん難しくなりそうです。買いポジションを持っているときにこのパターンが出現したらいったん利確することをおすすめします。

FX相場におけるダブルボトムとは?

17587125 1930318400537263 609368817495179264 n
trdkakksfさんの投稿

ダブルボトムとは、英語に例えるとWのパターンになります。相場が下落に推移しているときにあらわれるチャートパターンです。このパターンが出現するとしたに行くのは少し難しくなります。売りポジションを持っているときにこのパターンが出たら利確することをおすすめします。

FX相場において正しい分析の仕方とは?

11078976 1086871791330147 1402972252 n
sekainonakamuraさんの投稿

FXチャートの見方と分析の仕方や推移やチャートのパターンを詳しく解説してきました。FX相場で利益を上げるのは大変難しいことは確かです。しかし、チャートの見方さえわかれば利益を上げることは可能だといえます。チャートをしっかりと分析し今の推移を把握しさらに、チャートパターンを覚えることにより初めてトレードをすることをおすすめします。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ