新人研修の内容一例を紹介!目的やプログラムの作り方のコツは?

新人研修に注目して、その内容や目的などを具体的に取り上げています。新人研修を行う目的を把握して、プログラムのコツを理解していくことが重要です。資料作成のコツやプログラムの工夫ポイントも含めて、新人研修について総合的に理解しやすい記事です。

新人研修の内容一例を紹介!目的やプログラムの作り方のコツは?のイメージ

目次

  1. 新人研修の目的やプログラムについて確認しよう
  2. 要チェック!企業にとっての新人の考え方
  3. 新人研修とは何か?アメリカ流の考え方
  4. ポイントを確認!新人研修での学び
  5. 新人研修のプログラム!新卒入社の場合
  6. 異動社員も必要!新人研修の実施
  7. 昇格者への研修を実施!研修スタイルの把握
  8. 昇格者向けのプログラム!業務の引き継ぎなど
  9. 中途社員への研修!前職の経験を活かす
  10. 研修スタイルも確認!中途社員向けのプログラム
  11. 外国人への新人研修も!欠かせないポイント
  12. 外国人用のプログラム!新人研修のコツ
  13. 目的を確認!人事部にとっての新人研修
  14. タイプごとに変える!新人研修の作り方
  15. 現場で使えるスキルを!新人研修のマニュアル作成
  16. ビジネス文書スキル!新人研修で身につけたい力
  17. 常に革新を!新人研修の繰り返しはNG
  18. 判断基準の習得も!社会人として必要な考え方
  19. コミュニケーションスキルも重要!新人研修の内容
  20. 経営陣も関わる!効果的な新人研修のプログラム
  21. 新入社員は顧客に一番近い!企業でも重要な存在
  22. 資料作成も重要!新人研修の実施
  23. 土台を固める!新人研修を行う目的
  24. ビジネスマナーも!新人研修で学びたい内容
  25. ロールプレイング!効果的な新人研修
  26. 業界の基礎知識も入れる!新人研修で抑える項目
  27. 飽きがこないプログラムを!新人研修の作り方のポイント
  28. 先輩社員も学ぶ!新人研修を通して強固な組織へ
  29. 自分らしく働く!自らの強みを活かした仕事
  30. 新人研修の目的やプログラムについて理解する

新人研修の目的やプログラムについて確認しよう

32861614 460969857686992 198096037859033088 n
genbasupport_saiyouさんの投稿

新人研修に焦点を当てて、その内容や目的、資料の作り方やプログラムなども含めて具体的に解説を行っていきます。一言で新人研修と言っても、多用な人材に向けてプログラムを作成していく必要があります。画一的な新人研修では時代遅れの側面もあるので、注意が必要です。新人研修の内容や目的も含めて、その実施ポイントについて確認していきましょう。

要チェック!企業にとっての新人の考え方

次世代を担う存在!新人の考え方

36135952 237124930401443 3412851021368524800 n
araishikaさんの投稿

まずは、企業にとって新人とはどういった存在なのかについて確認していきます。企業が長期的、永続的に発展を続けていくためには、次世代を担う人材を雇用して活躍し続けてもらう必要があります。そのために採用するのが新人の存在と言え、会社の根幹を担う人材と考えることができます。企業は人なりという言葉もありますが、まさにその役割を担います。

組織の活性化につながる!企業の新陳代謝

35928176 242800409853811 728492995329916928 n
zestrecruitさんの投稿

組織や会社を長期的に発展、繁栄させていくという点においては、組織内部の新陳代謝が欠かせません。そこで必要となってくるのが人材の確保であり、新人の登用となります。いつの時代も活躍するのは人間であり、ロボットやAIの技術を活用するのも人々です。新しく入ってきた人のスキルや能力が思う存分に発揮されることで、組織も活性化していきます。

36578318 932004303627678 5947489786003456000 n
risa10sb5さんの投稿

新人について幅広い定義で考えるのであれば、新卒入社の社員に限ったことではありません。部署を異動して新しい部署にやってきた人も、新人と考えることができます。あるいは、転職してきて新たに加入してきた人も新人と言うことができます。外国人労働者も含めて新人に対する考え方を広く持っておくことで、組織の活性化につなげることができます。

新人研修とは何か?アメリカ流の考え方

企業に欠かせない!新人の存在

新人に関しては企業にとって欠かせない存在であり、企業の未来を担う重要な人材であることは間違いありません。その新人の定義に関しても幅広いものがあり、単に新卒社員だけを新人と呼ぶのではないことを理解しておくことが求められます。そうすることによって、それぞれの新人ごとの新人研修や内容、プログラムを作成していくことがポイントです。

ニューカマープログラム!アメリカ版新人研修

35616685 405938996564328 8535397672801009664 n
kusatsuonsenkankokyokaidmoさんの投稿

新人研修については日本のみならず、アメリカでも活発的に行われている取り組みです。アメリカ流の新人研修の作り方を参考にするのであれば、米国教育省が中心になってニューカマープログラムという新人研修が盛んに行われています。ニューカマーとはまさに新人のことであり、移民の子供たちや大人に向けた新人研修のプログラムも用意されています。

36085786 2025929850751029 1391381838387216384 n
yoyo3437yoyoさんの投稿

アメリカでは、アメリカ人のみならず、世界から多種多用なバックグラウンドを持った移民がやってきます。それらの人材を一つにまとめ上げて、組織の目標として一緒に仕事を遂行していくためには、新人研修を通した教育が欠かせないのです。その点において、人々の価値観の中に新人研修の重要性が根付いており、それがプログラムとなって表出しています。

ポイントを確認!新人研修での学び

ポイントやコツの理解!新人研修の内容

日本だけでなく、多くの人種、民族が共生して働くアメリカでも新人研修の重要性を認識して、さまざまなプログラム内容で研修を実施しています。その新人研修については、内容のポイントを明確にしておくことも重要です。新人研修の作り方や資料作成については、一定のポイントやコツを理解しておき、それに則って内容を決定していくことが求められます。

理念や目標の共有!組織としてのプログラム

35295968 1253324774804069 2807567439326347264 n
yamaguchi1422さんの投稿

新人研修では目的を明確にしておくことも重要ですが、学びの内容について整理しておくことが大切です。組織と個人に分類した上で、それぞれに焦点を当てたプログラムの作り方をしていくことで、効果的な新人研修の内容にすることができます。組織では業界や企業、部門ごとの理念や目標などを教えることによって、組織に馴染んでもらうことが重要です。

個人としての内容!ビジネススキルやマナーなど

35459275 245542342918200 9217723063938842624 n
hanakinu_groupさんの投稿

個人としての内容に重きを置く場合は、ビジネススキルやビジネスマナーといった基本的な内容から、個人としての仕事の取り組み方、業務上の役割分担、モチベーション維持の方法など、社会人として働く上で必要となる考え方を教育していくことが重要です。組織としての考えと、個人としての考えを上手くマッチングさせていくことが新人研修では大切です。

新人研修のプログラム!新卒入社の場合

マニュアルの作成もおすすめ!新人研修の内容

新人研修については、組織と個人に分類した上でそれぞれの重要事項を研修プログラムに盛り込んでいくことがポイントとなります。ある程度のマニュアルを作成しておいて、そのマニュアルを改善する形で毎年の新人研修につなげていくというのもおすすめすることができる考え方です。それでは、具体的に新卒社員向けの新人研修について確認していきます。

10代後半から20代前半!新入社員の年齢層

34983646 1098681863612595 7565421386794008576 n
imagination_offさんの投稿

新入社員は大学や短大、専門学校を卒業した後で企業に就職してくる若者を指します。年齢的に言えば10代後半から20代前半にかけての年齢層が中心になっていきます。まさに新人と呼べるような存在であり、社会人としてのスキルやマナーが身についていないケースがほとんどです。基本的なビジネスマナーや会社という組織について教えることが大切です。

35369051 1847259412246301 3590997206720577536 n
genbasupport_saiyouさんの投稿

具体的な研修プログラムの作り方としては、企業全体としての目標や理念の共有、基本的なビジネスマナーや業務知識の教育、企業における新人としての立ち振る舞い、個人としての業務上の目標設定などを中心とした内容を盛り込んでいくのが賢明です。会社や社会とは何かといった基本的な部分についても、プログラムに盛り込んでおくことがおすすめです。

異動社員も必要!新人研修の実施

部署異動も同様!研修の考え方

新人研修という考え方については、いわゆる大卒や高卒で入社してくる新入社員向けの研修であるとイメージされる方も多いですが、新入社員だけに新人研修をすれば良いというわけではありません。異動社員に対しても相応の研修を実施する必要があるのです。同じ企業で働いている社員であっても、異動によって新しい部署で働くことが少なくありません。

新部署のルールや価値観!異動者に対する研修内容

35999370 396236837539588 2282336116331773952 n
fukunichi_saiyoさんの投稿

元々企業に所属していたという意味で、新人と呼ぶには抵抗がある場合でも、異動者研修などと称して、一定の研修プログラムを準備しておくことが重要です。異動者に対しては、新部署での目標や価値観、新部署で求められるスキルや業務知識を中心に教育していくことが求められます。また、新部署で特有のルールがある場合は、それも内容に入れることです。

部署の考え方を共有!異動者に対して

35001039 2197859550489460 2839866319241740288 n
aono1121さんの投稿

異動者に対する研修については、一定の年次や経験を重ねているのであれば、新入社員と同じようなビジネスマナーやビジネススキルの研修を行う必要はありません。まだ年次が浅い場合はプログラムとして盛り込んでも良いですが、不要と判断すれば削除するのが賢明です。新部署の先輩や上司を中心として、部署としての考え方を共有することが大切です。

昇格者への研修を実施!研修スタイルの把握

資料作成も効果的!管理職研修

研修という意味では、新入社員や異動社員の他に、昇格者への研修を行うことも重要なポイントです。昇格者も昇格した役職で働くのは初めてのことであり、考え方によっては新人と捉えることができます。新たに管理職として従事する場合には、管理職研修を通して、その相応しい働き方を教育します。資料を作って資料を見てもらうという方法も効果的です。

要点だけを盛り込む!マニュアルの作り方

35294643 275624696508977 2254232242643533824 n
smile_techniqueさんの投稿

いわゆる役職新人と呼ばれる昇格者ですが、管理職ともなると研修を行っている時間的な余裕がなく、業務と並行しながら研修内容を頭に入れる必要があるケースもあります。その場合は、あらかじめ準備されている資料やマニュアルに目を通すことで概要を把握しておくことも重要です。マニュアルの作り方としては要点だけを盛り込んでおけば問題ありません。

34871614 409470039462647 6492327634704269312 n
gooddaysalonさんの投稿

管理職として定める部門目標の作り方や企業目標との整合性、管理者として必要となるマネジメントスキルや業務スキル、管理職としての立ち振る舞いや部下のモチベーション向上といった内容を資料に盛り込んでおくことが重要です。資料やマニュアルに目を通した後で、座学に臨めば理解も深まります。管理職ともなれば、スピーディーな吸収が求められます。

昇格者向けのプログラム!業務の引き継ぎなど

無理して行わない!座学やロールプレイング

管理職も含めた昇格者に関しては、いわゆる新入社員と同様に一定時間を確保した上で座学やロールプレイングなどを行う必要はありません。時間的な余裕があればそれらを実施しても問題ありませんが、それが業務に影響を及ぼしてしまうのであれば、短時間で効率的に行う方が賢明です。そのために資料やマニュアルをあらかじめ準備しておくことが大切です。

管理職としての立ち振る舞い!研修内容のポイント

35354821 1725805034154521 9124696739482173440 n
sales__schoolさんの投稿

基本的には長年にわたって会社に勤めて一定の貢献をしている人材が昇格するのであり、管理職ともなれば会社の理念や目標について高いレベルで理解しているケースが多いです。その人材に対して、改めて会社の理念共有などを行う必要はありません。それよりも、管理職として何を求められているのか、立ち振る舞いも含めた行動を教育することが重要です。

より経営陣に近い管理職に昇格した人材であれば、秘書が担当して管理職研修を実施するのも効果的です。秘書による業務の引き継ぎや基本業務の確認などを行うケースもあります。より実践的ですぐにでも使えそうな知識やスキルを教育していくことが理想的です。会社内のみならず、社外に対する立ち振る舞いも含めて、研修を実施していくことが重要です。

中途社員への研修!前職の経験を活かす

心構えや立ち振る舞い!中途社員への研修内容

36113509 185749738811137 1478978392173838336 n
ajino_hyoshiroさんの投稿

新人研修という観点では、管理職や昇格者に向けた研修も欠かさずに実施していくことが求められます。さらに企業にとっての新人という意味では、中途入社の社員向けに行う研修も重要なポイントとなります。中途社員に対しては、前職の経験も活かしつつ、会社で活躍してもらうことが大切です。そのための心構えや立ち振る舞いを教育することが重要です。

活躍の土台を作る!理念の共有など

終身雇用制度が破綻を迎えている日本の企業社会において、中途入社によって入ってくる社員の活躍は欠かすことができません。異業種や異業界への転職者も増加していく中で、新入社員と同じような研修内容を実施する企業もあります。業務に関する知識やスキルはもちろん、会社の考え方や理念を共有していくことによって、活躍の土台を作っていくのです。

35616313 596097954095692 1498190669947076608 n
hanakinu_groupさんの投稿

もちろん、新卒入社の社員とは異なり、中途入社の社員に関しては即戦力として活躍してもらえる人材である必要があります。したがって、そこまで時間をかけて研修を行う必要もありませんが、業界情報や企業、部署における理念、目標設定の共有などを内容に盛り込んでおく必要があります。前職とは異なる業界の場合は、入念に教え込むこともポイントです。

研修スタイルも確認!中途社員向けのプログラム

数パターンを用意!研修の作り方

中途社員向けの研修内容としては、その社員の知識レベルや業務レベルに合わせて行うことも賢明な判断です。中途社員と言っても、経験や年数、業界での活躍ぶりなどさまざまなバックグラウンドを持っており、一概にまとめることができないことも多いです。そのため、研修内容の作り方としては数パターン用意して、その中から選択するのも効果的です。

レベルに応じた研修実施!中途社員の場合

35537940 477949455991393 6948449132860145664 n
cana_possibiliteさんの投稿

同じ業界にいてある程度の経験を積んでいるのであれば、業界の基礎的な部分に関する研修をカットして時短に結びつけることもできます。一方で、異業界からの転職で、業界に関する知識や経験が乏しい場合は基礎的な部分から徹底的に叩き込んでいくことが重要です。そうすることによって、即戦力として活躍することができる土台を作ることが求められます。

34982598 270563143511049 7944519737487130624 n
chika_maintenanceさんの投稿

中途社員の場合は、とにかく即戦力として活躍できるのかどうかに焦点を当てることが求められます。研修では何も生み出しませんし、会社に利益を与えることもありません。いかに効率的に研修を実施して、会社に利益を生み出す存在になってもらうかが重要です。その点において形式的な内容よりも、OJTを通じて社員教育していくという方法も効果的です。

外国人への新人研修も!欠かせないポイント

大きなテーマ!外国人に対する教育

新人研修という観点では、外国人向けの研修プログラムを準備しておくことも欠かせないポイントと言えます。昨今のグローバル社会においては、日本人のみならず外国人の採用や登用を積極的に推し進めるケースも少なくありません。企業のグローバル化が当たり前のように進んでいる現代社会においては、外国人をいかに教育するのかも大きなテーマです。

マニュアルが重要!外国人教育の実施

34420585 1062911393864359 984509020817588224 n
digi_laboさんの投稿

海外展開を進める企業にとっては、現地の人材を確保して教育していくことも欠かせないことであり、企業の発展を左右することになります。専門業務を任せる場合も含めて、各営業所の中心となって働くことができる人材を採用して教育することが重要です。外国人教育ほどマニュアルの徹底が重要であり、マニュアル通りに基礎を身につけてもらうことです。

外国人用のプログラム!新人研修のコツ

企業制度や職務規定など!研修の作り方

マニュアルを活用することで、画一的な教育を世界中どこでも行うことができます。外国人に対する研修については、日本における企業制度や職務規定に関する知識を盛り込んだ作り方にしていくことがポイントです。文化や風習も異なる中で、日本的なビジネスマナーや礼儀作法、語学の習得といった部分にも力を入れて教育をしていくことが求められます。

生活習慣や価値観も!日本国内で働く場合

34860535 476049872838605 946930041252478976 n
tanoi_recruitさんの投稿

また、実際に日本国内に来て働いてもらう場合には、日本国内での生活習慣や価値観といった基礎的な部分についても研修しておくことが求められます。仕事以外の部分でストレスを抱えてしまうと、大きなパフォーマンスを期待することができなくなってしまいます。日本独自の商習慣やコミュニケーションも含めて、徹底した教育を行うことが求められます。

目的を確認!人事部にとっての新人研修

目的を意識!効果的な研修のために

資料やマニュアルの活用などを通して、さまざまな内容の研修を行っていくことが重要です。その作り方として、人事部の方は改めて新人研修を行う目的を確認しておくことが求められます。一言で新人と言ってもさまざまなタイプの新人がいるのであり、それぞれのニーズを満たすことが重要です。目的を意識することで、効果的な研修を行うことができます。

知識やスキルの量を把握!研修につなげる

33145051 1066991206791680 7622739202827878400 n
imagination_offさんの投稿

例えば、新卒研修は座学中心で中途研修はOJTを中心に行うなど、画一的なプログラムや作り方に拘泥してしまうと、一人ひとりに合った内容の研修を提供できなくなる可能性もあります。知識やスキルの量に応じて研修の内容や作り方を変えることが重要です。一企業人として活躍してもらうためという目的の部分を意識することで、改善できることも多いです。

Thumb新入社員研修の目的や内容の一例を紹介!ビジネスマナーやスキルの向上の参考に!

タイプごとに変える!新人研修の作り方

効率的な研修!スキルや知識の把握

新人研修の作り方としては、画一的なプログラムに拘泥するというよりも、一人ひとりに合わせた研修内容を実施していくことが効果的です。もちろん、新卒研修などに関しては一斉に行っても問題ありませんが、転職者や異動者、昇格者などは人それぞれ、知識やスキルが異なっていきます。効率的に行うという意味でも能力に応じた内容にすることが重要です。

スキルレベルの違い!複数の研修パターン

35490817 1732613966786576 3292370454207004672 n
konishi_algernonさんの投稿

そのためには、マニュアルの作り方や資料の作り方を複数パターン用意しておくことも重要です。複数のパターンを用意しておくことで、その中から個人に合った内容の研修を実施することができるからです。人材によってスキルレベルが異なることを理解しておくことが大切です。そうすることで、より効率的な研修の実施と会社への貢献につながっていきます。

現場で使えるスキルを!新人研修のマニュアル作成

有意義な時間へ!即戦力への道

新人研修については、研修を受ける側のレベルに合わせた内容を準備しておくことが求められます。その上で、目的として現場で使えるスキルを身につけてもらうことも欠かせないポイントです。研修の最大の目的とも言えるのは、現場で即戦力として活躍してもらうことです。その目的を達成するための研修であり、有意義な学びの時間にする必要があります。

イレギュラーケースも盛り込む!新人研修の内容

35336997 114887856029068 5791933706994188288 n
branch0701さんの投稿

現場に出た時に何が役立つのかといった部分を、ロールプレイングを中心に行っていくことも効果的です。実際に現場に出て働き始めれば、イレギュラーなケースも数多く出てきます。その例外ケースも含めて、研修内容に盛り込むことが重要です。それこそがまさに即戦力として活躍するための土台となるのであり、会社に利益をもたらす社員になる道です。

35260723 310484189491548 2093004775284015104 n
risa10sb5さんの投稿

一定のマニュアルを作成しておくこともポイントですが、マニュアル通りに教え込めば良いという問題でもありません。現場に出ればマニュアル通りにいかないことの方が多いくらいであり、マニュアル人間になってしまうと、応用がきかない恐れが出てきます。あくまでもマニュアルはマニュアルであり、それに頼りすぎない研修にすることもポイントです。

ビジネス文書スキル!新人研修で身につけたい力

議事録や報告書!基礎知識の把握

新人研修については、目的を明確にした上で現場で実際に使うことができるスキルについて教え込むことが求められます。その上で、さらに必要となってくるスキルとしてビジネス文書スキルを挙げることができます。新入社員として入社した人材であっても、現場に出れば議事録や報告書を書くことが多くなります。その基礎知識を身につけてもらうことです。

現場で役立つ!オフィス系アプリの活用

34075440 2132454583693463 2193215643724021760 n
alhinc.jpさんの投稿

エクセルやワード、パワーポイントといったオフィス系アプリケーションの使い方もそうですが、社会人として必須となるスキルや知識については新人研修を通じて理解してもらう必要があります。ビジネス文書も含めて、現場で役立つものとして欠かせないスキルとなるからです。そうした点も踏まえた上で、研修の作り方を工夫していくことが求められます。

Thumb研修レポートの書き方は?基本的な構成と例文・テンプレートも紹介!

常に革新を!新人研修の繰り返しはNG

社会に乗り遅れる!毎年同じ新人研修

新人研修については、資料やマニュアルの作り方も含めて、一人ひとりのニーズに応じた内容にしていくことが重要なポイントです。その上で、新人研修の繰り返し利用は原則としてNGであることを理解しておく必要があります。毎年毎年同じような新人研修を行っていては、時代のニーズや社会の流れに乗り遅れた内容の研修になってしまうことがあります。

いつの時代も通用する!企業の生き残り

35156147 2112692989009659 4976770646747906048 n
alj.jinjikunさんの投稿

もちろん、時代を通じて変わらない部分については毎年教える必要がありますが、そうでない部分については、年度によって研修内容を変えていくことが賢明です。時代や社会が求めるニーズに敏感に反応して、その内容を中心に新人研修を行っていくのです。そうすることによって、いつの時代でも通用する人材を輩出して企業も生き残り続けることができます。

判断基準の習得も!社会人として必要な考え方

品質や納期など!判断基準の定着

新人研修については、時代の流れや社会のニーズに応じて柔軟に変化させていくことが求められます。その上で、判断基準の習得にも役立てることがポイントです。新人のうちは何を指標にして仕事を進めていけば良いのかわからないこともあります。そこで、品質や納期、人件費や物品費などといった基本的な考え方を教えることで、判断基準を持たせるのです。

顧客に届ける!商品やサービスの提供

33875992 2109995122578454 1906681552020963328 n
ndd_styleさんの投稿

社会に出て仕事をするということは、お客様や顧客に対して商品やサービスを提供するということでもあります。実際に目に見えるか見えないかは別として、仕事を行う先には確実に人が存在します。その相手に対して、失礼なく素敵な商品やサービスを届けることを頭に入れてもらうことが重要です。これは、新人時代に身につけておきたい考え方の一つです。

コミュニケーションスキルも重要!新人研修の内容

新人研修の内容としては、コミュニケーションスキルについても盛り込むことが重要です。敬語の使い方も含めて、先輩や上司、取引先関係者に失礼のないようなコミュニケーションの取り方を教え込むことが大切です。積極的に質問することや、回答してもらった後に感謝の気持ちを伝えることなど、基本的なコミュニケーションスキルを理解してもらいます。

経営陣も関わる!効果的な新人研修のプログラム

経営陣との交流!新人研修の場

新人研修の作り方としては、人事部だけで作成していくのではなく、経営陣も積極的に関わっていくことが求められます。経営陣こそが企業の顔であり、新人たちも企業上層部の考え方や価値観を知りたいというのが本音です。日頃の業務ではなかなかコミュニケーションを取ることが難しくても、新人研修という場を通じてお互いが交流することもポイントです。

モチベーションにつながる!直接聞く話

会社のビジョンやミッションについて、人事部からの話や資料を確認して理解を深めることも可能ですが、やはり、経営陣から直接話を聞くことで、より一層理解度が高まるという側面もあります。仕事に対するモチベーションという点でも、直接聞くことに意味があります。そのため、できるだけ経営陣や上層部も新人研修に関わることが重要になるのです。

新入社員は顧客に一番近い!企業でも重要な存在

34352442 255686955187225 3423450034287411200 n
tel.0120_430_002さんの投稿

経営陣といの交流という意味でも、新人研修の場を上手く活用することがポイントです。新入社員に関しては、会社の中でも最も顧客に近い存在と言うことができます。それまで会社で勤めた経験もなく、入社して間もない人たちの意見を活用することも重要です。それが商品やサービスの改善や改良につながっていき、大きな繁栄につながることもあるからです。

資料作成も重要!新人研修の実施

素早い理解の助け!資料の準備

新人研修については、資料やマニュアル作成といった部分も重要なポイントになっていきます。あえて資料を作らずにパワーポイントなどに映し出して行う研修スタイルもあります。それでも、重要な部分については資料を配布することで理解を深めてもらうことが求められます。企業の一員として活躍してもらうためには、素早く理解してもらうことが重要です。

分厚い資料は不要!現場での働き方

33567190 1251155031687461 8577172818234441728 n
morita_ageさんの投稿

ただし、理解の助けになると言っても、あまりにも分厚い資料を準備する必要はありません。必要なことは適宜メモを取ってもらうなど、あまり資料を頼りにさせすぎないことも重要です。実際に現場に出て働くことになったら、資料もマニュアルも用意されていないこともあります。そんな中で働くスキルを身につけてもらうことも、考慮することが大切です。

土台を固める!新人研修を行う目的

活躍してもらうこと!新人研修の目的

33736474 606705986367954 6761431052608077824 n
produse08さんの投稿

新人研修においては資料の活用もしっかりと議論を深めておくことが求められます。その上で、新人研修を行う目的について再度認識をしておくことが重要です。新人研修については、ビジネスマナーや業務スキル、業務知識などを身につけてもらうことで、活躍したもらうことが大きな目的です。中途社員の場合は、即戦力としての活躍が期待されています。

その後の活躍につながる!社会人としての基礎

34908590 112545279595711 9094538952303443968 n
ndd_styleさんの投稿

新人とは言っても、企業としては給料を払って雇っている存在であることに変わりはありません。その新人が活躍する土台を作ることが、新人研修の大きな目的となるのです。仕事の進め方やコミュニケーションの取り方も含めて、社会人としての基礎を身につけてもらいます。それが、その後数年間に渡る活躍につながっていくと考えておくことが求められます。

ビジネスマナーも!新人研修で学びたい内容

34123540 2028355057381330 4530505316852301824 n
fukunichi_saiyoさんの投稿

新人研修の目的としては、一社会人として活躍してもらうことに大きな意味があります。そのための研修内容としてはビジネスマナーも確実に盛り込んでおきたいところです。日々の挨拶から言葉遣い、来客対応や文書作成も含めて、いかに基礎的なスキルを習得してもらうかがポイントです。基礎的なスキルを身につけることが、社会人としての土台になります。

ロールプレイング!効果的な新人研修

33210156 470344643398534 5533302956956319744 n
chika_maintenanceさんの投稿

効果的に新人研修の目的を達成するという意味では、ロールプレイングを積極的に行うこともおすすめすることができます。座学でも学べることはたくさんありますが、実際にロールプレイングを行うことで身につくことも多いです。社員同士の交流を深めるという意味でも効果的で、実体験的に学ぶことができるロールプレイングの活用は有効な学びと言えます。

業界の基礎知識も入れる!新人研修で抑える項目

基礎的な部分で十分!研修での業界知識

34677587 150947008965792 9081833996660244480 n
hypnotismh999さんの投稿

新人研修の内容の作り方としては、業界の基礎知識も理解できるような内容にしていくことが求められます。所属する業界によって求められるスキルや知識は変わってくるものであり、金融やIT、建設や保険など、それぞれの業界で必要とされる知識を身につけてもらうことが重要です。もちろん、研修で全てを教えるのは難しいので、基礎的な部分で十分です。

先輩や上司の体験談!効果的な知識の踏襲

33210395 1908725415825430 1307639253244575744 n
dcom_infoさんの投稿

最低限覚えておきたい業界の知識やビジネスモデルなどは、研修を通して教えていくことが求められます。業界の大きな流れや時代ごとの浮き沈み、顧客の特性や売れ筋商品などを抑えておくだけでも、実際の業務に役立つことは少なくありません。先輩や上司の体験談なども元にして研修内容を整備していくと、より効果的に知識を教えていくことができます。

飽きがこないプログラムを!新人研修の作り方のポイント

33545780 205672676912280 3335930983185645568 n
cocosuconecoさんの投稿

新人研修については、資料やマニュアル作成といった部分も大きなポイントですが、さらに飽きがこないプログラムにしていくことも重要なテーマです。座学ばかりだと眠たくなってしまうこともあります。適度にロールプレイングや施設見学などを挟むことが重要です。より効果的で有意義な学びの時間にするためにも、会社として求められる工夫ポイントです。

先輩社員も学ぶ!新人研修を通して強固な組織へ

33638702 217075869070819 8021838537613639680 n
asuka.shibataさんの投稿

新人研修は当然、新入社員が学ぶものですが、新人だけでなく先輩社員も学びの場へと変えることができます。先輩の講話などを新人研修に盛り込むこともあります。その場合は、自分自身の経験を振り返ることになり、どれだけ成長できたのかを実感することができます。その経験がさらに大きなモチベーションへとつながり、組織を活性化することになります。

自分らしく働く!自らの強みを活かした仕事

いかに自分らしく働くか!考えてみる

33460485 1908367322787510 7354897066495049728 n
mana.2229さんの投稿

新入社員であれ、転職者であれ、どこかの企業に勤めて働くというのはそれほど簡単なことではありません。自分自身の人生の目的や仕事上の目的を明確にしておくことがポイントです。近年は、終身雇用も崩壊しており、一つの企業で勤め上げる人材は減ってきています。その中で、いかに自分らしい働き方をしていくかに焦点を当ててみることもおすすめです。

自分が納得すること!働き方と人生

32710657 1287585248043328 5233804437750808576 n
bestreha.officialさんの投稿

仕事を徹底的に行って、地位や名誉、高い給料を手にすることも素晴らしい人生です。一方で、仕事とプライベートの両立を図り、いろいろな経験をしていくということも素晴らしい人生であります。どんな人生が正解であると一概に言うことはできませんが、少なくとも自分が納得することが重要です。その中で、最適な働き方を模索することがポイントです。

新人研修の目的やプログラムについて理解する

新人研修の内容やプログラム、目的といった部分に焦点を当てて、その考え方について具体的にご紹介してきました。新人研修とは言っても、新入社員のみならず、転職者や昇格者、外国人労働者なども新人と考えることができます。それぞれの個人に合ったプログラムを提供していくことで、活躍できる人材を増やしていくことが重要です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ