新人教育の教え方のコツとは?目指す目標やマニュアル作成のポイントも紹介!

会社に入社して1年も経てば新人教育の役割を任されることもあります。この新人教育は重要で担当者のマニュアルやプログラムによって効果は大きく変わってきます。重要なことは担当者がいなくても仕事ができる状態にすることです。今回は新人教育の教え方のついてまとめています。

新人教育の教え方のコツとは?目指す目標やマニュアル作成のポイントも紹介!のイメージ

目次

  1. いつかは自分も教育担当者!新人教育のやり方とは
  2. 教育マニュアルを作成して会社の知識を共有しよう
  3. 新人教育で必要なマニュアルの5つの作成方法
  4. 新人教育のマニュアル作成方法1:役割
  5. 新人教育のマニュアル作成方法2:目的
  6. 新人教育のマニュアル作成方法3:手順
  7. 新人教育のマニュアル作成方法4:方法
  8. 新人教育のマニュアル作成方法5:目標
  9. 担当になったら知っておきたい7つの新人教育のコツ
  10. 新人教育の教え方のコツ1:緊張を解す
  11. 新人教育の教え方のコツ2:自己紹介をする
  12. 新人教育の教え方のコツ3:目的を伝える
  13. 新人教育の教え方のコツ4:役割を伝える
  14. 新人教育の教え方のコツ5:目標を立てる
  15. 新人教育の教え方のコツ6:計画を作る
  16. 新人教育の教え方のコツ7:ポイントを伝える
  17. 手抜きは許されない!新人教育は非常に重要な役割

いつかは自分も教育担当者!新人教育のやり方とは

32861614 460969857686992 198096037859033088 n
genbasupport_saiyouさんの投稿

新しい会社に入社すると新人教育が待っています。最初は自分が受ける立場でしたが、次第に教育をする側に変わってきます。この新人教育は今度の仕事のやり方などが決まる部分なので非常に重要です。ここからは新人教育の教え方のついて紹介していきます。

教育マニュアルを作成して会社の知識を共有しよう

担当になったらマニュアルを作る

35369051 1847259412246301 3590997206720577536 n
genbasupport_saiyouさんの投稿

新入社員として入社した方も次の春が来れば先輩社員になり、新人の教育担当に任命されることがあります。このような教育担当になった場合は研修プログラムやマニュアルを作成することが多いです。

会社の知識をしっかり伝える

実際に教育を行うためには仕事の本質を掴んでいないといけません。また、有能な新人よりも先輩社員の方が確実に上回っていることは会社の知識です。

新人教育で必要なマニュアルの5つの作成方法

仕事を覚えるためのプログラムを作る

35537940 477949455991393 6948449132860145664 n
cana_possibiliteさんの投稿

まず、新人教育を行う場合は会社の目的や仕事の目標などを明確に伝える必要があります。つまり、仕事のゴールを明確にします。研修ではこの会社のゴールに対して自分のゴールを設定するプログラムを作成します。

マニュアルの作成方法とは?

このような明確なゴールに進むためのプログラムを作成してこなしていけば、新人教育は良い方向に進んでいきます。ここからは新人教育のマニュアル作成方法について触れていきます。

Thumbマニュアルの作り方解説!見やすい例・テンプレート・見本も紹介!

新人教育のマニュアル作成方法1:役割

仕事の役割とは?

32822847 220524645208314 1845672881611079680 n
yuichikoikeさんの投稿

新人教育のマニュアル作成方法1つ目は「役割」です。組織において重要なことは役割です。役割は自分の存在意義・存在価値になるので非常に重要です。マニュアルを作成する際にはプログラムに必ず入れます。

上司に確認しておく

36113509 185749738811137 1478978392173838336 n
ajino_hyoshiroさんの投稿

具体的にそのときまでに上司に新人にどのような役割を与えるか決めてもらいます。あとはマニュアルに沿ってプログラムを作成するだけで大丈夫です。そのマニュアルにはしっかりとその人の役割を伝えることを明記しておきます。

新人教育のマニュアル作成方法2:目的

仕事の目的とは?

33545969 1643579619072600 9135012267379654656 n
mirayogashalajapanさんの投稿

新人教育のマニュアル作成方法2つ目は「目的」です。会社で働く中で目的を理解していないと仕事も効率に大きなが出ます。何を目的に自分が仕事をするのか明確になれば仕事はやりやすくなります。

目的をはっきりと伝える

実際に新人教育のプログラムを作成する場合もこの目的を理解していないと、プログラム自体を作成できません。マニュアルを作成するときも自分が何のためにするのか明確にします。

新人教育のマニュアル作成方法3:手順

仕事の手順とは?

34908590 112545279595711 9094538952303443968 n
ndd_styleさんの投稿

新人教育のマニュアル作成方法3つ目は「手順」です。どのような仕事の流れなのかをマニュアルに記載します。全体像を把握することで仕事のイメージをしやすくなります。

仕事の全体像をイメージする

34860535 476049872838605 946930041252478976 n
tanoi_recruitさんの投稿

人間は理屈が分かっているものと、理屈が分かっていないのものであれば理屈が分かっている方が行動しやすい人が多いです。マニュアルには仕事の流れと全体像を記載し、それを元にプログラムを作成します。

新人教育のマニュアル作成方法4:方法

仕事の方法とは?

32578541 393600214458893 3227748320436813824 n
digi_laboさんの投稿

新人教育のマニュアル作成方法4つ目は「方法」です。手順を伝えたら次に仕事を行う具体的な方法です。このときに重要なことは答えをマニュアルに記載しないことです。

答えの出し方を教える

答えを教えるのではなく、答えに行きつく方法や考え方を教えます。有名な話ですが、魚を与えるのではなく釣り方を教えるのが正解です。この答えに辿り着くプロセスが理解できれば研修担当者がいなくても仕事ができます。

新人教育のマニュアル作成方法5:目標

仕事の目標とは?

34123540 2028355057381330 4530505316852301824 n
fukunichi_saiyoさんの投稿

新人教育のマニュアル作成方法5つ目は「目標」です。目標は業務の内容にもよりますが、実行する前にしっかりと計画することが大切です。むしろ目標を立てないと研修のプログラムを作ることができません。

目標の目安を示す

35490817 1732613966786576 3292370454207004672 n
konishi_algernonさんの投稿

このときのマニュアルには目標の参考例を入れておくのがおすすめです。営業であれば入社1年目の社員の売上最高記録や、事務であれば事務作業の目安時間です。このような目標の目安があるとプログラムを作成しやすくなります。

担当になったら知っておきたい7つの新人教育のコツ

相手のことを考える

このように作成したマニュアルは実際に新人教育のプログラムに落とし込んで活用していく必要があります。基本的に新人教育を行う際は相手にことを考えることと、自分のときどうだったかを意識します。

教え方のコツとは?

実際に自分が新人教育を受けてみて改善した方が良いと思った部分は改善することが大事です。ここからは新人教育の教え方のコツについて説明していきます。

新人教育の教え方のコツ1:緊張を解す

最初に緊張を解す

31936265 175609379782945 1380850879225135104 n
shinpei4081さんの投稿

新人教育の教え方のコツ1つ目は「緊張を解す」です。新人教育はどの会社でも必ず行います。新入社員や新人と言われる方たちは新しい環境に慣れていなくて緊張していることが多いです。

情報を入れやすい状態にする

過度に緊張しているときはパフォーマンスが下がるのと同様に、新人教育の内容もあまり入ってきません。この状態ではあまり効率が良くないので緊張を解すことが大切です。

新人教育の教え方のコツ2:自己紹介をする

自己紹介をすることが大事

32487917 921474054697182 2129631075268296704 n
digi_laboさんの投稿

新人教育の教え方のコツ2つ目は「自己紹介をする」です。実は同じ内容の新人教育を行ってもその効果には差が出ます。実際には何を教えるかよりも、誰が教えるかの方が重要になります。

担当者のことを知ってもらうことも大事

34266267 502032946881618 5357772295018381312 n
rurupomme.66さんの投稿

新人教育を行うときはまず自己紹介をすることが大切です。知っている人の話であれば頭に入りやすくなるのでおすすめです。新人教育のプログラムに組み込むと円滑に進みます。

新人教育の教え方のコツ3:目的を伝える

目的を伝えて道筋を示す

33210395 1908725415825430 1307639253244575744 n
dcom_infoさんの投稿

新人教育の教え方のコツ3つ目は「目的を伝える」です。重要なことは新人教育の目的です。もちろん戦力として仕事をしてもらうことなのですが、具体的な目的を伝えることが大事です。

ゴールが明確になると何をするかが分かる

企画の部門であれば通した企画の数が重要ですし、営業部門であれば売上が重要です。このように仕事の目的を先に明確にします。ゴールが明確になると人は何をすれば良いか自動的に考えます。

新人教育の教え方のコツ4:役割を伝える

目的に対しての役割を伝える

31905953 1931969466847904 2320058028113526784 n
maria.s29さんの投稿

新人教育の教え方のコツ4つ目は「役割を伝える」です。その部署の目的を伝えた後に自分たちが何をするか役割を明確にします。人は役割を与えられるとそれに相応しい行動を取ろうとします。

担当の上手い下手は関係ない

実際に目的と役割が分かれば目的を達成するために何をするか自分で考えます。何をするかを伝えるよりも、どのような役割で何のためにするかを伝える方が効果的です。またこの方法であれば、教育の上手い下手関係なく伝えることができます。

新人教育の教え方のコツ5:目標を立てる

ゴール=目標を立てる

新人教育の教え方のコツ5つ目は「目標を立てる」です。役割が分かれば具体的に何をするか行動面が見えてきます。今度はその役割の目標を設定します。

目標の目安は事前に確認しておく

35260723 310484189491548 2093004775284015104 n
risa10sb5さんの投稿

この目標に関しては納期や品質、売上など部署によって変わります。新人教育の担当者は研修を行う前に上司に新人の目標などを確認しておく必要があります。

新人教育の教え方のコツ6:計画を作る

計画を作りスケジュールに落とし込む

32927920 1347544382012177 7575779860069482496 n
soga15229さんの投稿

新人教育の教え方のコツ6つ目は「計画を作る」です。目標設定を行ったら次に目標を達成するための計画を一緒に立てます。このように具体的な行動を計画に落とし込んでいくことが大切です。

具体的な行動計画が重要

この時に詳細の手順や方法を伝えていきます。例えば営業であれば最初にアポを取る必要があるので、1日に何件くらい電話をする必要があるかなどです。このときに重要なことは答えを先に言わず考えさせることです。

新人教育の教え方のコツ7:ポイントを伝える

仕事のポイントを伝える

33229017 1911177062514672 1259763665112924160 n
abe.satoru.grateful.sessionさんの投稿

新人教育の教え方のコツ7つ目は「ポイントを伝える」です。最後は仕事を進めて目標達成するポイントを伝えます。このように何のために何をどれくらい、いつまでにやれば良いのか分かれば、仕事のポイントも具体的にイメージすることができます。

一人で仕事ができるようにする

新人教育で重要なことは教育担当者がいなくても、ある程度仕事ができる状態にすることです。そのためには何をするかという手段よりも、何のためにするのかという目的などを伝えることが大事です。

手抜きは許されない!新人教育は非常に重要な役割

32951949 462932657492188 6917844127916752896 n
chika_maintenanceさんの投稿

今回は新人教育の教え方のついて紹介してきました。新人の教育は若手が行うことが多いですが、実際には離職率や今後の仕事の能力に大きく関係しているので、人選は重要です。新人の教育担当に任命されたら必ず良いプログラムを作成することです。自分のときと同じだと思って研修を行うと良い結果にはなりません。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ