シャツインコーデのやり方のコツ!メンズ・レディース別に紹介!

シャツインコーデというと、格好悪い、さえない着こなしの代表的な例と見なされがちですが、やり方をちょっと工夫すればおしゃれに見えないこともありません。しかし、どう工夫すればいいのかわからない人も多いでしょうから、シャツインコーデのポイントを考えてみましょう。

シャツインコーデのやり方のコツ!メンズ・レディース別に紹介!のイメージ

目次

  1. シャツインコーデとはどういう意味?
  2. おすすめできないメンズのシャツインコーデ
  3. メンズシャツインで格好よく見せるやり方
  4. シャツインに抵抗があれば前だけシャツインも
  5. 少し違うレディース用シャツインコーデのやり方
  6. 華麗に着こなそう!レディースシャツインコーデ
  7. 小物を上手に使ってさらにアクセントをつけよう
  8. スカートにシャツインする場合はどう違う?
  9. シャツインコーデの基本!バランスよく

シャツインコーデとはどういう意味?

35001462 231052527625096 8493033223494828032 n
hdd.kaigoさんの投稿

まず、シャツインとは、シャツをinすること、すなわち中へ入れることです。どこの中かというと、パンツの中です。シャツの裾を表へ出さずにパンツの中にたくし込むことです。別名を、タックイン、ウェストインなどと言います。コーデは、コーディネイトの略語で、服装をまとめることを言います。今回はこのシャツインコーデの粋なやり方を解説します。

おすすめできないメンズのシャツインコーデ

派手なシャツをシャツインしてもいい?

30855436 1638323272942403 8446196300189270016 n
tatsujikoizumiさんの投稿

何かと目立つ派手な柄のメンズシャツ。好んで着る人もいますが、着こなしに十分気を付けないと、見た目がよくありません。派手な柄のメンズシャツをシャツインすると、オタク系かもの好きの一種かと勘違いされてしまいます。派手な柄のシャツは、シャツインするよりも裾を出したほうがかっこいいですし、変な目で見られる確率も減ります。

細身のパンツには要注意

35000637 784852405058755 881520738761179136 n
used_select_shop_nevermindさんの投稿

スリムパンツに無理やりシャツをたくし込むシャツインコーデは、最も悪い例のひとつです。特にぽっちゃりと太った人は、その体型がもろに表れてしまいます。こうなれば、おしゃれ感は全くありません。メンズのパンツにもさまざまなタイプがありますが、スリムパンツを着るときは要注意です。

ベルトなしはダメ?メンズシャツインコーデ

シャツインコーデでは、ベルトが重要な役割を果たします。ベルトがあるおかげで、シャツとパンツの違いが浮き出て、メリハリがつきます。ところが、このベルトを着用しないと、だらしない印象があり、間抜けな感じが出ます。ベルトについては後程解説しますが、ベルトなしはやめたほうがいいです。

裾をたるませないとビジネスシーンみたい

35328642 2108232919218256 3995086876892463104 n
kk8beat2さんの投稿

シャツインコーデでは、裾をたるませるのがおしゃれに見せるコツですが、それをしないと、ビジネスマンがワイシャツを着ているシーンを彷彿とさせ、インフォーマルな場面には合いません。したがって、仕事をしている人向けの着こなしなので、おしゃれを楽しむことはできません。

メンズシャツインで格好よく見せるやり方

裾にゆとりを持たせること

シャツの裾はわずかにたるませてシャツインするのが、格好よく見せるポイントです。どのように裾をたるませるかのやり方ですが、引っ張り出すこともできます。しかし、もう一つの方法として、一度着たシャツをグーンと背伸びして、たるませることもできます。いずれにしろ、これをしないと、おしゃれな着こなしとは言えません。

ベルトの色や柄は大事

ベルトはメンズシャツインでは最重要ポイントです。どのようなベルトを着用するかによって、シャツとパンツのバランスが大きく変わるからです。おすすめのベルトは、シャツとパンツとは違う色や柄のものです。色や柄が違えば、シャツやパンツとの差が引き立ち、濃紺をうまく演出できます。見た目も引き締まったりりしい姿に映ります。

大きめのシャツを選ぼう

35276678 226136608114537 6999092827414069248 n
yukigaraさんの投稿

裾にゆとりを持たせることとも関係がありますが、シャツインするシャツを選ぶ場合、大きめの種類にしましょう。窮屈なシャツだと、着用した場合にしわが寄り、見た目が悪いです。メンズシャツを購入する場合、だれしもサイズを気にしますが、ぴったりサイズよりも少しだけ大きいシャツを選ぶのがおすすめです。

最初は同色を意識してはいかが?

15403524 166314967177193 5840298977232158720 n
yudai930さんの投稿

シャツからベルト、パンツまで同色でまとめるのも初心者にとっては悪いやり方ではありません。同色コーデにすると、シャツインしていることがわかりにくいですが、それが初心者にとって重要です。慣れないシャツイン姿であまり目立ちたくない場合は、同色コーデがいいでしょう。慣れたら、徐々に色のメリハリをつけます。

シャツインに抵抗があれば前だけシャツインも

レディースによく見られる前だけシャツイン

前だけシャツインはレディースのおしゃれとしてよく採用されるやり方ですが、メンズが利用してもおかしくはありません。特にシャツインコーデにまだ慣れていない人や抵抗がある人は、前だけシャツインで決めれば、適度なカジュアル感と荒さが出て、粋な着こなしとなります。

前だけシャツインのやり方

前だけシャツインのやり方は、まずはみ出した裾の前面の真ん中を持ち上げます。次に、持った裾を折り曲げないようにしてパンツにたくし込みます。残った裾部分は、適度に調整し、たくし込んだ部分とバランスがとれるようにします。これで出来上がり。おしゃれなファッションとして、メンズでも最近はやっています。

時にはおしゃれでないと見なされることも

19050645 302615033524379 1936820896610123776 n
annharuru816さんの投稿

若い人が前だけシャツインにしていると、格好がいいのですが、年齢を重ねた人が前だけシャツインにすると、だらしない、おしゃれでないなどの印象を持たれることもあります。もし気になるようならば、自分の前だけシャツイン姿に対する周囲の人の意見を聞いてみましょう。

少し違うレディース用シャツインコーデのやり方

垢ぬけた感じが出る

35501680 200494257244739 5212978901541715968 n
salle_de_balさんの投稿

シャツインコーデはメンズにとってもレディースにとっても難しい部分がありますが、レディースがシャツインすると、ウエスト部分がきゅっとしまった感じが出て、スタイルがよく映ります。また、レディース特有のあか抜けた感じも演出でき、思いのほかさわやかな印象を周囲に与えることができます。

バランスが難しいレディースシャツインコーデ

レディースシャツインコーデの場合、メンズシャツインコーデ以上に上下のバランスが難しいです。レディスは選択できる服装の種類も多く、さまざまなおしゃれのパターンがあるからです。シャツインのやり方によっては、野暮ったく見えたり、さえなく感じられたりとレディーすならではの悩みが出る場合もあります。

華麗に着こなそう!レディースシャツインコーデ

ゆったりシャツでゆとりを持って

28427989 127335311429223 1652488877589397504 n
amitie1178さんの投稿

メンズ、レディース共通のシャツインコーデの特徴として、ゆったり、ふんわりシャツを上手に着こなさなければいけません。丈も少し長めにし、窮屈にシャツインしないようにします。特にレディースの場合は、このゆったり感がおしゃれな着こなしに直結するので、シャツやブラウス選びも気を付けたいものです。

ゆったりシャツに合ったパンツを選ぼう

ゆったりシャツを着ることになったら、それに合わせたパンツが必要です。特にバランスが大事なレディースの場合、派手さのないすっきりタイプがおすすめです。また、あまりきつくないパンツを選ぶこともポイントです。きつくも緩くもないテーパードパンツ、先がすぼまったジョガーパンツなどを着こなし、華麗にシャツインしましょう。

タイトなシャツでシャツインする場合

13108564 1534469133526148 1396144468 n
modeaddict_makikoさんの投稿

タイトなシャツの場合は、シャツインしなくてもタックアウトで美しいコーデができますが、シャツインする場合はパンツのほうに少しゆとりを持たせましょう。両方ともタイトにしてもいいのですが、それでシャツインすると、見た目も窮屈で、体の線が浮き出てしまいます。特にやせている人の場合は、かえってやせ過ぎ感が強く出てしまいます。

小物を上手に使ってさらにアクセントをつけよう

29717610 1987739674810221 122369760066273280 n
grancreer_officialさんの投稿

レディースの場合、シャツインコーデと同時に使う小物選びもアクセントをつける上で重要です。バック、靴、ベルト、リボン、ボタン、帽子などにデザインや色でメリハリをつけ、シャツやパンツとの違いを浮きだたせてもいいでしょう。小物次第で、シャツインコーデに大きな影響があるので、鏡を見ながら適切な品選びをしましょう。

スカートにシャツインする場合はどう違う?

カラフルな色を選べるスカート

36148575 630008884030914 4704472288571949056 n
kakiyuiopさんの投稿

スカートにシャツインする場合もコーデの基本は変わりませんが、スカートの場合はカラフルな色の選択もしやすいです。赤、ベージュ、ピンク、青、黄緑、黄色など派手な色を選んでも、特に違和感はありません。派手な色のスカートを着る場合は、シャツは落ち着いた色にすると、そのコントラストが美しく、きれいに映えます。

柄にも工夫をしよう

スカートの場合、色だけでなく、柄や模様も工夫ができます。チェック模様や格子模様、花柄など好きなものを選択し、シャツと上手に組み合わせれば、レディースの魅力が一段と増し、おしゃれ度もアップします。コーデのやり方ひとつで、美しくもなり野暮ったくもなるので、柄選びにも気を遣いましょう。

シャツインコーデの基本!バランスよく

23348058 140313783284813 3132258909545299968 n
h1r07さんの投稿

ここまで、シャツインコーデのやり方について解説しました。シャツインコーデのポイントはいくつもありますが、上下のバランスを特に重視しましょう。色や柄、ゆったり感など、うまく上下がマッチできれば、おしゃれに見えます。そのほか、ベルト選びなどにも注意し、メリハリをつけましょう。シャツインコーデが決まれば、格好いいです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ