銀行員の資格おすすめまとめ!出世に有利になる取得必須ばかり!

銀行員は資格が必要な職業ではないため、就職した人の中には資格を1つも持っていないという人も珍しくありません。しかし、資格を取得していれば他職種への就職だけではなく出世にも有利になるので、銀行員におすすめの資格を知っておくことは重要です。

銀行員の資格おすすめまとめ!出世に有利になる取得必須ばかり!のイメージ

目次

  1. 銀行員に有利な資格を知って出世しよう!
  2. 銀行員として資格を取得するメリットとは
  3. 出世したい銀行員はどんな資格を取ればいい?
  4. 銀行員の出世におすすめの資格1:証券外務員二種
  5. 銀行員の出世におすすめの資格2:日商簿記検定
  6. 銀行員の出世におすすめの資格3:FP
  7. 銀行員の出世におすすめの資格4:TOEIC
  8. 銀行員の出世におすすめの資格5:中小企業診断士
  9. 銀行員の出世におすすめの資格6:証券アナリスト
  10. 銀行員の出世におすすめの資格7:宅建
  11. 銀行員の出世におすすめの資格8:社会保険労務士
  12. 銀行員の出世におすすめの資格9:MBA
  13. 銀行員の出世におすすめの資格10:ITパスポート
  14. 銀行員の出世におすすめの資格11:MOS
  15. 銀行員の出世におすすめの資格12:年金アドバイザー
  16. 銀行員の出世におすすめの資格13:相続アドバイザー
  17. 資格を取得して銀行員として出世しよう!

銀行員に有利な資格を知って出世しよう!

35365911 205539063610295 7226912173560168448 n
satoshi_nakamura_さんの投稿

最近では銀行員に求められる素質や能力が高くなっています。そのため、銀行員はただ勤続年数を重ねているだけでは出世がし辛くなってきています。そのため、出世したいと思っている人には資格の取得がおすすめです。この記事では銀行員が出世するために取得した方が良い資格について詳しく紹介していきます。

銀行員として資格を取得するメリットとは

銀行員として資格を取ることにはメリットがある

35355095 223058811817355 2755152229676613632 n
tekkenparaparaさんの投稿

銀行として資格を取ることにはメリットがあります。もちろん、出世に有利という点が大きいですがそれ以外にもいくつかあります。資格と言っても難易度は様々であり、仕事をしながら取得できる資格も沢山あります。銀行員として有利に立ち回るためにも、資格取得のメリットを知っておくと非常に便利と言えます。

メリット1:資格手当が付く

34650409 214344862510978 1454182360563056640 n
ucyufufuさんの投稿

資格を取得することのメリットには資格手当の存在が挙げられます。これは銀行員に限った話ではなく、企業側が使えると判断した資格を保有している人は給料とは別途で資格手当という賃金を受け取ることが出来ます。つまり、資格を取得することで直接的に賃金を増やすことが出来るため、余裕がある人はなるべく沢山の資格を取れば給与面で有利になります。

メリット2:出世できる可能性が高くなる

33992156 254594851768568 3380243771391213568 n
king.shingoさんの投稿

一番のメリットと言えるのはやはり出世が有利になるという点です。出世することそのものの利点としては給料が高くなることに加えて、出来る仕事の幅が広がることに繋がります。また、銀行員だとしても解雇の可能性はあるため、なるべく早く上のポジションに就くことは重要だと言えます。

メリット3:転職に有利になる

33793068 240150506746482 4343319002731249664 n
mamianagenjinさんの投稿

3つ目のメリットは転職に有利になることです。銀行員に就職できた人でも早々に転職を考える人もいます。昨今においては一度就職した会社に一生雇用される終身雇用が徐々に崩壊しつつあるため、転職に有利になることは大きなアドバンテージと言えます。転職する予定が無くても、今後転職したくなる可能性もあるため、資格を取っておけば安心です。

出世したい銀行員はどんな資格を取ればいい?

32526444 191283985030452 7058957288471527424 n
senda.takuyaさんの投稿

出世を有利にするために資格を取得を目指す銀行員は多いですが、実際にどんな資格が出征に有利なのか知っている銀行員は意外と少ないです。銀行員に求められている能力が増えていることに比例して、出世に有利な資格も幅広くなっています。次の見出しでは銀行員の出世に有利な資格を紹介していくので、参考にしてみてください。

Thumb就職に役立つ資格ランキング!一生使える有利でおすすめなものあり!

銀行員の出世におすすめの資格1:証券外務員二種

証券外務員二種とは

証券外務員二種は出世に有利というよりも銀行員の必須資格となっているケースが多いです。証券外務員二種は金融取引に携わる者として覚えておくべき当然の知識を身に付けるための資格であり、銀行員の必須スキルです。入社直後に証券外務員二種の資格取得が義務付けられている銀行員もいますが、もし未取得の人は取っておいた方が良いです。

出来る仕事が増える

証券外務員二種は必須スキルであると述べましたが、一般的に想像される銀行員の受付業務などで役に立つ機会は少ないです。なぜ証券外務員二種が必須資格と呼ばれるほど重要になっているのかと言えば、金融商品の営業や勧誘をする時には必ず必要になる必須知識であるためです。証券外務員二種の資格を持っていない人は安易に商品の勧誘が出来ません。

銀行員はノルマがきつい

27879991 178516526210883 2548509872618471424 n
sadaaki570さんの投稿

銀行員は給料が高く人気の職業でもありますが、ノルマも多く過酷な一面もあります。特にこのノルマをこなすためには、商品が売れるのをただ見ているだけではなく、こちらから働きかけることが絶対的に必要となります。銀行員として証券外務員二種の資格を持っていない人はノルマの消化も出来ないため、銀行員として成果を上げたい人には必須資格です。

銀行員の出世におすすめの資格2:日商簿記検定

どこへ就職する時にも有利になる資格

日商簿記は銀行員だけではなく、どの職に就職している人にとっても転職に有利な資格として挙げられます。日商簿記を覚えておけば銀行員としてお金の管理をより具体的に行えるだけではなく、経理に対する知識も深められます。転職を考えている人にも出世に有利な資格を取得したいと思っている人にも日商簿記はおすすめです。

日商簿記は2級でも十分レベルが高い

34663329 256585754887044 6386248161605713920 n
gtw0111さんの投稿

日商簿記検定は1級から3級まで用意されていますが、2級が取得できれば十分出世には有利です。公認会計士を目指しているような人にとっては、日商簿記検定1級取得が必須スキルと言っても過言ではありませんが、専門的な会計士を目指しているような人ではない限り、日商簿記2級を持っていれば十分優秀な人材と言えます。

日商簿記と全商簿記は全く違う

35258117 528100940921297 6648494904739627008 n
matsubara_yudai_officialさんの投稿

簿記の資格を取得する上で注意するべき点は日商である必要があるとい点です。基本的に社会人の人が受けられるのは日商簿記になります。商業高校などに通っていた人は在学中に全商簿記を取得しているケースが多いです。全商簿記1級は日商簿記と比較すると2級にも及ばない難易度なので、銀行員として全商簿記の資格を持っていても出世には影響しません。

銀行員の出世におすすめの資格3:FP

FP技能検定度とは

35001118 266449510596344 6751238442379640832 n
___misaki.kakeiboさんの投稿

FPは正式にはファイナンシャルプランナー技能検定と言います。FPは「税金」「投資」「住宅ローン」「不動産」「教育」「老後」「相続」といった分野の知識を身に付けることが出来る資格です。特に税金や投資、不動産や相続などの知識は銀行員としても重要なものとなるため、FPを持っていれば出世が有利になる可能性は高いです。

FPは比較的簡単?

FPの資格には1級から3級までの段階がありますが、1級であれば500時間、2級であれば300時間程度勉強すれば合格できると言われています。ただ、FPは要点をしっかりと抑えることが出来れば勉強時間の短縮になるため、資格取得だけで考えれば比較的簡単な部類と言えます。興味がある人は3級から挑戦してみることをおすすめします。

就職に関係なく自分の役に立つ資格

FPの資格を取得することには銀行員としての出世や他の企業への就職転職に有利という点も挙げられますが、自分のためになるという点もあります。何故ならFPが学ぶ分野は生きていく上で誰もが不安に思う要素がかき集められているため、FPの知識を身に付けておけば、プライベートでも必ず役に立つと言えます。

銀行員の出世におすすめの資格4:TOEIC

TOEICとは

35176549 1707963745977987 2699362734805352448 n
hiro.shino.662さんの投稿

TOEICは「Test of English for International Communication」の略称であり、英語に関する資格です。英検と同一視している人も多いですが、TOEICは国際的な基準となる資格試験であり、TOEICを取得するという考え方ではなく、点数によって転職や出世が有利になります。英検のために勉強をするのであれば、TOEICを始めた方が良いです。

銀行員は800点取れれば出世に有利

銀行員として出世を有利にするのであれば、TOEICの点数は800点が妥当なラインです。TOEICは990点が満点となっています。TOEICと英検1級は内容が異なるため比較は難しいですが、大学生が身に着けておくべき英語力はTOEICで最低600点は取れることとあります。TOEICで800点が取れれば英会話の必要最低限の必須知識は身に付けられます。

英語を学ぶことを社会的に有利

35174075 181226729230737 5414847574249046016 n
ay___stさんの投稿

TOEICという資格を取得する事も大切ですが、グローバル化が進んでいる現代社会において英語という存在を学ぶことこそが非常に重要です。単純に言えば銀行員として働いていく中で外国人を相手に仕事をする必要がある場合も出てきます。そんな時に英語が話せれば周りからの評価にも繋がるため、出世にも有利になります。

Thumb英語の資格の種類や仕事に役立つものとは?就職にも活かせる!

銀行員の出世におすすめの資格5:中小企業診断士

中小企業診断士とは

917577 928190870568749 1284084258 n
8888rie8888さんの投稿

中小企業診断士は経済学をはじめとして経営戦略知識なども身に付けることが出来る資格なので、取得することが出来れば、幅広い分野で仕事をこなせる銀行員になることが可能です。中小企業という名称が付いていますが、この資格を取得できれば大きな企業や就職している銀行の本部に行っても自分のスキルを発揮することが出来るようになります。

取得には時間がかかる

中小企業診断士の取得は非常にメリットが多いですが、資格の取得難易度は中々に難しくなっています。一般的には半年程度の勉強時間が必要であると言われているため、勉強に対してはしっかりと腰を据える必要があります。ただ、ネットスクールなども充実しているため、銀行員として働きながら取得することも十分可能な資格です。

銀行員の出世におすすめの資格6:証券アナリスト

証券アナリストとは

23735542 811580455681758 7302365214123491328 n
squaresco.bizさんの投稿

証券アナリストとは主に金融市場の分析や調査などといた分野におけるスペシャリストとも呼べる資格です。証券アナリストを資格として所有していることは非常に大きなアドバンテージになるため、出世に有利です。また、銀行員以外への就職にも非常に大きな効果を発揮するため、取っておいて損は無い資格となっています。

取得には実務経験が必要

しかし、証券アナリストは資格としてのネームバリューが高いゆえに取得には時間がかかります。取得までにかかる期間としては中小企業診断士と同様に半年程度度言われています。しかし、これはあくまで試験に対する勉強時間です。償還アナリストの資格を得るためには講座受講や実務経験も必要になってしまため、簡単に取れる資格ではありません。

銀行員の出世におすすめの資格7:宅建

宅建とは

34542727 187492618771593 8655183318549004288 n
run.arminさんの投稿

宅建は「宅地建物取引主任者」の略称で、不動産取引に関する知識に詳しくなれる資格です。銀行員が取得する資格としてはあまりメジャーではありませんが、宅建そのものは難易度も高く、ネームバリューもあるため、取得していれば他の職業への転職に有利になります。勉強時間としては半年程度となっています。

宅建を取れば投資関連の仕事が出来る

銀行員として宅建の取得を考えるのであれば、銀行員として不動産投資や投資信託に関する部署に付きたいかどうか考慮することをおすすめします。これらの部署につくために、宅建が必須資格として必要になるという訳ではありませんが、必須的な知識ではあるため覚えておけば出世に有利になることは間違いありません。

銀行員の出世におすすめの資格8:社会保険労務士

社会保険労務士とは

35166426 191607221547969 2846471699770114048 n
momonenestudyさんの投稿

社会保険労務士は一般的に社労士と略されることも多いです。社会保険労務士は国家資格の一つであり、社会保険に関する知識を深く有しており、主に労働者の福祉をメインに扱っている内容となっています。社会保険労務士は銀行員としての業務に大きく関係することはありませんが、取得していれば資格手当や出世が有利になることがあります。

労働者として身に付けておけば有利

先ほども述べたように社会保険労務士は国家資格の一つなので、試験は難しいです。しかし、社会保険労務士の資格を取得していれば、自分の労働環境が適切なのかどうか自分で判断することが出来るようになります。最近では過労死ラインという言葉が蔓延るほど、労働者の環境は悪化しているため、自分の職場を法的に見極める力を備えることも大切です。

銀行員の出世におすすめの資格9:MBA

MBAとは

MBAとは日本で言うところの経営修士学であり、ITに関する知識を踏まえてマーケティングやマネジメントに関する知識を深めるための知識です。基本的にMBAを取得するためには経営大学院を卒業する必要があります。MBAは日本で取得することも可能ですが、最も分野として発展しているのはアメリカとなっています。

MBA取得に海外留学するビジネスマンもいる

35459547 365478487190061 6295433225615441920 n
sarassaxenaさんの投稿

そのため、MBAを取得するために海外へと留学するビジネスマンも沢山います。銀行員の場合は取得のために職場から理解を得る必要がありますが、MBAの備わる知識は銀行員として働く上でも非常に重要で価値があるものとなっています。銀行員として大きく出世するのであればMBA取得は最適なので興味がある人はぜひ取得を目指してみて下さい。

銀行員の出世におすすめの資格10:ITパスポート

ITパスポート

35574650 195288931317792 6653856656012607488 n
a_1103_r_sさんの投稿

ITパスポートとはITに関する最も初歩的であり、全ての根源となる知識が身に付けられる資格です。銀行員としての業務に直接的に関与する資格ではありませんが、グローバル化とともにIT化もどんどん加速しているため、ITに弱い社員は見限られます。現代社会においてITの知識は必須知識なので身に付けておくことをおすすめします。

ITパスポートは比較的簡単!

ITパスポートを取得するメリットは、ネームバリューは高くとも取得は簡単であるという点です。ある程度IT分野に詳しい人であれば、1日参考書を眺めているだけでも資格を取得できるほど簡単です。銀行員であれば、一週間程度勉強すれば十分資格取得は可能なので、とにかく資格を取りたいと思っている人にもおすすめの資格です。

ThumbITパスポートとはどんな資格?資格取得の難易度から役立つ参考書まで!

銀行員の出世におすすめの資格11:MOS

MOSとは

MOSはITパスポートと同じようにITに関連する資格の一つで「Microsoft Office Specialist」の略です。MOSは主にパソコンスキルに関する知識が得られる資格であり、この資格を持っていればパソコンを扱うことが出来る証明にもなります。取得も非常に簡単な部類なので、ITパスポートとセットで取得するのもおすすめです。

パソコン業務に強くなれる

35328204 381175165725229 760201338716946432 n
the_colourful_wayさんの投稿

具体的にパソコンがどこまで使えるようになるのかと言えば、主にoffice関連のソフトは困らない程度に扱えるようになります。特にExcelは専門的な知識を知っているかどうかで作業の効率が大きく変わります。銀行員の出世で大きく活躍するとは言い難いですが、パソコン関連に強いことは十分自分の強みに繋がるため、些細ながらも必ず出世に繋がります。

銀行員の出世におすすめの資格12:年金アドバイザー

就職した時に取っている可能性がある

年金アドバイザーは銀行業務検定の一種にも含まれている必須知識でもあるため、銀行員として就職した際に取得が義務付けられているケースも多いです。しかし、全ての銀行員が必ず取得しているという訳では無いため、取得しておけば周りに差をつける事が可能です。年金アドバイザーは名称の通り年金に関するスペシャリストになるための資格です。

年金は意外と難しい手続きが多い

28430623 213145572755385 6102687054854881280 n
kzy_studyさんの投稿

年金は概要だけ見れば、働いていた時期に収めていた年金を定年退職後に受け取るというシンプルな制度ですが、実際に納付する時や受け取る時には法的な手続きがいくつもあります。そのため、知識のない一般国民にとっては理解しがたい面が多いため、年金を扱う事も多い銀行員が年金アドバイザーを取得していれば有利に業務をこなすことが可能です。

銀行員の出世におすすめの資格13:相続アドバイザー

相続業務を有利に進められる

相続アドバイザーも年金アドバイザー同様に銀行業務検定の一種であり、銀行員の中には就職時に義務付けられているケースがあります。相続アドバイザーは年金が相続に変わっただけです。必須スキルとしても見られがちなので、出世が大きく有利になるという事はありませんが、取っておけば相続業務にかかわった時に有利です。

覚えられる知識は少ない

16907988 1885224591759453 3107569483317772288 n
nishiiiiiiiii24さんの投稿

相続と聞くと年金よりも簡単なイメージがありますが、あくまで相続の手続きの概要を理解する程度であり、書類作成などが出来るようになるわけでは無いため、資格の取得は比較的簡単な部類となっています。年金アドバイザーも取得は難しくないため、余裕がある人は一緒に取得しておくことをおすすめします。

資格を取得して銀行員として出世しよう!

34730000 260300314704683 2318565857690648576 n
strikeplanさんの投稿

銀行員に就職したい人の中には必須資格としていくつかの資格を取得したい人もいると思いますが、資格は多すぎて困るという事はありません。常に自分のスキルを周りに見せることは出来ないため、一目でその人の実力が窺える資格は非常に重要です。銀行員として出世したい人はこの記事を参考に保有資格を増やしてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ