証券会社への就職難易度やメリットを紹介!おすすめの資格は?

証券会社への就職難易度はどれくらいでしょうか。証券会社に就職するメリットはどこにあるでしょうか。就職するためにおすすめの資格や証券会社の年収まで調査します。証券会社への就職を検討している人は、新卒希望の人も中途採用を考えている人も必見の内容です。

証券会社への就職難易度やメリットを紹介!おすすめの資格は?のイメージ

目次

  1. 証券会社へ就職するメリットは?
  2. どんな大学の人が証券会社に就職するか
  3. 証券会社への就職の難易度は?
  4. 証券会社に就職するメリットは?
  5. 自然と金融知識が身に付く!
  6. 営業のスキルと根性が身に付く
  7. 経営者と話す機会が多くなる
  8. 独立や他社への就職のためのスキルも身に付く
  9. 努力が資産として残る!
  10. おすすめの資格は何がある?
  11. おすすめの資格1:証券外務員
  12. おすすめの資格2:証券アナリスト
  13. おすすめの資格3:ファイナンシャルプランナー
  14. おすすめの資格4:宅地建物取引士
  15. おすすめの資格5:簿記
  16. おすすめの資格6:TOEIC
  17. おすすめの資格7:銀行業務検定
  18. 出身大学と出世は関係ない!
  19. 証券会社のサラリーマンの年収は?
  20. 大手証券会社と中小証券会社の年収の違いは
  21. 証券会社はひとくくりにできない
  22. ハイリスク・ハイリターンな業界

証券会社へ就職するメリットは?

24254271 160932657845024 2964124327319961600 n
takanoha_say_you_cottonさんの投稿

証券会社は就職難易度が高めのイメージがあります。また、ノルマも厳しいかわりに年収も高めです。そんな証券会社に就職するメリットはどこにあるでしょうか。おすすめの資格や年収についても紹介します。証券会社は売っている商品同様、リスクとリターンの世界なのです。

どんな大学の人が証券会社に就職するか

難関大学からの就職も多いが

1922430 1434579573446220 1375302426 n
tokyo_pontaさんの投稿

証券会社に就職する人の出身大学を見てみると、やはり難易度の高い難関大学が名前を連ねています。ただし、難関大学の割合は、他の業界と比べてみると低くなっています。これは難関大学ではない大学にも広く門戸を開いている証拠です。大学の名前によらず、個人の才能や能力を見て採用をしています。

経済・金融系からの就職は有利

出身学部を見てみると、経済学部や経営学部などの経済、金融系の学部が多くなっています。次いで法学部です。こうしてみると、文系学部が多くなっています。数字に強いことから理系学部出身者にも門戸を開いている証券会社もあります。金融や数字に強いことが証券会社では有利になります。

大学院から証券会社への就職も

35998880 452658958528125 5490200181297119232 n
seevest1さんの投稿

早い段階から就職しないことを決めて大学院へ進学する人も増えています。こうした大学院出身者は専門的な知識や高度な知識を有していることから証券会社では重宝されています。金融工学やフィンテックのような新しい考え方に対応していくためには大学院出身者は必要です。

留学経験も有利

34982674 306024796603564 8568538022709035008 n
seevest1さんの投稿

金融業界は、世界規模で動いています。留学の経験や英語ができることも評価されます。大手の証券会社では海外に支店を持つところも多くあります。また、海外の人材を採用しているところもあります。業界によってはあまり評価されない留学経験も証券会社ではセールスポイントになります。

学歴が就職に関係ない証券会社もある

大学入試でも学校の成績によらない選抜方式が導入されています。この就職試験版ともいえる制度が導入されている証券会社もあります。出身大学や学業によらず、ボランティア活動や部活の成績などを加味して採用する方式です。多様な人材を確保しようとする姿勢が見られます。

Thumb証券会社の年収は?新卒から年代別・男女別平均額を徹底調査!

証券会社への就職の難易度は?

大手証券会社への就職難易度は高い

34494847 250610689022311 479139975946829824 n
seevest1さんの投稿

誰もが名前を知る大手証券会社はその知名度もあって就職希望者が殺到します。こうした大手証券会社への就職難易度は高いといえます。大手企業への就職難易度が高いことは証券会社に限らず他の業界でもいえることです。就職難易度の高い大手証券会社への就職には周到な準備が必要になります。

中小証券会社は就職難易度の低いところも

35001174 212628182900546 2545424428242567168 n
kabuguide_homemate_researchさんの投稿

大手証券会社の難易度が高い一方で、中小の証券会社や地場の証券会社は知名度が低いこともあって就職難易度は下がる傾向にあります。全国規模ではなく、その地方に根差した証券会社であれば、就職難易度は下がります。難易度が高いからといって働きやすい会社とは限りません。また難易度が低くてもよい会社はあります。

専業の証券会社は就職しやすい会社もある

先物取引を専門に取り扱う証券会社もあります。こうした証券会社は就職難易度が低く、入社しやすい会社もあります。どうしても証券会社に就職したい人は、こうした専業の証券会社を狙うのもひとつの手段です。就職難易度は低いかもしれませんが、その分野で一定のシェアを有している証券会社はたくさんあります。

証券会社に就職するメリットは?

34546001 214502979164863 2731759887867445248 n
kabuguide_homemate_researchさんの投稿

証券会社に就職することはどんないいことがあるのでしょうか。昔から証券会社は人気の高い就職先です。特に大手証券会社は景気のいい時は応募者が殺到します。バブル景気のときがよい例です。高い難易度を潜り抜けて就職するメリットを紹介します。

Thumb銀行への就職難易度や実態を徹底調査!向いている人の特徴とは?

自然と金融知識が身に付く!

銀行と証券会社が金融の二強

34049556 1943699772308044 7287603776599359488 n
seevest1さんの投稿

金融業界と言えば、銀行と証券会社がツートップです。販売する商品も類似してきており、その垣根は年々低くなりつつあります。金融の知識を駆使して働くならば、証券会社はうってつけです。また、証券会社は取引の最前線であることから、そこに就職すれば金融に関する知識も身についてきます。

お金の知識はすべてに通じる!

32567913 1963358447069335 8581193843926368256 n
kabuguide_homemate_researchさんの投稿

お金とかかわらずに生きていくことはできません。お金の知識、すなわち金融の知識は働くうえでも生活するうえでも必須のものです。仮に証券会社から転職したとしても、その金融の知識は大いに生かせる可能性があります。金融の知識はすべての生活に通じるものなのです。

Thumb経済学部の主な就職先まとめ!有利な資格と人気の業界も紹介!

営業のスキルと根性が身に付く

気合と根性の営業スキル

営業職の場合、営業スキルを磨くことが欠かせません。その営業スタイルは会社によって異なりますが、気合と根性を前面に出したものもあります。かつては「夜討ち朝駆け」といって時間を選ばずに営業をする証券マンもいました。今はこうした無理な営業スタイルは減りましたが、考え方は今でも残っています。

かつては体育会系の証券会社も

33228973 124574155082051 1379048010868064256 n
d_style.berryさんの投稿

営業職の場合、体育会系の部活出身者が重宝された時期がありました。体力があって、無茶な指示にも文句を言わずに従う、そんなイメージがあったからです。今はこうした営業スタイルは敬遠される傾向にありますが、営業が体力勝負、という一面は今でも続いています。

最近はそれだけでは対応できない

32095343 169868337013922 2566676132581605376 n
kabuguide_homemate_researchさんの投稿

最近は気合と根性の営業スタイルでは対応できないことが増えていました。詳細な資料や話術、接遇などが要求されています。こうした営業スキルは本を読んだり、ネットで探したりと、知識だけでは身につきません。実地に経験してこそ身につくものです。

知識豊富な顧客に説明する

ネットの発達により、以前に比べて情報が格段に手に入れやすくなりました。昔は本を読んだり、図書館で調べたりしなければ分からなかったことが今では瞬時に検索できます。商品知識の勉強は昔の証券マンも怠らなかったものです。今はさらに詳細な知識が求められます。気合と根性だけでは営業できない時代なのです。

経営者と話す機会が多くなる

経営者との人脈は得難いもの

31237459 996447260517583 308674360351129600 n
kabuguide_homemate_researchさんの投稿

営業をしていると企業の経営者との接点も多くなります。経営者と昵懇になることができれば大きな人脈となります。こうした経営者との接点は金融業界ならではのものです。これらの人脈を駆使して更なる仕事を受注することもできます。

接触するだけでも経験となる

30592669 806347726232898 8973748563381059584 n
kabuguide_homemate_researchさんの投稿

経営者との接点があるだけでは人脈を形成することはできません。多くは顧客と営業マンの関係で終わってしまいます。ですが、経営者と接点を有し、その考え方や行動を知るだけでも大きな収穫になります。経営者はサラリーマンとはモノの見方が違う人が多くいます。これらの違いを知るだけでも大きな経験です。

考え方を吸収する

経営者は会社の経営、自分の業界の行く末などに対して自分なりの意見を持っているものです。仕事に対する心構えもサラリーマンとは異なります。こうした考え方に接し、吸収することは証券会社の営業マンならではの経験です。

独立や他社への就職のためのスキルも身に付く

証券会社で定年まで残ることは難しい

24125200 164281167641898 2187610728582610944 n
yura_hirokiさんの投稿

大手証券会社に就職したとしても定年まで勤め上げるのは難しいことです。部長などのポストは限られているからです。成績の思わしくない人は会社に居づらくもなります。こうして多くの人は独立するか、子会社などに出向するか、転職するかのいずれかの道を選ぶことになります。

他の会社の金融部門に就職

22708911 245675999293774 8657373502761861120 n
chouchouannexeさんの投稿

証券会社に勤務していた人は金融に関する知識が豊富です。この知識を活かして他の業界の金融部門や財務部門に転職することがあります。転職する人はこれまでのキャリアを活かせるし、採用する側も金融に強い人材を採用することができます。まさにウィン・ウィンの関係になります。

経営コンサルタントとして独立

金融のノウハウを活用して経営コンサルタントとして独立して活躍する人もいます。証券会社での業務は専門性の高い業務が多く、他業種からはなかなか参入できません。こうした有利な面があるため、意識せずとも独立するためのスキルが磨かれていきます。

努力が資産として残る!

厳しい業界だが自分の努力が自分に残る

15034654 1198515013570173 7038304663350804480 n
kosakki216さんの投稿

証券会社は離職率も高く、厳しい業界です。成績によって評価が左右されるシビアな世界です。ですが、自分でした努力は自分にフィードバックされ、自分の武器となっていきます。厳しい世界で能力が磨かれ、自分を高めていけるのです。

目に見えない能力が蓄積されていく

35262122 245445989343321 1025977832003600384 n
ryuhei1838さんの投稿

証券会社では資格の取得も推奨されています。しかし、ノウハウや技術は資格の有無だけで図れるものではありません。こうした目に見えない能力の蓄積によって他人と差別化を図り、自分の価値を高めることができます。

努力は資産としてその後に活用できる

自分でした努力は資産として自分のその後の仕事に活用することができます。証券会社の営業部署はひとりひとりが営業のスペシャリストで個人事業主のようなものです。それぞれの努力は自分にフィードバックされます。これを今後の仕事に活かせるのは証券会社に就職した人の強みといえます。

おすすめの資格は何がある?

就職にはどんな資格がおすすめか?

31694815 1644004752380872 7501778359538417664 n
xbuyrealestatexさんの投稿

証券会社は専門的で複雑な金融商品を扱うことが多くあります。それを顧客に説明する必要があります。そのため証券会社に勤務するには専門性の高い資格が必要になります。証券会社で働く場合の取得しておくべきおすすめの資格はどんな資格でしょうか。難易度や資格を持つメリットも資格によって異なります。

年収にも直結!

34463520 2046279159022717 2474380528090873856 n
junya.private2さんの投稿

これから紹介する資格には会社から資格手当が出るものもあります。月間数万円であっても持っているだけでもらえる資格手当はうれしいメリットです。こうした資格手当は年収にもダイレクトに反映されます。就職前から準備をして資格手当も勝ち取るようにしましょう。

持っていなくてはいけない資格は少ない

証券会社に勤務するうえで、持っていないと仕事にならないのは証券外務員の資格です。この他の資格は持っていればメリットになるもの、知識を持っていることが証明できるものになります。他者との差別化を図るために勉強に励みましょう。

おすすめの資格1:証券外務員

証券外務員とは

証券外務員は、証券会社に営業担当には必携の資格になります。金融商品を継続して取引するにはどうしても必要になる資格です。合格後に研修を受け、登録することで証券外務員として活動が可能になります。証券外務員を持っていないと営業活動が満足にできません。

証券外務員資格は証券会社勤務には必携

33058546 2177510285814757 8422601905938628608 n
itune_llapさんの投稿

証券会社で働くには必携の資格になります。これがないのはタクシー会社に就職するのに運転免許がない状態や、教師になるのに教員免許がないようなものです。第一種と第二種があり、第二種は受験資格がなく誰でも受験可能です。就職前に勉強を始めることもおすすめです。

おすすめの資格2:証券アナリスト

証券アナリストとは

証券アナリストは金融商品を分析し、市場や経済の動きをみて今後の株価や金融商品の動きを予測する仕事です。証券アナリストは日本ではまだメジャーな存在ではありません。金融大国であるアメリカでは弁護士や公認会計士と並んで社会的地位と報酬の高い職業として知られています。

持っていると有利か

33210311 1064037240416516 4251294359137288192 n
fiscoappさんの投稿

証券アナリストは独占業務がないため、証券アナリストを持っていないとできない業務はありません。持っていなくても証券会社で十分働くことができます。しかし、証券アナリストは証券会社に就職を目指す人にとってメリットのあるおすすめの資格です。この資格を持っていると一定以上の知識と分析能力があることが証明されるからです。

おすすめの資格3:ファイナンシャルプランナー

2つの種類がある

32942775 156727031850095 3671076975033712640 n
globalmasahikoさんの投稿

ファイナンシャルプランナー(FP)には大きく分けて、国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)と民間資格のAFP、CFPの資格があります。FP技能士は1級から3級までの3段階があります。両者の差は小さく、定期的な更新が必要か否かという点が異なる程度です。どちらもFPを名乗ることができます。

段階を踏んで合格することが可能

FPの資格はどちらも下のグレードから段階を踏んで合格することができます。大学在学中であっても受験することが可能です。FP技能士1級とCFP、FP技能士2級とAFPはほぼ同レベルに設定されています。試験内容も証券、相続、不動産といった証券会社を目指す人にはおすすめの科目で占められています。

自分の人生設計にも役立つ

27877579 935889309911678 9217134468735696896 n
h.a_studyさんの投稿

FPの資格は、仕事だけでなく、自分の人生設計においてもメリットがあります。社会保険、金融、不動産など、学校ではなかなか教えてもらえない制度を勉強するからです。FPの資格は証券会社を志す人にもそうでない人にもおすすめの資格です。難易度もグレードに応じているので自分のレベルにあった勉強が可能です。

おすすめの資格4:宅地建物取引士

在学中でも取得可能

23347737 123881581642548 6381435491836755968 n
shun8367さんの投稿

宅地建物取引士、通称宅建は在学中でも受験し合格することができるおすすめの資格です。試験科目は不動産に関する法律、民法、宅建業法などの法律科目が中心です。毎年受験者が多く、全国で何万人もの人が受験をします。例年10月に試験が開催されるので4月から勉強を開始すると半年後に本試験になるのもメリットのひとつです。

不動産に携わるなら必須の資格

宅建試験は不動産に携わる人には必須の資格です。一部の不動産会社では宅建の資格の有無で給料やボーナスが変動するところもあります。証券会社でもJリートなどの不動産と金融が合成されたような商品も取り扱っています。証券会社で宅建の資格を持っていれば独自性を発揮できるメリットがあります。

転職にも有利

16583343 192632481216029 2866286952297005056 n
runrunrun_studyさんの投稿

宅建は汎用性の高い資格です。法律系資格の入門的な位置づけなので他の資格を受けるにも便利です。また、転職にもメリットになります。不動産会社だけでなく、他の業種においても評価されます。宅建試験は他の資格への登竜門としてもおすすめの資格です。

おすすめの資格5:簿記

会計資格の基礎

11311257 503813136449479 1384369884 n
aftertherain1126さんの投稿

簿記は一般的には日本商工会議所が主催する「日商簿記」のことです。簿記も級によって難易度が設定され、自分のレベルに合ったグレードを受験できるメリットがあります。簿記は公認会計士や税理士もつながる会計資格の基礎的な資格です。数字を扱う証券会社志望の人にはおすすめの資格です。

お客さんと話すにも必須

簿記の知識はお客さんと話す際にも必須のものになります。顧客の中には会社で財務を担当する人が窓口になることもあります。これらの人たちと対等に話すためには簿記の知識が欠かせません。減価償却費や貸倒引当金などは会計特有の用語です。簿記を習っていないとこれらを理解することは困難です。

おすすめの資格6:TOEIC

外資系証券会社の就職には必須

証券会社でいえば、外資系の証券会社では英語のスキルは必須になります。証券会社に限らず、TOEICのスコアを重視している会社は多くあります。グローバル化といわれて久しく、金融の世界ではこの傾向が顕著です。こうしたグローバル化に対応するために英語力が重視されるのは当然の傾向といえます。

700点以上はほしい

30602106 2048099618782236 6663648429828210688 n
bofxdddさんの投稿

証券会社に就職する場合、スコアは、700点はほしいところです。外資系であればもう少し上積みが必要です。大手証券会社の場合、TOEICスコアは重視されますが、中小の会社でそれほどでもない場合もあります。海外業務が少なかったり、外国人の顧客が少なかったりした場合があるからです。

おすすめの資格7:銀行業務検定

銀行業務検定は銀行業務だけではない

銀行業務検定はその名の通り、銀行業務に関する知識の検定です。一見すると他業界の検定にも見えます。しかし、受験科目を見ると、証券、為替、信託実務と証券会社の業務との類似性も多く見られます。

銀行業務と証券会社の業務の類似性

30078179 1088632097942773 7390044454620495872 n
tamu_umatさんの投稿

近年は銀行が投資信託を販売したり、NISAにも携わったりと銀行の業務と証券会社の業務の垣根がなくなってきました。証券会社の口座も銀行口座との類似性が見られます。こうしてみると、銀行業務検定が証券会社志望の人にもおすすめできることがわかります。

科目を選択して受験できる

29739494 169241220455271 8781389523792691200 n
t.m.t.tradeさんの投稿

銀行業務検定は受験科目を選択できる制度を採用しています。自分にとって受験したい科目を選択することができます。証券、為替、信託実務といった証券会社にもある業務を選択して受験することができます。科目選択によって難易度も下がり、合格しやすくなります。この点は銀行業務検定のメリットになっています。

出身大学と出世は関係ない!

営業成績を重視

証券会社は難関大学出身者も多いですが、中堅以下の大学出身者も多く勤務しています。出世や年収は営業成績がダイレクトに反映されるので中堅大学出身者が難関大学出身者を年収で追い抜くことはよくあることです。評価は営業成績が重視されます。それだけ実力社会であるといえます。

銀行は超学歴社会?

29740318 421926658268802 22874476127453184 n
kotoriri1112さんの投稿

同じ金融業界でも銀行は今でも学歴社会の傾向があります。最近は徐々に緩やかになってきているとはいえ、学歴、学閥といったものが重視されます。能力もさることながら出身大学によって出世のスピードが変わってきます。

証券会社のサラリーマンの年収は?

平均年収は上位

30085889 2086929881586561 3731748610769944576 n
kotoriri1112さんの投稿

証券会社全体の平均年収は約760万円と、銀行の650万円、自動車製造業の680万円と比べても突出しています。金融商品は原価や材料費がほとんどなく、人件費に多く振り分けられるというメリットがあることも一因です。平均年収だけ見てもとても年収の高い業界です。

ボーナスも成績次第で年収に直結!

ボーナスも成績次第です。びっくりするくらいの金額がもらえることもあります。この結果、20歳代で年収1000万円を超える人も珍しくありません。働けば働くほど年収が上がる、成果を上げれば成果に見合った年収になる、それが証券会社で働くメリットであり、厳しさであるといえます。

福利厚生も充実

32900002 248267665737401 874595112586313728 n
squaresco.bizさんの投稿

証券会社の多くは規模の大きい会社です。中小規模の証券会社とはいえ、資本金が何億円もあります。大きな会社は全体に福利厚生が充実しています。人が資本、という考え方があるため、福利厚生には力を入れている会社が多くなっています。充実した福利厚生、これも証券会社のメリットといえます。

離職率も高め

30855544 1554231744703081 13320772349067264 n
ayakonomuさんの投稿

はっきりとした統計ではありませんが、離職率も高くなっています。実力主義なので成果が年収に直結しますし、毎期継続して好業績があげられる保証もありません。100人いた同期入社が気づけば数えるほど、という状態もよくあります。ハイリスク・ハイリターンなことはメリットでもあり、デメリットでもあります。

大手証券会社と中小証券会社の年収の違いは

大手と中小では年収は違うのか

証券業界では、大手証券会社の平均年収は高く、平均で1000万円を超える会社もあります。一方で中小の証券会社はそれよりも低くなります。会社ごとの平均年収では、他の業界と同じく大手企業が有利になります。ただし実力主義の業界ですので中小証券会社でもトップ営業マンは多額の年収をもらっているケースがあります。

新卒で就職と中途採用で年収は違うのか

35998600 546052145792788 7170367116632129536 n
kiyo_108さんの投稿

一般の会社では、中途採用のほうがやや賃金の上昇カーブが緩やかになる傾向があります。証券業界は実力主義の業界です。新卒採用であれ、中途採用であれ、年収は業績次第です。その意味では中途採用にもメリットがあります。新卒と中途採用では、待遇の差が少ないといえます。

証券会社はひとくくりにできない

規模も千差万別

証券会社は世界規模の大手証券会社から地元密着型の中小の証券会社まで千差万別です。最近は外資系の証券会社も増えてきました。規模があまりに違うため、証券会社とひとくくりにできない時代となりました。

全国展開の会社と地方密着の会社

34276192 1820039424722345 810591076149624832 n
satorumizutaniさんの投稿

証券会社の中には全国の主要都市はおろか、海外にもいくつも拠点を持つ世界規模の証券会社もあります。一方で特定の地方だけに拠点のある会社もあります。どちらがよいとは一概にはいえまえせんが、就職を考えるのであれば、それぞれの特色をよく研究して選ぶことが必要です。

都市部の支店と地方の支店

では、同じ会社の支店同士で差があるのでしょうか。単純な受注価格競争であれば都市部の支店の方が有利です。地方の支店は顧客も少なく、証券会社の乗り換えも少ないからです。この点は会社によって対応はわかれます。単純な価格競争としているところもあれば、地方支店の特性を加味した評価にしているところもあります。

就職難易度の高い会社と就職難易度の低い会社

34073748 146097309596843 3635909035489755136 n
ishido_asumigaokaさんの投稿

一般に知名度のある大きな会社は就職難易度が高く、知名度の低い証券会社は難易度が低くなる傾向にあります。第一志望を難易度の高い会社に置き、第二志望以下は難易度を下げていくなど、戦略も必要になります。

ハイリスク・ハイリターンな業界

34141631 184798178896308 1268658490843332608 n
myoicoffeeさんの投稿

証券会社は投資を商品としている会社です。そこで働く人も自分に投資をして資格を取り、厳しい競争を勝ち抜いて多額の年収を得ています。そこには競争の原理、ハイリスク・ハイリターンの投資の原則が生きています。自分の会社の商品と同様に、リスクとリターンの間で生きている。それは証券会社で働く人の姿です。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ