調整手当の意味や仕組みを徹底解説!残業代・地域手当も含まれる?

給料が支給される際に、主に多くを占めるものは基本給です。しかし給料の内訳には基本給以外にも様々な調整手当というものがあります。ここでは調整手当の意味と仕組みについてを徹底調査し、調整手当には残業代や地域手当も含まれるのかなどについてまとめています。

調整手当の意味や仕組みを徹底解説!残業代・地域手当も含まれる?のイメージ

目次

  1. 調整手当の意味や仕組み!何が含まれるのか解説
  2. そもそもまず始めに!調整手当とはどういうもの?
  3. 知っておこう!調整手当が支給される場合とは
  4. 調整手当が支給される場合1:対価に見合わない時
  5. 調整手当が支給される場合2:転職前との調整
  6. 調整手当が支給される場合3:他社員との調整
  7. 知識をつけておく!調整手当は重要な事
  8. 知らない人が多い!調整手当に地域手当はつく?
  9. 多く働いた!残業代は調整手当に含まれるのか
  10. 調整手当をマイナスに!それはどんな場合?
  11. 人員確保の重要な要素!初任給調整手当って何?
  12. 今の時代は多い!会社として対策が求められる
  13. 調整手当を言い換える!会社によって表現は違う
  14. その人の能力がわからない!その場合に利用できる
  15. 残業代がつかない!時代ならではの問題を解決
  16. 給与の書き方!広告の掲載欄に注目してみよう
  17. 調整手当について理解する!基本給が全てではない

調整手当の意味や仕組み!何が含まれるのか解説

27878830 1504799599629636 5427738995897401344 n
knm_nkymさんの投稿

調整手当は給料の中でも非常に重要な役割のことを意味しています。ここからは調整手当の意味や仕組みを解説し、そして残業代や地域手当に関しては調整手当に含まれるのかを説明していきます。

そもそもまず始めに!調整手当とはどういうもの?

まずは意味を理解する

よく耳にする事はある調整手当ですが、正しく調整手当の意味を理解できている人はそれほど多くないです。まずは調整手当の仕組みなどを説明する前に、調整手当とは何なのかを理解しておく必要があります。

調整手当の意味とは?

調整手当とは、給与の支給の基準を満たすための役割を担っており、会社として何らかの理由で社員が働いた分に対して満足いく給与が支払えない場合などに補填をする役割のあるものになります。

知っておこう!調整手当が支給される場合とは

調整手当の役割はきちんと理解

調整手当は、会社に勤務をしている場合に給与に関しての事になりますので必ず知っておくべき知識となります。大人としても調整手当の役割はきちんと理解しておくべきです。

調整手当が支給される場合について

ここからは調整手当には支給される場合についていくつか例を挙げていきます。毎月きちんとした会社規定の給料を貰うためにも、調整手当とは社員にとってありがたい制度になります。

調整手当が支給される場合1:対価に見合わない時

規定の給料が払えない場合

まず最初に挙げられる調整手当が支給される場合は対価に見合わない時になります。これは非常に重要な事で、会社的に経営不振に陥ると、社員に対して労働力に見合った規定の給与を毎月支払えない場合があります。

マイナスを補填する意味

そのような場合になった時に、会社として余裕が出た時に調整手当として支払うという位置付けで置いている会社があります。規定の給料を超える金額を支払う事でマイナス分を補填し転出を防止します。

調整手当が支給される場合2:転職前との調整

どこの会社でも優秀な人は欲しい

そして続いての調整手当が支給される場合は転職前との調整になります。これは非常に多くある調整手当の活用方法になり、どこの会社でも優秀な人は欲しいはずです。しかしその人材に見合った規定の給料を支払えない場合があります。

給料がマイナスにならないため

当然ですが転職者は、毎月もらっている給料がマイナスになれば転職は希望しないため、企業として調整手当を取り、以前の仕事で受け取っていた毎月の給料を保証するという意味合いで用いられます。

調整手当が支給される場合3:他社員との調整

毎月の給料は人によって変わる

そして最後になる調整手当が支給される場合は他社員との調整になります。これも会社においては非常に重要な事であり課題にもなります。規定の給与は定められていますが、能力の高い人には毎月の規定の給与以上を支払う事は会社として大切です。

社員の不満を無くすために利用

そして年齢でも毎月の規定の給与は変わりますので、人によって差はあります。社員の給与の差が大きいと不満も溜まるため、その様な問題を防ぐために基本給とは別で調整手当でバランスを保つという目的で用いられます。

知識をつけておく!調整手当は重要な事

調整手当は大きな役割を担う

32725493 1747240882027318 3510974479868100608 n
masakix0909さんの投稿

ここまで見てきてわかる様に、調整手当とは会社において非常に重要な役割を担っており社員の毎月の給与のバランスを保つ役割などがあります。規定の給与を払えない場合などの補填にも利用されます。

会社と社員の関係性を繋ぐ

29094123 2531020073789953 9119749645826785280 n
e.team.officialさんの投稿

働く上で労働に見合った規定の給与を毎月貰うことは社員の権利でもありますし、会社としても義務になります。自分のミスでの減額などは別になりますが規定と反するものであれば不満もたまってしまいますので調整手当で対策がされています。

知らない人が多い!調整手当に地域手当はつく?

地域手当は調整手当になる?

27579464 546555075688203 7845963234614968320 n
zunizumiさんの投稿

あまり知らない方が多い調整手当の役割ですが、会社にとっては社員の不満を解消する役割があるものですし、非常に大切なものです。そして仕事によっては地域手当が規定の基本給とは別でつくことがあります。

地域での格差が出ない様にする狙い

18380375 1429463983780765 4933371118913323008 n
prince110879さんの投稿

会社によっては地方に転勤を社員に命じる場合があり、地域によって規定の給与に差がある場合があります。その際にも、それぞれの場所で働く社員に差が出ない様に調整手当として地域手当を支給します。

多く働いた!残業代は調整手当に含まれるのか

残業代は調整手当になる?

17438733 1422856554415134 7359317923577462784 n
mihoootateさんの投稿

今では問題になりつつありますが、規定の労働時間よりも長く働いた場合、会社として社員に残業代を支払う事は義務になります。そして調整手当に残業代を充てる事は可能かという疑問が出てきます。

規定の毎月の給与に含まれている

26863486 2029656430646459 2359038773334900736 n
samsaffy.bossさんの投稿

これに関しては、元々の規定の基本給に対してすでに残業代が含まれている企業が多くあり、その分を調整手当としている企業が多く見受けられます。調整手当の他にも定額残業代などの名前で呼ばれることもあります。

調整手当をマイナスに!それはどんな場合?

マイナスせざるを得ない場合がある

25018253 1785182408440901 8255350974579736576 n
gmb_datecoさんの投稿

社員にとっては痛いものになりますが、調整手当とは基本的には毎月の給与に対してプラスで支払われるものになりますので、減額するケースはほとんどないです。しかし、会社の経営状況によっては調整手当を用いてマイナスせざるを得ない場合があります。

給与の減額分を調整手当で支給

19534672 452467995117454 5223387050408935424 n
ouchi.ponchanさんの投稿

その理由としては経営不振により給与の改定が行われ毎月の給料が下がった場合になります。今まで通り渡すわけにはいかないため、給与の減額分を調整手当で支給をして調整を行います。

人員確保の重要な要素!初任給調整手当って何?

初任給にも調整手当がある

24845745 177519152990443 1195567536263921664 n
knm_nkymさんの投稿

会社に就職をして新卒者が貰う給料の事を初任給と言いますが、実は初任給にも調整手当が用いられる場合があります。初任給は就職者を確保するためには非常に重要な要素になります。

人員確保の為マイナスを補填

16583209 625603770956103 6848567130065993728 n
yamato788さんの投稿

会社として相場の初任給が支払えない場合に、相場と比較をしたマイナス分を補填するために調整手当を支給して調整します。能力の高い人を確保するための対策とも言えます。

今の時代は多い!会社として対策が求められる

不況の時代で減額が多い

25014698 198399094070525 777638016880476160 n
aya_kajita_privateさんの投稿

今の時代は非常に不景気の波がきており、給料の減額は珍しくない事です。減額されると社員としては生活が変わりますし、給与の減額の度合いにもよりますが減額された分は何らかの形で補填することが必要です。

マイナス分の補填の対策を

17881823 1870228179913159 3605544926672060416 n
achillis4412さんの投稿

しかし会社として副業を禁止しているところもありますし、減額しているという事は残業も多くなる可能性もあります。その場合他の仕事で減額分は補えない為、会社も状況を理解して調整手当で対策をとります。人材を社外に出さないためにも、会社として必要な対策になります。

調整手当を言い換える!会社によって表現は違う

調整手当とは言い換えができる

18644757 426189954414492 7675704821126529024 n
chikachikamayumayuさんの投稿

実は、調整手当とは多くの人が求人広告などで触れていることが多々あります。それは会社によって言い換えをしている為気づいていないだけで、多くの企業は調整手当の事を能力手当と表現しています。

毎月の給料に期待をさせる

25038657 154268185298225 6898255954605768704 n
a.1485さんの投稿

調整手当とは基本給とは別に支払われるものになりますので、確かに能力手当という言い方は正しいです。能力の高い人を会社としては欲しいのは当然ですので、自信がある人はその能力手当に期待をして会社に入ってきます。ちょっとした言い方の違いだけで人員確保に繋がります。

その人の能力がわからない!その場合に利用できる

調整手当とは広告に掲載している場合も

28151351 149950499003668 732621094556532736 n
saneyoshi4499さんの投稿

調整手当とは、求人広告に掲載がされている場合がありますし言い方を変えた書き方がされている場合もあります。そして採用したい人の能力がわからない場合にも調整手当とは利用されることがあります。

マイナス評価であれば減額をされる

15624132 1657777631187771 7639973029686018048 n
nozomaru1006さんの投稿

例えば、調整手当は数ヶ月後に変動という形をとり、最初から金額を明示しない様にします。そしてその人の能力がわかった時に調整手当を明確にする企業があります。もちろんですが、能力によって見直しの際に多くなる場合もあればマイナス評価として減額をされる場合もあります。

残業代がつかない!時代ならではの問題を解決

残業は今では当たり前の時代

1169961 715873415167782 1569498549 n
mou_kanaさんの投稿

先ほどもありましたが、今は非常に不況の時代のため残業を依頼される場合は多々あります。そして残業を行なっても残業代が十分に支払われない事があります。時間外労働に対しては賃金を支払う義務がありますがこれが今のリアルな現状です。

いつかはマイナス分は補う

13743108 1627049390940868 1841193840 n
katsu.222さんの投稿

そして残業代が支払われなければ、社員の不満は溜まります。調整手当とは残業代の事も含みますので、企業としてゆとりが生まれた時はその時のマイナス分をきちんと調整するべきです。この様な問題解決にも調整手当とは活躍する可能性があります。

Thumb休日出勤の割増手当の仕組み大解剖!未払いに遭わないための防衛策!

給与の書き方!広告の掲載欄に注目してみよう

人材確保に力を入れている

33210208 383850768764000 5342808938196762624 n
daiyasu_kyotsukemonoさんの投稿

求人サイトには非常に多くの会社が掲載をしており、人材確保に力を入れています。そして求人広告欄には稀に、給与の金額の開きが非常に大きいものがあります。

調整手当で書き方に工夫を

22071178 1930284807295041 5193514612267417600 n
heide0820さんの投稿

書き方としては「給与18万円から35万円」などです。これは基本的には毎月の給与に調整手当が含まれている金額を示しています。幅を広く持たせることで求職者は期待をしますし、会社としての書き方の工夫になります。

調整手当について理解する!基本給が全てではない

ここまで見てきてわかる様に、調整手当とは会社が社員を確保するための対策として用いられることが多くあります。今の時代は不況になりますので給与の減額も少なくはないです。その際の補填として社員を逃さないためや、格差が生じないための対策として調整手当は利用されます。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ