ビットコインの換金方法を徹底解説!出金手数料や税金の注意点は?

ビットコインを使う方法にはそのまま利用する方法と通貨に換金してしまう方法があります。ビットコインを日本円に換金するにはどのような方法があるのでしょうか。仮想通貨であるビットコインの税金の有無や手数料、為替レートとの関係などを解説していきます。

ビットコインの換金方法を徹底解説!出金手数料や税金の注意点は?のイメージ

目次

  1. 仮想通貨の一種である!ビットコインとは
  2. 仮想通貨機能を持つビットコイン
  3. 国際通貨として機能するビットコイン
  4. デジタル通貨の機能を持つビットコイン
  5. 暗号通貨として利用されるビットコイン
  6. 分散型通貨機能を持つビットコイン
  7. ビットコインを日本円に換金できる場所とは
  8. ビットコインを換金するには
  9. ビットコインを利用するには仮想財布のウォレットが必要
  10. ビットコインを換金できるATMもある
  11. ビットコインの換金手数料
  12. 換金したビットコインには税金がかかる!
  13. ビットコインの換金と為替レート
  14. 誰もが知りたい!ビットコインの換金方法

仮想通貨の一種である!ビットコインとは

仮想通貨と呼ばれているビットコインには仮想通貨としての機能だけでなくその他にも4つの通貨機能があります。その機能は、仮想通貨機能と国際通貨機能とデジタル通貨機能があり、暗号通貨機能と分散型通貨機能と呼ばれています。「仮想通貨・ビットコイン」とは一体どのようなものなのでしょう。

仮想通貨機能を持つビットコイン

仮想通貨といえばバーチャルマネー、実態を持つことなくインターネットを介して管理されているデータ通貨のことをいいます。スマートフォンやパソコンに「ウォレット」と呼ばれる専用アプリをダウンロードしておくと、実態のないお金「仮想の通貨」であるビットコイン使うことができるようになります。

国際通貨として機能するビットコイン

ビットコインの大きな特徴に、国家の管理下にあらず、世界中の国において同じように利用することができる点があります。この特徴を持ってビットコインは日本を始め、アメリカ・カナダ・メキシコなどさまざまな国において使用できる環境が広まりを見せています。今や世界中の日常生活における決済方法の一つとして浸透しようとしているのがビットコインです。

デジタル通貨の機能を持つビットコイン

25006379 324402404742872 2575882012728492032 n
bitcoinerjpさんの投稿

ビットコインは電子データとして通貨機能を持っているので、高額なビットコインを所有していても場所を取ることもなく、支払いの手間が変わるようなこともありません。お金そのものをデジタル化されているものなので、持ち運びに苦労がないことが大きな特徴です。

類似品に「nanaco」や「Suica」などの電子マネーと呼ばれるものもあるのですが、それらは日本円を電子データ化しているだけのもので、実際の通貨として扱われるビットコインとは異なるものです。

暗号通貨として利用されるビットコイン

インターネット上で取引されるビットコインには、セキュリティーのために電子署名と公開鍵認証と呼ばれる暗号化技術が利用されています。

2つの暗号化技術は、仮想通貨だけにとどまらず、その他のさまざまな分野においてセキュリティのために使用されています。万が一送信中のデータを見られたとしても、そのデータの受け取り手と送り手の当事者以外には暗号が復元できない仕組みなっているので、財布に入れて持ち歩くお金より安全が確保されています。

分散型通貨機能を持つビットコイン

25009670 1953949391510829 1085427334795755520 n
gatekunさんの投稿

ビットコインは世界中のネットワークに参加する人々によって直接管理されていて、特定の国家が管理する通貨ではありません。「Peer to Peer」と呼ばれるシステムが採用されていて、参加しているユーザーが相互に承認し合うことで、正当な取引を保証しているものです。

参加するユーザー全員が過去における取引記録まで確認して不正のチェックを行い承認し合うシステムなので、管理主体者が不在状態にあっても運営を継続できる形態とされているのがビットコインです。特定の管理者が一括で管理するシステムではなく、参加者全員による相互承認システムとなっているため、ビットコインは「分散型通貨機能」を持つとされています。

ビットコインを日本円に換金できる場所とは

25014862 2449903231901504 3732820230880100352 n
kaorunakamura01さんの投稿

日本には仮想通貨のビットコインを通貨として取り扱っているところがあまりありません。ほとんどの場合が投資を目的としてビットコインを利用しています。投資目的でビットコインを利用する方は、レートの変動を見極めてすぐに売れる状態にしておきたいのが一般です。

25036187 1998630080375325 1130821063190511616 n
rem.non_remさんの投稿

そのためビットコインを換金する方法としては、取引所を利用しての換金が主体となっています。国内において取引所として日本円で取引を行うためには、以下の基準を満たしている場所であることが必要になります。

ビットコインを換金するには

25012943 768792303313790 5563120320732200960 n
joyfx0520さんの投稿

ビットコインを換金することができる場所については、先ほどご紹介した取引所となります。ビットコインをウォレットの中に保管している場合、まず所有しているビットコインを取引所に送付して必要なデータを入力すると、日本円に換金することができるようになります。ただし為替レートの影響を受けるので換金する際には注意が必要です。

ビットコインを売りたいときには、取引所を経由して買いたい人に売ることが基本となります。ビットコインを売った後で、登録口座に出金依頼をしておくと売買成立となります。

25014973 923109951186524 1389942410162733056 n
gatekunさんの投稿

ビットコインの今後の普及度合いによっては、受け取ったビットコインで買い物をしたりすることが一般になってくるはずなので現金化する必要性は減ってくるといわれています。しかし日本国内における現時点のビットコインの普及状況では、現金化する必要性が高いといわざるを得ません。

ビットコインを利用するには仮想財布のウォレットが必要

ビットコインは仮想の通貨なので、ソフトウェアをダウンロードすれば誰でも簡単に始めることができます。ビットコインの入手は「取引所」で円やドルなどと交換するのが通常のやり方です。ビットコインを管理するためには「仮想財布」のウォレットを作成することが必須となります。

取引所では円やドルへの換金ができます。為替レートの変動によりビットコインの価値の下落による損失を避けるためには、ゲットしたビットコインをすぐさま現金化してくれるサイトを利用すると良いでしょう。

ビットコインを換金できるATMもある

その他の換金するやり方として、ビットコインが売却できるATMを利用する方法もあります。東京の一部のATMにはこのシステムを導入しているものもあるようですが、その他の地域のATMにはないようです。まだまだこれからのビットコインの普及次第といったところでしょう。

34351068 2029229687300240 8612973642684301312 n
mrtomo007さんの投稿

ビットコイン対応のATMでは、本人確認をした後、ATM画面にアドレスが表示され、そこにビットコインを送付する形態になっています。QRコードなどで送付情報をATMから読み取り、ネットを介して売却を希望するビットコインを送付することで手続き完了です。

25024536 139420010055605 8614675038144036864 n
bitcoin_beginnersさんの投稿

現時点では東京都心部にしかATMにビットコインに対応するものがないので、その他の地域の方は取引所を利用するしかないのが現状です。

その他のビットコインを換金する方法に、知り合い同士による直接取引があります。これは取引に対するリスクが非常に小さいのでオススメの方法です。

ビットコインの換金手数料

取引所でビットコインを日本円に換金するには、手数料が0.6%必要となります。ビットコインを売る際に買い手が要る場合には、ほぼその場でリアルタイムに反映されることになります。手数料は換金する金額から自動的に減額されて振り込まれてきます。

25024485 310528176125187 2716698640151216128 n
motoki.motokiさんの投稿

また取引所から日本国内の銀行口座に送金するためには、別途200円の手数料が必要になります。ビットコインの規約では最低送金金額が75ドル相当の貨幣となっているので、為替レートなどをよく見て換金することが重要です。つまり手数料の合計としては、換金手数料が換金金額の0.6%と振込手数料の200円が必要となるわけです。

換金したビットコインには税金がかかる!

25036660 161860057777608 3834103440984768512 n
crypto_news1さんの投稿

仮想通貨であるビットコインは、円やドルなどの国家が運営している通貨やモノに交換することなくビットコインとして保持している場合には税金はかかりません。しかし換金したり商品を購入した場合には所得となり、税金がかかってしまいます。「納税は国民の義務」なので利益があった場合には確定申告が必要です。

ビットコインで利益を得るパターンには「ビットコインの売却・ビットコインでの商品購入・ビットコインによるその他の仮想通貨の購入・ビットコインの追加購入」などがあります。

確定申告で税金を支払う

25009687 176219126296405 7973265962189193216 n
mush.designさんの投稿

ビットコインで利益を得た場合にかかる税金は雑所得と譲渡所得です。雑所得は年間で20万円以上の利益が出た場合、譲渡所得については年間50万円以上の利益が出た場合に税金を支払う必要があります。また住民税(市県民税)税率10%も支払う義務が発生します。ビットコインで利益を得た場合の所得税の税率は以下になります。

ビットコインの換金と為替レート

25018542 246208065916433 270771484417327104 n
bitcoindayoさんの投稿

現在ビットコインは世界中の国で取引されています。その他に通貨についてはUSドルによって価格が決定されているのですが、ビットコインは違っています。「ドル・ビットコイン」「ポンド・ビットコイン」「円・ビットコイン」などそれぞれでビットコインの価格が異なっています。

「円・ビットコイン」を売りたい人と買いたい人がいて、その需要のバランスによってビットコインの価格が決定されています。ただ、円もドルもポンドも常に為替レートとして動いているので、ビットコインも為替レートに大きな影響を受けることになります。円安になれば「円・ビットコイン」は上がることになり、反対に円高になれば「円・ビットコイン」は下がることになります。

円高の底値でビットコインを売ってしまうと、為替レートが上がっていくので損をしてしまうことになります。逆に買っておくと為替レートの上昇と共に利益を得ることができます。ビットコインで取引をする方は、為替レートには常に意識しておくことが重要です。

誰もが知りたい!ビットコインの換金方法

25017951 453212598472493 7558344350137057280 n
yasufmさんの投稿

今流行りのビットコインを日本円に換金する方法をまとめてみました。ビットコインの換金を実際にやってみたらわかる方法ですが、換金するには注意点や知っておかないルールが存在しました。今までには無かった仮想通貨ビットコインを使い、新しい世界を楽しんでみましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ