奨学金に保証人は必要?条件や責任からなり手がいない場合の対処まで!

奨学金を借りるには保証人が必要です。奨学金を借りたいと思っても、保証人になってくれる人が居なければ奨学金を借りることは出来ません。そこで今回は保証人の条件や保証人のなり手を探す方法、さらになり手がいない場合の対処法を紹介します。

奨学金に保証人は必要?条件や責任からなり手がいない場合の対処まで!のイメージ

目次

  1. 奨学金の保証人って!そもそも奨学金の種類とは?
  2. 奨学金制度1:人的保障制度
  3. 奨学金制度2:機関保障制度
  4. 奨学金の連帯保証人は基本両親
  5. 奨学金に保証人ってかならず必要なの?
  6. 奨学金の保証人になる条件とは?
  7. 奨学金の保証人になるリスクとは?
  8. 奨学金の保証人なり手が居ない時の対処法は?
  9. 奨学金の保証人になるのは責任が重い?
  10. 本人の自覚の為に奨学金を利用することもある
  11. 保証人がいない場合も奨学金を諦めないで

奨学金の保証人って!そもそも奨学金の種類とは?

親に迷惑を掛けたくないから奨学金を利用しようと思っても、実際は連帯保証人や保証人が居ないと奨学金は借りられません。そこで保証人の条件などをしっかり確認して、保証人になってくれる人がいるかどうか確認してみましょう。また、奨学金には大きく分けて「人的保障制度」と「機関保障制度」の2つの種類があります。2つの違いについて、まずは説明いたします。

奨学金制度1:人的保障制度

人的保障制度は、連帯保証人と保証人を付けることで申し込むことが出来る奨学金制度です。本人が返済できなくなった場合、連帯保証人が本人に変わって返済することになり、連帯保証人が返済できなくなった場合は保証人が返済するというものです。人的保障制度は人的責任がありますが、奨学金に対して保証料が掛からないので、その点がメリットといえます。

奨学金は日本の学校だけでなく、海外へ留学される方も利用できます。今まであきらめていた方も、奨学金を利用することによって海外留学も実現できるようになりました。奨学金を利用すると自分の可能性を広げることが出来ますので、海外留学にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

奨学金制度2:機関保障制度

25011798 160687618022567 4602332258261532672 n
bahasajepangさんの投稿

機関保障制度は、保証機関が連帯保証人に変わって奨学金の保証をしてくれる制度です。そのため連帯保証人や保証人がいなくても奨学金の申し込みが出来ます。仮に自分が払えなくなった場合は、保証機関が代わりに返済を行います。そのため両親や親族に迷惑を掛けることはありません。代わりに奨学金から保証料が引かれるので、受け取れる金額が少なくなります。

24838612 196188634275162 7055022402643689472 n
xikejimanxさんの投稿

保証人は責任を感じてしまうせいか、なり手がなかなか見つかりません。そんな時の対処法として機関保障制度を利用してみてはいかがでしょうか。親が一人っ子などで親族がいない方などは、受け取れる金額は減りますが、保証人が不要というのは非常に助かります。親族がいないからと諦めないで、機関保障制度を利用して対処していきましょう。

Thumb奨学金の機関保証!メリットや保証料は?人的保証との違いも調査!

奨学金の連帯保証人は基本両親

25005836 1599913790088045 4721009235511476224 n
sekikenichiroさんの投稿

奨学金は「連帯保証人」と「保証人」の2種類の保証人をつけなければなりません。連帯保証人は父・母が原則とされていますが、両親がいない場合は4親等までの親族ならば連帯保証人になることが出来ます。両親がいないからといって、奨学金を借りられないという訳ではありません。おじさんやおばさんに頼んでみることも出来ますので、いろいろ相談してみましょう。

25006437 577565219252627 1867142173288300544 n
celebraite_dining_luxさんの投稿

学生本人が結婚していたとしても、配偶者は連帯保証人として認められていません。しかし、学生本人の兄弟・姉妹は連帯保証人になることが出来ます。ただし学生の方や未成年の場合ですと、責任能力が無いと判断され連帯保証人にはなれません。必要条件として年齢が20才を過ぎ、きちんと働いている兄弟・姉妹がいた場合は連帯保証人のなり手として認めてもらえます。

奨学金に保証人ってかならず必要なの?

25008546 151222035505284 7224391122246696960 n
morinaga5115さんの投稿

奨学金を借りるには保証人が必要です。連帯保証人のほかに保証人がいなければ奨学金を借りることは出来ません。連帯保証人と保証人がそろったところで、はじめて奨学金を申し込めるのです。連帯保証人は両親に頼めるのでいいのですが、保証人となるとあまりなり手がいないのが現状とされています。保証人のなり手探しに苦労される方も多いのではないでしょうか。

保証人と聞くと、多額の借金を負わされるイメージがあるのかもしれません。ですが奨学金は何千万もの金額ではないですし、本人が払えなかったときは両親によって返済されることが多く、保証人まで支払いが及ぶことはあまりありません。保証人といっても奨学金の場合、そこまで怖がらなくても大丈夫です。おいっこや姪っ子の喜ぶ顔も見られます。

奨学金の保証人になる条件とは?

25011475 183770322362557 7948123678904942592 n
kico0303さんの投稿

奨学金の保証人の条件とは、両親以外で連帯保証人とは別に暮らしている4親等までの親族が保証人として認められます。ただし奨学金を申し込むときに、年齢が65才を超えていると保証人にはなれませんので注意が必要です。祖父や祖母が保証人を申し出てくれることがありますが、年齢制限によって保証人になれないことが多くなっています。

23735376 1955384961389179 1975222693124898816 n
wak7698さんの投稿

おじ・おばがいない場合の対処法として、兄弟・姉妹に保証人をお願いする方法があります。連帯保証人の条件と同じように兄弟・姉妹も保証人のなり手として認められています。ですが学生や未成年では責任能力がありませんので、成人している必要があります。ですので、対処法としては成人した兄弟・姉妹にお願いするようにしましょう。

奨学金の保証人になるリスクとは?

23164271 126322048034111 1201254270532321280 n
pal_soudamgram_officalさんの投稿

奨学金の保証人というのは本人や連帯保証人が支払えなくなった時に、代わりに支払う責任があるのでリスクがないとはいえません。ですが、保証人になるのを嫌がって親戚関係が悪くなるのもリクスといえます。自分にも子供がいる場合、お互いに保証人になればよいのですが。引き受けるにしろ断るにしろ、どちらにも多少のリスクがあることは覚悟しなければなりません。

どうしても保証人を引き受けたくない時は、上手な対処法として「機関保障制度」を進めてみるという方法があります。機関保障制度なら保証人がいりませんので、頼む方も無理にお願いするよりは気が楽になるかもしれません。お互いのリスクを軽減するために、機関保障制度も頭に入れておきましょう。

Thumb奨学金金利は「固定」と「見直し」の2種類!特徴や違いを徹底解析!

奨学金の保証人なり手が居ない時の対処法は?

25017182 164423897647175 6121489343639977984 n
myuuu.0616さんの投稿

両親も自分も一人っ子で、おじおばもいなければ兄弟・姉妹もいない。そんなときは機関保障制度を使うほかに選択肢がありません。そうではなく親族は居るのに、なり手が見つからない場合もあります。そんなときは素直に機関保障制度を利用しましょう。金額は少なくなりますが、親戚に何度も頭を下げる気苦労を考えたらその方が気も楽になります。

奨学金に関する説明会は、全国各地で行われています。なるべく多くの説明会に参加して知識を付けることで、保証人をお願いするときに説得しやすくなります。説得力のある言葉でお願いすれば、保証人になってもらえるかもしれません。小さなことかもしれませんが、やってみる価値はきっとあります。

奨学金の保証人になるのは責任が重い?

25016854 223532011521788 4757544095642025984 n
rico_doll1225さんの投稿

奨学金の保証人は責任が重い気がして、出来ることならやりたくはありません。ですが保証人になってから親戚付き合いがよくなるケースもあります。今まであまり交流の無かった親戚が、保証人をきっかけに仲良くなり、おいっこやめいっこがよく遊びに来るようになるなど。保証人になった事で感謝されるようになるので、悪いことばかりではありません。

奨学金を借りるのは大変と思いがちですが、返済不要で奨学金を用意している機関もあります。保証人になるのは責任が重いと感じた時は、こういった奨学金があることを教えてあげるのもいいかもしれません。しかたなく断る場合も、このように協力的なことをしたほうがお互いに気もちいいものです。

本人の自覚の為に奨学金を利用することもある

親に十分な経済力があるにもかかわらず、子どもにお金の大切さを学ばせるために奨学金を利用するケースもあります。本人は自分でお金を払うのでしっかり勉強もするようになり、お金の管理だけでなく成績も上がるようになります。親のすねかじりを卒業させるために、奨学金を利用してみてはいかがでしょうか。

保証人がいない場合も奨学金を諦めないで

奨学金の保証人のなり手がいなくて苦労される方も多いかと思います。ですが奨学金を利用することができれば学生は安心して勉強できるのです。奨学金が返せなくて苦労する人ばかりではなく、卒業後にお金を稼いできちんと返済する方もいます。どうしても保証人がいない時の対処法もありますので、上手に奨学金を利用していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ