「ご子息様」は正しい使い方?適切な意味と用途を例文で解説!

ご子息やご子息様という言葉は、知ってはいてもあまり使う機会がない言葉です。しかし、丁寧な言葉の使い方が求められる場では必要になる表現となります。ここではご子息様の正しい使い方や、適切な意味や用途を例文を参考にしながらまとめています。

「ご子息様」は正しい使い方?適切な意味と用途を例文で解説!のイメージ

目次

  1. ご子息を使う!その意味や用途などを解説
  2. 基本的な事から!ご子息はどういう意味?
  3. ご子息とご子息様!どっちが正しい?
  4. ご子息は男の子!では女の子は何と言う?
  5. 性別での使い分け!子供に対しても重要な事
  6. 知っておくべき!ご子息はどこまで使える?
  7. 大人として大事!ご子息とご子息様の使い方
  8. ご子息とご子息様の使い方1:手紙の場合
  9. ご子息とご子息様の使い方2:会話での場合
  10. ご子息とご子息様の使い方3:上司の場合
  11. 使い分けは大事!使う前に確認も必要になる
  12. ご子息やご子息様!自分の子供にも使える?
  13. 二重敬語を知っておく!マナーとして間違い
  14. 固すぎる表現は避けたい!お子様は使える?
  15. 上司の子供が結婚!その場合の例文とは
  16. ネットを活用!正しい言葉使いを学ぶ
  17. ご子息とご子息様は使い分ける!適した呼び方を

ご子息を使う!その意味や用途などを解説

32233060 173126180058760 7411008159927500800 n
tomosienne0024さんの投稿

ご子息やご子息様という言葉は聞いた事がある方が多くいますが、実際にはあまり使う機会はない言葉になります。しかしビジネスの場など丁寧な敬語表現が必要な場合のために知っておくべきです。ご子息とご子息様の違いや使い方、そして意味などを解説していきます。

基本的な事から!ご子息はどういう意味?

ご子息やご子息様はあまり使わない

大人になると丁寧な敬語表現が使えることは当然であり、必要な能力になります。そしてふだ訛り使わない言葉でも意味や使い方は知識として知っておくべきです。ご子息やご子息様と言う言葉は丁寧な言い方で子供の事を意味します。

ご子息やご子息様の意味は子供

目上の人や敬語表現を使うべき相手の子供の事を言う時は、丁寧な敬語表現でご子息やご子息様と呼ぶべきです。これは使う機会が少ないものとはいえ、知っておくべき基本的な知識となります。

ご子息とご子息様!どっちが正しい?

言葉の間違いは失礼となる

丁寧な敬語表現は、大人になると使えなければいけませんし、ビジネスの場においては毎日のように使う言葉です。そして何が正しく何が間違いであるのかの判断も的確に行わなければいけず、間違いは失礼となるため禁物です。

ご子息様は二重敬称になる

そしてご子息とご子息様の療法がありますが、正しいのはご子息になります。ご子息様は二重敬称と言われ言葉の使い方としてはマナー的に間違った使い方です。しかし例外がある事も知っておく必要があります。

ご子息は男の子!では女の子は何と言う?

ご子息やご子息様は男の子

ご子息は先ほど子供のことを意味する敬語表現とお伝えしましたが、漢字で書く通り男の子の事を意味しています。では、ここで気になってくるのは子供が女の子の場合はどうするのかと言うことです。

女の子の場合は?

子供が女の子の場合は、ご息女と言うのが正しい敬語表現になります。上司など目上の人の場合はご息女ですが、お金持ちの方の娘となればまた呼び方は変わってきます。その場合はご令嬢が正しい敬語表現になります。

性別での使い分け!子供に対しても重要な事

目上の人には言葉使いは注意

上記で説明したように、男の子なのか女の子なのかで呼び方は変わってきます。目上の人に対して誤った言葉の使い方は非常に失礼となりますので正しく使えるように知識として知っておくべきです。

大人でも性別で変わる

大人でもそうですが、性別で呼び方は変わります。ご子息やご息女と同じ様に大人も亭主や奥様など呼び方は変わります。ビジネスの場では特に使うことがある敬語表現になりますので正しい使い方を知っておく必要があります。

知っておくべき!ご子息はどこまで使える?

何歳までご子息やご子息様は使える?

ご子息やご子息様は子供という意味があり、目上の人に対して使われる敬語表現ということはわかります。しかし、ここで一つ疑問になるのが一体いくつまでの子供に対して使えるのかという点です。

ご子息やご子息様に特に決まりはない

これに関しては実は決まりは特にないとされています。つまり何歳であろうが目上の人の子供に対してはご子息やご子息様は使える言葉です。知識として知っておくべき内容になります。

大人として大事!ご子息とご子息様の使い方

ご子息とご子息様も使い分けが必要

28765836 1313534675457224 3163535900776857600 n
kiyohitottehitoさんの投稿

大人になると言葉は正しく丁寧な敬語表現を使えることが必要とされます。先ほど紹介したようにご子息とご子息様も使い分けが必要です。状況や使う場によって、呼び方は変わってきます。

ご子息様を使う場面もある

22071183 491969594529040 619204812294062080 n
takeem_in_da_doveandbucksさんの投稿

ここからはご子息とご子息様の正しい使い方についていくつか紹介していきます。実はご子息様は二重敬称となりどちらかといえば正しくはないものですが、使い分けが大事になりますので知っておくべきです。

ご子息とご子息様の使い方1:手紙の場合

手紙は敬語表現の使い方が重要

32550369 418029528661487 7378485649654939648 n
studioteacupさんの投稿

まず紹介するご子息とご子息様の使い方は手紙の場合からです。手紙を書く機会は若い時はあまりないですが、大人になれば書く機会は訪れます。そして手紙では丁寧な敬語表現は非常に大切です。

特例としてご子息様を使う

13671111 1794136200829317 1233726689 n
meg._.meさんの投稿

手紙で目上の人の子供を呼ぶ時の言い方は、ご子息様が正解です。手紙は文字のみで相手に伝わるものになりますし、特に丁寧な敬語表現の使い方が必要となります。この場合は特例として二重敬称となるご子息様は使うべきとされています。

ご子息とご子息様の使い方2:会話での場合

ビジネスの場では多くある

13397478 303567099978694 1395663177 n
kzrn0601さんの投稿

続いてのご子息とご子息様の使い方は会話での場合です。ビジネスの場では特に目上の人と会話をする機会は増えます。その際には正しい敬語表現が使えていなければ非常に失礼となります。

息子さんでもOK

13355457 1538646636444622 1070423332 n
meg._.meさんの投稿

そして会話の中では、相手の子供のことはご子息もしくは息子さん、娘さんという使い方をするのがベストです。会話中にご子息様は堅苦しいですし、いくら目上の人といってもそこまでする必要はないとされています。

ご子息とご子息様の使い方3:上司の場合

無難なのはご子息

13248977 995736043875571 1644879540 n
eistue23さんの投稿

そして最後になるご子息とご子息様の使い方は上司の場合です。上司との会話は相手との関係性にもよりますが、基本的には息子さんやご子息で構わないとされています。しかし無難なのはご子息です。

子供の年齢で使い分けをするべき

10296884 1420752588187722 312324713 n
akira_11さんの投稿

いくら仲が良いとしても、礼儀は大切です。上司の子供の年齢によってご子息か息子さんで使い分けをするのがより正しい使い方です。稀にお坊ちゃんという言い方が例にありますが、失礼となる場合があるので避けた方が良いです。

使い分けは大事!使う前に確認も必要になる

大人として当然のことになる

1171042 547836158634334 2001564010 n
akira_11さんの投稿

ここまでご子息やご子息様の使い方を見てきてわかるように、相手との関係性に関係なく礼儀は大人としてのマナーになります。正しい使い方で丁寧な敬語表現を使うことは大人として当たり前のことです。

相手の好みに合わせる事も大事

11296653 802625746519114 1473663533 n
akira_11さんの投稿

そして、相手の子供の年齢によっても使い分けは必要となります。子供といいても大きくなればご子息よりも息子さんの方が適した言い方にもなりますし、相手の言葉使いの好みに合わせる事も必要となります。

ご子息やご子息様!自分の子供にも使える?

知識として頭に入れておくべき

ご子息やご子息様は目上の人の子供に対して使う言葉になります。ビジネスの場など丁寧な言葉使いが求められる場では必ず知っておくべき言い方ですので、知識として頭に入れておくべきです。

自分の子供は何と呼ぶ?

33114743 799601713577492 8603719903716835328 n
kazz_iさんの投稿

そして、自分の子供に対してもご子息やご子息様、あるいはご息女は使えるのかという疑問がありますが、自分の子供に対しては使わない言葉です。その場合は息子や娘、せがれと言うのが正解です。

二重敬語を知っておく!マナーとして間違い

敬語にもマナー違反となるものがある

先ほど紹介したように、ご子息様は手紙など文書では使い方として間違いではないですが、基本的には二重敬称といいマナー的には間違ったものです。そして敬語表現にも丁寧に感じますが間違った使い方があります。

二重敬語は間違った使い方

33721430 182142325821241 3949397641862840320 n
ishiguro_mamiさんの投稿

それは二重敬語といわれるものになります。二重敬語とは謙譲語や丁寧語が重なって使われているもので、非常に丁寧な言葉の使い方に感じますがマナー違反となります。相手によっては不快にさせる可能性もありますので注意が必要です。

固すぎる表現は避けたい!お子様は使える?

お子様も使う人は多い

32855066 756288341425731 4142826660883857408 n
0chii_bee3さんの投稿

言葉の使い方は相手からの印象を決める非常に重要となるものです。若い時はあまりわからないものですが、ビジネスの世界に身を置いているとその大切さがわかってきます。そしてあまり堅すぎる言葉使いは避けたい相手に対して子供の事をお子様と呼ぶ場合があります。

子供の年齢によってはありな呼び方

32805760 398481280631207 8845000265779118080 n
na_7_10_msさんの投稿

この、お子様という呼び方は決して間違いではありませんし失礼な表現と捉える人もほとんどいませんが、小さな子供に対しては使えます。しかし、ある程度大人になった子供に対してはお子様よりも息子さんやご子息が適切となります。

上司の子供が結婚!その場合の例文とは

人として正しい言葉使いで

33148874 643871285948274 4878220882679431168 n
sherbet.ylさんの投稿

相手の子供のことは、基本的に日常会話ではお子さんや息子さん、あるいはご子息と言いますが、きちんとした呼び方が必要な時はお子さんなどのフランクな言い方は避けるべきです。例えば上司の子供が結婚した時のお祝いのメッセージを送るときの例文を例にします。

結婚などは正しい表現を使う

32841793 183341062369496 966218747968749568 n
jewelryelleさんの投稿

このような場合は、普段の会話ではあまり使わなくても「この度は、ご子息様のご結婚、誠におめでとうございます」というようにきちんとした正しい言葉使いが必要です。

ネットを活用!正しい言葉使いを学ぶ

言葉の意味を知る事も大切

26182554 773756066154369 2925286351106473984 n
japan_service001さんの投稿

敬語表現を正しく使うには、言葉の意味を理解する事も大切です。きちんとした使い方を知るにはしっかりと意味を理解することは重要ですし、今では便利な時代になりすぐに調べる事ができます。

自分で調べる事が大事

20346827 1875523149380361 8136732189841686528 n
naoki.511522.hdさんの投稿

意味がわからなかったり、使い方を知りたい場合はネットを活用して自分で調べる習慣を身に付ける事が大切です。わからないままにしておくといつか自分が損をします。自分の為と思いメモを取る習慣をつける事も大事になります。

ご子息とご子息様は使い分ける!適した呼び方を

32495092 486975621822756 3431036350986452992 n
haru_haru.babyさんの投稿

ご子息やご子息様は、大人になると使う機会が増えるものになります。目上の人に対しては正しい言葉の使い方で、失礼のないようにする事が大切です。ネットも活用しつつ自分で調べる事も大人として必要となります。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ