専門学校の学費は平均でどれくらい?入学から卒業までにかかる金額を調査!

子どもの教育費が高いイメージはありますが、特に高額なのが大学などの進学費用です。実際に納入する金額で比較すると専門学校の方が安い場合もあります。時期が来ればしっかりと進学先について検討する必要があります。今回は専門学校の学費についてまとめています。

専門学校の学費は平均でどれくらい?入学から卒業までにかかる金額を調査!のイメージ

目次

  1. 専門学校の方が安い?学費の実態とは
  2. よく調べよう!専門学校に通う必要な学費
  3. 何が必要になる?知っておきたい専門学校の学費
  4. 専門学校に必要な学費や流れ1:受験料
  5. 専門学校に必要な学費や流れ2:入学金
  6. 専門学校に必要な学費や流れ3:授業料・実習費
  7. 初年度の納入金はいくら?専門学校の平均学費
  8. 奨学金で学費を補填!専門学校にも奨学金はある?
  9. 分野で大きく異なる!専門学校で多い7分野
  10. 専門学校の種類と学費1:美容関連
  11. 専門学校の種類と学費2:IT関連
  12. 専門学校の種類と学費3:デザイン関連
  13. 専門学校の種類と学費4:アニメ関連
  14. 専門学校の種類と学費5:医療関連
  15. 専門学校の種類と学費6:機械関連
  16. 専門学校の種類と学費7:健康・スポーツ関連
  17. 学費は重要!しっかりと考えて進学しよう

専門学校の方が安い?学費の実態とは

高校3年生になると進学する場合は大学や専門学校などで悩みます。進学先の選び方で重要な要素の一つに学費があります。実際に専門学校の方が安いイメージがありますので、時期が来たらしっかりと考えて進学先を決める必要があります。ここからは専門学校の学費について紹介していきます。

よく調べよう!専門学校に通う必要な学費

学費は進学の大きな要素

33473552 676140592730521 5473973812032700416 n
bunsei_hsさんの投稿

高校卒業後に進学する人の中には大学ではなく専門学校に進む方もいます。実際に専門学校へ進む際にどのような内容を学べる専門学校に行くかが重要ですが、他にも学費などお金の面も検討の大きな要因になります。

種類で学費は大きく変わる

実際に専門学校の場合は大学進学と比較すると必要な学費などは少ないと言われています。しかし、専門学校の種類によって平均的な学費は変わってきますので、進路を決める場合は時期を見てよく調べておく必要があります。

何が必要になる?知っておきたい専門学校の学費

時期を見てよく調べる

33434396 2284736795135612 7143751397572345856 n
nabi.instaさんの投稿

これから進学先を考える場合にもどれくらい学費がかかるのかを時期を見て知っておくことも重要ですし、子どもが専門学校に進学するとなれば親としては学費の価格は重要になってきます。

学費の内訳とは

そのため、専門学校に入学する際にどれくらいの費用がかかるか内訳を知る必要があります。中には比較的学費が安い専門学校もあります。ここからは専門学校の学費の内訳と平均について説明していきます。

専門学校に必要な学費や流れ1:受験料

受験料でも差が出る

32274339 196025017700050 4601397982615568384 n
banrikiyaさんの投稿

専門学校に必要な学費の1つ目は「受験料」です。大学と同じく専門学校に受験する際も受験料が必要になり、広い意味で受験料も学費にカウントされます。国公立の専門学校の場合の平均は5000円から1万円になります。

出願と同じタイミングで納入

33021645 2083125308590371 4273588658197495808 n
sapporo_bridal35さんの投稿

国公立の専門学校と比較して、私立の専門学校の受験料の平均は1万円から3万円になります。納入方法は各専門学校で異なりますが、学校に直接か郵送で受験料を納入します。納入時期に関しては基本的には受験する学校によって変わりますが、出願と同じタイミングで納入することが大きいです。

専門学校に必要な学費や流れ2:入学金

入学金も必要

32718393 145402919651927 8496052701468033024 n
cherietokyoさんの投稿

専門学校に必要な学費の2つ目は「入学金」です。入学金は専門学校に受験し合格して入学することを決めた場合に発生する学費です。名前の通り、入学金を支払わないと入学できません。

納入時期に要注意

基本的な入学金の納入時期は専門学校に受験した後の合格発表から1週間以内であることが多いです。実際に入学金の納入時期に関しても専門学校によって異なりますが、納入時期に送れてしまうと入学取り消しになる場合もあります。

専門学校に必要な学費や流れ3:授業料・実習費

授業料が比較的高額

32709029 138333867033218 7197678083522953216 n
sanko_med_chibaさんの投稿

専門学校に必要な学費の3つ目は「授業料・実習費」です。専門学校の学費の中で最も高額なものが授業料・実習費・設備費などの学費です。専門学校の場合は大学よりも専門的な内容を学ぶケースもあるので、授業料などは高額になることもあります。

学校によって大きく変わる

33856601 1012090668968005 3710562228588511232 n
hiko_osakaさんの投稿

実際に専門学校で学ぶ分野によって最も差が出るのがこの学費です。同じ医療系の専門学校でも、看護とリハビリ関係であれば合計した学費が倍近く変わります。基本的には入学までに支払うことが多いです。

初年度の納入金はいくら?専門学校の平均学費

学費の平均相場とは

32688606 197279617562103 8725648484742463488 n
yamano_bcさんの投稿

このような学費を全てまとめて1年目に支払うものを初年度納入金と言います。詳細は専門学校によって異なりますが、基本的には100万円前後かかる専門学校がほとんどです。設備などが充実しており、実習が多い専門学校であれば200万円近くになることもあります。

受験前によく調べよう

専門学校の方が大学などよりも安くなるイメージがありますが、実習の内容などを考えると大学と同じくらいの初年度納入金にあることもあります。同じ分野でも実施している授業内容で大きく変わるので受験前に確認することが重要です。場合によっては奨学金を考える必要もあります。

奨学金で学費を補填!専門学校にも奨学金はある?

奨学金も使える

33317728 2135432616690366 2513404489273180160 n
emsi.kawahara.nsさんの投稿

専門学校の場合も大学や短大と同様に奨学金を利用できます。実際に「この専門学校でないとやりたいことができない。」というものがあれば、奨学金で選択肢が広がることになります。自分の就職先などが決まるので奨学金を利用しても、自分の志望する専門学校に入学した方がいい場合もあります。重要なことは奨学金を利用するかどうか決断する時期です。

利息は安くない

32959273 1759637970786381 1061554377556230144 n
niken.jpさんの投稿

奨学金にも様々な種類があって、大きく国や自治体が実施している奨学金と学校独自で実施している奨学金があります。公的な奨学金の場合は大学などの奨学金と同様に、無利息の奨学金と利息が発生する奨学金があり、専門学校が独自に実施している奨学金は学校によって内容が異なります。実際に奨学金を利用した場合、利息などは安いものではありません。

分野で大きく異なる!専門学校で多い7分野

奨学金を利用する場合は早めに

33200196 213391412776562 5203015926034726912 n
cortres.saienさんの投稿

専門学校が実施している奨学金の多くは試験の結果や資格などによって給付される場合と、貸与される場合があります。金銭的な理由で学費で困っている場合は奨学金について早い時期に調べることは有効です。

どのような専門学校が安い?

33020067 2058442641142289 7286026913716371456 n
sanko_med_hiroshimaさんの投稿

専門学校を決める前に重要なことはよく自分の進路について考えることです。対して興味がないのに学費が高い専門学校に行くことは非効率的ですし、興味があるかの再確認も含めて学費などをよく調べる必要があります。ここからは専門学校の種類と学費の平均などについて挙げていきます。

専門学校の種類と学費1:美容関連

国家試験の対策費用がかかる

33349406 171446410191068 1288602721238122496 n
yamano_bcさんの投稿

専門学校の種類と学費の1つ目は「美容」です。美容関連の専門学校には美容師を目指す方が多く入学します。専門学校の中でも美容の専門学校は有名と言えます。美容の専門学校の学費の特徴は国家試験の対策費用です。

美容関連は安くない

基本的に入学金から授業料などに関しては平均的な学費ですが、国家試験用のカリキュラムで別途費用がかかることもあるので注意が必要です。初年度の学費の平均は140万円前後になります。基本的には2年間在学するので卒業までに平均270万円近く必要です。

専門学校の種類と学費2:IT関連

比較的安く人気がある

32272264 1816728785299002 3580740360961261568 n
hospieng365さんの投稿

専門学校の種類と学費の2つ目は「IT」です。最近注目を集めているIT関連の技術の専門学校に関しては入学者が増えていることも多いようです。このIT関連の専門学校に関しては設備などに費用がかからないケースもあるので、専門学校の中では比較的学費は安いと言われています。

IT関連は比較的安い

32682389 437709219983984 58570387411173376 n
nkc_denpaさんの投稿

IT関連専門学校の入学金は20万円前後で授業料が60万円前後です。そのため、多くの専門学校の初年度納入金は平均100万円を割るため安いと言われています。年数によりますが、卒業までに平均200万円かからないことが多いです。

専門学校の種類と学費3:デザイン関連

専門学校の方が安い

32548290 2094787500765933 8371892141902790656 n
4513hirokiさんの投稿

専門学校の種類と学費の3つ目は「デザイン」です。専門学校の中でも人気があるものと言えばデザイン関連の専門学校です。実際に美術大学に進学するか迷うことも多くありますが、専門学校の方が学費が安いことが多いです。

美大よりは安い

デザイン関連の専門学校の学費の合計は140万円前後になります。特に費用が掛かるのが授業料と設備費で毎年必要になるので、卒業までに平均260万円近くかかります。美大と比較すると専門学校の方が安いです。

専門学校の種類と学費4:アニメ関連

親から反対されやすい

33700980 373696773139332 4593505924374593536 n
kazumasa_watanabe_rojueさんの投稿

専門学校の種類と学費の4つ目は「アニメ」です。アニメ関連は産業としても市場を拡大していますが、親世代の反対が多い専門学校でもあります。高校3年生の時期に決めると反対されることが多いので、自分の進路に対して真剣であることをアピールするためにも早い時期から相談する必要があります。

授業料が高くなる

アニメの専門学校の特徴は最近入学者数が多いため入学金は10万円前後と安いですが、設備費に30万円近くかかります。また、大学などで学ぶ授業でもないので、授業料も高いことが多く70万円から80万円かかります。初年度納入金の平均は120万円です。

専門学校の種類と学費5:医療関連

分野によって学費が大きく異なる

32850888 261950307705890 4388281116977528832 n
nittaiiryoさんの投稿

専門学校の種類と学費の5つ目は「医療」です。医療分野は様々な種類があり、その分野によって学費の高い・安いが存在します。医療系の中でも安い看護学校を基準に他の専門学校を考えると倍近く変わることもあるので、早い時期から学費を調べておくことがおすすめです。

設備費で違いが出る

安いとされる看護学校の学費は初年度の入学金などを合わせても平均90万円になりますが、理学療法士などの専門学校になると170万円近くかかります。学費の大きな差は毎年かかる設備費などによるものです。

専門学校の種類と学費6:機械関連

最近では特に人気が高い

32741420 2128069957478769 7801894778508935168 n
oumitokeigakkouさんの投稿

専門学校の種類と学費の6つ目は「機械」です。自動車整備やロボット関連の専門学校は男性から人気があります。最近はAIなどの台頭により、ロボット工学を志望する女性も増えて来ているそうです。

大学の工学部よりは安い

いずれにせよ工学部がある大学と比較すると機械関連の専門学校の方が安い傾向にあります。機械関連の専門学校の学費の平均は110万円から130万円前後になります。

専門学校の種類と学費7:健康・スポーツ関連

将来的には有力な専門学校

33619858 465472283888787 8143350120264499200 n
nit_1994さんの投稿

専門学校の種類と学費の7つ目は「スポーツ」です。少子高齢化の影響でスポーツ・健康産業は非常に注目されています。国内ではスポーツを専門に扱っている大学も数は多くないため、専門学校が進学の選択肢になることが多いです。

スポーツ関連の学費も高くはない

実際に医学部よりスポーツの大学は授業料が非常に高いことで有名です。そのため専門学校の方が大学よりも学費が安いので有力な候補になります。スポーツ関連の専門学校の学費の平均は110万円です。

学費は重要!しっかりと考えて進学しよう

32845565 2069149376446981 8155199037385998336 n
tokyo_college_of_photographyさんの投稿

今回は専門学校の学費について紹介してきました。実際に進学の選択肢として通う年数も大学と異なるため、卒業までの学費は専門学校の方が安いことが多いです。専門学校の場合は入学金などの学費の納入時期を間違えると入学できないこともあるので要注意です。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ