専門家とされる人の定義とは?職業や必要なスキルなどを紹介!

専門家とは特定の分野に精通した専門的なスキルや知識を持った人のことです。一言で専門家といっても多種多様な種類があります。専門家と呼ばれる職業や名乗るために必要なスキルや能力はどんなものなのかを、専門家という言葉の定義から詳しくまとめています。

専門家とされる人の定義とは?職業や必要なスキルなどを紹介!のイメージ

目次

  1. 専門家とは一体なんだろう
  2. 専門家の定義とは
  3. 4つの国内法で専門家と明示されている職業
  4. 国内法で明示されている国家資格者
  5. 国家資格がなくてもなれる!専門家の種類
  6. 専門家の6つの種類
  7. 専門家に国家資格は必要?
  8. 専門家が身に着けるべき特別なスキルとは?
  9. 誰もが専門家になれる時代
  10. どうやってなる?その道の専門家
  11. 専門家が淘汰される時代
  12. 専門家として認められるのは難しい
  13. 周りから専門家として認められるには
  14. まずは専門家と名乗ること
  15. 資格を取って信頼される専門家に
  16. 日々スキルを高める努力が必要
  17. 専門家とは自他共に認めるその道のプロ

専門家とは一体なんだろう

32950981 177119746284853 7029257417820995584 n
hirose.makotoさんの投稿

専門家とは一体なんでしょうか?専門家として名乗るのに必要な資格やスキルはあるのでしょうか?様々な分野において専門家と名乗る職業の人が多くみられます。今回は専門家の種類や定義、なるために必要な資格やスキルについて解説しています。

専門家の定義とは

29095757 2147009935532338 638863852565430272 n
oichan1103さんの投稿

専門家の定義とは一体どんなものでしょうか。専門家とは、技術や芸術そしてその他の特化した領域に熟知している、専門的なスキルと知識がある人のことです。特定の分野に詳しく、その分野に必要なスキルを持っている人を専門家と呼びます。専門家には、国内法で名義されているものとされていないものがあります。

4つの国内法で専門家と明示されている職業

専門家の定義でいえば様々な種類の専門家が存在しますが、国内法に置いて専門家と明示されている国家資格があります。国内法において専門家とはっきり定義されているのはたったの4つです。この4つの国家資格者以外は、厳密に言えば国内法で専門家と定義されていません。まずはこの4種類の職業をみていきましょう。

国内法で明示されている国家資格者

公認会計士

32063929 472320089889626 1291685038877835264 n
ym0717cpaさんの投稿

公認会計士は、国内法で専門家と定義されている職業のひとつです。公認会計士は、監査と会計の専門家です。公認会計士になるには、まず公認会計士の試験に合格してから2年間の実務経験と単位の取得をして、最終試験に合格してようやく公認会計士として認められます。公認会計士は国家資格の中でも難関の資格です。

税理士

33855759 1724305987656298 8202532549105287168 n
emikawaminamiさんの投稿

税理士は、国内法で専門家と定義されている職業のひとつです。税務に関する専門家として活躍します。税理士になるには、会計学と税法に関する知識をもっていなければなりません。国家資格である税理士とは税務の代理や納税書類の作成など、税務に関する様々な仕事を行う税金のプロフェッショナルです。

弁護士

弁護士は、国内法で専門家と定義されている職業のひとつです。知的財産に関する専門家として定義されており、日本の法律を熟視している法律のプロフェッショナルです。刑事事件の弁護はもちろん、民事裁判の弁護も行います。弁護士になるには司法試験に合格する必要があり、弁護士資格も国家資格です。

宅地建物取引士

31244928 2040739879518918 5369273813710143488 n
eliese_risaさんの投稿

宅地建物取引士は、国内法で専門家と定義されている職業のひとつです。宅地または建物の取引の専門家として活躍します。不動産業を行うには、この宅地建物取引士の資格が必要です。宅地建物取引士になるには、まず試験に合格し、2年以上の実務経験か登録実務講習を終了したのち、宅建士の登録を行わなければなりません。

Thumb税理士試験の難易度は?合格しやすい人の特徴と必要な勉強方法を解説!

国家資格がなくてもなれる!専門家の種類

32749608 1028567477309651 7423381346526953472 n
furukou.srさんの投稿

先に紹介した4つの職業以外でも、世の中には専門家となのり、社会的に認められている人々がいます。特に国内法で明示されていないくても、社会には必要な存在です。国内法で専門家と定義されている公認会計士、税理士、弁護士、宅地建物取引士をのぞけば、専門家の種類は6つにわけられます。では次にこの6種に分類される職業を見ていきましょう。

専門家の6つの種類

実務家

専門家の種類のひとつに、実務家があります。実務家とは、実務に関わり実務に熟達した人のことを指します。政治を専門家とする政治家、社会を専門とする法律家、運動家、評論家、経済の専門家である銀行家、実業家、起業家、投資家などが実務家の種類に分類されます。日本の政治と経済を先導して動かす職に就いている人のことです。

学術

31928235 1435277416603833 2051207274545807360 n
nagasaka_sikaさんの投稿

専門家の種類のひとつに、学術があります。学術に分類されるのは、教育の専門家である研究家、教育家、歴史を専門とする歴史家、思想史家、科学史家、哲学家などがあります。歴史の専門家は非常に細かい種類に分類され、他にも映画を専門とする映画史家、衣服を専門とする服飾史家、音楽を専門とする音楽史家、音楽社会史家などが存在します。

スポーツと武道家

33738024 236508237104868 1707479117701578752 n
bubu_oogakiさんの投稿

専門家の種類のひとつに、スポーツと武道家があります。これらの専門家はオリンピックの特集などでもよく見かけるのではないでしょうか。武道だと、格闘家、空手家、剣道化、柔道家、柔術家、合気道家などがあります。またアウトドアでいうと、登山家、探検家、旅行家、冒険家などもあります。球技に携わる人たちは、選手と呼ばれるほうが多いです。

文化

専門家の種類のひとつに、文化もあります。食事を専門とする料理家、技術を要する園芸家、造園家、命理家があります。最近は日本が世界に誇れる文化のひとつとして漫画やアニメが注目されていますが、この漫画とアニメに携わる専門家を、漫画家、アニメーション作家といいます。日本古来の文化を守りながら新しい文化を生み出そうとする人たちです。

芸術家と文芸家

32099803 209766186486266 4592307821772537856 n
viviana.luengoさんの投稿

芸術家と文芸家も専門家のひとつです。文芸の中でも作家という種類は非常に多くに分類されます。小説家、劇作家、脚本家、著作家、翻訳家、絵本作家、放送作家、ライターなどがあります。芸道だと、落語家や書道家、漫談家、茶道家など日本の伝統文化を守っている人たちです。芸術は多様なジャンルなので独自の芸術家も今度新しく生まれるでしょう。

啓蒙家

32047430 472499269849639 2981004450736373760 n
leo.martialさんの投稿

啓蒙家は宗教や思想を専門とする人たちです。宗教家や聖職者、振動か、僧侶、新婦、神官、牧師など、人々に教えを説く人たちです。人々の悩みや苦しみを取り除き、人間に元々備わっている理性の自立をサポートしてくれます。信仰に携わる人たちの思想や信念は、数百年の歴史を持つものもありますが、比較的新しい思想も時代に合わせて生まれています。

専門家に国家資格は必要?

肩書よりも大切なもの

32247597 469414250182694 1636439619891363840 n
cheese_0828さんの投稿

専門家に必要な資格は、職業の種類によって違います。公認会計士、税理士、弁護士、宅地建物取引士になるには国家資格が必要です。それ以外の職業に就きたい人は、その職業に必要な資格を取得しなければなりませんし、特に資格が必要でない職種の場合無資格でも専門家を名乗れるので、肩書よりもその人本人の信用性で仕事が成り立ちます。

専門分野をしぼる

33164974 171072753572067 1766676527388295168 n
owell_tanteiさんの投稿

専門家といえでも、ニッチなジャンルを専門とすればするほどに、見込み客の数は制限されます。例えば、弁護士でも刑事裁判よりも民事裁判を専門に、民事裁判の中でも不倫を専門に、不倫の中でもDVを受けた女性の弁護を専門に、得意分野を絞れば絞るほど、見込み客は減ります。

専門分野を絞れば絞るほど信頼を得やすい

全体の見込み客数は減るかもしれませんが、専門を絞れば絞るほどに顧客の信頼は得やすくなります。例えば国家資格をもっているただの弁護士よりも、DVに悩んでいる女性からの相談を今までに1000件以上聞いて解決してきたカウンセラーの方が、顧客の悩みに寄り添うことができるのです。

専門家が身に着けるべき特別なスキルとは?

32039586 177743719528435 6864725475638378496 n
photoshopさんの投稿

専門家とは、特定の分野に精通した能力と知識を持った人のことです。専門家に必要なスキルとは、専門にしている分野必要なスキルであり、それは職種に応じて様々です。例えばウェブデザインの専門家であれば、photoshopやプログラミングのスキルが必要になってきます。仕事に関するスキルは、高ければ高いほど仕事に役立ちます。

誰もが専門家になれる時代

名乗るのは自由

そもそも専門家と名乗ることに特別な資格は必要ありません。国家資格が必要な公認会計士など、職業自体に特別な資格やスキルが必要でない限り、誰でも専門家になれます。専門家という言葉の定義は、深いようで浅いのです。なので、最近では以前は聞きなれなかった種類の専門家も新しく生まれています。

SNSの普及で専門家と名乗りやすくなった

近年ではインターネットの普及で、誰でも情報発信が出来るようになりました。ホームページやブログまたはSNSで誰でも自分の思想や信念を自己主張できます。インターネットを使って、特定の分野特化した情報を発信する媒体を作れば、仲介業者を挟むことなく自由に思想を表現できる時代です。

ネットで専門家を名乗る人が増加

インターネットやSNSの普及で、気軽に誰でも情報発信を行い、そして人の関心を集めるのも簡単になりました。こうした時代の流れの中で、インターネットを活用して活動する専門家が依然と比べて非常に多く増えています。これらの専門家を頼って仕事を依頼するときには、信用するか否か、または信用できるかどうかをしっかりと見極める必要があります。

どうやってなる?その道の専門家

職種によってなり方は違う

31270389 176269699747664 2512005124503633920 n
toshimasatanaka1981さんの投稿

専門家になるには、目指す分野によって方法は違います。国家資格を必要とする公認会計士になりたいのであれば、まずは試験に合格し国家資格を取得することが必要です。国内法で専門家と明示されている4つの職業であれば、その職業についた瞬間から専門家として認められます。もちろん仕事を軌道に乗せるには、コツコツとした下積みも必要です。

一つの分野のスキルと知識を追及

国内法で、専門家として明示されていないその他の種類の専門家になるには、その分野ごとに違うので、まずは極めたい分野について勉強するのが先決です。一つの分野において、深く追求しながら知識を深め、必要なスキルを磨きながら自他共に認める専門家になりましょう。そうすれば、活動する年月に応じてスキルを高めながら周囲の信頼も得られます。

専門家が淘汰される時代

誰でも専門家と名乗れるので、専門家という肩書を名乗る人が以前よりも増えているようです。専門家という職業自体が増えているなかで、やはり生き残る強さとスキルを持った専門家と、そして淘汰されていく専門家が出てきます。専門家という職業は、入り口は広いですが生き残っていくには狭く辛い道をくぐり抜けていかなければなりません。

専門家として認められるのは難しい

11313408 828448977251220 1110190340 n
dedemaiさんの投稿

名乗るだけなら今日からでも専門家と名乗れます。ですが、周りに専門家として認められるのはまた別の話です。自分のなかでは完璧な専門家として完成していても、それを周囲の人に認めてもらうには、それなりの努力と日数が必要です。信頼を積み重ねて、実績をしっかりと築き上げてこそ周囲から認められる本当の専門家といえます。

周りから専門家として認められるには

信頼を積み重ねる

33129307 181563459224538 6611437364269023232 n
paul_hewitt_japanさんの投稿

専門家と名乗るのは簡単ですが、実際に周囲の人に認められるのは簡単ではありません。信頼の積み重ねることでようやく周りの人に少しづつ認めてもらうことが出来ます。そのためには、日々自分がその分野のプロとして知識を深めながらスキルの向上に努め、その分野において実績を作っていく必要があるでしょう。

小さな実績を積み重ねる

最初から大きな実績を作るのは大変かもしれません。ですので、最初は小さな実績や成功体験を積み重ねることが大切です。例えば、弁護士という知的財産に関する専門家の場合、事務所開設当初から大きな裁判案件を任されることは珍しいです。個人間のトラブルに関する無料相談などを行い、地域の人から信頼を得るのが先決です。

まずは専門家と名乗ること

自分で宣言する

23498473 520747824945847 4771681779360727040 n
yyyyyyy_0817さんの投稿

専門家になるには、まず自分自身で「その道のプロであり専門家だ」と宣言することが第一です。自分が興味をもてるものを見つけ、その分野について徹底的に熟知しましょう。ただし一つの道を究めるには、通常果てしない時間がかかるものです。一夜漬けの知識でその道のプロとなるには難しいです。

まずは専門家を目指すこと

23101524 301861840315500 1637951585818509312 n
yyyyyyy_0817さんの投稿

専門的なスキルとなると、技術に特化した分野だと特にスキルの向上に終わりはありません。スキルを高めるほどより洗練はされていきますが、終わりのないものだと気づくはずです。なので専門家になるのは完璧にスキルや知識を身に着けてからではなく、その道を目指していたら自然と専門家になっていたという表現の方が正しいと考えます。

本当に興味のあることを見つける

30086451 1944065392551684 5694430068110000128 n
japanprizeさんの投稿

専門家になるうえで、一番大切なのが自分が興味のあることを専門とすることです。お金が儲かるから、待遇が良いからといった理由で決めてしまうと思ったよりも成果を得られないでしょう。世の中の専門家のほとんどはひとつのことに集中し情熱をかけられる研究者タイプの人です。専門家とは、なによりその分野に情熱をかけられるかどうかが重要なのです。

資格を取って信頼される専門家に

資格があれば拍が付く

せっかく専門家として活動をはじめても、同分野で活躍するライバルの専門家ももちろん存在します。同業者と差別化を図り、自分に箔をつけるためにも資格を取って信頼性をアップさせることも大切です。プロフィール欄に資格が記載されているのとされていないのとでは、やはり社会的な信頼性に差が付きます。

出来るだけたくさん資格をとる

28753144 1979476825437261 7431518346752819200 n
rie.graceさんの投稿

資格といっても国家資格から民間が発行している資格、お金を払いさえすれば名乗れる資格と信頼性は様々ですが、専門分野に関連した資格は出来るだけ多く持っていた方がいいでしょう。もちろん国家資格であれば、それひとつで絶大な効力を発揮します。ですが、あまり聞きなれない資格でもたくさん保有すれば、それだけでも人から見た印象は違います。

知名度の高い資格をとる

世に出ている資格の種類は非常に多種多様です。様々な種類があり、知名度の低い物から高いものまで色々あります。出来れば、知名度の高い、誰でも知っている資格を取った方がいいでしょう。資格を取るために、技術やスキルを磨くことも必要になってきますが、それはいずれ仕事に役立つはずです。

国家資格を目指す

資格の中でも、やはり一番信頼性と将来性が高いのは国家資格です。国家資格があれば、仕事を探すときにも困ることは比較的少ないでしょう。また民間の資格と比べて取得は難しく条件は厳しい場合が多いですが、それでも国家資格を取得するメリットは大きいです。顧客に依頼を受けるときも、国家資格なら信頼を得やすくなります。

Thumb転職に有利なおすすめ資格ランキングTOP30!気になる難易度も!

日々スキルを高める努力が必要

新しい知識や情報を得る

専門家になってからも、日々知識を深めたり技術を磨く努力は必要です。そのために様々な種類の資格をとったりして、新しい知識や情報も知っていかなければいけません。専門的な分野になればなるほどに、世界中で研究されているので、日々新しくなる情報を敏感にキャッチする努力が必要です。

同業者に負けない魅力を探す

32503892 781911212014183 1066990118230818816 n
japan.isc64さんの投稿

いざ専門家となっても、同業者の存在に脅かされることもあるでしょう。ニッチな分野になればなるほどに専門としているライバルは減りますが、もし分野がかぶった際には、非常に手ごわい相手になるでしょう。そんな時は、同業者よりも専門分野に関して詳しくなる努力は当然のこと、他にも自分独自の魅力を探すことも大切です。

専門家とは自他共に認めるその道のプロ

32912914 213971459407177 8504096183075995648 n
bms_seminarさんの投稿

専門家とは、自他共に認めるその道のプロフェッショナルです。国内法で専門家と明示されているのは、公認会計士、税理士、弁護士、宅地建物取引士の4つのみです。それ以外の職種でも様々な専門家が活躍しています。何かひとつの分野に特化した知識と能力を持ち合わせ、社会貢献できる人こそが周囲の人に認められる専門家です。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ