保険は掛け捨てと積立どっちが得?メリット・デメリットを調査!

保険に加入する際に掛け捨てか積立か一度は悩まれた経験があるはずです。将来のためにも保険の選び方は重要です。ここでは、保険に加入する際に掛け捨てか積立のどちらが得なのか、そのメリットやデメリットを詳しく調査していきます。

保険は掛け捨てと積立どっちが得?メリット・デメリットを調査!のイメージ

目次

  1. 生命保険は掛け捨て保険か積立保険か
  2. 日本人の約8割が加入!生命保険とは
  3. こんな事がある!保険の仕組み
  4. 生命保険の掛け捨て保険とは
  5. 掛け捨て保険は小さい金額で大きな保証が
  6. 掛け捨ての医療補保険は商品が豊富
  7. 掛け捨てと聞くと損するイメージ!実は違う
  8. 掛け捨て保険のメリットとは
  9. 掛け捨て保険のデメリットとは
  10. 生命保険の積立保険とは
  11. 積立保険は貯蓄できない人におすすめ
  12. 積立保険の見直しはどうする?
  13. あとでお金を受け取りたい積立保険の種類
  14. 終身保険と積立の関係
  15. 養老保険と積立の関係
  16. 学資保険と積立の関係
  17. 積立保険のメリット
  18. 積立保険のデメリット
  19. 専業主婦も積立保険に入るべき
  20. 保険は掛け捨てと積立のどちらがお得なのか

生命保険は掛け捨て保険か積立保険か

24846039 1318588814912475 3402279075333537792 n
asadakaikeiさんの投稿

掛け捨て保険と積立保険とは、主に生命保険で使われる保険です。掛け捨て保険と積立保険とは、保険の商品ではなく同じ生命保険での違いを表すのです。掛け捨て保険と積立保険にはそれぞれメリットがあったりデメリットがあります。保険にある掛け捨てと積立をルールを確認していきましょう。

日本人の約8割が加入!生命保険とは

いつ何が起こるかわからない人生の中で、何も対応策がないと不安です。何が起こってもいいように貯蓄という手もありますが、大きい事故になっていますと負担できないことが多いです。そういった経済損失を防ぐために保険というものがあります。生命保険とは、その名の通り死亡や医療といったものに備える保険です。

そもそも保険とは何?

23498327 1988756411383954 9005216727901929472 n
hokenhirobaさんの投稿

保険って何と聞かれて即答できる人は少ないのではないでしょう。保険とは、一言で表すと「みんなでお金を出し合い、大きな資金を作り困っている人を助ける」ということです。保険の精神として、「一人は万人のために、万人は一人のために」という言葉があります。

生命保険が必要ない人もいる

23416382 854198634761096 8723164121039634432 n
mamamakakeiboさんの投稿

生命保険は、万一の時に必要な為にお金の蓄えが十分にある人は保険に入る必要はありません。生命保険以外のもので何とかなる人も生命保険に無理に入る必要はありません。このように、万一の時に対応できる人はわざわざ生命保険に入る必要がないのです。

Thumb保険の種類一覧!生命保険や損害保険など第一分野から第三分野まで解説!

こんな事がある!保険の仕組み

保険の料金はどのように決められているのか

保険料は予定死亡率、予定利率、予定事業費率の三つの予定率から計算されています。予定死亡率とは、過去の死亡統計から将来の死亡者数を予想するものです。予定利率とは、生命保険の契約者に対して約束する運用利回りのことです。予定事業費率とは経費、人件費や物件費等の事業費がどのくらいかかるかということです。
 

お金が余ることもある

保険料は、予定死亡率、予定利率、予定事業費率の三つの予定率から計算されていると述べましたが実際は予想なので外れる場合もあります。死亡者数が見込みよりも少なければ当然ですがお金は余ります。では、保険会社の利益になるのかというとそうではありません。そのことを、過剰金といいます。お金が多くあるという意味合いの過剰金は保険を収めている人に還元されます。
 

ソルベンシー・マージン比率

25016805 796043420591837 2192836196248322048 n
coinsforestさんの投稿

ソルベーシン・マージン比率とは、保険会社がしっかりと保険の支払い能力があるかを見るものです。保険料が余ることを過剰金といいましたが、逆に足りなくなることもあります。ソルベーシン・マージン比率が20パーセントを超えると金融庁が業務停止命令を出せることができるのです。

 

生命保険の掛け捨て保険とは

掛け捨て保険とは、月々に支払う保険料が返金されない代わりに月々の保険料は安く済ませることができます。しかし注意点もあり、掛け捨て保険は保険の更新ごとに保険料があがります。年齢が高ければ高くなるほど月々の保険料も割高になってきますので年齢が低い頃に保険は入っている事でメリットはあります。

掛け捨て保険は小さい金額で大きな保証が

掛け捨て保険の大きな特徴

12599255 1010210779051742 1520071945 n
hoken_ichibaさんの投稿

掛け捨て保険は、月々の保険料は安いですが保険解約後にお金が戻ってこないところが大きなデメリットだといえます。しかし、何かあった場合は保証がしっかりと受け取れるため、少ない資金で大きなお金を得ることができる可能性もあります。

 

掛け捨て保険!煙草を吸わないと割り引き

保険会社によりますが、タバコを吸わずに健康な人は保険料が割引になることがあります。保険の商品によりますが、20パーセントから30パーセント近く安くなります。保険料は、何十年も支払い続けていくものなので大きな金額になっていきます。タバコはメリットとなる点が無いので、吸わない事で保険料が割引になるのはオススメです。
 

掛け捨ての医療補保険は商品が豊富

現在の医療保険では掛け捨て保険の種類が豊富になっています。そのことから、掛け捨て保険にすると選択肢も広がります。掛け捨てはシンプルであり保険料も安いため人気があります。
 

掛け捨てと聞くと損するイメージ!実は違う

掛け捨ては得なのか損なのか

22280451 138022843597488 5500241759000592384 n
huuja043さんの投稿

掛け捨てと聞くと、損するイメージがあります。しかし、掛け捨てとは保険の違いのことであるためにしっかりと理解すれば損ではなく得をする可能性もあります。掛け捨てとは、契約満期や途中解約になってもお金が戻ってこないことを言います。

掛け捨ての名前の由来

掛け捨て保険と呼ばれるようになったのは、支払った保険料が戻ってこないということは、保険の掛け金が戻ってこないと取れるため、掛け捨てと呼ばれるようになりました。
 

掛け捨て保険のメリットとは

25022248 1574334209269103 5148416429162233856 n
kazukazu87さんの投稿

掛け捨て保険のメリットは、月々の保険料が安いことです。貯蓄付きの保険だと多くの保険料を支払わなければなりません。月々の生活費がギリギリの所で生活している人にとっては保険料が痛手なんてことにもなりかねません。そんな時におすすめなのが掛け捨て保険なのです。月々の支払いが安く、なおかつ保険に入れるためお得です。

がん保険の場合は掛け捨て

25016405 140921746593479 629712759021371392 n
tsukasa_akazawaさんの投稿

がん保険の場合は掛け捨てのものが多いです。がんにならないという保障はどこにもありません。がんにならないと掛け金は戻ってきませんが、毎月少ない金額でがんに備えるのにはいい保険です。掛け捨て保険の場合は60歳前後まで支払うとかなりの金額になりますので保障の内容や年齢に合わせた適切な保険選びが大切になります。

掛け捨て保険のデメリットとは

23824714 2037064626529783 7425869021649567744 n
tatsuto.fujiiさんの投稿

掛け捨て保険のデメリットは、やはり支払った保険料が積み立てされないことです。保険の解約とともに何もなくなってしまいます。そのため、掛け捨て保険は得するという印象はなく損する印象があります。掛け捨ては使い方次第では得する可能性もあるため、しっかり判断して加入を決めましょう。

 

生命保険の積立保険とは

積立保険とは、掛け捨て保険と全く違い契約満期になったときや解約したときに返金される保険のことです。積立保険のイメージは、貯蓄型保険のため掛け捨て保険よりも月々の支払料が高くなります。

積立保険は貯蓄できない人におすすめ

25006272 1938265246436097 4306129714138841088 n
amateras1207さんの投稿

貯蓄したいけどなかなかできないという方には、積み立て保険がおすすめです。月々の保険料の支払いに貯蓄分が含まれているため、保険料を払いながら貯蓄できます。高い保険料を払っている感覚ですが、保証を確保しながら貯蓄できるので一石二鳥です。

 

積立保険の見直しはどうする?

25021778 2063033963944805 1304826595126542336 n
kakeishindanshi_officialさんの投稿

保険会社に保険の見直しを進められたことがあるかもしれません。そんな時に、見直しをすれば必ずお得になるわけではありませんので注意してください。積立保険から掛け捨て保険に切り替えをすれば保険料は安くなるかもしれません。しかし、契約期間中に積立保険を解約してしまうと損する可能性もあります。

23967477 152724165457946 8865301433726009344 n
hokenclinic310さんの投稿

高齢の方で、保険に入り直すとなるとかなり高額な金額が必要になってきますので注意してください。保険会社の人が言ってきたからと言って安易に保険の見直しをする必要性はありません。自分が入ってて納得する保険を見つけるようにしましょう。

あとでお金を受け取りたい積立保険の種類

24253845 143474926424588 675709792882262016 n
mrskon122さんの投稿

生命保険の中でも積立保険の種類はいろいろあります。保険は用途に合わせて特化した保険があります。例えば、終身保険です。文字の通り、死亡に特化している保険で死亡保障と貯蓄機能を備えた保険です。保険はいろいろ入るのではなく、自分が必要な保険を選んでいって入る必要があります。

終身保険と積立の関係

24254264 301596210353592 3545671390348705792 n
gb_daiさんの投稿

終身保険とは、死亡保障と貯蓄です。死亡保障は、一度加入すれば保証は一生涯続きます。途中で解約した場合は、その場で保証は終わりとなります。そのため、解約しなければ保証金は必ず入ってくるシステムが大きなメリットといえます。
 

終身保険と積立に入るなら若いうち

18809134 306634483097996 334021651014352896 n
yukimojaさんの投稿

終身保険は、年齢が上がれば上がるほど保険料が高くなってきます。そのため、様々な方から、「もっと早く入っておけばよかった」という声があります。年金生活の高齢者にとって月々の保険料は安く済ませたいところです。若いうちから計画的に入っておいたほうがおすすめです。
 

養老保険と積立の関係

15338409 541638226040029 2673749839069577216 n
retrokikilalaさんの投稿

養老保険とは、老後の生活や家族を守る貯蓄型の生命保険です。一言でいうと、保険が付いている中長期型の貯蓄といえます。養老保険の特徴は、保険とついているが貯蓄がメインのため利息が付く事です。銀行の預金と同じように保険で利息が付くのでお得です。

養老保険と積立!最大のデメリット

20393756 371421149940295 2015129355985879040 n
house_strawberryさんの投稿

養老保険の最大のデメリットは、途中解約をしたときです。途中解約してしまうと受け取る金額が払った金額よりも下回ってしまうことです。せっかく払ってきた保険料で損をしたくないはずです。途中解約をする際はそのことを頭に入れておいてください。
 

学資保険と積立の関係

25012870 168899440381183 1574143910991626240 n
_achaaannnさんの投稿

学資保険とは、子供が生まれたときに検討する保険のことです。また、学資保険は貯蓄にも優れています。学資保険にお金を入れておけばお金が増える可能性が高くなります。学資保険の種類にもよりますが、約10パーセントも増えるものもあるそうです。

学資保険と積立のデメリット

23595910 376786099425198 3263875455026987008 n
yuuki_inoueさんの投稿

学資保険のデメリットは、貯蓄したお金が長期的に拘束されることです。学資保険は、通常10年から20年のスパンで見るためその間はお金が使えなくなります。しかも、途中解約すると元本割れする可能性があるため、保険を利用するには、ある程度覚悟が必要です。
 

積立保険のメリット

24177947 1793354694295059 810397093951700992 n
haaaaakaaaさんの投稿

積立保険のメリットは、貯蓄できることと解約した際にお金が返金されることです。さらに一定期間を超えると支払った保険料よりも多くの保険料が返金されることがあります。将来のために、お金を残しておきたい人にはピッタリの保険です。

積立は貯蓄体質になる可能性もある

貯蓄体質になるためにはある程度、癖をつけることが必要になります。毎月の給料日に自動引き落としをかけておけば、意識しなくても自動的に貯蓄されていきます。また、自動的に引き落としがかかるものは簡単におろすことができないため利便性もあります。
 

積立保険のデメリット

積立保険のデメリットは、月々の支払金額が掛け捨てに比べ高額なことです。そのため、お金に余裕がない人にとっては負担も大きくなるでしょう。また、途中解約してしまうと元本割れを起こしてしまうデメリットもあります。つまり、支払った保険料よりも少ない金額しか戻ってこない場合があるという事です。

積立保険の注意点

25012752 1661130853923750 6500310978180153344 n
millionsmile.krさんの投稿

積立保険にすでに加入している場合はよく考えて保険の見直しをしないと大きな損をしてしまう危険性があります。保険の保障内容によっては大きなデメリットが発生してしまうので注意が必要になります。積立保険を切り替える場合は保障の内容をよく確認してデメリットを防ぎましょう。

積立保険の切り替えは年齢がポイント

13388676 1807037182888177 1389401575 n
xyumikittyxさんの投稿

積立保険の切り替えは年齢がポイントになります。いったん解約すると同じような条件の保険はほぼありません。保険料の安さだけでなくプランや自分の年齢を計算して保険選びをしないと、満期を迎えた際の受取額金額はマイナスになるので、よく検討して保険を選びましょう。

専業主婦も積立保険に入るべき

日本の家庭では、夫が生命保険に入り妻は何の保険も入っていない家庭が多いです。主婦が保険に入らない理由は、夫の健康保険で扶養されているから大丈夫といった安心感があるためです。しかし、この考えが間違っているのです。主婦こそ保険に入るべきなのです。

積立保険は万が一の保障

25023247 195126504372142 5458850171326562304 n
kiyozeeeさんの投稿

夫の保険で主婦の医療費を負担できるのは3割までとなっています。3割までとなっていますが主婦の方でも、病院代や入院や検査をすると結構な金額になります。さらに主婦の病態が悪化し、手術となればさらに高額な医療費がかかってきます。その場合は貯蓄していたお金を使うしかありませんので、しっかりと普段から積立の貯金もしておくといいでしょう。

主婦こそ積立保険で備えるべき

夫は会社で健康診断を受けますが主婦の方だと自分で行くしかありません。健康診断は保険適用外のため高額な医療費がかかります。そのため、主婦の方は自分の体の状態をあまり意識せずに主婦業をやっているのです。ある日に病院に行ったら病気が発覚したということもあり得ますので、定期的には健康診断を受診する事をオススメします。

主婦の方も掛け捨て保険へ入るべき

主婦の方も、保証のための掛け捨て保険には入るべきです。主婦の方の病気は発見しづらいためですが、万が一の時に対応できなくなってしまいます。現在では、主婦が病気にかかるケースも増えてきています。若いうちに入っておいたほうが保険は安くなります。早い段階で主婦の方も保険を検討してください。

保険は掛け捨てと積立のどちらがお得なのか

保険は掛け捨てと積立のどちらがお得なのかを解説してきました。結論から言うと、どちらがお得なのかは無く、個人の用途に合った保険選びが大切なことなのです。保険は計画性をもって早い段階で加入するようにしましょう。何事も計画的にはいきません、若いうちから自分にあった保険に入ることをおすすめします。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ