家賃補助の金額の相場と平均額とは?条件や仕組み・メリットを解説!

家賃補助が利用出来れば年間で何十万円という金額を節約することが可能になります。家賃補助が受けられる対象者であても、その存在を知らずに申し込みをしていない人が意外と多いです。家賃補助を受けられれば今より質の高い賃貸に住むことも可能です。

家賃補助の金額の相場と平均額とは?条件や仕組み・メリットを解説!のイメージ

目次

  1. 家賃補助の金額相場や平均金額を知ろう!
  2. そもそも家賃補助ってどういう制度なの?
  3. どんな時に使える?家賃補助が受けられるケース
  4. 勤務先からの手当てについて徹底解説!
  5. 家賃補助の平均額は企業によって異なる
  6. 家賃補助を導入している会社の割合
  7. 家賃補助の全体的な平均額はいくらなのか
  8. 家賃補助の金額は就業規則に記載がある
  9. 自治体からの家賃補助制度を事例別に紹介!
  10. 家賃補助制度は自治体ごとに様々な種類がある
  11. 自治体の家賃補助事例1:民間住宅家賃制度
  12. 自治体の家賃補助事例2:高齢者世帯等移住継続家賃助成
  13. 自治体の家賃補助事例3:移住促進事業補助金
  14. 特定優良賃貸住宅の家賃補助について徹底解説!
  15. 特定優良賃貸住宅の大きな特徴とはいったい?
  16. 特定優良賃貸住宅に住むためには条件がある
  17. 特定優良賃貸住宅の家賃補助相場とは
  18. 家賃補助の特徴を理解してお得に賃貸に住もう!

家賃補助の金額相場や平均金額を知ろう!

28435415 1838721916203007 1618645686348152832 n
hikaru.yokoyama.75さんの投稿

家賃補助の仕組みや平均額を知っていれば予算が足りない賃貸にも申し込むことが可能であり、月々の負担を減らすことにも繋がります。家賃補助は会社から貰えるものだと思っている人も多いですが、会社以外から貰える補助金もあります。この記事では家賃補助の種類やその仕組み、補助の平均額などについて紹介していきます。

そもそも家賃補助ってどういう制度なの?

家賃補助の仕組みとは

32933487 1720690608025067 1937689862983385088 n
ganbare_aochanさんの投稿

家賃補助とは住宅手当とも呼ばれている存在であり、企業などから家賃の一部が支給されるという制度です。基本的な仕組みについては分野別に解説していきますが、定められている条件に沿っていれば家賃補助を受けることが可能であり、出費を抑えて賃貸に住むことが出来ます。

家賃補助には種類がある

一口に家賃補助と言っても様々な種類が存在します。家賃補助を支給しているのは企業だけではなく、分野別に見ると3種類が挙げられます。この記事では3種類の家賃補助について詳しく解説していくので企業からの家賃補助しか知らなかった人は参考にしてみて下さい。もし、会社から家賃補助が受けられなくても別の場所から受け取れる可能性もあります。

どんな時に使える?家賃補助が受けられるケース

勤務先からの補助

32374052 177912472924494 5787279783511457792 n
sumonet.kongouさんの投稿

まずは最もメジャーである勤務先からの家賃補助です。勤めている企業が社員に対して家賃の一部を支給するというものです。福利厚生の中でも特にレベルの高い手当て項目であり、家賃補助を目当てに会社を決める人もいます。基本的には給料とは別途で支給される仕組みになっているため、賃貸に住んでいるサラリーマンは会社に確認してみて下さい。

自治体からの補助

33028650 201854817204086 8669741891882844160 n
hrrm5754さんの投稿

次に自治体から受け取ることが出来る家賃補助についてです。これは自分の住んでいる自治体ごとに定められている条件などによって、一定額の家賃補助が付与される仕組みになっている制度です。家賃補助はあくまで賃貸に対しての支給であるため、田舎よりも都市部の方が豊富な制度が存在します。役所に行ければ自治体の家賃補助を知ることが出来ます。

特定優良賃貸住宅による補助

33175505 209836519818367 2287536454143836160 n
pregio_wさんの投稿

3つ目が特定優良賃貸住宅による家賃補助です。一部の自治体や国などが支給している補助金であり、規則に定められて作られた特定の住宅に入居することで家賃補助を受けることが出来るという制度です。後ほど条件などに付いて解説しますが、基本的には独身用ではなくファミリー向けの物件がメインとなっているので、引っ越すときには検討して下さい。

勤務先からの手当てについて徹底解説!

32761359 817038715161250 4432252223354830848 n
satougumiさんの投稿

それではそれぞれの種類について詳しく解説していきます。先ほども触れたように勤務先からの家賃補助は一部で福利厚生の王様とまで言われるほど質の高い項目となっています。何故なら賃貸に住んでいる人にとって、家賃補助の有無は給料の増量に直結すると言えるためです。次の見出しでは補助金額の平均額などについて解説していきます。

家賃補助の平均額は企業によって異なる

企業別によって平均額が違う

33356524 198753750767395 7612755139031465984 n
shiho2951さんの投稿

家賃補助の相場は企業によって様々です。そもそも家賃補助を導入していない企業も少なくないため、就職後に賃貸にすることを考えている人は、家賃補助がある企業かどうかも視野に入れる必要があります。企業によっては何万円もの違いが生まれることも珍しくありません。入社してから後悔をしないように下調べをしっかりと行ってください。

職種によっても平均額が違う

職種によっても家賃補助の相場は異なります。一般的には同じ企業であれば福利厚生が同じと考える人も少なくありませんが、実際には職種によって異なるというケースも少なからずあるため、安易にネットの情報だけを信用することは危険です。本気で家賃補助を受けたいのであれば職種別にもリサーチをしておく必要があります。

平均額は自治体の相場を参考にしている場合もある

33435572 2185222151504575 7170118227572293632 n
keep_corpさんの投稿

企業の立地している地域によっても家賃補助の相場が異なる場合があります。これは企業側が家賃補助の平均額を決める際に、近隣賃貸や自治体の補助金額相場を参考にしている仕組みがあるためです。つまり、近隣の賃貸が高額であれば家賃補助の相場も上がるという事になります。企業側から情報が聞き出せない時は自治体を調べて見るのもおすすめです。

家賃補助を導入している会社の割合

意外と多い

33096827 430391727426177 3844120404230668288 n
moriken_kogyoさんの投稿

先ほど家賃補助を導入しているかどうかは企業によって異なると述べました。ただ、実際に家賃補助を導入している会社は意外と多いです。金額の相場には大きな違いがありますが、家賃補助という制度が存在しないという会社はそれほど多くはありません。そのため、既に入社している人も会社に確認してみることで補助を受けられる可能性があります。

最近は減っている

しかし、現代社会の変化に伴い家賃補助という福利厚生は減っているのが現状です。家賃補助はあくまで補助という扱いであり、給料とは別途で支給する必要があります。そのため、企業側の負担が大きくなってしまうため、不景気の影響で家賃補助を支給できなくなった企業も少なくありません。入社後に家賃補助が無くなる可能性も視野に入れて下さい。

家賃補助の全体的な平均額はいくらなのか

企業によって仕組みや相場が違う

32368135 1640532276016415 4813955712231145472 n
yu_ki3359さんの投稿

先ほども述べたように家賃補助の仕組みは給料とは別になっている福利厚生という扱いであるため、企業の経営状況に大きく左右されます。そのため、企業によって家賃補助の相場は大きく異なります。なるべく正確な金額が知りたいという人は企業名をもとに家賃補助について調べて見れば、企業HPなどに記載がある場合もあります。

平均額は1万円から2万円

中小企業の多くは家賃補助の相場が1万円から2万円と言われています。住んでいる賃貸の家賃額が考慮されるケースは殆どないため注意して下さい。また、会社に入社してから経営状況に変化があった場合は家賃補助が無くなる可能性もあります。しかし、家賃補助が増えるというケースはあまり無いため必ず事前確認が必要になります。

有名企業の家賃補助は相場が高い

32388910 333564763838770 4503154359520985088 n
nabe_ieさんの投稿

中小企業の家賃補助相場は1万円から2万円程度が最も平均額に近いと言えますが、有名な大企業になれば金額がもっと高くなります。例えばJR東日本の家賃補助の相場は5万円と言われています。また、朝日新聞は最も家賃補助の相場が高いと言われており、その金額はなんと10万円となっています。このように企業によって家賃補助の金額は大きく異なります。

家賃補助の金額は就業規則に記載がある

家賃補助の条件や仕組みは就業規則に載っている

32321812 2089984881236735 5349490983891369984 n
mukuri_officialさんの投稿

もし既に入社している人は上司に直接家賃補助の金額を尋ねなくとも、就業規則を参照すれば条件や支給額を知ることが出来ます。どんな人が家賃補助の支給対象者なのかについてや家賃補助の金額、何年間支給が保証されているのかについても就業規則に記載があるため、興味がある人は就業規則に目を通してみることをおすすめします。

例外もある

基本的に就業規則に記載されている条件が会社としてのルールとなるため、記載金額以上の家賃補助を受けることは難しいと言えます。しかし、例外が全くないという訳では無く相談次第では支給額が増える場合もあります。可能性は低いですが、家賃補助を知らずに入社してしまい後悔している人は上司に相談してみることで改善できる可能性があります。

自治体からの家賃補助制度を事例別に紹介!

30601778 430812444034377 2463052319919439872 n
yamahe_andinoさんの投稿

自治体からの家賃補助はその自治体に住んでいる人全員が対象であるため、募集枠に対して応募人数が非常に多いという特徴があります。しかし、自治体の家賃補助は学生なども対象者になるため、当選することが出来れば非常に大きなアドバンテージとなります。また、企業からの家賃補助を受けながら自治体の家賃補助も受けることが可能なこともあります。

家賃補助制度は自治体ごとに様々な種類がある

自治体ごとに家賃補助制度に名称がついている

30078140 607729022924047 6813062443611193344 n
terrypyong1210さんの投稿

自治体の家賃補助の存在を知らないという人の理由の1つに名称が自治体によって異なるという点が挙げられます。次の見出しでは地区ごとの家賃補助制度について紹介していますが、全て名称が大きく異なります。補助のことを助成と呼ぶこともあるので、自治体の家賃補助制度を探すときには名称に注意して下さい。

気になる人は役所に聞いてみる

自治体の詳しい情報についてはあまりネットに出回っていないため、興味がある人は自分の住んでいる自治体の役所、もしくは引っ越しを考えている自治体の役所に問い合わせをしてみることをおすすめします。家賃補助の仕組みや申し込みの申請などは基本的に役所が管理しているため、家賃を補助してくれる制度があるかどうか聞ければ教えてもらえます。

自治体の家賃補助事例1:民間住宅家賃制度

東京都新宿区の家賃補助制度

30605175 597453717277235 6202795685893373952 n
rottnest_yokohamaさんの投稿

民間住宅家賃制度は東京都の新宿区で募集されている家賃補助制度です。対象になるのは学生もしくは単身の労働者となっています。金額は毎月1万円の支給が3年間行われます。注意するべきポイントとしては年齢制限が存在しており、18歳から28歳までとなっています。家賃が9万円以下であるという条件もあるため、誰でも受けられる制度ではありません。

募集時期

募集時期は年に1度だけ行われており、随時募集という形はとられていないため時期を逃してしまうと申し込むことさえできなくなってしまいます。毎月1万円の補助が受けられることは非常に大きなメリットではありますが、条件があることに加えて、新宿区であれば倍率も非常に高いためタイミングと運が必要になります。

自治体の家賃補助事例2:高齢者世帯等移住継続家賃助成

東京都目黒区の家賃補助制度

31966803 991659794292569 3093469449282387968 n
mita_designさんの投稿

高齢者世帯等移住継続家賃助成は東京都目黒区で行われている家賃補助制度です。補助金額の相場は家賃の2割という定めがあるため、一定金額ではありません。家賃が高い賃貸に住んでいる人であればそれだけ補助金も大きくなるというメリットがあります。支給期間についても最大で6年間となっているため、高齢者にはおすすめの制度です。

家賃補助が受けられる条件

31310887 250881035479021 9108292773320065024 n
terrypyong1210さんの投稿

制度の名称の通り65歳以上の一人暮らしもしくは60歳以上の入居者のみで構成されている世帯が対象となっています。また、目黒区に1年以上住んでいるという条件に加えて年間所得と家賃の金額が定められた基準を上回ってしまうと対象外になってしまいます。つまり、高齢者であっても違う区からの引っ越しや収入が多い人は利用できません。

自治体の家賃補助事例3:移住促進事業補助金

岐阜県高山市の家賃補助制度

32778902 2070488439898475 586530242999353344 n
ka2ldkさんの投稿

移住促進事業補助金は岐阜県の高山市が行っている家賃補助制度です。実は岐阜県の高山市は家賃補助以外にも地元の体験ツアーなどを頻繁に行っており、まさに移住の促進に注力しています。家賃補助の金額は家賃の3分の1までとなっており、最大でも1万5千円までとなっています。そのため、家賃が4万5千円以上の賃貸であれば最高額の補助が受けられます。

家賃補助が受けられる条件

家賃補助を受けるための条件は2つあります。まず移住促進を掲げているため、高山市以外の地区から引っ越してくることが1つ目の条件です。2つ目の条件は高山市に移住後は最低でも5年以上は居住することを約束できる人となっています。3年おきで転勤している人や既に高山市に住んでいる人は対象外となるので注意して下さい。

特定優良賃貸住宅の家賃補助について徹底解説!

18645503 296208477495778 1683849543373815808 n
shinei_realty_developmentさんの投稿

最後に特定優良賃貸住宅について解説していきます。冒頭でも述べたように特定優良賃貸住宅はそもそも家賃補助をするための物件が指定されている仕組みになっており、入居条件なども明確に定められています。特定優良賃貸住宅は都道府県によって存在しない地域もありますが、これから引っ越しを考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

特定優良賃貸住宅の大きな特徴とはいったい?

家賃補助

特定優良賃貸住宅最大の特徴はもちろん家賃補助の存在です。金額の平均額について後ほど解説しますが、驚くべきポイントは支給期間が最大20年であるという点です。実は特定優良賃貸住宅の家賃補助金額は毎年一定額であるという訳ではありませんが、それを考慮したとしても20年近く家賃補助を受けられることは大きなメリットと言えます。

手数料がかからない

引っ越し経験がある人であればご存知だと思いますが、入居には礼金や仲介手数料などが必要になります。しかし。特定優良賃貸住宅への入居であれば手数料が一切かかりません。引っ越しには半年分の家賃が必要であるとも言われていますが、これは手数料を考慮した結果です。手数料が無いということはその分の負担を抑えて引っ越しが可能になります。

駐車場がある

32526459 152056855651743 703359971995156480 n
kuu_exさんの投稿

都会における普及率はあまり高くありませんが、少し田舎にいければ一人一台は当たり前であるほど車の所持率は伸びています。そのため、駐車場があるかどうかという点は非常に重要な項目であると言えます。特定優良賃貸住宅はファミリー向けになっているという事もあり、どの物件も1世帯につき1台分の駐車スペースは用意されています。

部屋が広い

特定優良賃貸住宅には専有面積が65㎡以上である必要があるという決まりがあります。また、収納スペースは全体の9%以上、天井までの高さは2.3m以上となっているため非常に広々として空間に住むことが出来ます。家賃補助専用の賃貸と言われると手狭な部屋をイメージする人も少なくありませんが、特定優良賃貸住宅なら家族でも伸び伸び生活出来ます。

特定優良賃貸住宅に住むためには条件がある

条件1:日本国籍

特定優良賃貸住宅に申し込むためには一定の条件をクリアする必要があります。1つ目の条件は日本国籍であることです。日本人であれば基本的に問題はありません。また、外国人登録を受けている人であっても可能となっています。

条件2:入居者が2人以上

19052120 479179819087020 314064724696236032 n
yokojyukyoさんの投稿

ファミリー向けの賃貸住宅という事で最低でも2人以上の夫婦もしくは親子で入京する必要があります。友人とのシャアハウスや兄弟で入居することは出来ません。しかし、入居契約日から3ヶ月以内に入籍できる場合に限り、婚約者同士も申し込みが可能となります。

条件3:収入が基準に収まっている

当的優良賃貸住宅には家賃補助があるため年収が高い人は対象外となってしまいます。しかし、家賃の滞納リスクを減らすという意味合いも兼ねて年収が低すぎる人も対象外となってしまいます。具体的には月収が20万円から60万が基準相場となっています。自治体によって金額には違いが出るため気になる人は役所に問い合わせをする必要があります。

条件4:同一地区内の特定優良賃貸住宅に入居していない

14276647 1429551153738150 1472416982 n
orange.1112さんの投稿

同一地区内の特定優良賃貸住宅に既に入居しているという人は残念ながら申し込むことが出来ません。そのため、現在特定優良賃貸住宅に住んでいて、引っ越しを考えている場合は一般の賃貸もしくは別地区の特定優良賃貸住宅を選ぶ必要があります。

特定優良賃貸住宅の家賃補助相場とは

収入や家族構成によって補助額の平均額が決まる

特定優良賃貸住宅における補助金額の相場は年収と家族構成によって異なります。収入が多ければそれだけ補助金額は低くなるという仕組みです。また、家族構成については人数が多い方が家賃補助の金額は高くなります。

収入が上がれば補助額は下がる

32019230 166449164037260 1670361043961905152 n
sion_rockさんの投稿

つまり、年功序列を軸にしている日本では勤続年数に伴い給料が上がっていくため、年数を重ねるごとに家賃補助も少なくなっていきます。支給期間が20年と長期になっている理由もこの点を考慮しての結果です。今後の年収がどれくらい伸びそうかについても視野に入れながら特定優良賃貸住宅を検討する必要があります。

家賃補助の特徴を理解してお得に賃貸に住もう!

33701779 1986050968390962 2290854372214571008 n
cafe202_homeさんの投稿

家賃補助を受けて入れば収入が低くても少し高い賃貸に住むことが可能です。1万円の補助金額であっても年間で見れば12万円も得することに繋がります。今まで家賃補助という存在を知らなかった人は会社や自治体に確認してみることをおすすめします。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ