お客様各位という表現は間違い?正しい意味や使い方・例文まとめ

お客様各位という言葉を目にする機会は多いのですが、お客様各位という言葉は表現として合っているのでしょうか?また正しい使い方や例文としてどのようなものが考えられるのでしょうか?今回はお客様各位という言葉についてまとめていきます。

お客様各位という表現は間違い?正しい意味や使い方・例文まとめのイメージ

目次

  1. お客様各位という言葉の表現は正しいか
  2. そもそも各位という言葉の意味は?
  3. 建物の張り紙で見かけるお知らせ文書
  4. お客様各位という言葉の使い方
  5. 間違えやすいお客様各位の使い方
  6. お客様各位に似た周知された言葉遣い
  7. お客様各位を別の言葉に言い換えてみる
  8. お客様各位様という三重敬称
  9. 間違えやすいお客様各位の使い方
  10. 各位の正しい使い方の例文を紹介
  11. 各位をみなさまという言葉に置き換える
  12. 文書の冒頭以外で各位を使う場合
  13. 文書全体を見て各位を使うかどうか決める
  14. 言葉の意味を正しく知って各位を使う
  15. 各位の使い方は状況や会社にもよる
  16. 各位を使うと失礼に当たるという見方もある
  17. 各位という言葉自体が曖昧なもの

お客様各位という言葉の表現は正しいか

18161525 1670733459899266 8946867522716565504 n
stud.1967.t.bakaさんの投稿

企業からの挨拶状やダイレクトメールで見かける「各位」という表現は、そもそもどのような意味があるのでしょうか。また「お客様各位」という言葉を目にしますが正しい表現方法なのか疑問もあります。各位という言葉は、社内で使用する場合と社外で使う場合にどのような違いがあり、この言葉の適した使い方はどのような場面なのか今回は考えていきます。

そもそも各位という言葉の意味は?

各位の言葉の意味はみなさま方

19933013 354737331612147 2613911353974325248 n
hiroinenさんの投稿

各位の意味は、ふたり以上の多数を対象にしてそのひとりひとりを敬って付ける言葉で「みなさま方」や「おのおの方」という意味があり、改まった席や改まった書面で用いる言葉です。お知らせやビジネスで関係者各位という言葉が使われますが、関係した内容を広く複数人に対して知らせる際に使われる際に主に宛名としての使われる言葉の使い方になります。

各位を使った場合の様を付ける場所は

社内での使い方の主な例文として、「関係者各位」や「関連部署各位」など「様」という敬称を付けずに宛名として使用する使い方になります。各位という言葉自体が敬称にあたりますので、関係者様各位などのように「様」を付けないのが間違いというわけではないです。では次に、会社の外部書類で使う場合の各位はどのような例文になるかを考えていきます。

建物の張り紙で見かけるお知らせ文書

集合住宅の張り紙で見かける各位の書き方

26268571 985460068260043 2661401979892269056 n
hiromix4160さんの投稿

マンションなどで見かける管理会社からのお知らせにまれに「ご入居者様各位」と宛名が書いてある事があります。張り紙や投函書類の宛名としてこの各位の使い方は合っているのでしょうか。実を言うと、この言葉の使い方は間違いです。前段で紹介したように各位が敬称に当たるので二重敬称になります。なので実際としては「ご入居者各位」となります。

新しい各位の使い方がある

そもそも「○○様各位」という書き方は各位の使い方として間違いになります。ですが広く使用されることにより、正しい使い方として周知される場合があります。言葉は進化するものなので最近はこういう使い方もするのだという柔軟な捉え方も必要です。なので「ご入居者様各位」も「お客様各位」も最近は広く周知された正しい各位の使い方になります。

Thumbビジネスメールで「ご担当者様」はOK?ご担当様・各位の使い方も

お客様各位という言葉の使い方

お客様という言葉はひとつの単語になる

16583506 271888936578232 6591064126770905088 n
azaki39さんの投稿

「お客様各位」という言葉は一般的に広く使われています。前段で説明したように二重敬称になっていますので、例えるなら「○○部長様」というような雰囲気です。この場合だと誰もが間違いだと気が付きます。しかし「お客様各位」という言い方に関しては、あまり指摘されることはありません。日本語の用法として「お客様」という言い方があるからです。

外部の者は敬うという日本語の言葉遣い

「客」という言葉は、色々な意味がありますが今回の各位という言葉では「料金を払って物を買ったり、乗り物に乗ったりする人。乗客や観客」という意味が一番しっくりときます。お客様というものはもてなし、歓迎するという文化が日本にはあります。外国と日本では、この部分で文化の違いがありますので、お客様という言葉の意味が感情的に違います。

日本語ではお客様はゲストです

15802793 217932495331590 2133165236352450560 n
yoshiyuki.morinagaさんの投稿

余談ですが日本ではお客様に対して「guest/ゲスト」という扱いを求めます。本来ならcustomerといわれ「もてなす」という意味のゲストという言葉は、スーパーなどの物販業では使いません。会社によってはユーザーとも言います。外国人のほとんどが日本に来て驚くのはこのゲストの文化が強く根付いており、どこへ行ってももてなしを受けるからです。

お客様各位という言葉は正しい使い方

外部の人間へは「様」や「さん」を付けるという言葉遣いをするのが一般的で、ましてや料金を払ってくれる人達への告知文書ですのでお客様に各位を付ける「お客様各位」という言葉が広く使われるようになりました。昔から「客の客は自分の客」という言い方があるように、例え他社のお客でも「様」を付けるのが日本の一般的な慣わしになっています。

間違えやすいお客様各位の使い方

各位を使った場合の様はどこへ付けるか?

26185613 1541716042602886 464802795292196864 n
kanou_ayanaさんの投稿

各位というものはそもそも複数人に宛てた場合の宛名書きですので個人宛てには向きません。なので「○○社△△部長各位様」という使い方はしません。更にお客様宛てでも「○○様お客様各位」という使い方もしませんし、お客様各位○○様」という使い方もしません。後者についてはまれに見ることがありますが、これは使い方として間違っています。

お客様各位は各位の特別な使い方です

お客様各位という言葉は特別な使い方で、前述のように、一般的には「様」と「各位」は同時に使うことはありません。「様」というのは個人に向けた敬称なので個人向けの書類には「各位」を使用しないからです。ですが、使い方として間違っていても周知されれば容認されますので、「お客様各位」という言葉は使い方として間違っているとは言えません。

お客様各位に似た周知された言葉遣い

ご入居者様各位という書き方もOK

22157416 1949890318618259 6716332139358453760 n
nobuka96さんの投稿

前章で間違いの例文として紹介した「ご入居者様各位」は容認された言葉遣いのひとつです。「ご入居者各位」という言い方ですとどこか横柄な感じがしますし、告知などで協力を仰ぎたいのに言葉で角が立つといけませんから、雰囲気を柔らかくした結果、このような宛名が成り立ちました。過剰な敬語と言われる言葉のひとつですが、違和感は感じません。

ご利用者様各位も周知されている

公共の施設やテナントビルなどで見かける告知にはこのような宛名で張り紙がしてあります。こちらも二重敬語ですが、よく見かけるため違和感を感じません。こちらもお願いやお知らせなどがメインの張り紙が多く見受けられるので、このような敬語の使い方になったといえます。お知らせやお願いなどではこのような二重敬称は見受けられます。

お客様各位を別の言葉に言い換えてみる

お客様各位には簡単な別の言い方がない

11093080 1417440415231704 1185275210 n
keykeykeykeyさんの投稿

お客様各位が容認された理由として他の言い方が見当たらないということも考えられます。「顧客各位」や「お客各位」では言葉として間違っていない使い方だとしても横柄な雰囲気がしてしまいます。なので、様を付けた「お客様各位」という言葉が容認されたという事も考えられます。同じく「ご入居者様各位」や「ご利用者様各位」も同じことが言えます。

各位の間違えやすいパターン

お客様各位は使い方として間違いですが容認されています。そのことを踏まえて別の各位の正しい使い方を考えてみます。前章で紹介した「○○社△△部長各位様」の間違いの他に、よく間違えやすい使い方として各位の後に様を付けるパターンです。各位と様は同時には使いませんがどのようなパターンのときに間違えやすいのか次の章で例文を紹介します。

お客様各位様という三重敬称

各位の後ろに様を付けるのは間違い

27576577 1695997650461278 6179251469745651712 n
junichi.maeno3さんの投稿

たまに見かける、「お客様各位様」という言葉ですが、これは明らかにおかしいので間違いとされています。各位様という使い方はだいぶ廃れましたが、以前は良く見かける間違った使い方でした。ご入居者各位様という言い方も以前はありました。各位=様という意味合いがまだ浸透していなかったころで、各位自体が外部で使われることがありませんでした。

組合員様各位という書き方も見かける

こちらもまれに見るパターンの使い方の間違いになります。組合員という言葉は役職に近いものでいわば称号のようなもので係という言葉の意味合いが入っています。同じく会員様各位という言葉も使い方として間違っているのですが、会員=お客様という意味合いが強くなってきていますので最近は容認されています。ポイントカードなどの案内で見かけます。

間違えやすいお客様各位の使い方

封書の宛名書きに各位を使うのはNG

20838895 472560769787474 2958703163764375552 n
marokingyoさんの投稿

封書の表書きに「お客様各位」と書くのはNGです。あくまでも書面の冒頭で書く場合の宛先になりますので、封書の宛名では書きません。これはビジネス文書でも同じくNG表現となります。文書冒頭の宛先にだけ使用するようにしましょう。封書に宛名を書く場合は「○○様」という個人宛か「○○御中」という言葉で始めるかのどちらかを使用します。

殿という表現もあるが各位と重ねて使わない

様の代わりに殿という表現もありますが、こちらも各位と同時に使うことはできません。例文として会社役員各位殿などという言葉をまれに見ますがこちらも使い方として間違いになります。殿の場合の基本的な使い方として官職名の下に付けて使用します。「○○大臣殿」というのが例として挙げられます。省庁では○○職員各位と書くのが通例です。

Thumb「社長様」という宛名はメールや手紙ではおかしい?正しい呼び方を覚えよう!

各位の正しい使い方の例文を紹介

各位を使った正しい例文は?

32084168 213198572743619 6099040958333059072 n
tutor_yukikoさんの投稿

ここで一度各位の正しい使い方のまとめをします。正しい使い方は「○○各位」という表現で、様や殿は各位の前にも後ろにもつけません。ただし、容認されている言葉の例文として「お客様各位」や「ご入居者様各位」などがあります。ただし、「お客様各位様」や「ご入居者様各位殿」などという3重の敬称表現は明らかにおかしいのでやめましょう。

会員様各位などの新しい使い方もある

最近では「会員様各位」という言葉も浸透しつつあるのでこちらも容認されています。お客様に当たるような場合は「様各位」という使い方がずいぶんと多くなっています。例えば会社同士の案内でも「ご担当者様各位」という言葉をまれに見ることがあります。ずいぶんと許容範囲は広がっていますので余程の間違いでなければ指摘されないことがあります。

各位をみなさまという言葉に置き換える

お客様各位を使うのがためらわれる場合

17587253 1073023539468496 6470024122939211776 n
eri.0227さんの投稿

お客様各位という冒頭で書くのがためらわれる場合は、「お客様のみなさま」や「ご愛顧のみなさま」という言い方に変えられる場合があります。特に「ご愛顧のみなさま」という言葉は最近よく目に付く言葉です。例えばダイレクトメールなどの商品案内やネットショップのメールなどによく書かれている冒頭文です。セールスによく使われています。

社告や謝罪文の場合ではお客様各位を使わない

社告や謝罪文の掲載は、現代ではほとんどが自社ホームページが主流ですが、新聞記事や折り込みチラシ、または投函チラシなどの文面では、冒頭でお客様各位という言葉はあまり使いません。お客様への重大なお知らせという言葉で始まります。お客様各位という言葉は容認されていて間違いではないのですが、こういった謝罪文や社告で使うことはしません。

文書の冒頭以外で各位を使う場合

スピーチの口上で使われる場合

29403720 136672923837937 5758467635356368896 n
nomitomoさんの投稿

お客様各位の表現は、記念式典や株主総会などの改まった場所でのスピーチでも使われることがあります。お客様各位の他に「ご来場者各位にご連絡申し上げます」や「株主各位のご高配により」という表現が使われます。改まった場所のアナウンスやお礼などの口上を述べる際に使われやすい表現です。非常に厳かな雰囲気を持たせる言葉として使用されます。

お客様各位を文中で使う場合

20686728 502558773423958 6031172610971140096 n
tomohiro.i6050さんの投稿

お客様各位という表現は文中でも使われることがあるます。例文としては次のようなものが挙げられます。「お客様各位のご来場を心よりお待ちしております」という展示会などの案内で使われます。この場合の冒頭は、展示会のお知らせというような「お知らせ案内」というわかりやすい表題で文章を始めます。告知などの張り紙でも使われることがあります。

文書全体を見て各位を使うかどうか決める

色々な形の各位の使い方の例文

15801867 1071355229641555 5820336836823744512 n
non_44muraさんの投稿

ここで一度「各位」という言葉の使い方を例文を交えてまとめてみます。基本的に「各位」の言葉を使うときには、様や殿などの他の敬称は付けません。例外として「お客様各位」や「ご利用者様各位」があります。容認された基本的な使用例として、相手がお客様であるということと、社告や謝罪などの畏まった場所ではないというふたつがポイントになります。

文中でお客様各位を使う場合の例文は?

19052171 1534582173259325 697682321582587904 n
masafumi520606さんの投稿

文書で使う例文として、前段でのように冒頭での宛名で使用するほかに文中で使うスタイルがあります。この場合は、宛名は「○○のお知らせ」などという表現を取ります。冒頭で各位という言葉を使う場合は文中で使用はしません。1つの文書に一度使うと覚えると良いです。例文として「お客様各位のご協力をお願いいたします」というような表現になります。

言葉の意味を正しく知って各位を使う

お客様各位という言葉の意味を考える

26866737 676439246078360 48786722493825024 n
kishiya_recruitさんの投稿

各位の意味は「おのおの方」や「みなさま方」という意味で、「お客様各位」という言葉を訳すと「お客様の皆様」という言葉になり、変だという感じはしません。お客様は不特定多数というイメージが強いため、「お客様各位」という言葉は容認されたといえます。しかし、多数形でない場合の「ご担当者様各位」という言葉は少数のため認知度は少ないです。

者という言葉には個人のイメージが付く

16228914 141877136319796 3706544754834538496 n
tasshi.photoさんの投稿

「ご担当者様」となると二人以上ということもありますが、たいていの場合個人です。なので、各位という言葉が意味が「ご担当者様」という言葉と合致しないため、間違いであるという認識のほうが上回ります。そもそも「者」という漢字には様々な意味がありますが、個人というイメージが強くあります。なので「各位」と意味が繋がりづらいこともあります。

各位の使い方は状況や会社にもよる

会社によって各位の使い方が違う

12353211 1720127438205242 25734901 n
_____kaho______さんの投稿

各位は目上の人にも使える便利な言葉ですが、会社によって使い方が変わります。外部に配布する文書での使い方に違いがあるのももちろんですが、社内でのメールでの各位の使い方にも決まりがある場合がありますので注意しましょう。例えばメールの件名で「○○部長ならびに関係者各位」というように役職によって名前を別で記載する場合があります。

お客様各位という言葉を使わない会社もある

14705075 150447018760805 3693849445687885824 n
tobikana1012さんの投稿

会社の方針として「お客様各位」という言葉を使用しない事もあります。その場合は「○○をご利用のお客様」や「お客様へのお知らせ」という表現が主に使用されます。会社によって告知やお知らせ文書の型が決まっている場合も多くありますので、文書作成時には確認が必要です。各位は便利な言葉ですが、会社によって使用が制限されている場合もあります。

各位を使うと失礼に当たるという見方もある

失礼に当たる場合の各位の使い方

23498731 139589646746131 7423318240572473344 n
limbatripさんの投稿

会社の取引先に案内メールを送りたいけれども、各位を使うのは失礼に当たるのではないか?という意見も少なからずあります。とはいってもそれぞれに案内を書くのも面倒です。そういった場合は会社名に各位を使うという方法もあります。例えば「○○株式会社 各位」というような書き方です。これならば間違いでもないですし、簡便でもあります。

各位を目上の人に使うにはためらわれる場合

各位を目上の人に使うのがためらわれる場合、または会社で禁止されている場合には「各〇〇殿」とする場合があります。そもそも「各位」という言葉自体が人によって受け取り方が曖昧なものでもありますので、使用しないに越したことはないという考え方もあります。また各位という言葉自体が古いものとなりつつありますので使わないという選択もあります。

各位という言葉自体が曖昧なもの

18443127 1345432918905569 1230884957849649152 n
kanacoshimaduさんの投稿

お客様各位という言葉は、現代では広く容認されていて間違いというほどの言葉ではありません。各位という言葉自体は敬語であり、失礼であるという事もありません。しかし、最近では「各位」という言葉自体あまり使わなくなりつつあります。敬語とはいえ「〇〇様」とあまり差がありませんので、会社で使用する際は周囲に確認を取ったが良いでしょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ