燻製のおすすめ食材は?初心者でも簡単においしくできる作り方!

燻製のおすすめ食材について、具体的に紹介します。初心者でも簡単においしく燻製ができる作り方と題して、燻製のおすすめ食材を取り上げています。おすすめの食材を利用して、美味しい燻製料理を味わいたいという方にぴったりの記事です。

燻製のおすすめ食材は?初心者でも簡単においしくできる作り方!のイメージ

目次

  1. 燻製のおすすめ食材について確認しよう
  2. 最初にチェック!燻製とは?
  3. 燻製の種類を確認!まずは冷燻法
  4. 温燻法や熱燻法も!その他の燻製の種類
  5. 殺菌効果や脱水効果!燻製がもつさまざまな効果
  6. 燻製の基本的な作り方!塩漬けや風乾
  7. 燻製のおすすめの食材1:鮭
  8. 燻製のおすすめの食材2:ささみ
  9. 燻製のおすすめの食材3:ほたて
  10. 燻製のおすすめの食材4:チーズ
  11. 燻製のおすすめの食材5:ベーコン
  12. 燻製のおすすめの食材6:たこ
  13. 燻製のおすすめの食材7:ししゃも
  14. スモークチップ!燻製に必要なもの
  15. 賞味期限を確認!燻製の保存期間
  16. 燻製の基本的な調味料!塩やコショウなど
  17. たまごは初心者でも簡単!燻製の作り方
  18. サーモンも美味しい!初心者に優しい燻製の作り方
  19. 事前準備が重要!燻製の簡単な作り方
  20. 温度管理もポイント!燻製を美味しく作るコツ
  21. 燻製を作るのは簡単!慣れが重要
  22. 実際にやってみる!おすすめ食材を利用した燻製
  23. 燻製のおすすめ食材や作り方について理解する

燻製のおすすめ食材について確認しよう

31505347 237037093733186 6730498083961962496 n
manatsunotaiyouさんの投稿

燻製に焦点を当てて、そのおすすめの食材や簡単な作り方、初心者でもできる燻製について具体的にご紹介していきます。日本や世界にはさまざまな食材や料理がありますが、その中でも燻製料理が好きという人も少なくありません。お店で注文するのも良いですが、自分で作ってみるのも素敵です。まずはおすすめの食材や作り方について確認していきましょう。

最初にチェック!燻製とは?

煙をあぶせて風味を出す!燻製の特徴

32867670 2040040499649826 6854750942374395904 n
delaceratomyさんの投稿

まずは燻製とはどういった料理なのかについて確認していきます。燻製は、塩漬けをした肉や魚といった食材に対して木材などを燃やして出した煙をあぶせて風味を出す料理のことです。煙のニオイなども相まって特有の風味が出るところが特徴的な料理となります。保存性という点において、しっかりとあぶることで長期保存にも適しているのが燻製の特徴です。

32225524 208337569947376 4737392830643699712 n
oj_japanさんの投稿

燻製の代表的なところで言えば、かつお節や秋田県を代表するいぶりがっこなどといった食材は有名です。あるいは、ソーセージやハムといった食材に関しても、日常的に食べられる燻製食材として人気を博しています。お店で売っている食材を買ってきて使うのも良いですし、自分で作り方を覚えて調理してみるのも、燻製料理の醍醐味と言うことができます。

簡単に作れる!燻製料理の考え方

自分で調理するのは大変だと感じる方も多いですが、実際に作り方を覚えてしまえば、簡単に燻製料理を作ることができます。塩漬けした肉や魚に煙をかけるという工程さえ覚えれば、後はその他の食材に応用することもできます。食材に染みこんだ煙の香りを楽しむ人も多く、家庭やキャンプ場などで燻製料理を振る舞う人たちも増えてきているのが現状です。

燻製の種類を確認!まずは冷燻法

3種類の製法!燻製の作り方

33314665 454105465020535 8912660702364172288 n
resechinさんの投稿

基本的な作り方を覚えることで、家庭でもアウトドアでも自分流に楽しめるのが燻製の醍醐味でもありますが、その種類についても確認していきます。燻製には主に3種類の作り方がありますが、その方法を取っても美味しく召し上がることができます。また、食材によって作り方を変えていく必要があるので、それぞれの製法を頭に入れることがポイントです。

15度から20度程度!スモーカー内の温度

32203119 395366980944563 3779838809827442688 n
takahashi.hideaki.169さんの投稿

まずは、冷燻法と呼ばれる作り方についてですが、冷燻法では、スモーカー内の温度を15度から20度程度に保って、長時間にわたって燻煙し続けることがポイントです。生ハムやスモークサーモンといった食材に適した作り方であり、煙をあぶって素材の水分を取り除くことで美味しい燻製に仕上がります。気温の高い季節の製法としては向いていません。

冷燻法で調理した食材に関しては、基本的に1ヶ月以上の保存をしても食材が傷むことはありません。長期保存に向いている製法として重宝されています。また、できるだけ生に近い状態で燻製を楽しみたい場合には、30分から2時間程度冷燻法で調理すれば問題ありません。生に近い場合はすぐに食材を食べることが原則であり、長期保存には適していません。

温燻法や熱燻法も!その他の燻製の種類

30度から80度!温燻法での作り方

33172000 1885484278169134 1046892454424346624 n
takahashi.hideaki.169さんの投稿

スモーカー内の温度を15度から20度前後にキープして長時間燻煙をすることで、冷燻法という作り方を楽しむことができます。その他の製法として、温燻法や熱燻法といった作り方もご紹介することができます。温燻法に関しては、30度から80度程度の厚さ温度の中で、2時間から5時間程度燻煙していくことがポイントです。肉、魚共に適した作り方です。

ベーコンやロースハム!温燻法でおすすめの食材

温燻法は季節を問わず楽しめる製法でもあり、初心者の方でも比較的簡単に行うことができます。比較的短時間で仕上がるため、魚や肉といった食材での製法としても人気を呼んでいます。保存という点ではさほど長期保存を望むことができません。ベーコンやロースハム、ニジマスといった食材について、温燻法で燻煙すると美味しくいただくことができます。

熱燻法の作り方!90度から140度の温度

32255787 1463773210394683 6458977819241218048 n
w.t.ryeさんの投稿

3種類目の作り方として、熱燻法と呼ばれる製法での調理を行うことも可能です。熱燻法は最も温度が高い製法でもあり、初心者の方だと危険も伴うので注意が必要です。ある程度実戦経験を積んだ方と一緒に調理すると安全に食材を燻煙することができます。熱燻法では90度から140度程度の温度で、10分から30分ほど燻煙する手法で食材をあぶります。

ステーキ!熱燻法でおすすめの食材

熱燻法は10分から30分という短時間で調理が完了するので、保存性という点では期待することができません。その場で作ってその場で食べるというイメージで、熱燻法にとりかかるのがおすすめです。ステーキの燻製についても熱燻法での製法が向いています。食材の仕上がり時の色味や香りとも特に優れているのが熱燻法の良さであり、好む人も多い製法です。

殺菌効果や脱水効果!燻製がもつさまざまな効果

32203289 218234658765821 8124006094369456128 n
w.t.ryeさんの投稿

燻製の作り方としては、冷燻法、温燻法、熱燻法の3種類があるわけですが、どの製法を用いても美味しく燻製料理をいただくことができます。製法を覚えて繰り返していくことで、徐々に簡単に調理できるようになっていきます。その上で、燻製の効果についても確認していきます。燻製は保存できるものもありますが、それは燻製に一定の効果があるからです。

殺菌効果や防腐効果!燻煙おすすめの役割

32471059 2118396328173758 3876768701210427392 n
tagnee_mioさんの投稿

まず、燻製の効果として殺菌効果や防腐効果を挙げることができます。燻製を作る際には、燻煙をかけることになりますが、その燻煙のチップから発生する成分に、肉や魚の腐敗を防ぐ成分や殺菌したりする成分が含まれています。その影響で、長期保存をすることもできるのです。外部からの雑菌の侵入を防ぐという点でも、燻煙が大きな役割を果たしています。

燻煙をすることで、フェノール系の化合物やアルデヒドといった成分も生成されますが、それらの成分が合わさることによって、食材の水分を減らしてくれる効果もあります。食材の水分を減らすことで殺菌や減菌効果に期待することができます。水分が多い食材にはそれだけ雑菌も生えやすいですが、燻煙の効果によって脱水するので、雑菌も退治してくれます。

食材の旨みが凝縮!燻製の脱水効果

33122553 537435629986440 1901249930220011520 n
__may26__さんの投稿

燻煙によって適度な脱水効果をもたらすことで、燻製効果を高めていき、味や品質を良くするといった効果にも期待することができます。水分が取り除かれることで、食材本来が持つ旨みが凝縮されていき、食べた時に濃厚な味わいを感じることができるのです。殺菌という点においても、味わいという点においても、燻製の脱水効果が大きな役割を果たします。

燻製の基本的な作り方!塩漬けや風乾

はまる人も多い!燻製料理の魅力

燻製の作り方や効果について詳しく確認してきましたが、燻製には雑菌効果や脱水効果も含めて美味しくいただけるメリットが詰まっていると言うことができます。それゆえに燻製料理にはまる人も多く、定期的に燻製を楽しむという人も多くなっています。その燻製について、基本的な作り方も紹介していきます。塩漬けや風乾といった作り方が基本となります。

味付けの工程!塩漬けの考え方

32526466 928592017300296 2374077429523152896 n
jack721678さんの投稿

初心者の方でも簡単に楽しめる燻製の作り方として、3つの工程を覚えておくことがポイントです。それは、塩漬け、風乾、燻煙といった工程であり、この3つの工程を通して美味しい燻製料理が出来上がっていきます。まずは塩漬けですが、もともとは殺菌のための工程とされていました。しかし、最近では味付けの工程として塩漬けが重視されてきました。

旨みや風味を引き出す!風乾の工程

もともと味がついているチーズなどの食材については、塩漬けの工程を省略しても問題ありません。殺菌という意味で塩漬けしても良いですが、食材本来の旨みが落ちてしまう可能性もあるので注意が必要です。続いては、風乾の工程に入っていきます。風乾はまさに食材を風に当てて乾かす工程のことであり、食材の旨みや風味を引き出す工程でもあります。

32102824 423537521385180 4560103439727591424 n
taqueen95さんの投稿

風乾で食材の旨みと風味を引き出すことができたら、最後に燻煙の工程へと移っていきます。燻煙では、食材に煙をあぶっていき、まさに燻製料理の仕上げに入っていく部分の工程となります。スモークチップやスモークウッドと呼ばれる材料を利用して燻煙を行います。これらの3つの工程を通して、美味しい燻製料理が完成へと着実に歩みを進めていきます。

燻製のおすすめの食材1:鮭

お酒のおつまみにもなる!おすすめの燻製食材

燻製料理の作り方について簡単にご紹介してきましたが、ここからは具体的に燻製料理のおすすめ食材についてご紹介していきます。初心者の方でも簡単に挑戦できる食材ばかりなので、気軽にチャレンジしてみる価値があります。まずは、おすすめ食材のトップバッターとして鮭を紹介することができます。鮭を燻製にすることで、お酒のおつまみにも最高です。

10分から15分程度で完成!鮭の燻製

25015627 960065150814369 4150301424397320192 n
shoko2484さんの投稿

網の上に鮭をのせて、10分から15分程度燻煙していくことで、鮭の旨みと風味が凝縮された美味しい食材へと変貌を遂げてくれます。そのまま食べても美味しいですし、鮭をほぐしてお茶漬けやおにぎりのおかずにしても美味しくいただくことができます。魚燻製の代表格として外せない食材であり、燻製に初挑戦するという方にもおすすめすることができます。

燻製のおすすめの食材2:ささみ

13355632 1869766509917331 2046102381 n
chack55さんの投稿

燻製食材として鮭もおすすめすることができますが、さらにささみもおすすめの燻製食材です。ささみの場合は、燻煙時間が60分から90分程度とやや長めになります。燻製にすることで、しっとりとして柔らかい味わいを楽しむことができます。バーベキューやキャンプなどの肉料理としてもおすすめであり、子供たちが食べても喜ぶ食材としておすすめです。

燻製のおすすめの食材3:ほたて

続いての燻製のおすすめ食材としてほたてを挙げることができます。ほたて自体がとても美味しい食材ですが、燻製にすることで、より一層その旨みを味わうことができます。塩漬けした後で、コショウやスパイスといった調味料を合わせても美味しくいただくことができます。燻煙時間も60分程度であり、初心者の方にも優しい食材として人気を博しています。

燻製のおすすめの食材4:チーズ

31997985 199463170691246 4129232801629208576 n
usagikaasanさんの投稿

燻製の定番食材として外すことができないのがチーズです。燻製料理の代表格としても人気であり、小売店にもチーズを販売しているお店は少なくありません。そのまま食べても美味しいチーズですが、燻製にすることで、その風味と旨みが一段とランクアップして幸せなひとときを味わうことができます。燻煙時間も40分程度で、簡単に作ることができます。

燻製のおすすめの食材5:ベーコン

31295935 1929543610678412 3368864586252943360 n
suzuran33さんの投稿

チーズも燻製料理の代表格としておすすめすることができますが、同様にベーコンも燻製の代表格としておすすめできます。豚バラでも問題ありませんが、ペッパーやハーブなどの組み合わせで味付けしたベーコンはお酒のおつまみとしても最適です。燻製といえばベーコンという人も多いほどの人気で、燻煙時間も30分から40分程度で仕上げることができます。

燻製のおすすめの食材6:たこ

30603379 2112896585612271 5787271996735750144 n
copper_mitoさんの投稿

さらなる燻製料理のおすすめ食材として、たこも挙げることができます。そのまま食べても十分に美味しいのがたこですが、燻製にすることでより豊かな風味を味わいつつ、たこの魅力に触れることができます。そこら辺で取り扱われているたことは格段に違った旨さになります。燻煙時間は90分程度かかるので、時間に余裕がある時の食材としておすすめです。

燻製のおすすめの食材7:ししゃも

12960195 972942339470382 1908647711 n
paradisaea_cozyさんの投稿

最後にご紹介する燻製におすすめの食材は、ししゃもです。ししゃもをお酒のおつまみにして楽しんでいるという方も多いのではないでしょうか。そのししゃもを燻製にすることで、スモークの香りと見事にマッチしたコクのある味わいを楽しむことができます。外はカリッと中はジューシーな味わいです。燻煙時間も20分から30分程度で、簡単に作れます。

スモークチップ!燻製に必要なもの

燻製器とスモークウッド!ザルやボウルでの代用も可

燻製料理としておすすめの食材をご紹介してきましたが、燻製料理を作るにあたって必要なものもご紹介していきます。燻製の調理には、スモークチップやスモークウッドと呼ばれる材料が必要となります。後は、燻製器が必要となりますが、基本的にはこの2種類の材料があれば、調理を行うことができます。ザルやボウルといった代用品でも問題ありません。

密閉性のある容器がおすすめ!燻製器の購入

33312088 840301369487966 1525804814284357632 n
smokeman_restaurantさんの投稿

基本的には、スモークチップやスモークウッドがしっかりと燃えて、密閉することができる容器があれば問題ないということです。燻製器については、熱燻器か温燻器といった種類を見分けて購入しておくことがポイントです。しっかりと密閉できないと、上手く調理することができません。購入にあたっては、密閉性のある燻製器を選ぶことがおすすめです。

賞味期限を確認!燻製の保存期間

平均は1週間!燻製の賞味期限

32600900 582175335495678 489651264158695424 n
1010karatachiさんの投稿

燻製料理の特徴として、一定の保存期間があることが挙げられます。食材や製法にもよりますが、一定の保存期間があり、賞味期限の持ちが良いものもあります。一般的に燻製の賞味期限に関しては1週間程度と考えておくのが無難です。中には1ヶ月以上保管できるものやすぐにダメになってしまう食材もありますが、平均すると1週間程度というのが特徴です。

じっくり燻製するのがおすすめ!長期保存したい場合

塩漬けの時間や、風乾の時間、燻製にかける時間が長くなれば長くなるほど、その食材の保存期間も長くなると考えておいて問題ありません。食材に含まれる水分をなるべく取り除いてあげることで、その保存期間を延ばすことができます。したがって、長期的に保存したいのであれば、調理に時間をかけてじっくりと燻製していく製法をとるのがおすすめです。

燻製の基本的な調味料!塩やコショウなど

食材の味わいを楽しむ!アレンジ調味料

32048537 456365951480180 6940144895197708288 n
dai.k105さんの投稿

さまざまな製法に挑戦することで、初心者の方でも簡単に調理を楽しむことができますが、さらに燻製料理の仕上げとして調味料の利用もおすすめすることができます。塩やコショウといった調味料を使うことで、また違った燻製料理の味わいを楽しむことができます。魚系の燻製にしても、お肉系の燻製にしても、食材の味わいを楽しむことがポイントです。

スパイスもおすすめ!いろいろな調理法

その他の調味料として、スパイスなどもおすすめすることができます。バジルやブラックペッパーなど、お好みによってスパイスをかけることで、燻製前の味付けと変わった美味しさを味わうことができます。また、塩漬けの段階で調味料をかけるのもおすすめです。そうすることで、調味料の味わいが食材に染みこんだ形で美味しくいただくことができます。

タイムやオレガノも!おすすめの調味料

32225835 174746886570344 8493386398655578112 n
kazazunさんの投稿

その他のおすすめ調味料として、肉系の燻製にはオレガノと呼ばれる調味料もおすすめです。多少クセはありますが、塩やコショウなどに飽きてきたらオルガノを試してみると効果的です。あるいは、タイムと呼ばれる調味料もおすすめで、煮物系の燻製には最適です。燻製においては、ソミュール液としての活躍にも期待することができる万能系の調味料です。

たまごは初心者でも簡単!燻製の作り方

24時間塩漬け!たまごの調理法

32921884 596465214060587 4798365874299863040 n
na.maruchanさんの投稿

おすすめの調味料や使い方についてもご紹介してきましたが、さらに初心者でも簡単に作れる燻製食材についてご紹介していきます。初心者でも簡単に作れる食材として、まずはたまごをご紹介することができます。たまごとしょうゆ500ml、めんつゆ、みりん、だしパックを用意して、まずは24時間塩漬けにします。その後、風乾に30分程度かけていきます。

調味料の配合比に注意!美味しい燻製たまご

たまごの燻製にあたってはしょうゆ・めんつゆ・みりんの配合比を2対1対1にすることがポイントであり、その中に1袋のだしパックを入れることになります。丸1日つけておくこともポイントで、その時間を要することで、たまごの旨みが凝縮されていきます。1日漬けることでしょうゆやめんつゆの味もしっかりと染みこんで、美味しく食べることができます。

サーモンも美味しい!初心者に優しい燻製の作り方

丸一日の塩漬け!美味しいサーモンの燻製

33019994 2470035793022504 814630802129158144 n
manamisugawaさんの投稿

初心者に優しい燻製料理としてたまごをご紹介しましたが、サーモンも初心者の方が簡単に作れる燻製料理としておすすめすることができます。まずは、刺身用のサーモンを丸1日かけて塩漬けにします。その後塩抜きに5時間程度をかけて、風乾に12時間を要します。最後に燻製に2時間ほどかけて5分程度熟成させれば、美味しいサーモンの燻製が完成します。

温燻法による調理!サーモンの燻製

温燻法による燻製調理を行うことで、スモークサーモンの美味しい味わいを堪能することができます。やや調理に時間はかかるものの、しっかりと塩漬けと塩抜きを行うことで、サーモン本来の旨みを余すところなく味わうことができます。たまごの場合もそうですが、製法を守って調理することで、初心者の方でも簡単に美味しい仕上がりへ導くことができます。

事前準備が重要!燻製の簡単な作り方

事前準備の重要性!燻製作業に入る前

32831653 154251368763590 1622082347379720192 n
eriko.1118.87koさんの投稿

初心者の方でも簡単に作れる燻製料理として、たまごとサーモンについて取り上げましたが、いろいろな食材にチャレンジしていくことで、徐々にコツと感覚をつかむことができるようになっていきます。まずは、自分の手で燻製に取り組むことが重要です。その上で、燻製の作り方として抑えておきたい事項も解説していきます。まずは事前準備の重要性です。

必要なものを用意する!意外と難しい

32178318 2192761767676772 8244717576152678400 n
lescouleurs0714さんの投稿

塩漬けや塩抜きなどに関してもそうですが、タオルやキッチンペーパー、食材を保管しておくタッパーなどの容器、保管場所の確保など、調理以外の部分で気を遣うことも多くなります。燻製に慣れていればそこまで難しくありませんが、初心者の場合は違います。まずは、作業手順を確認して必要なものを適切に用意するスキルを身につけることがポイントです。

温度管理もポイント!燻製を美味しく作るコツ

逐一確認!調理中の温度

また、燻製料理の作業にあたって、温度管理も重要なポイントとなります。燻製には冷燻法と温燻法、熱燻法の3種類の製法があることをご紹介しましたが、食材によってもどの製法を用いるのが良いのかは分かれてきます。それぞれの製法に合った温度管理をすることが美味しい燻製につながります。調理中は逐一温度を確認することで調節することが重要です。

中まで火を通す!温度管理のポイント

32203533 215679822552967 4383017793470070784 n
kitcheneureka20130701さんの投稿

特に、燻製においては中まで火を通すことが重要な食材も少なくありません。冷燻法であればさほど問題ありませんが、適切な温度であぶっていかないと、表面だけ焼けて中まで火が通っていないということにもなりかねません。そうなるとせっかくの燻製料理も美味しくなくなってしまいます。完成度の高さという点においても、適切な温度管理が求められます。

燻製を作るのは簡単!慣れが重要

32256346 446047222487604 7134919694976286720 n
deku.smokeさんの投稿

温度管理や事前準備といったポイントはありますが、燻製料理は一度作り方を覚えてしまえば簡単に行うことができます。当然最初のうちは失敗しても構いません。その失敗が積み重なっていくことで、徐々に自分流のアレンジも生まれてくるのです。まずはいろいろな食材を使って燻製料理にチャレンジしてみることで、その魅力を味わうことが重要です。

実際にやってみる!おすすめ食材を利用した燻製

自己流のアレンジを楽しめる!燻製の良さ

たまごや鮭、サーモンやベーコンなど、そのまま食べても美味しい食材はたくさんありますが、燻製にすることで、また違った味わいを楽しめるのも醍醐味です。意外と甘いものを燻製にするのもおすすめであり、チーズケーキやマシュマロといった食べ物を燻製にする人も少なくありません。さまざまに自己流のアレンジを楽しめるのが燻製の良さでもあります。

慣れを作る!いろいろな燻製にチャレンジ

32673235 216153715834442 9187937989727092736 n
wata7kさんの投稿

長期保存という点においても、燻製を作り置きしておいて、必要な時に取り出して食べるという手法もおすすめです。熱燻法などであれば、最長1ヶ月から2ヶ月程度であれば持たせることも可能であり、じっくりと調理することがポイントです。ステーキや鮭なども含めて、まずはいろいろな燻製にチャレンジして、自分の中で慣れを作ることが重要です。

燻製のおすすめ食材や作り方について理解する

32345133 986443804841097 5554429626207436800 n
jellyfish0313さんの投稿

燻製について、おすすめの食材や作り方を中心にご紹介してきました。初心者の方でも果敢にチャレンジすることで、簡単に燻製料理を楽しむことができるようになります。まずは、チーズやたまごなど気軽なところから挑戦していき、徐々に難易度を上げるのもおすすめです。改めて燻製の作り方を理解して、アレンジも含めて実際の製法を楽しんでみましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ