iPhoneにクレジットカード情報を登録・削除する方法!安全に使うには?

iPhoneでAppleIDやApplePayを利用するためには、クレジットカードを登録しなければなりません。ですが、不正利用のリスクが心配になります。iPhoneにクレジットカードを登録・削除する方法と安全な使い方、注意点について紹介します。

iPhoneにクレジットカード情報を登録・削除する方法!安全に使うには?のイメージ

目次

  1. iPhoneにクレジットカード登録するとできること
  2. 利用者が多いApplePayについて
  3. iPhone がクレジットカード情報を記録するしくみ
  4. iPhoneにクレジットカード情報を登録する方法
  5. iPhoneにクレジットカード情報を登録するリスクとは
  6. TouchIDがあればiPhoneは安全なのか
  7. iPhoneデバイスの信頼設定が重要な理由とは
  8. iPhoneへのハッキングを確かめる方法
  9. iPhoneのハッキング対策とは
  10. 安全にクレジットカード情報を登録するために
  11. iPhoneにパスコードを設定する方法は
  12. iPhoneのクレジットカード情報をオフにする
  13. クレジットカード情報を削除する方法
  14. AppleIDでのクレジットカード情報の削除
  15. ApplePayでのクレジットカード情報の削除
  16. Safariでのクレジットカード情報の削除
  17. iPhoneのセキュリティ対策とは
  18. iPhoneへのクレジットカード登録は慎重に行おう!

iPhoneにクレジットカード登録するとできること

18812254 1972017126350588 6848621358323073024 n
rublev.clubさんの投稿

iPhoneユーザーの中には、AppleIDやApplePayを利用してアプリを購入する人も多いことでしょう。そんな時にiPhoneにクレジットカードを登録しておくと、いちいち入力作業をしなくて済む分、購入手続きがスムーズです。また、アプリ内課金に利用している人もたくさんいます。今回はiPhoneにクレジットカード情報を登録する方法などを紹介します。

利用者が多いApplePayについて

ApplePayが人気の理由とは

特にApplePayは、コンビニエンスストアやスーパー、飲食店、ガソリンスタンド、家電量販店などさまざまな店で使えます。また、iPhone上のSafariからネットインショッピングする際にも利用できるので、これ一つあればお財布がなくても何とかなるほどです。キャッシュレスで決済できれば、小銭を持ち歩く必要がなくなります。

クレジットカードを登録できる最大の枚数

21827337 492325657799979 8994826390264086528 n
mitsuostrengthさんの投稿

AppleIDの場合は、登録できるクレジットカードは1枚です。クレジットカード情報を登録しておくだけで、iTunesやAppleのオンラインストアで簡単に商品が購入できます。そのため、ネットショッピングを頻繁に行う人は、クレジットカード情報を登録しておくと便利ですが、つい使いすぎてしまうなどの注意点もあります。

ApplePayは最大8枚まで登録可能

一方のApplePayでは、クレジットカードを最大8枚まで登録できます。そのため、いろいろなiDやQUICPayなど、種類の異なる電子マネーを別々なクレジットカードで決済することが可能です。利用限度額やポイント還元率を考慮して、使い分けている人もいます。ですが、不正利用されるとリスクが高くなることも注意点として認識しておく必要があります。

iPhone がクレジットカード情報を記録するしくみ

クレジットカード情報が記録される場所

19429236 324658144633657 4977666826033954816 n
apple_iphone_payさんの投稿

iPhoneにクレジットカードを登録するといっても、内蔵されているストレージに記録が残るわけではなく、iCloudにサインインを設定しているデバイスを経由して、情報にアクセスできるしくみになっています。そのため、iPhoneだけでなくMacやiPadとも、クレジットカード情報を共有できます。

オンラインストアのサイトに記録されることも

また、過去に何度か利用したことのあるネットショップの場合、iPhoneに登録してあるクレジットカード情報が使われる機会は少ないものです。というのも、ネットショップサイトでクレジットカードの登録機能を持っていれば、入力しなくても買い物することが可能だからです。

iPhoneにクレジットカード情報を登録する方法

Apple IDの支払い情報のクレジットカード登録方法

19534569 247196072446707 8577277439342804992 n
apple_iphone_payさんの投稿

では、iPhoneのiOS 10.3以降の端末を例にあげて、AppleIDのクレジットカード登録の方法を説明しましょう。iPhoneの設定画面を開くと、AppleIDのユーザー名が表示されます。それをタップし、「支払いと配送先」を選びます。最初に「支払い方法を追加」という項目が表れるはずです。そこで「クレジットカード」を選択します。

入力しなければならない項目

それから「カードの名義人」「クレジットカード番号」「有効期限」「セキュリティコード」「請求先住所」「電話番号」を入力します。間違いがないことを確認し、画面の右上にある「保存」をタップすれば終了です。

ApplePayのクレジットカード設定方法

ApplePayにクレジットカード情報を登録するためには、まずWalletアプリを起動します。すると画面上に「カードを追加」と表示されるので、タップしてさらに「次へ」に進みます。すると、iPhoneのカメラが起動するので、クレジットカードにピントが合うように調整し撮影します。すると、クレジットカード情報が自動入力されます。

iPhoneのカメラが不調な場合

カメラの読み取りが不調でも手入力できるので、心配はありません。また、セキュリティコードだけは手動入力が義務付けられています。クレジットカードによって3桁あるは7桁のセキュリティコードが設定されているので、指示にしたがって入力しましょう。その後、ApplePayの規約に同意し、本人認証できれば手続き完了です。

本人認証の方法について

ApplePayの本人認証にはSNSやアプリが利用されますが、方法は登録するクレジットカードによって異なります。SNS認証の場合は、認証コードが送られてくるので、それを入力するだけと手間がかかりません。

ApplePayの決済方法にも注意

ただし、ApplePayには「店舗決済」と「WEB決済」という2つの機能があるのですが、クレジットカードによってどちらかに対応しないものがあるのも事実です。また、iPhoneの中でもFeliCaチップを搭載していない機種では、ApplePayを利用できないことが注意点となります。

iPhoneにクレジットカード情報を登録するリスクとは

iPhoneが盗難・紛失にあった場合のリスク

36756545 611193799267187 7213438182547783680 n
techontableさんの投稿

もしクレジットカード情報が登録されているiPhoneが盗難・紛失にあった場合、その内容が漏洩するリスクがあります。ここで需要なのは、クレジットカードを不正利用されることだけではないことです。クレジットカード情報以外にも氏名や住所など個人情報が登録されています。個人情報を悪用されたケースもあることを注意点として知っておくべきです。

iPhoneがハッキングされた時のリスク

また、iPhoneユーザーの個人情報の漏洩は、ハッキングによっても起こります。iPhoneを経由してSNSを乗っ取ったり、遠隔操作によって盗撮や盗聴を行ったり、端末にロックをかけたうえで身代金を請求するケースも報告されているのです。また、iPhoneで位置情報が漏洩するのは防犯上はマイナスで、注意点の一つといえます。

TouchIDがあればiPhoneは安全なのか

TouchIDは万全のセキュリティ対策ではない

31096606 2110635922514066 5156667645453402112 n
imatteo_さんの投稿

TouchIDは指紋認証センサーなので、セキュリティ対策として万全だと思われがちですが、実際にはそうではありません。TouchIDを設定していても、その認証を突破した手口が何例も報告されています。そのため、TouchIDを過信しないことが大切です。注意点として忘れないでください。

TouchIDのロック解除を行う手口について

TouchIDの認証を突破する方法には、「眠っている本人の指を使う」「指紋を採取して偽造する」などの方法はあります。過去にはiPhone5sでセロテープで採取した指紋を使ったところ、TouchIDが突破できた例が報告されているのです。指紋は虹彩や静脈と違って偽造が簡単なことが注意点としてあげられますので、配慮しましょう。

iPhoneデバイスの信頼設定が重要な理由とは

iPhoneのデバイス設定とは

iPhoneをコンピュータをはじめとするデバイスに初めて接続すると必ず、「このコンピュータを信頼しますか?」という警告が表示されます。ここで「信頼する」と設定するとiOSデバイスと同期し、さまざまなコンテンツのバックアップを作成してくれます。また「信頼しない」を選択すると、アクセスが拒否されます。
 

iOSが選択を受け入れなかった際の対処法

もし自分の選択をiOSが受け入れなかった場合も、接続したコンピュータのiTunesを最新バージョンにすることで、信頼の設定をリセットできます。一度信頼の設定を記憶したデバイスでも、設定変更は可能なので覚えておきましょう。

iPhoneへのハッキングを確かめる方法

AppleIDが乗っ取られている可能性

31999235 227970937961847 9003410028434030592 n
gingerdoll28さんの投稿

LINEやFacebookが乗っ取られたという話をよく見聞きしますが、大抵はiPhoneがハッキングされたことで起こります。AppleID関連のサービス通知がメールで送られてきた場合、すでにAppleIDが乗っ取られているかもしれません。自分のiPhoneがハッキングされていないかどうか、定期的に調べる習慣をつけることをおすすめします。

まずAppleIDのアカウントを確認しよう

次にAppleIDのアカウント情報を確認します。もしすでに乗っ取られている場合、パスワードを変更されてしまうとログイン不可能です。AppleIDを2ファクタ認証にしておくと、不正ログインしようとした際にiPhoneに認証コードが届くので、すぐにわかります。

iPhoneのハッキング対策とは

パスワードの設定に配慮する

26072029 1997043287231222 4923424481461927936 n
yoship.bijinessさんの投稿

近年、パスワードを求められる場面が増えているため、AppleIDも慣れたもので設定する人が少なくありません。ですが生年月日や電話番号など、他人でも予測しやすいものにするのは危険です。安全性を考えると、予測しにくい難しいパスワードを設定するのが望ましいと、注意点として覚えておきましょう。

AppleIDを2段階認証にしておく

AppleIDを利用する際には、2段階認証を設定するのを基本としましょう。手順を説明すると、「AppleIDを管理」から「パスワードとセキュリティ」に進みます。そこで「2ステップ確認」から「利用を開始する」を選択するだけです。それだけで、ハッキングのリスクが格段に下がります。

iPhoneにもパスコードを設定

AppleIDだけでなく、iPhoneのパスワードも複雑なものにしておく方が安心です。6桁を選択し、英語や特殊文字を交えてパスワードを設定しておくと、乗っ取られにくくなります。ぜひ実践してみてください。

安全にクレジットカード情報を登録するために

31510093 1027036044144283 8721165067166416896 n
masandnagさんの投稿

iPhoneにクレジットカード情報を安全に登録したいなら、必ず行ってほしいことが3つあります。1つめはiPhoneにパスワードを設定することです。2つめはiPhoneに登録しているクレジットカード情報が自動入力されないよう設定することです。3つめはApplePayやsafariに登録したクレジットカード情報を削除することです。

iPhoneにパスコードを設定する方法は

パスコートを設定する手順について

32135671 823848861131526 7508606073343836160 n
doulciunlock11さんの投稿

iPhoneの設定から「TouchIDとパスワード」に進み、「パスワードをオンにする」という項目をタップします。すると、パスワードを設定するための画面に移行します。そこで6桁のパスワードを入力します。入力は確認の意味も込めて、2回必要です。

オプションの選択も配慮しよう

16230728 518246781679263 3999628976606674944 n
yuuu.starさんの投稿

パスコードオプションは「カスタムの英数字コード」「カスタムの数字コード」「4桁の数字コード」の3つの中から自分で選べます。注意点として自分が忘れないパスワードを設定することがあげられますが、「カスタムの英数字コード」のように安全性の高いものがベストです。

iPhoneのクレジットカード情報をオフにする

クレジットカード情報をオフにするとよい理由

11326837 664112727022568 1323445550 n
akinchan03さんの投稿

iPhoneにクレジットカード情報を登録すると、ネットショッピングを行う際に自動入力されます。とても便利な機能ですが、安全性という面ではおすすめできません。iPhone内のクレジット情報を「オフ」にしておく方が安全だからです。

クレジットカード情報をオフにする方法

30995608 2071295053147221 1999821937924112384 n
masarusuzukiさんの投稿

その手順ですが、iPhoneの「設定」から「Safari」に進み、「自動入力」をタップします。すると「ユーザーメイトパスワード」「クレジットカード」などの項目が表示されます。それらを「オフ」にするのです。すると表示がグレーになります。これで、クレジットカード情報が自動入力できなくなるので安全です。

クレジットカード情報を削除する方法

31966856 204937866976079 6565870037591130112 n
liehendriさんの投稿

iPhoneに登録したクレジットカード情報を削除するには、3つの方法があります。まず「AppleID」あるいは「ApplePay」からクレジットカード情報を削除することです。次にiPhoneからネットショッピングを行う際に、Safari上で自動入力されないようにすることです。

AppleIDでのクレジットカード情報の削除

AppleIDでカード情報を削除する手順

31711983 1822453567797837 6809329683239272448 n
serverappleさんの投稿

iPhoneから、AppleIDに登録したクレジットカード情報を削除する方法を紹介します。まずiPhoneの「設定」に進み、「iTunesStoreとAppStore」を探して選びます。サインインのうえ「AppleID」をタップし、「AppleIDを表示」を選択します。すると、アカウントの管理画面が表示されるので、そこから「お支払情報」に進んでください。

安全のためにカード情報を削除しよう

お支払情報に進んだら「なし」を選び、画面上でチェックを確認します。そのうえで画面上部の「終了」をタップするだけで、AppleIDに登録されていたクレジットカード情報の削除は完了です。AppleIDからクレジットカード情報を削除しておけば、万が一不正利用された場合も安全といえます。

ApplePayでのクレジットカード情報の削除

31754689 179297342730445 1920467782860800000 n
apple_mirさんの投稿

Walletアプリを起動すると、ApplePayに登録済みのクレジットカード情報を削除できます。画面を開き、並んだクレジットカードの中から削除したいものを選んでアイコンをタップしましょう。選択したクレジットカードの情報画面が開いたらスクロールしてい、「カードを削除」という項目を探します。見つけたらタップするだけと簡単です。

Safariでのクレジットカード情報の削除

Safariに登録されたカード情報を削除する

iPhoneに登録したクレジットカード情報は、SafariからCloudに保存されています。それを削除するためには、iPhoneの「設定」から「Safari」に進みます。それを開くと「パスワードと自動入力」という項目があるので選択します。そこから「保存したクレジットカード」を選び、カード情報が表示されたら「編集」をタップします。

削除するクレジットカードは選択できる

13636108 1165915290118045 1789599095 n
mr.fashion_caoさんの投稿

そのうえで、削除したいクレジットカードを選択し、左上の「削除」を実行すると完了します。Safariがクレジットカード情報を記憶してくれていると日常使いには便利ですが、不正利用された際にダメージが大きいという注意点があるので、削除しておく方が安全です。

iPhoneのセキュリティ対策とは

iPhoneは最新のものにアップデートしよう!

32758650 919150928262770 4004563614856904704 n
gameoftech_さんの投稿

iPhoneは不定期にiOSがバージョンアップします。これは公開後に不具合が見つかり、修正して新しいバージョンをつくっているからです。iPhoneのiOSを最新のものにアップデートしておけば、より安全に利用することができます。OSアップデート中にトラブルが起こる可能性があるのは注意点ですが、リリースされたらすぐに変更するのがおすすめです。

iPhoneのセキュリティアップデート

21985346 1965512973736849 633611747512549376 n
isao_kurodaさんの投稿

iPhoneを利用していると、「セキュリティアップデート」の案内が届くことがあります。注意点として、セキュリティアップデートの通知がある際にはシステムの脆弱性が見つかったということがあげられます。これはiOSやアプリを更新するのとは違い、安全に使用するためにはできるだけ早くダウンロードしましょう。

セキュリティアップデートの方法とは

21820353 459647934421686 3002523164602269696 n
junko_taaamaさんの投稿

セキュリティアップデートは、ソフトウェアアップデートと同じ手順で行えます。画面の指示に従うだけなので、早々に対応することをおすすめします。

iPhoneを探すは必ず設定!

31270226 298299600707697 5973597298762973184 n
_____misa_さんの投稿

「iPhoneを探す」という機能は、万が一携帯端末を紛失してしまっても、位置情報サービスを使うことで捜索できるサービスです。この機能を必ずオンにしておきましょう。そうすれば、紛失した際にも安心です。

iPhoneへのクレジットカード登録は慎重に行おう!

29401568 439360966507885 8738058745499615232 n
niconicopieceさんの投稿

iPhoneにクレジットカード情報を登録しておくと、便利なことがたくさんあります。ですがTouchIDやお明日コード設定をしても、確実に安全とはいえません。注意点を念頭においたうえで、自分にとってベストな方法を探すのがおすすめです。クレジットカード情報の登録・削除の方法を覚えておき、必要に応じて実践してみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ