溶接の種類は?特徴や方法と必要な免許・資格について解説!

溶接の種類には様々な種類があります。手で溶接する手溶接からロボットで溶接もできます。有名なのがアーク溶接やガス溶接ですが、それらの溶接にも種類があります。溶接の特徴から溶接方法をピックアップしています。また溶接する際に必要な資格・免許もまとめています。

溶接の種類は?特徴や方法と必要な免許・資格について解説!のイメージ

目次

  1. 溶接について知っていこう
  2. そもそも溶接とはどういった技能なのか
  3. 溶接の種類は3つに分類されている
  4. アーク溶接には種類が様々
  5. ガス溶接を使いこなして溶接のプロになろう
  6. ガス溶断といった方法もある
  7. その他の融接は船や自動車の製造に使われる
  8. 抵抗溶接(圧接)の種類は?
  9. 鍛接(圧接)は古くから使われている技法
  10. ろう接は古くからの技法
  11. 溶接に必要な免許・資格の種類1:初級
  12. 溶接に必要な免許・資格の種類2:中級
  13. 溶接に必要な免許・資格の種類3:上級
  14. 溶接工の仕事はきついがやりがいを感じられる
  15. アーク溶接時に気を付けるポイント
  16. ガス溶接で気を付けるポイント
  17. 必要な資格や免許を取得しステップアップしていこう

溶接について知っていこう

32855077 215268422594210 3977118524727361536 n
uno_junjiさんの投稿

溶接は現代で様々な分野で利用されています。建設業・自動車工場・造船・工場等で利用されている技術です。今回はその溶接についてピックアップし、まとめてみました。溶接の種類から方法、必要な免許・資格を紹介していきます。

そもそも溶接とはどういった技能なのか

32721267 235952960293748 6291586017249984512 n
tai.koha123さんの投稿

溶接とは主に建設業や自動車等の製造業、造船などの先端技術だけでなく昔からの生活を支える技術で、様々な溶接方法は増えてきています。そもそも溶接とは2つ以上の部材の接合部に、熱や圧力溶加材を加えて連続性を持ち、1つの部材とする技術です。

溶接の種類は3つに分類されている

溶接の種類:融接

32392809 634235503597243 6867891008269451264 n
kotetsuya16さんの投稿

溶接は主に3つの種類に分類されています。まず1つ目に融接があります。材料を溶融して接合する方法です。融接の主な溶接方法はガス溶接(酸素アセチレン溶接)・アーク溶接(ティグ溶接・プラズマ溶接・被覆アーク溶接・サブマージアーク溶接・セルフシールドアーク溶接・ミグ溶接・マグ溶接・炭酸ガスアーク溶接)・エレクトロスラグ溶接。

溶接の種類:圧接

電子ビーム溶接・レーザービーム溶接とがあります。2つ目の溶接の種類には圧接があります。金属の接合部に圧力を加えて接合する方法です。圧接の主な溶接方法は抵抗溶接(スポット溶接・プロジェクション溶接・シーム溶接・アプセット溶接・フラッシュ溶接・バットシーム溶接)・鍛接・摩擦圧接・爆発圧接があります。

溶接の種類:ろう接

3つ目の溶接の種類にはろう接があります。母材を溶融させることなくろうを添加し、母材間のぬれを利用して接合する方法です。ろう接には、ろう付けや小学生が図工の授業で学ぶはんだ付けがあります。

アーク溶接には種類が様々

アーク溶接の種類

32629860 2077651065848585 6066531874128265216 n
papa_completeさんの投稿

アーク溶接の方法や特徴について説明していきます。アーク溶接とは溶接部と溶接棒を電極として、その間に空気中の放電現象(アーク放電)を利用して、その熱によって溶接棒を溶かし金属同士をつなぎあわせる方法です。被覆アーク溶接が代表的なアーク溶接で昔からの主流です。現代では技術の発展により利用範囲は少なくなってきています。

アーク溶接の種類:被覆アーク溶接

32481168 179239242909603 459101144602378240 n
japanese_welderさんの投稿

被覆アーク溶接からアーク溶接の種類を紹介していきます。被覆アーク溶接とは、溶接棒に被覆材を覆っている被覆溶接棒と、母材との間に形成されるアークを熱源とする溶接方法で、原理的に自動化は難しく全て手作業で行われるため、手溶接とも呼ばれています。被覆材から発生するガスによりアークを保護する特徴があります。

アーク溶接の種類:ガスシールドアーク溶接

33190637 243192416453388 49621964783878144 n
omichi_worksさんの投稿

ガスシールド溶接とは溶接部をガスにより遮蔽(シールド)して、アーク溶接を行う方法です。ガスシールド溶接にも種類がありまして、溶極式と非溶極式とに分別されています。溶極式には炭酸ガスアーク溶接・ミグ溶接とマグ溶接があり、非溶極式にはティグ溶接があります。

アーク溶接の種類:炭酸ガスアーク溶接(ガスシールドアーク溶接)

炭酸ガスアーク溶接とは二酸化炭素のみでシールドする溶接で、不活性ガスの高価な日本ではアルゴンを用いるマグ溶接・ミグ溶接に比べて、二酸化炭素から抽出できる炭酸ガスアーク溶接が一般的な溶接方法です。

アーク溶接の種類:ミグ溶接(ガスシールドアーク溶接)

ミグ溶接とはシールドガスに不活性ガスを使い、溶接する方法で不活性ガスとしてアルゴンやヘリウムが使われ、清浄な溶着金属が得られますがこれらのガスが高価な為、高い品質を求められる以外は使用しません。適用される範囲はアルミニウム合金・ステンレス鋼・耐熱合金鋼等が主体となっています。

アーク溶接の種類:マグ溶接(ガスシールドアーク溶接)

32152848 371455373366437 6314001966963884032 n
lj78_さんの投稿

マグ溶接とは、シールドガスに不活性ガスと炭酸ガスを混合して溶接する方法で、主に鉄(軟鋼)の溶接に使われます。

アーク溶接の種類:ティグ溶接(ガスシールドアーク溶接)

ティグ溶接とは、タングステンの電極棒を使用し母材との間にアークを発生させ、溶融させ溶接する方法です。アークがクリーニング作用を持つため、ステンレスやアルミニウムなどのほとんどの金属で溶接が行うことができます。電極が溶接中にほとんど溶融しない為、ティグ溶接は非溶極式となります。

アーク溶接の種類:サブマージアーク溶接

サブマージアーク溶接とは、粒上のフラックスを母材に散布しておき、電極ワイヤを連続的に供給し母材とワイヤ間にアークを発生させ、溶融する溶接方法です。サブマージアーク溶接は大電流を使用できるため、効率が良いです。またアークの光がフラックスで遮蔽されている為、遮光保護具が必要なく作業性・安全性に優れています。

アーク溶接の種類:プラズマ溶接

32376445 381452908928022 2524919747565322240 n
kotetsuya16さんの投稿

プラズマ溶接とは電極棒にタングステン棒を使いますので、非溶極式となります。プラズマアークはタングステン棒と母材との間に発生するアークを、拘束ノズルとシールドガスによって絞って拘束するので、アークのエネルギー密度が非常に高い為、精密な溶接向きです。

アーク溶接の種類:セルフシールドアーク溶接

セルフシールドアーク溶接は、外部からのシールドガスを必要としない溶接方法です。炭酸ガスアーク溶接やサブマージアーク溶接に似ている溶接です。

ガス溶接を使いこなして溶接のプロになろう

33429620 2053342774976501 7981596025489981440 n
katsumikogyoさんの投稿

ガス溶接について紹介していきます。ガス溶接とは、アセチレンやプロパンなどの可燃性ガスを利用し燃焼する際に発生する熱を利用して、金属を接合させる溶接方法です。ガス溶接はガスを使うので、ガスは目に見えるものではない為、しっかりとした手順を踏んで作業しなければ大惨事を招くこととなります。

ガス溶断といった方法もある

29717224 218850658862826 2605000615390085120 n
kosin8888さんの投稿

ここでガス切断についても紹介していきます。金属を炎で加熱し高い温度にし、酸素を吹き付けて酸化・溶融しその酸化物をガスで吹き飛ばすことによって行う切断方法です。ガスの種類にはアセチレン・水素・プロパンガス・石炭ガス・メタン等あります。

その他の融接は船や自動車の製造に使われる

エレクトロスラグ溶接

32959271 422170891583601 8303768600469045248 n
ryou_ps13さんの投稿

エレクトロスラグ溶接とは、溶融したスラグに電流を通じて高温を発生させ、連続的にワイヤを供給し母材とともに溶融する溶接方法です。

電子ビーム溶接

33041162 1883732108591273 6717717193296969728 n
sakaigawa_industryさんの投稿

電子ビーム溶接とは、フィラメントを加熱させ放出される熱電子を利用し、この放出された熱電子を高い電圧で加速させ、母材に衝突させたときに生じる衝撃発熱を利用して溶接する方法です。

レーザービーム溶接

32591048 213223039484438 389106058284498944 n
junji_tominagaさんの投稿

レーザービーム溶接とは、レーザー光線のエネルギーを利用し金属に照射し、金属を局部的に溶融させることにより接合する方法です。レーザー光はエネルギーが密度が高く制御もしやすい為、精密な溶接に適しています。

抵抗溶接(圧接)の種類は?

抵抗溶接の種類

抵抗溶接とは、母材に加圧力を加えて電流を流し溶接部位の接触抵抗で発生するジュール熱を利用し、接合する方法でこの方法を利用した主な溶接方法に、スポット溶接とシーム溶接があります。抵抗溶接の種類について触れていきます。

抵抗溶接の種類:スポット溶接

31977781 617020298675636 1281931460206395392 n
laserweldingさんの投稿

スポット溶接とは2つの母材を両側から、電極棒で挟み込み適度な圧力を加えて電流を流し、その接触面に発生する抵抗熱により金属を溶かして溶接する方法です。生産性が高く効率がいい為、自動車のボディーに多く利用されています。

抵抗溶接の種類:シーム溶接

32627467 598101737217228 2814944492333826048 n
tk_welding_factoryさんの投稿

シーム溶接とは母材をローラー電極を用いて加圧し、電極を回転させながら連続的に通電を行い溶接する方法です。気密性や防水性が必要な部位に使われています。

鍛接(圧接)は古くから使われている技法

鍛接

鍛接とは古くから使われている技法で、柔らかい鉄と硬い鋼を重ねて1つの材料にする方法です。現代でも銅管鎖等の製造に使われています。

爆発圧接

爆発圧接とは、爆薬の爆発によって生じる爆発的なエネルギーを衝突させ接合する方法で、爆発圧接は圧接なので熱を利用しない為、温度変化による品質変化に影響しないといった特徴があります。

摩擦圧接

32178247 246409522771581 8916478752196657152 n
ay_arakさんの投稿

摩擦圧接とは、母材を回転させ一定の圧力で押しつけあうと摩擦熱により、温度が上昇されます。その後さらに圧力を加え一定時間保持することにより接合されます。

ろう接は古くからの技法

ろう接のろう付けとは、母材よりも融点の低いろうを溶かして金属同士を接合する方法です。ろう付けとはんだ付けの2種類あり、ろうは450℃以上で溶け、はんだは450℃以下で溶けます。ろう付けとはんだ付けの違いはそれだけです。ろうを溶かす方法は可燃性ガスのガスバーナー等があり、はんだ付けはかんだこてを用いて作業します。

溶接に必要な免許・資格の種類1:初級

溶接初心者が取得する免許・資格の種類

32488751 631966113825192 8573393972863434752 n
record_techさんの投稿

溶接の資格にはそれぞれ難易度があり、徐々にステップアップしていき溶接のプロを目指していきます。まずはこれから溶接の仕事を始めたい方や、趣味でDIY等溶接の知識を蓄えたい方など初心者向けの溶接免許・資格の種類をお伝えします。

ガス溶接技能者

30841738 1764519163608452 7405536599225663488 n
chitoshi_funatoさんの投稿

ガス溶接を扱う際には資格が必要となってきます。ガスは気体なので目に見えないです。安全に扱わなければならない為、誰もが安全に扱うための国家資格です。ガス溶接を行う際には法律によりガス溶接技能講習を受講していなければなりません。労働基準局が指定する団体や期間で2日間にわたり講習を受け、修了試験に合格すれば資格が交付されます。

32121831 174250569926599 6145239516354445312 n
makotosogataさんの投稿

ただ、試験ではなく技能講習なので割と簡単に合格が狙えます。受講は18歳以上と年齢制限があります。

アーク溶接作業者

32063961 1062276567253576 2053538041628196864 n
rain_1989.s.aさんの投稿

アーク溶接を行う際も資格が必要です。アーク溶接特別講習を受け資格が交付されます。アーク溶接も講習を受け軽い実技で合格となりますので、比較的簡単に資格を取得する事ができます。

溶接に必要な免許・資格の種類2:中級

経験1年ぐらいの中級者が取得する免許・資格の種類

32135656 1834494033273418 5739043435306811392 n
genbadanshiさんの投稿

中級者向けの資格には、大体溶接歴約1年ぐらいの実務経験で、次へのステップアップとして取得する資格があります。ガス溶接技能者やアーク溶接作業者ほぼ講習で合格となりますが、中級者向けの資格から難易度も上がってきます。中級者向けの溶接免許・資格の種類をお伝えします。

アルミニウム溶接技能者

32893431 160740238107311 6024057666932834304 n
laserweldingさんの投稿

まずアルミニウム溶接技能者について説明していきます。アルミニウム溶接技能者はティグ溶接・ミグ溶接の技能を(JISZ3811)アルミニウム溶接技術検定における試験方法及び判定基準に基づいて試験する資格です。基本級と専門級がありまして、それぞれ受験資格があります。

32203176 211822809416454 4369807479089922048 n
meister0131さんの投稿

基本級が1か月以上アルミニウム溶接技術を習得した満15歳以上の方で、専門級が3か月以上アルミニウム溶接技術を習得した満15歳以上の方で、基本給の資格を所有する方が対象です。試験は学科試験と実技試験があります。

PC工法溶接技能者

PC工法溶接技能者とは、PC工法の溶接作業に関する知識と技能を認定する資格です。PC工法とはプレキャスト鉄筋コンクリート工法の略で、コンクリート系プレハブ建築をクレーンを用いて接合する方法です。受験資格があり日本溶接協会が認定するPC-MはJISZ3801またはPC-SはJISZ3841の資格を所有している方です。

溶接管理技術者

32225496 179430469384266 8889801331636699136 n
tk_welding_factoryさんの投稿

溶接管理技術者とは、あらゆる溶接の知識・技術を持った技術者の資格で、工場認定あるいは宮内庁の工事発注を行うときに必須条件として、資格取得者の常駐が必須となる場合があります。資格は特別級・1級・2級とあり、溶接関係の仕事についている方はぜひ取っておきたい資格です。

溶接に必要な免許・資格の種類3:上級

ベテラン溶接工が取得する免許・資格の種類

上級の溶接の資格は取得してしまえば、溶接工のベテランの域に入ってきます。実務経験が何年以上と免許交付条件にもある資格も中にはある為、しっかりと確認が必要です。上級者向けの溶接の免許・資格の種類をお伝えします。

ガス溶接作業主任者

ガス溶接作業主任者について説明していきます。ガス溶接作業主任者とはアセチレンガスまたはガス集合溶接装置を用いて、溶接作業を行う際に現場の指揮を図る責任者です。ただし可燃性ガスと酸素1本ずつのガスボンベを使用して、溶接作業を行う際には選任の必要はありません。受験資格は基本不要です。

32203125 2051584394870710 3103504464275832832 n
kazuki.n911さんの投稿

ですが試験に合格後免許を受けるには、免許申請の際に必要な実務経験等を記してある添付書類が必要になり、その例を紹介していきます。18歳以上でガス技能講習修了者で実務経験3年以上の方・大学、専門において溶接過程を専攻し、卒業した方・大学、専門、高専の工学、化学学科を専攻して卒業した方で実務経験が1年以上の方その他細かくあります。

ボイラー溶接士

31571481 1027763760714493 6605050301223272448 n
pechka.mさんの投稿

ボイラー溶接士とはボイラーを溶接によって製造・修理を行う資格です。ボイラー溶接士の区分は特別ボイラー溶接士と普通ボイラー溶接士とあります。それぞれの受験資格は普通ボイラー溶接士が1年以上溶接作業の経験を有するもので、特別ボイラー溶接士は普通ボイラー溶接士免許を取得後、1年以上ボイラー等の溶接作業の実務経験を積むことです。

溶接作業指導者

31920888 201873877095299 6142731367122731008 n
m.tunokiさんの投稿

溶接作業指導者とは、溶接作業者に対する指導等を行う資格で現場でのリーダーとなるために有効な免許です。受験資格が25歳以上の者で指導者なので溶接の知識はもちろん、リーダーとしての役割や基礎知識も必要となります。

溶接工の仕事はきついがやりがいを感じられる

33134020 421806004952056 6764063523963142144 n
dtecdtecさんの投稿

溶接の仕事の種類について説明していきます。主に工場や自動車の整備工場が主に働く場で溶接の仕事は3Kと呼ばれている、きつい・汚い・危険な仕事です。ただ溶接の資格や免許に関しても知識が求められ、奥が深いです。基本的に溶接の仕事はもの凄く技術が進歩しない限りなくなりません。なので溶接の仕事をしてやりがいを感じられる人に向いています。

アーク溶接時に気を付けるポイント

シールドを利用しよう

32346739 168789390475225 736628161604747264 n
yoshiyuki.hiranoさんの投稿

アーク溶接を行う際に気を付けなければならない点があります。アーク溶接を行う際にアーク光が発生します。強い紫外線や赤外線を出しているので直視してはいけません。むしろ直視できないほどの強い光です。普通はシールドを利用して、自分自身を保護します。

溶接用エプロンを利用しよう

32276181 638975946445142 1714593357365248000 n
kennermoriさんの投稿

紫外線ですので、目を保護し皮膚もむき出しになっている場合は保護しなければなりません。アーク溶接中に目つぶっていれば被害ないから、目だけつぶっていればいいやと思っていたら、顔の皮膚がボロボロになってしまいます。シールドをして溶接用エプロンを着用する等対策を打たなければなりません。

国家検定で合格したマスクを着用しよう

32343610 2066859333582683 1701449383049953280 n
klubsportさんの投稿

それとアーク溶接で発生するヒュームといった煙とガスも病気の原因となります。十分な換気を行い作業に気を付けていかなければなりません。また防塵マスクを着用しなければなりませんが、様々な種類があります。国家検定で合格したものを着用していれば、被害を最小限に抑えることができます。

火災に気を付けよう

33630385 203571113603628 243142251859935232 n
toshiki_nunoichiさんの投稿

その他アーク溶接なのでアークにより感電する可能性があるので絶縁性のものを着用する・騒音がするので耳栓をする・アーク熱により火傷をする・火災や爆発の可能性がありますので消火器を準備しておく、等対策を行っていく必要があります。

ガス溶接で気を付けるポイント

31725150 218561118739666 8972965655267508224 n
genbadanshiさんの投稿

ガス溶接の場合はアーク光が発生しませんが、保護メガネで目を守らなければなりません。ガス溶接はガスを使うため、取り扱いを誤ると火事や爆発など大惨事を招く可能性がありますので取り扱いには十分に気を付けなければなりません。アーク溶接同様火傷に気を付け、ガス溶接なのでマスクを着用しなければなりません。

必要な資格や免許を取得しステップアップしていこう

31500137 299557630580987 4864755301213011968 n
junya_okudaさんの投稿

いかがでしたか?溶接の種類や必要な資格・免許についてまとめてみました。溶接は現代ではなくてはならない技術です。熟練した技術者がいる一方で若手の溶接工がなかなかいないのが現実です。人手不足のこの業界を資格や免許を何種類も取得し盛り上げていけたら、さらに技術が発展していきます。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ