クレジットカードのブラックリストとは?いつ消える?理由・原因をチェック!

クレジットカードのブラックリストに載るには必ず理由があります。ブラックリストに載っていることに気づいていなかったり、なぜ自分がクレジットカードのブラックリストに載ってしまったかわかっていない人は意外と多いです。ブラックリストに載る原因を解説していきます。

クレジットカードのブラックリストとは?いつ消える?理由・原因をチェック!のイメージ

目次

  1. クレジットカードでブラックリスト入り
  2. クレジットカードとブラックリストの関係
  3. クレジットカード!ブラックリスト登録
  4. 「ブラックリスト」の正体は?
  5. 個人信用情報機関JICC(日本信用情報機構)
  6. 個人信用情報機関KSC(全国銀行個人信用情報センター)
  7. 個人信用情報機関CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  8. クレジットカードのブラックリスト消えるまでの時間
  9. 「ブラックリスト」消えるまでの時間
  10. 「ブラックリスト」期間後はクレジットカード
  11. クレジットカード申し込みブラック
  12. クレジットカード自社ブラック
  13. 債務整理・自己破産のブラックリスト期間
  14. クレジットカード代位弁済のブラックリスト期間
  15. 携帯電話会社のブラックリスト期間
  16. 格安SIMはクレジットカード必須!
  17. クレジットカード不用の格安SIMの存在する
  18. ブラックリスト情報開示の申請先
  19. ブラックリストOKは闇金
  20. ブラックリストを削除する手段はない
  21. ネットに氾濫する詐欺情報
  22. ブラックリスト期間中でも作れる!VISAデビットカード
  23. クレジットカードとVISAデビットカードの違い
  24. 「ブラックリスト」の対処法はアメックス
  25. クレジットカードでブラックリスト期間から5年から10年経った人

クレジットカードでブラックリスト入り

27574271 2038116276460243 7056594923314741248 n
home62homeさんの投稿

クレジットカードは今や生活に欠かせない便利なアイテムですが近年クレジットカードの未払いやトラブルが原因でブラックリストに載ってしまう人の数は年々増加の一途を辿っています。勘違いや些細なミスでブラックリストに載ってしまうと一定期間は金融取引が不可能になってしまいます。その原因と期間、ブラックリストの対処法を解説していきます。

クレジットカードとブラックリストの関係

27576759 190686141527213 2948091016835497984 n
matsuoka.junkoさんの投稿

クレジットカードで支払いの遅れや未払いを起こしてしまうといつかブラックリストに登録されてる理由になります。一度登録されると一定期間消える事も削除することも出来ません。クレジットカードの便利さで使いすぎてしまったり金融事故を起こしてしまうとブラックリストに載ってしまう理由となります。金融審査とブラックリストは密接な関係です。

消費者金融とブラックリストの関係

消費者金融とブラックリストの関係とはいつも密接しています。安易に消費者金融に手を出してしまい返済困難を理由に借り入れを繰り返し自転車操業に陥りブラックリスト入りというのが一番多い理由です。サラ金時代とは違い総量規制が敷かれ年収の3分1までしか借入できません。いつ消える事も削除もできないブラックリスト入りの原因の大きな理由です。

ブラックリストと闇金融の最悪な連鎖

いつ消える事もなく削除する事もできないブラックリストに載ってしまった人を狙うのが闇金融です。どこからも融資を受けられない人をいつも狙って闇金融は食い物にして暴利を漁ります。いついかなる場合でも闇金融に手を出しては身の破滅です。ブラックリストの人の闇金被害は多く、最終的には自己破産となる場合が多いです。

クレジットカード!ブラックリスト登録

クレジットカードによるブラックリス者の増加

28156465 756736904518854 1717870352987586560 n
linkbymilleさんの投稿

クレジットカードによるブラックリストに載る人は増加のを一途を辿っています。便利なアイテムからいい使いすぎて支払い困難、複数のカードを発行しての自転車操業の繰り返しというのがブラックリストに載る大きな理由の一つとされています。利用を計画的にしないと身の破滅を招くのが便利アイテムのクレジットカードのデメリットです。

クレジットカード恐怖のリボ払い

クレジットカードは分割払い、金額設定まで出来る便利アイテムですがリボ払いの金利は高いです。複数のカードを限度額まで使うと金利改正前の支払額と変わらなくなってしまいます。カードは複数枚発行できるのでどんどん負のスパイラルに陥ってしまい、いつかはブラックリストとなってしまう例が非常に多いです。

クレジットカード少額支払いでブラックリスト

10990534 877835852277924 2122630830 n
yuuuririn521さんの投稿

クレジットカードを上手に使っている人でも少額の支払いを忘れてしまうケースは多いです。督促が来ても身に覚えがないと思い無視したり完全に忘れてしまい訳の分からないうちにブラックリスト入りしてしまうというケースです。少額ショッピングローンにも同じことが言えます。些細なミスでいつ消えるかわからないブラックリスト入りは避けましょう。

クレジットカードはすぐにはブラックリストに載らない

クレジットカードで未払いや支払いの遅れがあってもすぐにブラックリストには乗りません。大体3か月ほどで督促状を経てクレジットカードの利用停止措置、ブラックリストに登録されるという事になります。ついうっかり支払いを忘れていた、遅らせてしまってもすぐにブラックリストに名前が載るわけではありませんので安心してください。

「ブラックリスト」の正体は?

本当はブラックリストなど存在しない!

世間ではブラックリストと呼ばれていますが本当はブラックリストというものは存在しません。いつ消える?削除できないなどとまことしやかに言われていますが俗称でありブラックリストというものは正式な名称があります。

ブラックリストの正体は個人信用情報機関

ブラックリストの正体とは個人信用情報機関の名簿の事です。現在日本には三つの個人信用情報機関が存在してすべての金融情報が個人信用情報機関に統括管理されています。すべての金融機関が審査の際に個人信用情報機関に個人を照会して信用性を調べるのでブラックリストに名前が載っている限りは金融審査の通過は出来ません。

個人信用情報機関JICC(日本信用情報機構)

17495063 166287527224468 7370334377252749312 n
takumaaa0817さんの投稿

個人信用情報機関JICCとは消費者金融系の個人情報を載せる個人信用情報機関で消費者金融系の会社80%が登録しており、他の金融機関やクレジット会社、信販会社の情報も記載され、CCBを吸収合併した事で国内最大級の個人信用情報機関となっています。すべての金融情報が網羅されJICCの名前を載せられると金融審査はまず通らないと言われています。

個人信用情報機関KSC(全国銀行個人信用情報センター)

個人信用情報機関KSCとは全国銀行系の個人信用情報センター一般社団法人全国銀行協会が運営する個人信用情報機関です。ローンやクレジットカードの金融情報は取り扱われ、加盟金融機関に向けて与信情報の判断基準として情報が提供されます。kSCに名前が載ってしまうと銀行系の金融審査すべてが審査通過できなくなってしまいます。

個人信用情報機関CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

個人信用情報機関CICとはクレジット会社の共同出資で設立された個人信用情報機関で割賦販売やローンなどのクレジット情報を載せる個人信用情報機関で殆どの金融機関がCICの加盟しており、金融審査では一番最初に照会される個人信用情報機関です。名前が載るとクレジットすべての審査が通過できなくなります。まず一番最初に名前が載りやすい機関です。

クレジットカードのブラックリスト消えるまでの時間

未払い情報の場合

未払い情報の登録機関はJICCでは延滞解消から1年、解消されない場合は5年間名前やで電話番号のほか住所、生年月日などの情報が事故歴として載ってしまいます。KSCとCICも同様で5年間同様の事故情報が載ってしまい金融取引利用不可能となってしまいます。

任意整理の場合

28152368 178846822731568 902670618015563776 n
annnna2354さんの投稿

任意整理の場合JICCでは登録から5年間名前が載ってしまいます。CICの場合、弁護士のコメントとしか載らず期間は設けられていません(補足程度しか載らない)。問題はKSCで10年間もの長期にわたり名前が載ってしまい消えることも削除されることもありません。

自己破産の場合

自己破産の場合は官僚報告として名前が載ります。CICとJICCは報告から5年間から7年間と言われてれていますがKSCの場合は措置が厳しく官僚報告があってから10年間は名前が記載され消えることも削除する事もできません。全銀協の措置は厳しいですが名前が載る理由を作ってしまった自分が悪いのです。一定期間消える事も削除する事も出来ません。

「ブラックリスト」消えるまでの時間

JICCの場合

個人信用情報機関JICCの場合は5年間名前が載ってしまいます。5年間は金融取引不可となります。債務整理、自己破産の場合も同じですが5年から7年間はブラックリストのままだと思っていいでしょう。正式な理由がない限り消えることも削除されることもありません。

KSCの場合

個人信用情報機関KSCの場合は金融事故情報は5年間名前が残されます。自己破産の場合は官僚報告で10年間の長期にわたり名前が残されます。消えることも削除する事も正式な理由がない限りありません。

CICの場合

個人信用情報機関CICの場合も金融事故情報は5年間名前が残されます。債務整理については補足だけですが自己破産も5年間は名前が残され正式な理由がない限り名前が消えることも削除されることもありません。

「ブラックリスト」期間後はクレジットカード

ブラックリストの期間は5年間

26065889 388120038279288 6528659179672961024 n
miyu_nk0825さんの投稿

ブラックリストとは一定期間名前が残されるものでいつ消えるというよりも名前が消えるのを待つしかありません。名前が消えてから5年間以上たてば迷惑をかけた金融機関以外からならクレジットの審査などに通過する可能性が出てきます。

官僚情報の場合は10年間

26367684 170780423531884 3640014392864538624 n
kenji8416さんの投稿

自己破産等の官僚報告の場合はKSCに名前が10年間載ってしまうので10年間はクレジットカードの作成などは無理です。いつか消えるものですが10年間は長いです。金融機関の措置とは甘いものではありません。自己破産して借金をチャラにすると楽になりますが後々苦しい生活を送ることを余儀なくされる理由ともなるのです。

クレジットカードのヒストリーが無い!

23594234 135870630513814 3825551529738240000 n
sleepingreghinさんの投稿

ブラックリストの喪が明けて晴れてクレジットカードが作れるようになっても簡単には作成できないことが多いです。それはクレジットヒストリーがゼロになるという理由からです。未払い情報が無くなると当時に信用情報もゼロからです。金融審査とは個人の属性と信用情報から成り立ちます。信用ゼロではなかなか審査は通過できかねます。

クレジットカード申し込みブラック

27577043 151778688867709 4575075562577461248 n
teddy_.beeさんの投稿

短期間で複数のクレジットカードの審査に申し込みしてしまうと申し込みブラックとなり短期間多重申込としてブラックリストに載ってしまいます。クレジットカードの審査に落ちたからと言って一度に多くのクレジットカードに申し込みしてはいけません。申し込みの際は二社までにしてそれ以上は半年間は期間を開けて申し込みましょう。

クレジットカード自社ブラック

28151803 1810573452299894 4840002605822246912 n
fiscoappさんの投稿

ブラックリストより厄介なのが自社ブラックです。個人信用情報機関のブラックリストは一定期間がたてば削除されますが、金融事故を起こした金融機関では永遠に消えることなく事故情報として名前を残される場合があります。その場合同じ金融機関での金融サービスを受けるのはブラックリストから名前が削除されても難しいでしょう。

債務整理・自己破産のブラックリスト期間

JICCの登録期間

債務整理自己破産とは官僚報告や弁護士報告によるものです。金融事故以上に厳しい措置にあたります。JICCに登録される期間は5年間ですが、登録から7年間はブラックリストのままだという事が多いです。名前がいつ消えるかというような事は考えることもなく特別な理由がない限り消えることも削除されることもありません。喪が明けるのを待ちましょう。

KSCの登録期間

17818797 289519734812919 1181825586536906752 n
hiroki_imai_hirokiさんの投稿

KSCの場合は厄介で完了報告は0年間の長期にわたり登録から名前が残されます。自己破産で楽になるかもしれませんが金融機関の措置とは厳しいものでそれから10年間は不便な生活が待っています。いつ名前が消えるかという事は10年間ありません。特別な理由があったとしても名前が消える理由も削除されることもありません。喪明けを待ちましょう。

CICの登録期間

15337052 747150555441228 3543310047394136064 n
bankmap_homemate_researchさんの投稿

個人信用情報機関CICの場合も債務整理や自己破産は登録から5年間は名前が残ります。消えることも削除する事も一定期間は不可能で不便な生活を送ることになります。金融機関の措置とは非常に厳しいものですから安易な考えでの債務整理や自己破産はおすすめできません。ブラックリストの期間を考えて何かほかの手段を考えた方がいいかもしれません。

クレジットカード代位弁済のブラックリスト期間

代位弁済とは保証人や保証会社が代金を支払う場合のことを言います。原則保証人不要の金融商品の場合は保証会社が支払う場合が多いです。キャッシングなどをして本人が支払えなくなった不渡りを保証会社が支払う事を言います。この場合代位弁済を行ったものは個人信用情報機関に申し立ててブラックリストに登録される事になります。

JICCの場合

27878606 147235382631917 3014186625035927552 n
aki.t_twinsmomさんの投稿

個人信用情報機関JICCの場合代位弁済は移動情報として5年間記録されます。債権者に支払ったとしても5年間は名前が残り消えることも削除されることもありません。時効を適用させるには7年間の年月がかかります。この場合は任意整理を考えるのが妥当ですが任意整理しても5年間は記録が残ります。

KSCの場合

10808909 874798069221452 285493816 n
ryujiandoさんの投稿

個人信用情報期間KSCの場合も移動情報は5年間登録されます。全額返済しても名前は5年間消えることも削除されることもありません。任意弁済に持って行ったとしても5年間は名前が消えることも削除されることもありません。喪明けを待ちましょう。

CICの場合

12965113 534196853419110 983588487 n
yamato.miuさんの投稿

個人信用情報機関CICの場合も同様に移動情報は5年間残され名前が消えることも削除されることもありません。CICの場合任意弁済に持ち込めば弁護士等の補足程度で済むのですがJICCとKSCに同様に登録されるので無駄です。金融機関の措置とはそんなに甘いものではありません。一度ブラックリストに載ってしまうと消えることも削除する事も無理です。

身内が払ったっ場合

親や兄弟などの身内が払った場合は個人信用情報機関には乗りません。しかし支払った金融機関や消費者金融協会に対して代理弁済となり(本人にはもう貸し出してほしくない)などと申し立てた場合は自社ブラックと同等の扱いになり10年間は取引できません。このような場合はいつまでこの期間が続くかは5年から10年たたないとわかりません。

携帯電話会社のブラックリスト期間

機種割賦代金はクレジットカードと変わらない

携帯電話機本体の機種割賦代金は少額のクレジットとなります。ブラックリストの人は携帯機種代金の審査が通過できない場合と通過できる場合があります。契約の際、分割審査に通過できないとやんわり言われた人は100%ブラックリストに載っていると思ってください。調べないといつ契約できるのかわかりません。個人信用情報機関で調べましょう。

ブラックリストの期間は存在しない

28155703 399091760532673 8904819479356112896 n
itsuki170204さんの投稿

実は携帯電話会社のブラックリスト期間というのはありません。携帯電話の割賦代金は(少額ローン)となり個人信用情報機関に名前が載りますが通信料は載りません。したがって機種代金を一括で支払った場合は通信料さえ払っていれば原則的に審査は通過します。

時効になった場合

27881007 377560262713088 827138279471054848 n
undonewatchesさんの投稿

携帯本体代金と通信料を払わずに時効をむかえた場合は通信料を払えば契約できます。ブラックリストの期間が終わっているはずなのに契約できないのは通信料の未払い情報が自社に残っている自社ブラックの状態です。例えばドコモが原因でブラックリストに載っていたのであればauかソフトバンクに申し込んでみましょう。

払わない限り自社ブラック!

27574271 2038116276460243 7056594923314741248 n
home62homeさんの投稿

ブラックリストから名前が削除されていても通信料が未払いでは自社ブラック扱いです。複数のキャリアで通信料が未払いでは契約は難しいです。そういう場合は格安SIMの携帯電話に申し込めばまず間違いなく審査通過できます。ただ格安SIMはクレジットカード決済がほとんどの会社が多いです。

格安SIMはクレジットカード必須!

27893587 2182210051797007 4830638773958082560 n
7728hcさんの投稿

いつ消えるかわからない気恐怖のブラックリストに載ってしまって三大キャリアの携帯電話の契約が出来ない人は格安SIMで契約するしかないのですが格安SIMは三大キャリアとは連携していない場合が多いですが機種代金は一括払い。クレジットカード決済が殆どです。ブラックリストの人はクレジットカードが持てませんので契約困難です。

クレジットカード不用の格安SIMの存在する

25013153 2026031860987811 494823263776538624 n
akio_nagatoさんの投稿

いつ消えるかわからない恐怖のブラックリストに載ってしまっても携帯電話の契約を諦めることはありません。僅かではありますがクレジットカードなしで契約できる格安SIMもあります。楽天モバイルやビッグローブの携帯は銀行引き落としに対応しています。但し機種代金は別でSIMのみの契約となります。

ブラックリスト情報開示の申請先

金融審査に通過できない場合は理由は教えてもらえません。個人の属性が悪いかブラックリストに載ってしまっているかとしか考えられません。自分がブラックリストに載っているかどうかを確認する方法とは個人信用情報機関に個人情報の開示手続きを申し立てるしかありません。

JICCの情報開示方法

個人信用情報機関JICCの開示手続きとは本人の信用情報を開示する手続きの事です。開示方法は窓口による開示と郵送による開示、スマートフォンによる開示の三種類があります。郵送には手数料(定額小為替1,000円)がかかります本人確認書類があれば簡単に開示できます。ホームページからアクセスして自分の情報を確かめましょう。

KSCの情報開示方法

KSCとは全銀協の個人信用情報機関ですがKSCの情報開示手続きは郵送によるものか窓口によるものか二つしかありません。KSCの場合官僚報告などの措置が厳しいので自己破産から10年近く経つ人は絶対に開示したほうがいいです。情報開示にかかる手数料は1000円です。身分証明書の提示があれば個人でも簡単に情報開示することができます。

CICの情報開示方法

CICの情報開示手続きはパソコン、スマートフォン、郵送、窓口での開示の四種類があります。どの方法も開示手数料(500円から1000円)と安価で情報開示が可能となっています。自分の信用情報がどうなっているかしっかり把握するために三つの個人信用情報機関で情報開示手続きを取って確かめてみましょう。

ブラックリストOKは闇金

ブラックリストの人に融資する金融機関は絶対にありません。よくブラックリストOKという言葉を耳にしますがそれは過去にブラックリストだった人のことであり現在ブラックリストの人に融資できる金融機関は無いのです。審査の際、個人信用情報機関に照会が義務ずけられているからです。ブラックリストOKは無登録業者「闇金融の言葉」です。

ブラックリストを削除する手段はない

26866005 175192249765655 3889124630631284736 n
ryohei_tetsukaさんの投稿

一度ブラックリストに載ってしまうと一定期間消える事も削除することもできません。ブラックリストに載ると言う事はそれだけの著しく信用を無くす理由があるわけで簡単に載るものではありません。勘違いや些細なミスで載ったとしても言い訳はできません。同じ過ちを繰り返さないように反省するしかありません。

ネットに氾濫する詐欺情報

22582369 109477283147141 6660805234492702720 n
hiro790619さんの投稿

よくネットでブラックリストから名前を消します。という言葉を見かけますが、いくらハッキングしようが圧力をかけようがブラックリストから名前が消えることも削除されることもありません。金融機関の手違いと言う理由がない限り消えることも削除されることも不可能です。その様な言葉は闇金融か悪質な詐欺行為に誘導されるのがオチです。

ブラックリスト期間中でも作れる!VISAデビットカード

11930806 994347480659538 1286932425 n
sakuracafe001さんの投稿

ブラックリストの期間中はクレジットカードが作れず不便な生活を余儀なくされます。そこで活用するのがVisaデビットカードです。Visaデビットカードはクレジットカードの一括払いと同等の機能をもっています。分割払い、キャッシングは無理ですがクレジット一括払いでブラックリストの不便さを少しでも緩和するしかないです。

クレジットカードとVISAデビットカードの違い

10632279 534149220090082 668830937 n
sakuracafe001さんの投稿

クレジットカードはキャッシング、分割払いでのショッピングが可能ですがVisaっデビットカードにはキャッシングと分割払いの機能はありません。その代りクレジット一括払いの機能が備わっています。現代はクレジットカードなしでは契約できないものも増えているのでそういう時ブラックリストに人にはデビットカードが役に立ちます。

デビットカードは審査なし

23596362 159534561212021 1157350784120127488 n
kamiaya1289さんの投稿

クレジットカードには厳しい審査がありますが、デビットカードには審査はありません。キャッシングと分割払いの機能がないので発行の際個人信用情報機関に照会しなくてもいいのです。ブラックリストの人が無審査で持てる一括払いのクレジットカードがデビットカードなのです。デビットカードを上手に使ってブラックリストの不便を緩和しましょう。

預金額内一括払い

19984488 678375399016021 1967848947242237952 n
vcherryblossom0414vさんの投稿

デビットカードは預金額内であれば何度でもすべてクレジット一括払いで決済が可能です。もちろんVisaやJCB加盟店であれば海外でも使用可能です。すべて預金額内一括リアルタイム決済が可能で24時間365日コンビニやホテルで利用できます。見た目もクレジットカードとほとんど変わらないのでブラックリストの人には必需品となるでしょう。

「ブラックリスト」の対処法はアメックス

27881359 352818458459966 6068974065547214848 n
crecastyleさんの投稿

アメックスはブラックリストでも通るという事がまことしやかに言われていました。現在はどうかわかりませんがアメックスは年会費が高く預金の資産額が審査に大きく影響されると言われています。申し込み書もステータス欄の記入枠が広く資産額も大きいです。ブラックリストの人も資産のある人はダメもとでアメックスに申し込んでみて下さい。

クレジットカードでブラックリスト期間から5年から10年経った人

26870033 150606648935889 7793953946619346944 n
macaron___mamaさんの投稿

ブラックリストに載ってしまうという事は自己管理が悪かったという事です。一度名前が載ってしまうと消える事も削除されることもない事はわかっているはずです。ブラックリストの喪が明けた人は同じ過ちを繰り返さないように反省して上質なクレジットヒストリーを少しづつ作り上げていきましょう。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ