会社を休職するときの理由や届け出の書き方を解説!病気や介護など!

交通事故に遭い入院した場合、休職制度を利用することができます。実は病気や怪我以外にも、妊活や留学などで休職が認められることがあります。実際に休職する場合は正当な理由と診断書などの書類を用意します。今回は休職する理由や休職する流れなどをまとめています。

会社を休職するときの理由や届け出の書き方を解説!病気や介護など!のイメージ

目次

  1. 会社で条件などが違う?休職できる理由とは
  2. 休職制度は義務じゃない?休職制度とは
  3. 社会保険料の支払いが必要?おすすめしない理由
  4. 休職理由によっては退職が賢い選択かも
  5. 会社を休職する場合の7つの理由とは
  6. 休職する際に多い理由1:病気
  7. 休職する際に多い理由2:怪我
  8. 休職する際に多い理由3:介護
  9. 休職する際に多い理由4:育児
  10. 休職する際に多い理由5:留学
  11. 休職する際に多い理由6:妊活
  12. 休職する際に多い理由7:その他
  13. 休職する場合に行う5つのステップ
  14. 休職するまでの流れ1:診断書を貰う
  15. 休職するまでの流れ2:了承を得る
  16. 休職するまでの流れ3:休職届を書く
  17. 休職するまでの流れ4:書類を集める
  18. 休職するまでの流れ5:引継ぎ
  19. それどころではない?引継ぎができない休職
  20. まずは有給で様子見!休職は負担が大きい
  21. トラブルに発展?休職する場合は有給消化される
  22. 労働環境を整備!育児・介護休業法とは
  23. まずは報連相を徹底!休職にはデメリットも多い

会社で条件などが違う?休職できる理由とは

31725085 156033728572155 8022937044219068416 n
miyu_719さんの投稿

病気や怪我をした場合に回復したら復帰できる休職制度というものがあります。しかし、この休職の制度は会社によって条件などが異なるので確認が必要です。ここからは会社を休職する理由や休職する理由などを紹介していきます。

休職制度は義務じゃない?休職制度とは

企業によって中身は異なる

28427037 1473822016078033 5743318942105993216 n
jurianne_7さんの投稿

病気や怪我などで長期休養が必要な場合は休職できることもあります。実際に様々な理由により、近年では休職することができる会社も増えてきました。この休職の制度に関しては企業によって変わってきます。

会社は会社を守るために制度を利用している

最近では多くの企業でこの休職制度が導入されていますが、義務ではありません。表向きには福利厚生の一部であることが大きいですが、何かトラブルで裁判になってときに休職制度がないと会社が不利になる場合もあるので、大きな企業では導入されていることが多くなっています。

社会保険料の支払いが必要?おすすめしない理由

留学では休職できないことも

28152591 229422537603406 2934525800717746176 n
ri.akihoさんの投稿

会社を長期で休むことが可能になりますが、休職中の待遇や条件などは企業によって異なります。実際に休職できる期間が1年以上の会社もありますし、休職理由によっては賃金が支払われることもあります。

社会保険料の負担は残る

しかし、休職する場合は事前に休職制度の有無や条件などを確認する必要があります。例えば、休職期間は無給になることが多いですが、会社に在籍しているので社会保険料などの支払いは必要になります。

休職理由によっては退職が賢い選択かも

妊活などは終わりが決まっていない

26864707 2005052816412917 2267576697442271232 n
genkininaritaiさんの投稿

休職の理由によっては社会保険料などの負担を考えると、会社にとっても個人にとっても退職した方が良い場合があります。例えば、介護や妊活の場合だと留学と違い期間が決まっていません。

留学など期間が決まっていれば負担も少ない

実際に支払いをしている社会保険料は安くはありません。そのため、1年間休職すると会社から請求が来る場合もあります。基本的には休職期間が長い場合は賞与から差し引かれることが多いです。

会社を休職する場合の7つの理由とは

会社推薦などで条件が変わる

26152430 1385603778215767 3746701925958025216 n
mame.kimagure.lifeさんの投稿

また、賃金が発生する場合でも傷病手当などが受け取れなくなる可能性もあるので確認が必要です。会社が推薦した留学などに関しては賃金が出る場合もあります。

重要なのは休職する理由

22426774 1293198577458231 3017296490595876864 n
tsugumi.bananaさんの投稿

このように自分がやむを得ない事情で長期で休む際に休職という制度を使うことができるかもしれませんが、重要なのは理由です。ここからは休職する場合の理由について紹介していきます。

休職する際に多い理由1:病気

理由は「病気」

29088697 178282339630113 7195707857470226432 n
yuji_horikitaさんの投稿

休職の多い理由1つ目は「病気」です。特に最近では精神疾患などの病気による休職者が増えています。このような病気の場合は心療内科でも休職をする必要があると言われる場合が多いです。

「病気」で必要なこと

会社にとっても休職されるとダメージが大きいので正当な理由があるかどうかが重要です。実際に病気で休職する場合は傷病手当が支給されることもあります。その場合にも必要になるのが医師による診断書です。会社を休職する申請でも診断書が必要になりますが、手当を受取る場合の申請にも診断書が必要になります。

休職する際に多い理由2:怪我

理由は「怪我」

19424841 753377588168057 6399007908146708480 n
2babymam.ciさんの投稿

休職の多い理由2つ目は「怪我」です。怪我の場合は病気と違い程度によって休職できるかどうかが変わってきます。この怪我の場合も病気と同様に診断書があれば休職を申請できます。

「怪我」で必要なこと

病気と同様に怪我でも診断書があれば傷病手当の申請も可能です。先程のように休職すると社会保険料だけ負担することになるので、腕が使える怪我であれば在宅でできる仕事がないか会社と相談することも手段の1つです。

休職する際に多い理由3:介護

理由は「介護」

31507424 2141491296083336 932072563964641280 n
taitai_asuoさんの投稿

休職の多い理由3つ目は「介護」です。介護の場合は状況にもよりますが、3ヶ月などの短い期間で解決することが少ないです。介護の場合は退職を視野に入れることも必要です。

「介護」で必要なこと

社会保険料は会社も負担する内容になるので、解決する見込みがない休職は難しいかもしれません。介護の場合は他の家族が変わるなどない限り、状況が変わることは少ないです。そのため、有給休暇・休職・大将のステップを踏むケースが多いです。

休職する際に多い理由4:育児

理由は「育児」

29414773 208890593031389 1415083074244313088 n
ri.akihoさんの投稿

休職の多い理由4つ目は「育児」です。育児の場合はこれまでの病気や介護などと違い「育児休暇」という制度を使い休暇を取得することが可能です。重要なことは休職ではなく休暇であることです。

「育児」で必要なこと

育児休暇の特徴は社会保険が免除されることです。つまり、育児休暇から復帰しても会社から社会保険料を請求されることもありません。そのため可能な限り復帰できるように会社と話をするのがおすすめです。

休職する際に多い理由5:留学

理由は「留学」

26325894 190922574986386 7097812560518316032 n
_aki__ika_さんの投稿

休職の多い理由5つ目は「留学」です。留学の場合は休職扱いになるかは企業によります。多くの企業は病気や怪我の場合、休職を認めても個人の希望による留学などは休職を正当な理由として認めていないことが多いです。

「留学」で必要なこと

28766107 183270392476246 347098709739175936 n
tateao0507さんの投稿

しかし場合によっては会社から推薦されて留学する場合もありますし、会社に留学制度があることもあります。このように会社側が留学を斡旋している場合は条件が良いことも多く、給与や留学費用を支払ってくれる場合もあります。

休職する際に多い理由6:妊活

理由は「妊活」

30078581 100453080817134 8190073278476320768 n
yurinosuke6312さんの投稿

休職の多い理由6つ目は「妊活」です。妊活の場合は通常の妊活ではなく不妊治療の場合は休職の理由に該当する場合があります。実際に年齢が高くなるほどリスクが高くなるため、妊活は推奨されています。

「妊活」で必要なこと

妊活に関しては法律などでの決まりはありませんが、妊活は厚生労働省から推奨されているものでもあります。しかし、妊活が成功すれば出産・育児と長期間会社を休むことになるので、休職を申請しても通る可能性低くあります。

休職する際に多い理由7:その他

理由は「その他」

29403737 163718504338437 5234692860325920768 n
ali.3.rockさんの投稿

休職の多い理由7つ目は「その他」です。このその他にはボランティア活動などが含まれます。例えば、お世話になっている地域が震災などで被災した場合に、休職してボランティア活動することもあります。このように会社に関係があるボランティア活動であれば休職の理由として認められやすいです。

「その他」で必要なこと

23668144 194407544465301 2705090142414045184 n
horihori.291023さんの投稿

また、会社と関係があるボランティア活動の場合は、給与が支払われる可能性も高くなります。他にもやむを得ない理由で休職することがありますが、最終的には会社が決めます。

休職する場合に行う5つのステップ

診断書があっても休職にならないことも?

26872532 446249122457417 3513005376628850688 n
genkininaritaiさんの投稿

このような理由で休職をすることが可能です。企業の規模によっては病気や怪我などでしか休職できない場合もあります。最終的には会社によるところが大きいので休職したい場合は会社と相談するのがおすすめです。

休職する場合の流れとは

休職中は賃金がなくなるだけではなく、社会保険料などの支払いがあるので実際はマイナスになります。よく考えて休職する必要がありますが、ここからは休職の流れについてお伝えします。

休職するまでの流れ1:診断書を貰う

「診断書を貰う」ことが必要

27578677 214467315780627 3641797976818450432 n
achan_tegakiさんの投稿

休職するまでの流れの1つ目は「診断書を貰う」です。病気や怪我の場合は診断書を貰う必要があります。入院ではなく自宅療養の場合でも診断書を取得できますし、妊活の場合も診断書が必要になる場合もあります。

「診断書を貰う」とは

傷病手当などを申請する場合にも診断書が必要になるので、事前に取得するのがおすすめです。留学する場合は関連書類や入学関連資料などが必要になる場合があります。介護の場合は介護で休職する内容を証明する必要がある可能性もあります。

休職するまでの流れ2:了承を得る

「了承を得る」ことが必要

23498355 1994407484167549 4275534467361144832 n
taka.fumi15さんの投稿

休職するまでの流れの2つ目は「了承を得る」です。基本的に休職する場合は上長の了承を得る必要があります。その場合、医師の診断書などの書類があるとスムーズです。

「了承を得る」とは

19051355 1833624193623062 6284922573058736128 n
satomi.akachanさんの投稿

診断書は分かりやすいですが、休職を許可されるだけの証拠が必要になります。介護や留学の場合も何かしら根拠となる書類があると良いです。妊活の場合は理解を得にくいところではありますが、復帰をする予定があるかどうかも含めて相談するのがおすすめです。

休職するまでの流れ3:休職届を書く

「休職届を書く」ことが必要

11267687 1494603857509569 1972900163 n
1990.yonさんの投稿

休職するまでの流れの3つ目は「休職届を書く」です。休職制度がある企業であれば決まったフォーマットの休職届がある場合が多いですが、ない場合は自分で作成する必要があります。

「休職届を書く」とは

基本的には休職届に関しては休職期間と休職理由を明記していれば、通常のビジネス文書と書き方は大きく違いません。備考には休職中の連絡先や入院している場合などは病院名などを書くのがおすすめです。

休職するまでの流れ4:書類を集める

「書類を集める」ことが必要

休職するまでの流れの4つ目は「書類を集める」です。休職する際は様々な申請が必要になりますので書類を集めます。業務中の事故などであれば労災保険の書類が必要になりますし、業務外の病気や怪我の場合は傷病手当の書類が必要になります。

「書類を集める」とは

このように休職に必要な書類以外で申請する必要がある場合は、その書類を集める必要があります。傷病手当などに関しては受け取れる金額も大きいのでミスや漏れなく記入する必要がありますし、条件などもあるので確認が必要です。

休職するまでの流れ5:引継ぎ

「引継ぎ」が必要

28765748 367557307087560 5698010305603305472 n
jiff_watsonさんの投稿

休職するまでの流れの5つ目は「引継ぎ」です。休職する場合は会社から人員がいなくなるので会社にとっては痛手です。また、可能な限り後任者を見つけ引継ぎを行うことが重要です。特に妊活や介護、育児や留学などに関しては緊急性がなければ時間を取って引継ぎをするのがおすすめです。

「引継ぎ」とは

29095305 229497907620888 3971836204579553280 n
yuji_horikitaさんの投稿

病気以外であれば引継ぎができないことも少ないため、突然休職するのではなく引継ぎを行い休職期間に入るのがビジネスマナーです。介護の場合は急ぎの場合もあるので、職場の職員とよく相談する必要があります。

それどころではない?引継ぎができない休職

引継ぎできない状況もある

16790293 1355729587832434 5141269139725221888 n
nayuta1984_さんの投稿

このような流れで休職をすることが可能ですが、病気や怪我で入院している場合は行動に制限があります。そのため、会社と連絡が取れるのかどうか、作業はできるのかどうか状況に応じて対応が変わってきます。

報連相を徹底しよう

20582898 121947955100669 5116246200697225216 n
yamayu0702さんの投稿

特に病気や怪我の場合、意識があり会社に連絡を取れるのであれば、まず連絡をして相談することが第一優先です。状況に応じて会社側の対応も変わるのでまず報連相を徹底することが基本です。

まずは有給で様子見!休職は負担が大きい

まずは様子を見よう

14550151 1786228878261000 350220682811932672 n
noriko_0204さんの投稿

入院が必要でない場合で休職期間が短く済みそうな内容であれば、まず有給で休暇を取り様子を見ることが多いです。精神的な疾患の場合であれば有給を消化することがおすすめです。

診断書があれば有給も取りやすい

21042405 313736632431528 7479957675111874560 n
joon7990さんの投稿

調子が悪く心療内科に診てもらったところ、うつ病の1歩手前であることもあります。このような場合は1週間近く休暇を取得することで改善される場合もあります。介護や妊活などであれば短期間で解決しない問題は難しいです。

トラブルに発展?休職する場合は有給消化される

会社の配慮がトラブルに?

14730625 1232388320153347 1339584008811446272 n
junmatsuda7566さんの投稿

実際に休職して復帰時期が分からない場合は、先に有給が消化される場合がほとんどです。このことはトラブルになるケースもあります。休職を申請して復帰すると有給がなくなっていることもよくあります。

退職すると有給が消化できない

実際に休職から復帰せずに退職する場合もありますが、この場合は有給消化できないことがあります。つまり有給を先に消化することは会社側の配慮になります。

労働環境を整備!育児・介護休業法とは

妊活も推奨されつつある

25009167 2005647239709683 5734783484879175680 n
info3395さんの投稿

基本的には育児・介護休業法というものが平成29年に改正され、休職や休暇が取りやすくなっています。この法律は妊娠や育児、介護などを理由に休職する場合、会社側は不当な扱いをしてはならないという内容です。

環境は改善されている

休職とは違いますが、育児休暇に関しては最大2年まで延長されるなど環境も変わりつつあります。休職の場合はメリットも多くありますが、無休になったり社会保険料などの支払いもあるのでデメリットも把握しておく必要があります。

まずは報連相を徹底!休職にはデメリットも多い

23164451 131009354270877 4047460786136678400 n
lucky333strikeさんの投稿

今回は休職するときの理由や申請方法などについて紹介してきました。休職すると無給になることはよく知られていますは、社会保険料の支払いをする必要があるなど、知られていないことも多くあります。場合によっては退職した方が良い場合もありますし、休職ではなく在宅で仕事をすることもできる可能性もあるので、まず相談することがおすすめです。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ