お体に気をつけての意味や使い方とは?体調を気遣う敬語表現を例文で解説!

「お体に気をつけて」という言葉は相手の健康を思いやる気持ちを表現する時の丁寧な言葉の使い方として活用されています。ここでは「お体に気をつけて」の意味や使い方、そして相手の健康を思いやる気持ちの敬語表現など例文を参考にしながらまとめています。

お体に気をつけての意味や使い方とは?体調を気遣う敬語表現を例文で解説!のイメージ

目次

  1. 「お体に気をつけて」で思いやる気持ちを伝える
  2. よく使うけど「お体に気をつけて」の意味は?
  3. 丁寧ではあるが「お体に気をつけて」は敬語表現?
  4. 知っておこう「お体に気をつけて」の注意点!
  5. 活用できる「お体に気をつけて」の使い方紹介!
  6. 「お体に気をつけて」の使い方1:手紙
  7. 「お体に気をつけて」の使い方2:メール
  8. 「お体に気をつけて」の使い方3:目上の人
  9. 他の言い方も知る「お体に気をつけて」の類語は?
  10. 「お体に気をつけて」の類語1:ご自愛ください
  11. 「お体に気をつけて」の類語2:お大事に
  12. 「お体に気をつけて」の類語3:お労わり下さい
  13. 言葉の使い方!使う場を選んで言い換えを
  14. 「お体に気をつけて」はプライベートでも使える!
  15. 例文も参考に!使い方を知ってから活用する
  16. 敬語は必須の能力!しっかりと使える様にしよう
  17. 相手を思いやる「お体に気をつけて」を使おう!

「お体に気をつけて」で思いやる気持ちを伝える

15877085 252241061870895 2627878209663795200 n
shouichi_kandaさんの投稿

「お体に気をつけて」という言葉通り、人として相手の健康を思いやる気持ちは大切であり、持っておくべき気持ちと言えます。特にメールや手紙で締めの言葉としての使い方がされる「お体に気をつけて」ですが、言葉の意味や使い方、そして敬語表現などをここでは解説していきます。

よく使うけど「お体に気をつけて」の意味は?

手紙やメールで使用される

26395960 1542753925838359 7454183039497666560 n
laterrekagurazakaさんの投稿

「お体に気をつけて」という言葉は、相手の健康を思いやる気持ちを表現するために手紙やメールなどの締めの言葉としての使い方がよくされます。では「お体に気をつけて」の意味は何になるのかを紹介します。

丁寧な言葉で相手を思いやる

「お体に気をつけて」の意味は「体調に注意」という意味です。つまり「お体に気をつけて」を使い丁寧な表現で相手の健康を思いやる事になります。その為手紙もそうですしビジネスの場でも使われる言葉となります。

丁寧ではあるが「お体に気をつけて」は敬語表現?

果たして敬語表現になるのか

14474483 304005049973743 6843268987258667008 n
genta_120さんの投稿

「お体に気をつけて」という言葉の使い方は相手の健康を思いやる言い方として非常に丁寧な言い方でありますが、果たして「お体に気をつけて」は敬語表現となるのかを疑問に感じている人が多くいます。答えとしては「お体に気をつけて」は敬語表現になります。

「お体に気をつけて」は敬語

丁寧な敬語表現となりますので「お体に気をつけて」はビジネスの場でも目上の人に使っても問題はありません。そしてメールや手紙でも締めの言葉として「お体に気をつけて」は正しい使い方となりますので活用しても良い相手の健康を思いやる言い方です。

知っておこう「お体に気をつけて」の注意点!

漢字で書くとどうなるのか

20184159 112658306049993 3349696207340437504 n
yuco_26giさんの投稿

「お体に気をつけて」を使う機会は大人になると非常に増えます。そして大人として正しい言葉の使い方や書き方は知っておくべきです。よく「お体に気をつけて」の使い方での注意点として紹介されているのが漢字の書き方です。

正しい書き方も知っておこう

「お体に気をつけて」は「身体」という書き方をする人もいます。どちらも間違いではありませんが、ビジネスの場などでは「体」と書く方が適切とされています。読み方や意味はもちろん正しい書き方も知っておく必要があります。

活用できる「お体に気をつけて」の使い方紹介!

大人は活用する言葉

14128697 285096118540424 982768958 n
3jsb_x_omiさんの投稿

「お体に気をつけて」は丁寧な言葉の使い方で相手の健康を思いやる言い方です。そのため多くの大人が「お体に気をつけて」を活用しています。特にビジネスマンなどは非常に活用することも多い敬語表現となります。

常識として知っておこう

ここからは「お体に気をつけて」の正しい使い方を例文を参考に紹介していきます。「お体に気をつけて」は頻繁に使う事のない言葉となりますが、いざ「お体に気をつけて」を使う時に使い方がわからないとならない様に、いくつか紹介していきます。

「お体に気をつけて」の使い方1:手紙

丁寧な言葉使いが求められる

30841533 335320490327287 8145802799993585664 n
paopao_say_hiさんの投稿

まず紹介する「お体に気をつけて」の使い方は手紙での場合です。手紙は大人になると書く機会も増えますし、正しく丁寧な言葉の使い方が求められる場でもあります。手紙での「お体に気をつけて」の使い方は締めの言葉として活用されます。

相手が気持ちの良い書き方を

例文としては「寒い日が続きますが、お体には気をつけてお過ごしください」等があります。手紙の締めには必ず相手の健康を思いやる言葉を入れて終わる様にし、気持ちの良い書き方をする事が大切となります。

「お体に気をつけて」の使い方2:メール

メールはビジネスには必須

30915570 2039076566330152 508969709228523520 n
kotoyukari231228さんの投稿

そして次に紹介する「お体に気をつけて」の使い方はメールでの場合です。メールはビジネスマンは毎日のように使いますし、社外の取引先の人ともやり取りで使うため丁寧な言葉使いは必要となります。そして文字のみで相手に伝えるので特に言葉の使い方に注意する必要があります。

締めの言葉として使う

例文としては手紙と同じくメールの最後に「お忙しい日が続きますが、お体には気をつけてください」の様な使い方が良いです。ビジネスメールでは相手に与える印象は今後の仕事にも関わることですのできちんとした言葉の使い方が必要です。

「お体に気をつけて」の使い方3:目上の人

目上の人には丁寧な言葉で

14712396 280401249026845 8304374341181636608 n
1129mtmさんの投稿

そして最後に紹介する「お体に気をつけて」の使い方は目上の人の場合です。目上の人には普段から丁寧な言葉の使い方は必要です。「お体に気をつけて」の様に相手の健康面を思いやる言い方も特に気を付けて丁寧な言い方を心がけます。

自分の気持ちをしっかり伝える

例文ではメールや手紙と特に変わりはありませんが「気温の変化が激しい日が続きますので、お体に気をつけてお過ごしください」の様な使い方で相手の健康を思いやる言い方をし、相手に自分の気持ちを伝えます。

他の言い方も知る「お体に気をつけて」の類語は?

類語を活用するべき

31421693 2110837749201186 1592460816932667392 n
kazu_0044さんの投稿

相手の健康を思いやる言葉として「お体に気をつけて」は使います。そして丁寧な言葉の使い方として多くの人が活用していますが、類語という言い換えが出来る言葉を使って相手の健康を思いやる事も必要です。

例文を元に使い方を紹介

ここからは「お体に気をつけて」の言い換えが出来る類語を紹介していきます。大人として多くの言葉の使い方ができる事は必要ですし、相手に合わせて言葉を選ぶことも必要な能力です。いくつか「お体に気をつけて」の類語の例文を参考に紹介していきます。

「お体に気をつけて」の類語1:ご自愛ください

ご自愛の意味とは

まず紹介する「お体に気をつけて」の類語は「ご自愛ください」です。ご自愛という言葉には「体を大切にしてください」という意味があります。丁寧な敬語表現にもなりますし「お体に気をつけて」の類語として活用がされています。

非常に活用される言い方

例文としては「暑い日が続きますのでくれぐれもご自愛ください」のような使い方がされます。相手の健康を思いやる言い方として非常に丁寧で決して失礼とならない言葉使いですので多くの場で活用されている言葉となります。

「お体に気をつけて」の類語2:お大事に

一番使いやすい言葉

30830602 123493601845930 9131542818567749632 n
furatto_gororiさんの投稿

次に紹介する「お体に気をつけて」の類語は「お大事に」です。この言葉は普段から日常会話でも使われる言葉の為非常に耳にする言葉です。例文も最も多く紹介がされており相手の健康を思いやる言葉として一番使いやすい言葉となります。

使いやすさから初心者におすすめ

24845289 176248582967117 2222659182136393728 n
tanaka__rikuさんの投稿

例文を紹介すると「どうぞお大事になさってください」などがあります。目上の人にも使えますし、ビジネスの場でも活用できる言葉です。丁寧な言葉使いがまだあまり慣れていない方にはおすすめです。

「お体に気をつけて」の類語3:お労わり下さい

固い表現になるが丁寧な言い方

29715987 1663086030412163 2896113627561984 n
m_story25さんの投稿

そして最後に紹介する「お体に気をつけて」の類語は「お労わり下さい」です。この言葉は固い言い方となりますが、丁寧な敬語表現として使える言葉です。使う機会は「お体に気をつけて」などに比べると少ない印象はあります。

手紙にはおすすめの言い方

10467922 956417351066820 1970911606 n
11_m.vさんの投稿

「お労わり下さい」は「頑張りすぎないでください」という意味がありますので例文としては「お忙しい日が続きますがお体お労りください」のような使い方がされます。相手の健康を思いやる言葉としては非常に丁寧な言葉の使い方となりますので、手紙にはおすすめの言い方です。

言葉の使い方!使う場を選んで言い換えを

言葉は使うタイミングも重要

29739990 1889525051119409 1188605995572527104 n
happy_rose_time_kanaさんの投稿

言葉というのは使い方次第で相手に与える印象を大きく変えるものとなります。そのため丁寧な使い方が求められますし、使う場所を考えての使い分けも必要です。「お体に気をつけて」も使うタイミングによって言い方を変えることが大切です。

「お体に気をつけて」だけに限らない

31065262 358417194668345 5785411404018221056 n
domitomi555さんの投稿

「お体に気をつけて」はメールでは使えますが、手紙になると「ご自愛」の方が「お体に気をつけて」よりも適切です。このように場所や相手によって「お体に気をつけて」だけでも使い分けは必要ですので多くの敬語表現にも同じことが言えます。

「お体に気をつけて」はプライベートでも使える!

プライベートでも使える

26154986 158042708300539 3276736674465316864 n
morishima.masakiさんの投稿

「お体に気をつけて」等のように丁寧な言葉の使い方はビジネスの場などの印象が強いですが「お体に気をつけて」はプライベートでも使える敬語表現です。親戚など久しぶりに会った人との別れ際にも「お体に気をつけて」は使います。

自分の為にも知っておこう

24253718 1791295594215369 8881655883210162176 n
ryuji513さんの投稿

よく久しぶりに同窓会で会った先生などにも「お体に気をつけて」という言葉でまたの再会を願っての挨拶をすることがあります。この様な「お体に気をつけて」の使い方の例文も多くありますので、使い方に悩まない様に知っておいた方が自分の為にもなります。

例文も参考に!使い方を知ってから活用する

例文を参考にしよう

26864279 1012942658859333 4432642103306092544 n
ebihara_toshikoさんの投稿

「お体に気をつけて」という言葉にも様々な使える場があり、相手によっても類語による使い分けが必要となります。そんな時に活用できるものが例文です。あまりにも丸々定型文の様な使い方はよくありませんが非常に参考になります。

正しい使い方を知る

25014142 1940430236285061 6524817649254268928 n
miroom_officialさんの投稿

「お体に気をつけて」も相手の健康を思いやるいい言葉です。しかし、使い方が間違っていては恥ずかしい思いをしてしまいます。「お体に気をつけて」だけに限らずどの言葉にしても使い方は例文も参考にしつつ覚えると頭に入りやすくなります。

敬語は必須の能力!しっかりと使える様にしよう

敬語は正しく使える様に

26865306 251034312102001 6435620867962568704 n
recha300さんの投稿

大人として、そしてビジネスマンとして敬語表現は正しく使えるべきです。「お体に気をつけて」もそうですが社会に出て安易な言葉使いをして間違った使い方をしていては相手を不快にさせてしまう可能性があります。

メールは特に注意が必要

26183499 2838834363097141 6112241007741370368 n
mari_dongさんの投稿

人にもよりますが「お体に気をつけて」という言葉も、もっと丁寧なものに言い換えるべき相手もいます。特に会社でのメールでの言葉使いは注意するべきです。丁寧且つ正しい敬語表現を使える様にしておくべきといえます。

相手を思いやる「お体に気をつけて」を使おう!

29714380 165583034139291 8026733035099521024 n
tomiko.htさんの投稿

「お体に気をつけて」は相手の健康を思いやる非常に生きていくうえでも大切な言葉です。そのため例文も多く紹介がされていますし、間違った使い方をしないように日頃から学習が必要です。ビジネスだけに限らず相手への思いやりの精神は大切です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ