貴職の意味と使い方とは?貴殿・貴台との違いや使い分けを解説!

貴職の意味と使い方に焦点を当てて、その言葉の特徴について説明した記事となっています。貴職という言葉を使う方にとって、正しい使い方がわかりやすく解説されています。貴台や貴殿との違いや使い分けについても、それぞれ言及している記事です。

貴職の意味と使い方とは?貴殿・貴台との違いや使い分けを解説!のイメージ

目次

  1. 貴職の意味や使い方を確認しよう
  2. 要チェック!貴職の意味とは?
  3. 公務員への利用が一般的!貴職の使い方
  4. 書き言葉としての利用!貴職の使い方
  5. 使い分けも確認!貴職と貴社
  6. 貴職と貴殿の違い!意味と使い分け
  7. 貴台の意味とは?貴職との使い分け
  8. それぞれが敬称の意味!貴職も含めた言葉の使い分け
  9. 貴職員や貴職下も!二人称としての敬称
  10. 例文を確認!貴職の使い方
  11. 女性に対する敬称も!貴姉や貴女
  12. 貴兄や貴方も!二人称の敬称を表す言葉
  13. 貴様には注意!貴職との使い分け
  14. ビジネスマナーが重要!言葉の使い分けも正確に把握
  15. 書面作成スキルをアップ!貴職などの敬称を利用
  16. 言葉の活用が重要!意味や使い方の確認
  17. 貴職の意味や正しい使い方を理解する

貴職の意味や使い方を確認しよう

13534027 1757823101169046 1458889682 n
m_kisssyさんの投稿

貴職という言葉に焦点を当てて、その言葉の意味や使い方についてご紹介していきます。日本語にはさまざまな敬称がありますが、貴職に関してもその敬称の一つであると言うことができます。一般的な日常会話で使われることは少ないですが、ビジネスシーンにおいては活用されます。その貴職やその他の言葉も含めて、意味や使い方を確認していきましょう。

要チェック!貴職の意味とは?

高い位や官職の人を敬う敬称!貴職の意味

12070802 185286181808209 1132601278 n
natsu7.92069さんの投稿

まずは、貴職という言葉の意味から確認していきます。貴職とは、高い位や役職の官職の人を敬って発言する際の二人称の敬称として利用することができる言葉です。基本的には、ビジネスメールやビジネス文書といった書類系での利用が一般的です。公文書などの正式な文書においても用いられる敬称であり、よりビジネス寄りの堅い雰囲気を持つ言葉です。

同僚にも使える!貴職の考え方

貴職とは、高い位の方を敬う意味合いで使われることが多いですが、必ずしもその用法だけで用いられるわけではありません。貴職という言葉には、純粋に「あなた」というニュアンスも含まれており、同僚にも使われる言葉だと言うことができます。上司や先輩、取引先関係者や会社役員などはもちろんのこと、より自然な形で同僚に対して使うことも可能です。

公務員への利用が一般的!貴職の使い方

身分を問わず使える!公務員への使い方

18888418 208544446333969 2404900034689630208 n
lichtflussさんの投稿

貴職については、高い位の方を敬う敬称としての使い方や、よりフランクな形で同僚に対して利用するという方法もありますが、一般的には公務員を指して使うことが多くなっています。公務員の方を指してあなたと表現したい場合には、貴職を利用すると便利です。公務員の方であれば、身分を問わず使うことが可能であり、敬称としても便利な言葉となります。

堅苦しい印象!民間企業での貴職の利用

一般的に民間企業においては、貴職という言葉よりも肩書きや~様、~さんといった言い方の方が多くなります。変に貴職などと言うと堅苦しい印象を与えて、両者の関係に気まずい空気感すら流れかねません。したがって、公務員に対して利用するのが通常の使い方となります。相手との関係性も重視して、敬称の使い方をマスターしていくことが求められます。

書き言葉としての利用!貴職の使い方

話し言葉としての利用はない!貴職の使い方

16230196 891017200934761 3060536228467179520 n
erikopter93さんの投稿

貴職の使い方に関しては、民間企業というよりも公務員に対して利用する言葉であるということを理解しておくことがポイントです。その上で、さらにどういったシーンでの使い方があるのがについてもご紹介していきます。貴職に関しては、ビジネスメールや書簡、ビジネス文書といった書類系での利用が一般的で、話し言葉として利用することはありません。

定型的な挨拶文も!貴職の使い方

貴職はメールの挨拶文として用いたり、メールの文中で相手を指す言葉として用いたりするのが多い使い方です。「貴職には、ますます御清栄のこととお喜び申し上げます」といった定型の挨拶文として用いられることも多くなっており、メールやビジネス文書でもよく使われます。いずれにしても、貴職は書き言葉としての利用が一般的であるということです。

使い分けも確認!貴職と貴社

相手の会社を指す敬称!貴社の意味

貴職に関しては、一般的な使い方としてビジネスメールやビジネス文書における書き言葉としての利用が多いことを認識しておくことが大切です。その上で、その他の言葉との使い分けについても確認しておくことが求められます。まず、貴職と似た意味を持つ言葉として貴社を挙げることができます。貴社は、相手の会社を指す場合に用いられる敬称となります。

会社全体を指す言葉!貴社の考え方

貴社に関しては、就職活動や転職活動でもよく使われる言葉として認識されている方も多い言葉です。相手に会社というニュアンスを敬意を持った上で利用する言葉であり、特定の個人を指す貴職との違いがあります。会社全体を指して利用するのが貴社であり、相手に敬意を払う形での利用が可能です。貴社も貴職と同様に、書き言葉としての利用が一般的です。

貴職と貴殿の違い!意味と使い分け

同等か目上の男性に対する敬称!貴殿の意味

13398700 500806556789277 1047343373 n
h___chang3さんの投稿

言葉の使い分けという観点では、貴職と貴社の違いについても把握しておくことが大切なポイントとなります。さらに、似た意味を持つ言葉として貴職と貴殿の違いについても取り上げていきます。貴殿とは、同等か目上の男性に対して使われる敬称です。貴職と同じように「あなた」という意味合いも含まれており、一般的には男性相手に使われる言い回しです。

女性に対する利用は配慮が必要!貴殿の使い方

最近では男性相手だけでなく、女性に対しても貴殿という言葉を用いて敬意を表することができるようになってきました。ただし、殿には元々のニュアンスとして男性という意味合いが含まれるため、女性によっては嫌がるケースも少なくありません。その辺の性格的な部分も含めて、女性に対して貴殿を利用する場合には一定の配慮をする必要があります。

貴台の意味とは?貴職との使い分け

相手の家屋敷を指す言葉!貴台の意味

貴職と貴社、貴殿など貴という言葉を用いた敬称は多くのものがありますが、さらに貴を利用した敬称として貴台という言葉を挙げることができます。貴台は相手を敬って、相手の家屋敷を指す場合に利用する言葉として認識が広まってきました。相手を敬うという意味合いでは、貴職や貴殿と変わりません。こちらも、男性に対しての利用が一般的な言葉です。

22499701 660442611010216 2387770794580115456 n
kyoko.sawamuraさんの投稿

貴台は意味的にも敬意を払ってあなたとするニュアンスであり、使い方としても貴職や貴殿と同じになります。その違いとしては、貴殿よりも丁寧な言い回しであり、より高い敬意を伝えることができることです。貴台に関しても男性への利用が一般的であり、女性に使うことは少ないです。女性に使えないわけではありませんが、利用する場合は注意が必要です。

貴台も書き言葉!ビジネスメールでの利用

目上の女性に対して敬意を払う意味で貴台と述べても、女性によっては嫌がるケースもあるので、その場合は直ちに利用するのをやめておくのが賢明です。貴職や貴殿に関してもそうですが、貴台についても書き言葉であり、通常のコミュニケーションで利用することはありません。ビジネスメールやビジネス文書で利用することを心がけることがポイントです。

それぞれが敬称の意味!貴職も含めた言葉の使い分け

敬意を払う!円滑なコミュニケーションを促進

貴職との使い分けについて貴台や貴殿、貴社といった言葉を取り上げてきましたが、それぞれ相手に対して敬意を払うことができる敬称としての使い方をすることができます。いずれの言葉についても、自分と同等かそれよりも目上の方や組織に対しての利用が一般的であり、ビジネス上のコミュニケーションを円滑に進める上でも、重要な役割を担っています。

相手や状況を見て利用する!言葉の使い分け

貴職に関してもそうですが、貴台や貴殿も含めてよりビジネスライクで堅い表現であることは間違いありません。それぞれの言葉のニュアンスを把握して、言葉の使い分けをすることができるようにしておくことも大切ですが、相手や状況を見て使い分けるスキルを持つことも重要です。特に女性に対しての利用は男性に対するもの以上に気を遣う必要があります。

貴職員や貴職下も!二人称としての敬称

あなたのところの職員!貴職員の意味

12269742 1270461076313205 1125245041 n
arandayo48さんの投稿

貴職との使い分けとして、貴殿や貴台といった言葉を取り上げてきましたが、その他の敬称として貴職員や貴職下という言葉も取り上げることができます。貴職員に関しては、あなたのところの職員というニュアンスであり、よりフランクな使い方をすることができます。目上の方や対等な立場の方だけでなく、目下や部下に当たる職員に対しても利用可能です。

目下の職員に対する敬称!貴職下の考え方

貴職下に関しても、貴職員と似た意味を持つ言葉であり、あなたのところの職員といったニュアンスがあります。貴職下については、より目下の職員や相手の部下を指す場合に使われる敬称であり、目下の方に対して丁寧な二人称としての利用が多くなっています。貴職員も貴職下も書き言葉としての用法が通常であり、話し言葉として利用することはありません。

例文を確認!貴職の使い方

12107645 1687627058147971 1665753602 n
arandayo48さんの投稿

貴職との使い分けとして、貴職員や貴職下といった言い回しがあることも頭に入れておくことが重要なポイントとなります。その上で、さらに言葉の理解を深めていくために、貴職を使った例文についてご紹介していきます。貴職や貴殿、貴台に関わらず例文に触れることが大切です。その中から、実際に利用できる表現を身につけることがポイントとなります。

書き言葉としての利用!貴職の例文

12224583 489564167896861 1044156010 n
arandayo48さんの投稿

例えば、「貴職のご活躍をお祈り申し上げます」「貴職のご尽力の賜物と感謝しています」といった例文を挙げることができます。いずれにしても、ビジネスメールや書簡などの書き言葉としての用法が一般的であり、相手に敬意を払った形での挨拶文とすることができます。相手の活躍を称える際も、貴職を使った表現をするとより丁寧な印象を与えられます。

文中での利用も可能!貴職の例文

13557013 1433410096684661 1925294033 n
shion_redsさんの投稿

また、文中での利用としては、「貴職におかれましては今後とも継続的なお取引をお願い申し上げます」「貴職員の方を派遣いただきありがとうございました」といった使い方をすることも可能です。相手に敬意を払うという意味では、貴職も貴職員も変わらないところであり、感謝の気持ちを伝えることもできます。こうした例文を参考にすることが大切です。

女性に対する敬称も!貴姉や貴女

嫌がる女性もいる!貴職や貴殿など

19533772 108032333162725 2360008787403735040 n
cynic_okadonさんの投稿

男性に対する敬称として貴職や貴殿、貴台といった言葉があることをご紹介してきました。いずれの敬称に関しても、女性に対して利用してはいけないということではありません。もちろん、女性に対して使うこともできますが、元来のニュアンスとして男性を指す言葉だったということもあり、自分に使われると嫌がる女性もいるのが実際のところです。

16464168 371560996532700 3626772300021366784 n
rinrin_yukoさんの投稿

そこで頭に入れておきたいのが、女性を指す敬称として特有に存在する言葉です。最初から女性に対して使われる言葉であれば、嫌がる女性も少なくなります。その代表例として貴姉(きし)や貴女(きじょ)といった言い回しを挙げることができます。貴姉も貴女もビジネスメールや手紙など、文章中に敬意を払う表現として女性に用いられることが一般的です。

貴姉や貴女のニュアンス!それぞれの使い方

貴姉に関しては、男性から女性に対して用いられる表現として定着しています。自分と立場が対等か目上の立場の女性に対して貴姉とすることで、敬意を払うことができます。貴女に関しては、女性全般を対象とした敬称となっています。身分や立場に関係なく女性を表す表現として利用することができるので、迷った場合には貴女を使うのもおすすめできます。

貴兄や貴方も!二人称の敬称を表す言葉

親しい関係にある同僚や先輩!貴兄の考え方

28754414 199926607440898 820726017852178432 n
iyan.iyan.tsutsuyanさんの投稿

女性特有の敬称として貴姉や貴女という言葉があることをご紹介しましたが、さらにその他の敬称についてもご紹介していきます。まず貴兄(きけい)という表現を挙げることができます。貴兄は親しい関係にある同僚や先輩に対して利用することができます。こちらは男性に対しての利用が一般的であり、女性に対して貴兄と使うことはほとんどありません。

男女関係なく使える!貴方の考え方

また、貴方(きほう)という敬称も挙げることができます。貴方に関しては、自分と立場が一緒か目下の相手に対して利用することができる敬称です。そのまま、あなたと読むことも可能です。貴方に関しては男女関係なく利用することが可能であり、女性に対して使うこともできます。よりフランクな関係でも使える言葉として、多くのシーンで利用されています。

貴様には注意!貴職との使い分け

かつては貴職や貴殿と同様!貴様の考え方

30087845 186937981945860 4781180735190990848 n
gogomirinさんの投稿

貴姉や貴女、貴兄や貴方など、貴職以外にもさまざまな敬称が存在しています。そういった中で、さらに貴様(きさま)という敬称も挙げることができます。貴様に関しても、かつては貴職や貴殿と同様に相手に敬意を払う意味合いで使われる言葉としての認識がありました。しかし、現在ではそのニュアンスもだいぶ変化しているので、利用には注意が必要です。

相手に馬鹿にする!貴様のニュアンス

29401392 573636809682241 4600558879149916160 n
aym0128_kndさんの投稿

現在では、相手に敬意を払うというよりも、目下の立場か同等の立場の者に対して馬鹿にしたり、ののしったりするニュアンスで貴様という言葉が使われることも多くなっています。実際に貴様と言われて良い気持ちになる人は減ってきています。したがって、貴様はビジネスシーンにおける利用はそぐわない面も大きいので、あまり使うことをおすすめしません。

ビジネスマナーが重要!言葉の使い分けも正確に把握

発言や態度にも注意!ビジネスマナーの考え方

貴職や貴殿、貴台などの言葉遣いに関してもそうですが、ビジネスマナーとして言葉の使い分けを正確に把握しておくことが大切です。ビジネスというのは、普段の日常会話やプライベートでの付き合いとは異なるものです。発言も含めて、態度や行動など、相手に対して失礼のないように心がけて行動していくことが相手に敬意を払うことにもつながります。

信頼関係の構築!一つ一つの言動の積み重ね

31023889 198051447586945 6647725457053581312 n
muff_hairさんの投稿

その中において、相手の状況や立場も考慮した上で、ベストな言葉遣いは何か、ベストな行動は何か常に考え続けてアクションを起こしていくことがポイントとなります。そういった一つ一つの言動の積み重ねが相手との信頼関係の構築にもつながっていくのです。地道な作業ではありますが、細かい点にも気を配れるようになると社会人として大成していきます。

書面作成スキルをアップ!貴職などの敬称を利用

31098269 193512378126955 5056919246206926848 n
yukina0817さんの投稿

社会人になると、ビジネス上のメールのやり取りや書面のやり取りを行う機会も増えていきます。その際に、貴職や貴殿、貴台などの敬称を上手く使い分けることができると、スマートに敬意を表することができます。ビジネス文書を送付する際には、添え状を送るケースもありますが、そういったケースも含めて適切に敬称を利用できるようにしておきましょう。

言葉の活用が重要!意味や使い方の確認

まずは使ってみる!言葉の理解

今回は貴職という言葉に注目して、その言葉の意味や使い方、その他の表現について取り上げてきましたが、言葉というのは意味や使い方を覚えることができたら、積極的に活用していくことがポイントとなります。その中で、自分自身の言葉として相手に敬意を伝えることができます。まずは文書でも口頭でも使ってみることで、より言葉の理解を深めましょう。

最初は失敗しても構わない!言葉の活用

31511793 197369977728517 6073797343885393920 n
maryse_papoさんの投稿

実際に利用していく中で、徐々に相手や状況に応じた使い分けをできるようになっていくものです。一度も使ったことがない言葉を、いきなり目上の方に対して利用するという方がよほど難しいことです。最初は失敗しながれでも問題ありません。徐々に自分の言葉として身につけていくことで、言葉が板についていきます。

貴職の意味や正しい使い方を理解する

30884487 1510682622373826 486598341275156480 n
snow_staffさんの投稿

貴職という言葉に焦点を当てて、貴殿や貴台、貴女や貴姉といった言葉も含めて意味や使い方を解説してきました。ビジネスシーンにおいては、相手に敬意を払う必要がある場面も多々出てきます。その際に正しい敬称を利用できるようにしておくことがポイントです。積極的に言葉を活用して、スムーズなやり取りにつなげていくことが賢明です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ