マレーシア移住の方法と条件とは?生活費や費用・失敗例を紹介!

日本の生活に耐えきれなくなり海外に移住するという方が多くなっています。確かに以前よりも手軽に海外へ移住する方法が増えており、その中でも移住先としてマレーシアが人気です。今回はマレーシアに移住する方法や生活費などについてまとめています。

マレーシア移住の方法と条件とは?生活費や費用・失敗例を紹介!のイメージ

目次

  1. 悠々自適な生活?マレーシア移住者が多い理由とは
  2. 何故マレーシア?マレーシア移住の魅力とは
  3. マレーシア移住の魅力1:物価が安い
  4. マレーシア移住の魅力2:日本に帰りやすい
  5. マレーシア移住の魅力3:時差が少ない
  6. マレーシア移住の魅力4:日本食が充実
  7. マレーシア移住の魅力5:医療が充実
  8. 近隣諸国への旅行もマレーシア移住のメリット
  9. 費用削減!マレーシアの移住生活で生活費をカット
  10. 家賃は半額?マレーシアの生活費でお得な部分
  11. 日本食は高い?マレーシアでは食事の費用に注意
  12. 電気代は変わらない!トータルで費用削減になる
  13. マレーシア移住にはビザが必要!その種類とは?
  14. マレーシアで働くには就労ビザが必要!その条件は
  15. 学生も可能!マレーシアで働くには条件が厳しい?
  16. 長期滞在者におすすめ!条件が厳しいMM2Hとは
  17. 働かないならビザは不要!日本国内の手続きも簡単
  18. おすすめの方法は3ヶ月のマレーシア仮移住
  19. マレーシア移住の失敗例1:期待外れ感
  20. マレーシア移住の失敗例2:治安が良くない
  21. マレーシア移住の失敗例3:物価が意外に安くない
  22. マレーシア移住の失敗例4:馴染めない
  23. マレーシア移住の失敗例5:教育の質が違う
  24. マレーシア移住の失敗例6:働けない
  25. マレーシア移住の失敗例7:現地の人がルーズ
  26. マレーシア移住の失敗例8:不衛生
  27. マレーシア移住の失敗例9:交通の不便さ
  28. 意外にかかる生活費の移住してみないと分からない
  29. 日本基準で考えると痛い目に?移住には覚悟がいる
  30. 生活費目的なら失敗する?マレーシアに何を望むか
  31. 慣れるのに方法はない!実際に暮らしてみよう

悠々自適な生活?マレーシア移住者が多い理由とは

31042987 221317985299043 3081152084372881408 n
moastagram0317さんの投稿

物価が安いということでマレーシアに移住する人が増えています。実際に物価は3分の1になると言われているので生活費なども抑えることができ、日本よりもゆったり暮らしている方もいるようです。ここからはマレーシアへの移住について方法や生活費などを紹介していきます。

何故マレーシア?マレーシア移住の魅力とは

簡単に行けるマレーシア

31421745 231900537556674 4414103396663951360 n
_nanacorinさんの投稿

日本での生活に疲れ第2の人生を歩もうとしている人達の中には、日本ではなく海外に拠点を移そうとしている人が多くいます。その中でも特に人気なのはマレーシアです。マレーシアは日本からでも簡単に行くことができるのおすすめです。

マレーシアの魅力とは

31310876 2177311655617549 1991871133120462848 n
kurumon_lalahさんの投稿

実際に移住することを考える場合はまず海外旅行としては訪れてみることがおすすめです。その中でマレーシアの魅力と生活する基準を見つけると暮らしやすくなります。ここからはマレーシアの魅力を紹介していきます。

マレーシア移住の魅力1:物価が安い

「物価が安い」のはメリット

26158703 141443709856532 6541450159216132096 n
yoppy_malaysiaさんの投稿

マレーシア移住の魅力の1つ目は「物価が安い」です。基本的には物価は安く、日本の3分の1の価格と言われています。特に移住のメリットが大きいのは家賃です。このように生活費などの諸々の費用を抑えることができるのが人気の秘訣です。

生活費が抑えられる

日本でも家賃が安いエリアはありますが、東京都内と比較するとマレーシアの家賃は破格と言われています。マレーシアでも贅沢をすればお金はかかりますが、マレーシア基準で一般的な暮らしをするのであれば生活費を節約することができます。生活費は日本と同じ水準を望むと高くなり、贅沢をすれば費用もかかります。

マレーシア移住の魅力2:日本に帰りやすい

「日本に帰りやすい」のはメリット

31745598 1807590815929719 3363535798853959680 n
nagase.hirokiさんの投稿

マレーシア移住の魅力の2つ目は「日本に帰りやすい」です。海外に移住したからと言って、永遠に日本に戻らないということではなく、主に冠婚葬祭などの用事があれば日本に帰ります。

日本にすぐ帰れる

31245175 1807440075944250 2001461885286744064 n
nagase.hirokiさんの投稿

海外に移住するときの懸念点の1つが移動に時間がかかることです。マレーシアの場合は片道6時間から7時間ほどで日本に到着するので、飛行機に乗ったその日に帰国することが可能です。

マレーシア移住の魅力3:時差が少ない

「時差が少ない」のはメリット

31920781 203760753750695 5788104163829219328 n
yuuki95さんの投稿

マレーシア移住の魅力の3つ目は「時差が少ない」です。海外旅行する際にも気になるのが時差ですが、マレーシアと日本の時差は1時間程度です。実際に北海道と九州では日の出に1時間近くの差がでますが気にする人は少ないです。

時差ボケの心配も必要ない

31076389 455517511535020 5003962634454695936 n
gc043825さんの投稿

このように時差が1時間だけなので急に日本に帰国することになっても障害と感じることは少ないです。海外で生活する場合や帰国する場合でも時差がないことは非常にメリットです。

マレーシア移住の魅力4:日本食が充実

「日本食が充実」しているのはメリット

31103997 628504577482678 2359194233971146752 n
senyum_myさんの投稿

マレーシア移住の魅力の4つ目は「日本食が充実」です。海外旅行ではなく移住の最大の問題は毎日のことである「食」です。海外の場合、同じアジアでも食文化が異なるとストレスが溜まりやすい人は多くいます。少し費用はかかりますが質の高い日本食を楽しめます。

意外に費用は高い

29717341 202408857026244 92717520603054080 n
senyum_myさんの投稿

特に日本人は食の嗜好にうるさい人が多いですが、マレーシアには日本食のレストランが多く、日本人向けのラーメン店などもあります。日本食はマレーシアの中では費用は高いですが、たまに食べるくらいなら気にならないようです。実際にマレーシアの食事に慣れれば費用を抑えることができます。

マレーシア移住の魅力5:医療が充実

「医療が充実」しているのはメリット

28764399 463905524040738 6994765385870344192 n
gstokyoさんの投稿

マレーシア移住の魅力の5つ目は「医療が充実」です。海外に移住する心配事の中に体調を崩した場合のことがあります。実際に日本の医療は進んでいると言われているので、海外旅行ではなく移住となると不安も大きくなります。

海外の不安を解消できる

21909619 280588155778519 8779465958264668160 n
super_wife_75さんの投稿

実際に医療面を気にする方は多くいますが、マレーシアの医療は日本と同様のレベルと言われているので安心です。長期間慣れない土地に滞在すると、自分の体調管理だけではどうにもならないことも出てきますが、もしもの場合も充実していることがマレーシアの魅力です。

近隣諸国への旅行もマレーシア移住のメリット

花粉症もない

23824862 1523094387778001 8891340179764150272 n
moastagram0317さんの投稿

他にもマレーシアに移住することのメリットはあるようです。例えば、花粉症の方であればマレーシアに花粉症の影響が出るような花粉は少ないので、症状が和らぐと言われています。

アジア諸国の旅行がしやすい

他にも陸続きのシンガポールであればバスで片道3000円で行けたり、近隣のアジア諸国への海外旅行が非常に便利になります。実際に楽なことばかりではありませんが、マレーシア移住にはメリットが多くあります。

費用削減!マレーシアの移住生活で生活費をカット

豪華な家に住める

このようにマレーシアに移住することによる大きなメリットは生活費を削減することです。また、日本と変わらない費用であれば豪華な家に住むことができるので、マレーシアは海外の移住先として人気があります。

生活費を目安に計画を立てよう

31198472 214513892468912 3118039793246666752 n
shell_arielさんの投稿

具体的にマレーシアで生活をすると生活費や諸々の費用はどれくらい安くなるのか気になります。日本からマレーシアに移住する人の目的は少ない資産で悠々自適な生活を送ることなので、生活費やその他の費用の目安は非常に参考になります。

家賃は半額?マレーシアの生活費でお得な部分

家賃面の満足度は高い

29401758 396321334170604 902398110930567168 n
hide_nomadoさんの投稿

マレーシア移住にかかる主な費用の1つ目は「家賃」です。マレーシア移住の最大のメリットかもしれませんが、マレーシアの家賃は日本と比較すると、非常に破格です。実際に日本からマレーシアに移住したほとんどの方は家賃面に関しては満足しているようです。

家賃は日本の半額?

自宅にプールや警備員がいるような豪華な家でも費用は10万円しないことが多いです。もちろん条件などによりますが、日本の家賃と比較すると半額くらいが目安となっています。暮らす場所を重視する方なら費用が抑えられるマレーシアはおすすめです。

日本食は高い?マレーシアでは食事の費用に注意

外食も比較的安い

25007027 151172452312138 2740722960628187136 n
super_wife_75さんの投稿

マレーシア移住にかかる主な費用の2つ目は「食費」です。マレーシアの食文化として屋台が非常に発達しています。現地の食事を屋台で調達すると1食200円から300円ほどで済ませることができます。

日本食は比較的高い

日本食になると高額になりますが、自炊と組み合わせれば毎月の食費を2万円から3万円で抑えることも可能です。しかし、日本と同じような食事をすると1食1000円ほどになるので少し足が出る可能性もあります。

電気代は変わらない!トータルで費用削減になる

電気代は日本と同じくらい

28753159 177668666371037 8896699246682570752 n
moastagram0317さんの投稿

マレーシア移住にかかる主な費用の3つ目は「光熱費」です。光熱費に関しては家の規模によって変わりますが、日本と同じような規模の家で暮らした場合でも1ヶ月の光熱費は1万円前後と言われています。

ガスと水道は安い

最も高いのが電気代で日本と価格は変わらない場合が多いです。ガス代に関しては家庭によっても変わりますが、2ヶ月ほど持つガスボンベが1000円前後の費用で、水道代も1ヶ月1000円程の費用がかかります。

マレーシア移住にはビザが必要!その種類とは?

90日間が1つの基準

このようにマレーシアでは物価が低いため、移住する人も多くいますが移住するためには期間などの条件にもよりますが、ビザを取得する必要があります。基本的にはマレーシアに90日以上滞在する場合はビザが必要になります。

ビザの種類を知ろう

この長期滞在用のビザは目的や条件などによって変わります。基本的には移住するためのビザは大きく3種類ありますが、まず条件やビザも関係ない90日の滞在をしてみて様子を見る方法もおすすめです。ここからは各ビザの内容や条件を紹介していきます。

マレーシアで働くには就労ビザが必要!その条件は

就労ビザとは

29404046 172918500028594 1556854288213344256 n
hyemi2387さんの投稿

マレーシア移住の方法と条件の1つ目は「就労ビザ」の取得です。この就労ビザにも3種類あり、雇用パス、一時就労パス、プロフェッショナル・パスに分けられます。この3種類のうちいずれか自分の条件に合ったものを取得します。

仕事に就くのも大変

この就労ビザもマレーシアに滞在し、仕事をする期間が条件になります。基本的にはマレーシアで働く場合は、雇用主がスポンサーになりマレーシア政府に申請できます。

学生も可能!マレーシアで働くには条件が厳しい?

学生ビザとは

マレーシア移住の方法と条件の2つ目は「学生ビザ」の取得です。名前の通り学生が条件のビザですが、学生でも週に20時間までの就労が認められています。実際に学びながら働くことになるので条件は厳しい印象です。

現地でのアルバイトが難しい

この学生ビザを取得する場合の条件は学生であることなので、簡単に取得することができますが、実際に学生でアルバイトのように働くには条件が厳しいと言われています。理由としては飲食店などでのアルバイトでも英語・マレー語・中国語が使われるので語学力がない日本人学生には条件が厳しいです。

長期滞在者におすすめ!条件が厳しいMM2Hとは

MM2Hとは

マレーシア移住の方法と条件の3つ目は「MM2H」の取得です。MM2Hはマレーシアマイセカンドホームの略になるビザです。条件は厳しいですが、10年間マレーシアに滞在することができるビザです。

仕事することはできない

このMM2Hの条件の中に就労が禁止されていることと、マレーシア国外での収入が一定以上あることが条件にあるため、引退後に取得するリタイアメントビザと呼ばれています。長期滞在できるメリットはありますが、取得条件が厳しいデメリットもあります。

働かないならビザは不要!日本国内の手続きも簡単

働かない場合は90日間の滞在がOK

31036905 1303985616412347 7789847214855028736 n
liangdaoqiさんの投稿

基本的にはマレーシアで働くのであれば、就労ビザは必要になります。マレーシアで働かずに移住する場合は90日間なら滞在でき、その間に出国して再度入国すればそのタイミングから90日間の滞在ができます。つまり、マレーシアで仕事をしないのであればこの方法でビザを取得せずにマレーシアに長期滞在・移住することができます。

市役所で簡単に手続き

マレーシアに移住する前の日本国内での手続きの方法も簡単で、市役所にて申請するだけになります。海外に移住するための申請を行えば、市役所だけでの手続きになり、移住先の国が決まって入れば詳細の住所がなくても大丈夫です。

おすすめの方法は3ヶ月のマレーシア仮移住

最長で180日間滞在できる

30841968 433958053693109 3023651534660435968 n
moastagram0317さんの投稿

先程のような方法を取れば就労ビザを取得しなくても、最長で年間180日間の長期滞在が可能となります。まずは長期の移住をする前に、90日間でもマレーシアに滞在することがおすすめの方法です。

移住に失敗する人も多い

なぜ移住前に試しにマレーシアに長期滞在をする方法がおすすめなのかは、移住に失敗する人が多いからです。ここからはマレーシアの移住を失敗だと感じた方の原因を紹介していきます。

マレーシア移住の失敗例1:期待外れ感

「期待外れ感」がデメリット

15803298 1323537751051294 3250197418708303872 n
japanesestyle.house.umamiさんの投稿

マレーシア移住の代表的な失敗例の1つ目は「期待外れ感」です。マレーシアは確かに日本と比較すると物価は低いですし、家賃も低いメリットはあります。しかし、豪華な家でもお湯が供給されるのに時間がかかることが多くあります。

「期待外れ感」を覚悟しよう

23498051 446126509115944 8952146441250275328 n
moastagram0317さんの投稿

元々のインフラなどもマレーシアの都市と言えど日本の環境と比べると差を感じてしまいます。そのため、日本と同様の水準を求めると家賃など以外の生活費が以外にかかることが多いです。日本基準で比較すると贅沢はできないので、マレーシアの基準に慣れる必要があります。

マレーシア移住の失敗例2:治安が良くない

「治安が良くない」ことがデメリット

20634047 335915776850551 3728641863356252160 n
gstokyoさんの投稿

マレーシア移住の代表的な失敗例の2つ目は「治安が良くない」です。マレーシアに移住し、日本に帰ってきた方の多くは日本の治安の良さに安心するようです。

「治安が良くない」ことを覚悟しよう

19984946 102058167129205 2359729253752242176 n
mato_tonさんの投稿

実際に殺人事件の件数は日本の2倍、強盗の件数は25倍にもなります。マレーシアの犯罪は街角で起こるケースが多いので目の当たりにすることも多いようです。

マレーシア移住の失敗例3:物価が意外に安くない

「物価が意外に安くない」ことがデメリット

マレーシア移住の代表的な失敗例の3つ目は「物価が意外に安くない」です。先程からあるように、マレーシアには日本食のレストランは多くありますが、現地の食事と比較すると割高です。日本風ラーメンの1杯の目安は1000円程です。

「物価が意外に安くない」ことを覚悟しよう

さらにスーパーなどはマレーシアにもありますが、気候や店舗の設備が日本より劣っていることもあるので費用の割に鮮度はイマイチです。日本と同様の品を用意しようとすると2倍の価格になるため、日本国内と物価は変わらなくなります。

マレーシア移住の失敗例4:馴染めない

「馴染めない」のがデメリット

27878822 2002268980041146 5238736932812357632 n
moastagram0317さんの投稿

マレーシア移住の代表的な失敗例の4つ目は「馴染めない」です。先程のようにマレーシアでは治安が日本よりも悪いため、街頭などで起きた犯罪を目の当たりにしたり、自分が被害に遭うと現地の人を信用しにくくなります。

「馴染めない」のを覚悟しよう

このようなことからマレーシアに住んでいるものの、現地の友人は1人もいないという移住した日本人は多くいると聞きます。実際にこの問題は個人の生活によります。地元の人と仲良くなる方法には努力が必要です。

マレーシア移住の失敗例5:教育の質が違う

「教育の質が違う」のがデメリット

28763064 179979479301086 2364754558762090496 n
managamiさんの投稿

マレーシア移住の代表的な失敗例の5つ目は「教育の質が違うこと」です。日本と変わりない生活を送ることは可能ですが、難しいことは子供の教育面です。マレーシアには日本の私立学校のような施設が少ないです。

「教育の質が違う」のを覚悟しよう

実際にはマレーシアにもエリート校のような学校はありますが、自分の住んでいるエリアに存在しないことの方が多いです。そのため家族で移住する場合は子供の教育について考える必要があります。

マレーシア移住の失敗例6:働けない

「働けない」のがデメリット

29401100 235714360336142 659252298542743552 n
managamiさんの投稿

マレーシア移住の代表的な失敗例の6つ目は「働けない」です。まず働けない1つ目の要因はビザの取得ミスです。条件は厳しいですが10年の滞在ができるMM2Hのビザを取得すると現地で働くことができなくなります。

「働けない」のを覚悟しよう

このようにビザの取得で失敗する方も多くいますが、最も多いのは現地で仕事を探しても良い条件の仕事は見つかりにくいことです。そのため、MM2Hのビザでマレーシアに移住する際はネットのビジネスなどインターネット環境があれば日本で収入を得られる仕組みなどがあることが理想です。

マレーシア移住の失敗例7:現地の人がルーズ

「現地の人がルーズ」がデメリット

31043014 189555101690752 41604648116682752 n
furber7さんの投稿

マレーシア移住の代表的な失敗例の7つ目は「現地の人がルーズ」です。日本の感覚に慣れていると文化の違いに驚くことは多くありますが、この文化の違いがストレスを溜める原因になっています。

「現地の人がルーズ」を覚悟しよう

飲食店などでも汚れた皿に料理を盛ることが多くあります。また、電車の時間なども遅れることが多く、時間や仕事などに対して几帳面な性格の人は移住に向いていないことが多いです。

マレーシア移住の失敗例8:不衛生

「不衛生」がデメリット

23594126 362707030837141 3841839682107211776 n
super_wife_75さんの投稿

マレーシア移住の代表的な失敗例の8つ目は「不衛生」です。先程のようにマレーシアは屋台の文化が発達しているので屋外で食品を販売していることが多くあります。しかし、屋外に食品がむき出しになっているので虫が止まっていることもあります。

「不衛生」を覚悟しよう

30918036 1708850592542175 8203695767982964736 n
chikamonoさんの投稿

体調を崩す程度ではなりませんが、いくら食器などを清潔にしても虫が多くいるので不衛生に感じる人も多くいます。このため、体調面としては問題なかったとしても気になる方にとっては問題となります。

マレーシア移住の失敗例9:交通の不便さ

「交通の不便さ」がデメリット

22157945 359249527848061 770227441653252096 n
yoppy_malaysiaさんの投稿

マレーシア移住の代表的な失敗例の9つ目は「交通の不便さ」です。確かに電車などの交通機関は発達していますが、都市部以外にはまだ課題があります。都市部以外ではバスがメインになりますが本数は少ないです。

「交通の不便さ」を覚悟しよう

バスの本数が少ない場合はタクシーを利用することはできますが、バスと比較すると高額になります。そのため、交通機関にタクシーを使うことで生活費を圧迫し、日本と変わらない生活費になる移住者もいます。

意外にかかる生活費の移住してみないと分からない

爬虫類は大丈夫?

22580141 1491819924246016 8712419113592422400 n
yoppy_malaysiaさんの投稿

このようにマレーシアに移住したとしても生活のスタイルや文化などをマレーシアに合わせる努力をしないと住みにくく感じます。また、マレーシアにはゴキブリなどの虫は少ないですがヤモリは大量にいます。そのため、爬虫類が苦手な方はマレーシアには向かないかもしれません。

事前に調べるのが最善の方法

20986777 408476526214339 555161979417788416 n
kim_urasakiさんの投稿

基本的には日本と同じ水準を望むと生活費も変わらず、交通面で不便さを感じることが多くあります。生活費や諸々の費用がどれくらいかかるかは住んでみないと分からないことも多いです。そのために、事前に調べることとマレーシアに行ってみることがおすすめの方法です。

日本基準で考えると痛い目に?移住には覚悟がいる

マレーシア基準になろう

21980908 1671272026278449 6919609557043904512 n
gstokyoさんの投稿

マレーシアに移住をしたことを失敗に感じている方は、マレーシアの基準に順応できていないことが多いです。日本基準で考えると不満も溜まりやすいですが、マレーシアの基準に合わせると暮らしやすいようです。

仮移住がおすすめの方法

実際に生活費や諸々の費用も日本よりは確実に安くなりますが、それはマレーシア基準で考えての話です。マレーシアは家具付きの家が多いため、観光ビザなどで90日間のお試しで移住することがおすすめです。

生活費目的なら失敗する?マレーシアに何を望むか

移住に失敗する人と成功する人

このようにマレーシアに移住して失敗したと感じる人も確かにいます。実際に物価が安く生活費など諸々の費用を抑えることができる目的で移住した人は失敗に感じることが多いようです。元々海外旅行が好きな方でマレーシアを訪れたことがあり、マレーシアであれば生活費を抑えることができると感じた方は上手くいく傾向にあります。

移住は簡単でも生活は難しい

移住は海外旅行とは勝手が異なるので慎重に移住する方法を選ぶことがおすすめです。移住するということは簡単な方法ですが、生活をすることは難しいことです。しっかりと現地の暮らす方法などを調べる必要があります。

慣れるのに方法はない!実際に暮らしてみよう

24332269 957496941071156 7192457713983422464 n
moastagram0317さんの投稿

今回はマレーシアの移住について方法や生活費などを紹介してきました。実際にマレーシアに移住すると生活費などの費用は安くなりますが、国が異なるので文化の違いなどを理解する必要があります。今の時代であれば移住する方法も簡単になりましたが、外国に慣れるという方法は暮らしてみる他にはないようです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ