営業の転職先選びのポイント!未経験の人にもおすすめの業界とは?

転職に営業を考えている方もいます。しかし営業が未経験の場合不安を感じます。営業でも法人や個人の会社があります。未経験の方が転職する時どの営業の仕事が適正されるでしょう。転職先の選択肢のポイントや志望動機の理由や必要な資格などを解説していきます。

営業の転職先選びのポイント!未経験の人にもおすすめの業界とは?のイメージ

目次

  1. 営業職の転職とはどのようなイメージ?
  2. 営業に転職する時は?仕事内容を確認しよう
  3. 大きな存在!営業の役割を知ろう
  4. 自分に合った営業へ転職を
  5. 転職で自分に興味のある商品を探そう
  6. 未経験からはじめる営業もある?
  7. 未経験の転職に合う営業方法は何?
  8. 人のつながりが大切!営業の転職の道
  9. 転職前の経験と営業商品がリンクする?
  10. 営業の転職に年齢はあるの?
  11. 知識豊富!営業の転職に効果的
  12. 転職の方!聞き上手がポイント
  13. 転職におすすめ!未経験の営業に適正がある?
  14. 転職で知る!営業は継続的なお付き合い
  15. 営業に転職するための準備!知識を豊富に
  16. 営業の転職に鍵!自分の顔を売ろう
  17. 転職は自分に合う営業スタイルを選択
  18. なぜ転職!営業の志望動機の例文を紹介
  19. 転職で面接!営業は自己PRが大切
  20. 転職する気持ちを具体的に伝えよう
  21. 営業に転職すると資格は必要?
  22. 転職に有利!おすすめしたい営業の資格とは
  23. 転職の資格に簿記!営業との関わりは?
  24. 営業に転職で知識深めるチャンス
  25. 様々違う資格!転職にどれも必要?
  26. 必要性考えて!転職で自分に合う資格取得を
  27. 営業にはつきもの!転職後の悩みとは?
  28. それでも転職!営業はやる気が大切
  29. 営業の転職は今までの経験を活かそう
  30. 転職のチャンス!営業の魅力とは?

営業職の転職とはどのようなイメージ?

32255816 233598897372791 7879171883092934656 n
kosakareoさんの投稿

仕事の転職を考える時、営業職の言葉を聞くとどのような印象をお持ちになるでしょうか?まず「話上手でなければならない」「ノルマが大変そう」など想像されることでしょう。そこで営業の転職に興味をお持ちの方のために、営業の面接の志望動機の理由の考え方、未経験でも営業職は可能であるか、営業職には資格は必要なのかなどの解説をしていきます。

営業に転職する時は?仕事内容を確認しよう

営業は自分に向いてるか確認を

32098287 436634576785310 1794394120307867648 n
linkagemicさんの投稿

営業職を知らない方は、どのような仕事をするのかと感じている方もいます。営業職に転職と考えていても、営業職の仕事内容を理解しておかないと意味がありません。営業の内容を知った上で、この仕事が自分に向きか不向きか選択しましょう。自分に合うか理解せずとりあえず転職をと言う気持ちでは、再び就職活動の繰り返すことになってしまいます。

まずはイメージ!営業とはどんなこと?

営業職の転職に悩まれてる方は、ここで営業の内容をしっかりと理解して参考にしてみて下さい。営業にも種類が様々にあります。未経験から考えている方は、まずどの分野に興味があるのかをイメージしていきましょう。その中で自分に合うものを選択し、志望動機の理由も考えていきましょう。転職のポイントは、焦らずしっかりと考えることが大切です。

大きな存在!営業の役割を知ろう

営業職が会社にとって重要なこと?

32247483 168195170689405 5109542280734179328 n
fujimoto0425さんの投稿

営業の仕事内容とはイメージとしてどのように考えてるでしょうか?営業とは会社の商品をお客様のサービスや要望などに応じて、その要望に出来る限り答えて売上を貢献することです。会社は売上がなければ、仕事もなくなります。ビジネスで営業の仕事は、とても大切な役割を果たす場所となります。営業の具体的な内容についてを学んでいきましょう。

営業職の仕事内容とはどんなこと?

転職を考えてる方のために、営業職の仕事内容について具体化させていただきます。営業の仕事内容とは「お客様との商談のアポイントを取ること」「訪問し商品についての要望を聞くこと」「商品の要望についての提案やサービスをすること」「受注と納品をすること」「その後のアフターフォローをすること」などが主となっています。

Thumb営業のコツやテクニック・極意まとめ!話し方のポイントなどを伝授!

自分に合った営業へ転職を

営業は興味を持つことから始まる

営業職はお客様との関わりが大切なので信頼感が必要となります。向き不向きは人それぞれ異なりますが、まず営業に興味が持つことです。そこから転職について考え、営業職の内容をしっかりと学び、志望動機の理由を見つけていくのです。また営業職にも種類も選択していかなければなりません。その選択された種類によっても仕事内容が異なってきます。

営業に転職する時アポイント法を選ぶ

転職で営業職の就職を考えている方は、お客様のアポイント方法から選択していかなければなリません。その選択とはまず法人と個人の企業のお客様を扱う専門に分かれています。またその専門により販売商品も異なってきます。その商品に関しても、自分の得意分野のものがあれば志望動機の理由に加えて面接官に積極的にアピールすることが大切です。

Thumb営業に向いてない人の特徴と性格とは?克服方法も徹底調査!

転職で自分に興味のある商品を探そう

営業の商品を選択肢とは何?

32203180 240153156719748 8169609395693420544 n
oguri_furvalさんの投稿

営業でも様々な商品やサービスの種類があります。転職を考えてる方は、商品の選択肢を考えなければなりません。その商品とは、大きく2つに分かれています。その2つとは「目で見える商品」「目にして見えない商品」に分かれています。営業職の転職を考え選択肢が決まった方は、その商品対して自分はどのように考えているのかまとめていきましょう。

営業の商品!目で見える物の販売とは?

目で見える物の商品とは、簡単なもので言うとパソコンなどの電化製品や部品で形を表わすことができるものです。また大きな商品となると、自動車や住宅なども含まれてきます。そして法人や個人の営業によって、売上の数量にも違いがあります。法人になってくると数量だけではなく、機械なども法人専門用機械を利用されるのです。

営業の商品!目で見えない物の販売とは?

次に目で見えない物の商品とは、保険や広告や人材のサービスのことです。この商品を営業する時には、その会社のサービスをお客様に提供しお客様の要望にできるだけ答えて、お客様の納得できる商品を考案しなければなりません。目で見える商品と目で見えない商品があるので、どちらが自分に合う営業方法か真剣に選択しなければなりません。

未経験からはじめる営業もある?

32151016 1064965113655383 2107321932801114112 n
dorao7さんの投稿

未経験で営業に転職するには、不安に感じている方も少なくはありません。営業職に転職を考える時の一番の悩みどころは、自分にその仕事が向いているのか?と言うことでしょう。また未経験でこの仕事に関わったことがなければ、不安に感じるのは無理もありません。未経験からはじめる方に、一番合う営業方法が何かについて考えていきます。

未経験の転職に合う営業方法は何?

未経験でも活かせる!営業職の選択肢は?

営業職には選択肢があります。それは目で見える物の商品と目で見えない物の商品ですが、そこからまた4つのスタイルに分かれます。それは「法人の有形商品」「法人の無形の商品」「個人の有形商品」「個人の無形商品」です。つまり企業と個人の形ある商品と形ない商品があると言うことです。この4つの中で未経験にも合う営業があるのでしょうか?

未経験でも安心!その営業とは?

33427138 192890344671002 2045837826691432448 n
fuji_take0115さんの投稿

4つのスタイルの中で、未経験でも転職に向いてる営業職とは「法人の無形の商品」です。それは法人の保険や広告や人材のサービスの営業のことです。なぜ法人の無形商品の営業が未経験におすすめかと言われると、有形商品は価値こそが重要であることを伝えなければなりません。その点無形の商品には、人それぞれの人間性や能力が重要とされるからです。

人のつながりが大切!営業の転職の道

転職は諦めないことが大切

32578533 187053758786570 3773929746576965632 n
saiyo_mymyさんの投稿

未経験からはじめる営業は、法人の無形商品が安心だと言えます。未経験だからすぐ諦めてしまうのではなく、未経験だからこそ活かせる営業もあるのです。実際有形商品の営業は、その商品を理解するところからはじめなければなりません。またその商品に興味がなければ売上を伸ばすのも難しいでしょう。営業は人と人のつながりが大切なことなのです。

営業に転職前に知りたい!未経験の適正なこと

32203176 2056012108006200 2947046107126956032 n
shota452さんの投稿

未経験からでも営業職に転職できる4つのポイントがあります。基本営業職の求人の種類には、他の職種と比較すると多数あります。その中でも自分に興味が合う商品など選択肢に入れ、自分の条件と一致されるものから考えていくと良いでしょう。営業職は選択肢について、選択するものが少なくて探すことに困難すると言う悩みはないと言えます。

前職が営業のヒントに?

志望動機の中で「営業の経験は未経験です」と伝える方もいます。未経験でも前職や商品の知識などで、面接官は営業に適正されてるか参考にされます。また年齢や性格でも、営業に向いているかが判断されます。営業職は人との付き合いで成り立ちます。ストレスのない営業ができるように、転職する時に自分に合う商品を探して下さい。

転職前の経験と営業商品がリンクする?

未経験でも前職が活かせる?

28427759 177586366196203 5102637906057494528 n
dazzy_officialさんの投稿

未経験から営業へ転職に向いてるものとは何なのでしょうか?第1のポイントは前職の仕事です。前職と営業が全く無関係だとしても、どこかで転職先の営業商品とリンクされる場合があります。営業の仕事に関して未経験であっても、何か共通される点が見つかる場合もあります。その共通点があれば、志望動機の理由で積極的にアピールすることができます。

なぜ営業と前職がリンクするの?

32583930 640608009604524 73345671909867520 n
yuraku.kinosaki_officialさんの投稿

初めは皆さん未経験です。しかし何かのきっかけで、営業で活かせる素質に気付ける場合もあります。営業は経験よりコミュニケーション力やお客様へのニーズを考える気持ちが大切です。コミュニケーション力で慣れるまで悩まれる方もいますが、今までの前職の経験からリンクするものを探し、それをヒントに自分の知識を活かすことも一つのポイントです。

営業の転職に年齢はあるの?

適切な年齢を知っとこう

32162708 208873163236142 8082846538008625152 n
kobayan325_2さんの投稿

第2のポイントは営業職の年齢です。転職の場合、営業職に年齢は関係するのでしょうか?またその年齢とはどのくらいが適切と言えるのでしょうか?実際未経験から転職を考えるとなると、営業職は若さが重要されてると言われています。なぜ若い方が有利になるのかと言うと、会社側からして若い方は「長く活躍されると期待ができる」と考えられています。

他に負けないアピールを

「年齢不問」と書かれている求人募集などもよく見かけることがありますが、現実に若い方は未経験でも採用に有利であり40歳超える頃にあたり今までの経験も重要視されます。なので志望動機の理由を採用に有利な若い方に負けないために、前職の経験や自分の得意分野に加え忍耐力や判断力などを自分から積極にアピールしていかなければなリません。

知識豊富!営業の転職に効果的

自分の知識が活躍できる

32280128 372440506583831 4674243608663031808 n
j.sasaki_さんの投稿

第3のポイントは知識です。営業職が未経験でもその会社の企業で扱っている商品やサービスに関することについて、知識が豊富であれば就職に有利になります。前職でその商品やサービスについて扱っていたり、普段の生活の中でも知識を学んでいるだけでも採用の可能性が深まってきます。志望動機の理由でアピールできるよう知識をたくさん学びましょう。

自分の趣味も活躍できる

更なるポイントとして専門知識を志望動機の理由にする時は、メーカー関係やIT業界で利用されると特に効果的となります。営業職に関わってなくてもその会社の企業が扱う商品やサービスを、前職や趣味などの関係で知識を得ているだけでも、入社後スムーズに営業活動に馴染め戦力になると考えられます。

転職の方!聞き上手がポイント

本当の営業は話上手でなく聞き上手?

32155970 1928669570478413 2077326400896892928 n
elyts_nissyさんの投稿

第4ポイントは聞き上手になることです。営業職のイメージと言えば、社交的でどちらかと言うと話し上手の方が多いと感じられていたでしょう。またそのイメージもあり、自分の性格を考えると転職に営業の選択肢はないと考えられたも方いたでしょう。本当に営業されている方は、社交的で話し上手な方が多いのでしょうか?

まずは聞き上手になろう

実際のところ営業職は、話し上手である前に相手の話の「聞き上手」なることです。営業職にとって話し上手になれることより、聞き上手になれることの方がとても大切なのです。コミュニケーションを苦手とされる方は少なくありません。コミュニケーションが苦手にされる方でも、重要な部分をしっかり伝えることができれば十分営業の仕事は成り立ちます。

自分だけの経験がここで活かせる

32070080 378038036016016 1855271755560517632 n
keing1124さんの投稿

営業職は信頼と誠実も大切です。お客様の話をしっかりと聞き、悩みを解決しサービスしていきましょう。営業にやりがいはたくさんあると考えられます。周りとは違うオリジナルな志望動機の理由を考えてみて下さい。自分の知識や前職の経験などを志望動機の理由に上手に利用すると面接官の良い印象となることができます。

転職におすすめ!未経験の営業に適正がある?

営業には「法人の有形商品」「法人の無形商品」「個人の有形商品」「個人の無形商品」の4種類の方法があります。その中でも未経験から転職ではじめる営業は法人の無形商品です。他の3種類の営業方法もコツを掴めば、未経験でも出来ないとは限られません。自分の適正な営業方法を見つけることが大切です。

転職で知る!営業は継続的なお付き合い

法人の有形商品とは何?

32362261 497446414024980 9120840966951927808 n
monepla_groupさんの投稿

他の3種類の営業方法からも自分に向いているものが見つかる場合もあるので調べてみましょう。法人の有形商品の営業は、会社へ訪問したり電話をかけて商品を売込みます。売込み方は法人も個人もほぼ同じですが法人の契約側は会社の商品を導入するため、決断力がかなり必要となります。この先の長いお付き合いも考えて営業を行わなければなりません。

決定権のある方にアポを取る

また法人の有形商品は契約の決定権を持っている方や上層部の方から許可を取り契約の取引が成立ます。営業のポイントは「契約の決定権のある方にアポを取ること」「自分の会社の商品のメリットをたくさん伝えること」です。未経験の方でもその商品についてしっかりと学んでおくと、商品の伝え方次第で、未経験の方でも契約に繋げることができます。

継続的なお付き合いの方法とは?

32343639 174666963232405 4846126868409090048 n
irori_fujiwaraさんの投稿

以前からの取引されていたお得意様の会社に対して、これからも継続的なお付き合いを行なっていただくためには、新たな注目される商品の紹介をしていかなければなりません。また同業の商品を営業される会社が多く見掛けられたら、競争率が高く売上が厳しくなります。自分の会社の商品をいかに上手くPRしていくことができるか勝負の鍵となってきます。

営業に転職するための準備!知識を豊富に

法人の無形商品とは何?

32751516 180152269370133 7490061177653821440 n
k_naniwa728さんの投稿

法人の無形商品の営業方法のポイントとはどのようなことでしょうか?無形商品とはサービスのことを表されます。法人の無形商品の営業も会社に取引がなければ、自分の会社のサービスを売込むために会社へ訪問したり電話をかけます。またサービスの契約にも契約する決定権が上層部の方になるので、上手くアピールし交渉することが鍵となってきます。

有形商品と無形商品の違いとは?

基本有形商品と無形商品の営業は似ています。しかし無形商品のサービスは目で見ることができません。その分営業では、サービス内容について分かりやすく伝える言語化が重要の鍵となってきます。またサービス内容の説明時のポイントには、商品のメリットやその後のアフターフォローを加えることです。また末永くお付き合いできる道にも繋がります。

未経験でも興味があればできる

法人の無形商品の営業も継続的なお付き合いが大切です。新たなサービスをヒアリングし、システムの提案と問題解決を行っていかなければなりません。無形商品のサービスは、隅々まで把握しておくことが必要となります。専門的な知識も深く勉強していかなければなりませんが、興味ある分野なら転職で未経験の方もおすすめできる営業職だと言えます。

営業の転職に鍵!自分の顔を売ろう

個人の有形商品とは何?

31971332 1815774128482890 6883535181831995392 n
treasure03061023さんの投稿

次に個人の有形商品の営業方法のポイントとはどのようなことでしょうか?個人の有形商品の営業とは個人のお客様に対し、自分の会社の商品を売込みます。法人の営業と同じで個人の家の訪問や電話をかけて行ないます。個人を扱う場合、飛び込み営業となりますので初回は断らる方も多いと考えられます。また営業の契約件数にもとても差が見られてます。

断られても気にせずコツコツが大切

特にノルマのある会社ならば、転職で未経験からの営業であればプレッシャーも強く感じられるでしょう。しかしこの営業は、新規開拓からはじまります。断られても当たり前と気にせず、コツコツと行うことがポイントです。また志望動機の理由には「努力を重ね地道に頑張ります」など伝えることがおすすめです。営業は結果より努力が大切となってきます。

とても大きい!契約できた時の喜び

31941471 1655491964550149 7256520071781023744 n
yukinori0226さんの投稿

そして個人の商品の営業は、自分の会社の商品と自分の顔を覚えてもらわなければなりません。体力と精神力が必要ですが、契約が成立した時の喜びもとても大きいと考えられます。また個人のお客様とのその後のお付き合いにも、同じ営業の方が継続することが良いと考えられています。そのために、信頼の高い営業を行うことが重要となってくるでしょう。

転職は自分に合う営業スタイルを選択

個人の無形商品とは何?

32388912 150321512490215 245390379476582400 n
alphanext2009さんの投稿

最後に個人の無形商品の営業方法のポイントとはどのようなことでしょうか?個人の無形商品の営業にも会社のサービスを売込むために、訪問したり電話をかけて行ます。またこの特徴には対象される年齢や性別や家族構成によって営業方法が異なります。そのため個人の無形商品の営業を効率良く行うポイントとして地域のマーケティングが重要となってきます。

期待に答えるサービスをする

個人の無形商品のサービスにも、これからの継続的なお付き合いが大切となります。サービスにはお客様の要望をヒアリングして、その要望になるべく答えることができるような満足いくサービスを提案していかなければなりません。未経験からの営業の方には、あまりおすすめはできません。しかしその分やりがいがたくさんあると考えられています。

自分に合うスタイルを選択しよう

32178401 205197820093107 4389902205138763776 n
moriai_eyesさんの投稿

以上の4種類の営業方法から転職する時の自分に合うスタイルを選択して下さい。なぜこの職場を選択したのか、具体的な理由も考え志望動機を面接官にアピールしましょう。理由もなく「ただ試してみたかった」などの志望動機では例え就職が決まったとしても、営業職の仕事は続けられません。営業の内容を理解した上で、就職活動を行なって下さい。

なぜ転職!営業の志望動機の例文を紹介

30602254 467122157024182 3980791473384718336 n
harimatch2019さんの投稿

ここで未経験の方が転職する時の志望動機の理由の例文を紹介します。志望動機の理由には、積極的な自己PRが大切です。志望動機の理由の例文を参考にして、営業で他に負けないオリジナルな自己PRを考えてみて下さい。また志望動機の理由にもポイントがあります。面接官の印象に残る自己PRが出来るようにポイントを掴みましょう。

転職で面接!営業は自己PRが大切

ちょっとでも活かせる経験はPRする

32063827 663946017282858 7193367916337692672 n
j.higasaさんの投稿

志望動機の理由のポイントはなぜ営業をしたいのかをPRすることです。次の志望動機の理由の例文を参考にしてみて下さい。「前職の仕事は事務職でした。事務で働きお客様に電話応対など人と接する仕事を行い、お客様に対応する仕事に興味を持ちました」など前職の仕事がきっかけで、営業に転職を考えたと言う理由を志望動機で利用することができます。

営業メリットを探そう

またその時に、営業職の魅力を伝えることも志望動機の理由の自己PRのポイントになります。例えば「営業職の仕事は会社の売上が目に見えて伝わります。営業ではその売上に貢献ができ、成果を出すこともできるのでやりがいを感じられます」などと志望動機の理由に営業の仕事内容のメリットを加えると、面接官には良い印象を与えることができます。

転職する気持ちを具体的に伝えよう

まだまだある!自己PRのポイント

32761379 1849795558393606 9178528055683973120 n
dude20170507さんの投稿

志望動機の理由のポイントには他にもあります。志望動機の理由を伝える時は意思があることをPRして下さい。例えば「前職でアパレルの販売の仕事を経験しました。販売で接客を磨きもっと自分からお客様に対応したいと考えるようになりました」など前職と営業を比較して営業にどのように興味があるかを面接官に具体的に伝えることが大切になります。

具体的な気持ちを伝えよう

志望動機の理由で営業の仕事に対しての気持ちが強いことをアピールし、この会社でどのように働きたいかを加えて下さい。「自分から積極的に顧客を開拓し、顧客の依頼に答えられるように力になりたいと考えています」など積極的に頑張りたい気持ちやどのように仕事を行っていきたいのかを具体的に話すと面接官にも良く伝わり印象に残ります。

営業に転職すると資格は必要?

31973739 166243450703055 956692841218703360 n
keisuke_kitasawaさんの投稿

営業に転職を考えている方は資格が必要か悩んでいるでしょう。確かに営業職で働くには営業のスキルを上げるため、資格を取得している方が有利になります。資格があると営業活動の幅も広げることができます。しかし営業の資格とはどのようなものだろうと考えられる方もおられるでしょう。営業に有利な資格とは何か考えていきましょう。

転職に有利!おすすめしたい営業の資格とは

資格取得で営業の効果?

31846905 423789271416602 7577123695206858752 n
kidoyuki224さんの投稿

営業で資格を取得することはスキルを上げるメリット以外にも、資格を学ぶことによってモチベーションを保てることができます。営業に強い味方となる資格があります。その資格を学び取得することで、営業の成果や営業活動の幅を広げていくことができます。営業に転職の方には、是非おすすめなので参考にしてみて下さい。

営業におすすめ!この資格で活躍できる

31920781 657798574563096 7718437654072655872 n
chuo_dreamrealityさんの投稿

おすすめしたい資格を8種類あります。「日商簿記2級」「日商簿記3級」「TOEIC」「中小企業診断士」「ITパスポート」「基本情報技術者」「ビジネス法務検定2級」「ファイナンシャルプランナー」です。この資格は専門な職種の方の資格ではありません。どの職種の方にも利用できます。興味のあるものからで良いので資格を取得すると役に立ちます。

転職の資格に簿記!営業との関わりは?

日商簿記2級でお金の流れを知ろう

31911560 188973045087067 1101176082222022656 n
harimatch2019さんの投稿

上記の一つ一つの資格がどのように役立つのでしょうか?日商簿記2級はビジネスには避けられません。人と物とお金に関する資格です。言葉だけ聞くと経理向けの資格に考えられますが、この資格で理論の考え方やルールを学ぶこともできます。営業はお金の流れを知ることが大切です。取引の経営成績や財政状態を学ぶために日商簿記2級は優れています。

欠かせない!日商簿記は個人の営業で活躍

31954577 2071572776500134 210499357949034496 n
konishi.helloさんの投稿

日商簿記3級の資格は日商簿記2級の資格を取得されてる方は、この資格を取得する必要はありません。日商簿記2級は中小企業の取引や会計の資格を学びます。日商簿記2級との違いは日商簿記3級では個人商店や自営業の会計の資格を学ぶことです。どちらも持ってない方は日商簿記3級からおすすめします。

営業に転職で知識深めるチャンス

TOEICで活躍!営業になぜ必要なの?

32580409 2008686796062399 6602956577680916480 n
honda_ookuboさんの投稿

TOEICとは英語のことです。営業以外でもどの仕事に関わってもこの資格が役に立ちます。これから英語は社員教育にも利用される観点も見られています。英語は営業職だけでなく、自分の職種の選択肢を広げるチャンスになります。その意味でもこの資格にチャレンジすることは、損をしない安心できる資格となっています。

中小企業診断士で知識をたくさん深めよう

中小企業診断士の資格は経済や法務や情報システムなどを学ぶことができます。公認会計士などの資格とは違い社会保険労務士や行政書士に似ています。しかし社会保険労務士や行政書士に比較して勉強の量がとても多いく見られています。ビジネスに必要な要素がたくさん詰まっていますので、知識を吸収するためには意味のある資格と言えます。

様々違う資格!転職にどれも必要?

営業の強み!ITパスポートは損がない

32063974 678079589250233 4171980447917539328 n
mlongshengさんの投稿

ITパスポートの資格は周りの開発者に雇われる方向けの資格となっています。開発者にとってITパスポートの実務は必要な資格になります。ITパスポートの資格の基礎は、体系的に学べるので損にはなりません。lTパスポートの資格が営業の知識を持つ上での強みとなり取得されるととても役に立つことができます。

基本情報技術者で営業の話題性アップ

32593900 1099120913560831 6549847786647453696 n
livgroup_saiyo_endoさんの投稿

基本情報技術者の資格は数学や情報やプログラミングやシステムなどが範囲になってきます。またIT関係と深い繋がりがあります。基礎情報技術者の資格は一通り知っていく上で、極めて大きくプラスになります。営業のお付き合いの中で基本情報技術者の資格を取得しているだけでも、一つの話題とされ利用することができます。

必要性考えて!転職で自分に合う資格取得を

ビジネス法務検定2級で営業機会を増やそう

31286461 171187340238627 6409764675214376960 n
miwakokomutaさんの投稿

ビジネス法務検定2級の資格ですが営業で法律に悩むことは少ないでしょう。しかしこの資格は営業業務に関してあまり意識をすることはありませんが、新規ビジネスをはじめる時などに法務部が必要になってきます。大きな物事を動かす時には活躍されるので、プロジェクトに参加できたり営業機会などで受けられることがありますのでおすすめの資格です。

ファイナンシャルプランナー営業以外も活躍

ファイナンシャルプランナーの資格は銀行や生命保険の方がよく取得されています。お金に関する内容が主になりますが、簿記とは違い個人の収入や支出や貯蓄について学びます。特に個人向けの営業の方には、お金の悩みについて話題性となるので活躍されています。営業以外でも自分にとってもとても役立つ資格になります。

資格は必要性と興味のあるものから?

33200148 1968799783434906 3518941158870876160 n
frontier_ladycrewさんの投稿

このように資格は様々にあります。この中で自分に必要な資格があるものやまた興味があるものから取得すると良いでしょう。営業に転職しても資格はすぐに役立つとは限りません。しかし資格を学んでいく上で、スキルアップすることは間違いありません。真剣に取り組むことが大切です。営業も丁寧にコツコツと働く中で結果が表れてきます。

営業にはつきもの!転職後の悩みとは?

営業の悩みの壁!その壁とは何?

31739395 183232428932632 4159003277247119360 n
jmstaro3さんの投稿

営業に転職すると「自分は営業に向いていない」「営業の仕事を辞めたい」と言う壁に打つかる時があります。その壁に打つかる時はどのような時でしょうか?またなぜその悩みを抱えるのでしょうか?転職をされたい方は、営業について良いところだけでなくデメリットもあることも考えて就職活動を行いましょう。

多くの方が感じる3つの悩みとは?

30084524 194203044638630 7705432145208016896 n
harimatch2019さんの投稿

営業職の悩みは「ノルマがきつくて大変」「人間関係が上手くいかない」「働いている時間よりも自分の評価は結果で判断されている」などを感じている方が多く見られています。その営業職の方が持つ悩みを下記で具体化していきます。

Thumb営業職が辛い理由を大公開!特に厳しい業界も徹底リサーチ!

それでも転職!営業はやる気が大切

営業でノルマにストレス?

31899260 973855932791355 5485532767322112000 n
oodonyatoyohashiさんの投稿

営業の悩みで「ノルマがきつくて大変」と感じている方も少なくありません。営業ではノルマが課せられることが多いです。ノルマには毎月いくらの売り上げを上げなければならないと言う目標があります。営業は向き不向きがあります。そのノルマがそれぞれ、ストレスに感じ重くのしかかることが原因になると考えられています。

営業に人間関係は欠かせない

32203433 886690531503118 3940431433775972352 n
fudopa_officialさんの投稿

営業の仕事をしてる方によっては「人間関係が上手くいかない」と悩んでる方もいます。どこでも人間関係で悩まされることはあります。その中でも特に営業は人との付き合いが必要になります。営業先のお客様との関わりで疲れてしまうことや売り上げが上げられない時に、上司や同僚との人間関係が辛いと感じることで悩みの原因となってくるのです。

働く時間より結果が大切?

32141263 2090139507923270 3909816992789430272 n
keing1124さんの投稿

その他にも「働いている時間よりも自分の評価は結果で判断されている」と悩まれている方もいます。営業の仕事は数字で結果が表されるので分かりやすいと言われています。売り上げを上げれば評価はされますし、結果に出ない場合は評価もされません。自分が長い時間頑張っても結果が出なければ評価されないので不満に感じられている方もいます。

営業は焦らず落ち着いて

32144321 1537638316341766 822249442752069632 n
katoyohei1993さんの投稿

営業にもデメリットがありますがその悩みを抱えることを恐れていては営業は務まりません。辛いことよりやりがいを感じることが大切です。未経験だと自分が営業職に向いているのか分かりません。しかし何事もやる気が必要です。営業は相手の気持ちを考え、信頼性を持っていただくところからはじまります。焦らず落ち着くことが大切な気持ちです。

営業の転職は今までの経験を活かそう

この面接本当に正しい?

31556960 2151064141795072 7564185999580856320 n
mitsuru_shimadaさんの投稿

営業職の適正されるのは、明るさや積極性やコミニケーション力などがあると好印象と転職する時に考えている方もいます。そのためポジティブな一面を見せるなど良い印象を持っていただくため、面接官の前での質問に「一生懸命に頑張ります」「積極的に努力します」などハキハキと笑顔で答えるように努めている方も多いでしょう。

オリジナルな自己PRを考えよう

32103354 239424730143906 7319545572933763072 n
syomayanoさんの投稿

しかし営業の面接は自己PRが大切です。頑張るなどを自己PRで考える方はたくさんいます。自分しかできない強みにある自己PRを加えることがポイントです。忍耐力や判断力と言う長所をアピールしたり、前職の仕事で営業に活かせそうな経験があれば、具体的なエピソードにすることで印象に深い自己PRとなります。

転職のチャンス!営業の魅力とは?

31709253 1682580441856169 5709155058541658112 n
dododo517さんの投稿

未経験で営業へ転職を考える方は、はじめ法人の無形商品の営業がおすすめです。営業の魅力は「専門性が身につきやすい」「選択肢に種類がある」「やりがいを感じる」など様々です。志望動機の理由には、自分の興味のある知識を生かし、積極的にやる気のあることをアピールして下さい。そして信頼性と誠実さを大切にして、営業に取り組んで下さい。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ